【LFW 19FW】若手からビッグメゾンまで、ロンドンに今注目すべき理由

SPUR.JP

ロンドンが俄かに今面白いことになっている。リカルド・ティッシによる新生バーバリーはもとより、世代を問わず勢いあるクリエイションが揃う。中でも注目は、ジョナサン・アンダーソンやシモーネ ロシャといった中堅デザイナー。シグネチャーを確立したデザイナーが挑む、次なるトレンドのキーワードから目が離せない。

【シモーネ ロシャ】世代を超えた、モードラバーの定番。ガーリーは世界を救う

View this post on Instagram

SPURさん(@spurmagazine)がシェアした投稿 -

ロンドンではシモーネ ロシャのバレッタが大ブーム!今季秋冬のランウェイでは、新作をクロエ・セヴィニーやカースティン・オーウェンが身につけて登場。それがまた、素敵なんです!!シモーネのスーパーガーリーな世界に年齢は関係ないんだと教えてくれます。モデル好きとしてはリリー・コールと本誌4月号のカバーガールリンジー・ウィクソンが同じショーに出てくれたことにも、感無量です!

>>シモーネ ロシャ 2019-20年秋冬コレクション

 

【モリー ゴダード】シグネチャーのチュールドレスが、スタイリングで一新。まだまだ目が離せない実力派

View this post on Instagram

SPURさん(@spurmagazine)がシェアした投稿 -

マジカル、モリー!会場中央のステージは下から風が吹く仕掛けになっており、空気をはらんでたおやかに揺れるシルエットにはっと心奪われました。シグネチャーのチュールドレスにはスラックスを合わせてメンズテイストをミックス。意表をつくアグリーなニットや、サーカス団のようなアーガイルドレスなど、新顔も続々と。次のステージへと歩み始めたモリー ゴダード、今シーズンも注目です。

>>モリー ゴダード 2019-20年秋冬コレクション

 

【アニヤ・ハインドマーチ】新作バッグの世界観を、ダイナミックなアートインスタレーションで表現

View this post on Instagram

SPURさん(@spurmagazine)がシェアした投稿 -

アニヤ・ハインドマーチのチャーミングな創造性はますますパワフルに!LFW中に開催されているアート・インスタレーション『The Weave Project』。ブリュワー・ストリートカー・パークの階段を登ってたどり着いたその先には、アーティスト集団ヌーメン/フォーユースによる作品『The Tube』がどーんと。メッシュ状に編まれたその内部を歩け、さながらアスレチックジムのよう。メッシュのバッグ“ニーソン”コレクションのローンチを記念したインスタレーションは、遊び心満載で来場者たちの笑顔が絶えません。

 

【バーバリー】リカルド・ティッシが生み出す、バーバリーという世界共通言語

View this post on Instagram

SPURさん(@spurmagazine)がシェアした投稿 -

先シーズンのファーストコレクションでリカルド的”言語”を確立し、今シーズンから物語を紡ぎ始めたという新生バーバリー。若い才能がひしめくロンドンにおいて、圧倒的なスペクタクルにアドレナリンが出まくりました。「テンペスト」と題されたショーは、前回同様、紳士淑女、ボーイズ&ガールズに向けたワードローブが続々登場。全てにリカルド・ティッシが感じる英国らしさをブレンド。特に、淑女に向けたブランケット一体型トレンチコートは絶品です!円形の舞台を囲む金網に若者たちが登りながらショーを見ている演出と、情緒的なBGMとのコントラストがドラマを生み、圧巻のフィナーレでした。

>>バーバリー 2019-20年秋冬コレクション

 

【JWアンダーソン】もはやベテランの貫禄、ジョナサンのクリエイションに今季も “欲しい” が止まらない!

View this post on Instagram

SPURさん(@spurmagazine)がシェアした投稿 -

JWアンダーソン史上最高と叫びたい、ボリュームスリーブのコートが登場しました!時々モデルが持っているバッグがベースボールキャップ型というのが楽しい。ウェアラブルに進化したコレクションは、お買い物欲をそそります。

>>JWアンダーソン 2019-20年秋冬コレクション

 

【リチャード・クイン】今季はメランコリームード?ロンドンのトリを飾るのは、話題の若手デザイナー

View this post on Instagram

SPURさん(@spurmagazine)がシェアした投稿 -

ピアノの弾き語りをBGMに、暗闇からゆっくりと歩みを進めるモデルたち。そこはリチャード・クインが描き出した秘密の庭です。得意のフラワープリントをアップデートし、今季はボリューミーなバルーンシルエットにトライ。闇夜に咲く花のような、ダークエレガンス的世界でロンドンコレクションは幕を閉じます。

>>リチャード・クイン 2019-20年秋冬コレクション

関連記事
  • 【40代・30代】LEE100人隊がこの秋リアルに着ているものは……シャツ! ぐっと冷え込む日もありつつ、汗ばむ陽気が戻ってきたり……と、日々の着るものに困るこの季節。100人隊ブログの人気コンテンツ「今日なに着てる?」で今、存在感をはなっていたのは“シャツ”。暑ければ一枚でOK、はおりものを追加して調節も可能……と、実は秋の万能アイテムなんです。夏コーデでは難しかった凛とした雰囲気、大人の清潔感も手に入るのがうれしいところ。8人分のリアルシャツコーデをご紹介します! 1・TB たなやんさん(愛媛県) 今日のコーデ 「先日お友達と赤ちゃん連れでランチへ行ったときの服装。旬カラーのブラウン、わたしはシャツで。最近購入したローリーズファームのものです。首が詰まって見えがちなバンドカラーですが(丸顔&ずんぐりむっくりのわたしには難易度大!)、第2ボタンまで開ければ自然にV字っぽく開くのが◎。バンドカラーチュニックシャツ/ローリーズファーム」 2・No.020 マッキーさん(福岡県) クラシカルなZARAのブラウス 「柔らかいアースカラーのブラウスをZARAで買いました。姉がこの半袖タイプを持っていて可愛いな、と思っていたらふと店頭で長袖を発見。バックプリーツだったり、パフスリーブだったり。ちょっとした小技が効いてます。着るだけでクラシカルな装いに。オンオフで楽しめる1枚です。 tops・・・・ZARA bottom・・・UNITED ARROWS shawl・・・・INIS MEAIN shoes・・・・UNIQLO bag・・・・・10 corso como」 3・No.039 ひとこさん(兵庫県) 30年ぶりの同窓会、何着て行く…? 「同窓会。42にして、初めての同窓会。中学と言えば約30年前……。ついにやって来た先日、意を決して行ってまいりました。気楽な自分らしいコーデで、且つ、大人らしさも忘れずに! tops/sophila skirt/MONiLE bag/State of Escape shoes/George Cox pierce/hand made ストライプのコンビネーションが独特なスカートと、袖の膨らみが上品な張りのあるタイプライターのシャツに、シューズを合わせて勇んで行っておりました。なんとか自分らしい装いで、気分も少しは楽に」 4・No.024 アオイさん(宮城県) 最近のママコーデ 「先日次男とのショッピングモールデート。 *シャツ→niko and …(去年SALEで) *デニム→アメリカンホリック(こちらも去年のSALE品) *パンプス→titivate *トート→友人からのギフト(beauty&youth.郵便局の特典だとか) *時計はDW,リングは3coins,ピアスはminneです」 5・No.035 サナさん(岐阜県) ユニクロ、秋の仕事服あれこれ 「ユニクロの、ストレッチジャケットと同じ素材のパンツも愛用中です。これもまた使いやすく、しっかりとしています。最近は、モンベルのシャツと合わせることが多いかな」 6・TB あきさん(福岡県) シャツの季節 「随分と秋めいてきましたが、まだまだ日によっては汗ばむほど暑かったりする今日この頃。ニットにはまだ袖を通さぬままに10月下旬になりました。 シャツが好きなわたしは、シャツ一枚で過ごせる時期が長いのはうれしく、毎日シャツばかり着ています。ある秋の週末。去年買ったMUJIのメンズのシャツにネイビーのサロペットをあわせて。わたしがサロペットを着ると、どうしても少年風になるのはなぜなのか……と思いつつも、シャツとサロペットは好きな組み合わせなのでこの時期よく着ます」 7・No.092 マリナさん(大阪府) 今日のふく 「すっかり、秋!寒くなったかと思えば暑い日もあってコーディネートに悩みます。公園にお友達と遊びに行った日。お気に入りのシャツワンピースを着てお出かけしました」 8・No.093 mieさん(東京都) 流行りのリブニットパンツはパープルで差し色に♪ 「FREAK’S STOREで購入したリブニットパンツ。あまり周りとかぶらなさそうなパープルカラーに惹かれました☆ 定番デニムシャツも、リブニットパンツと合わせたら今年っぽくなりました♪」
  • こんにちは♡ いつもブログを見ていただき ありがとうございます✨ 今日は、今住んでいるLAの あまり知られていない隠れ素敵スポットとともに 秋コーデをご紹介したいと思います♡ ロサンゼルスといえば、 サンタモニカやハリウッド、ビバリーヒルズetc…。 これらが定番の観光エリアになります。 が。 そこから車で1時間ほど南へ行ったところに 実はあまり知られていない とっても素敵なエリアがあるのです。 そこには、、、 世界一“眺めの美しい”スターバックス があります。 それがこちらです! 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 目の前には太平洋。 水平線が、ずーっと続きます。 そしてコーヒーを飲みながら、 ただひたすら夕陽が沈んでいくのを 眺めることが出来るのです。。。 ここでボーッとしていると、 大抵のことはどうでもよく思えてきます。 だんだん陽が沈んできて… 完全に沈みました。 ちなみに注意していただきたいのは、 世界一“美しい”スタバではありません。 店内は至って普通の、やや小さめなスタバです。 …と言っても、 世界一“美しい”スタバも 世界一“眺めの美しい”スタバも、 諸説ある上に、 どこかの団体が正式に発表しているわけではなさそうです。 ふーん。くらいに思っておいていただければ 念のため。 そんな日のコーデはこちらです。 #ootd tops…BIRTHDAY BASH pants…PETiTE STUDiO New York bag…MANSUR GAVRIEL  shoes…ZARA tops, bagは以前にも ブログでご紹介しています♡ Tops紹介記事はこちら♡ Bag紹介記事はこちら♡ パンツは、ニューヨークのブランドですが LAに来てからオンラインで購入しました♡ 多種多様な国の人が住むアメリカでは、 小柄な日本人に合うサイズのものが なかなか見つからないことがあります。 このPETiTE STUDiOは、 そのような悩みを持つアジア人向けに作られたブランドで 小さいさん向けのサイズ展開が豊富なんです✨ デザインも可愛いので、 よくチェックしています❤︎ このひざ下の小ぶりなパールが お気に入りポイント そしてサンダルは、安定のZARA。 前回載せたコーデでも同じものを履いています❤︎ 前回Blog記事はこちらから♡ シースルーにドットって… 大人可愛いのツボを押さえすぎ!! これは見たら買わずにはいられません、、 つま先が出てないだけで 夏っぽさが払拭されるので、 まだ日中は暑い、けど朝晩は冷える こちらの秋には重宝できそうなアイテムです!! …パンツのブラウンとシースルーサンダルのおかげで、 少しは秋っぽくなったかな?♡笑 それではまた更新します〜 ‍♀️ instagramでNY、LA生活更新しています♡
  • オフィス映え100%!ウエストマークワンピース 【Point】ウエストベルトか切り替えでほっそり度をさらにUPして 周りに一歩差がつくワザありデザインで通勤もぐんと華やぐ!白のプリーツをくるりと包むようにデザインされた、ひねりの効いたドッキングワンピース。端正なベルト使いやシックなモノトーン配色で、モードな一着もオフィス仕様に。ワンピース¥19000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店 スカーフ¥23000/アマン(アルテア) 時計¥23500/オ・ビジュー(ロゼモン) ストール¥18000/デミルクス ビームス 新宿(アソース メレ×デミルクス ビームス) バッグ¥28000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ロザ ルー) 靴¥13500/ダニエラ&ジェマ Variation ヴィンテージライクな一着は品のよさと洒落感を両立繊細な編み地とクラシカルなシルエットがヴィンテージ風。やさしげなベージュなら好感度UPも期待大。¥24000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店 CELFORD【セルフォード】 女っぽさを引き立てる秀逸なディテールがスタイル美人をかなえて黄みのあるカーキが今年らしいワンピースは、くびれを強調した切り替えデザイン。デコルテ映えを狙える、すっきりシャープなVネックで小顔も実現。ワンピース¥21000/セルフォード 新宿ルミネ1店 ネックレス¥50000/アガット タイツ¥1200/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) バッグ¥30000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ロザ ルー) Mila Owen【ミラ オーウェン】 レイヤード仕立てのセットワンピなら着映え効果が絶大ぼやけがちなアイボリーのワントーンも異素材使いやベルトマークでメリハリよく。ワンピとスカートはそれぞれ単品でも着用可能。ワンピース¥15000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店 リング¥17000/アガット タイツ¥1200/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) スカーフ¥5900/アルアバイル バッグ¥16000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ミロス) 靴¥16000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 清楚でいて細見えも。全方位ウケを確約するレディなアンサンブルきちんと見えするベルトつきワンピースにケーブル編みのカーディガンで親しみやすさを上乗せ。肌なじみがいいアイボリーならオフィスでも浮かないクリーンなムードへ導いてくれる。カーディガンとワンピースのセット¥25000/ジャスグリッティー 時計¥150000/オ・ビジュー(ロゼモン) ピアス¥24000/アガット バッグ¥32000/アナイ 靴¥17000/オデット エ オディール 新宿店 BEAMS LIGHTS【ビームス ライツ】 色やシルエットにトレンド感を香らせてこなれ顔に仕上げた一着トップス部分は細リブ、スカート部分はプリーツに。広がりすぎないシルエットやくるぶしまで届くロング丈、旬のブラウンが大人っぽいニュアンスを引き出して。ワンピース¥13000・ジャケット¥17000/ビームスライツ 渋谷 ネックレス¥35000/アガット バングル¥38000/フレーク バッグ¥45000/デミルクス ビームス 新宿(トフ アンド ロード ストーン) 靴¥49000/アマン(ペリーコ) 撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini. 〉 スタイリスト/松尾正美 モデル/絵美里 取材・原文/野崎久実子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2019年11月号掲載
  • オンもオフも活躍!Iラインニットワンピース 【Point】編み地がゆるくない、目の詰まったものを選べばオフィス感がUP! ほっこり感を払拭したロング&リーンな一着が美しい立ち姿を引き寄せて今っぽさもあって定番カラーより無難に見えない、落ち着いた印象のカーキ。ストンとした縦長シルエットが全身をすらりと見せてくれる。ハイネックだからシャツとのレイヤードも素敵に決まる。ワンピース¥26000・ピアス¥25000/ドレステリア 銀座店 シャツ¥18000/ルーニィ リング¥25000/アデル ビジュー タイツ¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) バッグ¥27000/デ・プレ 靴¥19000/アルアバイル Variation ほどよく抜けのあるデザインはシーンを問わずに幅広く活躍やや身幅にゆとりがありつつも、ルーズに見えない絶妙なシルエット。小物使いが映えるシンプルな表情で汎用性高し。¥24000/ドレステリア 京都店 Theory【セオリー】 メランジグレーをオフィス仕様に仕上げるボクシーな美シルエット体をきれいに見せるコンパクトなストレートシルエットが通勤スタイルにしっくり。目が詰まった軽量のニットだから、冬も暖かく快適に着こなせるのがうれしい。ワンピース¥46000/セオリー ネックレス¥17000/ドレステリア 銀座店 イヤリング¥16000/アデル ビジュー タイツ¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) バッグ¥34000/アナイ STRAWBERRYFIELDS【ストロベリーフィールズ】 ハリのあるリブニットのちょうどいいフィット感がきれいな色気を連れてくるややタイトなシルエットも厚みのあるリブニットなら、体のラインを拾いすぎず、スムーズにほっそり見えを実現。サイドスリットで足さばきもよし。ワンピース¥13000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) ピアス¥12000/アマン(アンセム フォー ザセンセズ) バングル¥23000/アデル ビジュー スカーフ¥10000/アルアバイル バッグ¥18500/アディナ ミューズ シブヤ 靴¥27000/銀座かねまつ6丁目本店 肌を滑るようなしなやかなハイゲージならシンプルな一着も気品よく落ち感のある柔らかなメリノウールを使用しているから、ゆったりとしたシルエットもスマートなたたずまいに。タートルネック部分はボリュームが出すぎず、首もとがすっきり細く見える。ワンピース¥38000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥24000/フレーク リング¥15000/ジュピター代官山 時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) ストール¥62000/ドレステリア 銀座店 バッグ¥150000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(マウロ ゴヴェルナ) 靴¥52000/アマン(ペリーコ) N.O.R.C by the line【ノーク バイ ザ ライン】 ロング丈とこっくりブラウン。今年らしい組み合わせで旬の洒落感を醸し出してゆとりのあるクルーネックや前後差のある裾でロング丈も軽やかな印象。スカーフやヒールパンプスで重心を上げた着こなしを。ワンピース¥18000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) スカーフ¥20000・バッグ¥74000/ドレステリア 銀座店 ピアス¥34000・リング¥26000/フレーク 時計¥19000/オ・ビジュー(ロゼモン) 靴¥18000/銀座かねまつ6丁目本店 撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini. 〉 スタイリスト/松尾正美 モデル/絵美里 取材・原文/野崎久実子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2019年11月号掲載
  • 今や服を着こなす上で、色と同じくらい重要視されるのが骨格タイプ!でもそれ、実際のところどうなの!?先日、 〝骨格スタイルアドバイザー 二級認定講座〟を受講してきました! 何それ!? ハイ、骨格診断してもらうのではなく、 「骨格診断する人」になる為の講座です。 前々から興味あった骨格診断ですが、今まで正式に受けた事はなく、本などで「自分はコレかな?」なんて思うにとどまってました。 しかし、 人様にパーソナルスタイリングをする以上、きちんと何かに基づいて提案できた方が良いので、ここは一度ちゃんと勉強しておこうと思いまして(^ ^) 丸2日間、ビッシリ学んできましたよー。 そして、以外な事実発覚! 私ずっと〝ウェーブタイプ〟と思ってましたが、、、 どうやらウェーブベースではあるものの、 〝ナチュラルタイプ〟のミックスだそう。 しかも、上半身は〝ストレートタイプ〟の要素もアリ! えー、全部じゃん!?(笑) どーりで、いわゆる完全ウェーブタイプの服がシックリこなかったわけだ! 基本的に骨が小さく上半身華奢なタイプが多いウェーブ。 私も貧相は間違いないのですが、鎖骨とかハンパないくらい浮き出てるのは骨が大きめだからなのだそう(^_^;) また、胸位置が低めで胸板が薄い一般的なウェーブ体型とも違う。 その辺り踏まえてミックスとゆう結論に。ただ私、もし仮に完全なウェーブタイプと言われたとしても、胸元フリルのトップスにフワッとフレアなスカートは着ないと思います(笑) そう、 どんなに骨格や色で「アナタにはコレ!」と言われても、イヤなもんはイヤですから。 なら、どうするか? 例えば、 フリルの代わりにニット×ニットで上半身にボリュームを足す。 帽子を乗っけて重心を上げる。フルレングスにヒールで、さりげなく底上げする。 …そんな具合に♬ パンツも似合うから履いてきたわけじゃない。 小柄だけど… パンツが好き。 可愛いよりカッコイイを目指したい。 それなら何を足す?そのぶん何を引く? そうやって自分を客観視しながら、着たいものを工夫する事で似合わせてきた。 だから、骨格タイプも同じ。自分のタイプを知り、それを踏まえてどうするか? 大切なのは、そこ。 決して、『似合うとされるモノを知ること』がゴールではない! そう思うのです(^_−)−☆ knit:deuxiemeclasse pants:bemi×cobitto(近日発売予定) shoes:gianvitrossi bag:haywardknit:deuxiemeclasse pants:bemi×cobitto(近日発売予定) shoes:manolo blahnik bag:hermes ※アメブロも日々、更新中↓bemi's small &simple Style美女組No.52bemiのブログ
  • 美容家・ライター 立花ゆうりさんの落ちない優しげピンク眉きりっと顔も眉の描き方ひとつでソフトな雰囲気に「きつめの顔をまろやかに見せるためにも眉はとても重要。明るめ眉に少しピンクみを盛り込むだけで、ぐっとソフトに見えます。眉尻は少し長めに描くと小顔効果大。仕上げた眉が一日続くように落ちない工夫も。ペンシル→パウダーの順で描き、最後に眉マスカラでコート」(立花さん)立花ゆうりさん的Best眉アイテムA.とにかく落ちにくい!K-パレット ラスティングスリーウェイアイブロウ ペンシルWP 01¥1200/クオレB.グラデ眉が自在。ヴィセ リシェ アイブロウパウダー BR-3¥1100(価格は編集部調べ)/コーセーC.地眉を明るく整える。エスプリーク スタイリング アイブロウ マスカラ(眉色カバー)BR31c¥1200(価格は編集部調べ)/コーセー眉メイクのやり方毛流れを整えた後、Aのペンシルで足りないところを描き形をFIX。眉尻は長めにBのパウダーの上&下を混ぜて眉尻を。眉山付近からは中央&下で徐々にグラデに最後にCの眉マスカラを全体にのせ均一に。ほんのりツヤを与えつつ落ちにくい眉にほんのりピンクの長め眉ならやわらかな女性らしさもYuuri Tachibanaたちばな・ゆうり●1991年生まれ、埼玉県出身。航空系の会社を経て、現在は2児の母でありながら美容家やライターとして多くの媒体で活躍。10万点以上のコスメを試し、コスメ専用部屋を持つほど。Instagram @yuuriofficial ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/通山奈津子 撮影/山田英博(人物) 橋口恵佑(製品)
  • 冬は、旬のバランスも防寒性も備えたショートブーツがあれば、なんとかなる!■黒のレースアップ 黒は定番だからこそ、更新が必要。今季は、少しゴツめのレースアップブーツでハズすのが、こなれた人の最新。履くほどに味が出る上質レザーに、凹凸のあるゴツめソール。エレガントさ×本格ワーク仕様のバランスが、まさに今の気分。この一足で、シンプルなニットワンピースの鮮度が上がる。靴( 2 )¥147,000/ジャンヴィト ロッシ  ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) ワンピース¥46,000/アマン(アンスクリア) ストール¥120,000/アパルトモン 神戸店(アロンピ) バッグ¥375,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)■きれいめブラウン 合わせやすいベーシックカラーであると同時にきかせ色としての役割も果たす、今季のブラウン。きれいめ美人なデザインなら、まろやか色も脱ほっこり。黒よりシックで新しい、ダークブラウンのブーツ。かかと部分がヌードベージュとのバイカラーなので、華奢に見える。足首部分に余裕をもたせることで、脚を細く見せる効果も。靴( 7 )¥154,000/ドゥロワー 丸の内店(マノロ ブラニク) ニット¥30,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカート¥59,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥230,000/ジミー チュウ ピアス¥23,000/ドゥロワー 六本木店(グーセンス パリ) ブレスレット(ロンハーマン10th記念)¥540,000/ロンハーマン(ベッティーナ ジャバエリ)■上品アニマル アニマル柄と言えば、定番のレオパードに加えて、辛口で合わせやすいパイソン人気が急上昇。大人が品よく取り入れられるデザインを厳選して。艶のある素材を使い、細身のポインテッドトゥに仕上げた、女っぷりの高いパイソンブーツ。パンツから見える少量でも、足もとから高感度なスタイルをリードする。パイソン柄はベージュベースが多い中、ブラウンベースだとまた新鮮なイメージになる。靴靴(6.5)¥148,000/ジミー チュウ ジャケット¥65,000/エイトン青山(エイトン) Tシャツ¥7,800/スローン パンツ¥26,000/インターリブ(サクラ) バッグ¥137,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ネックレス¥42,000/マルティニーク丸ノ内(アグメス)■シンプルな白 冬の足もとにクリーンな抜け感を加える白ブーツ。なにより映える色だから、シンプルなデザインをさらりと取り入れるのがモダンに楽しむコツ。ウエスタンブーツ風カッティングも、クリアな白&細ヒールでモダンな女らしさが漂う。デニムはもちろん、きれいめスタイルのハズシとしても。靴( 4 )¥45,000/ザ・グランドインク(ロランス) ニット¥49,000/アマン(アンスクリア) デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) バッグ¥48,000/ドレステリア 銀座店(エバゴス) ストール¥62,000/ロンハーマン(ジョンストンズ フォー ロンハーマン) メガネ¥37,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ■こっくり色 冬の着こなしの幅を広げてくれる、カラーブーツ。難易度が高いと思われがちだけれど、こっくり色ならどんな色とも意外なほどなじみがいい。ボルドーがブラウン系になじみつつ、同時に女度を上げる。靴( 8 )¥40,000/エストネーション(チェンバー) カットソー¥9,000/アストラット 新宿店(アストラット) シャツ¥21,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) スカート¥19,000/デミルクス  ビームス 新宿(デミルクス ビームス) バッグ¥58,000/レリタージュ マルティニーク(エレナ ギゼリーニ) 帽子¥12,000/カレンソロジー青山(フェルッチョ ヴェッキ) ピアス¥11,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) ネックレス¥37,000/ロンハーマン(アル ズニ) ※靴の( )はヒールの高さで、単位は㎝です【Marisol11月号2019年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/竹内友梨 構成・文/東原妙子
  • ほっこりと優しげなカーデをはおるだけで最旬ミックスコーデの完成♡久々にデスクワークのみで定時退社、そんなラッキーDAYはやりたいおしゃれを自由に楽しむ日。そう、今こそひと目ボレ買いしたアニマル柄スカートの出番でしょ! スパイシーな最旬スカートに、とびきり甘いボリュームカーデをON。こんな思いきったミックスコーデが絶対可愛いって思ってた♡ ロングブーツとの今っぽいバランスや、白Tの抜け感もおしゃれポイント。なじみよいベージュのキャスケットやゴールドアクセで品よく仕上げて、大満足のおしゃれ感。街に繰り出して見せびらかしたい!(笑)カーディガン¥38000/リエス Tシャツ¥5800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) スカート¥8800/フリークス ストア渋谷 靴¥25000/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ新宿店(レメ) バッグ¥34000/シップス 渋谷店(マロウ) 帽子¥7800/コンバース トウキョウ 代官山 イヤリング¥1700/サンポークリエイト(アネモネ)土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野崎久実子 撮影/田村昌裕(FREAKS) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/辻村真理
関連キーワード

RECOMMEND