JIL SANDER

SPUR.JP

[ LOOK ]

関連記事
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! ビッグサイズの白シャツにワイドパンツを合わせて旬シルエットにトライ。今シーズンのキーワード“リラックス&モード”を代表するかのようなスタイルの完成!最愛の白シャツを味方に、ビッグ&ワイドの旬シルエットにトライ!今シーズンのキーワード、“リラックス&モード“を代表するかのようなビッグサイズの白シャツを、ワイドシルエットのパンツに合わせてワンツーコーデを完成。「去年までなら、細身のパンツを合わせていたと思うんです。でもこの夏は、ビッグ&ワイドシルエットにトライしたかった。最愛アイテムである白シャツだから、挑戦できたのかもしれません」。 サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン)【ITEM LIST】 SHIRT:JIL SANDER PANTS:PLAN C SCARF:CLYDE(SUPER A MARKET) EARRINGS/BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING:HERMÈS BAG:DELVAUX SHOES:MICHEL VIVIEN “リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムPLAN Cのワイドパンツプラン Cは、マルニの元ディレクターが手がける新ブランド。「夏ものなのにこっくりしているキャメルのトーンがすごく今年らしいなと思って。ウエストがぎゅっと絞れるから、幅広い体型の人に合う一本なんです」。DELVAUXのタンペート’60年代に誕生したタンペート。富岡さんは、4つのサイズのうち、下から2番目のミニサイズをチョイス。「ストーリー性のあるバッグが好きです。コンサバにならないモード感のあるサイズが気に入りました」。JIL SANDERのビッグシャツむだのないシンプルなデザインの中に、今年らしさを詰め込んだモードかつ端正な白シャツ。「白シャツは毎シーズン、チェックします。なんといってもこのビッグシルエットにひと目惚れ。小さめの襟も好みです」。撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • ジル サンダー+がサマープロジェクトカプセルコレクションをドーバーストリートマーケット ギンザにて発売中。ジル サンダー ブティック 表参道では2019年7月20日(土)より展開をスタートする。クリエイティブ・ディレクターのLucie & Luke Meier(ルーシー & ルーク・メイヤー)が、自分たちが過ごした夏の経験からインスピレーションを得て製作したという、今回のコレクション。自然や季節の流れを感じさせる、洗練された内容に仕上がっている。 ロングドレス ¥135,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー+)(c)Larissa Hofmannカラーは、チョークホワイト、パーチメント、シルバーグレイ、サンディーブラウンといったピュアな色合いを中心に展開。ナチュラルな素材を取り入れたロング丈のコットンドレスやシャツは、機能性もあり、着心地も抜群だ。さらにパッカブルなシャツドレスや彫刻的なサンハットなど、サマーバケーションに持っていきたい実用的なアイテムもラインナップ。 (左)サンハット ¥40,000・(右)ロングシャツ ¥103,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー+)(c)Larissa Hofmannビーチタオルにはジル サンダー+特注のジャカード生地が使用されているので、贅沢な気分が味わえそう。ナチュラルなキャンバス素材を用いた、オーバーサイズのフラットショッパーにも要注目。ジル サンダー+ならではの、フレッシュなカプセルコレクションを手に入れて。 (左)フラットショッパー〈H74×W52cm〉¥94,000・(右)タオル〈140×180cm〉¥46,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー+)(c)Larissa Hofmannジルサンダージャパンhttps://www.jilsander.com/0120-919-256 text: Fuyuko Tsuji ⇩「ジル サンダー+」のサマープロジェクトカプセルコレクションをチェック!
  • いつもとはちょっと雰囲気を変えて、週末だけでもリゾートの雰囲気を味わって3連休最終日はおしゃべり好きな女友達と夜通し女子会の予定。男性目線を意識することのない着やすくラクなシルエットだけれど、雰囲気のあるあしらいのおかげでラフすぎないのがお気に入り。リネンのサンドレスは黒ベースにシックな色使いの凝った刺繡入りで、安っぽくならずに大人っぽく着こなせる。ワンピース(共布ベルトつき)¥260,000/アパルトモン 青山店(ヴィタ キン) タンクトップ¥6,500/ボウルズ(ハイク) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥17,000/ティアラ(ムーニュ) 靴¥86,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ジルサンダー)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ワンピースの関連記事もチェック
  • きちんと感とモードな佇まいが共存するテーラード。上下別にも着られるから1セットは必携! 夏は袖を通さずに軽く羽織るだけでラフなスタイルを引き締める 半端丈のトラウザーやベスト型のトップスなど選択肢がますます豊富に! 全面に配されたチェリーモチーフが愛らしい。ジャケット、ビスチェ、パンツの3ピースはパーティにも最適な華やかさ。フロントのボタンをアクセントに。ジャケット¥440,000・ビスチェ¥135,000・パンツ¥160,000・ヘッドバンド¥67,000・パールネックレス¥363,000・ストロベリートップのネックレス¥80,000・タイツ¥20,000・サンダル¥102,000/グッチ ジャパン カスタマーサービス(グッチ) 0120-88-1921ダブルブレストのマスキュリンなデザインに袖口のファーが遊び心をプラス。首元にスカーフを巻いてより淑女的にアレンジを加えて。ジャケット¥362,000・パンツ¥115,000・中に着たTシャツ¥127,000・スカーフ¥20,000・ブーツ¥127,000/フェンディ ジャパン(フェンディ) 03-3514-6187オーセンティックな生地感にミリタリーのユニフォームを思わせるラインが目を引く。ジャケット¥278,000・パンツ¥130,000・中に着たボディスーツ¥36,000・ブーツ¥140,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ) 03-5725-2414爽やかなショーツのボトムスが新鮮。暑い季節から軽やかに着こなしたい。ブラウスを重ねればどこか貴公子のような品格が漂う。 ジャケット¥300,000・ショーツ¥126,000・ブラウス¥189,000・ネックレス¥47,000・バングル(太)¥80,000・バングル(細)¥40,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) 03-4335-1750ほどよく主張するチェック柄をシルク素材で仕立てている。ジャケット¥400,000・パンツ¥220,000/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(ジョルジオ アルマーニ) 03-6274-7070サイドが開閉できる仕様のベストは 通気性も抜群。パンツはウエスト位置を調整できるボタンタブつき。ベスト ¥258,000・パンツ¥179,000/ザ・ロウ・ ジャパン(ザ・ロウ)  03-4400-2656涼しげな五分袖とクロップド丈でフレッシュに。直線的なシルエットが洗練されている。ジャケット¥198,000・パンツ¥103,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー) 0120-919-256 >>4|使える! Tシャツにプラスワン
  • [ LOOK ]
  • 6月に東劇で行われたトークイベントで登壇する市川染五郎さん(左)と市川團子さん(右)。染五郎さんが手にしているのは、大事にしているぬいぐるみの犬「ボン吉」、團子さんが手にしているのは「ぼん」。その違いを聞かれて、「耳がぱたぱたするのがぼんで、ボン吉はしません」と染五郎さん。わかりません……。同じジャケット姿なのに、全然違う方向性。二人のキャラがはっきり出ている着こなしの違いにも注目! この日の司会は、納涼歌舞伎『東海道中膝栗毛』でも脚本に携わった戸部和久さん。特別映像『The DOGGY’s LOOK ―東海道中膝栗毛―』では、企画と脚本も担当。二人とも気ごころの知れた間柄。 劇場入口に飾られたぬいぐるみのぼんとボン吉。じつは映像用にホンモノそっくりに作られたダミー。弥次喜多にちなんだ旅姿で、足元もワラジ。「かわいい!!」とお客さんたちはスマホでの撮影に夢中。 相変わらず美しい染五郎さん。その語り口は、物静かで穏やか。「映像では、ぼんとボン吉が瞬きをするのを見て驚きました。ぼんとボン吉を多くの人に知ってもらえたらうれしいです」。 今回の映像作品では、さまざまなアイディアを出したという團子さん。職人気質で納得いくまで何度もリテイクを重ねたとか。「映像は、歌舞伎と違って何度もやり直しができるところがおもしろかったです」 8月の納涼歌舞伎『東海道中膝栗毛』第四弾でやりたいことを聞かれて、染五郎さん「本水で立ち廻りをしたいです」。團子さん「抽象的ですが宇宙に行きたいです」。「水がある星、水星に行けば両方できるか!?」と戸部さん。もしかして、今年の弥次喜多が目指すのは宇宙!? 7月13日(土)、東京 東劇にてイベントが再決定!! 二人のスペシャルトークの他、『東海道中膝栗毛』の特別映像も上演。さらに特製クリアファイルが来場者に限定販売される。 これはゲットしたい!! 歌舞伎公式総合サイト『歌舞伎美人』8月納涼歌舞伎 詳細 歌舞伎公式総合サイト『歌舞伎美人』染五郎、團子「夏再見参!?YJKT」に登場 歌舞伎公式総合サイト「歌舞伎美人」チケットに関するご案内 写真/島袋智子 取材・構成/バイラ歌舞伎部  まんぼう部長……ある日突然、歌舞伎沼に落ちたバイラ歌舞伎部部長。遅咲きゆえ猛スピードで沸点に達し、熱量高く歌舞伎を語る。  バッタリ小僧……歌舞伎歴2か月。やる気はあるが知識ゼロの新入部員。若いイケメン俳優より、本当はオーバー40歳の熟年役者好き。
  • [ LOOK ]
関連キーワード

RECOMMEND