大人気! フランス発のバッグ&小物ブランド、リュニフォームがポップアップイベントを開催

SPUR.JP

フランス発のバッグ・小物ブランド、リュニフォームが201936日(水)より伊勢丹新宿店とイセタンサローネにてポップアップショップを開催する。リュニフォームはJeanne Signoles(ジャンヌ・シニョル)とAlex Signoles(アレックス・シニョル)により、2014年に設立。翌年、パリに一号店をオープンし、内装はインテリアデザイナー・片山正通の主宰するWonderwall(ワンダーウォール)が手掛けている。 

キャプション
MINI SUITECASE ¥120,000/エドストローム オフィス(リュニフォーム)

デザインと機能の理想的な関係を追求するリュニフォームの原点となったのは、ツールバッグやカメラバッグといったシンプルな道具入れ。そういったアイテムをモダンにアップデートしたバッグコレクションが、ジャンヌの故郷であるフランス・カルカッソンヌ地方を拠点に制作されている。ファブリックの織り方やレザーの染め具合、ジッパーの動きなど、細部までこだわり尽くしたデザインは実用性抜群。また独自のカラーリングも魅力の一つだ。

MINI BACKPACK ¥44,000(右はバックサイド)/エドストローム オフィス(リュニフォーム)
MINI BACKPACK ¥44,000(右はバックサイド)/エドストローム オフィス(リュニフォーム)

今回のポップアップイベントでは、春らしいネオンカラーパイピングを施したアイテムやミニバックパックを伊勢丹新宿店にて展開。そしてミニスーツケースを含めた新作バッグをイセタンサローネにて展開する。また、キャンバス地にイニシャルや数字を入れられるパーソナライズ・サービスや、今回のためにデザインされた特別なサクラモチーフ”のスタンプサービスも両店舗にて実施(スタンプサービスには1~2時間ほどを要する。購入した当日のお渡しが可能)。この貴重な機会をどうぞお見逃しなく!

キャプションMINI BACKPACK ¥44,000/エドストローム オフィス(リュニフォーム)

【リュニフォーム ポップアップイベント概要】

開催期間:201936日(水)~42日(火)
場所:イセタンサローネ1階=ハンドバッグ売場/リュニフォーム
住所:東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア 1階・2階 
営業時間:11:0021:00
電話番号:03-6434-7975

開催期間:201936日(水)~319日(火)
場所:伊勢丹新宿店本館1階=ハンドバッグ/リュニフォーム
住所:東京都新宿区新宿3-14-1
営業時間:10:3020:00
電話番号:03-3352-1111(大代表) 

エドストローム オフィス
https://luniform.com
03-6427-5901

Text: Fuyuko Tsuji

⇩「リュニフォーム」2019年春夏コレクションのラインナップをチェック!

関連記事
  • おしゃれに敏感なチームBAILAがこの夏に狙っているというリングを一挙公開! つけるだけで即おしゃれになれるので、うっかりシンプルになりがちな夏ファッションも最旬リングで盛り上げよう。SHIHARAのマットゴールドリング「マットだからなじみよし。幅もさまざまなのでスタイリングや気分に合わせて組み合わせたい」(スタイリスト 天水沙織さん)(上)¥95000・(中)¥58000・(下)¥42000/シハラ ラボ(シハラ)TOMWOODのキャンディリング「心が弾むようなカラーのキャッチーなリング。スクエアとオーバルを組み合わせても可愛い」(編集 やまみ)各¥53000/ステディ スタディ(トムウッド)THE LETTERINGのイニシャルリング「悩んだ結果、ゴールドをセレクト。小さいサイズを選んでピンキーリングとして使っています」(編集 ナベ嬢)「ボリュームのあるフォルムがたまらなく可愛い。手もとが軽くなる夏こそトライしたいリング」(スタイリスト 大平典子さん)「シルバーのMを購入ずみ。手もとがぐっと印象的になるので毎日欠かさずつけています」(スタイリスト 池田メグミさん)「存在感があるのに、手持ちのリングと合わせてもバランスがとりやすいのが魅力です」(編集 マフユ)「ゴツめなので一見難しそうですが、つけると指先にすっとなじんで上品なイメージに」(スタイリスト 石田 綾さん)(左・右)各¥68000・(中)¥85000/ショールーム セッション(ザ レタリング)ReFaireのボリュームリング「ぷっくりとふくらんだような丸いフォルムにほれぼれ。イエローゴールドは女らしさも欲張れます」(スタイリスト 池田メグミさん)¥28000/UTS PR(ルフェール)ARTIDA OUDの色石リング「カラフルな色石ときゃしゃな地金のコンビネーションが絶妙。大人っぽくて使いやすい」(編集 U)(上)¥24000・(下)¥27000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード)Lana Swansのバナナリング「かなりボリューミーだけど、肌がちらりとのぞくので重たく見えません。私は人さし指に着用」(編集 ナベ嬢)¥24000/ススプレス(ラナスワンズ)eteの2連リング「ゆるやかなウェーブが指を細く長く見せてくれます。イヤカフにもなる頼もしい2wayデザイン」(編集 バタ子)¥12000/エテMAIDENのシルバーリング「プレーンな形ですが、今年らしい幅広のデザイン。表情のある手もとを演出してくれます」(スタイリスト 石田 綾さん)¥20000/MAIDEN撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/石田 綾 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年7月号掲載
  • カッコよくて軽くて持ち運びOK。レインコートだけではもったいない!梅雨を忘れるようなお天気の日もありますが、やはり時々ドカンとくる雨の日。大雨が降ろうと電車が止まろうと、外に出なければならないことは日々あります。特に子どもが保育園だったころの送迎は一番大変でした。大雨の中をママチャリで走ったり、バスは激込みだし、髪は崩れまくるし、服や荷物も濡れるし、もう散々(泣)。 その頃からレインコートは欠かせませんが、毎年おしゃれなものがたくさん出ているので、今年久々に更新してみました。レインコート選びは、価格に比例して機能性もそれなりに高くなっていくので、耐久性や防寒その他、最終的には個人のライフスタイルに合わせることになるかと思います。アウトドア系ブランドならやはりしっかりしたものが手に入るので、大雨の中を突っ走るには良いかもしれませんし、アパレル系のおしゃれなデザインなら、普段の通勤やお出かけに向いています。 送迎が終わった今は「豪雨仕様」が必要なくなったので、わたしが望むのはとにかく「軽量」で動きやすいこと。高価なものだと生地厚でかさばり、重量もそこそこあるものが多いですが、雨に濡れずそれなりにしっかりしていれば満足です。「おしゃれ」ということを大前提で選んだ結果、「ビーミング by ビームス」のレインコートに決めました。価格もお手頃でこんなにカッコいい! 名称は「モッズ レインコート」なので、ミリタリーの雰囲気があるカッコいいデザインです。まずは「カーキ」の色が今っぽくて目を引きました。アパレル系でもデザインだけではなく、それなりにわたしが求める機能は充実しています。雨に濡れないための仕組みがちゃんとあるんですよ! 丈は、163cmのわたしの身長だと膝上くらいまでの長さです(フリーサイズ)。あまり長すぎず、お尻がスッポリ隠れるこれくらいの丈が動きやすく、スタイリングもしやすいなと感じています。もともと「Aライン」のデザインですが、ウエストと裾の部分がゴムで絞れるようになっているので、調整して自分の好きな雰囲気が作れます。首回りやフード部分も、おしゃれなのにさりげなく雨対策になっています。首はボタンで立たせたデザイン、そしてフードもゴムで絞れるようになっています。もともと機能満載のミリタリー服は、レインコートにも適したデザインなのですね! とにかく軽量、そしてコンパクトにまとまるので、付属のポーチに収納すれば持ち運びにも便利です↓それにこのコートの一番「買い」な部分。それは、特別な「雨用」には見えないので普通にアウターとして着られること!肌寒い日の「羽織もの」として便利ですし、何よりデザインがおしゃれなので、雨でなくても着たいのです。春や秋口の「つなぎ」用アウターで活躍しそうなので、レインコート&アウターの「2way」と考えると、かなりお得な気がします。このコートひとつで、カッコいいレインスタイルは簡単にできます。「雨具」ということを忘れるくらいおしゃれなデザインなので、これで雨のお出かけも憂鬱にならず、むしろ楽しくなるかもしれません♪ ちなみにレインブーツにはフランスの「MEDUSE(メデュース)」を履いています。フランス製ですが10,000円以下で買え、デザインが「AIGLE」の乗馬ブーツのようにとてもおしゃれです。いかにも「長靴」という感じではなく、スッとした見た目の美しさと、ボトムスをインした時の抜群の美しいフォルムには文句なし!【Day1】レギンスをブーツインしたカジュアルコーデ↑このコートは、カジュアルが映えます。Tシャツとレギンスなど、シンプルなスタイルもカーキのモッズが格上げしてくれます。ロングブーツとの丈バランスも文句なしにキマり、雨の日の気分もアガりますよ!【Day2】タイトスカートを合わせた大人のブーツコーデ↑フリーサイズのレインコートが大きめなので、細身のタイトスカートでもバランスよく合います。タイトにロングブーツを合わせるとエレガントで大人っぽくなり、また違った印象に。【Day3】コンバースを合わせたデニムコーデ↑雨が強くない日は、厚底ゴムのハイカットも履きます。デニムとモッズコートって、メンズライクでカッコいい★バッグは濡れてもいいリュックも活躍しますね。【Day4】花柄ロングスカートを合わせたフェミニンコーデ↑サラサラ生地のロングスカートは、濡れてもすぐに乾くのが魅力的。イエローとカーキを合わせて可愛くなりすぎないようにしました。雨の日バッグは、革はやめてコットンも活躍。 【Day5】ホワイトをブーツインしたデニムコーデ↑ホワイト系は雨の日はNGだと思っていましたが、ロングブーツにインすることで汚れる心配もなく、雨の日も爽やかに履けるようになりました! ↓雨ならあきらめて「まとめ髪」。これだけで憂鬱気分も半減♪よし、今日もがんばるぞ!実際、どんなにおしゃれをしていても大雨の時には「楽しい」なんて思えないかもしれません。でも素敵なレインスタイルの自分をどこかの鏡で見た時は、濡れたって、髪がみだれたってなかなかカッコいい姿していますよ♪ わたしたち、いつもお疲れさまです!▶B:MING by BEAMS「モッズ レインコート 19SS」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.31★ 「サエラの傘(Evereon(エバーイオン/1,900円+税)」 今日ご紹介したコーデに合わせた傘は、今使ってる「エバーイオン」というビニール傘です。テレビで紹介されたみたいなので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。今は100均でもビニール傘は手に入るので、「ビニ傘に2,000円?」と思いますが、これはとてもエコな商品で、いわゆる「使い捨て」ではありません。 日本のビニール傘の年間消費量は約5,500万本だそうです(「サエラ」ホームページより)。わたしも以前は「雨が降ったら買えばいいし、壊れたら捨てよう」という気持ちでビニール傘を買っていたのですが、どんどん増えてきて処分するのもなかなか大変ですし、何より、金属むきだしで放置されている傘を見ては危険を感じていました。雑貨屋さんで見つけた時、まさに「これだ!」と。何がエコって、破れたらなんと自分で張替えができるのです。たくさんのカラーや柄物の中から、自分の好きなものをカスタマイズして着せ替えられるので、捨てることがないし飽きずに楽しめます。わたしは無地のブラックを選びましたが、ブラウンなども素敵ですし、スター柄などもかわいらしく、張替え生地も1000円ほどで気軽にできるんですよ! ビニールでも色のニュアンスが大人向きでとてもおしゃれ。毎回使うのが楽しみです★今、雨の日に街で見かけるおしゃれさんには、素敵な「ビニ傘派」が多くなっているな~という最近の印象です。骨に金属ではなく「樹脂」を使用しているので、サビにくい耐久性と、やわらかい伸縮性で「折れにくい」という利点もあります。指で引っ張ると「ボヨ~~ン」と伸びる感じです。子ども用もありケガの心配が少ないので、安心面から最近は親子でこれに替えました。 持ち手にも工夫があり、どんなところにも掛けやすいデザインです。これなら2,000円でもお得感。雨の日こそ、余裕を持てたら素敵です。でも雨だと薄暗いから、朝はさらに起きられなくて寝坊しそうになるんですよね(泣)!▶「サエラ」オンラインショップ/「Evereon 60cm 無地」はこちらをチェック 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • 素材の上質感や着やせして見えるシルエット、着心地のよさ、旬カラーなどがつまったTシャツを探しているアラフィー女性たちに朗報! 大人の体型や要望を知りつくしたアラフィー御用達ブランドから“大人仕様の旬カラーTシャツ”をご紹介。1. ATONの大人の体にちょうどいい華奢(きゃしゃ)見えパーフェクトTエイトンには、大人の要望に応えてくれる優秀なTシャツのバリエーションが豊富にそろう。その代表がこちら。体のラインを拾わずゆるすぎないシルエットが大人にちょうどいい。袖山が腕に添うように収まり、上半身がほっそり見えるのもポイント。独特のシャリ感がある生地は、さらりとした肌ざわりと速乾性を実現。今夏らしいボルドーがワンツーコーデをしゃれた印象に。 「フレスカ ショートスリーブTシャツ」¥12,000/エイトン青山(エイトン) スカート¥37,000/アマン(アンスクリア) ピアス¥122,000・ボーンカフ¥152,000・ブレスレット¥152,000 /ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥172,000/ジミー チュウ1.スリット入りヌバックコットンT 皮革の裏側にバフをかけて仕上げたヌバックのような表面感をもつ生地を使用。長めのサイドスリットを施したビッグシルエットが今どき。「ヌバックコットン スリット入りTシャツ」¥19,000 2.前後差ビックシルエットT ヒップをすっぽり覆うよう後ろが長くなった前後差のあるラウンドヘム。ゆったりとした長めの袖が二の腕もカバー。レイヤードスタイルにも取り入れやすい。「スヴィン ラウンドヘムTシャツ」¥14,000 3.大人仕様なゆるノースリーブT 二の腕や肩のラインをカバーし、すっきりと見せてくれるとリピーター続出。ゆったりとした身幅と広めの袖口が抜け感を演出。「フレスカ ノースリーブカットソー」¥11,000 4.ATON定番ユニセックスT 毛羽が少なく脱色しにくいという特徴のある和歌山のスヴィンコットンを使用。油分を失わず、繊維に傷がつかないことから、洗濯を繰り返してもつややかで美しいブラックをキープ。「スヴィンユニセックスTシャツ」¥12,000 5.華奢見えパーフェクトT 「フレスカ ショートスリーブTシャツ」¥12,000 /エイトン青山(エイトン)2. YLEVEのしゃれ感抜群立体フォルムT前はフラットめでコンパクトに、後ろは膨らみを出した立体的フォルムなら、一枚でさらりと着るだけで鮮度の高い着こなしに。糸の紡績からオリジナルで手がけたオーガニックコットンを使用。 「オーガニックコットンバイオショートスリーブTシャツ」¥11,000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥47,000/カオス丸の内(カオス) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥68,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バッグ¥36,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ハイディ クライン) 靴¥22,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)「オーガニックコットンバイオショートスリーブTシャツ」¥11,000/アングローバル(イレーヴ)3. ebureの二の腕ほっそりシームレスT肩に縫い目がなく、袖がドルマン風になったビッグシルエットTシャツは、首もとが詰まっているのでルーズにならず、自然とボディラインを拾わないつくりに。洗練された淡いベージュは、白がむずかしいと感じている人にも取り入れやすい。 「スーピマコットンTシャツ」¥9,000/ebure パンツ¥36,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥126,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ストール(別注色)¥27,500/カオス丸の内(アソース メレ) バッグ¥63,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥69,000/エスケーパーズ(マルティニアーノ)「スーピマコットンTシャツ」¥9,000/ebure4. BLAMINKの絶妙カラーのフレンチスリーブT極細の上質な糸の生地を使用し、自然なツヤとしなやかな着心地を実現。フレンチスリーブになった袖は、袖口にリブをあしらうことで、二の腕がほっそり見えるよう工夫。グリーンがかったグレーはほかにない絶妙色。ブランドマークの刺繡が施されているので、すそをアウトにして着てもおしゃれ。 「刺繡入りTシャツ」¥21,000・スカート¥180,000/ブラミンク ピアス¥256,000・ブレスレット¥166,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) 靴¥93,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)「刺繡入りTシャツ」¥21,000/ブラミンク5.BARENAの一枚で華やかさ抜群!バタフライスリーブTたっぷり布量をとったフレア状のバタフライスリーブが、カジュアルになりがちなTシャツをフェミニンに盛り上げて。袖の内側はわきをとめているので、腕を上げても中が見えないつくり。アウトにしてもすっきり決まるよう、すそにかけてほっそりとしたシルエット。 「ドルマンハーフスリーブTシャツ」¥17,000 /エリオポール代官山(バレナ) スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) ピアス¥84,000/ストラスブルゴ(ソフィーブハイ) バッグ¥24,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(アポワン)「ドルマンハーフスリーブTシャツ」¥17,000 /エリオポール代官山(バレナ)>>「Jマダム的きれい見えTシャツ」はこちらから撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • 涼し気小物とアイテムでひと足早く、夏。「可愛い」は忘れない、でも「いつもより少し大人」って思って欲しい。梅雨から夏へ、私たちに必要なのは、やさしい色とほのかな甘さを持った涼しげアイテムでした♡さらっと着るだけで絵になる!夏のお出かけに頼もしいリネンワンピしゃり感のあるワンピースはデコルテが映えるネックラインや後ろが少し長めになった裾など、女らしく見えるさりげないこだわりが。涼しげなサンドベージュも夏っぽくて素敵。ワンピース¥16000(スローブ イエナ フィム)・靴¥13800(レメ)・バッグ¥12000(バグマッティ)・ネックレス¥45500・リング¥20000(2点ともファリス)/スローブ イエナ 表参道店ブルーとイエローのやさしい色合わせで“ちょっと上”のフェミニン長め丈のスカート、袖にニュアンスのあるトップス。今年らしいアイテム同士は色も魅力。ちょっぴりくすんだイエローは今っぽさも包容力もある注目カラー。淡いブルーをすんなり受け止めてくれるから、きれい色合わせの着こなしも上品でやわらかな印象になる。カットソー¥5000・スカート¥8000・バングル¥3500(3点ともスローブ イエナ)・バッグ¥11000(エンシャラ)・イヤリング¥5500(ラピュイ)/スローブ イエナ 表参道店肌になじむ小花柄シャツは、どこか〝ゆる〜く〟着るのが気分開衿シャツはこの夏の「買い」なアイテム。てろんとした素材感と可憐な小花柄が絶妙にマッチした一枚。デニムと軽やかなフラットサンダルで、気張らない着こなしを楽しみたい。ブラウス¥12500(デビーデボ ×スローブ イエナ)・パンツ¥10000(スローブ イエナ)・靴¥20500(カルメンサラス)・バッグ¥11000(マウリツィオ タユーテ)・イヤリング¥7000(アレクサンドリン パリ)・リング¥7800(フィリップ オーディベール)/スローブ イエナ 表参道店 ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野崎久実子 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/高橋美帆
  • 新宿へお買い物娘とお買い物に行くと新宿ルミネの中でもルミネエストです。 普段大人が行かないエリアですよね。 エストの上階だと夕食もなかなか可愛らしいお一人様パエリア。周りの娘と同世代くらいの20代ファッションも見ていて飽きないです。 大人には真似できない今しかできないファッションをたくさん楽しんでほしいですね!
  • 単純なワンツーコーデが多くなりがちな時期だけど、今年はひと手間かけたトレンドのレイヤードテクでおしゃれに変える!大げさじゃないけど、効果的におしゃれに見えて、スタイルアップもできちゃうのが旬のトップスの重ねテク。映えて、大人な絶妙コンビネーション デザインのきいたマルチパターンのニットキャミを、黒い半袖リブカットソーにオン。レイヤードに万能なリブトップスは体がキレイに見えるタイトなシルエットが吉。 キャミソール¥4990/エヴリス 新宿ルミネエスト店 リブトップス¥2900/SPIRALGIRL スカート¥11000/ココ ディール(ココ ディール リュクス) イヤリング¥5445/アビステ裾と首元にちらりと見せる白で差をつける 丈の短いボックスシルエットのTシャツには、男の子がよくするレイヤードをマネして、裾と首元から白いTシャツをちょこっと見せるとこなれ感アップ。 Tシャツ¥3000/アダストリア(ローリーズファーム) ノースリーブTシャツ¥1000/UNIQLO スカート¥5800/シティーヒル(マジェスティックレゴン) イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya)リラックスしたシャツはタンクで締めるのが鉄則 今季たくさん登場している透け感のあるゆるシャツは、デコルテを見せて程よく着崩すのがお約束。だらしなく見えないよう、辛口のタンクトップで引き締めたい。 シャツ¥5990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 タンクトップ¥4800/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) スカート¥11000/MERCURYDUO イヤリング¥2639/CHIPPI&CUUふわっとオフショルとぴたノースリのバランス学 ボリュームのあるオフショルは、1枚だとセクシーになりがちだけど、インにノースリを重ねればおしゃれ見え。ノースリは肌なじみのいい色を選ぶのがコツ。 オフショルブラウス¥5990/GYDA ノースリーブ¥4000/N. デニムパンツ¥9500/ココ ディール イヤリング¥1500/お世話や(Osewaya)モデル/西野七瀬 岡本夏美 撮影/横山創大 ヘア&メイク/飯嶋恵太(mod’s hair) スタイリスト/松尾正美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • フランス、ドイツ、ベルギーに囲まれたルクセンブルク。周辺各国の食文化に触発されながら発展したその料理を、国境を越えて味わいに来る美食家も多いのだとか。WEB限定記事第2弾は、その「食」にクローズアップします。「ウン・プラトー」にて、食前酒にあわせた前菜。見た目も楽しませてくれる。「ケンプ・コーラー」のショーケース。デリコーナーにはいつも多くの人が。ルクセンブルクは、国民一人当たりのミシュラン星付きレストラン数が世界一を誇るグルメな国。街を歩けば、そこかしこに名店が見つかる。 この国の料理がおいしくなる一番の理由は、その立地。世界中から人が集まる土地柄、当然、料理も世界中の味が集まるのだ。なんといっても、隣は美食の国フランスと、マイスターの国ドイツ、食材豊富なベルギー。それらのエッセンスを吸収し発展した料理は、この国が世界屈指の富裕国となった近年、ますますクオリティーを上げている。 「ケンプ・コーラー」の棚にずらりと並ぶオリーブオイル。お土産も見つかりそう。街は治安がよく、夜遅くまでディナーを楽しむ環境は万全。そんなルクセンブルクを旅するのなら、食はとことん楽しまなければ! とくに首都のルクセンブルク市は、デリやビストロ、ミシュラン星付きのレストランまで、豊富な食のチョイスがある。気軽に試せるのは、デリやパティスリーに併設するレストラン。「ケンプ・コーラー」「オーバーバイス」など、大公宮御用達の店は高級食材ブティックのようで、ショーケースを見ているだけでもワクワクしてしまう。白ワインのジュレが香るパテ・オ・リースリング郷土料理の代表格といえば、白ワインのジュレを挟んだひき肉のパイ包み焼き「パテ・オ・リースリング」。シャンパンと同じ製法で作られる「クレマン・ド・ルクセンブルク」がよく合うニョッキ「クニーデレン」は、家庭の食卓に並ぶ、“ママの優しい味”。レストランでは、ルクセンブルク特有のワインソーセージ(現地でワインツォーシィスと呼ばれる、ワイン風味のソーセージ)を入れ、クリーミーなマスタードソースをからめたアレンジも人気だ。クニーデレンはぜひソーセージ入り、マスタードソースで。ルクセンブルクのマスタードは塩辛くなく、風味豊か。クニーデレンが人気の「バイ・ド・ボウエン」は、地元の人に愛される家庭的なレストラン。さらに、ルクセンブルクではスイーツにも魅了されるはず。なかでも、「オーバーバイス」のチョコレートは甘さが残らないのにカカオをしっかりと感じられて、チョコレートの概念が変わってしまうほど!大公宮御用達の「オーバーバイス」。チョコレートはこの国が誇る味!「ウン・プラトー」でのディナーの始まりは、テラス席の食前酒から。ディナーはぜひ、この国の著名な料理家やグルメ家に知られた「ウン・プラトー」へ。テラス席で食前酒にジンカクテルを楽しんだ後、シックな店内でコースをいただくのがおすすめ。今、ルクセンブルクで熱いのがジンのカクテル。レストランでは、オリジナルのカクテルで味を競い合う。ジンカクテルを楽しんだ後は、店内に移動してメインディッシュを(ウン・プラトー)。■レストラン情報 Kaempff-Kohler ケンプ・コーラー 住所/18 place Guillaume, L-1648 Luxemburg Stadt ☎+352・2686861 http://www.kaempff-kohler.lu/ Bei de Bouwen バイ・ド・ボウエン 住所/35 rue Laurent Menager, L-2143 Luxembourg Stadt ☎+352・26202114 http://beidebouwen.lu/ Oberweis オーバーバイス 住所/16, Grand-Rue, 1660 Luxembourg Stadt ☎+352・470703 https://www.oberweis.lu/en Um Plateau ウン・プラトー 住所/6 Plateau Altmunster, L-1123 Luxemburg Stadt ☎+352・26478426 http://umplateau.lu/ <<第1回/ルクセンブルクの古城ホテルとスパホテル撮影/織田桂子 取材・文/芹澤和美 取材協力/ルクセンブルク貿易投資事務所 SAKURA Voyages(サクラ・ヴォヤージュ)
  • はおりも小物もモノトーンで統一すれば甘さの中にちゃんと大人っぽさも!まるでレースを身にまとっているかのような小花柄ワンピにひと目ボレ♡ Vネック&ノースリーブのすっきり感と、たっぷりと揺れる裾のドレープの対比も素敵すぎる。甘いワンピもモノトーンなら大人な雰囲気になれるし、白っぽトーンだから涼感もアップして好印象間違いなし。外食の予定だから気軽にはおれる薄手の黒シャツをお供に。なじみ色のかごバッグとサンダルも、あえて色を使わないベーシックさで親ウケも上々!ワンピース¥4990/アメリカンホリック シャツ¥22000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) 靴¥16000/オデット エ オディール 新宿店 バッグ¥12000/メゾン イエナ(カーナス) ピアス¥11800/ガス ビジュー 青山内田理央の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/新田君彦(えるマネジメント) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/高野麻子  原文/鈴木絵美
関連キーワード

RECOMMEND