アクリスを率いるアルベルト・クリームラー。そのクリエーションの源を探る

SPUR.JP

弱冠19歳のときにクリエイティブ・ディレクターに就任し、約40年にわたり「アクリス」の舵を取ってきたアルベルト・クリームラー。家族や故郷の風景、才能あふれる友人たち。彼をインスパイアしてやまない大切なものについて語った


「2003年、写真家のスティーブン・クラインに撮ってもらった私のポートレート。彼とは何度も一緒に仕事をしていて、最初の撮影は1995年、モデルはステラ・テナントでした。彼とはどのフォトグラファーよりも深いつきあいをしてきました。 ある意味では、アクリスのパブリックイメージの大半は彼がつくったといえますね」STEVEN KLEIN, COURTESY OF AKRIS

「私はミシンのうなる音を聞きながら育ちました」と語るのは、アクリスのクリエイティブ・ディレクター、アルベルト・クリームラー。アクリスは1922年に彼の祖母、アリス・クリームラー=ショッホ(ブランド名は彼女の名前の頭文字に由来している)が立ち上げた、創業96年になる同族経営のブランドだ。このスイス発のブランドは、アルプス山麓の街サンガレンで、ドット柄のエプロンを作るところから始まった。サンガレンは刺しゅう技法で有名な街で、アクリス本社は今もこの場所にある。

60年代から70年代にかけて、アルベルトの両親であるマックスとウテは、テッド・ラピドスやジバンシィといったブランドと提携してプレタポルテ コレクションを発表し、アクリスの世界を広げた。若かりし頃のアルベルトは、家族とともに幾度も生地の見本市を訪れる旅をしたものだ。

そして1976年のパリ旅行の際、彼は初めてイヴ・サンローランのショーを見ることになる。「そのときでした、自分がファッションの世界に完全に魅せられたのは」とアルベルトは語る。彼はパリ・クチュール組合により設立された服飾学校、エコール・ドゥ・ラ・シャンブル・サンディカル・ドゥ・ラ・クチュールに進学しようとしていたが、アクリスのマネージング・ディレクターが急死したため、その計画は延期された。父に説得され、アルベルトはクリエイティブ・ディレクターとしてブランドに加わることになったのだ。1980年、まだ19歳のときのことだった。

 アルベルトは現在58歳。40年にわたり、ブランドの舵を取ってきた。その間にアクリスはメジャーなグローバルブランドへと変身したが、彼の持ち味であるミニマル志向のラグジュアリーと完全無欠なクラフツマンシップからは決してそれることがない。そして彼は、そのカラフルだがさりげないコレクションを生み出すために、今もサンガレンの職人たちを雇っている。そういった彼の美学には、熱心なファンがついている。たとえばモナコ公国のシャルレーヌ妃、起業家イーロン・マスクの母でありモデルのメイ・マスク、家具メーカー「ヴィトラ」CEOのノラ・フェルバウムといった忠実な顧客たちだ。「私の服はわかりやすいものではありません。トレンドを追った り、自分で自分を宣伝するような慎みのないことは嫌いなのです」と彼は言う。「むしろ私は、ドイツ語で言うゼルプストフェアシュテントリヒカイト(selbstverständlichkeit)、つまり『当たり前』の感覚や、『自然な雰囲気』を生み出したいと思っています」。

そのアイデアは、アルベルトが常に関心を抱いている分野である、建築の世界からやってくることが多い。彼は今までに、スイスの建築家ユニット、ヘルツォーク&ド・ムーロンの手がけた建物の質感豊かな外観や、20世紀初頭のウィーンのアートや建築物などからインスピレーションを受けて作品づくりをしてきた。アルベルトは言う。「ファッションの背後に、物語や、デザインを導くコンセプトがあるとき、最高に興味深い服はそれ自体、ファッションを超えてアートにもなり得る。そう私は信じているのです」(アルベルトがインスパイアを受けている大切なものとは?)

SOURCE:「Profile in Style ―― Albert KriemlerBy T JAPAN New York Times Style Magazine BY LIGAYA MISHAN,PHOTOGRAPHS BY LINDSAY TALBOT, TRANSLATED BY CHIHARU ITAGAKI DECEMBER 04, 2018

その他の記事もチェック

  • 新生クロエを率いるナターシャ・ラムゼイ=レヴィ、その感性を形づくるもの

  • イタリアと北欧2つのルーツを持つマルコ・ザニーニの原点

COURTESY OF AKRIS

COURTESY OF AKRIS

COURTESY OF AKRIS

COURTESY OF AKRIS

COURTESY OF AKRIS

AL TAYLOR,“NO TITLE,” CIRCA 1985 © THE ESTATE OF AL TAYLOR. COLLECTION DEBBIE TAYLOR. COURTESY OF THE ESTATE OF AL TAYLOR AND DAVID ZWIRNER

COURTESY OF AKRIS

JOHN COWAN/CONDÉ NAST/GETTY IMAGES

LE CORBUSIER, “UNTITLED,” WATERCOLOR OF A BIRD, © F.L.C./ADAGP, PARIS/ARTISTS RIGHTS SOCIETY(ARS), NEW YORK 2018, COURTESY OF AKRIS

JÉRÉMIE SOUTEYRAT

COURTESY OF AKRIS

HD ZIMMERMANN/EYEEM/GETTY IMAGES

COURTESY OF AKRIS

関連記事
  • “これでいい”じゃなく、“これがいい”から選ぶんです!私服スナップの常連・アラフォーエディターたちは「プチプラ」をどう選び、どう着こなしている? なんとなく、便利そう"だからプチプラ服を買っていませんか? マリソルきってのおしゃれ好きアラフォー6名の私服コーデから見えてきた、「プチプラ」との妥協なき向き合い方をご覧あれ。※この特集内に出てくるアイテムはすべて私物です■エディター 発田美穂さんのマイルール 華やかで心ときめく「とろみの柄ワンピ」を狙いうち 「プチプラの買い物は、楽しんでこそ。"このシーズン、3回も着られれば上出来!"という視点で探すと、選ぶのがすごく楽しくなります。このドット柄のワンピースは、ZARAのWebサイトで。ZARAはプレスディナーや出版パーティなど、パッと華やかに見える服が必要な時に頻繁にチェック。なかでもとろみ素材の柄ワンピースは、プチプラでも値段感が出にくく、簡単に今の気分を取り入れられるのがいいんです」「白ベースのドット柄ワンピースはZARAで¥8,000ほど。この時季はベージュの着流し風リネンガウンをはおって軽やかに」。ワンピース/ZARA リネンライトコート/カオス バッグ/J&M デヴィッドソン 靴/海外で購入 バングル/ハム 「こちらもZARAのサイトで。2 サイズ取り寄せ、自分の体型に合うものを。プチプラこそ、サイズ感で妥協しないことも大人のルール」■エディター 坪田あさみさんのマイルールプチプラは、おしゃれのカンフル剤。「次に着たいもの」を投入します 「春夏らしい色ものを求めてWebショッピングめぐりをしていた時に出会ったのがこのスカート。届いたら想像していたより丈が少し短かったのですが(笑)、それなら高いヒールの靴を合わせようとか、工夫しながら着こなすのもまた楽しいんですよね。高価な服だとどうしても"守り"に入りがちですが、プチプラ服は"遊び"に振り切れる。"次、これを着たい"という挑戦をすることで、おしゃれの幅が広がります」「きれいな発色のピンクスカートはSLOBE IÉNAで¥15,000ほど。激安ではないけれど、挑戦するにはいい価格」。スカート/SLOBE IÉNA Tシャツ/N.O.R.C バッグ/STAUD サンダル/ミッシェル・ヴィヴィアン ヘアスカーフ/フォンデル サングラス/BLANC「挑戦アイテム・ダッドスニーカーはZARAで購入。ベーシック服はいいものを、トレンド服はプチプラで、というバランスが私流」【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/須藤敬一(発田さん、磯部さん、坪田さん) イマキイレカオリ(東原さん、Akaneさん) 遠藤優貴(MOUSTACHE/伊藤さん) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/八角 恭(nude./発田さん) TOMIE(nude./磯部さん) 森野友香子(Perle Management/坪田さん) YUMBOU(ilumini./東原さん、Akaneさん) 神戸春美(伊藤さん)
  • 夏こそチープシックを極めるいいチャンス。「アンダー5万円の『幸せモード』」では、ハイメゾンの名品からアジアブランド、メンズウェア、本気のワークウェアをボーダーレスにピックアップ。大人のおしゃれ心を満たします! 大人を夢中にさせる存在といえば、SixTONES。彼らの多様な魅力に、「野性と純真」というテーマでフォーカス! 2019年下半期の運勢が気になるなら、「運命のCOJI-COJI占い」は必読。さくらももこさんの人気キャラクターと数秘術のコラボレーションで、来季の指針を丁寧にレクチャー。SPUR8月号は、夏を盛り上げるワンダーランドマガジンです!太陽煌めく夏がやってくると、暑いとは言いつつ外へ出たくなるから不思議です。今月号では、次の秋冬にもトレンドが続きそうな“ピンク”色にフォーカス。アウトドアブランドとのミックススタイルで、夢見心地な「ピンクニック」のファッションストーリーを提案します。大好きな色を大胆に重ねて、とびきりハッピーな夏支度を! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  「いつかは欲しい」「久々に買いたい」と思っていても、何をどんな基準で選んだらいいのか迷うのが時計。決して安い買い物ではないですからね! そこで「究極のあがり時計は?」「カジュアルにもフォーマルにもつけられるのは?」などいろんなポイントから名品をピックアップ。秋に予定されている増税までに駆け込み買いするなら、まずはこちらをお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  暑い夏のクローゼットの必需品、Tシャツ。毎日身に着けるアイテムだからこそ、魅力的なデザインとアフォーダブルなプライスを兼ね揃えた精鋭が必要です。どんなスタイリングにも合わせやすいクリーンなテイストから、アップカミングなストリートブランドまで幅広く紹介しています。真夏を一緒に駆け抜ける心強い相棒をぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  夏なのにレイヤリング?と思ったそこのあなた。もう2019-20AWコレクションは発表されており、次の季節のムードがひたひたとモード界にはやってきているんです! 今回スタイリスト浜田英枝さんが提案するのは、今から着られてネクストシーズンも先取りできる、レイヤードテクニックについて。トレンドのエッセンスが凝縮された特集です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  憧れのハイブランドから老舗のジュエリー、メンズアイテムから作業服専門店まで。街中を駆けずり回ってみつけたモードなアンダー5万円が一堂に! 確かな品質と、心躍るデザイン。このふたつが揃ったアフォーダブルなアイテムの数々。バリエーション豊かなラインナップは、買い物欲がムクムクと湧いてきます。この夏、おしゃれがもっと楽しくなること間違いなし! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  デイリーに活躍する名品が揃う、プレフォールコレクション。だからこそ気候の変化にあわせて長く着られるアイテムを、賢く手に入れるのが正解です! このテーマでは、スタイリング次第で2シーズン、ないしはオールシーズン着られるウェアを厳選。ドレス、シャツ、セットアップなど「今日買ってすぐ着られる」ウィッシュリストをぜひご覧ください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  この夏はメイクアップにおいて、かつてないほどのベージュブームが訪れています。素顔にそっとベールをかけたかのような、やさしくフェミニンなまとい方を提案。唇に、目もとに、そして頬に。10%~100%まで、ベージュの分量を少しずつ変えて「新しい顔」を描きます。 驚くほど垢ぬける今シーズンのベージュの力を、ぜひ堪能してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  手にするだけで気持ちが弾み、使うと心がちょっと強くなる。2019年の上半期を代表するようなコスメティックスには、そんなパワーがあります。今回のベストコスメ特集は、私たちが生きていくうえでの“相棒”とも呼べるプロダクトをビューティプロの声に基づいて厳選。使う人の心を豊かにするようなコスメティックスを朝のストーリーとともにお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ジョージアを知っていますか? 今、ファッション業界の人々はいっせいにこの旧ソ連の小国を目指しています。洗練されたホテルを中心に、ファッションスポット、レストランが続々とオープン。料理もワインも最高においしく、まさに楽園。まだどのガイドブックにも載っていない、ジョージアの魅力を凝縮させました。これを読んだ3分後、ジョージア行のチケットを買っていること間違いなし。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  平成から令和という大きな時代の変化を迎えた上半期を終えて、残りの半年はどうすれば?と思う方も多いはず。今回の下半期占いではなんと、さくらももこさんの人気漫画『コジコジ』とコラボレーション! 真木あかりさんの数秘術をキャラクターに紐付けて、基本性格や指針を解説します。ゆるく、でもしっかりと深く読み込める占いをぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • SPUR8月号では「運命のCOJI-COJI占い」と題して、あの人気マンガとのコラボレーションが実現! 数秘術で自分の誕生数を導き出したら、あなたのキャラクターが丸わかり。ゲラン、カメ吉、コジコジ、ルル、次郎……など9タイプ別にご紹介しています。自分のキャラクターがわかる瞬間が非常に楽しいので、ぜひ友人同士や家族と一緒に診断してみてください! 好評を博している真木あかりさんによる読み応えたっぷりの文章も必読。下半期のサマリーから各タイプの方への丁寧な下半期の指針、そして出会い運や仕事運などランキングもご紹介しています。そのことばとリンクするCOJI-COJIの名シーンにもぜひぜひご注目ください。癒やされたり、くすっと笑えたりします。 さくらももこさんファンの皆様のみならず、どなたにも“ゆるーく深く”刺さること間違い無しの下半期占いに仕上がっています! SPUR8月号「2019年下半期をゆるーく深く! 運命のCOJI-COJI占い」を試し読み(外部サイト)
  • ちょいスポーティでも職場で浮かない、クリーンな白×上品なベージュで!楽ちんなのにきれいめに着られるフレアシルエットのTシャツワンピをヘビロテ中☆ 内勤オンリーで残業もない日はカジュアルダウンするのもアリじゃない? ビッグシルエットのチルデンベストを重ねたら、裾がフェミニンに揺らめいて絶妙な甘辛ミックスに。クリーンな白に品よくなじむベージュなら、平日でもやりすぎ感なく旬のスポーティムードを取り入れられる。水色のバッグに締め色のソックス×パンプス。きれいめ感も遊び心もある小物使いで、仕事中もアフター6もハッピーに♪ワンピース¥17000/TICCA ベスト¥2990/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 靴¥18500/ダイアナ 原宿店 バッグ¥32000/ADINA MUSE SHIBUYA イヤリング¥2111/サードオフィス(ROOM) 時計¥31000/シチズン(マーガレット・ハウエル アイデア) 靴下¥2800/カージュ ルミネエスト新宿店土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/高野麻子 撮影協力/AWABEES 原文/鈴木絵美 
  • 先日箱根に1泊2日で旅行に行ってきました! 箱根は有名な温泉地だと思いますが、自然もとても豊かな所なので今回はその良さも伝えられたら良いなと思います(^^)田むら銀かつ亭まず初めに着いてからはすぐにお昼ご飯を食べました!(笑) このお店の名物は何といっても豆腐かつ!豆腐かつは初めて食べましたが出汁と豆腐と卵がマッチしていてとても美味しかったです(^^) 平日でも並ぶ人気店ですが、開店後30分までに行くと比較的にスムーズに入れるとのことでした。堂ヶ島渓谷散歩道お昼ご飯を食べた後は箱根の自然散策へ! 渓流沿いの道を歩きながらバードウォッチングも楽しみました(^^)こんな感じで吊り橋を渡りながら箱根の自然を散策します。ちなみに吊り橋以外の道は意外と未舗装なので思ったよりも登山っぽくなるので注意が必要です(笑)キセキレイという鳥のヒナがいました!まだ顔があどけなくてかわいい~!(笑) 今の時期は子育ての時期なので色々な鳥のヒナが見れるのも魅力かなと思います。吊り橋付近ではキセキレイの成鳥もいました。ヒナと比べると尾羽が長くなり色も濃くなり、より美人さんになりますかわいい!!(笑)箱根 星のあかり渓谷散策をした後は芦ノ湖スカイラインなどを巡りつつ少し早めにお宿へ! 今回は名前にちなんで「箱根 星のあかり」というお宿に泊まりました(笑)部屋からの景色です!自然に囲まれたお宿なので部屋からも鳥の声が聞こえます~良い~!(笑)そして大浴場だけでなく部屋にもお風呂があり、しかも大浴場とは違う種類の温泉となっています!素晴らしい♨ そしてこのお宿の一番の特徴は屋上に足湯があるという点です!夜は星を見ながら足湯にはいることができ、その後ろにはリクライニングチェアもあるため足湯後は星見も楽しめます。宿の名前通りまさに「星のあかり」といった感じでした!(笑) ちなみに館内での浴衣は何種類かの生地と帯から選ぶことができるので自分だけの浴衣コーデも楽しめますよ(^^)芦ノ湖でカヤック2日目は芦ノ湖でカヤックをしました! 芦ノ湖というと遊覧船のイメージがありますが、今回はカヤックで芦ノ湖を巡ることにしました。 カヤックは初挑戦でしたが手漕ぎボートよりもよりスムーズに進みました!自分が行きたい所に行けたり岸辺の近くまで行ける点はとても良かったかなと思います。音楽をかけながら楽しんで漕ぐことができました(^^) 上空ではトビが飛んでおり岸辺ではカワセミが見れたりと自然も楽しめました。雲助だんご本舗カヤックの後は近くのお団子屋さんで和菓子を楽しみました。 私は白玉あんみつを食べましたが冷たさがカヤック後には持ってこいでした!お団子もモチモチで美味しかったです(^^)三島スカイウォークその後は三島スカイウォークに行きました! この吊り橋は歩行者用の吊り橋としては日本最長の吊り橋とのことです。 天気が良かったので富士山も綺麗に見え絶景を楽しめました(^^)山薬最後は自然薯のお店へ!自然薯というとろろ芋?のような食べ物でヘルシーごはんを楽しみました! 麦ごはんはおひつでおかわりが出来るのですが、自然薯料理がおいしすぎておひつを合計3杯おかわりたため、結果として全くヘルシーではないごはんになってしまいました( ^)o(^ )笑箱根 まとめ今回の旅行で箱根は温泉だけでなく自然やグルメも楽しめる所だということを改めて感じました! 火山警戒レベルが引き上げられたので行く前は少し心配でしたが行ってみると全く問題なく楽しめました。 個人的には堂ヶ島渓谷散歩道や芦ノ湖カヤック、星のあかりは本当に良かったなと思うので全力でオススメしたいです(^^) 箱根で自然と温泉とグルメを楽しむ休日、ぜひいかがでしょうか?モアハピ部 No.698 あかりんす のブログ
  • 読者インフルエンサーの素顔に迫る!ブログで、誌面で、キラキラ輝くモアハピ部メンバーたちの“ありのままの姿”を大調査! 知っているようで意外と知らない、同世代女子のお仕事事情。仕事内容からあるあるアイテムまで、リアルライフを徹底取材しました!【今月のリアルOL】モアハピ部No.650 NARUさん。職業は、IT関連事務派遣成長を求め異業種から転職。意欲と努力でスキルアップ!「前職は接客業でしたが、より女性が活躍できる場所で力を発揮したいと思い転職を決意。現在はIT事務のプロフェッショナルとして、私たちの力を必要とするお客様のもとに出向き、BIツール(会社が持つ大量のデータを集めて分析、経営に生かすツール)を使ってビジュアライゼーション(情報可視化)を行う仕事をしています。パソコン未経験者だった私ですが、今では社内の『EXCEL女子事業本部』のプロジェクトリーダーとしてチームをまとめるまでに! 社内研修のマナー講座でも講師を務めるなど、日々成長とやりがいを感じています。効率化が得意な“EXCEL女子”ゆえか、料理や掃除など普段の生活でも効率重視で動くようになってきました(笑)」(NARUさん、以下同)密着! リアルO L 2 4 時!職業柄あるあるアイテム大好きなリップは常に複数本持ち!ひと塗りで印象も気分も変えてくれるリップは複数本常備。TPOに合わせて塗り替え、リフレッシュ♪PC作業の疲労対策のアイテムも!テキストのほか、目と手を酷使するので、ブルーライトカットメガネ、目薬、ハンドクリームは必須!モア世代女子、モアハピ部に注目せよ!毎日の服選びの参考になるコーディネート写真や、お買得なお買物アイテム、さらには、全国にいるモアハピ部員ならではのご当地グルメ情報などなど……。旬のネタに詳しい彼女たちだからこそ知る、お得な情報が詰まった記事が満載♪→リアルな旬ネタがいっぱいの【モアハピ部】ブログはここからチェック!取材・文/井上華織 撮影/早坂佳美
  • こんばんは 最近暑い日が続きますね こんな日は特にお顔がテカテカに なりやすいですよね〜(;^ω^) 私は元々乾燥肌なので、 顔のテカリを気にしたこと あまりなかったのですが… 先日仕事の休憩中ふと鏡をみて、 あれ?鼻がテカってる(*_*)? とビックリガッカリしました笑 そこで大人気のこのアイテムを 早速購入しましたっ!【エテュセ】テカリ・毛穴修正液持ってる方も多いかなと思いますが、 なんとこちらは‼ 夏に嬉しい‼ 《ひんやりクール》バージョン♥ 普段のと両方試してみましたが、 ひんやり感全然違いました♪ スキンケア後や化粧下地の後に サッと塗るだけで、 テカリ知らずの肌へ(*´ω`*) 更に毛穴もカバーしてくれます またファンデーションの上からでも 塗ることが出来るので、 テカリが気になってからでも 大丈夫なんです(●´ω`●) 実際にテカテカの私のお鼻へ 塗ったのですが、 一瞬でサラサラお鼻に なったので驚きました!笑 ポーチに入れて持ち歩こう♥リップやグロスと変わらない サイズ感なので、 ポーチに入れて持ち歩きましょう♥ 《ひんやりクール》バージョンは しろくまさんのデザインで とってもかわいいです(*´ェ`*) 持っているだけで気分も 上がりそうですね♪モアハピ部 No.705 さきてぃ のブログ
  • アラフォーの夏のシンプルコーデには、小物のスパイスが必要。コーデの主役となるような、人気ブランドの最旬バッグがシンプルコーデを格上げしてくれます!【目次】 ①アラフォーの心を動かす美しハイブランドのバッグ ②ブランド バッグを自分らしくカスタマイズ! ③おしゃれプロ&セレクトショップのリコメンド・ブランド バッグ ①アラフォーの心を動かす美しハイブランドのバッグ■CHANELの軽やかなバケツ型バッグ2019春夏 プレコレクションより、パンチングでブランドロゴをかたどった、軽やかなバケツ型バッグが登場。内側のピンク、そして中にはツイードのポーチつきで心躍る。短めハンドルのほか、長めのチェーンストラップがついているので、アレンジも自在。 バッグ(19×21×13)¥359,000・カーディガン¥401,000・スカート¥170,000・バングル¥178,000/シャネル インナー/スタイリスト私物▶CHANELの軽やかなバケツ型バッグ 詳細はこちら■SAINT LAURENTのトートバッグ(右)カサンドラロゴがきいた正面のポケット部分は、取りはずすと薄型のクラッチバッグに早変わり。トートにはショルダーストラップつき。「アップタウン」バッグ(23×23×11) ¥239,000・ (左)中の巾着を取りはずせば、シンプルなトートバッグとして。ラムレザーの上質な風合いが生きる巾着は、それだけでもバッグとして活躍する。「ショッピング・テ ディ」バッグ(33×25.5×19.5)¥199,000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)▶SAINT LAURENTのトートバッグ 詳細はこちら■BOTTEGA VENETAのビッグクラッチ若きダニエル・リーが手がけた初のバッグコレクション。柔らかなレザーで硬いフレームを包んだビッグクラッチは、丸みを帯びたフォルムが愛らしい。「THE POUCH」バッグ(20×39×19)¥260,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)▶BOTTEGA VENETAのビッグクラッチ 詳細はこちら■BALENCIAGAのロゴバッグ人気ラインの新作は、都会的で着こなしを選ばない絶妙なグレー。取りはずしのできるショルダーストラップは長さ調節が可能なので、肩がけも斜めがけもOK。「EVERYDAY LOGO」バッグ(22×19×9.5)¥128,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)▶BALENCIAGAのロゴバッグ 詳細はこちら■LOEWEのオープンバケット型バッグオープンバケット型の新作。アシンメトリーに配したハンドルは、カーブしたピンバックルで長さ調整が可能。カーフスキン&リネンは、軽さも耐久性も優秀。「BALLOON」バッグ(37.5×22×23)¥171,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)▶LOEWEのオープンバケット型バッグ 詳細はこちら■STELLA McCARTNEYのロゴバッグサンドブラスティングしていないエコデニム素材を使用。間口が大きく、中のポーチは小分け収納にも便利。ショルダーストラップつき。「ステラ ロゴ」バッグ(21×32×12)¥121,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)▶STELLA McCARTNEYのロゴバッグ 詳細はこちら■CHLOÉのチェーンバッグ新アイコン「Chloé C」は、大胆な"C"の金具とゴールドチェーンで華やぐデザイン。シャイニーレザーのボディに、フラップ部分はスエードを加えて表情豊かに。「Chloé C」バッグ(14.5×21.5× 5 )¥127,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)▶CHLOÉのチェーンバッグ 詳細はこちら■FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」トートバッグを二つ折りすればクラッチに、斜めがけしてメッセンジャーバッグにと、まさに“フリップ”する新型バッグ「フェンディ フリップ」。レザーと、キャンバス地の「FF」ロゴ柄、2種類のショルダーストラップがついているから、オケージョンに応じて使い分けて。 「フェンディ フリップ」バッグ(23.5×30×13)¥287,000・ジャケット¥390,000・ブラウス¥115,000・パンツ¥115,000・ピアス¥29,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)▶FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」 詳細はこちら■DIORの「サドル」バッグ2000年に初めて登場した伝説の「サドル」バッグが再解釈され、復活。乗馬の世界から着想を得たという馬鞍の形に、ゴールドの“D”を配したデザインは、時代を越えるエレガントさ。ヴィンテージ調のストラップで、今の遊び心を加えて。 「サドル」バッグ(20×5.5×6.5)¥360,000・太ストラッ¥180,000・コート¥460,000・シャツ¥140,000・パンツ¥145,000・ピアス(片耳)¥43,000・リング¥62,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶DIORの「サドル」バッグ 詳細はこちら②ブランドバッグを自分らしくカスタマイズ!■FENDIのストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶FENDIのバッグ&ストラップ 詳細はこちら■DIORのキャンバス素材ストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶DIORのバッグ&キャンバス素材ストラップ 詳細はこちら■PRADAのロボットチャーム「それどこの?」と聞かれること間違いなし! 電子部品で工作したような、おとぼけ顔のロボットがキュートなチャームをシンプルなトートにつけて。チャームの一部にバッグと同じ上質な「サフィアーノ」レザーを使用。 バッグ(19.5×28×12)¥255,000・ピンクロボットチャーム¥51,000・ピンクロゴチャーム ¥36,000・グリーンロボットチャーム¥51,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)▶PRADAのバッグ&ロボットチャーム 詳細はこちら■グッチのイニシャルカスタマイズ大きめなGGパターンのトートバッグの両面、または片面に、好きなアルファベットを入れられる。イニシャルは4 種類の素材・16パターンから選べる。オンラインで仕上がりイメージを見ながらカスタマイズできるのも嬉しい。こちらのイニシャルはクリスタルつきのフェルト素材。 「『ABCDEFGUCCI』 オフィディア トートバッグ」(43×41×5.5)¥259,000〜393,000/グッチ ジャパン(グッチ)▶グッチのバッグ&イニシャルカスタマイズ 詳細はこちら③おしゃれプロ&セレクトショップのリコメンド・ブランド バッグ■BALENCIAGAのロゴバッグ副編集長S田 リコメンド 「大人なベージュとキャッチ―なロゴにテンションアップ!きちんと感のあるフォルムだからオンオフともに活躍」と副編集長S田がひと目惚れした「ヴィル」の新色。レディなベージュとモードなロゴで旬のバランスが完成。「ヴィル トップ ハンドル S」バッグ(H22×W26×D11㎝)¥235,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ) ▶BALENCIAGAのロゴバッグ 詳細はこちら■ZANELLATOのホワイトバッグマリソル 編集部MDR推薦 「清潔感のあるクリーンな白で、レザーだけで表現されたモチーフが贅沢。カジュアルに斜めがけしたい」。バッグ¥130,000/アマン(ザネラート)▶ZANELLATOのホワイトバッグ 詳細はこちら■Sergio Rossi & TOINO ABELのかっちりかごバッグマリソル 編集部Y本推薦 「先シーズンあたりからセレクトショップで見かけていたブランドが本格上陸。かっちりフォルムとステッチのゆるさのバランスが可愛い」。バッグ¥28,000/ショールーム セッション(TOINO ABEL)▶Sergio Rossi & TOINO ABELのかっちりかごバッグ 詳細はこちら■DELVAUXの「ブリヨン」バッグエディター湯澤実和子さん推薦 「オケージョンや冠婚葬祭を含め、この先ずっと使える超定番として本気のいいものが欲しくて購入。ブランドがわかりにくいのも好み」。バッグ¥642,000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー)▶DELVAUXの「ブリヨン」バッグ 詳細はこちら■フォンタナ ミラノ 1915のバッグBARNEYS NEWYORK リコメンド トップハンドルからの丸みのあるフォルムに縫製。隅々まで美しい職人技が光る。 バッグ(24× 28×11.5)¥320,000/バーニーズ ニューヨーク(フォンタナ ミラノ 1915)▶フォンタナ ミラノ 1915のバッグ 詳細はこちら■ラドローのかごバッグRon Herman リコメンド 上質感のあるレザーコンビのかごなら、大人でも持ちやすい。たっぷりとあしらったフリンジで、シンプル服も見違える! バッグ(34×22×22)¥62,000/ロンハーマン(ラドロー)▶ラドローのかごバッグ 詳細はこちら■エレメのコラボバッグChaos リコメンド 先シーズンヒットした形の新作。大きいのに軽く、ハンドルが二重で持ちやすい点も人気の秘密。 バッグ(37×45×19)¥57,000/カオス丸の内(ア バケーション)▶エレメのコラボバッグ 詳細はこちら■バルダンのスクエアショルダーバッグESTNATION リコメンド 型押しにゴールドの持ち手がエレガント。形がくずれず、荷物を入れてもきれいな形がキ ープできるのも人気の秘密。 バッグ(19×24.5× 8 )¥55,000/エストネーション(バルダン)▶バルダンのスクエアショルダーバッグ 詳細はこちら■J&M DAVIDSONのコラボバッグTOMORROWLAND リコメンド 「トゥモローランド」40周年を記念して別注した限定色。通常ゴールドのスタッズもシルバーに。 バッグ(26.5×17.5×17.5)¥154,000/TOMORROWLAND(J&&M デヴィッドソン TOMORROWLAND別注) ▶J&M DAVIDSONのコラボバッグ 詳細はこちら■Christian Louboutinのトートバッグ副編集長S田 リコメンド 「持つだけで気分が上がるカラフルで美しいトートを夏に向けて購入。まるでアートのような特別感!」と副編集長S田がひと目惚れしたのが、「CABA」コレクションの新作「ポルトガバ」。ポルトガルの伝統的な手法や技術を取り入れ、色鮮やかで存在感抜群。内側は伝統的なアズレージョタイルがモチーフになったプリントに。 バッグ(縦32×横55×マチ33㎝)¥239,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)▶Christian Louboutinのトートバッグ 詳細はこちら■J&M Davidsonの2WAYバッグスタイリスト松村純子さん リコメンド 誰もが持っている黒いバッグは、フォルムと質感で差をつけたい。J&M デヴィッドソンの「メド」バッグは、A4サイズが余裕で入り、クロスボディ、手持ちもできる2WAY仕様。「一見シンプルですが手にした時のくたっと感がなんとも言えず素敵。リネンジャケットとショーパンに合わせて持ちたいです!」とスタイリスト松村純子さん。「メド」バッグ(H40×W35×D9㎝)¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ▶J&M Davidsonの2WAYバッグ 詳細はこちら※( ) 内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です(編集部調べ)
関連キーワード

RECOMMEND