コンコルド広場を望む、格式あるホテルがパーティの舞台

SPUR.JP

パーティは、パリを代表する名所コンコルド広場に面し、テラスからエッフェル塔や美術館のグラン・パレ、歴史的建造物のオテル・ド・アンヴァリッドなどのモニュメントが一望できるオテル・ドゥ・クリヨンで。

「パリ中を回って会場探しをしましたが、彼の両親も結婚式を挙げたコンコルド広場に縁を感じて。広場を望むことができるオテル・ドゥ・クリヨンに決めました」。
ゲストが集まり、会話をしながら食事やシャンパンを楽しめる、リラックスしたパーティを目指したマリエさん。「いろんな世代の方が参加してくれたので、午後からパーティをスタート。ソファーを用意したり、シャンパンやワイン、紅茶などドリンクの種類も多く用意してくつろげるような空間作りを心がけました」。

オテル・ドゥ・クリヨン https://www.rosewoodhotels.com/en/hotel-de-crillon/

フランスらしいシュー・ア・ラ・クレームをタワーにしたウェディングケーキ

大きな窓からコンコルド広場を見渡せるパリらしい最高のロケーションで食事を楽しんで

パーティの終盤はゲストと一緒にフランス流アフタヌーンティでくつろいだ

シンプルかつエレガントにと、テーブル装花に選んだのは春らしい白のチューリップ

1758年に建築家アンジュ=ジャック・ガブリエルによって建設されたオテル・ドゥ・クリヨンの部屋は壮大で華麗なムード

パリのセーヌ川右岸の中心部に位置するコンコルド広場は、マリエさんの彼の両親も結婚式を挙げた由縁の場所

関連記事
  • 一枚でコーディネートが決まるワンピースは、eclat世代の必需品。気の置けない仲間との食事会も、雨の日のお出かけも、ワンピースさえあればおしゃれに。オケージョンに合わせたワンピース7着をご紹介します。レースの黒ワンピースで知人の出版記念パーティに出席 ワンピース¥66,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) カーディガン¥21,000/八木通商(ルトロワ) バッグ¥160,000 /エッセンス オブ アナイ(ペリグリノ) 靴¥48,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ペリーコ)ニットワンピ×デニムのストレスフリーな着こなしで、姪とかき氷屋へ! ワンピース¥19,000/エリオポール代官山(エリオポール) パンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥17,000(モダン ウィービング)・ネックレス¥71,000(ハルポ)/以上エスケーパーズ バングル¥100,000 /カオス丸の内(アフターシェイブクラブ) バッグ¥12,000 /ウィム ガゼット青山店(バリ ワークステッド) 靴¥39,000/ブッテロ トーキョー(ブッテロ) インナー/スタイリスト私物涼やかなフェミニンワンピースとフラット靴でワインの試飲会へ ワンピース¥28,000/エクラプレミアム通販(サクラ) ジャケット¥65,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥48,000/エリオポール代官山(サンダース)他の画像を見る  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • クルージングに乗り遅れたことなんて忘れそうになる出来事が起こりました。まぁ、おいおい話していきます。 フランス旅行最終日は、夕方初の飛行機に乗る(予定だった)ので、朝とお昼を食べて余った時間で買い物、という感じでした。色んな所に設置してある生オレンジジュース製造機。日本にも欲しい皮ごと絞ります!朝ごはんはパンとオレンジジュース! クロワッサンも 日本とサイズが違う上にサクサクバターの香りでとても美味しいのですが、オレンジジュースには特に感動! 媚びない酸っぱさ!まさにオレンジそのものの味わいが口いっぱいに広がって大変美味しいジュースです。スーパーやデパートに設置してあったので探してみてね。お昼ご飯はサッポロラーメン?!醤油ラーメン味噌バターラーメン他の画像を見るはい、ガチで行ってきました。ラーメン屋でアルバイトしてた友達が、初日から「フランスのラーメン食べたい」って言ってて「何言ってるんだろこの子は…」と思ってましたが、海外で日本のものを食べるのも楽しいですよ!スーパーのお寿司も美味しかったで寿司 さて、フランスのサッポロラーメン、店員さんはほとんど中国の方。 ラーメンの味付けは、基本かなり薄味! でも、焼きそばは水分量多めで照りっ照りでとても美味しかったです!あ!あと餃子もニンニク多めジューシーで美味しかったなぁ。 とにかくびっくりしたのは、フランス人から日本のラーメン大大人気!なこと!めっちゃ並ぶやん…ラーメン店の集中しているエリアがあったのでそこに行ったのですが、どこも行列、行列。 一応その時並んでいなかったサッポロラーメンに決めた、という感じです。 ちなみに博多ラーメンのお店が一番行列長かった。 フランス人=カフェのテラスで優雅に過ごす ってイメージでしたが、 やっぱりラーメンは万国共通で美味しいということが証明された気がします。ラーメン万歳。残りの時間は優雅に。お土産など買い物さあ時間が余ったので優雅に買い物です。各々お土産などを購入します。フランス、小分けのお菓子なかなか無いので見つけたらラッキーという感じでした。 安く買ったグミがめちゃめちゃ不味くてあげた人にケチったのバレた。日本未上陸!H&Mのコスメライン凄い数ありました!リップ、ファンデ、ケア用品からネイルまで…。カラーバリエーションも豊富なので沢山欲しくなります! 未上陸という言葉に弱いので友人への物を早速購入。 アイシャドウパレット可愛い色味のアイシャドウパレット!どんなメイクにも合いそうです❤︎ そんなこんなで、ギリギリの時間まで買い物をしていました。幸せでした。「2時間前にはチェックインって言われてるから、2時間前に到着すればいいよね?」海外ほとんど初心者の私たち。 旅行会社からは「遅くとも2時間前までにはチェックインを済ませておいて下さいね」と言われていました。 2時間前に空港に到着した私達、「あなた達の乗る飛行機の受付はここじゃないよ」と言われました。 フランスのシャルルドゴール空港はとっても広いです。行き先によって、向かうべき駅が変わってきます。私達は隣の駅に行かなければならなかったのです。隣駅といっても向かい直すのにもやはり時間がかかるので、着いた頃には約1時間前でした。 多少焦ってはいたけれど、まだ受け付けできるだろうと心のどこかで思っていました。「もう受付は終了したよ。あなた達はとても遅いから、自分の旅行会社に連絡して。」一瞬、何を言われたか理解に苦しみました。 目の前に飛行機あるのに、(恐らく)チェックインまでに1時間もかからないだろうに、どうして????悩んでる時間はありません。旅行会社と連絡を取ろうと努めます。海外は特別なプランなどに入っていないと莫大な通話料がかかるので、どうしても電話を利用したい時は対応のsimカードを購入します。もちろん私達がそのプランに入っている訳もなく、simカードを急いで購入します。そして手こずりながらケータイに装着。不幸なことに、「このスマートフォンには対応してません」の文字が。 ーその頃には、乗るはずだった飛行機は飛び立っていましたー 不幸に不幸が重なります。 丁度飛行機が行って、空港は閉館の時間に。 少なくとも、空港泊することが決定になりました。言葉の通じない、日本よりは治安の悪いとされているフランス。取られないように荷物を抱えて過ごします。 見知らぬフランス人にどうにかケータイを貸してもらい、フランス支店の旅行会社に連絡したりしました。経緯を話して、振替の飛行機を用意してもらえないかと相談をしたりしましたが、私達の都合、ということで無理でした。少なくとも新しい旅券を買う事が決定した瞬間でした。格安のチケットを買って2日間くらいかけて帰るか、より高いけど一刻も早く帰るか。っていうか、私達買い物しすぎて現金もなければカードも上限いってるよね?? ーチケット、買えなくない?ー そう、いずれにせよ私達の手持ちでは自分達のチケットすら買えませんでした。バカ。不幸中の幸い、普通の電話はできなくても、ラインアプリはWi-Fiさえあればできます。 つまり、旅行会社には連絡できないけれど友人や家族とは連絡が取る事ができました。 経緯を親に話します。なんかもう、もはや、怒られませんでした、でも、逆にそれが怖い。 チケットを用意する方法はもうただ1つ。日本で家族にオンラインチケットを買ってもらうしかありませんでした。3人分、日本で父が立て替えてくれました。総額約54万以上、一人当たり約18万円くらいです。父は、馬鹿な成人した子らのためにその現金を無理やり用意して、旅行会社に駆けつけてくれました。ちなみにその日は父の誕生日でした。ハッピーバースデイ。マイファザー。心の中でそう小さく呟きましたがなんせ世界の片隅で迷子中なので多分聞こえてないです。 そうして用意してもらったオンラインチケットをラインで送ってもらい、どうにか飛行機の席を用意することができました。 12時間以上の空港泊、しかも状況が状況です。私は人生トップにランクインするレベルのパニックで、友達にも強く当たってしまったのに、友人は終始そんな私を責めずに、温和にいてくれました。後日謝った際も、「それが普通だから大丈夫だよ」とさえ言ってもらえて、あぁ何て良い友人に恵まれたんだろう、そして自分の器の小ささはなんだ?と考えさせられました。心配かけた皆さん、家族、友達、ずっと連絡取ってくれてた母、走ってくれた父、一緒に旅行行ってた友達のご両親、そして一緒に旅行行ってくれた友達、 本当すみませんでした。 そうして夜が明け、本来なら乗るはずじゃなかったエティハド航空に乗ります。乗り継ぎはアブダビです。暑い。私と私の友達はアホなので ラインでは石油王の話しかしてません。あ、エティハド航空、機内食がとても美味しかったですよ!モチモチのパスタ! …というわけで、飛行機に乗り遅れるとこうなるよ!という、自戒する意味も込めたブログでした!皆、チェックインはお早めに❤︎ 以上!フランスブログ、これにて完結です! 別のフランスブログも含め、是非沢山広めてもらえると嬉しいです☺︎ 今後のブログも、また読んでもらえると嬉しいです❤︎TwitterInstagramカワイイ選抜 No.48 古野美優のブログ
  • 先週末、大阪→京都の旅行に行ってまいりました。ショッピングを楽しんだり、おいしい食べ物に舌鼓を打ったりと大満喫(大阪のファッションは本当~~に盛り上がってました。ぜひ編集Iのこちらの記事をご一読ください!)。今回は定番の老舗&新店含めて、京都の甘いもの記録を残させてください……! ぎおん徳屋で本わらび餅を「飲む」 もはや飲み物ですね。食べ始めた瞬間、なくなっている。中心に据えられた氷でひんやりと冷やされたわらび餅は、透明でなめらか。つるつると喉に入っていって、一瞬です。黒蜜のナチュラルな甘さも広がって、口福この上なし。夏にもぴったりです。夕方ごろに到着し、多少並んだものの比較的スムーズに入れました。京都の大定番として訪れる際は必ず食べたい一品です。ユナイテッドアローズ 六本木店でも7月末までは食べられるのですが、やはり祇園の町家で食べるのが楽しいですね。 宇治 中村藤吉本店で抹茶三昧 こちらも老舗の名店です。駅のお土産コーナーでも見かける、1854年創業の由緒ある茶商。東京や京都駅などでも食べられますが、ぜひ広々とした宇治本店で食べたいもの。優美な日本庭園も広がる空間で格別です。おすすめは看板メニューの「生茶ゼリィ」。抹茶とほうじ茶の二種類がラインナップ。なめらかな舌触りと、自然な味わいが魅力です。ほんのりした苦味もちょうどいい。アイスクリームも、こっくりとした甘さながらまったくしつこくありません。ほうじ茶も大変香ばしくて、癒やされました~。そして宇治本店では限定の手土産も充実。 こちらは通販と本店限定の「茶フィーユ」。抹茶の薄焼きチョコレートクレープです。午後のティータイムにちょうどいい軽さ。コーヒーとも相性抜群でした! さらにもうひとつ気になったこちらも購入。 宇治に縁があるといわれている兎をモチーフにした和三盆。干菓子なので日持ちもしますし、お土産にぴったり。口の中でふわーっと溶けるのと、何よりルックスがかわいらしい。 ラデュレが四条にやってきた! 東京でもおなじみ、ラデュレのサロンもなんと京都四条に初オープン! 1階にはテイクアウトのスイーツを販売するブティック、2、3階にはイートインができるサロン・ド・テが。伝統的な唐紙をラデュレらしく解釈した壁紙や天井など、内装がとってもかわいいんです。京都の和のエッセンスが、フランスの視点でアップデートされている。中心地ながら、どこか異国のような情緒も感じられます。床は、日本建築に特徴的な木と石の組み合わせと、モダンなカーブを描くソファとのミックスマッチが面白いです。 限定品は、マカロンボックス“キョウト”。外箱のイメージは18世紀フランスのクラシックデザイン。繊細なイラストレーションにブランドらしい可憐さが漂います。箱を開けると“マッチャ・キョウト”と“ヤツハシ”のマカロンが。後者は聖護院八ツ橋本店とのコラボレーション。新・京都土産として推したい一品です。 そんな感じで、ひたすら甘味を堪能したり、遊んだり、休んだりした週末でした。京都はただ歩いていても楽しくて大好きな街、またすぐに訪れたいなぁと画策しています。
  • 第5回は、数多くの女性誌で活躍中の人気スタイリストが創り出した、ハンサムなのにセンシュアルなふみか。誌面には載せきれなかった未公開対談分を公開★ 辻直子 スタイリスト。   雑誌やCM、広告などをベースに活躍する人気スタイリスト。その服を着る人はどんな女性かを想像させるスタイリングは女優やモデルからの信頼も厚い。鮮やかさもありつつ品のよいコーディネートは多くの女性から高い支持を得ている。   ――  今回は、私たちがよくファッション誌でお見かけする辻さんのコンサバティブなスタイリングよりもハンサムな雰囲気があって意外でした。   辻 スタイリングする上では、もちろん被写体となるその方自身が一番大事。でも、私はその次に自分の好きなもの、自分が着たいと思うものをスタイリングに組み込んでいるんです。馬場さんの今の年齢や、ノンノで専属モデルをつとめられていることを考えてアプローチするスタイリングのしかたもあるけれど、せっかくこういう連載でやらせていただけるのなら、馬場さんに約20歳離れた私のフィールドに来てもらって、どうなるのかを見てみたかったんです。それで、今回は私自身の「スーツを着たい」という今の気分を馬場さんに投影して、スタイリングさせてもらいました。   ふみか 私自身は、辻さんのスタイリングをそこまでかけ離れたものだとは感じなかったです。むしろ、自分でもっと引き寄せて近づいていきたい、いつかの未来にあってほしい世界観だなと思いました。   辻 今日みたいに初めてお会いするモデルさんや女優さんのスタイリングをする場合は、あまり相手の方のイメージに対する先入観を持ちすぎないようにもしているんです。特に、この世界の階段をどんどんのぼっていける方って、さまざまな面を持っていると思うから。だから、「これを着たらどんな感じになるんだろう?」って、いろんな女性像を想像しながらも、ご本人が袖を通した時に一番いいと思ったコーディネートを選ぼうと考えていました。   ジャケット¥39000・パンツ¥27000/バロックジャパン リミテッド(y/m) シャツ¥27000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) ピアス¥30000・ネックレス¥52000・リング(人さし指)¥72000・(薬指)¥51000/ステディ スタディ(トムウッド) サスペンダー/スタイリスト私物   ――  実際にスタイリングしてみた感想はいがかでしたか?   辻 セクシーだし、凛々しいし、品もある。写真をセレクトして絞った2枚のうちの1枚はフェミニンで、もう1枚のほうは私にはハンサムな男性のように見えたんです。どっちもすごくきれいで迷ったけれど、最終的にはハンサムな馬場さんを選びました。美しい人って、ちょっと男顔に見える瞬間があるんです。二つの顔というか。それがすごく好きなので。   ふみか 撮影の2週間くらい前まで舞台(『恐るべき子供たち』)で男の子の役を演じていたことも関係しているかもしれないです(笑)。     ――  現場ではヘアメイクさんと綿密な打ち合わせをされたり、カメラマンさんと意思の疎通をはかられている辻さんの姿がとても印象的でした。   辻 今日一緒にお仕事していただいたスタッフの方たちは、現場で何をどう感じるかまでも信じている、大好きな仲間。たとえば髪型ひとつにしても、みんなで「こんな感じはどう?」「そっちのほうがいいかも!」って、いろいろ試して探っていく過程が楽しいんです。今日も撮影しながら、最初のダウンスタイルからアップに変えて、前髪の角度を試行錯誤して、「やっぱりこれがベスト・オブ・ベスト! 」という写真と出会えた瞬間は、新しい馬場さんの一面が見られたことも含めて、すごくうれしかった。   ふみか 私も、今日は改めてヘアメイクやスタイリングでこんなにもちがってくるんだなっていうことに気づけました。今までどんな雑誌でも見たことがないような自分に出会えた気がします。私にはこういう顔もあるんだなって気づけたからこそ、ここから先引き出しがひとつ増えて、表現の幅が広がっていくといいなって。それに、もう少し年齢を重ねて大人になった時、また辻さんにスタイリングをお願いできたらいいなとも思いました。   辻 もちろんです、またいつか会えますように。   モデル/馬場ふみか 撮影/長山一樹(S-14) ヘア/道下大 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/辻直子 取材・原文/吉川由希子 web構成/轟木愛美 web編成/吉川樹生
  • みなさん、こんにちは!カワイイ選抜のわかです 今日は韓国のオススメなカフェをご紹介します!特に、日本にもあるチェーン店ですが、日本とは違う魅力があるのでぜひチェックしていただきたいです♫サーティワン(バスキンロビンズ)日本にもあるサーティワンですが、韓国の店舗はとっても可愛いんです! カップや店内も可愛く、メニューも面白い味がたくさんあります。私はブラックソルベ(黒いけどレモンソルベです)とアーモンドピスタチオを頼みましたが、とっても美味しかったです♡ 店舗も夜遅くまで営業しているものが多いのが魅力です。西面にあるソラリアホテル付近にある店舗はスヌーピーコラボで可愛かったです!パリバケット韓国のチェーン系パン屋さんです。いたるところに店舗があるのと、すっごく美味しくて、オシャレなのでオススメです!コーヒービーン&ティーリーブ日本にまだ数店舗しかないカフェですが、韓国にはたくさんあります♫ 飲み物の種類がたくさんあって毎日でも通いたいくらいです♡友達はモロッカンミントティー、私はチャイティーラテを頼みましたいかがでしたか?韓国にはカフェが本当にたくさんあるので、チェーンカフェ巡りも楽しいと思います! 最後までありがとうございました✨ Waka☘カワイイ選抜 No.71 中野倭佳のブログ
  • こんにちは! いつもblogを読んで頂きありがとうございます❤︎ バイラーズの下里朋美です☺︎ 今までの記事はこちら❤︎ 今日は今月の付録でもあるRepetto! そんなRepettoのバレエシューズを使ったコーディネートをご紹介します♪ Repetto Repettoとは1947年に設立されたフランスのパリのシューズを中心としたファッションブランドです。 特に人気なのがバレエシューズ❤︎ 先が丸いバレエシューズ サンドリオン 先が尖っているバレエシューズ ブリジット 私のバレエシューズはブリジットエナメルです❤︎ 丸いのも可愛くて悩みましたが、キレイめなコーデが多いのでこちらのタイプにしました❤︎ ちょこんとついたリボンが可愛い❤︎ 箱から可愛かったので動画でご紹介♪ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 箱から高級感がありとても可愛い こちらはシューズを入れる巾着とシューズクリーム❤︎ お手入れもこまめに大事に長く愛用出来るように! こちらの巾着もとても可愛かったので、こちらに長財布を入れて一緒に今月の付録であるpvcトートに入れて使いました♪ レオパードポーチには三つ折り財布が入りますが長財布の方はこちらの様な巾着に入れるのがおススメです♪ では早速こちらのバレエシューズを使ってコーディネートしたのでご紹介します❤︎ オールホワイトでバレリーナ風コーデ❤︎ フレアのロングスカートに今月の付録のpvcトート、お団子ヘアでバレリーナ風を意識してみました♪ オールホワイトは夏にぴったりのコーデです♪ レトロ風コーデ❤︎ 続いてデニムにドットスカーフでレトロ風を意識したコーデ❤︎ 少しロールアップしてシューズを見せるのがポイントです! 1日中履いていましたが本当に履きやすくて楽です❤︎ 冬は靴下を合わせて履くのが楽しみ❤︎ 可愛いRepettoのバレエシューズ&今月号のBAILA8月号チェックしください❤︎ それではまた更新します! instagramはこちら❤︎
  • ワンツーコーデで、一枚で、簡単に。手抜きに見せないアラフォーの「デイリーな黒」ならこれ■BLACK DRESS  STYLE 1大人の可愛らしさも色っぽさも。心地よく、表情豊かな黒上質な生地をふんだんに使ったマリハのコットンドレス。胸もとはすっきりとしたVあきでギャザーをたっぷり寄せたシルエットはどこから見ても文句なしに華やか。ワンピース¥43,000/マリハ(マリハ) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥76,000・リング(太)¥210,000・(細)¥110,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥34,000/アパルトモン 青山店(へリュー) 靴¥25,000/ステディ スタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ)STYLE 2気分に合わせ、小物使いをあれこれ試したくなる一枚話題のウェブ限定ブランド、ノークの人気型。すそにかけて広がるボリュームのあるシルエットで、ドレープ感がきれい。かごやベアなトングサンダル合わせでも街で浮かず、着やすいと評判。素材や色で季節感を取り入れた小物選びしだいで、いろんな表情を楽しめる。ワンピース¥8,900/ノーク(ノーク) バッグ¥33,000/カオス丸の内(メゾン エヌアッシュ  パリ) 靴¥56,000/アパルトモン 青山店(アルムナエ) ネックレス¥38,000/エスケーパーズ(クレッシオーニ)STYLE 3一枚でどこにでも。きれい見えシャツドレスに委ねて夏の特別なお出かけにも通勤にも。エキップモンのリネンシャツは長めの丈をウエストマークするデザイン。きちんと着てもコンサバすぎず、大人のセンスをアピールできる。袖口のさりげないリボンがチャームポイント。ワンピース¥49,000/サザビーリーグ(エキップモン) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシーオブ ソウル スタイル) バッグ¥135,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥38,000/ザ・グランドインク(ロランス)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/RINA 取材・文/陶山真知子
  • ちょこんと結んだスカーフやかっちりバッグでおしゃれなメリハリを!蒸し暑い中、外打ち合わせをハシゴする日は、正直Tシャツが着たいっ! それならクリーンな白&カジュアルすぎない五分袖のTシャツに、”きちんと&きれい”な黒を合わせてみて。センタープレス入りのブラックドレスパンツ、サンダルと腕時計は華奢な黒で、ちゃんと大人な雰囲気をゲット。バッグまで黒だと重たい印象になるから、かっちりしてて明るい色が正解。ちょこんと結んだスカーフや細フレームのメガネで遊び心を足せば、打ち合わせ中のテーブル映えもぬかりなし♡ブラックドレスパンツ¥27500/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 五分袖白Tシャツ¥22000/ショールーム セッション(アダワス) アンクルストラップサンダル¥8800/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン) バッグ¥18500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン)メガネ¥43000/アヤメ スカーフ¥800/ビショップ(レイバー・アンド・ウエイト) リング¥13000/リエス(ルーカス ジャック) 佐藤栞里の【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/新田君彦  ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/大平典子
関連キーワード

RECOMMEND