ポジティブなイエローで、エネルギーあふれる装いに

SPUR.JP

チアフルなイエローは今季のトレンドカラーのひとつ。ショルダーバッグで取り入れれば、スタイリング全体がぱっと華やぐ。フォルムもさまざまに登場しているので、好みを見つけて。

(左から)バッグ〈H16×W15×D12.5㎝〉¥116,000/アオイ 03-3239-0341(エムエスジーエム)・バッグ「MADELEINE」〈H14×W17.5×D9㎝〉¥49,000/ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623(エレメ)・バッグ「●●」〈H●×W●×D●㎝〉¥59,000/ヴィア バス ストップ 03-3498-6633(アンテプリマ)
(左から)バッグ〈H16×W15×D12.5㎝〉¥116,000/アオイ 03-3239-0341(エムエスジーエム)・バッグ「MADELEINE」〈H14×W17.5×D9㎝〉¥49,000/ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623(エレメ)・バッグ ¥59,000/アンテプリマジャパン 0120-03-6962(アンテプリマ)

旬のイエローを取り入れるなら、まずはバッグから。収納力の高いバスケットは、インナーバッグとの色合わせがチャーミング。またマットなレザーを纏ったミニマムデザイン、ロゴをアクセントにしたコンパクトフォルムのバッグなど、エネルギッシュなアイテムが顔を揃える。

>>春のモードに寄り添う、アクセサリー感覚のミニサイズ

レザーが織りなす独特なシルエットとメタル使いがスタイリッシュ。バッグ「TAEO」〈H28×W25×D9cm〉¥158,000/アデライデ 03-5474-0157(VENCZEL)

プリーツを効かせた繊細なデザイン。ワントーンでも軽やかな存在感を放つ。バッグ「プリーツバケツバッグ」〈H27×W23×D19cm〉¥95,000/イーストランド 03-6712-6777(マンサー・ガブリエル)

ゴールデンイエローのキルティングにスタッズを施したクロスボディ。キーホール型の留め金に注目。バッグ「セシル」〈H25×W26.5×D8.5cm〉 ¥259,200/バリー 銀座店 03-6264-5471(バリー)

ベーシックなボディにグラフィカルなハンドルを掛け合わせて、モードに昇華。バッグ「ART FRAME BAG」〈H20×W34×D9.5cm〉¥120,000/ADEAM 東京ミッドタウン店 03-3402-1019(アディアム)

ネオンカラーの組み合わせが新感覚。コーディデートをパワフルに進化させて。バッグ〈H18×W15×D15cm〉¥15,000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-1370007(バイ エディット)

きれいなパステルトーンの巾着バッグ。メタルレスですっきりとしたフォルムに。バッグ「アリス」〈H20×W16×D10cm〉¥26,000/アニエスベー 03-6229-5800

陽気なカラーリングと柔らかなシェイプ。一点投入でコーディネートに華やぎを。バッグ「ハドソン」クロスボディ〈H17×W23×D7.5cm〉 ¥92,000/3.1 フィリップ リム ジャパン 03-5411-2870(3.1 フィリップ リム)

カジュアルに持ち歩きたいサイコロ型。キャンバス生地をイエローで彩って。バッグ「ONIGIRI サイドショルダーバッグ」〈H16×W15×D10cm〉¥36,000/H3Oファッションビュロー 03-6712-6180(メゾン プロマックス)

春のスエードは優しい色味で。艶やかなレザーとベストマッチ。バッグ〈H14×W22×D8cm〉¥189,000/三喜商事 03-3470-8236(アニオナ)

イタリアンスエードとベジタリアンレザーで仕立てたバッグ。編み込まれたストラップで個性が光る。バッグ「アトラスバック」〈H19×W22×D7cm〉¥74,000/ラグ&ボーン 表参道 03-6805-1630(ラグ & ボーン)

ブランド設立45周年を記念したアニバーサリーコレクション。ジッパープルは当初のデザインを起用。「ダブル ジップ ベルト バッグ」〈H10×W30×D6cm〉¥12,000/レスポートサックジャパン 0120-141-333

一面にプリントされたウェーブが、春らしさをトッピング。バッグ「ポスティーナ ベイビー」〈H14×W19×D10cm〉 ¥59,000/アマン 03-6805-0527(ザネラート)

軽さと柔らかさが人気のシリーズ。アシンメトリーなデザインがキャッチー。バッグ〈H18×W23×D9.5cm〉¥56,000/ゲラルディーニ 03-5775-1211

関連記事
  • 作業スペースでアイデアを練る日は、エフォートレスなレイヤードでデスクワークの日はトップをやさしい色でコーディネートするのが気分。着心地のいいグレーTに冷房対策のロングカーディガンを合わせ、きれいめボトムですっきりまとめて。小物にブラウンを取り入れれば、トレンド感もグッと上昇。アイディア出しのお供は、甘めのカフェラテ。カフェインと糖分を補給して、いい案が出るまで頑張るぞ!Tシャツ¥8000/ジェームス パース ロングカーディガン¥15000/スピック&スパン ルミネ新宿店(スピック&スパン) パンツ¥23000/サード マガジン メガネ¥31000/モスコット トウキョウ(モスコット) 靴¥43000/ドレステリア 銀座店(アンソロジー パリ) 時計¥23000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥57000/アルアバイル(ア・バケーション)【今月のPROFILE】広告会社勤務の広告プランナー・花 コマーシャルプランナーとして、企画からディレクションを担当し、各所を飛び回る。スマートな辛口スタイルとは裏腹に、ちょっぴり天然で大の甘党。マイペースに彼氏募集中。 明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【着回しに効くTシャツ】グレーゆるUネックTシャツ デコルテを美しく見せる深いUネック、コンパクトな袖、落ち感のある薄手生地で、ラフに着るだけで女っぽさをアピールする要素が満載。¥8000/ジェームス パース【相棒ワードローブ】ロングカーディガン ハイゲージの薄手ロングカーディガンは、サイドスリット入りで足さばきよく着られる。¥15000/スピック&スパン ルミネ新宿店(スピック&スパン)【相棒ワードローブ】センタープレスパンツ Tシャツのカジュアル感を、きりりと引き締めてくれるクールな黒パンツ。¥23000/サード マガジン 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】M7days 【徳原文子さんコラボ】Tシャツ ¥7,900+税【関連商品】NATURAL BEAUTY BASIC [UVカット]フーデットロングカーディガン ¥7,800+税撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中山友恵〈ThreePEACE〉 スタイリスト/大平典子 モデル/松島 花 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • DJ NAOKI SERIZAWAによるDJイベントも! 10月上旬までの限定オープン。『ブルガリ』と『ドン ペリニヨン』がコラボした「BVLGARI La Terrazza Dom Pérignon Lounge(ラ・テラッツァ ドン ペリニヨン ラウンジ)」が、ブルガリ銀座タワー11階の屋外テラスに、今年も期間限定でオープン中です。センスの良い音楽、ムード漂う照明。あたりを見回せば『東京タワー』も見える輝く夜景。『ラ・テラッツァ ドン ペリニヨン ラウンジ』は、ワンランク上の東京ナイトを過ごすのにぴったり♡ 『ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2008』をはじめとする極上のシャンパンを堪能し、絶品イタリア料理にも舌鼓♡今後、7月と8月には『ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2002 プレニチュード 2』が。9月と10月は『ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2006』がお目見えします。▶▶営業時間や詳細は「ブルガリ 東京レストラン」公式サイトからチェック!さらに期間中、東京を中心に活躍する世界的DJのNAOKI SERIZAWAがディレクション&プレイするDJイベントも実施予定!ラグジュアリーという言葉がぴったりの場所で、音に、雰囲気に、ドンペリに酔いしれる♡ リッチで上品な“ごほうび女子会”いかがですか?
  • MORE読者のみなさんに取材をしていて、いつも思うことは「会社にしていけるメイクの中で、いちばん制限があるのはネイルだな」ということ。ピンクかベージュしかだめ、ラメもダメ、かすかなパール感ならOK、ネイルアートなんてもってのほか、トレンドのくすみカラーもすべてNG……。アイメイクやリップなんかよりもずっと、色や質感をすごく気にして選んでいるなあと思います。そんなみなさんにおすすめしたい、トレンドカラーも楽しめて会社でも浮かないネイルがこちら。『デュカート』のものです。ベースコートもトップコートもいらず、これ1本でつやっと美しいネイルが完成しちゃう逸品。爪表面のかすかな凸凹もフラットに整えながら、ほんのりとした発色で指先に色、というよりも色の“ニュアンス”をプラス。そして、忙しいOLさんにうれしいポイントが「速乾性」。あっという間に乾くので、朝にささっと塗り替えたり塗り直したりするのも簡単なんです。左からピンク、ライラック、バーガンディ。これで2度塗りなんです。シロップみたいな透明感がありつつ、ツヤ感も上品。そして、ごくささやかな色づき。イエベさんならピンク、ブルベさんならライラック、トレンドカラーをさりげなく楽しみたいならバーガンディ。3本まとめ買いもおすすめです。会社ネイルに大活躍間違いなし!(編集アツ)デュカート グロッシーネイルカラー A(左から01~03)各¥900/シャンティ
  • 家族関係の変化を痛感せざるを得ないアラフィー世代。悩みは人それぞれでも、“考えさせられながら読む”小説にはそのヒントが! 新刊で家族をめぐる物語を描いた江國さんに、小説に宿る「家族とは何なのか」についてを伺いました。『彼女たちの場合は』 江國香織 集英社 ¥1,800 姉妹のように仲がよくていとこ同士の逸佳と礼那は、親に黙ってアメリカを見る旅へ。当初は心配するばかりのふたりの両親だったが……。少女たちの新鮮な感受性を通して、若いころにしかできない旅を描いたロードノベル。気づかなくてもいいことに気づかされたとき、夫婦に危機が作家の江國香織さんにとって家族の物語は“ずっと大好きで、たくさん読んできたもの”。「自分より大事な存在になりえるのが家族。その幸福と不幸が描かれた家族の話はとても豊かで、何度でも読み返したくなります」と語る。彼女自身もさまざまな家族を書いてきたが、最新作『彼女たちの場合は』で取り上げたのはアラフィー世代の家族。ニューヨーク在住でいとこ同士の逸佳(いつか)(17歳)と礼那(れいな)(14歳)が親に黙ってアメリカを見る旅に出たことで、ふた家族が心配するところから物語は始まるが、礼那の両親――潤(うるう)と理生那(りおな)の間には、不穏な空気まで漂うようになる。 「長編小説を書くときは最初に登場人物の情報、例えば性格や誕生日や身長などを細かく考えておきますが、先の展開は何も考えない。人物が勝手に動くのを待つんです。ただ礼那の家は、彼女がいない時間と空間ができると両親がうまくいかなくなるのでは、という予感がありましたね」“子はかすがい”というが、それが急になくなることは夫婦にとってひとつの試練。娘から楽しそうな手紙が届いたりしたことで理生那は落ち着いていくが、潤は行方がつかめない状態が耐えられない。現実の受け止め方が違う夫婦がお互いに抱く疑問を、エクラ読者なら理解できるのではないだろうか。「若いころは、結婚式でよく聞く“結婚したら片目をつぶって相手を見よう”というあいさつが大きらいでした。“もし自分があいさつを頼まれたら、両目を開けたまま相手から目を離すなといってやる”と思っていたくらい(笑)。でも年を重ねるにしたがって、時には片目をつぶって見ないふりをしたり、ちょっと許したりするほうがいいのかもと思うようになった。ただ理生那のように何かがきっかけで“自分は夫を愛することはできるが信頼はできない”と気づいてしまったら、夫婦でいつづけるのは厳しいかもしれませんね」 愛があれば大丈夫とはかぎらない、愛と信頼は別ものということなのだろうか。 「愛ってわりと簡単だな、と思うんです。どうしてもわき出たりするものだし、ましてや一回家族になったりしたら、多少きらいなところがあっても気持ちが冷めても“この人と一緒にいてよかった”と感じる瞬間があるから。それに比べると信頼はむずかしい。信頼できる、できないって大きな問題だなと思います。最初は心配していた理生那が落ち着いたのも、ある瞬間から逸佳と礼那を信頼できたから。一般的に女性のほうが子供と一緒にいる時間は長いし、理生那の場合は娘との関係が密だったから、可能だったのかもしれませんが。そう考えると潤はちょっと不利ですね」家族の中でも個は尊重されるべき。これからの時代はさらにさまざまなできごとを経験しながら、のんびり旅を続けていく逸佳と礼那とは対照的に、理生那と潤の関係はぎくしゃくするばかり。クリスチャンではない理生那が教会に通う心情を潤は理解できないが、それは残酷なほどふたりの距離を表しているようだ。「理生那にとっては妻や母である以前の自分、一個人に戻れる場所が教会だった。キリスト教のあり方に興味と共感をもったのだと思いますが、環境によっては仏教やイスラム教でもよかったのかもしれません。一方潤は、理生那だけでなく自分のことも一個人としては考えられない。娘との関係が妻より不利なうえに、夫や父親、会社員としてしか自分を認識できない彼をちょっとかわいそうに思いました」物語の後半、家で子供たちを待ち続けていた理生那が意外な行動に出る。それは若き日の自分を思い出すことにつながり、やがてある確信を得るが……。 「理生那と潤が昔どういう恋愛をしたかはわかりませんが、たぶんお互いや結婚について疑問をもたなかったのだと思う。理生那が潤と出会う以前まで振り返ってみたことは、それに気づくことにつながるから、夫婦にとって危険かもしれない。でも私は『いいのでは』と思います。それでもなお理生那が潤と一緒にいたいかどうかは、やってみないとわからなかったから」 逸佳と礼那の旅は、ふたりだけではなく家族にも変化と成長をもたらした。でもそれらは「旅がなかったとしてもいつだって避けられないもの」と江國さんはいう。 「成長はいいことばかりではなく、それによって失うものもあるけれど、いずれにしろ人は一カ所でとどまることはできないから。もうひとつ、いつも避けられないのが孤独。家族といても恋人といても、人にはまず尊重されるべき個性がある。それが孤独を招いたとしても、寂しいのではなく自由なんです。そういえば次のページで私がおすすめした家族の本も、個人と自由について考えたものが多くなりましたね。私自身もたびたび、個々の勝手を許す家族を書いています。家族はもともと一人ひとりを役割で認識しがちですが、ひと家族の人数が少ない今はますますその傾向が強まる可能性も。だからこそ、家族といても個人をしっかりもっていないと危険だなと思います」これまでもさまざまな家族が登場 江國さんが描く家族小説穏やかで確かな家族の日常『流しのしたの骨』 新潮文庫 ¥550 19 歳のこと子は4人姉弟の三女。彼女だけでなくおっとりした長姉も妙ちきりんな次姉も小さい弟も問題を抱えていたが、両親を含めた家族がかけがえのない居場所だった。風変わりだが幸福な宮坂家を描く。周囲から浮いた一族の歴史『抱擁、あるいはライスには塩を』 集英社文庫 上・下 各¥600 東京・神谷町の洋館で暮らす柳島家。そこには3世代が同居していたが、4人の子供のうちふたりが父か母が違うなど複雑な事情があり、教育方針も独特だった。個々の成長と一族の変遷を描いた重厚な作品。長女の秘密が三姉妹に変化を『思いわずらうことなく愉しく生きよ』 光文社文庫 ¥700 結婚して7年の麻子は夫からのDVを隠す主婦。結婚はしないが同棲中の治子は外資系キャリアウーマン。恋愛なんて信じないという育子は自動車教習所の事務員。犬山家三姉妹ののびやかな生き方とは。撮影/古谷 勝 取材・文/山本圭子 撮影協力/アワビーズ
  • 日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念した『モダン・ウーマン ―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』は、19世紀後半から20世紀初頭のフィンランドにおいて、近代美術に革新をもたらした女性芸術家7人を紹介します。日本初の試みとなる本展は、国立西洋美術館新館展示室にて6月18日(火)から9/23(月)まで開催。フィンランドの女性芸術家たちの多彩な活動と功績に触れてみてはいかがでしょか。シンプルコーディネートの極み? おしゃれなお洋服ですね1.『占い師(黄色いドレスの女性)』 ヘレン・シャルフベック 1926年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Kaunisto Collection Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen黄色いワンピース姿の女性。赤い口紅も効いていておしゃれ! 「おしゃれですよね。実はこれ 1926年にフィンランドの女性画家、ヘレン・シャルフベックによって描かれた肖像画なんです」 と、教えてくれたのは、国立西洋美術館の特定研究員・久保田有寿さん。1926年のフィンランドは、何世紀も続いた大国の支配から脱して、いちからの国造りの真っ最中。そんな時代にこんなおしゃれさんがいたなんて驚き。「この服は実にモダンで、当時のフィンランド女性が着ていたものではなさそうです。シャルフベックはフランスのファッション雑誌を取り寄せて購読していましたから、ヨーロッパに台頭し始めていた新しい時代を象徴する“モダン・ ウーマン”を描いているのでしょう」 そっか。同国を代表するブランド、マリメッコの登場もずっとあとだしね。当時のフィンランドは、「これぞわが国の文化」と呼べるものを模索していたらしい。「そこで独立への気運が高まった19 世紀半ばには、自分たちの美術をつくろうと男女共学の美術学校が創設されました。当時のヨーロッパでは珍しく学ぶ環境も奨学金も完全に男女平等だったのです」 さすが、男女平等な社会の実現で21世紀の先頭集団を行く国。1917年の独立前から最先端な政策! 「だから女性たちも、自分たちは職業芸術家として男性と対等にクリエイティブなことができるという自信を、強く持つことができたのではないかと思います」おしゃれでしょ? 最先端のモードでしたのよ2.『装飾的風景』 エレン・テスレフ 1910年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum Photo:Finnish National Gallery / Yehia Eweisしかし、独立運動によりナショナリズムが台頭し、男性芸術家たちは「フィンランドらしさ」の確立に没頭。「フィンランドといえば手つかずの自然」と、森や雪景色を描いたり、有名な民族叙事詩の絵画化に熱中したそうだけど、女性たちはどうだった? 「女性たちは愛国主義にはとらわれず、オープンで国際的なスタイルを生み出していきました。たとえば、へレン・シャルフベックは人物をより抽象的に単純化したモダニズムの絵画に挑戦しましたし、エレン・テスレフはアンリ・マティスらのフォーヴィスムに代表される色彩の革命にいち早く反応。1906年ごろから絵具をパレットナイフで大胆に塗りつける色彩豊かな絵画を制作しています」3.『ボートをこぐ女性、スケッチ』 マリア・ヴィーク 1892年ごろ Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Granberg Collection Photo:Finnish National Gallery / Jenni Nurminenパレットナイフをフィンランドで初めて用いたのがテスレフ。今でこそ一般的な技法だけど、当時では斬新! 独立運動の影を感じさせないほど明るくて光に満ちているね。テスレフのこの試みのあとで、同国の風景や人物を鮮やかに描く画家が続出したんだって。 4.『自画像』 シーグリッド・ショーマン 制作年不詳 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum  Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen「もう少し時代が下った1945年にも、フィンランドの女性画家の自由で大胆な作品が生まれました。それはエルガ・セーセマンの 『カフェにて』。 5.『カフェにて』 エルガ・セーセマン 1945年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum  Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen 黒手袋の女性がカフェでカクテルとタバコを楽しんでいる一枚です。戦争で国土全体が疲弊し、窮乏していた時代背景を考えると相当ラディカル。こうした女性をダイナミックに描くことも、女性芸術家だからできたことじゃないでしょうか」 同国の美術の基礎をつくった彼女らは教師や批評家としても活躍。作品も生きざまもカッコいいね。1 ヘレン・シャルフベック フィンランドを代表する画家。パリをはじめ欧州各地で美術を学ぶ。「モダン・ウーマン」の肖像画を多数制作2 エレン・テスレフ 同国における革新的な色彩表現の先駆者。パリに学ぶが好んだのはフィレンツェで、彼の地でカラフルな木版画にも挑戦3 マリア・ヴィーク パリで学び肖像画家として早くから活躍した女性画家の一人4 シーグリッド・ショーマン 批評家としても活躍。自画像の多さも同国女性芸術家の特徴5 エルガ・セーセマン 第二次世界大戦の最中にデビュー。今まで見られなかった都市を生きる新しい女性像が出てくるのがこの時代※作品はすべて、フィンランド国立アテネウム美術館このアートはここで見よう!日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念『モダン・ウーマン ―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』 独立前後のフィンランドを生き、同国の近代美術に革新をもたらした女性芸術家7人に焦点を当てた日本初の試み! 6/18~9/23 国立西洋美術館新館展示室 東京都台東区上野公園7の7 9時30分~17時30分(金・土~21時) 休館日/月曜、7/16 (7/15、8/12、9/16、9/23は開館) 観覧料/¥500 問☎03(5777)8600(ハローダイヤル) https://www.nmwa.go.jp取材・文/KAORU ※BAILA2019年7月号掲載
  • Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、Tシャツのラフさを中和する逸品ボトムをご紹介。メソッド1:合わせるボトムはニュアンスのある色と素材で女っぽさを意識する光沢や透け、ドライな質感といったニュアンスのある素材を取り入れて、Tシャツのラフさを中和。カジュアルすぎないほどよい緊張感が心地いい「リネンのハイウエストのマキシスカートとの合わせで、クルーネックのベーシックなTシャツがぐっときれいめに。今季大人気のリネンアイテムはTシャツ合わせに大活躍。ドライな質感が今どきだから、トレンド感のあるスタイルに見せるのに重宝します」(村山さん)。 Tシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) スカート¥47,000/カオス丸の内(カオス) 手に持ったカーディガン¥31,000/スローン ピアス¥247,000/TASAKI バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥27,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • 今回紹介するのは、都内近郊の女子大生と専門学生の皆さん必見のオススメスポット⁉︎ 渋谷にある【DHCコミュニケーションスペース】CSにはどんなサービスがあるのか紹介していきます ①コテ・アイロンが無料で使える せっかく家でセットしてきた髪が湿気のせいで崩れちゃってテンション下がったことありませんか?この時期は湿気も気になりますよね。。。 CSではストレートアイロンとコテの貸出を行なっています! 38mm 32mm 25mm のコテとストレートアイロン完備 スタイリング剤も揃っているのでご安心を ‍♀️②充電器の貸出 数に限りはありますがiPhone・Androidの充電器の貸し出ししてま コンセント完備なので自分の充電器を使っても大丈夫です ③DHCのコスメが試せる コスメって買う前にちゃんと試したいですよね!?そんな願望がここなら叶います✨ 買ってから自分には合わないなんてなったらもったいない。。 CSにはDHCから発売されているさまざまなコスメが試せます④スキンケア用品もあるからスッピンできてもフルメイクできちゃう 洗面台もあり化粧水、乳液、クリームのスキンケア商品もあります!⑤パソコンも完備 隙間時間で調べものもでき、コピー機もあるのでとっても便利 家だと誘惑が多くてレポートが進まない、就活中で面接と面接の空きの時間にきて就活情報のチェックしたいなど 空き時間も有効に過ごせます他にもファション雑誌・ヘアゴム・ヘアピン・会議室の貸出(学生団体様向け)などなど 本当に充実したスペースを展開しています こんなに魅力の詰まったDHCコミュニケーションスペース使わなきゃ損! ぜひ会員登録をしてあなたもCS利用者になっちゃいましょう CSは会員登録をするだけで利用することができちゃうんです 6月からは会員証がアプリに変わったのでまだダウンロードがお済みでない方は今にうちに インストールしましょう 初めての人はここから会員登録ができるので先に済ませておくとすぐに利用できます ‍♀️ (現役の女子大生または専門学生に限るのご注意を!)DHC コミュニケーションスペースすでにたくさんの方が利用していますが、え!そんな便利なところ知らない!という方もいるかと思うのでここで改めてDHCコミュニケーションスペース略してCSの魅力をたっぷりと紹介しました✋ 私もヘビーユーザーの1人です笑では、次回の更新もお楽しみに〜❤︎カワイイ選抜 No.68 白井真緒のブログ
  • “2着目”のカラードレスは、タイムレスな魅力のあるニュアンスカラーを選びたい。幸福感たっぷりの甘やかなピンクは、お色直しドレスの定番。淡くスモーキーなトーンなら、品よく肌に映えて、誰より素敵に。【スモーキートーンのピンクドレス3選】高責なムードも感じさせるくすんだ紅色のドレス肌になじむオールドローズのカラーは、高責なムードも感じさせるくすんだ紅色。流れるドレープが女性らしいワンショルダーのデザインも、ボディラインを美しく見せてくれる。モード感がありながら、あくまで上品。ドレス(レンタル)¥155000(ジェニー パッカム)・イヤリング(レンタル)¥8550/クリオマリアージ淡い桜色にきらめくグリッターの華やかドレス淡い桜色のシフォンにきらめくグリッターを施した、上品な華やかさのあるドレス。ほどよいボリュームのスカートとランダムに配置された輝きが好ましい。ドレス(販売)¥800000・(レンタル)¥290000(ヨーラン・クリス)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥41000・イヤリング(レンタル)¥3000/ミラー ミラー 丸の内 ボリュームたっぷりで可憐なベビーピンクのドレスボリュームたっぷりのプリンセスライン。ベビーピンクのチュールを重ねてできるグラデーションで、エアリーで可憐な印象に。バックスタイルも美しく見せる取り外し可能なチェストトレーンつき。ドレス(レンタル)¥ 350000(エー バイ ハツコ エンドウ)・イヤリング(販売)¥39000/ハツコ エンドウ ウェディングス 撮影/尾身沙紀〈io〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈 io〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/大政 絢 取材・文/久保田梓美
関連キーワード

RECOMMEND