今月の話す人:杏/お題:やりたいこと100

SPUR.JP

女優の杏さんと画家の山口晃さん。インドアなおふたりの日々を絵手紙で交換中。前号の山口さんは「やったことなくて、やってみたいこと」を杏さんに問いつつ、自身の表現論にも触れていました。

早く春が来ないかな

山口さんからのお返事は5月号をチェック

Amazonで購入する(外部サイト)

楽天ブックスで購入する(外部サイト)

セブンネットショッピングで購入する(外部サイト)

杏さん、山口晃さんへのお便りはこちら:

room_a@shueisha.co.jp

あん●1986年東京都生まれ。モデル・女優。TBS系「世界遺産」(毎週日曜18時〜)でナレーター、ラジオJ-WAVE「BOOK BAR」(毎週土曜22時〜)でナビゲーターを務める。

SOURCE:SPUR 2018年4月号「杏と山口晃の談話室A」
illustration & text:Anne edit:Michino Ogura

関連記事
  • 30代、40代を過ごしたパリの街で再び新しい暮らしを始めた、雨宮塔子さん。気負ったり迷ったりしていた時代は過ぎ、静かな笑顔が似合う大人の女性になっている。そんな彼女にファッションへのこだわりや、これからの生き方について聞いた。●雨宮塔子(あめみや とうこ) フリーキャスター/エッセイスト。’70年、東京都生まれ。成城大学文芸学部英文学科卒業。’93年、TBSに入社。バラエティ番組のアシスタントを務めるほか、情報番組やスポーツ番組、ラジオ番組などでも活躍。’99年、6年間のアナウンサー生活を経てTBSを退社。単身、フランス・パリに渡り、フランス語、西洋美術史を学ぶ。’16年7月から’19年5月まで『NEWS23』(TBS)のキャスターを務め、同年9月、拠点をパリに戻す。『雨宮塔子のパリ通信』(ノート from TBS)を連載中。シンプルなアイテムほど、シルエットが大事。あとは、バランスにこだわりますパリで学んだのは、パンツスタイルへのこだわり。「試着したら必ず、後ろ姿をチェックします。ありのままの自分を、いかにかっこよく見せるか。その工夫と情熱は、フランスで覚えました」。ネイビーのローファーが、白を中心としたスタイリングのさりげないさし色に。 カットソー¥15,000・パンツ¥33,000・ベルト¥13,000/ユナイテッドアローズ青山 ウィメンズストア(ロエフ) ピアス(片耳)¥34,000・バングル¥58,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) 靴¥100,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)「私が着ていて落ち着くのは、 モノトーン、そしてシンプルな装い」雨宮塔子さんは今、パリで暮らしている。’16年から日本の報道番組でメインキャスターを務めていたが、’19年初夏に卒業。その後しばらく日本で過ごし、パリでの暮らしに戻ったのだ。 「報道の仕事は本当にやりがいがありましたし、毎日が充実していました。以前、パリでテロが身近に起きて、私なりの意見を中継でお伝えすることもありましたけど、週5日、毎日の放送で伝える立場になるのはやはり覚悟が必要でしたし、より冷静に客観的にと、視点も変わりました。また、何度かスタジオを飛び出して現場取材することもあったのですが、それが本当に楽しかった。もともと、話を聞くのが好きなんです。言葉だけじゃなく、表情から多くのものが伝わってきますし、どんどん心を開いてくださるかたもいる。もっと現場に出たかったなと改めて思います」女らしさは、誰かのためじゃなく、自分のためにアナウンサーとして活躍ののち、28歳で単身パリ暮らしをスタート。そのままパリで結婚して出産して子育てして、40代半ばに離婚。ふたりの子供と新しい生活に飛び込んだ。今、ワードローブに並ぶのは、そんな彼女だからこそ、似合う服。さまざまな局面の中で自分らしくいられる服、どんなときも味方になってくれる服が、今の彼女の定番だ。   シンプルなシルエット、シャープなデザイン、良質の素材。服を選ぶセンスとものを見る目は、30代から40代を過ごしたパリの街、そこに住む人々から学んだことも多かった。 「昔から、オーソドックスなアイテムが好きなんです。ジャケットも、そのまま着ると堅い印象ですけれど、デニムを合わせたり、どこかくずして着るのがマイルール、といいますか」 色は、黒。あるいはモノトーン。「そういえば、パリの友人と女子会を開くと、なぜかみんな黒い服ばかり。でも黒髪の私は、服も黒だと重くなりがちなので、袖をまくって肌を少し見せたり、髪を上げたり、アクセサリーで抜け感を出して、軽さを出すようにしています。ワントーンでまとめるときは、グレージュやベージュが多いのですが、たまには鮮やかなブルーとか」 そして足もとは、「スニーカーかヒールの高いパンプス、どちらかですね、両極端です。元気に歩きたいときはスニーカーでガンガン歩きますし、夜の食事とか、ちょっとがんばりたいときはピンヒールです」 媚びず甘えず、自分らしく。なにより忘れたくないのが、女らしさだという。「男性を意識して、ということではないんです。そういうのはあまり好きじゃなくて(笑)。自分が女であることを楽しみたいときに、自分の女度を上げてみる。自分のための、女らしさなんです」自分らしく、ミニマムに、パリでの新しい暮らしが始まるそして、これから。パリに新居を探し、あれこれインテリアを考えながら、新しい暮らしが始まろうとしている。 「ものは極力減らして、でもクールになりすぎない、居心地のいい空間にしたいですね。子供たちがこれからバカロレア(大学入試資格証明)試験の大事な時期なので、パリにしっかり根を下ろさないと。そしてこの先の仕事のことは、さあ、どうなりますか(笑)」 パリを拠点にこれからもきっと、彼女はさまざまな発信を続けてくれるはず。「何をするにせよ、自分の意見をきちんといえる人間でありたいですね。ハリウッドでセクハラが問題になったとき、カトリーヌ・ドヌーヴが“男性にも女性を口説く権利はあるわ”って、あえて世間の風潮に逆らう意見を公表したんです。発言の内容ではなく、その態度がかっこいいな、と思いました。みんながみんな、右へならえではなく、そんな状況でも自分の意見がブレない人でありたいです」>>雨宮塔子さんのファッション一覧はこちらから撮影/Ayumi Shino(aosora) ヘア/ Dai Michishita メイク/鈴木ナオ(eight peace) スタイリスト/森 慶子 取材・原文/岡本麻佑 ※エクラ2020年3月号掲載
  • こんにちは!カワイイ選抜 5期生 鶴田愛花 です ☺︎ 今回紹介するのは 普段インドアな彼・友達とでも  気軽に楽しめるスポット お風呂カフェです!お風呂カフェ ♨️入ってすぐは こんな感じ !その魅力を3つに分けて紹介します !➀ ご飯が美味しくて種類が豊富!カフェにも力を入れているだけあって、 本格的でとっても美味しい料理が 種類豊富にあって 何を食べようか迷ってしまうほど!他の温泉施設とは一味違う特別感があります! 温泉に入って、美味しくて種類豊富なご飯を食べられるだけで 大満足ですよね ☺️ ➁ 非日常的でゆったり過ごせるスペースが!ハンモックがあったり、うもれてる、、、 マッサージ機を自由に使えたり、まだまだたくさんゆったり休める空間があります! お家感覚でゆったり過ごせるので、 インドアな彼・友達がいる方でも 連れて行ったら楽しんでもらえるだろうなぁと思ったので ブログタイトルにもしました  ➂ 雑誌・漫画が読み放題!タイトル通り、読み放題です! もちろん non-noも ありました ❤︎この3つの魅力に加えて、 お風呂も本当に最高なので ぜひ行ってみてください ☺︎外出の際は、感染予防をしっかりして  楽しく過ごしてくださいね 着ているのは、館内着 ですInstagram ❤︎鶴田愛花カワイイ選抜 No.70 manakaのブログ
  • 知的で輝くその姿は、アラフィー世代の憧れ。フリーキャスター/エッセイストの雨宮塔子さんは、何を選んで、何を着て、ここにたどりついたのだろう? 再びパリで暮らしはじめた彼女にファッションスタイルについて聞いてみた。●雨宮塔子(あめみや とうこ) フリーキャスター/エッセイスト。’70年、東京都生まれ。成城大学文芸学部英文学科卒業。’93年、TBSに入社。バラエティ番組のアシスタントを務めるほか、情報番組やスポーツ番組、ラジオ番組などでも活躍。’99年、6年間のアナウンサー生活を経てTBSを退社。単身、フランス・パリに渡り、フランス語、西洋美術史を学ぶ。’16年7月から’19年5月まで『NEWS23』(TBS)のキャスターを務め、同年9月、拠点をパリに戻す。『雨宮塔子のパリ通信』(ノート from TBS)を連載中。堅くなりがちなブラックジャケットは、ふだん着っぽくラフに着ます「ブラックジャケットは私の日常着。コンパクトなシルエットも少しビッグなものも好き。どこかくずして着るよう心がけています」。その日の気分や行き先に応じて、足もとはヒール靴もしくはスニーカーをチョイス。大ぶりのアクセサリーを味方にすることも。 ジャケット¥105,000/ラトリエ・エム(リュンヌ) Tシャツ¥10,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン) デニム/雨宮さん私物 ピアス/スタイリスト私物>>雨宮塔子さんのファッション一覧はこちらから撮影/Ayumi Shino(aosora) ヘア/ Dai Michishita メイク/鈴木ナオ(eight peace) スタイリスト/森 慶子 取材・原文/岡本麻佑 ※エクラ2020年3月号掲載
  • ニューヨークファッションウィークを見ていて、特に印象的だったのがコリーナ・ストラーダのショーでした。色鮮やかな衣装や、前向きなエネルギーに満ち溢れている演出で本当にハッピーな気持ちになるショーでしたが、特に気になったのは、ランウェイを歩くモデルが手に持っているウォーターボトルです(パンツに直接装着しているルックもありました)。先日発売されたSPUR4月号で特集されているコリーナ・ストラーダのデザイナー、ヒラリー・テイマーのインタビュー(ぜひ本誌でご覧ください!)でも語られているように、サステイナブルな服づくりや、ライフスタイルを実践、提案しているブランドなので、コリーナ・ストラーダらしいアイテムだな、と感激したのです。そして、ショーで登場したものとはデザインが異なるのですが、ついに!コリーナ・ストラーダからウォーターボトルが販売開始されました。   見てください、このぎっちりとラインストーンでデコレートされたボトルを! なかなかのインパクトですよね。ブランドを象徴するアイテムであるスウェットを彩るキラキラと眩しいビジューやラインストーンの装飾を彷彿とさせます。環境のことを考えて、ペットボトルをできるだけ買わない、使わないようにするため、水筒に変えよう!と思っても、意外とシンプルなデザインが多い。毎日使うものだし、見た目よりも機能性、クリーンなものが一番良い!と思っていたのですが、このキラキラとしたルックスを見たら、その気持ちはどこかへ吹っ飛んでしまいました。デスクにこれが一本置いてあるだけで、テンションが上がります。何より、出来るだけ「脱ペットボトル生活」を長く続けるためには、毎日持っていたくなるデザインというのは大事なポイントですよね。もちろん見た目だけではありません。飲み口が広めなので、ブラシを入れて洗いやすいですし、水だけではなく、昼食用のスープ(具材多めでも安心です)を入れるのにも適しています。公式オンラインストアや、日本国内では中目黒にあるカシミール・プラスキディで購入ができますので、ぜひチェックしてくださいね。
  • こぶしファクトリーの『ハルウララ』|新木優子 失恋ソングなのに爽やかな曲調と、女の子らしい可愛い強がりを表現している歌詞にきゅんとします♡ 去年の春、仕事の合間にずっと聴いていたので歌声を聴くだけで勇気とパワーをもらえます!!  Sara Bareillesの『Love Song』|武田玲奈 たしかラジオで出会った曲だと思います。リズムが気に入ってすぐプレイリストに入れました。軽快でポップな音楽が春らしい。歌詞は女性の強い意志が見える内容です。GReeeeNの『遥か』|貴島明日香 上京した時によく聴いては元気をもらっていた曲です。優しいメロディやグッとくる歌詞に触れると、当時のことがぶわっとよみがえってやる気が出ます!▶MODELS' TALK まとめ
  • 日頃から情報収集に力を注いでいる、花粉症のエディターや編集部スタッフ、プレスの方々に対策法をリサーチ。インナーケアや漢方、レーザーによる治療、スキンケアや漢方など、「本当にラクになった!」というもの厳選してご紹介。少しでも快適にこのシーズンを過ごすための、参考にして。美味しい酵素ペーストで、体質改善美人研究所 マクロビオティック ビューティーペースト 30包入 ¥8,800/コスメキッチン 「花粉の季節はくしゃみや目のかゆみだけでなく、のどの奥までかゆくなり、肌荒れがひどくなるのですが、去年からペーストタイプの発酵食品で腸内環境から改善。症状が気にならなくなってきています。ブラジルの大地でパワフルに育った野草、フルーツ、穀物など86種の厳選素材を熟成させたもので、甘酢っぱいオイスターソースみたいな味」(コスメキッチンPRアシスタント 渡邉周子さん) コスメキッチンhttps://www.cosmekitchen.jp03-5774-5565漢方内科の漢方薬と食事療法で、ぐっすり眠れるように松岡さんが処方されている漢方薬、小青竜湯。保険が利いて、薬代は約1ヶ月分、3割負担で¥3,000くらい「横になると鼻がつまって息ができず、座ったまま寝ないといけないほど重症でしたが、練馬総合病院の漢方内科、中田英之先生の診察を受けて改善。初診のときに、脈拍や舌の色などを診るだけで普段の生活習慣や食事をズバリと当てられてビックリ。胃腸が冷える→血流が悪くなる→免疫力が落ちる→アレルギー症状が強くなっている状態、と説明を受け、胃腸を温める漢方薬を処方され、避けるべき食品を教えていただき、今ではこの時季でも、横になってぐっすり眠れています」(ヘア&メイクアップアーティスト 松岡奈央子さん) 練馬総合病院https://nerima-hosp.or.jp/03-5988-220マスク生活を、より快適にしてくれる優れモノ2品エステー MoriLabo(モリラボ)花粉バリアスティック ¥880/渋谷ロフトときわ商会 メイクキープスプレー 60g ¥1,300/渋谷ロフト「去年から欠かせなくなっているのが、エステーのMoriLabo花粉バリアスティック。スティックをマスクの上で2回くらい往復させると、トドマツの香り成分が花粉をコーティングして体内に入るのを防ぎ、体内に入っても刺激を提言させて排出。香りに癒されながら、鼻水やくしゃみだけでなく目のかゆみもかなり楽になります。ときわ商会のメイクキープスプレーも必需品。2秒シューッと吹きかけるだけでベタつきもつっぱり感もなく、マスクの内側にメイクがつくのを防いでくれます」(ロフト渋谷店PR 田中寛子さん) 渋谷ロフトhttps://www.loft.co.jp/03-3462-3807目がかゆくなる前に、定番目薬を1日に数回(左)ロートアルガード コンタクトa (第3類医薬品)13ml ¥800・(右)ロートアルガードクリニカルショット (第2類医薬品)13ml ¥2,200/ロート製薬 「花粉症歴約30年。症状は比較的軽めで、主に気になるのは目のかゆみと充血。目薬は色々試しましたが、花粉症もちコミュニティの中では定番のアルガードシリーズが、やっぱり1番頼りになります。中でも最新のアルガードクリニカルショットは最強。朝起きた瞬間や、外出前にさしておくと、かなりラクに。コンタクトをしているので、日中はアルガード コンタクトを愛用。かゆみを感じる前にさしておくのがポイントで、1日に数回使用すると、辛い症状が出にくくなる実感が」(ビューティエディター Y) ロート製薬お客様安心サポートデスクhttps://jp.rohto.com03-5442-6020この時季、スキンケアの鍵は「手厚い保湿」アスタリフト ジェリー アクアリスタ 40g ¥9,900/富士フイルムプランプコンセントレート 40ml ¥10,000/アユーラ「花粉が飛び始めると目のまわりや頬に赤みが出て乾燥し、ゆらぎ肌に。そんなときは洗顔後すぐに、ナノセラミドがたっぷり配合された富士フイルムのアスタリフト ジェリー アクアリスタで保湿。その後に使う化粧水がしみることなく、グングン肌に馴染みます。さらに、アユーラのプランプコンセントレートでしっかりダメージをケア。この時季は手厚い保湿で、肌を安定化させています」(SPUR.JP プロデューサーK) 富士フィルムhttps://shop-healthcare.fujifilm.jp/astalift0120-596-221 アユーラhttps://www.ayura.co.jp0120-090-030鼻水、くしゃみが1番の悩みなら、レーザー治療 「鼻水とくしゃみで体力を消耗するのをなんとかしたいなら、レーザー治療を考えてみてもいいと思います。近所の耳鼻咽喉科で受けたのですが、保険が利いて1万円しないくらい。時間をおいて2回麻酔をし、鼻腔粘膜を焼くレーザーを当てて1時間くらいで終了。術後1~2日は鼻水が止まらない人が多いそうで、私も翌日は鼻にティッシュを詰めておかないとダメな感じでしたが、3日目からは思わず笑ってしまうくらいラクに。受けるなら、休日の前がオススメです」(美容ライター K)
  • アラウンド50の憧れの存在である雨宮塔子さん。気負ったり迷ったり、そんな時代はいつのまにか過ぎて、静かな笑顔が似合う大人の女性になっている彼女に、服を選ぶときのポイントについて聞いてみました。●雨宮塔子(あめみや とうこ) フリーキャスター/エッセイスト。’70年、東京都生まれ。成城大学文芸学部英文学科卒業。’93年、TBSに入社。バラエティ番組のアシスタントを務めるほか、情報番組やスポーツ番組、ラジオ番組などでも活躍。’99年、6年間のアナウンサー生活を経てTBSを退社。単身、フランス・パリに渡り、フランス語、西洋美術史を学ぶ。’16年7月から’19年5月まで『NEWS23』(TBS)のキャスターを務め、同年9月、拠点をパリに戻す。『雨宮塔子のパリ通信』(ノート from TBS)を連載中。落ち着きのあるグレージュを、 ワントーン・コーディネート。 甘くなりすぎないように、足もとはクールに締めますワードローブは黒と白が多いという雨宮さん。旧知の間柄のスタイリストさんから提案されたこのコーディネートは新鮮でありつつ、自分らしいとも。「テレビ収録の衣装でもときどき入れてくださったグレージュ。袖を通してみるとわかる、ほどよいフェミニンさが素敵ですね」。 ブラウス¥39,000・デニム¥22,000・ベルト¥26,000・イヤカフ(片耳)¥7,500/ボウルズ(ハイク) 靴¥125,000/ジミー チュウ>>雨宮塔子さんのファッション一覧はこちらから撮影/Ayumi Shino(aosora) ヘア/ Dai Michishita メイク/鈴木ナオ(eight peace) スタイリスト/森 慶子 取材・原文/岡本麻佑 ※エクラ2020年3月号掲載
  • 数号前のSPURに載っているのを見て、「可愛い〜」とときめいたバーバリーのライトコート。とはいえ安い買い物ではないですし、どうせすぐ寒くなって着れなくなっちゃうしな、と思いその時は諦めることに。でもやっぱり忘れられなくて、年明けに結局購入してしまいました。 風が吹くとひらりとはためくケープがフェミニニティを薫らせながら、グログランテープに配されたブランドロゴがストリートのムードをひと匙。このバランスが本当に絶妙なんですよね。さらにウエストベルトやスリーブストラップなど、トレンチコートを想起させるディテールが散りばめられているのも、なんともバーバリーらしい。 そしてこのコート、何より素材が素晴らしいんです! エコナイロンが使われているのですが、これがすごくシワになりにくいんですよ! 私は海外のECサイトで購入したため、はるばる海を越えスペインから到着。小さな箱に梱包されていたこともあって、なかなかのシワくちゃ状態になっておりました。これスチーマー当てていいのかなぁ?と考えつつ、とはいえまだどうせ寒くて着れないし、とハンガーにかけておいたところ、数日後にはだいぶシワっぽさが軽減されていたんですよね。あまりに不思議で私の思い違いか!?と自分の記憶すら疑ったのですが、最近同じコートを持っているスタイリストさんに「それシワが気にならなくていいよね」と言われ、やっぱりそうですよね!とひと盛り上がりしてしまいました。 ただただときめく服、というのも素敵ですが、やっぱり実際着るとなると実用性は無視できません。見た目も機能も兼ね備え、おまけに環境にも優しい、バーバリーのライトコート。エコナイロンを使ったものは他のデザインでも登場しているので、春先の羽織をお探しの方、ぜひ候補に入れてみてはいかがでしょうか?
関連キーワード

RECOMMEND