国内最高水準のUVカット! パーフェクトなガード力はお墨付き

SPUR.JP

汗や水に濡れるとより効果が高まる、人気UVコスメの限定品

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+・PA++++ 20ml 全5種 各¥1,200(編集部調べ)*4月21日数量限定発売/資生堂

独自のアクアブースターEX技術で、汗や水に触れると紫外線ブロックする膜が強くなるアネッサ。こすれにも強くなってよりパワフルに紫外線ダメージから肌をガード。スキンケア成分を50%も配合し、潤ってしなやかな肌に。数量限定で発売されるミニサイズボトルは、約1分間紫外線に当たると「I LOVE YOU」「Thank U」など5種のメッセージが浮き上がる。

資生堂
http://anessa.shiseido.co.jp/
0120–81-4710

コスパ最強! 肌を美しく補正しながらUVカットして¥540

スキンアクア スーパーモイスチャー ミルクピンク SPF50+・PA++++ 40ml ¥540(編集部調べ)/ロート製薬

ワンコインとちょっとで、ハイプロテクトと肌色補正ができる優れモノ。微細パールが入ったピンク色のミルクタイプで、肌にのばすとワントーン明るくなり、メイク下地としても。汗や水に強いウォータープルーフ効果もあり。ボディにも心地よく伸びるので、デコルテや腕まで透明感のある明るい肌に整えたいときも、惜しげなく使えそう。

ロート製薬お客様安心サポートデスク
https://jp.rohto.com
06-6758-1230

UVカットをしながら、最強のツヤと立体感をもたらす

サンスクリーン®︎パウダー スカイシトラス SPF50+・PA++++ 9g ¥2,390(ケースセット)/オルビス

日焼け止めは、塗り直していつも均一に肌にのっていることが理想だけど、メイクアップをしていると、塗り直すのはかなり面倒。そんなときに大活躍のUVカットフェイスパウダーに、光を放つようなツヤ感と、シャープな立体感を生む効果をプラス。イエローを顔全体にのせてくすみを払い、ブルーをTゾーンや頬骨あたり、あごなどにのせてツヤと立体感を。

オルビス
https://www.orbis.co.jp
0120-010-010

熱帯地方並みに高温多湿な日本の夏でも、落ちない! 焼かない!

ビオレUV アスリズム スキンプロテクトエッセンス SPF50+・PA++++ 70g ¥1,500(編集部調べ)/花王

どんなに高い紫外線カット効果があっても、落ちてしまえば意味なし。そこで、独自のタフブーストTech技術を採用。汗にも水にもこすれにも強く、長時間がっちり肌を守る。タフな紫外線カット効果を持ちながら、薄く均一なUVブロック膜をつくるので、驚くほど軽やか。天然香料を使ったホワイトフローラルの香りで、気持ちよくUVケアが可能。

花王
https://www.kao.co.jp/bioreuv/
0120-165-692

洗顔後、これ1本でOK! 植物のチカラで紫外線ガード&保湿

エビータ ボタニバイタル モイストウォーターシールドUV SPF50+・PA+++ 50g ¥1,800円(編集部調べ)/カネボウ化粧品

化粧水・乳液・美容液・クリーム・日やけ止めの5役のオールインワンジェルとしても使えて、化粧下地効果も。植物由来原料のスターチ(増粘剤)でジェル化した膜が、たっぷりの水分と共に保湿成分、UVカット成分を抱え込み好感触&長時間保湿効果を実現し、みずみずしくハリのある美肌に導く。石けんで落とせるのも便利。

カネボウ化粧品
http://www.evita.jp
0120-518-520

保湿成分スクワラン配合で、紫外線による乾燥ダメージもケア

UVカットミルク50+ SPF50+・PA++++ 30ml ¥2,600/ハーバー 

防腐剤やパラベン、鉱物油やタール系色素などは無添加。さらに紫外線吸収剤も不使用で、肌に優しいのに、SPF50+・PA++++の最強の紫外線カット効果を発揮。大気汚染やブルーライトによる肌ストレスからも守り、スクワランやオウゴン根エキスなどの植物由来保湿成分を配合してうるおいケアも。スルスルっと肌になめらかにのびてベタつかず、白浮きもナシ!

ハーバー
https://www.haba.co.jp/
0120-16-8080

>>>ボディのUVケアも抜かりなく!

>>ボディ用日焼け止めは、使用感の心地よさもポイント!

SPF50+をクリアし、徹底的に紫外線ダメージを肌に寄せ付けないハイプロテクトものもさらに進化! こすれにも強くなったり、美肌補正効果が加わったり。ウォータープルーフなのに石けんで落とせるものも増えてきたのも嬉しい。手間をかけず、快適に無敵のUVケアが可能に。

関連記事
  • こんにちは 愛梨です(^^) ブログ開いて頂きありがとうございます! 突然ですが「マルチコスメ」って知ってますか?! 「マルチコスメ」は、1つで2つ以上の役割を果たしてくれるコスメです❤︎ 最近お気に入りのマルチコスメを見つけたので、これを使ったメイクを紹介していきます❤️ 【私のお気に入りマルチコスメ❤︎】【BBIA ピアー シェード&シャドー03】 見た目はブラウンのアイシャドウ! しかしこのアイシャドウ、シェーディングとしても使えるんです❤︎ 【BBIA ピアー シェード&シャドー08】 見た目はピンクのアイシャドウですが、こちらはチークとしても使えます❤︎ 二役果たしてくれるのが嬉しい(^^) 【How to❤︎】二重幅よりやや広めに、03のブラウンを塗ります このブラウンはナチュラルに奥行きのある目になるのでおすすめ❤︎(^^) 白肌さんはさらに透明感がある目になります! そのままブラウン03を鼻筋に塗ります これが本当におすすめで、塗ると塗らないとで顔の立体感が全然違う(*⁰▿⁰*) 私は鼻が低いので鼻筋にシェーディングを入れるのですが、今まで肌に合う色がなかなか見つからず困っていたところ、この色がかなりしっくりきました 左がシェーディング無しのbeforeで右がありのafter 鼻が高くなりました❤︎ ピンクシャドウ08を、下まぶたの目尻側1/3に塗ります❤︎ 私は二重幅がそんなに広くないので、上まぶた全体にピンクを塗ると腫れぼったくなるのでやりすぎないよう注意しています! 少し色を入れるとアクセントになって可愛い❤️ 最後に笑うと高くなるところの頬にチークとして指でポンポンとピンクを入れます 自然な色付きが丁度良い❤︎(^^) コスメ二個でメイクが完成❤︎コスメ二個でナチュラルなメイクが完成(*´꒳`*)❤︎ コンパクトに持ち運べる大きさで、1つで二役果たしてくれるなんて神コスメ〜 ✨ 【マルチコスメ】試してみてはいかがでしょうか?❤️ 最後まで読んで頂き、ありがとうございました(*´꒳`*) ではまた次のブログで❤︎ 愛梨 #15 質問やコメントもSNSで待ってます❤︎ ❤︎Instagram❤︎❤︎Twitter❤︎❤︎C CHANNEL❤︎カワイイ選抜 No.73 西愛梨のブログ
  • プチプラコスメこそ、大人っぽく&おしゃれに見える“使い方”がポイント。そこで、「MAQUIA」7月号のプチプラメイク特集からアイメイクを詳細解説。目元の使用アイテムはトータルで2500円以内。もう試さない理由が見つからない!さりげない色気を帯びた切れ長赤みEyeA 黄みを感じるベージュが、くすみを払拭してくれる。ケイト ザ アイカラー 047、B 肌なじみのよいマットなテクスチャーがおしゃれ。同 032/カネボウ化粧品 C わずか0.01mmと極細の先端で、まつ毛の間も埋めやすく、どんなラインも思いのままに引ける。メイベリン ハイパーシャープ ライナー R BR-1/メイベリン ニューヨーク二重幅〜目のキワにポイントを絞ることで、目力はあるのにケバく見えない、印象的な目元が完成。濃いブラウンのラインが、ナチュラルなアイカラーの引き締め役に。一重、奥二重さんは赤シャドウBの範囲を調整。奥二重ならまばたきして見える程度に、一重なら細めに。How to Make UP1 ベースカラーでまぶたを明るくAをアイホール全体にのせる。アイシャドウブラシを使って、ふんわりとのせて、まぶた全体のトーンアップを。2 二重幅に赤みを足して目力強調細めのアイシャドウブラシにBをとり、二重幅にオン。目尻は少し長めにのせて、目幅を拡張させるイメージ。3 ダークブラウンで目元を締めるCで目頭〜目尻までアイラインを引く。目尻は約7mmはみ出させ、軽く上向きに跳ね上げるようにして。4 ラインの目尻部分のみ強調し、目力UP3で描いたラインの終点から、目尻に戻ってくるように跳ね上げ部分を太く。横から見られても美人な目元に。MAQUIA7月号撮影/岩谷優一〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/松島 茜〈io〉 モデル/松本 愛 イラスト/きくちりえ〈Softdesign〉 構成・文/森山和子 浦安真利子 企画/吉田百合(MAQUIA)【MAQUIA7月号は5月22日(火)発売】
  • アラフォーの肌を変えるパワーが高い化粧水。その効果を最大限に引き出すには、化粧水の "お取り扱い"にも気を配ることが必要。正しく使えば、理想のお風呂あがりの肌へ知っているようで、実は知らないのが化粧水。その効果は? 使う意味は? ただの"水"ではない驚きの美肌パワーがそこに秘められている!レッスン①:化粧水の効能って?まずは、化粧水の効能を理解することからスタート。進化著しい化粧水は、ただ水分を与えるだけでなくエイジングケアに不可欠なさまざまな機能が満載。それを熟知すれば、おのずと効果的な使い方もできるはず。効能1:肌の〝うるおい力〞を高める進化した化粧水は、水分を与えるだけでなく、肌が本来もっている、うるおいをつくり出し、維持する力を養う機能を備えたものが豊富。そのための機能成分が入っているものをアラフォーは選ぶべし。 効能2:肌を整える化粧水で与えた水分が、角層に浸透し、なじむことで、角層がしなやかになり、角層細胞が化粧水の水分でぷりんとみずみずしい状態に整う。見た目の肌を即効でふっくらみずみずしく整える効果は一番。  効能3:美容成分を肌に引き込むバリア機能を担う疎水性の高い角層を水分で満たすことで水のルートを確保。化粧水をはじめ、美容液やクリームのエイジングケアや美白効果に優れた水溶性成分を表皮や真皮に引き込むのをサポート。  効能4:エイジングサインにアプローチする美容液やクリームの美容成分をより効きどころに届ける作用はもちろん、化粧水自体に配合された機能成分が、シワやたるみ、くすみ、シミなどにアプローチ。エイジングケアも可能に。  効能5:肌と心を〝癒す〞水美容の文化が根づいている日本では、化粧水の水分自体を心地いいと感じる感性をもっている女性がほとんど。水で内側からうるおう心地よさは、肌はもちろん心まで癒す効果も絶大。レッスン2:化粧水の効果を最大限に引き出すための注意書き 実は美肌ケアにパワフルな効果を発揮する化粧水。ただおざなりに使っているのではもったいない。より効果を届け、効かせるためには、ここにあげる5つのポイントを押さえること。効きが変わります!理由1:所定の用量を必ずお守りください各化粧水の説明書に書かれた使用量は、その化粧水が角層の隅々まで行き渡る量を割り出したもの。ケチって量を少なめにすると、その効果が十分に行き渡らない可能性大。量は適切に。その後は自分の肌に合わせて加減を。 理由2:使用時の「力の入れすぎ」にご注意ください化粧水は、しっかり浸透させることが重要。とはいえ、こすりすぎは肌をかえって傷つける可能性が高いのでご注意を。また、パッティングはほどほどに。パッティングを多く繰り返しても浸透がぐんと上がるわけではありません。 理由3:「手で使う」のか、「コットンで使う」のか、は必ず各説明書に従ってください こちらも各化粧水の説明書に従うのがおすすめです。手で使うか、コットンで使うかによってその処方も考えられている場合が多いので、明記されているものはその方法で。明記されていないものは、使いやすい方法で大丈夫です。 右は手使いにおすすめの使い方(資料提供/花王)。左はコットン使いにおすすめの使い方(資料提供/資生堂)理由4:しっとり、さっぱりといったアイテムの「感触」を選ぶ時は、その時の肌の状態および好みに従ってください 化粧水には大きく、シャバシャバしたさっぱりタイプととろみのあるしっとりタイプがあります。心地よくケアするには好みの感触を選ぶのが一番。浸透の仕方にも違いがあるので(右図参照)、肌の状態に合わせて使い分けるのも◎。 肌への浸透の違い理由5:化粧水をつけた後は必ず、油分でフタをすることをお忘れなく 化粧水でたっぷり届けた水分を肌にしっかりキープするためには、乳液やクリームなどの油分でしっかりフタをすることが大切。必ず、化粧水だけで終わらせないこと。また、せっかくつくった水分ルートを使わないのももったいない。美容液などと合わせて使えばより効果的です。【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/ケビン・チャン 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃 
  • 今こそ、化粧水を見直す好機です!アラフォー肌を底上げする、化粧水のトリセツ知っているようで、実は知らないのが化粧水。その効果は? 使う意味は? その正体を3 人の専門家にインタビュー。ただの"水"ではない驚きの美肌パワーがそこに秘められている!資生堂 グローバルイノベーションセンター プレステージ情報開発グループ 櫻井菜海子さんクレ・ド・ポー ボーテをはじめ、資生堂のプレステージブランドの情報開発を担当。特にエイジングケア技 術に関する情報に詳しい花王スキンケア研究所 主任研究員 稲葉さやかさん花王のスキンケアを担当する研究員。エストの化粧水 などをはじめ、最先端の技術を採用した多くの化粧品の開発も手がけるビューティ サイエンティスト岡部美代治さん大手化粧品メーカーの研究 員として、化粧品の研究・開発に携わり、独立。研究者の視点から美容をひもとくわかりやすい解説が人気実はエイジングケアに不可欠なアイテム ほとんどの人が毎日化粧水を使っていることからもわかるように、私たち日本女性はやっぱり化粧水が好き。 「禊という神事が古いにしえからあるように、水で浄めるなど、清潔を重視するのが日本のスキンケア文化の源流です。そのため、油で肌を美しくする欧米と違い、日本では水美容文化がずっと根づいてきているんです」(櫻井さん)  その代表的なアイテムが、つまりは化粧水というわけである。それにしても、化粧水ってそもそも何なの? 「化粧水の“水”には、角層の細胞を和らげ膨らませて肌のコンディションを整える作用があります。干ししいたけを見るととわかりやすいのですが、萎んだしいたけが水に戻すとふっくらする、あのイメージです」(岡部さん)  そういえば、私たち日本女性の理想の肌のたとえとして、よくあげられるのがお風呂あがりの肌。内側に水分をたっぷり含んだみずみずしいハリ感は、アラフォーの目標でもある。 「それをかなえるのがまさに化粧水です。水には、実は角層状態を変える力が一番あって、角層を水分で満たして膨らませると毛穴も小さく見えるし、小ジワ予防にもなります。見た目から即効で美肌に変えることができるというわけです」(稲葉さん) とはいえ、お風呂からあがった瞬間はよくても、時間がたつと元の干ししいたけ状態に戻ってしまう気も。 「気持ちよく水で整えた後に、その状態をいかに維持するかを研究し、進化してきたのが今の化粧水ですね。現在では機能成分やオイルなど組み合わせも多様化できるようになった。基材や薬剤、処方がどんどん進化しているので、与えた水分をキープするのはもちろん、肌の機能を底上げするエイジングケアにいたるまで化粧水ができる可能性は広がっています」(岡部さん)  それを証明するのが右の写真。機能性成分を配合した化粧水で、肌の状態がこれほど改善するというわけだ。 「資生堂では100年以上もかけて、化粧水の処方の研究を重ねています。水分をただ与えるだけでなく、うるおい力自体を育てるというのが今の私たちの化粧水の考え方ですね」(櫻井さん)  でも、エイジングケアといえば、やっぱり美容液やクリームでは? 「バリア機能を担う角層は、水を通しにくい〝疎水的”な構造をしています。でも、その下にある表皮や真皮は水となじみやすい〝親水性”になっているんです。美白やハリに効くエイジングケア成分は水溶性のものが多く、そのままでは角層を通して肌の奥まで浸透するのはむずかしい。そこで、角層を化粧水の水分でいっぱいにして、通り道をつくることが大事なんです」(稲葉さん)  だからこそ、アラフォーは心して化粧水を取り扱うことがマスト。早速、トリセツを確認してほしい。化粧水でここまで肌は変わる!機能性成分「エクトイン」を用いた化粧水と乳液を4 週間続けた肌のほうれい線やキメが明らかに改善。資料提供/花王独自保湿成分アクアインプール配合の化粧水と乳液を使うことで、表情ジワも改善されている。資料提供/資生堂右)安全かつ確実な効果が期待できる美白有効成分TXCと透明感を引き出す天然有用成分ウメ フラワー エキス配合。ル ブラン クリームHL50g¥13,500(医薬部外品)/シャネル 左)ビタミンC誘導体の美白力に、速効透明感をかなえる3 種のブライトニングパウダー配合。ブラン ディヴァン クリーム50㎖¥11,500(医薬部外品)/パルファム ジバンシイ〔LVMHフレグランスブランズ〕>>アラフォー肌を変える!“化粧水”取り扱い説明書【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/ケビン・チャン 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃 
  • 毛穴も美白もエイジングケアも! その肌悩み、まるっと「ビタCコスメ」に任せちゃいなよ! 美容界のビタC通がビタCブームを語るニキビ、はり、シミ、くすみ……、どんな肌悩みにも寄り添ってくれるビタミンCがキテますキテます! 仕事にプライベートに何かとハードスケジュールなモア世代が攻略すべき“ビタCコスメ”の今をリポート! 美容界のビタC通3人に、最新ビタC情報を教えてもらいました!「青山ヒフ科クリニック」院長 亀山孝一郎先生 「すべての肌トラブルを解決してくれるビタミンC×美容成分のコラボに各社が熱視線!」「ビタミンCは、シミ・くすみ・シワ・たるみ・ニキビ・赤ら顔・毛穴の開き・敏感肌・乾燥肌など、ありとあらゆる肌トラブルを解決してくれる万能成分です。すべての肌トラブルを改善する以外にも、内服すれば、代謝促進・活性酸素除去・疲労低下・ストレス減少・自律神経バランスを整えるなど、いろいろな効果が期待できます。だから、ハードスケジュールをこなすモア世代にはぴったりの成分なのです。ぜひビタミンCを生活に取り入れてみてください」PROFILE|毛穴やニキビなど幅広い肌悩み治療を行う「青山ヒフ科クリニック」院長。高濃度ビタミンC療法の第一人者。ビタミンCを軸にしたコスメブランド『ドクターケイ』の開発も行っている美容コーディネーター 弓気田みずほさん 「安全性と信頼度の高い成分。日進月歩で研究が進んでいるから常に目が離せない存在です」「ビタミンCは美容の鉄板成分! そのマルチな効果にはいつも感動しきりです。スキンケアとしてもサプリメントとしても長く使われてきた安全性と信頼度の高さも魅力。昔から常に注目されている成分のため、体や肌にどう役立っているのか、また、効率的かつ効果的にどう働かせるかの研究が日々進化してきました。それと比例するようにビタミンCコスメが豊富になってきているように感じます」『ロート製薬』オバジ PR担当 阿部由美子さん 「実現不可能とされていたビタミンC濃度を達成。さらなる高みを目指してビタミンC研究は続きます」「美容クリニックでも重宝され、身近な成分であるビタミンC。あらゆる肌悩みに効き、その効果の実感度の高さから今、関心が高まっていると感じます。『ロート製薬』はこの15年もの間、ビタミンCの製剤研究に邁進してきました。そしてようやく不可能とされていたビタミンC濃度25%の美容液開発に成功。商品化できた達成感は大きいですが、“肌に効くことがすべて”の『オバジ』の想いと共に、さらなる研究に励んでいきます」今年の3月、ビタCコスメの代名詞『オバジ』に「C25」が新登場し、話題に!(右から)オバジC5セラム10㎖¥3000・オバジC10セラム12㎖¥4000・オバジC20セラム15㎖¥8000・オバジC25セラム ネオ12㎖¥10000/ロート製薬 ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/海渡理恵 撮影/岩城裕哉 イラスト/村田エリー
  • まだ5月ですがはやくも日差しの強い日が続いてますね。6月はシミ・しわ・たるみの原因となるUVAが1年で最も多い月!日焼け止めを塗るのはもちろん。30代からは+αケアしておきたいところ。わたしはこちらの日焼け止めサプリを愛飲中!サンソリット U-Vlock 税抜6,500円/30粒ビューティオフ会のお土産でいただきました。塗る日焼け止めにくらべてサプリなら塗りムラの心配はなし♩1日1粒飲むだけで飲み直し不要!とはいえ、サプリって飲み忘れがちですよね。。わたしの場合、化粧水や乳液と一緒の場所に置いて朝必ず飲めるようにしていますよ♩ビタミンCやビタミンD、紫外線から肌を守るシルクペプチドや保湿効果の高い白キクラゲエキス(楊貴妃も使っていたらしい)など贅沢な美容成分を配合。毎日のコツコツ美容。頼れる日焼け止めサプリは欠かせませんね^^
  • 「MAQUIA」7月号では、美容賢者45名が選んだプチプラコスメグランプリを発表! 今回は、毛穴ケア部門、洗顔部門、クレンジング部門のベスト3をお届けします。第6回美容賢者45名が選ぶ、大人のための逸品が続々プチプラコスメグランプリ 2019発表!今や大人のビューティにマストとなりつつあるプチプラコスメ。拡大を続けるプチプラ市場の海から美容賢者が見つけた宝とは!? 欲しいアイテムが必ず見つかる、大人気グランプリの発表です。毛穴ケア部門1位/351点オバジC酵素洗顔パウダー 0.4g×30個入り/ロート製薬通常の洗顔料では落としにくい毛穴の黒ずみや角栓、古い角質や皮脂を落とす酵素と、毛穴の詰まりや黒ずみを防ぐピュアビタミンCをWで配合。あとから使うスキンケアコスメの浸透がアップする嬉しい効果も。「皮脂バランスの崩れる季節の変わり目や、皮脂分泌が増える梅雨時期には必須!」(野口さん)\ ここがすごい! / □毛穴の目立ちを解消&予防までできる □あとから使うコスメの浸透をサポート「透明感の増す肌に、気分まで上がります」― 野口由佳さん2位/137点スイサイビューティクリア パウダーウォッシュ 0.4g×32個/カネボウ化粧品古いたんぱく質と過剰な皮脂を分解する2種類の酵素で毛穴の汚れをクリアに。豆乳発酵エキスなどが、肌のうるおいを守る。「週2回のケアで、ツルンと明るい肌をキープできます♪」(山下)「乾くことなく、黒ずみ角栓をケアできる」― 山下弓子 3位/92点ドクターシーラボVC100ホットウォッシングフォーム 120g洗顔、パック、マッサージを同時に行えるスグレモノ。炭酸泡と温感効果で、肌がじんわり温まる。「毛穴汚れをきちんとオフする洗顔としての優秀さはもちろん、もっちり泡でパックすれば肌が明るく」(伊藤)「朝に使うと、メイクのりが格段にアップ」― 伊藤かおり 洗顔部門1位/65点ファンケル洗顔パウダー 50g肌本来のうるおいを守って洗う洗浄成分と、皮脂や不要な角質を除去する“つるんとクリア成分”を配合。洗い上がりは、ツルンとなめらかで一点の曇りもない晴れ肌に。「キメ細かな泡、優しい洗い心地、すっきりした泡切れ。そしてうるおいの残る仕上がり。どの点においても満点!」(前野さん)\ ここがすごい! / □うるおいを保ちながら不要なものはきちんと落とす □スピーディに泡立つ「どんな肌状態でも受け入れてくれる懐の深さ」― 前野さちこさん 2位/58点オルビスユーウォッシュ 120g/オルビス肌がくすむ要因、毛穴の汚れや古くなった皮脂などを、モロッコ溶岩クレイがしっかり吸着。あか抜けた印象の明るい肌に。「うるおいを残しつつ、肌のザラつきまでしっかりオフできます」(木下)「トーンだけでなく、質感まで磨き上げる力に脱帽」― 木下理恵3位/39点フリープラスマイルドソープa 100g/カネボウ化粧品6種類の和漢植物混合エキスが、デリケートな肌を労りながら洗い上げる。「肌がゆらぐと洗顔料がピリピリしがちだけど、これなら平気。むしろ肌を鎮静して、穏やかに整えてくれる印象すらある」(中島)「落とすということを、まったくリスクに感じさせない」― 中島 彩もっと見る >MAQUIA7月号撮影/ヤノコージ〈STIJL〉(物) 荒川雅之〈近藤スタジオ〉(物) 取材・文/関本陽子 風間裕美子 構成/髙橋美智子(MAQUIA)【MAQUIA7月号は5月22日(水)発売】
  • 「MAQUIA」7月号では、美容賢者が選んだプチプラコスメグランプリを発表。栄えあるスキンケア、メイクアップ部門それぞれのベストに輝いたアイテムは?第6回美容賢者45名が選ぶ、大人のための逸品が続々プチプラコスメグランプリ 2019発表!今や大人のビューティにマストとなりつつあるプチプラコスメ。拡大を続けるプチプラ市場の海から美容賢者が見つけた宝とは!? 欲しいアイテムが必ず見つかる、大人気グランプリの発表です。ベスト・オブ・スキンケア賞/589点イハダ薬用バーム [医薬部外品] 20g/資生堂薬品花粉に大気汚染、さらには激しい温度差など。環境の悪化を背景に増え続ける敏感肌の、お守り的アイテムが多くの票を獲得。「従来のワセリンのイメージを覆した、使いやすいテクスチャー」(藤原さん)、「体温でとろけるのにベタッとしない。スベスベの仕上がりまで連れて行ってくれる」(小林さん)、「メイクののりもよくなるから、肌が荒れて誰にも会いたくない日を、外に出たい日に変えてくれる」(神崎さん)\ ここがすごい! / □荒れる肌をしっかり守ってくれる保護力 □ワセリンなのにベタつかず、メイクのりもアップ「マイナス肌を0にではなく、プラスにまで上げてくれる」― 神崎 恵さん「肌のあらゆるトラブルに寄り添ってくれる」― 小林ひろ美さん「美容オイルのようななめらかさは、まさに感動ものです」― 藤原美智子さんベスト・オブ・メイクアップ賞/324点UZUアイオープニングライナー 全13色/UZU BY FLOWFUSHI“アイライナーを再発明する”。そんな意気込みで、筆、リキッド、本体のすべてにこだわり抜いた新アイテムが玉座をゲット。「見た目のワクワク感を裏切らない高機能」(中山さん)、「色はビビッドだけど軽くくすみ要素が入っていたりして、トレンド感抜群」(paku☆chanさん)、「テクニックがなくても思い通りのラインが描ける。メイクに変化球をつけられるカラーラインナップも素晴らしい」(藤井さん)\ ここがすごい! / □筆、リキッド、グリップのすべてを再発明 □メイクのルールを変える驚きのカラーバリエーション「とにかく描きやすいのひと言。しかもにじまない!」― 藤井優美さん「肌になじみながら高発色。色持ち絶品!」― paku☆chanさん「心がときめくカラーバリエーション」― 中山友恵さんもっと見る > 美容賢者45名【マキアスタッフ】マキア編集長 湯田桂子、マキア副編集長 伊藤かおり、マキア副編集長 清田恵美子、マキアエディター 木下理恵、マキアエディター 芹澤美希、マキアエディター 吉田百合、マキアビューティディレクター 髙橋美智子、マキアエディター 若菜遊子、マキアエディター 山下弓子、マキアエディター 火箱奈央、マキアエディター 萩原有紀、マキアライター 中島 彩、マキアオンラインプロデュサー 永山美里【使って吟味! アーティスト陣】ヘア&メイクアップアーティスト AYAさん、ヘア&メイクアップアーティスト イガリシノブさん、ヘア&メイクアップアーティスト 河嶋 希さん、ヘア&メイクアップアーティスト KUBOKIさん、ヘア&メイクアップアーティスト Georgeさん、ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん、ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん、ヘア&メイクアップアーティスト 中野明海さん、ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん、ヘア&メイクアップアーティスト 野口由佳さん、ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん、ヘア&メイクアップアーティスト 藤原美智子さん【製品を熟知。美容ライター陣】美容ジャーナリスト・ライター 小田ユイコさん、美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん、美容ライター 浦安真利子さん、美容ライター 長田杏奈さん、美容ライター 風間裕美子さん、美容ライター 高見沢里子さん、美容ライター 柏谷麻夕子さん、美容ライター 関本陽子さん、美容ライター 谷口絵美さん、美容ライター 轟木あずささん、美容エディター 藤井優美さん、美容ライター 前野さちこさん、美容ライター 摩文仁こずえさん、美容ライター 森山和子さん【プロ中のプロ。美容家陣】美容家 神崎 恵さん、美容家 小林ひろ美さん、美容愛好家 野毛まゆりさん、中医美容研究家 濱田文恵さん、美容コーディネーター 弓気田みずほさん、美容家 石井美保さんMAQUIA7月号撮影/ヤノコージ〈STIJL〉(物) 荒川雅之〈近藤スタジオ〉(物) 取材・文/関本陽子 風間裕美子 構成/髙橋美智子(MAQUIA)【MAQUIA7月号は5月22日(水)発売】
関連キーワード

RECOMMEND