桜アドベントカレンダー【3月13日~3月20日】

SPUR.JP

ローズ、チェリー、モーブ、フューシャ。モードに咲き乱れるピンクを毎日!

3月13日

ベリーピンクとレッドのツートーンが鮮烈なティペット。肌ざわりのいいふわふわのフォックスファーが、首にフィット。カラーアクセントとしても巻けるので、春先のおしゃれ小道具に。

ティペット¥95,000/モンクレール ジャパン(モンクレール) 03-3486-2110

3月14日

3月14日はホワイトデー。LOVEのレタードTシャツは、この日を選んで気持ちを高めて着たい。立体に見える文字はインパクト抜群。上質でしなやかなコットン生地をバイアスに使って、型崩れを抑える。

Tシャツ¥14,000/コロネット(キュール) 03-5216-6516

3月15日

プリントでダメージデニムのような味を表現したピーチピンクのキュロット。サーマル風の凹凸感のあるチェックを配して70年代イメージで。共布ベルトやクロスしたベルトループなどディテールが印象的。

パンツ¥52,000/イザベル マラン 03-5772-0412

3月16日

イギリスのレスターに拠点を置くパンセレラのリブウールソックス。つま先の仕上げを手作業で行い、はいたときに縫い目の凹凸感を感じさせない。

フューシャピンクとベリーピンクのツートーン。ソックス¥2,600/ドゥロワー 青山店(パンセレラ) 03-5464-0226

3月17日

リヴィエラの街並みや海岸で楽しむレモネードから着想した「ピンクレモネード」。ピンク×ホワイトのボーダーがスウィート。

13インチバニティケース「ピンクレモネード」〈H24×W34×D21〉¥157,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 03-6161-1897

3月18日

ペールトーンのフューシャピンクがやさしいトムボーイシリーズのダブルジャケット。エフォートレスなシルエットで、見た目はメンズライクなのに着るとフェミニンに。使い勝手のいい一枚。

ジャケット¥90,000/アーク インク(ザ・ニューハウス) 03-6452-3649

3月19日

カナダのランジェリーブランド、メアリー ヤングから、コーラルピンク×ベージュのセット。伸縮性のある生地とメッシュのコンビでリラックスしてつけられる。

ブラトップ¥9,500・ショーツ¥6,800/エイチ ビューティ&ユース(メアリー ヤング) 03-6438-5230

3月20日 ルビーやピンクサファイアで今年最高の桜、開花宣言!

3月20日、つぼみがふわりとほころんだ。待ちに待った桜の開花を、キラキラ光るピンクのジュエリーでセレブレート。桜が春本番を告げるなか、レッドスピネルやピンクサファイアが、プリンセスの笑顔も連れてくる。

リング[右手](人さし指)「ビザンティン」〈レッドスピネル、ルビー、YG〉¥610,000・(薬指)「エトワール・ドゥ・メール」〈ピンクサファイア、YG〉¥1,189,000・(小指・上から)「ミニチュア・デュエット・プリンセス」〈ピンクサファイア、アメシスト、YG〉¥113,000・「トルサード」〈YG〉¥142,000・[左手](薬指)「スイヴィル」〈ピンクトルマリン、YG〉¥804,000・(小指・上から)「インセパラブル」〈レッドスピネル、YG〉¥715,000・「ボリウッド」〈ピンクサファイア、YG〉¥263,000・ピアス「ガブリエル・デストレ」〈ピンクトルマリン、YG〉¥1,032,000/エムアッシュテ(マリーエレーヌ ドゥ タイヤック) 03-5468-2703 ドレス¥85,000/イザ(アイネア) 0120-135-015

>>「毎日ピンク宣言!」特集TOPへ

関連記事
  • 作業スペースでアイデアを練る日は、エフォートレスなレイヤードでデスクワークの日はトップをやさしい色でコーディネートするのが気分。着心地のいいグレーTに冷房対策のロングカーディガンを合わせ、きれいめボトムですっきりまとめて。小物にブラウンを取り入れれば、トレンド感もグッと上昇。アイディア出しのお供は、甘めのカフェラテ。カフェインと糖分を補給して、いい案が出るまで頑張るぞ!Tシャツ¥8000/ジェームス パース ロングカーディガン¥15000/スピック&スパン ルミネ新宿店(スピック&スパン) パンツ¥23000/サード マガジン メガネ¥31000/モスコット トウキョウ(モスコット) 靴¥43000/ドレステリア 銀座店(アンソロジー パリ) 時計¥23000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥57000/アルアバイル(ア・バケーション)【今月のPROFILE】広告会社勤務の広告プランナー・花 コマーシャルプランナーとして、企画からディレクションを担当し、各所を飛び回る。スマートな辛口スタイルとは裏腹に、ちょっぴり天然で大の甘党。マイペースに彼氏募集中。 明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【着回しに効くTシャツ】グレーゆるUネックTシャツ デコルテを美しく見せる深いUネック、コンパクトな袖、落ち感のある薄手生地で、ラフに着るだけで女っぽさをアピールする要素が満載。¥8000/ジェームス パース【相棒ワードローブ】ロングカーディガン ハイゲージの薄手ロングカーディガンは、サイドスリット入りで足さばきよく着られる。¥15000/スピック&スパン ルミネ新宿店(スピック&スパン)【相棒ワードローブ】センタープレスパンツ Tシャツのカジュアル感を、きりりと引き締めてくれるクールな黒パンツ。¥23000/サード マガジン 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】M7days 【徳原文子さんコラボ】Tシャツ ¥7,900+税【関連商品】NATURAL BEAUTY BASIC [UVカット]フーデットロングカーディガン ¥7,800+税撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中山友恵〈ThreePEACE〉 スタイリスト/大平典子 モデル/松島 花 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • DJ NAOKI SERIZAWAによるDJイベントも! 10月上旬までの限定オープン。『ブルガリ』と『ドン ペリニヨン』がコラボした「BVLGARI La Terrazza Dom Pérignon Lounge(ラ・テラッツァ ドン ペリニヨン ラウンジ)」が、ブルガリ銀座タワー11階の屋外テラスに、今年も期間限定でオープン中です。センスの良い音楽、ムード漂う照明。あたりを見回せば『東京タワー』も見える輝く夜景。『ラ・テラッツァ ドン ペリニヨン ラウンジ』は、ワンランク上の東京ナイトを過ごすのにぴったり♡ 『ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2008』をはじめとする極上のシャンパンを堪能し、絶品イタリア料理にも舌鼓♡今後、7月と8月には『ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2002 プレニチュード 2』が。9月と10月は『ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2006』がお目見えします。▶▶営業時間や詳細は「ブルガリ 東京レストラン」公式サイトからチェック!さらに期間中、東京を中心に活躍する世界的DJのNAOKI SERIZAWAがディレクション&プレイするDJイベントも実施予定!ラグジュアリーという言葉がぴったりの場所で、音に、雰囲気に、ドンペリに酔いしれる♡ リッチで上品な“ごほうび女子会”いかがですか?
  • 旬コーデに欠かせないノースリーブを、きれいに大人っぽく見せるには? 選ぶポイントと着こなしのコツを簡単解説! 1 2 3 4 カラダがキレイに見えるディテールにこだわる 1[詰まりクルーネック] タイトなノースリは、ネックが詰まっていると上半身がひとまとまりに見えて全身がスマートに。コンパクトな上半身がバランスアップの秘訣 上品スポMIXで。 ニット¥12000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) スカート¥8900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 イヤリング¥1200/お世話や(Osewaya) キャップ¥4600/Kangol Headwear バッグ¥6000/ビームス ボーイ 原宿(ナプロン) サンダル¥12000/サン・トロペ(ヴィーセヴン・トゥエルヴ・サーティ)2[落ち袖] 肩を覆うように少し余分な布があるタイプは、二の腕をあいまいにしつつ、自然に女っぽく見える。ほんのり体が泳ぐシルエットでナチュラル可愛く 適度な柔らかさのニットが、つかず離れずの絶妙な距離感で体形をカバー。シャープなVあきは大胸さんもすっきり。リネンスカートとネオナチュっぽく。 ニット¥6400/N. スカート¥15800/ビームス ボーイ 原宿 イヤリング¥1600/お世話や(Osewaya) バッグ¥4800/ユニバーサルランゲージ 渋谷店 サンダル¥3990/セシール(イマージュ)3[袖フリル] トレンドの小さめについたフリルは、気になる部分から目線をそらしつつコーデも盛れてお得。全身すっきりなIラインに、フリルでポイントを サンドカラーでまとめて今っぽく。 ニット¥7900/ヒロタ(31 Sons de mode) パンツ¥9500/MERCURYDUO ベルト¥6500/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) イヤリング¥1700/お世話や(Osewaya) バッグ¥9800/& シュエットギャラリー 池袋サンシャインシティアルパ店 サンダル¥12500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)4[シャーリング] ボディのお肉を直接拾わずふわっとカバーしてくれる。縦に入るプリーツは視覚的にもすっきり!細いパーツだけ見せて、爽やか夏デニムコーデ シャーリングで肉感を逃がしつつ、縦ラインも強調される優秀なデザイン。デニムパンツと合わせて軽やかな縦長コーデに。 ブラウス¥1990/UNIQLO デニムパンツ¥6000/アダストリア(ローリーズファーム) イヤリング¥1400/お世話や(Osewaya) バッグ¥4900/ACCOMMODEルミネエスト新宿店 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)他にもある! 美人見えディテール透けデコルテ 胸元の透かし編みで、視覚的にボディのボリュームをダウン。すっきり美人見え。 ニット¥4990/エヴリス 新宿ルミネエスト店裾広がり Aラインに広がるブラウスタイプは、体の線が分かりにくい上に、相対的に腕も細く見えるメリットが。 ブラウス¥4900/UNRELISHニセ袖 袖口にレースを足したトレンドのデザインは軽やかに二の腕をカバーしてくれる。 カットソー¥4800/RD ルージュ ディアマン他の画像を見るモデル/貴島明日香 佐々木美玲 撮影/千葉太一(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念した『モダン・ウーマン ―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』は、19世紀後半から20世紀初頭のフィンランドにおいて、近代美術に革新をもたらした女性芸術家7人を紹介します。日本初の試みとなる本展は、国立西洋美術館新館展示室にて6月18日(火)から9/23(月)まで開催。フィンランドの女性芸術家たちの多彩な活動と功績に触れてみてはいかがでしょか。シンプルコーディネートの極み? おしゃれなお洋服ですね1.『占い師(黄色いドレスの女性)』 ヘレン・シャルフベック 1926年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Kaunisto Collection Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen黄色いワンピース姿の女性。赤い口紅も効いていておしゃれ! 「おしゃれですよね。実はこれ 1926年にフィンランドの女性画家、ヘレン・シャルフベックによって描かれた肖像画なんです」 と、教えてくれたのは、国立西洋美術館の特定研究員・久保田有寿さん。1926年のフィンランドは、何世紀も続いた大国の支配から脱して、いちからの国造りの真っ最中。そんな時代にこんなおしゃれさんがいたなんて驚き。「この服は実にモダンで、当時のフィンランド女性が着ていたものではなさそうです。シャルフベックはフランスのファッション雑誌を取り寄せて購読していましたから、ヨーロッパに台頭し始めていた新しい時代を象徴する“モダン・ ウーマン”を描いているのでしょう」 そっか。同国を代表するブランド、マリメッコの登場もずっとあとだしね。当時のフィンランドは、「これぞわが国の文化」と呼べるものを模索していたらしい。「そこで独立への気運が高まった19 世紀半ばには、自分たちの美術をつくろうと男女共学の美術学校が創設されました。当時のヨーロッパでは珍しく学ぶ環境も奨学金も完全に男女平等だったのです」 さすが、男女平等な社会の実現で21世紀の先頭集団を行く国。1917年の独立前から最先端な政策! 「だから女性たちも、自分たちは職業芸術家として男性と対等にクリエイティブなことができるという自信を、強く持つことができたのではないかと思います」おしゃれでしょ? 最先端のモードでしたのよ2.『装飾的風景』 エレン・テスレフ 1910年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum Photo:Finnish National Gallery / Yehia Eweisしかし、独立運動によりナショナリズムが台頭し、男性芸術家たちは「フィンランドらしさ」の確立に没頭。「フィンランドといえば手つかずの自然」と、森や雪景色を描いたり、有名な民族叙事詩の絵画化に熱中したそうだけど、女性たちはどうだった? 「女性たちは愛国主義にはとらわれず、オープンで国際的なスタイルを生み出していきました。たとえば、へレン・シャルフベックは人物をより抽象的に単純化したモダニズムの絵画に挑戦しましたし、エレン・テスレフはアンリ・マティスらのフォーヴィスムに代表される色彩の革命にいち早く反応。1906年ごろから絵具をパレットナイフで大胆に塗りつける色彩豊かな絵画を制作しています」3.『ボートをこぐ女性、スケッチ』 マリア・ヴィーク 1892年ごろ Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Granberg Collection Photo:Finnish National Gallery / Jenni Nurminenパレットナイフをフィンランドで初めて用いたのがテスレフ。今でこそ一般的な技法だけど、当時では斬新! 独立運動の影を感じさせないほど明るくて光に満ちているね。テスレフのこの試みのあとで、同国の風景や人物を鮮やかに描く画家が続出したんだって。 4.『自画像』 シーグリッド・ショーマン 制作年不詳 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum  Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen「もう少し時代が下った1945年にも、フィンランドの女性画家の自由で大胆な作品が生まれました。それはエルガ・セーセマンの 『カフェにて』。 5.『カフェにて』 エルガ・セーセマン 1945年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum  Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen 黒手袋の女性がカフェでカクテルとタバコを楽しんでいる一枚です。戦争で国土全体が疲弊し、窮乏していた時代背景を考えると相当ラディカル。こうした女性をダイナミックに描くことも、女性芸術家だからできたことじゃないでしょうか」 同国の美術の基礎をつくった彼女らは教師や批評家としても活躍。作品も生きざまもカッコいいね。1 ヘレン・シャルフベック フィンランドを代表する画家。パリをはじめ欧州各地で美術を学ぶ。「モダン・ウーマン」の肖像画を多数制作2 エレン・テスレフ 同国における革新的な色彩表現の先駆者。パリに学ぶが好んだのはフィレンツェで、彼の地でカラフルな木版画にも挑戦3 マリア・ヴィーク パリで学び肖像画家として早くから活躍した女性画家の一人4 シーグリッド・ショーマン 批評家としても活躍。自画像の多さも同国女性芸術家の特徴5 エルガ・セーセマン 第二次世界大戦の最中にデビュー。今まで見られなかった都市を生きる新しい女性像が出てくるのがこの時代※作品はすべて、フィンランド国立アテネウム美術館このアートはここで見よう!日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念『モダン・ウーマン ―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』 独立前後のフィンランドを生き、同国の近代美術に革新をもたらした女性芸術家7人に焦点を当てた日本初の試み! 6/18~9/23 国立西洋美術館新館展示室 東京都台東区上野公園7の7 9時30分~17時30分(金・土~21時) 休館日/月曜、7/16 (7/15、8/12、9/16、9/23は開館) 観覧料/¥500 問☎03(5777)8600(ハローダイヤル) https://www.nmwa.go.jp取材・文/KAORU ※BAILA2019年7月号掲載
  • Tシャツ¥4800/スピック&スパン ルミネ新宿店(FUNG) デニムパンツ¥2490/GU バッグ¥9000/AKTE スニーカー¥7500/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)ちょい丈の短いTシャツをボトムからアウトして着たら、今までにない新鮮バランスが完成。デニムも夏にぴったりのホワイトを選んで、トレンドのワントーンコーデに。ロゴTとデニムの定番の組み合わせこそバランスにこだわって、差がつくスタイルに仕上げて。モデル/新木優子 撮影/山本雄生 ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶白Tシャツコーデ記事一覧はコチラ
  • 人気TV番組「ガイアの夜明け」や「あさチャン!」、さらにTwitterやInstagramなどSNSでも取り上げられ、超話題になった【ワークマン(WORKMAN)】の超撥水ストレッチパンツを購入してみました。超撥水×伸縮×4Dストレッチシリーズのスリムフィットパンツ4D超撥水ストレッチパンツ 015ブラック(品番:WM3136)¥2900/ワークマン(フィールドコア)このタグ↓が目印。ブラックとインディゴの2色展開で、サイズはS・M・L・LL・3Lの5サイズ展開。主に男性着用想定のユニセックスパンツではありますが、身長166cmの沖島はSサイズを購入しました。・驚くほど水を弾くストレッチパンツ ・洗濯機で洗濯しても撥水力が持続する ・全方向ストレッチ120% ・4D立体構造 ・膝の曲げ伸ばしラクラク ・ウエストゴム ・スマホが入るサイズの大きなポケット多数 ・Dカンつき ...と、作業着由来の使いやすい工夫が¥2900にギュギュッと詰め込まれたこちらのパンツ。素材やディテールを詳しくチェックしていきましょう。買うべき理由①:“驚くほど水を弾く”撥水加工デニムもともとこの【ワークマン(WORKMAN)】の超撥水パンツは「うっかり雨の日に履いても、デニムなのに雨を弾く!」という、バイクライダーのみなさんの口コミから評判が広がったもよう。コーティングやフィルム加工をしていないので“防水”とは異なりますが、大きな水滴を垂らしてみるとこの通り、本当にめちゃくちゃ弾きます! ということは、コーヒーやおしょうゆをうっかりこぼしても、すぐに拭き取れば、黒だから汚れも目立ちにくいし、ダメージはほぼゼロ。梅雨どきや、突然のゲリラ豪雨に見舞われがちな真夏も安心してはけますね。ちなみに、洗濯を繰り返すことで撥水機能は低下してしまいますが、なんとアイロンがけをすると復活するそう!買うべき理由②:ひざの曲げ伸ばしラクラク! 4D立体構造4Dとは、生地のパーツを4つに分けて縫製した立体的な構造をさします。パンツをはいていて最も最も負荷のかかるひざまわりに計4本のダーツが縫いつけられていて、ひざの曲げ伸ばしの動きにぴったりフィット。さすが、バイクライダーのみなさんお済みつきのクオリティ。自転車や車ユーザーの方、また座り仕事の多い方にはとくにうれしい構造だと思います。ひざから下はストレートラインです。身長166㎝の沖島で、お直しせずにかかとギリギリの丈です。小柄な方はカットしたりロールアップしたりして調整したほうがよいかもしれません。ウエストからヒップまわりにぴったりフィットするよう、パターンが別に切り替わっています。股上の裏側にはなんと当て布までしてあるんです! おまたに食い込みにくい、女性の体にやさしい構造♡買うべき理由③:全方向120%ストレッチ生地採用ウエストまわりの後ろ半分は幅広ゴムになっていて、かのユニクロ(UNIQLO)の超ヒット商品、EZアンクルパンツと同じつくりです。ちなみに、この4Dストレッチ構造のおかげさまで、身長158㎝にしてウエスト80㎝・ヒップ100㎝の超どすこい体型である沖島母も、ガードルなしでこのパンツのファスナーが完全に閉まりました! 脅威のストレッチ力をおわかりいただけると思います。買うべき理由④:ポケットが全部で7つ、手ぶらOKパンツ!左足太ももサイドには、スマートフォンが余裕で入るスリットポケットつき。なんと、約幅20㎝×高さ11㎝×厚み2.5㎝もある長財布までがスッと入っちゃうほど大容量なんです!反対側の右足太ももサイドには、フラップつきの特大ポケットが。なんとマチがついていて、物を入れて多少ふくらんでもすっきり見えするつくりになっています。買うべき理由⑤:デニム大好き女子も大満足の本格派ディテールウエストまわりは5ポケット。いかにもデニムらしい本来のディテールをしっかり踏襲しています。しかも、フロントボタンとビスをよ~くご覧ください。「FieldCore」とブランドロゴがしっかり刻まれています。ボタンやビスまで【ワークマン(WORKMAN)】オリジナル仕様なんです!買うべき理由⑥:こんなに高機能で、本体はコットン98%以上、非常に機能に優れているうえ、綿98%を使用し、はき心地にこだわって作られています。ポリウレタンを2%ミックスすることで、脅威のストレッチ力を発揮するわけですね。では次に、この超撥水4Dストレッチパンツを使ったコーディネートを考えてみました。超撥水4Dストレッチパンツを実際はいてみて、シルエットをチェック!※横にスライドしてフロント・サイド・バックスタイルをチェック!前 ウエストラインはほどよくハイライズです。身長や脚の太さ&長さにもよりますが、ひざまわりが超立体構造のため、ひざから下のラインが多少もっさり見える可能性が。足首まわりをすっきり見せる工夫をしましょう(後述)。横 お尻にも太ももにも超特大ポケットがついていますが、そんなにゴツく見えず、意外とすっきり、スキニーパンツ感覚ではけるのがおわかりいただけますでしょうか?後ろ バックポケットもアシンメトリー。左側がフラップつき、右側がスリットです。ベルトループは前に3本、後ろに4本で、右後ろのループにはいろいろぶら下げられるDカンがついています。取材・文/沖島麻美 ※掲載されているのはすべて私物で、個人の感想が含まれています。また、価格や在庫状況は2019年6月初旬時点での情報です。
  • おしゃれも春夏モノへのシフトが完了した今日この頃。冬物の収納見直しに着手し始める……という人も、実は多い季節のようです。 LEE100人隊の3名も、新たな収納道具を取り入れ。 まずはハンガーの見直しから。TB あけみさん、No.094 さわこさんは、定番のマワハンガーを投入していました。 黒ハンガー・094 さわこさん「今まで、見て見ぬふりをしていたクローゼットの中身を見直すことにしました。アパレル関係の仕事のせいか、洋服大好き、洋服がなかなか捨てられない性格なのですが、思い切って整理。見た目もすっきりさせたくて、衣類が滑り落ちないハンガー、MAWAハンガーで統一することにしました」 黒ハンガー・094 さわこさん「噂通り、幅も取らなくて、色も黒に統一したら、すっきりコンパクトに(白と迷いました)!ちなみにアイテムによって、2種類のハンガーを使い分けています」 黒ハンガー・094 さわこさん「エコノミック。襟のない丸首のシャツやブラウス、ニットなどに。お気に入りのシャツやブラウスなど、肩部分にハンガーのあとがつかず、ズルズルと滑り落ちることがありません」 黒ハンガー・094 さわこさん「シルエット。襟付きジャケット、型崩れしてほしくないトップスに。まだまだクローゼットの中身は見直し中ですが、程よい余裕とすっきりとした見た目で、お洋服選びも簡単に、スムーズになった気がします。まさに時短。忙しい朝、少しでも時間が節約できると気分よく過ごせる。ママが気分がいいと、子供もご機嫌な気がします」 白ハンガー・TB あけみさん「衣替え。今年は、まずは服の断捨離から。有難いことに、数年前からミモレ~ロング丈が流行り、もはや定番となってきたので、年齢的にもそちらにシフト…膝丈のものはほぼ処分。これだけでもだいぶスッキリ。ただ、ロング丈のもので困るのは収納。私の寝室のクローゼットは高さが無いので、ロング丈のものをそのまま吊るせず。今まで平置きにしてごちゃごちゃしていたのですが、mawaハンガーの白を投入(右端にある黒いハンガーは以前購入したmawaのもの)」 白ハンガー・TB あけみさん「ワンピース、ロングスカートは畳んでパンツ用のハンガーに。シャツ、カーディガンも吊るして。Tシャツ、カットソーは置くスペースが無いので別の部屋に。ひとまず、これが使い易い」 色や形も豊富なマワハンガー。手持ち服を見直して、必要な形状、本数を見極めたいですね。 続いては、TB わちさんが冬物整理に迎えたアイテムをご紹介。 わちさんが新たに購入したのは、段ボールを収納箱にできるクリップ、GENERAL VIEW BOX LATCH。 TB わちさん「GENERAL VIEW BOX LATCHで冬物整理。段ボールを収納箱にできるクリップ」 TB わちさん「BOX LATCHとは、段ボールの蓋をした状況でサイドから差込み……」 TB わちさん「真ん中までスライドさせると、蓋が開いちゃったりしなくなるクリップです」 TB わちさん「段ボールもとりあえず、今まであったものを使うことにしましたので、ボロい。夫の本格的なピーコートや息子のお下がりでまだサイズが大きいものなど。ラベルもそのうちちゃんと貼ろう」 わちさんが段ボール収納に乗り出したきっかけも気になるところ。 「冬物は今まで、引き出しタイプのプラスチックのケースに入れていたのですが、 ・ニットやウールは通気性のあるものに入れたい と思っていました。木製のタンスを買うことも考えたのですが、 ・今後、子供の成長に合わせて家具のレイアウトを変える可能性有。 ・自分ひとりで動かせる。 ・やっぱり違う収納にしたくなったとき、資源ゴミに出せる。 ・ローコスト という条件を並べてみて、段ボールと、このBOX LATCHを組み合わせて季節外の衣類を収納してみることにしました。欧米の日用品を扱う通販サイト、GENERAL VIEWで買いました」(わちさん) 「以前は、段ボールに紐をかけたり、ホコリがはいらないように紙をかけたりしていましたが、そんな必要もなくなりました。出し入れも楽になりました」と使い勝手にも満足している様子です。 収納に段ボール、斬新な発想ですね! 衣類見直しと、暮らしに合った収納アイテムの選択。あたたかいこの季節に進めておきたいものですね。
  • “2着目”のカラードレスは、タイムレスな魅力のあるニュアンスカラーを選びたい。幸福感たっぷりの甘やかなピンクは、お色直しドレスの定番。淡くスモーキーなトーンなら、品よく肌に映えて、誰より素敵に。【スモーキートーンのピンクドレス3選】高責なムードも感じさせるくすんだ紅色のドレス肌になじむオールドローズのカラーは、高責なムードも感じさせるくすんだ紅色。流れるドレープが女性らしいワンショルダーのデザインも、ボディラインを美しく見せてくれる。モード感がありながら、あくまで上品。ドレス(レンタル)¥155000(ジェニー パッカム)・イヤリング(レンタル)¥8550/クリオマリアージ淡い桜色にきらめくグリッターの華やかドレス淡い桜色のシフォンにきらめくグリッターを施した、上品な華やかさのあるドレス。ほどよいボリュームのスカートとランダムに配置された輝きが好ましい。ドレス(販売)¥800000・(レンタル)¥290000(ヨーラン・クリス)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥41000・イヤリング(レンタル)¥3000/ミラー ミラー 丸の内 ボリュームたっぷりで可憐なベビーピンクのドレスボリュームたっぷりのプリンセスライン。ベビーピンクのチュールを重ねてできるグラデーションで、エアリーで可憐な印象に。バックスタイルも美しく見せる取り外し可能なチェストトレーンつき。ドレス(レンタル)¥ 350000(エー バイ ハツコ エンドウ)・イヤリング(販売)¥39000/ハツコ エンドウ ウェディングス 撮影/尾身沙紀〈io〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈 io〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/大政 絢 取材・文/久保田梓美
関連キーワード

RECOMMEND