【スプリングコート】春の定番アウター、今年はこう着る!

SPUR.JP
Photo by Getty Images
Photo by Getty Images

この時期に欠かせない、トレンチコートなどの薄手アウター。街でかぶりがちなアイテムだけに、今年らしい新鮮なスタイリングで着こなしたい。世界のストリートスナップをぜひ参考にして!

襟を立てて着れば新鮮なフォルムに!

Photo by Matthew Sperzel/Getty Images

コートの首もとについたベルトを止めて、襟を立てて着ると、定番のコートもまた違った表情に。すっきりとした胸もとや、Aラインに広がったシルエットが新鮮で、センタープレス入りパンツやキャップを取り入れ、ボーイッシュに着こなした。透明なPVCバッグも今シーズンらしいセレクト!

ビタミンカラーのコートが春らしい表情

Photo by Edward Berthelot/Getty Images

定番色のコートに飽きてきたら、春らしいビタミンカラーをコートで取り入れてみては。写真の女性は、気分も明るくなりそうなサニーオレンジのコートをチョイス。マルチカラートップスとチェックのパンツで柄をミックスして、さらにポップに!

太いベルトでウエストマーク

Photo by Vanni Bassetti/Getty Images

インフルエンサーのアナベル。肩の落ちた大きめのサイズ感のコートを、ベルトでしっかりとウエストマークしてスマートに着た。バックルの大きな、太めのベルトを選んでいるので、メリハリがきいている。ゼブラ柄バッグの存在感も、スタイリングを引き締めて。

全身のカラートーンを揃えてシックに

Photo by Matthew Sperzel/Getty Images

グレーのコートを着た、アート・ディレクターのジュリア。全身のカラートーンを抑えているので、シックな雰囲気に。コートのボタンやシューズのハトメなど、さりげなくメタルパーツの輝きを添えることで、ただの「地味な人」ではなく洗練されたムードに仕上がっている。

クリーンな白コートをカラフルスニーカーで外して

Photo by Christian Vierig/Getty Images

白いトレンチコート&白いパンツが抜群にクリーンな、モデルのガードレ。インに着たニットやバッグの色に合わせて、シューズも白かベージュを選ぶと思いきや、マルチカラーのスニーカーをチョイスしたところに遊び心が感じられる。共布ベルトを締めて、キリッとハンサムに着こなした。

クラシカルなチェック柄コートをスポーティに

Photo by Daniel Zuchnik/Getty Images

ブロガーでスタイリストのシャーロット。クラシカルなチェック柄コートに合わせたのは、ネオンカラーのサングラス、トラックパンツ、バレンシアガのダッドスニーカーといった、ストリート感の強いアイテム。クロエのバッグがクリーンなムードをプラスして。

あえての「春ファー」でスタイリングを新鮮に

Photo by Timur Emek/Getty Images

スタイリストのナターシャは、黒いコート&白いレースドレスのスタイリングに、意外性のあるプラダのファーストールをプラス! 可愛らしくなりがちなホワイトドレスに、ウィットとスパイスが加わった。アーミーグリーンのラバーブーツも、ドレスの甘さを引き締めて。

パステルカラーのドレスで、定番コートを今春らしく

Photo by Matthew Sperzel/Getty Images

定番のベージュコートを今年らしく着るなら、パステルカラーと合わせるのがオススメ。写真の女性は、軽やかなミントグリーンのドレスに、トレンチコートを羽織った。コートの裏地のペイズリー柄がチラリと覗き、いっそう春らしい表情に。バケットハットやスニーカーで、カジュアルダウンして。

思い切ってコートを主役に!

Photo by Claudio Lavenia/Getty Images

いっそ、インパクトのあるアイテムを選んで、コートを主役にしてしまうのも手! インフルエンサーのキャロラインが着たのは、サカイのコート。ベーシックなベージュの生地と、チェック柄の生地が切り替えられたコートは、ドレスを着ているかのような華やかなムードが演出できる。黒いトップスやブーツを合わせ、あくまでコートを目立たせた。

text : Chiharu Itagaki

関連記事
  • 気に入ったアイテムは色違いで購入! 楽チンシャツ、楽チンワイドパンツは私の定番。友人がdoclasseのアンバサダーをしているという事もあり、友人のFBやInstagramなどでdoclasseの洋服をよく目にしていました。 éclat4月号でも「春のリッチベージュ」として、ニットアンサンブル、ジャケット、プリーツスカートなどが取り上げられています。 doclasseは実店舗もあるので、洋服を買うときは生地感や丈の長さなど、いろいろ確認したい私にとっては嬉しい通販サイトです。 もちろん店舗に行けない方にも、購入する前に気になることがあれば、細やかな対応をして頂けます。シンガポール旅行には、ワイドパンツを三本持参。スーツケースの中にクルクルっと小さく丸めて場所要らず。 通気性もよく、ウエストもゴムなので、楽チン。万能アイテムです 去年の夏はヘビロテしてました 今年も活躍してくれる事、間違いなし!シャツも色違いで3枚購入 ストライプとオリーブは以前即買いしたので、今回は春用に明るいピンクを購入してみました。アバクロの白パンツに合わせてéclat掲載のベージュアイテムも、早速チェックしてみようと思います。doclasseさんのサイトはこちらからお時間ありましたら、Instagramも覗いてみてください Instagramはこちらから華組 豊田真由美ブログ
  • ピンクやベージュなどハイテク系ではあまり見なかったまろやか色は、鮮度も高くインスタ映えも間違いなし! ゴツくなりすぎないので、初心者にもおすすめ。フェミニンコーデが一気にこなれる"まろやか色ダッドスニーカー"をお届けします。 甘め派OLが「女子会映え」を狙える【ダッドスニーカー】6選ただ甘いとは一線を画すモードなピンクを主役に ネイビー×ピンクのレトロ配色が、ヴィンテージライクな小花柄ワンピにマッチ。スニーカー「TIVRA」¥13000/デッカーズジャパン(ホカオネオネ™) デニムジャケット¥32000/ボウルズ(ハイク) ワンピース¥40000/シップス 有楽町店(アイロン) ピアス¥14000/フレームワーク ルミネ新宿店(ブリルピース) バングル¥16000/ビームス ハウス 丸の内(フィリップ  オーディベール) バッグ¥32000/ケイト・スペード ジャパン(ケイト・スペード ニューヨーク)履いているのはコレ HOKA ONE ONE TIVRA 名前もキャッチーな「ホカ オネオネ™」は、プロのランナーにも愛される高い機能性と美しいデザインに定評のあるフランス生まれのブランド。見た目の可愛さもさることながら、スポンジのように柔らかく肌当たりのいい履き口も自慢。 どんなハードな形も、品よく傾けてくれるベージュが一番人気 「ADIDASFALCON W」¥12000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス)肌馴染みのいいカラーでコーデの邪魔をしない 「NIKE W AIR MAX 97 LX」¥20000/アトモス ピンク(ナイキ) 白より女らしいクリーム色 「REEBOK DMX SERIES 1200」¥9990/アトモス 明治通り店(リーボック) エアマックスはピンクのワントーンで今年顔に 1995年に爆発的にヒットしたエアマックス。ピンクのワントーンで今年顔に。「NIKE WMNS AIR MAX 95」¥17000/スタイルス 代官山(ナイキ)ハラチのスニーカー スポサンでもおなじみのハラチ。春はぜひスニーカーで。「ナイキ ウィメンズエア ハラチ」¥11000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/秋山 瞳〈PEACE MONKEY〉 スタイリスト/大平典子 モデル/絵美里 取材・原文/伊藤真知 ※BAILA2019年4月号掲載
  • 更年期の不調解決のためのチャレンジをまとめた『コーネンキなんてこわくない』など大人女子のためのエッセイが大人気の作家・横森理香。今回は、豪華客船ダイヤモンド・プリンセスに乗って、憧れのクルーズ旅を体験!!さて、どんな旅レポートになりますやら・・・!? ロングドレスの出番♥  船長主催パーティにご招待!?今年の年明け、編集者Kから、「豪華客船のプレスツアーあるけど、乗ってみない?」と誘われた。「ドレスアップできるし、ほら、横森さんのロングドレスもまた着れるよ」と。私が代表を務める「日本大人女子協会」の「第一回公式大人女子会」@小笠原伯爵邸で着たロングドレス。お蔵入りするかと思いきや・・・。「でも、ロングドレス着る機会なんてほんとにあんの?」「船長主催のドレスアップパーティとかあったらさ・・・ほら、グラスタワー」とパンフレットを見せる。確かに、ロングドレスを着た女性とタキシードを着た男性が、グラスタワーにスパークリングワインを注いでいる。「ふーん・・・」「船だから、一度荷物積んじゃえば帰るまで手ぶらだし♡」同じ歳だが、職業柄か、腰の軽い編集者Kはウキウキしている。「しゃあねぇな」私は重い腰を上げた。 空港みたいな船着き場に、どど~んと大きな船が!! 横浜の日本大通り駅、なんつーのにも初めて降り立ち、寒風の中、大さん橋の船着き場に向かう。と・・・、遠くからでもどでかい建物みたいなものが見えてきた。どうやら、あれが私が乗る、豪華客船ダイヤモンド・プリンセスらしい♥国際客船ターミナルのほうに歩いていくと・・・あの大きい建物みたいなのは、もしかして!?船の大きさにもびっくりしたが、大さん橋の船着き場がまるで空港みたいになっていて驚いた。(正式名称は、大さん橋国際客船ターミナルなので、その名通りではある)私は二十数年前、オセアニックグレース号という日本の船に、取材でちらと乗ったことがあるが、こんなんじゃなかった。時代は変わったのだ。ターミナルからは半そで短パンの外国人客が、嬉しそうな顏で出て来てる。「え、もしかして中、暑い?」大さん橋はその日、二月の大寒波が押し寄せていた。私は裏起毛のあったかタイツにニットのガウチョパンツ、ブーツ、もこもこのセーターを着て、その上にコート、その上にニットの羽織りものを重ね着していた。後ろに見えるのがダイヤモンド・プリンセス。海面からの高さはなんと54メートル、ピサの斜塔とほぼ同じ高さだそうだ。「あの~、ちょっと、おばあさんみたいなんだけど。。。」と編集者K。「もうトランクに入んなかったから、全部着てきた」船の中は暖房で暑いけど、甲板に出たら海風が寒いだろうから、羽織りものは必須。でも重ねすぎてもおかしいから、いっそロングダウン着て来た方が良かったかも。大きすぎて、全容はたぶんドローンでないと撮影できない・・・ダイヤモンド・プリンセス。イギリス船籍だが、三菱重工長崎造船所で建造されたメイドインジャパンの客船。全長290メートル、なんと横浜ランドマークタワーを横に寝かしたサイズとか!! 乗客定員は2700名、乗務員は1100人、客室は1353室、バーは14か所、プールは4つ。一日に焼くパンは6万個!!というスケール。まずはターミナルで、乗船準備。シンガポールから横浜にやってきたこの船は、名古屋、大阪でも客を乗せて、沖縄、台湾へと向かうのだ。ターミナルに着くと、トランクに入り切れなかった荷物をエコバッグに入れ、預けた。私はドレスを入れたトランクを事前に荷物配送サービスで送ったが、トランクを持って来た人達はここでチェックイン。荷物は部屋まで運んでくれる。赤レンガや大さん橋、レインボーブリッジを見渡すバーやカフェレストランがあるから、ま、コーヒーでも飲んで待つかと座った。見慣れた横浜の風景も、反対側から見るのは初めてで、ここからすでに観光気分が味わえた。いよいよ乗船だ。船着き場からは、大型客船ダイヤモンド・プリンセスの側面だけが見える。大きすぎて、船全体は見渡せない。なんせ、18階もあるのだ。海面からの高さ54メートル、全長290メートル!! それは最早、海に浮くビル。そしてこれも初体験だが、まずチェックイン手続きでパスポートを没収された。えー?!  パスポート取られたら、もう帰国できないじゃん!! と軽くパニくるところだが、乗船する者はみな「パスポート引換券」をもらい、下船する前にパスポートを返してもらうのだ。今日横浜港を出発するプリンセス・クルーズは、名古屋、大阪でもお客様を乗せて、沖縄、台湾へ向かうツアー。残念ながら、我々プレスツアーは横浜から大阪まで。日本の海だから不要? と思いきや、船はイギリス籍、パスポートが必要なのだった。さて、そして、いよいよ乗船✨いざ乗船!! 広さとゴージャスさにクラクラ・・・。 船の中に入ると、そこはホテルだった。ロビーは吹き抜けで、きらきらしている。パンフレットに載っていた螺旋階段があり、ここでロングドレスの記念撮影したら、さぞやインスタ映えするであろうことを彷彿とさせた。チェックイン時に部屋のカードキーを渡される。このカード一枚で、お部屋や船内の施設全部、有料のものまで支払いができる。つまり、手ぶらで遊べるというわけだ。クルーズツアーは船での移動、食事、宿泊、エンタメすべて込み料金だが、船内の買い物や、スパ利用、飲み物などの支払いはこのカードで。支払いはドルで。そして船内は、暑かった ホットフラッシュがある私は、いきなり滝汗(>_<) 野球拳みたいに次々と脱いでいき、シャツ一枚となった。このへん、これからクルーズする大人女子は気をつけたほうがいい。真冬でも薄着で、それこそダウンコートを着て行ったほうが良い。巨大客船ゆえ、5階から14階まである客室の廊下は、端から端までは見えないぐらい、長い。お誕生日の人のドアにはこんなサプライズが♪ 船上で誕生日なんて素敵♥ 長い廊下に同じドアが続くので、自分の部屋がわかるよう、慣れたお客様は目印のマグネットをつけておくらしい。無類の方向音痴の私を心配して、編集者Kは寝る時以外、ずーっと私に張りつく気だ。二人で入った私の部屋は、プレミアム・ジュニア・スイートだった。ウェルカムフルーツてんこもりのリビングエリアと、プライベートバルコニー付き♡テレビもソファとベッドの前に二台ついている。ウェルカムワインもハーフサイズが白赤ついていて、思わず、ルネッサーンス✨ と乾杯した。「ルネッサンスってなに?」「え、知らないの?」さあここからが忙しい。シンガポールから来たクルーズ客が船を下りて、横浜・東京観光している間、プレスツアーの我々は、船内を巡り、ロケハン、取材、撮影をしなければいけない。まずはランチで腹ごしらえ。船にはメイン・ダイニングが5つあり、さらにカジュアルなレスランやグリルもあり、朝昼晩どこででも好きなものが食べられる。が、私はとりあえずビュフェ式の「ホライゾンコート」でサラダとローストビーフにしておいた。これから、めくるめく美食が待っているだろうから。しかし、なぜかデザートはいっぱい取った。だって、外国の船だから、スウィーツと肉料理が充実。おりしも横浜出航はバレンタインデー。Happy Valentine’s Dayと書いてある、ハート形ホールケーキまであるのだ。まあ一口ずつ味見をするとしてw避難訓練はミュージカル風♪ 鏡開きも!アトリウムに戻ってくると、人がたくさん集まっていた。船長さん達がハッピ姿で出て来たと思ったら、なんと鏡開き♪ みんなにお酒が振る舞われた。この後、いったん部屋に戻ってやっと着いた荷物をほどいて薄着に着替え、避難訓練をしにシアターへ。避難訓練といっても、エンターテイメント部門のりょうたさんが英語と日本語で楽しく説明してくれるのを、映像見ながら聞くだけ。音楽は船オリジナルの、避難マニュアルを歌い込んだミュージカル風だ。楽しいが、やはり船の上、気が引き締まる。そうこうしているうちに出航時間に・・・。いよいよ出航、お手ふりで姫気分に♪この日は、ダイヤモンド・プリンセスが横浜港に寄港した100回目の記念日。ターミナルの甲板ではバンドがこちらを向いて演奏してくれた。多くのお見送りの人たちもいて、関係ないのに手をふる私は、まるでプリンセスな気分だった。スマートカジュアルだから小奇麗なワンピースにパールのネックレス、珍しくストッキングにヒールの靴を履いている。この恰好で寒くない船内。ベランダでは羽織ものでオッケー。ありがとうダイヤモンド・プリンセス。さようなら横浜。さようなら家族!理香、行って来ます!!と、なぜか感謝の気持ちでいっぱいになった。  ・・・ダイヤモンド・プリンセス、ついに出航。夕日のなか、横浜ベイブリッジも越えて、海へ—。さて、どんな時間を過ごすのか、次回をお楽しみに!!・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★横森理香の更年期チャレンジ! 『 コーネンキなんてこわくない』は単行本、電子書籍で好評発売中!!お近くの書店、WEB書店(amazon、楽天ブックス、セブンネットショッピングなど)でお求めください。ちら読み、本の内容、詳しくはこちらをごらんください★作家・横森理香が更年期の不調解決のため、空中ヨガ、イケメン太極拳、コルギ、観光ウォーキング、グルテンフリーなどに次々チャレンジ。読むだけで気持ちが前向きになる一冊です。(集英社 定価 本体¥1,400+税)
  • 前回は、頭皮ケアにきく商品をご紹介しました。今回は、髪にいい商品をみていきます。乾燥はダメージや静電気のもと髪湿気の少ない時期は、髪の水分が不足してパサつき、“アホ毛”が目立ちやすくなります。ダメージの原因になる静電気が起きやすいのもこの季節。乾燥が気になる髪には、シャンプー後に高い保湿効果のあるミルクやオイルを。静電気防止には水分の多いミルクがおすすめ。外出先でのパサつき防止には、髪にも使える全身用の保湿バームが便利なので活用して。乾燥時期は"髪の保湿アイテム"を1品プラス5 シアバター配合でリッチな潤いを与えるジェルクリーム。ルネ フルトレール カリテNU デイクリーム(サロン専売品) 100㎖ ¥2,800/ピエール ファーブル デルモ・コスメティック ジャポン6 99.9%自然界由来成分のヘアオイル。パサつく毛先に数滴を馴染ませて潤いとツヤをアップ。ドライレメディーシリーズ デイリー モイスチュア オイル 30㎖ ¥3,400/アヴェダ7 アルガンオイルなど濃密な植物成分をブレンドしたヘアオイル。軽い使用感で髪の潤いとツヤをアップ。メゾンレクシア エンリッチ・ヘアオイル 30㎖ ¥3,500/メゾンレクシア8髪に潤いを与えながらスタイリングでき、全身のケアにも使えるマルチバーム。シアバターや蜜ろうなどを配合。ザ・プロダクト ヘアワックス 42g ¥1,980/コスメキッチン次ページで、今話題の高機能ドライヤーをご紹介します。高機能ドライヤーで 頭皮と髪の乾燥を防止上の2品とも、ドライヤーから放出されるナノサイズのイオンが髪に付着したり、浸透することで潤いを与えます。この機能によって髪がまとまりやすくなるなどの効果が期待できるほか、静電気の防止にも効果的。頭皮の乾かしすぎも防ぐことができます。悩みの多い頭皮と髪に、高機能ドライヤーは欠かせないアイテムになりそう!1 過度の熱ダメージから髪を守る温度設計に優れ、ナノサイズのマイナスイオンを含んだ風で髪を滑らかに整えます。ダイソン スーパーソニック ヘアードライヤー¥45,000(編集部調べ)/ダイソン2 ナノイーとダブルミネラルマイナスイオンで髪を潤し、キューティクルを引き締めて指通りをよくします。ヘアードライヤー ナノケア EHNA9A¥21,000(編集部調べ)/パナソニックいかがでしたか? 顔だけでなく、ボディ、頭皮、髪まで、普段からできる生活習慣に乾燥対策を取り入れて、老け見えを回避しましょう!撮影/ 久々江 満〈物〉 スタイリスト/日置 彩 取材・原文/中込久理
  • 今年はその白を足もとで、しかもスニーカーではなく、きれいめ靴で取り入れるのがトレンドちょっと抜け感を出したい時に、効果的な「白」。通勤服にも似合う品のよさと、カジュアルの女度がぐっと上がる華やかさ――そのどちらをも備えた"真っ白"に絞って、間違いなし!【CASUAL】 大好きなデニム×ぺたんこが新鮮に、かつしゃれ感たっぷりに映るのは、やはり最旬カラーの"真っ白"あってこそ。インパクトは絶大、でもドット柄のブラウスや華やか色のバッグにもすっとなじむ柔軟性もあり。そんな使い勝手のいい色、見逃すわけにはいきません!  靴( 2 )¥85,000/アッシュ・ペー・フランス(ルパート・サンダーソン) ブラウス¥20,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) デニムパンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) バッグ¥172,000/ジミー チュウ ピアス¥82,000(マリハ)・リング(人さし指)¥88,000(ヒロタカ)/ショールーム セッション リング(薬指)¥20,000/デ・プレ(アリアナ ボウサード)【ELEGANT】子供っぽくないか、オフィスで浮かないかなど、いきなり"真っ白"な靴に不安がある人は、面積の少ないサンダルから始めてみるのも手。色そのものはどちらかというと辛口。だからこそデザインはほんのり甘いくらいが好印象。靴(6.5)¥93,000/ウィム ガゼット青山店(ニナ リッチ) ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥59,000(マージ シェアウッド)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 ワンピース¥19,000/ビームス ハウス 丸の内(エイトン) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック)❶細いストラップが足首までを覆うグラディエータータイプ。白と少しの ヒールのおかげで、ラフになりすぎないのがいい。(3.5)¥52,000/アマン(ペリーコ) ❷今年のトゥはラウンドよりスクエア。パールをあしらったバ ックストラップも目をひく。( 6 )¥110,000/シジェーム ギンザ(ニコラスカークウッド) ❸時にはこんな甘口なデザインに挑戦してみても。脱い でも可愛いコーラル色のインソールも人気。( 1 )¥86,000/ドゥロワー 丸 の内店(ロシャス)他の画像を見る※( )内の数値はヒールの高さで、単位は㎝です(編集部調べ)【Marisol 4月号2019年】撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/田澤美香 モデル/竹内友梨 取材・文/伊藤真知
  • 『HYKE』2019-20秋冬ショーに行ってきました!先日から開催されているAmazon Fashion Week TOKYO。ようやく桜が咲きかけている時期に、すでに2019-20秋冬のコレクションの発表が始まっているのです。全体的な印象としては、アウターはいい意味で重ため、その分足もともブーツで量感のバランスを取っている感じ。メガネや大きめ、ないし2つ持ちのバッグもチェックしておきたい合わせ技です。ブーツは流行る流行る、と言われてなかなか、という状態が続いていましたが、次の秋冬こそ本格的に売れるのではないでしょうか。今年の冬は暖かい日が多かったのですが、19-20はどうなるんでしょう?と思いつつ......潔いほどの真緑(まみどり、と読んでください)さが素敵だったワンピースのルックも足もとはブーツ。ウエストマークを太めのベルトでしていました。ワンピースも、けっして甘く可愛いものというより、どこか意思あるアイテムとして見えたのが印象的。海外ドラマの『ウエストワールド』に出てきそうな、強さを秘めたコーデです。HYKEのショーではミリタリーらしいカーキ色アイテムや、差し色としてのグリーンが素敵でした。こちらのルックはブランケットを思わせる生地をダッフルコート風に仕立てて。メガネが重要なキーアイテムに思えたのも気になるポイント。アウトドアブランド『ノースフェイス』とのコラボレーションアイテムも引き続き登場。ダウンコートやボトムともにロング丈トレンドが続きそうです。気温に左右されてしまう時もありますが、それでもおしゃれはしたいものですよね!(副編Y)『HYKE』の詳細はこちら>> 副編Y MORE編集部ファッション担当。MORE公式インスタグラムで展示会レポートを担当し、各ブランドの最旬情報を発信。きれいなものと、おいしいものの情報量はまるで歩くグーグル!
  • レザーブランド、IL BISONTEをご存知ですか? イタリア産まれのIL BISONTEは、上質なレザーを使ったバッグ・革製品のブランド。シンプルで機能性の高い革製品が評価され、今では世界中で多くのファンに愛されています。 そんなIL BISONTEの魅力を紐解いていきましょう。 使えば使うほど味が出るIL BISONTEの最大の魅力は革の経年変化。時が経つにつれて革の色が変化していくので、使っていくうちに自然と愛着が湧いていくのです。また他のブランドよりも、色の変化が大きく早く出やすいと言われています。 特に財布は毎日持ち歩くアイテム。革の経年変化を大いに楽しむことができます。 IL BISONTE/ロングウォレット/¥42,000+税 中でも革の経年変化が美しく出やすいと評判なのが、面積の広い長財布。 こちらはベーシックなL字ジップタイプの長財布。表面にボタンや付属品がなく、革の変化がよく見えるのでレザーエイジングを楽しみたい方にイチ押しです。ゴールドのジップが大きく開くため出し入れしやすく、使い勝手が良いことも特徴。 IL BISONTE/ロングウォレット/¥43,000+税 上品なエンベローブ型の長財布は、そのままでもヴィンテージな風合いがありますが、レザーの味が深くなるにつれてより雰囲気が出てきそうですね。こちらはマチ底が付いているので、収納力にも優れています。   IL BISONTE/ロングウォレット/¥39,000+税 ゴールドのボタンが付いたストラップが目立つタイプの長財布もあります。茶系からモノトーン、オリーブ、オレンジ色などカラー展開も豊富。ちなみにこちらの写真と同じ「ヌメ」というカラーは色変化が大きく、革の成長をしっかり楽しみたい方におすすめです。   シンプルで飽きのこないデザイン どの製品も流行に左右されずに使うことができる、ベーシックなデザインも人気の秘密。 ファッションの系統が変わっても使い続けられることからも支持を集めています。 IL BISONTE/ウォレット/¥22,000+税 定番の2つ折り財布はオリジナルレザーにスナップベルトが付き、ブランドロゴの水牛が刻印されているシンプルなデザインが魅力的。大きく開くコインポケットが付いており、コンパクトな見た目にも関わらず、収納力は抜群です。   IL BISONTE/ロングウォレット/¥35,000+税 三つ折りの長財布もシンプルなデザインなので、ユニセックスで使えます。大容量ながらも厚みは抑えられており、閉じたらすっきりと見えるスリムなデザインです。   上品なだけじゃない! 機能性もすごいんです IL BISONTE/ロングウォレット/¥47,000+税 一見、薄く見える長財布ですが、便利な仕切りやカードポケットが充実していて収納力に優れています。こちらは裏地付きのもので、IL BISONTEとしては珍しいタイプ。   IL BISONTE/ロングウォレット/¥29,000+税 こちらのラウンドジップの長財布もコンパクトながらも大容量。ファスナーポケットや仕切りが付いているので整理しやすく、カードや切符など細かいものの収納も可能。丸みを帯びたデザインが可愛らしく、バッグの中でも存在感抜群ですよ。   IL BISONTE/ウォレット/¥39,000+税 こちらはコンパクトな2つ折り財布ながらも機能性に優れています。コインケースがジャバラ状になっているので小銭はたっぷり収納可能。オリジナルレザーにブランドロゴの水牛が刻印されたシンプルなデザインで、長く使えそうですね。
  • 大好きなイタリアンへ。ビオワインが好きな方、美味しいものが好きな方、行かなきゃ損ですっ。先日の結婚記念日は大好きなお店へ。 大阪天満橋の【gucite(グシテ)】 最近は予約困難になってしまい なかなか行けないのが残念。 「美味しいお店教えて!」と聞かれたらいつも紹介するお店です。 大阪駅から程近い天満橋でイタリア・ピエモンテで修行したシェフお一人でお料理、サービス、ワインを担当されています。 シュナンブランの泡&グシテ定番「しめ鯖のブルスケッタ」から。 因みに奥に見えるのはシェフが自ら造られたお手製乾燥パスタ!ビオワイン、料理とも全ておまかせ。 ビオワインのセレクションもとても素晴らしく、食べるスピードと料理に合わせてシェフがサーブしてくれるんです。 今回は10種くらい呑みました。 ビオワインを飲むといつも感じるのは 【出汁感】と【旨味】。 ワインがじゅわ〜〜っと身体に染みこむのを感じます。 そして結構飲んでも身体が軽いのが有り難い! ホワイトアスパラ半熟卵ソース。卵の半熟加減が絶妙!金目鯛のナッツソース。ナッツソースの香ばしさと食感に虜。イタリアから直輸入した仔牛の牛タン。他の画像を見るビオワインとお料理とのペアリングも本当に素晴らしいのでワイン好きな方には激しくおススメします。 大阪に来られる際は是非行ってみてくださいね! gucite AD : 大阪市北区天満2-7-1 末澤ビル102 TEL : 06-6809-7376 OPEN : 18:00~翌2:00(日曜は14:00~22:00) 美女組No.105meguのブログ
関連キーワード

RECOMMEND