SAINT LAURENT

SPUR.JP

[ LOOK ]

[ CELEB & MODEL ]

関連記事
  • ドレス¥502000/シャネル カスタマーケアこんなにナチュラルで 柔らかなメイクはすごく新鮮。 プライベートでも試したいなメイクは自分を開放してくれて、ユニークにしてくれて、 好きなパーツを強調してくれるのが魅力ですよね。 このLOOKは、まさにそう。目元も頬もリップも、こんなに柔らかなメイクは今までしてこなかったので、 新しい自分に出会えた気がしてすごく楽しかったです。いつもお洋服を決めてからメイクをするのですが、 カジュアルな格好の日にトライしたいなって思ってます。 A 大自然を思わせる肌なじみのよいカラーがずらり。 レ ベージュ パレット ナチュレル レ ザンディスパンサーブル ¥10500(限定発売中)/シャネル カスタマーケア B 立体感を宿す、ハイライターとブロンザーが一つに。 デュオ ブロンズ エ ルミエール クレール ¥7700(限定発売中)/シャネル カスタマーケア C 唇をほのかなピンクに色づける、ジューシーなリップグロス。 ルージュ ココ グロス 822 ¥3600(限定発売中)/シャネル カスタマーケアHow to make up カラーレスななかにツヤの立体感を添えてEYE:パレットAの右下2色をブラシで混ぜ、アイホールより少し広めにふんわりとのせる。同じ色をチップに取り、下まぶたの目尻側のキワにもサッと。 CHEEK:Bの左のブロンザーを頬の高い位置に横長に入れ、さらにその上に右のハイライターを重ねてツヤを加える。 LIP:付属のチップで唇にグロスCを軽くのせれば完成。モデル/Kōki, 撮影/三瓶康友(モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE)スタイリスト/早川すみれ(KiKi inc.) 構成・原文/森山和子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 美容家さんなどからも賞賛の声を耳にするホットタブの重炭酸湯。体が芯からぽかぽかして全身の血流が巡るのか、疲れがスーッととれて深い眠りにつけるから大好き。なのですが、正直、毎日ゆっくり入浴できるわけじゃない……。ということで、最近ハマっているのが、こちらのシャワー専用タブレット!(編集・オダッコ) ホットタブ重炭酸湯 SHOWER TABLET 30錠 ¥2700(税抜) 専用シャワーヘッドに1錠セットして浴びるだけ、というこのアイテム。実は夏こそ使いたいメリットがたくさん。 特許取得技術で炭酸ガスを中和させた重炭酸イオンが入っているのですが、この重炭酸イオンが実力派。 まず、肌表面から吸収され、血管を拡張させて体温を上げる働きがあるのだとか。だから夏場、お湯の温度を低く設定しても体温をきちんと上げてくれるんです。しかも体温が上がることで、夜にこのシャワーを浴びれば質のいい眠りに入る準備もでき、夏バテ対策にもってこい。 さらに重炭酸イオンは汚れや不要な角質を浮き上がらせる効果が。特に夏にやっかいな皮脂汚れも吸着するので、シャンプーや石けんなしでも肌をきれいにリセットしてくれます。 また、水道水に含まれる塩素を中和する働きも。だから赤ちゃんや敏感肌の方でも安心して使えるんです。 ホットタブ 重炭酸 Bio イオンシャワー ¥9800(税抜) ちなみにこちらが専用シャワーヘッド。 シャワー専用タブレットにはさらに、ヒアルロン酸やコラーゲンも配合されているのだとか! 温浴効果に加えて美容効果まで期待できるなんてうれしいですね。頭や顔にも手軽に浴びることができるのもいい。夏場はクーラーなどで手足が逆に冷えることも多い一方、熱いお風呂には入りたくない! だからこそこの重炭酸シャワーを積極的に取り入れたい!(編集・オダッコ)   DEBUT || 6月1日(土) BRAND || ホットタブ重炭酸湯 ITEM || SHOWER TABLET CATEGORY || 浴用化粧料 KEYWORD || #重炭酸湯 #シャワー専用タブレット #時短 PRICE || 30錠 ¥2700(税抜) TEL || ホットタブ重炭酸湯お客様窓口 0120-816-426 HP ||  ホットアルバム炭酸泉タブレット (撮影/岩城裕哉、イラスト/オカヤイヅミ、取材・文/marico.)
  • サンローランの新作ミニショルダー、夏が待ち遠しくなるクロエのカゴバッグ、ヨーコチャン初のバッグコレクションなど、アラサー女子が憧れるブランドの新作6アイテムをご紹介!【Saint Laurent】「アクセサリー感覚で持ちたい、 新作ミニショルダー♡」(編集マフユ)深い赤とタッセルが印象的なチェーンショルダー。カードケース内蔵、外ポケットつきで使い勝手も良好。「パーティシーンにもぴったりなミニマルなサイズが今どき。コーデが華やぐリッチな赤を」。バッグ「モノグラム・サンローラン ルー」(10.5×18×5)¥125000 /イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)☎0570-016655 【Chloé】「スカーフ使いで進化したかごバッグ。可愛すぎて買わずにはいられない!」(スタイリストM)夏が待ち遠しくなるかごバッグも、ホースモチーフのスカーフ使いやレザーストラップなど、ハイブランドならではのリュクス感にときめく。インナーポーチつき。「"かご=ナ チュラル"なだけではなく、モダンに見えるデザインに惹かれました」。バッグ「パニエ」(28 ×37×22)¥138000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) ☎03(4335)1750【Valextra】「カジュアルを一歩先に進めてくれる、今欲しい大人顔スニーカー」(ライターE)日本で登場するやいなや人気急上昇のスニーカーコレクションに注目。クリーンなホワイトレザーに配色が効いたスポーティなラインがアクセント。「合わせ知らずの白スニーカーこそこだわって選びたい。すごく洗練されているから、カジュアル通勤にもあり!」。スニーカー各¥86000/ヴァレクストラジャパン(ヴァレクストラ) ☎03(3401)8017 【JIMMY CHOO / ASHLEY WILLIAMS】「展示会でひと目ぼれ! 表参道店と公式オンライン限定のコラボ靴」(スタイリストM))新進気鋭デザイナー、アシュリー・ウィリアムズとコラボし、ジミー チュウ表参道店と公式オンラインブティック限定コレクションを発表。「新鮮さと上質感を兼ね備えた逸品!」 。(上から)靴「グリンダ」(10)¥125000・「ヘザーフラット」 ¥82000 (6月中旬以降発売予定)/ジミー チュウ(ジミー チュウ / アシュリー ウィリアムズ) 0120-013-700【BOTTEGA VENETA】「シンプルだけどえも言われぬ上質感。クラスアップした気分に」(編集マフユ)待望の新作財布は、留め具のメタル部分にヴィンテージ風のエンボスが。コレクションで登場するバッグとリンクするモチーフがエレガントに映える。「しっとりと手になじむフレンチカーフにうっとり」。財布(上から)(10.5×19×2) ¥93000・(10.5×11×2)¥ 74000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)  0120-60-1966 【YOKO CHAN】「ブランド初のバッグコレクションは、 オケージョンにもぴったりな端正さ」(編集マフユ)10周年を迎えた「ヨーコチャン」からバッグコレクションが誕生。日本の職人がオールハンドメイドで仕上げた、どんなスタイルにも合い、上質で機能性も備えた2モデル3型を展開。「どこかクラシックな香りのする上品なたたずまい。深みのあるボルドーも限りなくシック」。バッグ(20.5×25×12)¥ 88000/YOKO CHAN (YOKO CHAN) ☎ 03(6434)0454 撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/松野裕子 取材・文/榎本洋子 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位は㎝です ※YG=イエローゴールドの略です ※BAILA2019年7月号掲載
  • ブラウンやカーキ、レッドなど、ニュアンスカラーのマスカラはよくあるけれど、こんなにもカラフルに彩ることができるアイテムは珍しくてうれしい! 夏のアウトドアシーンで使いたいプレイフルなカラーマスカラの登場です。(ビューティエディター・マリリン) リンメル エナメルコート カラーマスカラ 全5色 ¥1500(税抜)※6月21日限定発売 手に入りやすいうえリーズナブルで、しかも使いやすいコスメがそろうリンメルから、遊び心たっぷりのカラーマスカラが限定登場! まつ毛に塗ると、見たままの色で鮮やかに発色するから驚きです。 カラーバリエーションは、華やかなピュアレッド、モードなクリアピンク、クールなクリアブルー、色気のあるパープル、そしてシルバーのパールを忍ばせた大人っぽいブラックの5色。 BEFORE ↓ブルーを塗ってみると エナメルコートしたような、ツヤ発色がお見事! 透明感の高いエナメルグロウオイルを配合しているのがポイントなのだとか。 逆の目にはピンクをお試し。 まるでカラーリングされたつけまつ毛をつけているかのような美しさ。 ウォータープルーフだから、汗をかきやすい夏やビーチなどの水気のあるシーンでも重宝します。 1本¥1500と手に入れやすい価格だから、オフの日のお遊びメイクにももってこい♪ 今年の夏フェスは、これをつけて望みたい!(ビューティエディター・マリリン)   DEBUT || 2019年6月21日(金)※限定発売 BRAND || リンメル ITEM || エナメルコート カラーマスカラ CATEGORY || マスカラ KEYWORD || #カラーメイク #ウォータープルーフ #夏メイク PRICE || ¥1500(税抜) TEL || 0120-878-8653 HP ||  リンメル (撮影/岩城裕哉、イラスト/オカヤイヅミ、取材・文/marico.)
  • ふわっとした淡さがあり、繊細な夏のグレージュ。そのあいまいさがどんなテイストも優しく受け入れ、着こなしをおしゃれにランクアップしてくれます。夏服にグレージュを纏うことで、一枚でも味わい深い装いを演出できるスタイリングを公開。【夏グレージュ効果1】軽い夏服にシックなニュアンスを漂わせてくれる薄着の季節だからこそ、色の選択は重要。肌なじみがよく、しかも落ち着いてまろやかな印象を与えるグレージュなら、一枚でも味わい深い装いに。 端正なシャツさえシックに変えるグレージュの粋な魔法 きりりとしたシャツは端正で、ともすればまじめなだけになりがちだけれど、淡いグレージュならちょっとクールでしゃれた雰囲気が漂うから不思議。しなやかなリネンにストレッチシルクの前立てがほのかなツヤを添えて。前立てを飾るモニーレ刺繡がアクセントになるから、アクセサリーさえ不要。同系色の夏カーキと合わせ、彩りはサファリっぽく。 シャツ¥130,000・スカート¥197,000/ブルネロ クチネリ ジャパン(ブルネロ クチネリ)甘くなりがちなデザインこそグレージュで大人顔に ギャザーをたっぷり寄せたボリュームあるワンピースはコットン100%。ふんわり袖と襟もとの刺繡ステッチが愛らしい、ちょっとフォークロアなデザイン。もしこれが白ならロマンチックすぎるはず。赤みや黄みを抑えた繊細なグレージュだから、大人の粋な装いになる。スモーキーなグリーンを合わせて、グレージュをきわだたせて。ワンピース¥366,000・ベルト¥88,000・靴¥120,000/ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店(ロロ・ピアーナ)【夏グレージュ効果2】小物で添えるだけでリッチなムードにしてくれるグレージュはすべての色を受け止め、リッチな雰囲気に昇華してくれる色。あいまいさが、実は繊細な美しさを発揮する。夏に似合う淡い色調で。シルクやレザー。ツヤのあるグレージュが柔らかいムードに 涼しげなリネンのブラウスとパンツ。さっぱりとした夏スタイルに深みを増してくれるのが、グレージュの小物。シルクのストールとクロコ型押しバッグをプラス。それぞれの素材のツヤが日射しを受けて陰影を宿し、装いに上品な表情をつけてくれる。ベージュ系のワントーンでも、ナチュラルより、都会的でリッチなイメージにシフト。 ブラウス¥63,000・パンツ¥75,000・ストール¥27,000・バッグ¥157,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) ピアス(片耳)¥14,000/ストラスブルゴ(マリア ブラック)グレージュトーンのネックレス。おしゃれ通に見える色の遊び 白いブラウスに重ねるのは、ほのかに色づくグレージュを織り交ぜたネックレス。パールだけではコンサバティブになるけれど、グレージュのクォーツがしゃれた遊び心を醸し出す。ひんやりと涼しげなのも夏にいい。 ロングネックレス¥110,000・4連ネックレス¥140,000/三越日本橋本店 本館3Fミグジュアリー(ドナテラ・ペリーニ) シャツ¥24,000・パンツ¥28,000/サードマガジン 手に持った帽子¥37,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ブレスレット¥48,000/エドストローム オフィス(オール ブルース)【夏グレージュ効果3】カジュアルをさりげなくモードな気配にしてくれるさっと着る軽快な着こなしにもグレージュは有効。光を受けて複雑な陰影を宿す深い味わいが、カジュアルでもおしゃれ通で、こなれた感じに。揺れるスカートの甘さがほどよく中和されるのもグレージュ効果 動くたびに揺れるスカートはこの夏も人気。鮮やかな色もベーシックな色もいいけれど、グレージュなら小粋になること間違いなし。あいまいな色調が、甘さもカジュアル感も抑え、大人のこなれた味わいにしてくれる。シャツをはおる気軽な着こなしも、手を抜いていない感じになるから不思議。 スカート¥26,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) シャツ¥25,000・インに着たスパンコールキャミソール¥32,000/サードマガジン ピアス¥40,000/ストラスブルゴ(サイモン アルカンタラ)靴¥90,000/リエート(サントーニ)いつものデニムに合わせるのはリネンのジャケット リネンは夏グレージュをちょうどよいムードで着る代表的な素材。どんな着こなしにもなじむアウターをひとつ用意しておけば、最後の仕上げに困らない。リネン特有のざらりとした風合いが、カジュアルに溶け込み、ますます底上げしてくれる。肩がきちんとあるのもいい。 ジャケット¥63,000/アマン(カバナ) ノースリーブのトップス¥23,000/コロネット(エアロン) デニムパンツ¥19,000(レッドカード)・靴¥27,000(ルチェンティ)/以上ゲストリスト ブレスレット¥94,000/エドストローム オフィス(オール ブルース)あると頼れる「 夏グレージュアイテム」1. 涼やかだけれど表情のある色がトップスを選ばない夏グレージュのボトム 黒や紺より軽く、白ほどコントラストがつかないので、全体の印象がしっとりと上品に。甘さやカジュアルさも受け入れて、なじませてくれるからデイリーに活躍。 サファリシックな着こなしもグレージュなら優しく落ち着く ランダムなプリーツは揺れるたびに複雑なニュアンスを醸し出して素敵。ほんのり透け感が上品で、より繊細なグレージュに。ジャケットと合わせてサファリっぽい装いをしても、淡い色調でまろやかな印象。 ウエストゴムのスカート¥30,000/アストラット 新宿店(アストラット) ジャケット¥44,000/サードマガジン Tシャツ¥8,100/エイトン青山(エイトン) ピアス¥5,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) スカーフ¥9,500/フレームワーク ルミネ新宿店(アモーメント) バッグ¥59,000(ペリーコ)・靴¥27,500(ペリーコ サニー/以上ビームス ハウス 丸の内たっぷりのボリュームも重くならない。溶け込むグレージュで上品に フロントにタックを入れたパンツも淡い色で夏仕様。ブルーのレースという個性的なトップスも受け入れてくれる。 ウエストゴムのパンツ(共布ベルトつき)¥59,000(トム)・靴¥27,500(ペリーコ サニー)/以上トゥモローランド カーディガン¥32,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ブラウス¥48,000・チューブトップ¥9,000/サードマガジン ピアス¥13,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) ブレスレット¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥265,000/ジミー チュウプラス白トップスのグラデーション配色でほんのりとした甘さを スイートなレースの白ブラウスも落ち着いてシックなグレージュで涼しいグラデーションを実践。サラッとした感触でしわにもなりづらいパンツをワードローブにプラス。いつでもクールな着こなしができる。 ウエスト後ろゴムのパンツ¥16,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ブラウス¥58,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バッグ¥210,000/ジミーチュウ 靴¥48,000/マルティニークルコント ルミネ有楽町店(ペリーコ)シャカシャカと涼しい素材で黒ニットをぐっと軽やかに ウエストにゴムを仕込んだデザインがインでもアウトでも使いやすい、シンプルなスカート。ほのかに光沢を帯びた素材はとても軽く、黒いニットに合わせてもトーンアップして夏の雰囲気に。ヌーディなサンダルをニットと同色にして。 スカート¥14,000/リエス(リエス) ニット¥37,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) イヤリング¥18,500/セシル・エ・ジャンヌ ネックレス¥23,000(ヘレナ ローナー)・バッグ¥139,000(ザンケッティ)/以上ヴェルメイユ パーイエナ 日本橋店 靴¥32,000/ラヴァンチュール マルティニーク(カジャック)スポーティなパンツこそグレージュでおしゃれ度アップ センタープレスのパンツは黒だと重く、白は避けたい。グレージュならベーシックカラー同様の使いやすさで、そのうえちょっと上級っぽく見える。パーカも街カジュアルに。 パンツ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) パーカ¥36,000/キャバン代官山店(キャバン) カットソー¥6,800/スローン メガネ¥48,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ディータ) ネックレス¥13,500/チェリーブラウン バッグ¥37,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)2. さらりとはおれば、こなれた雰囲気の大人配色が完成夏グレージュばおり 合わせれば黒は軽やかに、赤はまろやかに。ふわりとはおるだけでマイルドさを加えてくれるから重宝。粋な風情になるのもうれしい。 合わせる色を選ばずシックに決まるグレージュニット ざっくりとした編み地のほどよい重みで、しっとりと体を包み込むコットンニット。しかも色の受け入れ力に長(た)けたグレージュなら、頼れるアウターに。長い丈はワンピースはもちろん、パンツやスカートにもグッドバランス。 カーディガン(ベルトつき)¥45,000/ebure ワンピース(ベルトつき)¥27,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィムガゼット) ピアス¥28,000/カオス丸の内(ホリー ライアン) バングル¥39,000/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥128,000 /エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥159,000/ドゥロワー 青山店(エドワード・グリーン)透けるシャリッとした素材でシックなベールをかけて 肌にもドライで心地いいコットン混の短めカーディガン。鮮やか色も受け入れつつ、さわやかでシックな印象にしてくれる。短め丈&ラグランスリーブはボリュームあるボトムとも相性がいい。 カーディガン¥23,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) カットソー¥7,200/エイトン青山(エイトン)パンツ¥32,000/ビームス ハウス 丸の内(エッフェ ビームス) ブレスレット¥49,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥86,000/マルティニーク丸ノ内(ジルサンダー)ルーズなジャケットをはおればこなれた味わいもアップ ゆったりとしたサイズ感で粋にはおれるダブルのリネンジャケット。ヘリンボーン織でグレージュが明るいトーンながら表情豊か。デニムにもサラッとプラスするだけで、おしゃれ上手に見えるのがうれしい。さりげなく肩にかけて。 ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) Tシャツ¥12,000/エイトン青山(エイトン) デニムパンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(ジェイブランドフォーセオリー) サングラス¥13,000/トゥロモーランド バッグ¥54,000/フレームワーク ルミネ新宿店(モダン ウィービング)靴¥51,000/アマン(ペリーコ)3. 小物で少量の色を足す。おしゃれ通に見せるのに効果的プチ夏グレージュ バッグや靴など小物をグレージュに。まろやかになじみながら、じわりと小粋さがアップするのが魅力。ころんとしたフォルムの今どきバッグをグレージュで上品に 斜めがけにも、小さなハンドバッグとしても使える愛らしいバッグもグレージュならいっそう活躍。白でもベージュでもない独特の色が上級センスをアピール。ダークカラーはトーンアップ、スイートカラーはシックな雰囲気にとどんな色も受け止めつつ、しゃれた着こなしにしてくれる。 バッグ¥186,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ) シャツ¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード) パンツ¥33,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) 靴¥51,000/リエス(ペリーコ)肌にきれいになじむフレームで小粋な夏顔に 顔をキュッと引き締めて、おしゃれのアクセントにもなるサングラスは、夏に威力を発揮する小物。ブラックやブラウンのベーシックカラーとはひと味違うグレージュのフレームで、軽やかな夏の顔に。肌とのコントラストが薄まる色だから、キツい印象にならないのもいい。 サングラス¥28,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(エナロイド) カーディガン¥23,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス)かすかに色を感じる繊細なストールは顔映えも優秀 ごく淡いグレージュの大判ストールをふわりと巻いて。肌になじみつつ、顔映りもよく、さらに絶妙な色調でリッチな印象もアップしてくれる。空調対策に便利なだけじゃなく、おしゃれを底上げしてくれる必需品。 ストール¥27,000/ビームス ハウス 丸の内(ファリエロ サルティ) ブラウス¥25,000/エリオポール代官山(ラスパイユ) パンツ¥41,000/レリアン お客様相談室 ピアス(片耳)¥12,000/ショールーム セッション(マリア ブラック)ヌーディ感がたまらない。最強のパンプスをひとつ 発売されて以来、おしゃれ通の支持を集め続けるグレージュ靴の代表格。足を美しく見せる一足は夏はもちろん、オールシーズンで活躍。肌ときれいになじみ、どんな色の服にも似合う受け入れ力が素敵。いつもはスニーカーやサンダルでも、ここ一番にはこんな足もとがひときわ注目を集めるはず。靴¥74,000/ジミー チュウ スカート¥54,000/トゥモローランド(リー マシュー)人気スタイリストが伝授! “夏グレージュ”の着こなし実用例1. スタイリスト 徳原文子さんさらりとはおるだけでカジュアルが即ランクアップ。 リゾート地で活躍する夏グレージュのストール 開放的なリゾートでの着こなしをランクアップするために使うのが徳原さん。「グレージュは大人っぽくて小粋で上品に見せてくれる色。だから印象を大きく変えられる大判ストールを選びます」。ざらりとしたナチュラルな風合い、フリンジが効いたストールを旅のお供に。「体をすっぽり包むサイズ感も、ちょっとこなれたリッチな雰囲気になります。リゾートでの私の定番は、ジャージーのワンピースにビーチサンダルとカゴバッグ。ラクちんなスタイルもこのストールでいい感じに大人のムードに」。レストランでのディナーにも気負いなく行ける着こなしにシフトアップ。「どんな服にも合わせやすいので、ストールをグレージュにするのはおすすめです」。繊細なグラデーション配色でシックなカジュアルサファリ 「ジャケットがリネンなので、インとボトムは柔らかな素材を」。 ジャケット¥34,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) タンクトップ¥23,000/ストックマン(クリステンセン ドゥ ノルド) スカート¥39,000/トランジット パーサッチ青山店(トランジット パーサッチ) バッグ¥19,000(サン アルシデ)・靴¥18,000(プレインピープル)/以上プレインピープル青山 ブレスレット¥94,000・バングル¥48,000/エドストローム オフィス(オール ブルース)2. スタイリスト 池田奈加子さんイメージは’70年代のサファリルック。 微差にこだわって色を重ねるヘルシーなグレージュ すぐに思い浮かぶのが「’70年代のサンローランに代表されるイメージ。夏のグレージュはサファリテイストの着こなしをベースにするのが素敵だと思います」と池田さん。エポレットや胸ポケットにサファリっぽさを感じるリネンのジャケットを主アイテムにピックアップ。「グレージュは色としては淡くまろやか。デザインできちんと印象づけると着こなしが引き締まります」。色調は涼やかなグレージュを生かし、同系色の微差を重ねて。「インにはグレー、ボトムはカーキ。小物まで同系色でありながら、少しずつ異なる色を重ねて、深みのあるグラデーションに」。淡いグレージュだからこそ楽しめる配色の妙。「色をなじませるグレージュ効果を存分に使って」。繊細なグラデーション配色でシックなカジュアルサファリ 「ジャケットがリネンなので、インとボトムは柔らかな素材を」。 ジャケット¥34,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) タンクトップ¥23,000/ストックマン(クリステンセン ドゥ ノルド) スカート¥39,000/トランジット パーサッチ青山店(トランジット パーサッチ) バッグ¥19,000(サン アルシデ)・靴¥18,000(プレインピープル)/以上プレインピープル青山 ブレスレット¥94,000・バングル¥48,000/エドストローム オフィス(オール ブルース)3. スタイリスト 村山佳世子さん街スタイルを小粋に。日焼け肌も白肌も魅力的にきわだたせるリッチなグレージュ 村山さんはちょっと濃いめの色調のニットをおすすめ。「夏のグレージュの魅力は、なんといっても肌になじんでかっこいいということ。日焼け肌だと肌とワントーンになって素敵だし、白肌はより澄んだ印象になる。だから私は素肌に着たいんですよね」。ピックアップしたのはカーディガン。「素肌に着ているかのように前をとめるのは私が好きな着方です。Vゾーンのあきも潔く、プルオーバーよりしゃれて見えます。そこにキャメルのボトムで夏らしい装いに」。村山さんの提案は街スタイルで、グレージュの受け入れ力を肌に使うというひねり技。「グレージュ×キャメル配色はカリッと乾いた印象で辛口に仕上がります。優しい色だからこそ軽快に着こなしたい」。カーディガンをトップスにしてヨーロッパマダム風のグレージュ 「街でも夏らしさはキープして」。 カーディガン¥32,000/スローン パンツ¥47,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サングラス¥55,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥42,000/ザ ストア バイシー 代官山店(ダイナソーデザイン) ストール¥19,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) バッグ¥36,000/ジャーナルスタンダード 表参道(ヘリュー) 靴¥55,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)撮影/長山一樹(S-14) 渡辺謙太郎(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田奈加子 徳原文子 村山佳世子 モデル/富岡佳子 田沢美亜 ゆうき 構成・文/宮崎桃代 ※エクラ7月号掲載
  • イメージを底上げし、どんなテイストも色も受け入れてくれる“夏グレージュ”を、スタイリストはどう活用する? アラフィー女性たちから支持を得るスタイリストたちの着こなし術を大公開。スタイリスト 徳原文子さんさらりとはおるだけでカジュアルが即ランクアップ。 リゾート地で活躍する夏グレージュのストール 開放的なリゾートでの着こなしをランクアップするために使うのが徳原さん。「グレージュは大人っぽくて小粋で上品に見せてくれる色。だから印象を大きく変えられる大判ストールを選びます」。ざらりとしたナチュラルな風合い、フリンジが効いたストールを旅のお供に。「体をすっぽり包むサイズ感も、ちょっとこなれたリッチな雰囲気になります。リゾートでの私の定番は、ジャージーのワンピースにビーチサンダルとカゴバッグ。ラクちんなスタイルもこのストールでいい感じに大人のムードに」。レストランでのディナーにも気負いなく行ける着こなしにシフトアップ。「どんな服にも合わせやすいので、ストールをグレージュにするのはおすすめです」。ジャージーのワンピースもストールでムードが変わる! 鮮やかな色や超カジュアルが蔓延するリゾートでの着こなし。黒とグレージュの着こなしは、それだけでおしゃれ通。「ジュエリーも少しだけ。あまり気負って見えないようにするのもリゾートでは大切です」。 ベルギーリネンのストール(100×185㎝)¥27,500/アイネックス(アソース メレ) ワンピース¥19,000/ビームス ハウス 丸の内(エイトン) その他の私物:ピアス/LIZZIE FORTUNATEネックレス/ティファニー バッグ/EN SHALLA サンダル/レインボーサンダルスタイリスト 池田奈加子さんイメージは’70年代のサファリルック。 微差にこだわって色を重ねるヘルシーなグレージュ すぐに思い浮かぶのが「’70年代のサンローランに代表されるイメージ。夏のグレージュはサファリテイストの着こなしをベースにするのが素敵だと思います」と池田さん。エポレットや胸ポケットにサファリっぽさを感じるリネンのジャケットを主アイテムにピックアップ。「グレージュは色としては淡くまろやか。デザインできちんと印象づけると着こなしが引き締まります」。色調は涼やかなグレージュを生かし、同系色の微差を重ねて。「インにはグレー、ボトムはカーキ。小物まで同系色でありながら、少しずつ異なる色を重ねて、深みのあるグラデーションに」。淡いグレージュだからこそ楽しめる配色の妙。「色をなじませるグレージュ効果を存分に使って」。繊細なグラデーション配色でシックなカジュアルサファリ 「ジャケットがリネンなので、インとボトムは柔らかな素材を」。 ジャケット¥34,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) タンクトップ¥23,000/ストックマン(クリステンセン ドゥ ノルド) スカート¥39,000/トランジット パーサッチ青山店(トランジット パーサッチ) バッグ¥19,000(サン アルシデ)・靴¥18,000(プレインピープル)/以上プレインピープル青山 ブレスレット¥94,000・バングル¥48,000/エドストローム オフィス(オール ブルース)スタイリスト 村山佳世子さん街スタイルを小粋に。日焼け肌も白肌も魅力的にきわだたせるリッチなグレージュ 村山さんはちょっと濃いめの色調のニットをおすすめ。「夏のグレージュの魅力は、なんといっても肌になじんでかっこいいということ。日焼け肌だと肌とワントーンになって素敵だし、白肌はより澄んだ印象になる。だから私は素肌に着たいんですよね」。ピックアップしたのはカーディガン。「素肌に着ているかのように前をとめるのは私が好きな着方です。Vゾーンのあきも潔く、プルオーバーよりしゃれて見えます。そこにキャメルのボトムで夏らしい装いに」。村山さんの提案は街スタイルで、グレージュの受け入れ力を肌に使うというひねり技。「グレージュ×キャメル配色はカリッと乾いた印象で辛口に仕上がります。優しい色だからこそ軽快に着こなしたい」。カーディガンをトップスにしてヨーロッパマダム風のグレージュ 「街でも夏らしさはキープして」。 カーディガン¥32,000/スローン パンツ¥47,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サングラス¥55,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥42,000/ザ ストア バイシー 代官山店(ダイナソーデザイン) ストール¥19,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) バッグ¥36,000/ジャーナルスタンダード 表参道(ヘリュー) 靴¥55,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 池田奈加子 村山佳世子 構成・文/宮崎桃代 ※エクラ7月号掲載
  • ピンクやベージュ、オレンジなど、口紅の色はたくさんあるけれど、なかでも赤リップは女性にとってなんだか特別な色。塗ったときの高揚感といったら、女性として生まれてきたことに喜びを感じるほど! そんなドラマティックな存在の赤色を主役とした限定リップコレクションがイヴ・サンローランより登場します。ひとことで「赤」と言っても、こんなにもさまざまな表情があるなんて!と驚きをくれるラインナップ、ぜひお試しあれ!(ビューティエディター・マリリン) イヴ・サンローランの「ENDAGER ME RED」と題されたリップコレクションは全部で9色。質感の異なる4つの人気ルージュが生み出す9色は、性格が異なるから、似合う赤がきっとみつかります。 ルージュ ヴォリュプテ シャイン 限定2色(左)No101(右)No102 ¥4100(税抜)※6月7日限定発売 ブランドのアイコン的存在であるルージュ ヴォリュプテ シャインからは、ピュアレッドとダスティレッドの2色。美容オイルをたっぷり配合し、とろけるように色付くルージュなだけに、チャレンジングな赤色も難なく楽しむことができます。 こちらはNo102のダスティレッド。ツヤ感がたまらなく美しい!! ルージュ ピュールクチュール 限定2色(左)No103(右)No104  ¥4100(税抜)※6月7日限定発売 鉄板の口紅タイプのこちらは、鮮やかな発色でドラマティックな印象へと格上げしてくれるルージュ ピュールクチュール。なめらかなテクスチャーで、肌なじみの良さは抜群! オレンジレッドとディープレッドの2色。 ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ヴィニルクリーム 限定2色(左)No424(右)No425 ¥4100(税抜)※6月7日限定発売 カジュアルに楽しむなら、ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ヴィニルクリームもおすすめ。その名の通り、ヴィニルのように透明感のあるツヤが魅力のこのルージュ。赤色の組み合わせは、洗練さとモードさを見事に両立させています! ヌーディオレンジとディープオレンジの2色を展開。 タトワージュ クチュール 限定3色(左から)No31・No32・No33  ¥4300(税抜)※6月7日限定発売 マットながら軽やかに仕上がるタトワージュ クチュールからは3色がお目見え。確実におしゃれに仕上がるうえ、長時間落ちないのもいいところです。ベリーレッド、アイコニックレッド、ブライトレッドのうち、No33のブライトレッドをお試し。 ハッと目が覚めるような赤に惚れ惚れ。ハケのようになったアプリケーターは、リップラインもとりやすく使いやすい。 質感が少し変わるだけで、赤の印象がこんなにも変わるなんて驚き。赤リップは唇の存在感を高めるから、余計にそのちょっとした違いが重要なのかもしれませんね。このコレクションでぜひ似合う赤を見つけてみてください!(ビューティエディター・マリリン)   DEBUT || 2019年6月7日(金)※限定発売 BRAND || イヴ・サンローラン ITEM || 限定リップコレクション CATEGORY || ルージュ KEYWORD || #赤リップ #ツヤリップ #マットリップ PRICE || ¥4100〜¥4300(税抜) TEL || イヴ・サンローラン・ボーテ 03-6911-8563 HP ||  イヴ・サンローラン (撮影/岩城裕哉、イラスト/オカヤイヅミ、取材・文/marico.)
  • ラフすぎる? スタイル悪く見える? とTシャツから少し遠ざかっていたエクラ世代の悩みに応える一枚を、大草さんがプロデュース。「自他ともに認める“カジュアル好き”として、 この企画には並々ならぬ情熱を傾けました(笑)。ぜひ、試してみて!」。大草直子×SLOANE 大人Tシャツ大人の女性が美しく着られる、スタイリング上手なTシャツが完成体のラインを拾わずカリッと見せる絶妙な形とサイズ感、ほのかに光沢があり透けにくい上質生地、女性の肌がきれいに見える色。もちろん家で洗えること。 大草さんのこだわりを妥協なくかなえた、大人のための究極の一枚。ホワイト、カーキ、ブラックの3色展開です。大草直子×SLOANE 大人Tシャツ ¥9,800+税>>夏の黒はドラマのあるスカートと合わせてAラインのスカートと合わせて、海外マダム風にコーディネート。黒のTシャツが大人の顔だちをはっきりと、上半身をコンパクトに見せてくれる。スカート¥138,000/ヴェルメイユパー イエナ日本橋店(マーティン グラント) ピアス〈右〉¥33,000/ショールームセッション(マリアブラック)大草直子×SLOANE 大人Tシャツ ¥9,800+税>>ITEMLIST RING:MARIHA BAG:Pop&Suki永遠の「Tシャツ+デニム」を今年はカーキで優しいカーキは、同じ濃度のデニムと合わせて「私らしく」なじませて。デニム¥11,000/ジャーナル スタンダード表参道(ジャーナル スタンダード) ピアス〈左〉¥36,000/ショールームセッション(マリアブラック)  バッグ¥137,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)大草直子×SLOANE 大人Tシャツ ¥9,800+税>>ITEM LIST CHOKER:NO BRAND BANGLE:TIFFANY & CO. RING:MARIHA BELT:KATE CATEスタイリング・文/大草直子 撮影/平井啓治(大草さん)、魚地武大(静物/TENT) ヘア&メイク/森ユキオ(ROI)
関連キーワード

RECOMMEND