食いしん坊ライター桂まり、春の京都でラグジュアリーホテル探訪

SPUR.JP

食いしん坊ライターの私は、祖母の故郷でもあり、海外から訪れる友人たちのアテンドなども含め、街全体が古き良き和のカルチャーセンターのような魅力的な京都には定期的に通っている方です。今回は、噂のザ・リッツ・カールトン京都の開業5周年記念パーティーに参加するために京の都へ。

鴨川を眺める部屋をベースに京都散策!

京都駅から手配された車に乗って、ベストロケーションの宿に到着。お着物のスタッフに案内されたロビーエリアは、和モダンなインテリア。凛としていて落ち着くザ・ロビーラウンジは、ちょうどアフタヌーンティのイベントの最中で華やいでいました。ピエール・エルメ・パリ ブティックも人気で、関西ではペストリーやクロワッサンはここでのみの販売だそう。嘉祥窯とのコラボレーション、紅白市松模様のカップ&ソーサー(マカロンが2個付きます)も可愛らしい!京都オリジナルの煎り番茶とホワイトチョコレートのマカロンも必食です。

客室からは、鴨川沿いに佇む宿ならでは、窓いっぱいに広がる山紫水明、一幅の絵のような景色が。野鳥が飛び交い、春には山桜、夏には五山送り火、秋の紅葉、冬の雪景色、と季節ごとに異なる表情を見せてくれるそうで、一日中眺めていたい贅沢な場所です。客室は平均50㎡というスペーシャスな空間で、部屋の随所にこだわりが。浴室の壁は桜吹雪のレリーフ、オリジナルの肌触りの良い麻の浴衣、部屋で淹れる一保堂の緑茶も水の美味しい京都だからかより美味しく感じます。滞在するだけで癒される。聞きしに勝る心地よさのラグジュアリーホテルでした。

月に迎えた5周年を記念して、様々な宿泊プランを用意しているそうですが、記念パーティーでは、オリジナルのスパークリング日本酒「水明」もお披露目。いただくと、フェスティブで華やかな、そして青リンゴのように爽やかなのに奥行きがあります。ホテルのスタッフが田植えから関わり、瓶内二次発酵技術を持つ「七賢」がサントリー山崎蒸留所からウイスキー樽を特別に借りて完成した特別なものだそう。本数限定なのでぜひ、早めに乾杯を!

翌朝のインターナショナルブレックファーストがまた圧巻でした。世界一とも言われるピエール・エルメ・パリのクロワッサンが焼きたてで味わえるほか、卵料理やパンケーキも選べる中、今回は33種のハーブを餌に育った鶏の卵を使った黄身がとろりとオレンジ色のエッグベネディクトを選びました。京野菜のサラダやフルーツ、蒸し野菜も充実でした。こんなに気分が良くなる朝食、ほかにあるでしょうか。

また、地の利を生かし、京都を体感できるアクティビティが充実しているのもここならでは。サイクリング、ハイキング、ランニング、唐紙作り、400点以上あるという、客室や館内の随所に配した源氏物語をイメージした美術作品をめぐるアートツアーなどなど。私は以前から気になっていた風呂敷の結び方を習ってみました。簡単なのに見栄えのする使い方を習ったので、家で眠っている風呂敷の出番が増えそうです。そしてチェックアウト時に、インストラクターからアクティビティ参加へのお礼のカードが届くなど、きめ細やかなホスピタリティはさすが。”メイドフォー京都”というコンセプトで、地域に根ざした存在でありたいと、鴨川の清掃なども積極的に活動もしているそうで、その取り組みやさりげない気配りが心に響きます。

ホテルからは徒歩圏内で多様なグルメに舌鼓、ちょっと足を延ばして寺社仏閣巡りも弾丸京都旅でも楽しめます。今回は、ご飯もたまらなく美味しい洋食おがた、何度行っても唸る美味しさの祇園にしむら、フルフルと清らかな水のような寒天のみつ豆の月ヶ瀬、熱々のコンビジ(おからのスープ)が五臓六腑に染みたピニョ食堂、昨年8月にオープンしたフランス菓子のラ・クラシック、静かに庭を愛でる光明院などに寄ってみました。梅や桜の季節に、1泊でも訪れたい京都です。

春の京都、満腹アドレス

ザ・リッツ・カールトン京都 TEL: 075-746-5555 www.ritzcarlton-kyoto.jp

祇園にしむら TEL:075-525-2727 https://www.gion-nishimura.com/
月ヶ瀬 TEL:075-525-2131 http://www.tsukigase.jp/
ピニョ食堂 TEL:075-746-2444 http://pinyoshokudou.com/

ラ・クラッシック TEL:075-746-3059
洋食おがた  TEL:075-223-2230
photography&text:Mari Katsura


関連記事
  • イヤミのないヘルシーなフェミニンで梅雨も華やか美人。今、半袖ブラウスがアツい!夏本番に向けダイエットを実施中。できる範囲で「砂糖抜き」に力を入れています。お菓子にはどうしても砂糖が入ったものが多いので、それならもう自分で作ろうと思って! スコーンは砂糖のかわりにハチミツを入れ、小麦粉を米粉に代えてみたりといろいろ試行錯誤↓そんなに得意というわけではないので、最初は硬すぎたり失敗もありましたが、最近はまぁなんとかそれなりになってきました。これはわりと得意の「ベルギーワッフル」↓市販のものはカロリーが高くて甘いので、これも小麦粉の半分を米粉にしたり、牛乳は「無脂肪」、もちろんお砂糖は入れません。ちなみに面倒くさがり屋なので、分量は測らずすべて目分量!長く続ける秘訣です(笑)でも食べながら考えました。ジャムとかつけてたら意味ないじゃん!って↓ マロンペーストに塩キャラメルにレモンカード…。結局、甘さが物足りないから何かをつけてしまうんですよね。トホホ……こんなことをやっている間に、きっと夏は終わっているのでしょう(涙) 以上、最近の「おやつ事情」でした! さて今日は、最近買った素敵なブラウスをご紹介させていただきます。ショップのメルマガを見て速攻お店にダッシュしました。やっぱり「VIS」!目に入ったこの1枚のブラウスがなんとも可愛くて♡今、VISでは「半袖ブラウス」がとても充実しています。「毎日着回す」をテーマに、種類豊富なデザインがたくさんあってかなり迷います。その中で決めたのは、メルマガでもショップで見ても、やはりこの1枚でした。 「夏はVISの半袖」。これはすでにわたしの定番になっており、この種類のブラウスは毎年2枚は買っています。ポリエステル100%のサラサラ速乾タイプだから、とにかく扱いが便利!夏の終わりには感謝したくなるほどクタクタになるまで着回しています。半袖ブラウスは1枚で上品な雰囲気になるので、「今日はちょっと清楚にしたいな」という時に、オンオフ使える万能アイテムなんです。色はネイビーで模様は白とグリーンの変形水玉。「これ、デニムに合わせたら絶対カワイイ」と、見た瞬間にひらめきました☆ 豊富な種類の中から決め手になったのは、「金ボタン」と袖の「ちょっとフリル」なデザイン↓細かいところですが、ボタンがプラスティックではなく「ゴールド」になるだけで高見え度が上がります。胸元の「V」の開き具合もちょうど良く、袖のさりげないフリルは少し甘めながらイヤミのない可愛らしさで、着てみるととてもヘルシーな印象です。この手の「無地」ならたくさん見かけますが、水玉チックなフレンチレトロな大人っぽさは、なかなかめずらしかったので即決しました。後ろ側のウエスト部分は「絞り」になっているのでスッキリした印象です。この価格にしてはデザインが細部まで凝っています!「ネイビーだからネイビーを合わせよう♡」…ってなりそうですが、それはちょっと待ちましょう!この手の「袖フリル」はボトムス選びにも少し気を配ります。素材もサラサラ、そしてフリルで全体「フェミニン寄り」なので、同色ボトムスは確かに合いますが、艶(ツヤ)のあるスカートを合わせてしまうと上品すぎて「昭和感」アップ。年齢が高めに見えてしまうように思います↓ 同じく、「ネイビー×ピンク」はわたしもよく使う組み合わせですが、これもスカートがツヤ系の上品だと、わたしにはちょっと「老け見え」してしまいました。 なので最初にひらめいた通り、「デニム」をはじめとしたカジュアルな「パンツ」が一番バランスよく着られ、このブラウスの魅力が最大限引き立ちます! 半袖ブラウスは1枚で華があるので、着るものに困ったときに大活躍。週末はブラウスとパンツで、さわやかフェミニンが今の気分です♡【Saturday】フレアデニムを合わせたフレンチテイストコーデ↑ブラウスとはまったく違う素材の「デニム」が一番バランスの良い相性です。スリムタイプでも何でも合いますが、アメリカンホリックのフレアデニムがばっちり◎。袖のフリルも、デニムのヘルプで老け見え防止に。ストロー系のハットやバッグで、ちょっぴり「南仏」テイストに。【Sunday】同色のネイビーを合わせたパンツコーデ↑ボトムスは、サラサラ素材でもパンツなら老けて見えません!「プラステ」のネイビーをブラウスに合わせると、全体に統一感が出て「よそ行き」仕様の雰囲気に。ブラウスの模様にグリーンが入っているので、合わせる羽織り物にもグリーンを入れると引き締まります。 相性の良いピンクを合わせるなら、やはりパンツのほうが「老け見え防止」かもしれませんね!↓お洗濯もカンタンで梅雨でもすぐ乾く!そして着るものに迷った時には大活躍。毎年買う理由が全部揃っています。このデザインでは、他にホワイトとピンクベージュもあり、それもまたとっても素敵でした♪ スカートならリネン、そしてピンクでも落ち着いた「スモーキー」なら大丈夫そうです↓梅雨のド真ん中ですが、時折見える夏空に気持ちが救われる今日この頃。気分も華やかになるハッピーブラウスでさわやかに過ごしていきましょう☆▶VIS「変形ドットウエストタック釦開きブラウス」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.32★ 「レモンの入浴剤」 レモンの香りが大好きなので、見つけると色々と試しています。特にこの季節には欠かせません!今回と次回のこのコーナーでは、最近お気に入りの「レモン商品」をご紹介させて頂きたいと思います♪ まず今回は「入浴剤」。ぜ~んぶレモンの香りです↓しかも、これすべて雑貨屋さんではなく「本屋」さんで売っていました。わたしはお風呂で本を読むことが多いので、本と一緒に入浴剤を選べるなんて、とてもニーズに合っていてセンスがいいな~~と思わず感心。「レモン」を特設しているところがさらにGOOD。梅雨にはレモン、効きますよね★ 中身は素材も色も様々なので、毎回開けるのが楽しみです。大容量ではない個包装はやはりクオリティが高く、香りも自然で心地いい。香りだけではなく、お肌にもいいんですよ♪ この中で特に「レモン」を濃く感じられたのは、ラムネのような小粒とキラキラのソルトが入った「瀬戸内レモン」(写真中央)と、「週末のレモネード」と書かれた、まるで小説のようなパッケージの商品です(写真左)↓ 小さなラムネ粒はお風呂でシュワシュワと発砲。かわいくてもお湯がしっかりとレモン色に。レモンオイルで肌も潤してくれます。 「週末のレモネード」は、小説がコンセプトの入浴剤「空想バスルーム」シリーズのひとつで、お茶のパックのような袋にレモンの果皮やレモングラスのドライハーブが入っていて、お湯に入れるとみるみる色と香りが広がる「煮出し」タイプの本格派。ハーブなので甘くない香りです。美肌成分が6種も含まれた美容系で、パケのインパクトで終わらず実力も本物でした!汗をかいてがんばった1日の終わりには、「自分癒し」でレモン風呂もなかなかです。梅雨や夏こそ入浴を重視。好きなバスソルトで汗をたっぷりかくと、心身ともにさっぱりしますよね。 またあしたもがんばりましょう!▶「空想バスルーム」シリーズの詳細はこちらをチェック 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • 歴史が息づく街並みを巡る旅 後編先ずはWIFE&HUSBAND。 京都にある自家焙煎珈琲店です。 こちらのお店、もちろん店内でコーヒーも飲めるのですが天気の良い日はコーヒーセットとラスクのピクニックセット(これがまた可愛いんです!)をもって鴨川沿いでゆっくりとピクニックをすることが出来ます。 次回は是非鴨川沿いでゆっくりしたいなぁ〜。姉妹店でコーヒーの焙煎所とアンティークショップも訪れました。素敵なパッケージのコーヒー豆をお持ち帰り♪お昼はすし善の「ちらし寿司」と「穴子ちらし」を。 昭和14年創業当時から人気のメニューです。 錦糸卵の下にはぎっしりと魚介や穴子がしきつめられていて美味しすぎて2人とも無言で頬張りました笑「無碍山房 salon de muge」 老舗料亭「菊乃井」によるサロン。 わらび餅は本わらび粉だけで作った温かい練りたて。たまりません♪ 抹茶のカキ氷は宇治抹茶をふんだんに使った抹茶ゼリーや、白玉、小豆などがのっていて豪華! 和食の料理人が腕を振るうスイーツはどちらも美味しかった。 空間やしつらえ器も素敵でこれぞ大人の甘味処という雰囲気でした。 南禅寺へ 境内には琵琶湖から京都市街に水を引く水路閣があります。 美しい赤れんがのアーチの下でパチリTシャツはユニクロ クルーネックT 華組、一美ちゃんも素敵に着こなしていましたがやはり生地がしっかりしてるので洗濯しても型崩れしないのが魅力です♪ 全体をワントーンで♪ 旅には汚れも気にせずジャブジャブ洗えるラフなコーデが1番ですね。 この旅でもTシャツは大活躍でした♪最終日は「瑠璃光院」へ 黒塗りの机の天板に反射した青もみじ 3つの庭を楽しめる贅沢なひとときを過ごせました。 京都は何度も訪れたくなるほど魅力的て心和む町。 又是非訪れたいと思います。 インスタはこちらから華組 佐藤綾子ブログ
  • 色々な偶然が重なってご縁が繋がり、初めて山口県へ旅することになりました。友人の友人が住む、山口県北西にある向津具(ムカツク)半島にショートステイ。 名前がユニークで印象に残りました。 向津具半島には手つかずの自然が沢山あり、木々も原生林が多く、ありのままの森が残っていました。 まるでトトロの森に迷い込んだ感じです。 海も今まで見てきた日本海のイメージとは全く異なる、エメラルドグリーンの海が広がります。 朝は鳥のさえずりで目を覚まし、ヨガをして、近所に散歩しながら道沿いに生えているビワやタケノコを採ったり。 昼は畑仕事や梅仕事をしてから、海へ遊びに行き海風に吹かれ太陽をいっぱいに浴びる。 夜は満天の星空の下で、薪で炊いたお風呂に浸かり、畑で採れた野菜を使った食卓を囲む。 こうして日々を丁寧に生活すると、普段は左脳中心で色々頭で考えてばかりいる自分を客観視でき、 五感で感じることを忘れていることに気がつきました。 実は日々いろんなことを感じているのに、それを自分の思考が自分自身を邪魔している、そんな感覚です。 五感を大切にすると、少しづつ直観も研ぎ澄まされ、集中する時とリラックスする時のバランスが取れる感じがしました。 ゆくゆくは住まいを改装してB&Bで旅人が滞在できる場所にするようなので、完成したらご紹介したいと思います。 車を使えば、向津具半島からは角島大橋や元乃隅神社へもほどなく行ける距離だったので名所巡りもして帰京しました。 とても良い気が流れている、そんな場所でした。 向津具半島の海。向津具半島の海。角島大橋他の画像を見るLink===>向津具半島Link===>角島大橋Link===>元乃隅神社美女組No.106 Aiのブログ
  • 家族関係の変化を痛感せざるを得ないアラフィー世代。悩みは人それぞれでも、“考えさせられながら読む”小説にはそのヒントが! 夫婦や親子、一族に秘められた事実は、影響が大きいほど闇の中へ。まるでミステリーのような展開に目が離せない小説をピックアップ。家族はミステリーの宝庫?「家族の秘密」にせまる小説7粋なおばあちゃんは名探偵『いつもが消えた日』 西條奈加 創元推理文庫 ¥800 中3の望は元芸者の祖母・お蔦さんと神楽坂でふたり暮らし。ある日、望の友人・有斗が帰宅すると、血だまりを残して家族が消えていた。残された彼を預かったお蔦さんは、警察の捜査とは別に一家失踪の理由を推理していく。お蔦さんのきっぷのよさと人情味が人気のシリーズ第2弾。つらい思いを経て成長していく少年たちと、それを見守る大人たちの姿がさわやかに心に残る。湊かなえが描く姉妹の苦い真実『豆の上で眠る』 湊かなえ 新潮文庫 ¥590 結衣子が小1のとき、2歳上の姉・万佑子が失踪。不審な車や変質者の噂がある中、必死の捜索が続くが、行方不明のまま2年。万佑子と名乗る少女が突然帰ってきて、家族は大喜びするが、結衣子には別人としか思えなかった。その違和感は大学生になってからも続いたが……。家族の中でなぜ妹だけが姉ではないと感じたのか。真相がわかるラストはあまりにも意外で、がく然としそう。無言電話の向こうに亡き夫が?『とめどなく囁く』 桐野夏生 幻冬舎 ¥1,800 夫の庸介を海難事故で亡くしたフリーライターの早樹は、仕事で知り合った31歳上の資産家と数年後に再婚。彼も妻を亡くしており、相模湾を望む瀟洒(しょうしゃ)な邸宅で穏やかに暮らしていた。そんなある日、亡夫の母・菊美から「庸介を見かけた」との知らせが。老いがすすんだ菊美の妄想なのか、それとも!? 庸介の過去がスリリングに明かされると同時に“人を許すこと”について考えさせられる。少年犯罪の底なき闇と向き合う『木曜日の子ども』 重松 清 KADOKAWA  ¥1,700 42歳の「私」は14歳の息子・晴彦がいる香奈恵との結婚を機に旭ヶ丘に転居。そこは7年前に中2の少年によるクラスメイト無差別毒殺事件が起きた場所だったが、希望条件に合う家があったのだ。しかしすぐに晴彦の面影が犯人と似ている、犯人が近々社会復帰するらしいなど、不穏な噂が流れはじめ…。思春期の少年少女の絶望感が息苦しいほど伝わってくるが、最後にはひとすじの光が。グリコ・森永事件を思い出す『罪の声』 塩田武士 講談社 ¥1,650 京都で亡父から引き継いだテーラーを営む俊也は、遺品の中からカセットテープと黒革のノートを発見。テープを再生すると自分の声で録音がされており、ノートには【ギンガ】【萬堂】の文字が。毒入り菓子がばらまかれた「ギン萬事件」と父親に何か関係があるのか?  迷宮入りした大事件の真相を知りたい、でも父親が犯人とは思いたくない。そんな主人公の葛藤がせつなすぎる。実力派6年ぶりの長編は感動作『ノースライト』 横山秀夫 新潮社 ¥1,800 一級建築士の青瀬は、施主・吉野のたっての願いで信濃追分に家を設計。しかし完成から4カ月後、誰も住んでいないと知らされて訪れてみると、2階に古ぼけた一脚の椅子があるだけだった。椅子を手がかりに吉野一家の行方を探す青瀬だったが、それは自分だけでなく父親の人生とも向き合うことにつながっていく。普通の人々の思いがけないルーツ、ドラマのような歴史に感涙!犯人は私だったかもしれない『坂の途中の家』 角田光代 朝日文庫 ¥720 夫と幼い娘と暮らす専業主婦の里沙子は、乳幼児虐待死事件の補充裁判員に。夫の実家に娘を預けて10日間裁判所に通うが、しだいに被告女性と自分との境界線があいまいになっていく。「私も虐待をし、それを周囲から疑われているのかも」と。事件について考えることで、夫や義母との微妙な力関係に気づく里沙子。簡単に解決できない彼女の苦しみを、他人事と思えない人は多いはず。撮影/古谷 勝 スタイリスト/洲脇佑美 取材・文/山本圭子 撮影協力/アワビーズ
  • ヨーロッパ、アジア、そして中東のクロスポイントに位置する旧ソ連の小国ジョージア。かつてのシルクロードの要所は、近年デザイナー、デムナ・ヴァザリアの出身地としても注目され、感度の高い人々の心を惹きつけている。首都トビリシは新たなファッション都市として確立しつつある一方、旧市街の街並みも美しい。その独特なミックスカルチャーを感じに、ぜひ! トビリシ国際空港にて発表されたアヌーキ2019-’20年秋冬のドレス Anoukiさんのおすすめスポット Anouki Areshidze アヌーキ・アレシゼ/Anoukiデザイナー トビリシで生まれ育つ。ミラノのインスティチュート・マラゴーニとアカデミア・デル・ルッソでデザインを学び、2013年にブランドを設立。夫はトビリシ市長。 Stamba Hotelスタンバ ホテル ジョージアの代表的なホテル、ルームス ホテルのラグジュアリー版。「1920〜30年代風のグラマラスな内装が好き」とアヌーキ。ホテル内のカフェで2019年春夏のショーを発表した。ダイニングやラーメンバーなどでは食事も充実。アーティストレジデンスもあり、朝から晩までおしゃれな人が集う。 1 元々の建物は出版社だった。エントランスホールや部屋には本が並ぶ2 Aviator Room(1室$220~)3 アイコニックなPink Barは午前1時30分まで4 カフェ内にあるChocolaterie & Roasteryでは南米のコーヒーのほかに、スパイスのきいた濃厚ホットチョコレートをサーブ DATA 14 Merab Kostava St, Tbilisi電話:32 202 11 99(代表)1室$220〜https://stambahotel.com[Cafè Stamba]営業時間:7時〜11時(朝食) 12時〜24時、7時〜12時(朝食/土・日) 13時〜24時(土・日) 無休Drama Barドラマ バー 「ホームパーティに来たような雰囲気」。アヌーキが2019-’20年秋冬コレクション発表の日、アフターショーパーティを主催したこららは、今一番人気のナイトクラブ。アーティスト、Temur Machavarianiが内装を手がけた。アートやヴィンテージ家具の並ぶ、友人の家のようなインテリアが楽しい。 週末や人気イベントの日はダンスフロアはすし詰め状態に DATA 37 Shota Rustaveli Ave, Tbilisihttps://www.facebook.com/dramatbilisi/営業時間:22時〜翌3時定休日:月〜水曜 Anoukiアヌーキ マーブルや真鍮をグラフィカルに配置したモダンな店内。「やっぱりトビリシで一番好きな場所はここなんです」。リラックスして買い物をできる空間を目指したという旗艦店には、フェミニンなメインコレクションだけでなく、アクセサリー類やセカンドラインのミス・アヌーキも揃えている。 1 ドット柄ドレス(780 Lari)2 ミス・アヌーキのコート(190 Lari)3 人気のスパンコールシューズ(315 Lari)4 ローファー(320 Lari)5 内装はルームス ホテルのチームが担当※Anoukiのアイテムは、日本ではオープニングセレモニーで取り扱いあり DATA 2 Tarkhnishvili St, Tbilisi電話:32 292 22 32http://anouki.com営業時間:11時〜20時定休日:クリスマス、年末年始、イースター かぶらないものが欲しければトビリシのセレクトショップへ 独特のセンスを持つ若手が頭角を現すトビリシのファッション業界を反映して、自国出身のデザイナーものを扱うお店が急増。紹介したアイテムはほぼジョージアブランドで、日本で手に入らないものばかり。 More is Loveモア イズ ラブ ジョージア人ファッショニスタの御用達バッグブランド、0711(写真左下)。そのデザイナーふたりがオーナーを務めるのが、このセレクトショップ。ブランドのスターティングポイントとなったニットや、ウェアのカプセルコレクションも並ぶ。ジョージアブランドはもちろん、Rejina PyoやNanushka、Kimhēkim、Khaiteといった注目の若手デザイナーブランドを世界中からいち早く買いつけている。 1 0711の最新コレクションから、パールビーズのバッグ(640 Lari)2 More is Loveのオーナーであり0711のデザイナー、ニノ(左)とアナ(右)は、10代のときにそれぞれの家族旅行中のトルコで出会い意気投合。時を経て一緒にビジネスをスタートすることに3 住宅街にある重厚な扉を開くと、白をベースにしたやわらかな雰囲気の内観が広がる4 Ingorokvaのセットアップ。ベスト(603 Lari)・スカート(516 Lari)5 Aleksandre Akhalkatsishviliの80年代風クロップドジャケット(1,514 Lari)6 Tatunaのバルーンスリーブのドレス(1,045 Lari) DATA 14 Leo Kiacheli St, Tbilisi電話:32 240 40 40https://moreislove.com営業時間:11時~21時定休日:クリスマス、イースターIeri Storeイエリ ストア 元ワイン工場を利用した複合施設にオープン。ジョージアのブランドにこだわり、George KeburiaやSituationistのような最注目の新人デザイナーのアイテムを多数揃える。また、エナメルジュエリーのSofio Gongliや伝統衣装を新しい観点でリバイブさせたSamoseli Pirveliなど、手仕事系のブランドも。品揃えも豊富なため「人とかぶりたくない」という人にはぴったりのショップだ。 1 古い写真に写ったジョージアの民族衣装を再現しモダンに昇華したSamoseli Pirveliのローブ(2,250 Lari)2 Sofio Gongliのバングル(2,249 Lari)3 同 バングル(2,079 Lari)4 同 ネックレス(2,810 Lari)5 ロシア人デザイナーJKimのジャケット。伝統舞踊ジョージアバレエに着想。(1,900 Lari)6 ワインバーの中に、ショップへ続く階段が7 店内ではジョージアアーティストの作品を展示8 Tiko Paksaのボディスーツ(565 Lari)・ボレロ(463 Lari)9 フリンジ装飾のジャケットはGeorge Keburia(1,690 Lari) DATA Wine Factory No. 1, 2nd floor, 1 Vasil Petriashvili St, Tbilisihttps://www.facebook/ieristore/営業時間:12時~22時定休日:年末年始 Dotsドッツ マテリエル(下)のセカンドラインの店で、並びに位置するこちら。シンプルでリーズナブルな服を取り扱うほか、注目はアクセサリーのセレクト。Kanchaveliのバッグのように若手ブランドのアイテムを多数揃える。キッズウェアラインも展開しているため、家族連れも多い。 1 木製パーツが特徴のKanchaveliのウエストバッグ(各320 Lari)2 コーヒーショップを併設3 サンダル(150 Lari)4 ハートピアス(280 Lari)5 星ピアス(210 Lari) DATA 22 Kote Afkhazi St, Tbilisi電話:32 299 95 30http://dotstbilisi.com営業時間:10時〜21時定休日:クリスマスMatérielマテリエル ジョージアで最も古いファッションハウス、マテリエルのブティックは旧市街の目抜き通りにある。上質な素材を用いて、若手デザイナーとのコラボレーションでコレクションを展開している。すべてトビリシ郊外にある自社工場で生産。色が美しいレザーのドレスやコートが代表的なアイテムだ。 1 店内は昨年改装した2 ピンクのテーラード・サロペット(1395 Lari)3 パイナップルのバングル(600 Lari)4 ブーツ(595 Lari) DATA 19 Kote Afkhazi St, Tbilisi電話:32 299 68 18https://materieltbilisi.com営業時間:10時〜21時定休日:クリスマス Chaos Concept Storeカオス コンセプト ストア ルームス ホテルの中にあるセレクトショップ。JW AndersonやMartine Roseといった旬のブランドを扱う。エッジィなセレクトが特徴。ローカルブランドではGola Damianといった若手をサポート。店内にカフェやレコードコーナー、DJブースを併設し、音楽関係のストアイベントを頻繁に開催する。 1 パリ・ベースのジョージア人靴デザイナーによる人気ブランド、Le Mocassin Zippeのローファー(2,170 Lari)が買える!2 Gola Damianは2019-’20年秋冬のショー直後See Now Buy Nowをここで開催した DATA 14 Merab Kostava St, Tbilisi電話:599 07 44 66https://www.facebook.com/ChaosConceptStore/営業時間:12時〜20時 無休 ※$1=約108円、€1=約122円、1 Lari(ジョージア・ラリ)=約39円(6月5日現在)、国際電話の国番号は995です。SOURCE:SPUR 2019年8月号「おしゃれな人は、ジョージアを目指す」photography: Marc Medina  hair & make-up: Anna Todua(p.150) model: Marian(p.150) coordination & text: Yu Masui cooperation: Beka Gvishiani
  • 今回は作りおきサバフレークハーブ風味で作る「サバフレークオムレツ」をご紹介。いつものオムレツがちょっとリッチに変身。とても簡単にできる一品なので朝食にもオススメです。作りおき[基本]好みのハーブをブレンドしてもOKサバフレークハーブ風味野菜と炒めたり、サラダにトッピングしたり。どんな食材ともよく合います。冷蔵庫で1週間保存可能。材料(作りやすい量)サバ缶(汁なし)……190gセロリ……1/2本オリーブオイル……小さじ1ミックスドライハーブ……小さじ1塩……小さじ1/4作り方1 サバ缶は汁気をきる。セロリはみじん切りにする。2 フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、セロリを炒める。しんなりしたらサバ缶を加えてほぐれるまで炒める。ドライハーブ、塩を加える。続いてサバフレークハーブ風味を活用したオムレツをご紹介。[活用−❷]忙しい朝もリッチなオムレツが簡単にサバフレークオムレツ卵に含まれるレシチンは脳の働きを活性化する成分。サバに含まれるDHAとの相乗効果が期待できます。材料(1人分)卵……2個牛乳……大さじ2塩……小さじ1/4黒こしょう……少々サバフレーク……大さじ3バター……10gベビーリーフ……適量作り方1 ボウルに卵を溶き、牛乳、塩、黒こしょう、サバフレークを加えて混ぜる。2 フライパンを熱してバターを入れ、①を流し入れて半熟になるようにオムレツを作る。3 皿にベビーリーフをのせ、②を盛りつける。次回は作りおきサバフレークハーブ風味で作る「サバフレークマヨトースト」をご紹介します。撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子
  • 今回は作りおきサバフレークハーブ風味で作る「サバフレークオムレツ」をご紹介。いつものオムレツがちょっとリッチに変身。とても簡単にできる一品なので朝食にもオススメです。作りおき[基本]好みのハーブをブレンドしてもOKサバフレークハーブ風味野菜と炒めたり、サラダにトッピングしたり。どんな食材ともよく合います。冷蔵庫で1週間保存可能。材料(作りやすい量)サバ缶(汁なし)……190gセロリ……1/2本オリーブオイル……小さじ1ミックスドライハーブ……小さじ1塩……小さじ1/4作り方1 サバ缶は汁気をきる。セロリはみじん切りにする。2 フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、セロリを炒める。しんなりしたらサバ缶を加えてほぐれるまで炒める。ドライハーブ、塩を加える。続いてサバフレークハーブ風味を活用したオムレツをご紹介。[活用−❷]忙しい朝もリッチなオムレツが簡単にサバフレークオムレツ卵に含まれるレシチンは脳の働きを活性化する成分。サバに含まれるDHAとの相乗効果が期待できます。材料(1人分)卵……2個牛乳……大さじ2塩……小さじ1/4黒こしょう……少々サバフレーク……大さじ3バター……10gベビーリーフ……適量作り方1 ボウルに卵を溶き、牛乳、塩、黒こしょう、サバフレークを加えて混ぜる。2 フライパンを熱してバターを入れ、①を流し入れて半熟になるようにオムレツを作る。3 皿にベビーリーフをのせ、②を盛りつける。次回は作りおきサバフレークハーブ風味で作る「サバフレークマヨトースト」をご紹介します。撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子
  • 毎日使うものだからこそ、徹底的にこだわりたい! 人生のパートナー 化粧水大賞化粧水は洗顔後、真っ先に肌になじませるものだからこそ自分にとってベストのものを使いたい! そこで、美容のプロたちに「これまでに出合った最愛の化粧水」を徹底取材しました!!審査員のみなさま ※50音順モデル 松本 愛さん美容家 岡本静香さん 濱田文恵さんヘア&メイクアップアーティスト 甲斐美穂さん 河嶋 希さん美容エディター&ライター 石橋里奈さん 立花ゆうりさん(全22名)内側から光を放つかのような透明美肌は、自然なツヤやうるおい、ふっくら感があってこそ!  美白ケアだけにとどまらない秀作がそろいました。1 DEW ブライトニングローション しっとり[医薬部外品]150㎖¥4000(価格は編集部調べ)/カネボウ化粧品この機能性にしてこの価格。のぼり坂OLの願望と合致するはず!(岡本静香さん)メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防ぎつつ、ヒアルロン酸研究の賜物「DEW」ならではの保湿力で、乾燥によりくすんで見える肌に明るさを取り戻す。「美白と保湿の両ケアを一度にできてラク。ラグジュアリーな香りでスキンケアが特別な時間に」(濱田さん)、「乳液のような軟らかいテクスチャーで、ケア後の肌がふんわりします」(甲斐さん)2 パルファン・クリスチャン・ディオール スノー ブライトニング エッセンスローション[医薬部外品]200㎖¥6900マイクロカプセルを潰しながら使うと、より効いている気が!(立花ゆうりさん)鎮静効果・抗酸化効果が期待できるビタミンEをマイクロカプセルにとじ込めることで、毎回フレッシュな状態で肌にリーチ! “エーデルワイス エキス”配合で、透きとおるような肌が目指せる。「とろっとした化粧水で、もっちりとした肌に仕上げてくれます。肌荒れや日焼け後のほてりが気になる時に使うと、より効果が実感できますよ!」(松本さん)3 シャネル ル ブラン ローション HL[医薬部外品]150㎖¥7800日焼け後にこれでコットンパック。リセットを通り越してトーンもUP!(石橋里奈さん)“ウメ フラワー エキス&オイル”とビタミンC誘導体がキー成分。くすみを払ってふっくらと整え、輝くような澄んだ肌へと導き、ひいては細胞の活力まで向上させるエイジングケア力に大喝采。「化粧水なのに、美容液まで塗ったかのようなリッチな肌ざわりが手に入ります。使い続けるうちに透明感が増していくから、毎日のスキンケアが楽しく!」(河嶋さん) ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/浪花真理子 撮影/恩田はるみ スタイリスト/大島有華 撮影協力/AWABEES UTUWA
関連キーワード

RECOMMEND