春こそ、モードに紫外線対策 #深夜のこっそり話 #1085

SPUR.JP

日に日に春めいてきましたね。ようやく外が気持ちいい季節ですが、すでに日差しにはただならぬものを感じます。ナウシカ風に言えば、「何かしら。胸がドキドキする」。

出産後にシミが浮き出てきた、という友人のホラー話が、いよいよ我が身にも降りかかってきました。今年こそは、もうちょっと真面目に紫外線対策しようと腹をくくった次第。保育園の送迎やスーパーへの買い出しで毎日自転車を乗り回しているので、顔がスッポリ隠れるサンバイザーでダフトパンク化し、鉄壁の防御を図ることにしました。歩くときも油断は禁物。たとえ曇りの日でも日傘をさした方がよい、という美肌のママ友の助言、守ってみせます。 

お気に入りの傘を買っても、持ち歩くのが面倒くさい。ものぐさ度合いがひどすぎる私ですが、目の下に広がる茶褐色の斑点をこれ以上増やさないためにも、背に腹はかえられない。せめて毎日持ちたくなるようなオシャレ日傘を買ってみよう。夜な夜なオンラインリサーチの結果、見つけたのが、Coci la elle(コシラエル)の晴雨兼用折りたたみ傘です。

鉛筆の腹でこすったような絵柄は、日傘作家のひがしちかさんによる手描きのデザイン。遊び心があふれているのに、そこはかとなく漂う大人の品格。モノトーンの配色がモードでありながら、夏にふさわしい清潔感も兼ね備えている。はい、かわいい。そのまま購入ボタンをポチり。

しかし、白い日傘って見た目は涼しげだけど、本当に効果はあるのかい? それに関しては、はっきり言って私も疑心暗鬼です。そりゃ黒い日傘の方が紫外線透過率も少ないでしょう。ぶっちゃけ、ポチッた後にちょっと不安になりました。なので、布用 UVカットスプレーも購入しました。さっとスプレーするだけで撥水効果もあるらしいので、一石二鳥、のはず。万が一、日傘としては弱いかもと思ったら、曇りの日専用にしよう。って、ポジティブか。

>>10分で白いスニーカーを蘇らせる方法 #深夜のこっそり話 #1080

ユーモラスな手描きの絵柄は、シックで品のよさも感じられる。作りもしっかりしていて風に強い。

関連記事
  • 突然ですが、皆さんが生まれて初めて読んだマンガは何でしょうか。私は水沢めぐみ先生の 『トウ・シューズ』でした! 単行本でこの作品を読んでいたのですが、とにかく小学生の時はバレエとピアノという習い事に憧れていて(今思えば、バレエやピアノそのものというよりも、発表会の時に着る綺麗な衣装や薄ピンクの可愛いトウ・シューズに興味があったのではないかと思います!)、その気持ちをどうにか昇華しようとして、読んだのがこの作品でした。バレエの世界の話ではあるものの、とても身近に感じることができたのが魅力。ライバルが現れたり、友人と喧嘩をしたり、素敵な男の子とのラブな展開に胸をときめかされずにはいられませんでした。この作品をきっかけに、毎月、りぼん本誌と単行本を読み漁るように。種村有菜先生の『満月をさがして』では英知くんのピュアな気持ちに涙を流し、ドラマ化の際に読んだ一条ゆかり先生の『有閑倶楽部』に描かれるバブリーな高校生の姿を見て、「高校生になったらこうなれるんだ……」と当時小学生だった私に幸せな夢(現実はさておき……)を見せてくれました。もはや、りぼんで友情を学び、恋に憧れ、夢をみることができたといっても過言ではありません!そんな私にとって最高な展示が現在、新宿高島屋で開催中です。   「特別展 りぼん 250万りぼんっ子大創刊号」では今現在もファンから愛されている名作の原画や、パネル、連載当時の付録などが展示されている最高の空間! 私自身、リアルタイムで連載を追っていた作品はほとんどないのですが、単行本になって読んでいた大変思い入れが深い作品にまつわる展示がずらっと並んでいて、大興奮でした。 何より面白いのが付録や応募者全員サービスのグッズの展示。『天使なんかじゃない』のノートや『赤ずきんチャチャ』のお弁当箱など、再現するのがなかなか難しい90年代の少女漫画雑誌の付録が持つムードを楽しめてしまうんですよね。付録って、時間が経つほど手に入れるのが難しいので、一度に見られる機会はかなり貴重。そして、幼い時に憧れていた付録は何十年経っても色あせない魅力を炸裂させていたのでした。 『有閑倶楽部』の美童グランマニエのパネルや『ルナティック雑技団』のとある一ページを再現した壁は特に圧巻です。手の平に収まるサイズのコミックスとはまた違う魅力があります。各作品ごとの紹介パネルにある「アオリ文」もグッときます。『ご近所物語』の「スーパー・ハッピー♥ラブパワー」なんて言葉を見た瞬間に作中で奮闘する実果子の姿を思い出し、懐かしさに少し泣けてしまいました。他にも、周りの目をつい忘れてキャッキャしてしまうコンテンツばかりなので、ぜひ一度足をお運びいただけると嬉しいです。 そして、忘れてはいけない、展示会限定グッズもすごいですよ……。付録の復刻という的確なキュンポイントをついてくるラインナップです! りぼん展に展示されているの池野恋先生の『ときめきトゥナイト』を堪能した後は、発売中のSPUR9月号に掲載されているモードな蘭世と真壁くんに会える「ときめき★ダークロマンス」もチェックしてくださいね!      
  • Uniqlo U(ユニクロユー)のワイドフィットカーブジャージーパンツ 今話題! ユニクロユーのカーブパンツ。いち早く購入した100人隊2名のレポートをご紹介します! 1:No.032 ゆかりさん LEEwebのユニクロ ユー展示会レポートを読み、カーブパンツが気になったというゆかりさん。 「下半身コンプレックスなので、体が綺麗に収まるボトムスがあるならばとにかく試したいのです。ちょうど翌日に発売されてるのを見かけて、ひとり時間のここぞとばかりに試着室入りましたよ」 試したのは、デニムとチノとジャージーの3種類。 「形はどれもやや大きめなつくりの気がします。記事によるとプレスの方は大きめを選ぶとよいとのことでしたが、私はひとつ下げた方がしっくりきました。サイズ違いで履き比べてみてほしい」 ゆかりさんのお試しレポートをご紹介。 ・ジャージー、着心地最高。 「素材上膝出るかなーとか毛玉出るかなーとか心配もあるけれど、とにかくノンストレス。素材は少し厚みがあるので暑さが和らいだ頃に着たい。サイズ選びがいちばん難しかったです」 ・チノ、個人的には一番細く見える気がしました。年中履ける生地感。 「丈直しをするか折り返すか、裾の長さでも印象が変わりそう。私だったらどうしようって迷ってます」 ・デニム 「以前出ていたハイライズタイプのデニムと名前違いの同型だそうです。これが基になったとするなら、そりゃ絶対いいはずだよー。100人隊のみなさんの所持率も高かったですよね。生地軽めで暑苦しくなく履けそう。濃い色、かわいかったなぁ」 チノ黒と迷いながらも、着心地が気に入ったジャージーのブラウンを選択。 「個人的なことですが、ボトムのベージュって私ことごとく似合わないのですよ。でもこのからし色なら雰囲気も違うし、この深めの色がいいなと思って。ハリがあるのでちょっとモードな感じにも。サイズはめちゃくちゃ迷って、Sにしました。166cmでお直し無しです。カーブのラインをより引き立たせるならMなのかも。ジャージーは鏡で合わせるより履いた方が絶対よく見える。めっちゃ形がキレイなのでなんだかんだで結局他のも買っちゃうんじゃないかって予感(笑)」 2:No.038 キー子さん 同じくユニクロユーのワイドフィットカーブジャージーパンツを購入したキー子さん。 「カーブパンツはデニムのものやコットンサテンのものもありましたが、動きやすそうなジャージー素材のカーブパンツにしました! 色は今からでもガシガシ使えそうなホワイトを♪」 「やはりちょっと厚手でした。そして下着の透けもホワイトは気になるような気がしたので対策が必要です。けど動きやすいし、可愛いし、大活躍間違いなし!で大満足。お肉を締め付けられなくて何より楽~~♡」 早速、着こなしを2パターン披露してくれました。 ・TOPS/GU PANTS/ユニクロユー 「シンプルに着てもかわいいシルエットなので、他の色も欲しくなってます♪」 ・TOPS/コムデギャルソン コムデギャルソン PANTS/ユニクロユー 「実際に着てみるとこんな感じに」 どちらもとっても素敵な色。ジャージーの履き心地のよさが気になります! みなさんもお買い物の参考にしてくださいね♪
  • 繊細なディテールに悶絶。フェミニンの中にモードを感じるブランド。EDIT. FOR LULUが大阪にあった頃に知ったleur logette(ルールロジェット)。 もう10年以上前の話ですが、当時は確か「ルル ロジェッタ」と呼ばれていました。 ドット×花柄とか、レース、フリル、刺繍。 一見あまーい服なんだけど、デザインが凝っていてほかのブランドにはない独特のモード感が好きでした。 アラフォーになり、自分の中でもうこの年齢だしと勝手に線を引いてシンプルな服を意識して選ぶようになってしまった反動なのか、ここ数年またleur logetteばかり目が行くように。。。 この日のコーデはどちらも19SSです。ブラウス、パンツはleur logette、バッグはSaint-Laurent、パンプスはFABIO RUSCONIアシンメトリーなフリル、後ろのくるみボタン、ボーダーの向きがちがってすごく立体感があり、着るとウキウキするブラウス。 コットンリネンのハイウエストなワイドパンツも今の気分にぴったり。 手に取るたび、やっぱりこういう服が一番好き!と再認識。 大人が着ても甘すぎない、素敵なデザインをありがとうございます!美女組No.167 hirokoのブログ
  • ヴィヴィアン・ウエストウッドが、2020年ブライダルコレクションを発表した。今シーズンのテーマは”ローズ”。アーカイブからピックアップしたローズプリントや、環境に配慮したサスティナブルな素材を使用するなど、クラシックとモードが融合したブランドらしいコレクションとなった。 毎シーズン、テーマを設けて展開されるブライダルコレクションは、すべてオーダーメイド。シーズン毎に異なるファブリックとシルエットが提案され、“セミクチュール”として、ロンドンのクチュリエ達の手によって丹念に仕上げられている。 今季を代表するローズモチーフ。ブランド発祥のイギリスで古くから愛され、文化、芸術、文学、宗教など様々な分野で用いられてきた、アイコニックなモチーフだ。そんなローズプリントをコレクションのアーカイブからピックアップ。艶やかなグレーやペールトーンに落とし込み、ウェディングドレスにドラマティックな華やぎを添えた。また、ローズモチーフはプリントのみにあらず。繊細なスパンコールを施したデザインや、ローズモチーフを織り込んだドレスも登場。 他にも、ブランドが得意とするクラシックを再構築。18世紀の彫刻からインスピレーションを得たというコルセットや、舞い落ちる花びらを思わせる美しいドレープ、チュールを幾重にも重ねた多層構造のスカートなど、クチュールライクなドレスはさすがのひとこと。すべて、ブランドが所有するアトリエのキーデザインノートより引用した、伝統的なテーラリングや実験的なカッティング技術の為せる技だ。 さらに注目すべきは、環境に配慮したサスティナブルな素材を厳選している点。シルクやサテンに変わるサスティナブルな素材として、ヴィスコース生地を採用。シルク生地を使用する際には、天然の蚕の命を奪うことなく羽化したのちに採集される、ピースシルクのみを選ぶという徹底ぶり。 環境に優しいピースフルな素材に包まれた、ヴィヴィアン・ウエストウッドのドラマティックなドレス。他にはないエクスクルーシブな1着を求める花嫁にぜひすすめたい。 ヴィヴィアン・ウエストウッド インフォメーションhttps://www.viviennewestwood-tokyo.com/03-5791-0058
  • マキア9月号が発売となりました!夏真っ盛りにありがたい美容情報や、秋の新色情報etc、そして今月号も豪華付録付きで濃厚な一冊になっています♪マキアブロガー歴8年、トップブロガーのyukinaの見どころをピックアップしてご紹介します!■立体大特集「『捨てる美容』ですっきりあか抜け!」表紙に見出しが書かれているように、石井美保さん×小田切ヒロさんの「大人のキレイは“捨てる美容”から」「田中みな実流 脱・厚ぬりベースのつくり方」「河北裕介『引き算ルール』であか抜け成功メイク」ボディも腸も心も断捨離「真夏のデトックス100問100答」……など、この季節をすっきりさっぱりと過ごしてキレイになるための美容コンテンツがたっぷり!!中でも個人的には、尊敬している美容ジャーナリスト・齋藤薫さんのコラム『コップの水を捨てないと新鮮な水は注げない』と、小嶋陽菜さんの「シンプル美学」がお気に入り。ものごとの断捨離をするようになってから、シンプル化してはいるものの、引っ越しを控えているため身の回りのものを整理しようと思うと、自分が思っている以上にものは多い。今月号のマキアならって、この夏のテーマは、美容も身の回りも“すっきり手放す”をテーマにしようと心に決めた!■秋新色2019BOOKお楽しみの、秋の新色コスメ BOOK IN BOOK!秋のコスメは、カラーラインナップが一年のうちで一番好き。今回は、全90ブランド・1370点のコスメが掲載されています♪今年の秋は、軽やかな色づきで印象チェンジ効果の高いものも多く、ニュアンスメイクやこなれ感を誰でも手軽に楽しめそう。■みんなのベスコス 2019SSこちらもコスメマニアにとって、半期に一度のお楽しみコンテンツ!これまでの殿堂入りコスメ30、各部門の1位まで、マキア公式ブロガー全員参加で選定した、リアルなコスメの口コミ&ランキングがチェックできちゃいます!リップマニアの私もチョイスした、口紅部門1位はオペラ『リップティント』!プチプラながら発色、質感、どれを取ってもここまでコスパの良いコスメは今のところ見当たりません。また、ビューティギア部門1位で、もうすぐ殿堂入りとなる、MTGの「リファカラット」のコンテンツページでもコメントを掲載いただきました!リファで一番最初に購入したのがリファカラット。これに惚れ込み、マキアの企画で「ReFa ANGEL'S」(笑)として活動させていただいた際にも、カッサや部分ケア用ローラー、ミストファンデーションなど、様々なアイテムを使わせていただきました。何よりスゴイのは、どれも“お蔵入り”しないこと!手軽で、かつ使い心地が良いから、ビューティギアにありがちな“飽き”がないんですよね。■美と健康のお悩みに効く食べ物33どんなコスメやトレーニングよりも、“食事”に勝る美容&健康法はない。特に、紫外線による酸化や糖化、夏バテによる疲労、睡眠不足などにより、一年のうちで最も老けやすいといわれている夏。日々の食生活を見直すためにも、じっくり読んでおきたい!■「やせ筋トレ」30日間チャレンジ最近、ゆる~くボディメイクに目覚めたわたくしですが、フィットネスライター・とがわ愛さんの「やせ筋トレ」企画にトライさせていただきました。私が行ったのは、大きな裏ももの筋肉に効き、代謝をアップさせる「ヒップリフト with チェア」食事など、日常生活は何ら変わりなく過ごし、毎朝たった5分ほど、指定されたエクササイズ(超簡単)をやっただけ!ヨガに通い始めたこともありますが、こんなに目に見える効果が表れるとはびっくりでした!!他のみんなのエクササイズも、簡単なのに同じくばっちり効果が出ていて気になる……組み合わせて行っても良さそうですね。ぜひ試してみてください♪この他にも、ご紹介しきれないほど、今回も充実したコンテンツがたっぷり詰まった読み応えのある一冊。完売前に、お早目にチェックしてみてくださいね!
  • 今年のカゴバッグは珍しいネイビーカラー!このフォルムも♡大人が持てるカゴバッグです。 イギリス発の「Wicker Wings」 レザー&ラタンの組み合わせに、このフォルムが 他に見ない、大人なカゴバッグです。 レザーに施されたスタッズもポイント。 ロングストラップを外せば浴衣にも合わせられそう。 気に入って実は白も色違い買いしてます! 大人なモノトーンの柄ワンピにスニーカーで外し、 カゴバッグでフェミニンさもプラス。 こういうコーデがやっぱり好き 笑 Wicker Wings インスタグラムも↓ ご覧いただけると嬉しいです!---- my insta ----美女組No.120eririのブログ
  • 明日のプレゼンに備えて、社内で最終チェック 社内の各部署をまわって打ち合わせと準備に奔走。ネイビ ーパンツとかっちりしたトラッド小物の"まじめ感"を、スニーカーでほどよくスポーティに味つけ。ヘルシーなイエローカーデを、前をとめてきれいめに着こなしたのがポイント。ジメジメしたシーズンだからこそ、さわやかな色を身に着けたくなる! 午前中からがんばったおかげか、夕方にはプレゼンの準備が無事完了。今日は早めに帰って英気を養おう♪ パンツ¥22000( 9 月発売予定)/フィルム(ソブ) カーディガン¥22000/ロートレアモン メガネ¥36000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥36000/コード(ヴァジック) スニーカー¥9990/ アディダスグループ お客様窓口(アディダス オリジナルス) ピアス¥52000/アパルトモン 青山店(アグメス) 時計¥29000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) 【今月のPROFILE】広告代理店企画営業・絵美里33歳。広告代理店の企画部所属。営業の後輩と組み、地方企業のリブランディングを進行中。趣味はアート鑑賞。一人の時間も楽しいけれど、夏だもん、恋がしたい!(笑) 明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム 【センタープレスパンツ】 シルエットの美しい八分丈パンツ。センタープレスですらり見え。¥22000( 9 月発売予定)/フィルム(ソブ) 【薄手カーディガン】 さし色に、はおりに。なにかと使える薄手カーディガンは、フレッシュなレモンイエローを選んで。¥22000/ロートレアモン 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 撮影/魚地武大〈TENT〉(物)スタイリスト/石田 綾 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • 「パーフェクトワン」というと真っ先に思い浮かぶのは1つで6役のオールインワンジェル。だけど、それだけじゃない! 今回は幅広い製品ラインアップの中から、今しか手に入らない&夏ケアに今すぐ役立つ2品をご紹介します。暑かったり寒かったり。ここ最近の7月とは思えない気候のせいで体調がイマイチ……という方、多いと思います。それに連動して、肌の調子もいまひとつな私。ちょっとケアを怠ると即ごわついて、スキンケアの効きもなんだか鈍いような。 そこでこれ、始めました。パーフェクトワンのSPピーリングジェル(200g ¥5000)は数量限定、今だけのスペシャルアイテム。指先で軽くクルクルするだけで、フルーツ酸(AHA)を含むエキスが古い角質同士の結合をゆるめて除去してくれます。もともとピーリングケアは大好きなんですが、その中でもこういった“ポロポロ系”はいちばんの大好物。だって、達成感があるじゃないですか! 肌が即ツルッとなめらかになる打てば響く手ごたえも、結果を急ぎたいお年頃にはぴったり。こちらのピーリングジェルは、以前からの人気アイテムをさらに改良したもの。最大の特徴はこの色でしょうか。今回新たに汚れ吸着剤のチャコールカプセルを配合し、肌に負担なく汚れを吸着するチカラがパワーアップ! さらに肌を柔らかくうるおす発酵ローズハチミツ、ヒトのセラミドに似た構造を持ちバリア機能をサポートするミルクセラミド、肌あれをケアする3種の和漢植物エキスなど、ただ取り去るだけではなく肌をいたわる成分も惜しみなく配合。ひたすらマイナスするだけじゃない、大人の肌に優しいピーリングジェルだというところが素晴らしいんです。 ただいま私は、週2ペースで愛用中。だいたい3プッシュ程度で、ざらつきが気になるほお骨&あごエリアと小鼻は十分カバー。日によっては首筋&デコルテもクルクル&ポロポロして快適なコンディションをキープしています。ケア後の肌はすっきりしつつも乾かずしっとり。吸い込みのいい肌になって、スキンケアのモチベーションも俄然アップ!もうひとつの推しアイテムは、このSPクールクリアパック(50g ¥5200)。夏肌の紫外線による肌あれと乾燥に着目して生まれた、涼感が心地よい夜用ジェルパックです。 テクスチャーも見るからに涼しげ! 蒸し暑い夜にぴったりですね。使い方は実に簡単で、いつものスキンケアの締めくくりに塗って寝るだけ。洗い流しの手間もありません。紫外線を浴びた約6〜7時間後の遅延性ダメージをケアする成分を始め、夏肌をケアする36種類もの保湿成分を配合しているから翌朝の肌はダメージ知らずでしっとりもっちり。梅雨があけたらみっちりお世話になろうと思い、ドレッサーで待機中です。この2品、夏限定なのが本当に残念! いずれも8月いっぱいぐらいまでの発売とのことなので、気になった方はぜひお早めに。●新日本製薬「パーフェクトワン」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連キーワード

RECOMMEND