"あの"問題作がついに映画化

SPUR.JP

Ⓒ2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

魔夜峰央さんにインタビュー

 衝撃的な"埼玉ディス"名言を数多く生み出し話題となった『翔んで埼玉』。そんな稀代の"問題作" が、初版から30年以上の時を経てついに映画化された。だが、そもそも原作者の魔夜峰央さんはなぜこの作品を描くに至ったのだろうか。
「新潟から上京するとき、当時の編集長に『所沢に住みなさい』って言われたんです。その言葉のままに引っ越したら、車で5分くらいのところに編集長と部長が住んでいたんですよ。これは監視するための罠だと思って、脱獄の機会を狙いながら描きました(笑)。所沢で生活をする中で、いわゆる"埼玉の劣等感"みたいなものを街の空気感から感じ取ったんです。きっとこんなことを考えてるんじゃないかなって」
 そうして始まったこの作品はいまだ3話しか発表されておらず、完結を迎えていない。でも、今後も続きは描かないという。「横浜に引っ越したために自虐ネタではなくなり、描けなくなってしまったんです。しかも、今回の映画では漫画のその先の世界を描いている。たとえば(京本政樹演じる)埼玉デュークのモデルは私の中でゴルゴ13だったんですけど、今描こうと思ったら京本さんしか出てこない。絶対引っ張られちゃうので、そういう意味でも難しいですね」
 今回のキャスティングには、魔夜さんも太鼓判を押す。特に主人公・麻実麗を演じたGACKTに関しては、彼が引き受けてくれれば映画は成功すると思ったほどだそう。それに加え、脚本の感性も酷似しており目を見張るものがあるとのこと。
「埼玉と千葉の合戦シーンで行われる、あの無意味なカードバトル! ひたすらくだらないことを続けるところが私のセンスとまったく同じ。あと、群馬の空を飛ぶプテラノドンも好きですね」
 そして魔夜さんは、大人が真面目にふざけたこの映画を、思うままに心から笑ってほしいと語る。
「どうやらみなさん、笑うと埼玉をバカにすることになる、と遠慮するようなんです。でも、どうぞ安心して好きなように笑ってください。すべての責任は監督がとりますので!(笑)」

『このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉』
1982から83年にかけて『花とゆめ』別冊(白泉社)に3話掲載。東京都民から埼玉県民がひどい迫害を受ける、という架空の日本が舞台の埼玉版『ロミオとジュリエット』。清々しいまでの"埼玉ディス"が支持され、2015年宝島社より復刊された。

映画『翔んで埼玉』
東京都の迫害から埼玉を解放するために立ち上がった、アメリカ帰りの隠れ埼玉県人、麻実麗。都民という地位を投げ捨て彼についていく壇ノ浦百美の協力を得て、永遠のライバル千葉解放戦線、そして東京都に立ち向かう。ロマンスあり、合戦ありの大スペクタクルエンターテインメント!(公開中)

魔夜峰央さん

1973年に『デラックスマーガレット』(集英社)でデビュー。『花とゆめ』(白泉社)にて代表作『パタリロ!』の連載を開始。現在も『別冊花とゆめ』『MELODY』(ともに白泉社)にて連載中。2015年には『翔んで埼玉』がネット発で話題となり、約30年ぶりに宝島社から復刊された。
Ⓒ魔夜峰央『このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉』/宝島社

>>埼玉出身者が偏愛するマイ・ベスト・サイタマ

関連記事
  • こんにちは!   LaVivantディレクターの内山です。 桜が咲き始め日本の一番美しい季節到来です。   本日LaVivant08号もスタートいたしました。   今回力を入れたのは、LaVivantでしか買えない大人のオシャレアイテム。 なかでもいち押しのオリジナル企画がボーダーカットソーです。   ボーダーは着たいけれど、大人に似合うボーダーがない!という声から生まれたこの企画には、「こんなボーダーが欲しい!」の声をたくさんいただきました。   そのいくつかの声をご紹介すると   <Nさん55歳> ボーダーは本当に難しくて、私も、よく失敗します 日本人は、ソニアリキエルを着こなすのも、難しいし。 個人的には、ボーダーの太さが同じなのは、テーマパークの水族館スタッフみたいで、苦手。 たまに、やはり素敵だなぁと思うのは、 シャネルのクルーズみたいな、ボーダーの線が細めで、紺や薄いピンク、薄いグレーラインだったり、またドルガバ の細めボーダー線に極細のラメラインが入っていると、エレガンスUPな感じです 個人的には、紺地、黒地、白地、グレー地、ベージュ地に細いボーダーラインで、ラインとラインの間は幅広めが好きです。   <Yさん48歳> 首ラインは白からはじまると顔が明るくなるので、袖口、首回りがボーダー二本分くらい白多目が良いと思います。 肩ラインはボートネックで、背中が少しクリが深いと今風な感じだと思います。 素材は固めよりは体にそう素材で太めパンツにも、タイトスカートにも合うと使いやすいです。 色目は白黒、明るめネイビー白、ベージュ黒とか。 丈はパンツインにするとウエストがもたつくので、長すぎず今流行りのハイウエスト太めパンツのウエストに合うくらいの丈が可愛いと思うし、お姉様世代にも新しいと思います。 太めボーダーラインより、細めボーダーラインの方がエレガントで、横に広がって見えにくいと思います。 どうしても大人仕様のトップスは丈が長すぎたり、若いブランドだと素材がチープだったりするので、大人仕様のボーダーは丈と素材にこだわって欲しいです。   <Mさん46歳> 大人のボーダーいいですね! ボーダーはともすると太って見えてしまうから、太って見えないピッチや素材を考えたり、大人が着るなら白ベースではない目新しい配色とか欲しいです。   <Iさん54歳> ボーダー、私も大好きです! ラヴィヴァンから出るボーダー、楽しみです! 今年の夏もよく着ました! 便利だったのは、もう何年か前に買ったセリーヌの長袖ボーダーカットソーです。 前はほどほどお腹が隠れるくらいで、後ろはヒップが隠れる段違いの丈。 なので、パンツスタイルの時はほんとに、楽な気持ちで着ていました〜笑。 ただ、そのボーダーはベージュ×黒のみしか作られていなくて、ベージュが顔映りの悪い私には、やはり白ベースが欲しかったです。 ボーダーの間隔は、St.Jamesの間隔が好きだし、着心地も好きです。 こちらのは普段着にはほんと、いいなと思うけど、ボートネックがこれまた苦手なので、家用になってしまいます。 できれば丸首のほうがカジュアルすぎず使い勝手がよいと思います。 そう言えば、息子の中学、高校が私服だったので、その昔、St.J amesとコムデギャルソン…のコラボだったように記憶しているけど、裾のサイドに少しだけ迷彩柄が入っているのも可愛かった。 一枚で完成するのは、楽ですよね。 私が買う服なんて絶対に着なかったのに、それだけは黙って着ていたのは、かぶるだけで、一枚でサマになると思ったからだと思います。 ボーダーはこれからの季節にほんとに優秀で永遠だと思います! 楽しみにしています!   この読んだだけでもわくわくしてくる声を、大人の人気ブランド「リュンヌ」のデザイナー前澤さんにお届けしたところ、「オシャレなお客さまがどんなボーダーを求めているのかイメージできてすごく楽しい!素敵なボーダー作りましょう!」と生地選びからスタートしました。 素材は発色のよさと光沢感に特徴のある高級生地を使用。 襟ぐりの微妙なあき具合や、後ろ姿の可愛さも考えて。 ジャケットを着たときもすっきり見えるボーダーのデザインにもこだわりました。 お腹やお尻まわりをケアしながらきれいな長さを考えました。     そして、究極の大人ボーダーが完成しました!!     スポーティになりすぎないボーダーラインに、裾や袖部分のみ幅広に配することで、手首はほっそり、お腹回りも目立たせないという視覚効果ものぞめるデザインに。 裾は前後に段差をつけたり、背中にリボンをあしらい、特別感のあるデザインで誰もが絵になる一枚ができあがりました!     ハリ感のある素材なので、座ったときに、胸元にでるドレープも美しく見えます。   下着が透けないようにインナーも付けました。 背中をあけることでヌケ感がありながらリボンが揺れることで、生き生きとした後姿に。 インしてリュンヌの大人サロペットと合わせてもキュートです。 袖はややラッパ型になっているので、手首はほっそり見える効果も。   こちらは紺色ベースのボーダーです。   白ベースより少しカジュアルなイメージですが、着やせ効果はこちらのほうがあるかもしれません。   究極のボーダーカットソーのサイズはMとLをご用意いたしました。 インでもアウトでも誰でも絵になるボーダー。 次回はこちらのボーダーのLaVivant世代の着こなしをご紹介したいと思います。   そして08号はボーダーカットソー他、50代がもっと素敵になれるアイテムをたくさんご用意しております。 まずはWEBをご覧くださいませ。 カタログはWEBからお申込できます! https://flagshop.jp/lavivant/shop/r/r30121/     Article By Shinobu Uchiyama 1990年(株)世界文化社入社。『家庭画報delicious』『MISS』『MISSwedding』『きものSalon』『GOLD』の各誌の編集長を12年間経て、2016年6月から㈱集英社・ブランド事業部・コンテンツマネージャーになり『LaVivant』ディレクター。『GOLD』編集長時代には、料理本『編集長のお家ごはん』を出版。ファッション、美容はもちろん、ライフスタイル全般への造詣が深く、同世代の読者を導く存在です。クシマクロビオティックコンシェルジュ、オーガニック料理ソムリエ、中医学薬膳、調理師免許の資格を持つ料理家でもある。オスカープロモーション所属。  
  • 2019年3月 リニューアルオープンした 「横浜ロイヤルパークホテル」 65階 66階 スカイリゾートフロア「ザ・クラブ」 横浜ロイヤルパークホテルの高層階が新しく生まれ変わり、 「ホテル イン ホテル」が誕生!とのことで、早速試泊へ行ってきました。 まず専用ぼチェックインカウンターを済ませ一つ下の階へ降りると 専用ラウンジ「サクラブ」が夜景と共にお出迎え。 夜の軽食と朝食をここでいただくことができます。夜の多種のチーズ類と 朝食のじゃこのオムレツが絶品でした。 優雅なひと時でゆっくりできました。お部屋もベッドルームとソファーの部屋が仕切れるようになっており レジャーやビジネスどちらにも最適です。 是非、横浜観光に来られた際は、 非日常間が味わえるラグジュアリーなこの新ラウンジに 行ってみてください。https://www.yrph.com/stay/renewal/index.htmlインスタはこちら。モアハピ部 No.620 みゆふぁーふぁ のブログ
  • トーガが、大阪発の2ブランド、ザモンゴリアンチョップスとボクハタノシイとのコラボレーションTシャツをトーガおよび各ブランドの直営店にて発売中。それぞれ“トーガ愛”や“TOGA HA TANOSII”といった刺繍入りで、ホワイトとブラックの2色を取り揃える。さらに大阪・中津のショップ、IMA:ZINE(イマジン)ではボクハタノシイとのコラボレーションTシャツの白地に白刺繍、黒地に黒刺繍の別注カラーが展開されるので、こちらも併せてチェックしたい。 (左より)TOGA × BOKU HA TANOSII 刺繍Tシャツ(トーガ×ボクハタノシイ)、“トーガ愛” 刺繍 Tシャツ(トーガ×ザモンゴリアンチョップス) 各¥6.500/TOGA 原宿店 また、トーガ大阪店ではメインコレクションの発売を記念した展覧会2つを開催。1つ目はフォトグラファーの鈴木親による写真展で、安藤サクラをモデルに迎えて撮影した2019年春夏コレクションのビジュアルのアザーカットが店内にて展示。もう1つは併設する古着屋TOGA XTC OSAKA(トーガ エックスティーシー オオサカ)で、フォトグラファーの夢一平が大阪を舞台に撮り下ろした作品が発表される。トーガの新しい世界観を堪能できるチャンスなので、ぜひ両方の展示をチェックして。 (c)鈴木親(c)夢一平【鈴木親 写真展&夢一平 写真展】会場:TOGA 大阪店 住所:大阪府大阪市西区北堀江1-23-7 大阪菓子会館1階会期:2019年3月31日(日)まで営業時間:11:00~20:00電話番号:06-6533-7538 ◾️“トーガ愛” 刺繍 Tシャツ TOGA 大阪店、IMA:ZINE、TMC Friendly Shopにて展開中。4月1日(月)よりTOGA 原宿店にて展開。 ◾️TOGA×BOKU HA TANOSII Tシャツ TOGA 大阪店、BOKU HA TANOSII 大阪店、IMA:ZINE(※白地に白刺繍、黒地に黒刺繍の別注色のみ)にて展開中。4月1日(月)よりTOGA 原宿店にて展開。 TOGA 原宿店 http://www.toga.jp03-6419-8136 text: Fuyuko Tsuji
  • 更年期の不調解決のためのチャレンジをまとめた『コーネンキなんてこわくない』など大人女子のためのエッセイが大人気の作家・横森理香。今回は、豪華客船ダイヤモンド・プリンセスに乗って、憧れのクルーズ旅を体験!!さて、どんな旅レポートになりますやら・・・!? ロングドレスの出番♥  船長主催パーティにご招待!?今年の年明け、編集者Kから、「豪華客船のプレスツアーあるけど、乗ってみない?」と誘われた。「ドレスアップできるし、ほら、横森さんのロングドレスもまた着れるよ」と。私が代表を務める「日本大人女子協会」の「第一回公式大人女子会」@小笠原伯爵邸で着たロングドレス。お蔵入りするかと思いきや・・・。「でも、ロングドレス着る機会なんてほんとにあんの?」「船長主催のドレスアップパーティとかあったらさ・・・ほら、グラスタワー」とパンフレットを見せる。確かに、ロングドレスを着た女性とタキシードを着た男性が、グラスタワーにスパークリングワインを注いでいる。「ふーん・・・」「船だから、一度荷物積んじゃえば帰るまで手ぶらだし♡」同じ歳だが、職業柄か、腰の軽い編集者Kはウキウキしている。「しゃあねぇな」私は重い腰を上げた。 空港みたいな船着き場に、どど~んと大きな船が!! 横浜の日本大通り駅、なんつーのにも初めて降り立ち、寒風の中、大さん橋の船着き場に向かう。と・・・、遠くからでもどでかい建物みたいなものが見えてきた。どうやら、あれが私が乗る、豪華客船ダイヤモンド・プリンセスらしい♥国際客船ターミナルのほうに歩いていくと・・・あの大きい建物みたいなのは、もしかして!?船の大きさにもびっくりしたが、大さん橋の船着き場がまるで空港みたいになっていて驚いた。(正式名称は、大さん橋国際客船ターミナルなので、その名通りではある)私は二十数年前、オセアニックグレース号という日本の船に、取材でちらと乗ったことがあるが、こんなんじゃなかった。時代は変わったのだ。ターミナルからは半そで短パンの外国人客が、嬉しそうな顏で出て来てる。「え、もしかして中、暑い?」大さん橋はその日、二月の大寒波が押し寄せていた。私は裏起毛のあったかタイツにニットのガウチョパンツ、ブーツ、もこもこのセーターを着て、その上にコート、その上にニットの羽織りものを重ね着していた。後ろに見えるのがダイヤモンド・プリンセス。海面からの高さはなんと54メートル、ピサの斜塔とほぼ同じ高さだそうだ。「あの~、ちょっと、おばあさんみたいなんだけど。。。」と編集者K。「もうトランクに入んなかったから、全部着てきた」船の中は暖房で暑いけど、甲板に出たら海風が寒いだろうから、羽織りものは必須。でも重ねすぎてもおかしいから、いっそロングダウン着て来た方が良かったかも。大きすぎて、全容はたぶんドローンでないと撮影できない・・・ダイヤモンド・プリンセス。イギリス船籍だが、三菱重工長崎造船所で建造されたメイドインジャパンの客船。全長290メートル、なんと横浜ランドマークタワーを横に寝かしたサイズとか!! 乗客定員は2700名、乗務員は1100人、客室は1353室、バーは14か所、プールは4つ。一日に焼くパンは6万個!!というスケール。まずはターミナルで、乗船準備。シンガポールから横浜にやってきたこの船は、名古屋、大阪でも客を乗せて、沖縄、台湾へと向かうのだ。ターミナルに着くと、トランクに入り切れなかった荷物をエコバッグに入れ、預けた。私はドレスを入れたトランクを事前に荷物配送サービスで送ったが、トランクを持って来た人達はここでチェックイン。荷物は部屋まで運んでくれる。赤レンガや大さん橋、レインボーブリッジを見渡すバーやカフェレストランがあるから、ま、コーヒーでも飲んで待つかと座った。見慣れた横浜の風景も、反対側から見るのは初めてで、ここからすでに観光気分が味わえた。いよいよ乗船だ。船着き場からは、大型客船ダイヤモンド・プリンセスの側面だけが見える。大きすぎて、船全体は見渡せない。なんせ、18階もあるのだ。海面からの高さ54メートル、全長290メートル!! それは最早、海に浮くビル。そしてこれも初体験だが、まずチェックイン手続きでパスポートを没収された。えー?!  パスポート取られたら、もう帰国できないじゃん!! と軽くパニくるところだが、乗船する者はみな「パスポート引換券」をもらい、下船する前にパスポートを返してもらうのだ。今日横浜港を出発するプリンセス・クルーズは、名古屋、大阪でもお客様を乗せて、沖縄、台湾へ向かうツアー。残念ながら、我々プレスツアーは横浜から大阪まで。日本の海だから不要? と思いきや、船はイギリス籍、パスポートが必要なのだった。さて、そして、いよいよ乗船✨いざ乗船!! 広さとゴージャスさにクラクラ・・・。 船の中に入ると、そこはホテルだった。ロビーは吹き抜けで、きらきらしている。パンフレットに載っていた螺旋階段があり、ここでロングドレスの記念撮影したら、さぞやインスタ映えするであろうことを彷彿とさせた。チェックイン時に部屋のカードキーを渡される。このカード一枚で、お部屋や船内の施設全部、有料のものまで支払いができる。つまり、手ぶらで遊べるというわけだ。クルーズツアーは船での移動、食事、宿泊、エンタメすべて込み料金だが、船内の買い物や、スパ利用、飲み物などの支払いはこのカードで。支払いはドルで。そして船内は、暑かった ホットフラッシュがある私は、いきなり滝汗(>_<) 野球拳みたいに次々と脱いでいき、シャツ一枚となった。このへん、これからクルーズする大人女子は気をつけたほうがいい。真冬でも薄着で、それこそダウンコートを着て行ったほうが良い。巨大客船ゆえ、5階から14階まである客室の廊下は、端から端までは見えないぐらい、長い。お誕生日の人のドアにはこんなサプライズが♪ 船上で誕生日なんて素敵♥ 長い廊下に同じドアが続くので、自分の部屋がわかるよう、慣れたお客様は目印のマグネットをつけておくらしい。無類の方向音痴の私を心配して、編集者Kは寝る時以外、ずーっと私に張りつく気だ。二人で入った私の部屋は、プレミアム・ジュニア・スイートだった。ウェルカムフルーツてんこもりのリビングエリアと、プライベートバルコニー付き♡テレビもソファとベッドの前に二台ついている。ウェルカムワインもハーフサイズが白赤ついていて、思わず、ルネッサーンス✨ と乾杯した。「ルネッサンスってなに?」「え、知らないの?」さあここからが忙しい。シンガポールから来たクルーズ客が船を下りて、横浜・東京観光している間、プレスツアーの我々は、船内を巡り、ロケハン、取材、撮影をしなければいけない。まずはランチで腹ごしらえ。船にはメイン・ダイニングが5つあり、さらにカジュアルなレスランやグリルもあり、朝昼晩どこででも好きなものが食べられる。が、私はとりあえずビュフェ式の「ホライゾンコート」でサラダとローストビーフにしておいた。これから、めくるめく美食が待っているだろうから。しかし、なぜかデザートはいっぱい取った。だって、外国の船だから、スウィーツと肉料理が充実。おりしも横浜出航はバレンタインデー。Happy Valentine’s Dayと書いてある、ハート形ホールケーキまであるのだ。まあ一口ずつ味見をするとしてw避難訓練はミュージカル風♪ 鏡開きも!アトリウムに戻ってくると、人がたくさん集まっていた。船長さん達がハッピ姿で出て来たと思ったら、なんと鏡開き♪ みんなにお酒が振る舞われた。この後、いったん部屋に戻ってやっと着いた荷物をほどいて薄着に着替え、避難訓練をしにシアターへ。避難訓練といっても、エンターテイメント部門のりょうたさんが英語と日本語で楽しく説明してくれるのを、映像見ながら聞くだけ。音楽は船オリジナルの、避難マニュアルを歌い込んだミュージカル風だ。楽しいが、やはり船の上、気が引き締まる。そうこうしているうちに出航時間に・・・。いよいよ出航、お手ふりで姫気分に♪この日は、ダイヤモンド・プリンセスが横浜港に寄港した100回目の記念日。ターミナルの甲板ではバンドがこちらを向いて演奏してくれた。多くのお見送りの人たちもいて、関係ないのに手をふる私は、まるでプリンセスな気分だった。スマートカジュアルだから小奇麗なワンピースにパールのネックレス、珍しくストッキングにヒールの靴を履いている。この恰好で寒くない船内。ベランダでは羽織ものでオッケー。ありがとうダイヤモンド・プリンセス。さようなら横浜。さようなら家族!理香、行って来ます!!と、なぜか感謝の気持ちでいっぱいになった。  ・・・ダイヤモンド・プリンセス、ついに出航。夕日のなか、横浜ベイブリッジも越えて、海へ—。さて、どんな時間を過ごすのか、次回をお楽しみに!!・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★横森理香の更年期チャレンジ! 『 コーネンキなんてこわくない』は単行本、電子書籍で好評発売中!!お近くの書店、WEB書店(amazon、楽天ブックス、セブンネットショッピングなど)でお求めください。ちら読み、本の内容、詳しくはこちらをごらんください★作家・横森理香が更年期の不調解決のため、空中ヨガ、イケメン太極拳、コルギ、観光ウォーキング、グルテンフリーなどに次々チャレンジ。読むだけで気持ちが前向きになる一冊です。(集英社 定価 本体¥1,400+税)
  • いかとセロリのあえ物外食よりも栄養バランスを考えて作れる手作りごはん。そんな時に活躍してくれるのがストックおかず。夏梅美智子先生著作「ストックおかずの知恵」より、PART2ではお役立ち「たれ&ソース」ストックを使ったレシピをご紹介。「たれ&ソース」ストック:かける ごま塩だれ/いかとセロリのあえ物材料(2人分)いか(刺し身用) 60gセロリ 1/4本セロリの葉(あれば) 少々塩 少々ごま塩だれ 大さじ11/2※ごま塩だれの作り方はこちらにあります。作り方1 いかは5㎝幅に切ってから細切りにする。2 セロリは薄切りにして塩をふり、しんなりしたらもんで軽く水洗いをし、絞る。葉があればちぎっておく。3 1と2をたれであえる。次回は、ごま塩だれを炒めだれに使った「あさりと菜の花のごま塩炒め」のレシピをご紹介します。撮影/野口健志 スタイリスト/肱岡香子「ストックおかずの知恵」集英社刊http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-333119-0&mode=1
  • 「落ちるの一秒、ハマると一生」と言われる歌舞伎沼。その深淵をのぞき、沼への入り方を指南するこの連載。1回目にピックアップするのは、5月の歌舞伎座公演「團菊祭五月大歌舞伎」。この舞台で、歌舞伎俳優・尾上菊之助さんの長男・寺嶋和史くん(5歳)が、7代目尾上丑之助を名乗ることに。歌舞伎役者としてのデビューでもある「名乗り」は、歌舞伎沼への入り口となること間違いなし!!写真左から、尾上菊之助さん、寺嶋和史くん、尾上菊五郎さん。記者会見では、親子孫が勢ぞろい!バイラ歌舞伎部が、『團菊祭五月大歌舞伎』の記者会見に行ってきました!!部長 バイラ歌舞伎部部長のまんぼうです。今月からスタートした「歌舞伎沼への誘い」。新入部員のバッタリ小僧と二人で、歌舞伎の魅力を伝えていきたいと思いますので、よろしくお願いします。 小僧 よろしくお願いいたします!  歌舞伎、いろいろ盛り上がってますもんね。若い役者もかっこいいし、おじさま世代も素敵だし、観るなら「今でしょ!」って感じ。でも、正直、チケットの値段は高いし、ストーリーがわかりにくいし、なんか敷居が高くて……。 部長 バイラ読者の中にもそう思っている人、たくさんいると思うけど、それは本当にもったいないと思うのよ。私もアラサーくらいから歌舞伎を観ていたら、どれだけ沼を深められたことか……今、後悔しているところ(涙)。だからこそ、歌舞伎は難しいと思って敬遠している人のために、この連載では、ざっくばらんにいろいろ紹介できたらと思ってるわ。で、今月のピックアップは、5月の歌舞伎座公演「團菊祭五月大歌舞伎」。尾上菊之助さんの長男・和史くんの初舞台よ。 小僧 記者会見では、 尾上菊五郎さん、尾上菊之助さん、寺嶋和史くんと親子孫三代が勢ぞろいで、いかにも歌舞伎って感じでしたね。そして寺嶋和史くん、超かわいかった~!!  部長 うん、超キュートだったわ。 小僧 たくさんのカメラに目をしょぼしょぼさせて、かなり緊張してたと思うけれど、「5月に尾上丑之助の名跡を名乗らせていただきます。一生懸命頑張りますので、どうぞよろしくお願いします」って元気いっぱいで。そして「舞台で期待することはありますか?」って質問されて、「ありません!」ってきっぱり(笑)。なんて正直なの!!  もうキュンキュンしちゃいました♪ 部長 「やりたい役は?」と聞かれて、菊五郎さんの当たり役・弁天小僧と答えるあたりはさすがだったわ。「弁天小僧菊之助たあ、俺がことだあ」の名乗りの名セリフも堂に入ってたし、これは将来が楽しみね。 緊張している和史くんを終始かいがいしくサポートしていた父・菊之助さん。二人とも笑顔がキュート!!和史くんは、おじいちゃん二人が人間国宝という超サラブレッド!!小僧 家では、お父さん相手に立ち回りのお芝居ごっこをよくしているって言ってましたね。「いつも斬られてます」って言ったときの菊之助さんのうれしそうな顔、見ましたか!? すっかりいいお父さんっていう感じで素敵。そして菊五郎さん!  ワイルドな雰囲気でかっこよかったな~。 部長 自分の初舞台のときは、「おたふく風邪になってカツラが入らなくなった」とか(笑)、話もおもしろくて、さすがの余裕だったわね。 小僧 それにしても5歳で初舞台なんて、歌舞伎役者って、やっばりすごいなぁ。 部長 そうそう。ただね、「初舞台」だけど、和史くん、正確には、初めて舞台に立つわけじゃないのよ。じつは2歳のときに、すでに舞台には出ているの。 小僧 2歳!? マジですか!? 部長 歌舞伎でいうところの「初お目見え」というもので、このときは、本名で舞台に出ているのよね。それに対して「初舞台」は、初めて歌舞伎役者としての名前を名乗って舞台に立つことを言うの。本格デビューという感じかしら。 小僧 なるほど。おじいちゃんやお父さんが名乗っていた「丑之助」を襲名して、本格的に歌舞伎役者の道を進むわけですね。 部長 そういうことね。ただ、芸名から芸名になるのは「襲名」だけど、今回のように本名から芸名になるのは、襲名ではなく、「名乗り」という表現になるそうよ。 小僧 初お目見えと初舞台、名乗りと襲名……ああ、ややこしい! メモメモ。 部長 ちなみに和史くんのお母さんは、これまた歌舞伎界のスター・中村吉右衛門さんの娘さんだって知ってた? しかも菊五郎さんも吉右衛門さんも人間国宝。 孫の和史くんは、その二人のDNAを受け継いでいる歌舞伎界のサラブレッドってこと。 小僧 ええっ、おじいさん二人が人間国宝!? それは荷が重い……いやいや、素晴らしい。 部長 さらに菊五郎さんの奥さまは、女優の富司純子さんで、菊之助さんのお姉さんは、女優の寺島しのぶさん。 小僧 なんと! 超芸能一家じゃないですか。これは和史くんは、将来、すごい役者になるかもしれないですね。 部長 そう。だからこそ、和史くんの名乗りは、絶対観ておくべきなのよ。歌舞伎役者ファンの醍醐味のひとつは、子どものときから大人になるまで、その成長をずっと見守り続けることができること。やがて和史くんが大スターになったとき、「私は、彼の名乗りを観たのよね」と言える喜びといったら!!  自分の孫子にもきっと自慢しちゃうと思う。 小僧 ふ~む。そういう歌舞伎沼の入り方もあるんですね。 部長 考えてみてよ。5歳の和史くんが、丑之助になって、菊之助になって、菊五郎になっていくのをずーっと観ていられるのよ。 小僧 5メートルくらいの歌舞伎沼が、65メートルくらいになってそう。で、ちなみにその頃、部長は90歳くらい? 部長 うるさいわね。とにかく5月、歌舞伎座に行くからね。和史くんの牛若丸を見るわよ!! 小僧 はい、ついていきます! それでは、本日はこれぎり~!! 七代目尾上丑之助の初舞台となる演目『絵本牛若丸』で、牛若丸を演じる和史くん。衣裳姿も決まってるぅ!!■「團菊祭五月大歌舞伎」(だんきくさいごがつおおかぶき)東京・歌舞伎座にて、5月3日(金)から5月27日(月)まで公演「團菊祭」とは、明治を代表する歌舞伎俳優の九世市川團十郎と五世尾上菊五郎を讃えるために、昭和11年に始まったもので、近年は歌舞伎座の五月興行として上演されてきた公演。今年の見どころは、七代目尾上丑之助の初舞台となる演目『絵本牛若丸』。丑之助は、源氏の再興を目指し、鞍馬寺で厳しい修行に耐える牛若丸を演じる。父・尾上菊之助、二人の祖父・尾上菊五郎、中村吉右衛門も出演する超ゴージャスな舞台は、ファンならずとも必見!歌舞伎公式総合サイト『歌舞伎美人』團菊祭五月大歌舞伎 詳細■公演チケット情報チケットは、チケットWeb松竹、チケットWeb松竹スマートフォンサイト、チケットホン松竹で発売中。歌舞伎公式総合サイト「歌舞伎美人」チケットに関するご案内取材・構成/バイラ歌舞伎部  まんぼう部長……ある日突然、歌舞伎沼に落ちたバイラ歌舞伎部部長。遅咲きゆえ猛スピードで沸点に達し、熱量高く歌舞伎を語る。  バッタリ小僧……歌舞伎歴2か月。やる気はあるが知識ゼロの新入部員。若いイケメン俳優より、本当はオーバー40歳の熟年役者好き。
  • プロ野球オープン戦がきのうで全日程が終了し、 いよいよ今週末29日から セ・パ両リーグが同時に開幕!! プロ野球ファンにとっては、 待ちに待ったシーズンの始まりで、 野球好きの私も もうすでにわくわくが抑えきれません♪♪ プロ野球といえば、 どうしても一軍の選手や試合が 注目されがちですが、 ファーム(2軍)の試合も すごくおもしろいんです!!1軍とはひと味違う!2軍観戦の魅力とは★選手とファンとの距離感が近い!2軍の試合は、1軍の本拠地ではなく、 それぞれの球団が所有しているグラウンドや 比較的規模の小さいスタジアムで 試合を行っているので選手との距離も近い! ゆったり落ち着いて観戦できる!1軍の試合は、鳴り物を使ったり 選手の応援歌を大勢で歌ったりなど 賑やかな応援の仕方ですが、 2軍の試合は鳴り物がなく 観客もさほど多くないため、 のんびり落ち着いて 試合を観戦することができます!チケット代が安い!1軍の試合は、座席により値段が変動し、 何千円、何万円と良いお値段しますが、 2軍の試合は、座席問わず一律「1,000円」!! ※横浜DeNAベイスターズの場合 私は会員に入っているので、 なんと「800円」で観戦することができました! 1軍の試合では座ることが難しい バックネット裏での観戦も 簡単にできちゃいます!!思い立ったときに行ける!チケットの売切れの心配もなく、 当日券のみの販売なので、 気が向いたときにふらっと観に行くことが可能!隠れた魅力がいっぱい!2軍といえども、プロ野球選手。 試合は1軍に負けないぐらい 迫力あるプレーで楽しませてくれます♡♡球団オリジナルのフードや飲み物、 施設なども意外に充実しています♪♪2軍の試合もかなり魅力的なので、 1軍の試合だけでなく、 ぜひ2軍の試合にも 足を運んでみてください 〜!!1軍も2軍も 横浜DeNAベイスターズが優勝できるよう 今シーズンも全力で応援します♡♡【No.576】*Ayane* Instagram料理専用Instagramはこちら★モアハピ部 No.576 *Ayane* のブログ
  • 手持ちのアイテムに今年っぽさを。ZARAをパトロールしていて見つけたブラウスは、小さな花柄・襟フリル・リボン。少しだけ甘さをプラスするのに丁度よいポイントが詰まっています。リボン付きブラウスが気になったきっかけは、先週ついに最終回を迎えたドラマ「初めて恋をした日に読む話」。ドラマは録画して週末にまとめて観る派の私が毎週リアルタイムで視聴。火曜日は自主的にノー残業デーにしてしまうほど春見先生(深田恭子ちゃん)とユリユリ(横浜流星くん)の恋の行方が気になって仕方がない3ヶ月でした。マリソルの誌面には”気になる彼”をクローズアップする「マリソル・オム」のコーナーがあるので、是非是非!横浜くんをクローズアップして!と心の底から願うぐらいのドハマりです。笑 ドラマでの深キョンちゃんの衣装は少しだけモード感のあるフェミニンなスタイルが可愛く、登場率高めだと感じたのがボウタイや襟元がリボンのブラウス。アウターはトレンチコート。どちらも好きなアイテムですが、トレンチコートにはスッキリしたトップスを合わせる事が多かったので、新しい着こなしの参考になりました。 私が選んだのはZARAのもの。トレンチコートからチラリとみせたり、ベーシックなジャケットの下に着ると花柄とリボンがアクセントになり、男前になりがちなスタイルに可愛さをプラス出来ます。いよいよ今週で3月も終わり。仕事もバタバタとする季節ですが、お気に入りのコーデやアイテムで気分転換しながら乗り切りたいと思います。美女組No.93ゆっきーのブログ
関連キーワード

RECOMMEND