ジェンダーレスモデル中山咲月さん、セリーヌのメンズを着る!

SPUR.JP
足もとはベルトディテールが目を引くベルリンブーツで!
足もとはベルトディテールが目を引くベルリンブーツで!

いよいよ始動したエディ・スリマンによる新生セリーヌ! パリのナイトライフに着想したコレクションは、これぞエディ・スリマン!と叫びたくなるような研ぎ澄まされたシルエット。何より、セリーヌ初のメンズラインは、女性でも着たくなるパリシックなアイテムが豊富です。そこで、ドラマ『中学聖日記』のバーテンダー役でも話題をさらったジェンダーレス女子、中山咲月さんにいち早くメンズコレクションを着こなしていただきました。二十歳を迎えた彼女が自身のジェンダー感と向き合いながらたどり着いた、メンズライクなスタイル。その最高峰に袖を通した時、「心の底からしっくりきて、自信が持てる」。そんな力がセリーヌにはあるのです!

インタビュー時はふわっと柔らかい表情が等身大で魅力的。でもひとたびカメラを向けると、射貫くような視線にドキリとさせられます。次世代を担う新しい才能と、モード界のカリスマのコラボレーション、ぜひご堪能ください。

保存

関連記事
  • © 2019 - Love is in the Air - Pathé Films - France 2 Cinéma - C8 Films - Les Productions Chaocorp - CN8 Productions来週、横浜でフランス映画祭2019が始まります。ラインナップのジャンルはさまざま、でもどれもフランスらしさいっぱい。マチュー・アマルリックにギヨーム・カネ、ジャン・ユーグ・アングラードと、男性スターが揃って「くたびれオヤジ」を演じるばかりか、シンクロナイズド・スイミングを披露する『シンク・オア・スイム』。ベル・エポックのパリを夢のように美しいアニメで表現する『ディリリとパリの時間旅行』。これから公開されるフランス映画をいち早く、来日ゲストともに観られるチャンスです。とともに、まだ公開が決まっていない作品を目にする絶好のチャンスでもある。私はほとんど前情報もなく観た『愛しのベイビー』に、ちょっと胸熱でした。エロイーズ(サンドリーヌ・キベルラン)は三人の子どもを育ててきたシングルマザー。大変だったけれど、いよいよ末娘ジャード(タイス・アレサンドラン)が18歳になり、留学して家を出ようとする段になって、どっと不安や感傷に襲われます。さて、エロイーズは無事に子離れできるのか?「母の愛」というのは、よくも悪くも、映画ではずっしりと重く描かれがちなのですが、ここではあくまでコミカルでキュート。娘の最初のセックスを心配したり、一緒に暮らす最後の時間をビデオや写真に残そうと頑張りすぎて、空回りしたり……どんなに自立したフランス女性でも、ときには「自分より子ども優先」となってしまうんだ、と思いました。とはいえ、いつも自然におしゃれなところはさすが。監督は『ダリダ 甘い囁き』(16)のリサ・アズエロス。彼女を含め、多くの作品の監督が上映後のQ&Aに登壇するようです。いろんな出会いが待っているのは、やはり映画祭ならでは。関西や福岡でも作品上映があるようなので、チェックしてみてください。 『愛しのベイビー』監督・脚本/リサ・アズエロスサンドリーヌ・キベルラン、タイス・アレサンドラン フランス映画祭2019 横浜 Festival du film français au Japon 20196月20日(木)~6月23日(日)みなとみらい地区中心に開催(横浜みなとみらいホール、イオンシネマみなとみらいなど)http://www.unifrance.jp/festival/2019/
  • ひとりっぷ®のムック本第3弾『昨日も世界のどこかでひとりっぷ®3 〜弾丸無茶旅編〜』の発売とシリーズ累計10万部突破を記念して、愛読者の皆さんに感謝を込めて、トークイベントを都内で開催。多彩なアーティストとコラボレーションイベントを行っている「パーク ハイアット 東京 マスターズ オブ アーツ」の一環として、パーク ハイアット 東京という贅沢な場所で、ひとりっぱーの皆さんとの時間を楽しみました。まずは「ひとりっぷ®トークショーSpecial Edition」ひとりっPの夢、ひとりっぷジェット!パーク ハイアット 東京の副総支配人とマーケティングコミュニケーションズ ディレクターのご挨拶の後、いよいよ「ひとりっぷ®トークショーSpecial Edition」の第1部スタート。今まであまり語ったことのない、ひとりっPのホテル選びの極意から。アーティストとのコラボレーションの取り組みとして開催されている、「パーク ハイアット 東京 マスターズ オブ アーツ」にひとりっぷとして参加。満員御礼! 販売当日、すぐに売り切れという今回のイベント。各回45人をお迎えして、熱いトークを展開。これがひとりっぷ400回の結論! ひとりっP的ホテルの選び方 超実践編チェンマイでは素敵な邸宅系ホテルが充実なので、おすすめ!旅の楽しみを大きく左右するホテル選び。ひとりっPが400回以上の経験で得た、快適な旅のためのホテル選びについてのお話です。その土地ならではの雰囲気たっぷりなホテルなど香港、台湾、タイなど様々な都市別に、ここに注意!というポイントを添えて、細かくご紹介。番外編として、Airbnbでの失敗談などにも触れ、サンフランシスコでのオーナーが普段生活している部屋をそのまま貸し出していて落ち着けなかった事など、ブームのAirbnbを選ぶ際の落とし穴やポイントの参考に!また「予約をどこでどうするか」ついては、ホテル予約サイトの具体的な読み解き方、そして、それらを調べた後に必ず、ホテル公式のサイトをチェックするよう指南。ホテルの公式サイトでしか申し込めないお得なプランなどを確認すべき!とアドバイス。400軒以上選んできたひとりっPのホテル選びが語られました。 ホテルのことをもっと知りたい!パーク ハイアット 東京の中の人に直撃「お話できる範囲でよいのですが、何か困った事はありますか?」というひとりっPの問いに「かなり厳密なベジタリアンの方から美味しいお寿司を食べたい!と言われた事がありましたが、なんとか対応をお願いして予約できました」。トークショーの第2部はパーク ハイアット 東京 チーフコンシェルジュのエイドリアン・ファウトさんとフロントオフィス・マネージャーの米良真善さんに、ひとりっPが突撃インタビュー。ひとりっPからは「部屋に案内されるまでの間の、スタッフの方との会話はどんな話題がよいのでしょうか?」、「一旦通された部屋が気に入らなかった場合、どうしたらよいですか?」、「早くチェックインしたほうが、いいお部屋を割り振ってもらえるんですか?」など実践的な質問が飛びだし、おふたりから丁寧に教えていただきました。 ホテルの部屋選びで失敗しないためには、予約の時点で希望について(NGな事があればそれも)メッセージを入れておき、さらに到着してチェックインする際にも、その内容を確認するのがよいとのこと。また、「もし気に入らなかった場合はなんなりとリクエストを出してください!」とのことでした。パーティ会場はプレジデンシャル スイート! クイズ大会や抽選会を開催ラグジュアリーなリビングルームでは、今回初のひとりっPの等身大パネルがお出迎え。第2幕は51階に場所を移し、リビング、ダイニング、キッチン、書斎、ベッドルームを合わせて、290平米という贅沢なプレジデンシャル スイートで、皆さまに感謝の気持ちを込めて、“Let'sひとりっパーティー"を開催 。1歩足を踏み入れた瞬間から広がるラグジュアリーな別世界に、皆さんとともにひとりっPも大興奮。まずは皆さんと、シャンパンで乾杯を! クイズ大会の優勝者にはホテルのスパチケットが贈られました。のんびりくつろいでください!乾杯の後は、『ひとりっぷ』3冊の愛読者やSPUR.JPの記事をご愛読いただいている方ならわかるはず⁈の「ひとりっPクイズ」大会をスタート。優勝者には、パーク ハイアット 東京での豪華なダイニングメニュー付きスパチケットが贈られました。また、じゃんけん大会や撮影タイムなどのイベントも行われ、あっという間に時間はすぎていきます。アップルパイの他にもオードルや各種のプチスイーツなど、もりだくさん。今回のパーティでのお料理の中でも特に好評だったのは、以前ひとりっPが食べてその美味しさの虜になったという、パーク ハイアット 東京のアップルパイ。いつでもあるメニューではないのですが、このイベントのために用意してくださり、皆さんで楽しみました。プレデンシャル スイートからの美しい眺め。東京の夜景が一望できます。あっという間の2時間半! お土産をお渡しして、お別れです。アンケートのご協力、ありがとうございました。豪華お土産の数々。パーク ハイアット 東京のオリジナルバスソルト2包と、ひとりっP愛用のフルールドファティマ のイノセントボディウォッシュ サボンノワールとサボンブラン 2種各280ml。豪華お土産には、旅のバスタイムはよい香りに包まれたい!というひとりっPのこだわりから、愛用のフルールドファティマのボディウォッシュ2本とパーク ハイアット 東京のバスソルト2包を用意。「皆さん、旅先でも家でも、バスタイムにはよい香りに包まれて、疲れを癒してください~!」とひとりっP。初登場のひとりっPパネルとひとりっP。皆さんのひとりっぷ熱の高まりに、ひとりっPも大興奮!ひとりっPこだわりの豪華お土産つき、ひとりっぷ®スペシャルトークイベント@パーク ハイアット 東京も、お別れの名残り惜しさを感じつつも、無事3回を終えられました。お越しくださった皆さん、楽しい時間をありがとうございました。また、今回参加できなかった皆さん、次回を楽しみにしていてください。それまで、皆さん、どしどし、HAVE A NICE ひとりっぷ~! >>満員御礼!超旅人・田辺誠一さんと旅バカ・ひとりっP、ディープな旅人ふたりのトークイイベントをレポート ひとりっP愛用のバスウォッシュはよい香りが自慢のフルールドファティマ! >>【突ワン第3回】雑貨天国!モロッコ旅90回のエキスパートが指南! こだわりの“変態旅”、だから面白い ひとりっPは旅に出まくっても、なぜ疲れない? >>【突ワン第5回】ドクター貴子に聞く、旅のヘルス&ビューティの知恵!旅で疲れない人にはワケがあった パーク ハイアット 東京のスイートの模様はこちらからhttps://suiteroom.parkhyatttokyo.com/presidential_suite/index.html photography:Yuka Fujisawa
  • 「Ombre Nomade(オンブレ・ノマド)」に続き、中東に息づく香水の伝統にオマージュを捧げたフレグランス・コレクション。「レ・パルファン ルイ・ ヴィトン(Les Parfum Louis Vuitton)」から、新作フレグランス「Les Sables Roses(レ・サーブル・ローズ)」が登場。 ルイ・ヴィトンのインハウス・マスター・パフューマーであるジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードが、ウードウッドが香り立ち、砂漠への旅へと誘うようなイメージで調合した「Ombre Nomade(オンブレ・ノマド)」に続き、中東に息づく香水の伝統にオマージュを捧げたという。 数千年の歴史を持つ中東の香水文化から生み出される香りや習わし、伝統に魅了され、今回、ローズやウードウッド、アンバーグリスを中心に調香してコントラストを際立たせている。レ・パルファン ルイ・ヴィトン オー ドゥ パルファン (レ・サーブル・ローズ) 100mL ¥41,000 レ・パルファン ルイ・ヴィトン オー ドゥ パルファン (レ・サーブル・ローズ) 200mL ¥63,000 レ・パルファン ルイ・ヴィトン トラベルスプレイ (レ・サーブル・ローズ) 7.5mL x 4 ¥41,000 トラベルスプレイ レフィル 7.5mL x 4 ¥23,000「Les Sables Roses」の インスピレーションとなったのは、中東の砂漠の昼と夜、光と影、暑さと寒さ、空と大地――といった相対するものが調和を奏でる瞬間。 砂漠のような「温」と「冷」を感じさせ、自然な香りの美しさが存在するような調香が完成。ローズとウードウッドの二重奏にアンバーグリスがアクセントを添え、原料の豊かさをさらに強調している。 ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは、フランスのグラースで過ごした幼少時代から周囲を取り巻く自然の原料に魅了されてきた。現在は、世界中を巡り最も貴重な原料を探し出し、自身のクリエーションの中で高めていくことに力を注いでいるという。ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは、単品で使用するのはもちろん、他の香りとの組み合わせもできるフレグランスとして作り上げたという。分量の比率を自由に変えて、「1+1=無限」の広がりが生まれる楽しみを味わえる逸品だ。 「Les Sables Roses」は、ルイ・ヴィトン松屋銀座店、ルイ・ヴィトン表参道店および公式サイトにて発売中。https://www.louisvuitton.com/
  • きちんと感とこなれ感を兼ね備えた「黒」が使えます!リネンスカートの5日間着回しコーデ先日もちらっと載せたこちらのコーディネート。 ロゴTシャツにリネン素材の長めタイトスカートを合わせていました。リネンといってもコットンとのブレンドで、抜群の伸縮性と天然素材らしいナチュラルな質感が両立されています。 大股で歩いても、しゃがんでも本当に楽なんです!!ハイウエスト×Iラインのすっきりしたシルエットで、フロントにスリットが入っているので動きやすさもありつつ、女性らしい。 黒でも真っ黒ではなく、スミクロなところもいいんです。 スミクロは黒を薄めたような少しくすんだ色味。 夏に着ても暑苦しく見えにくく、おすすめです。カジュアルなTシャツはインしてきれいめに。 ではスカートを使った着回しコーデです。 ブルーとブラウンの甘めブラウスはインせずアウトで着てこなれ感を。ブラウスのブラウンをリンクさせて、かごバッグとサンダルにもブラウンを取り入れました。前だけウエストインすると、また違った雰囲気になります。blouse B:MING by BEAMS skirt GALERIE VIE sandals PICHE ABAHOUSE bag LOEWE 続いて、ストライプシャツを合わせた着こなし。ちょっとクールめに着たくて、シルバーのシューズをプラスしました。 バッグはピンクですが、チェーンがシルバーなので甘くなりすぎず、統一感が出ます。シューズはヒールパンプスよりフラットな方が今っぽさを出せるかなと思います。 長めのスカートはミニや膝丈より足の長さをカバーできる(ごまかせる)ので、フラットシューズでも合わせやすいです。 後ろが長めのシャツで程よくカジュアルに。shirt TOMORROWLAND shoes GU bag Stella McCartneyスカートがベーシックカラーなら、トップスはカラーアイテムもよく合います。 一見難しそうなイエローも、あり!イエローのブラウス以外は黒にすると、がちゃがちゃせずにまとまります。 ブラウスのバックスタイルはこんな風に黒のリボンがなびくデザイン。 これがポイントなんです。フリル袖の着映えブラウスにはミニショルダーとスポサンでカジュアルに仕上げて。blouse AG by aquagirl sandals ZARA bag Lavish Gate最後はパープルを合わせた大人コーデ。 ダークな色同士なので、モードな印象になりすぎないように小物は白でクリーンに見えるようにしました。リブカーディガンとパンプスのセットでオフィスカジュアルにもぴったりなコーデに。 ヒールでスタイルアップしたら、バッグはPVC素材でトレンドも意識!きれいめファッションのときは、メンズライクな時計でハンサムさもプラス。cardigan FREE'S MART pumps STTUNING LURE bag STELLAR HOLLYWOOD着回したスカートはギャルリーヴィーの「コットンストレッチIラインスカート」です。 発売当初から多くの支持を集める名品スカートなんだそう。 カラーは全部で8色! 色によって織りを変えることで、それぞれのカラーの雰囲気にぴったりな表情に仕上がるそうです。 私はブラック/サイズ34を着用しています。 こちらから商品ページにリンクしています↓GALERIE VIE コットンリネンストレッチ Iラインスカート美女組No.161 愛のブログ
  • イメージを底上げしてくれて、どんな色もテイストも受け入れてくれる夏グレージュは、アラフィーの強い味方。ぐっとおしゃれに見せてくれる頼れるアイテムを厳選。ぐっとおしゃれに、夏らしくなる、頼れる夏グレージュのコーデをご紹介。1.たっぷりのボリュームも重くならない。 溶け込むグレージュで上品に フロントにタックを入れたパンツも淡い色で夏仕様。ブルーのレースという個性的なトップスも受け入れてくれる。 ウエストゴムのパンツ(共布ベルトつき)¥59,000(トム)・靴¥27,500(ペリーコ サニー)/以上トゥモローランド カーディガン¥32,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ブラウス¥48,000・チューブトップ¥9,000/サードマガジン ピアス¥13,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) ブレスレット¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥265,000/ジミー チュウ2.スポーティなパンツこそ グレージュでおしゃれ度アップ センタープレスのパンツは黒だと重く、白は避けたい。グレージュならベーシックカラー同様の使いやすさで、そのうえちょっと上級っぽく見える。パーカも街カジュアルに。 パンツ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) パーカ¥36,000/キャバン代官山店(キャバン) カットソー¥6,800/スローン メガネ¥48,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ディータ) ネックレス¥13,500/チェリーブラウン バッグ¥37,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)3.合わせる色を選ばずシックに 決まるグレージュニット ざっくりとした編み地のほどよい重みで、しっとりと体を包み込むコットンニット。しかも色の受け入れ力に長けたグレージュなら、頼れるアウターに。長い丈はワンピースはもちろん、パンツやスカートにもグッドバランス。 カーディガン(ベルトつき)¥45,000/ebure ワンピース(ベルトつき)¥27,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィムガゼット) ピアス¥28,000/カオス丸の内(ホリー ライアン) バングル¥39,000/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥128,000 /エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥159,000/ドゥロワー 青山店(エドワード・グリーン)他の画像を見る撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 ゆうき 構成・文/宮崎桃代 ※eclat7月号掲載
  • 【ユニクロ(UNIQLO)】2019秋冬展示会レポートの記事↓が大好評です。リーズナブルで高機能なベーシックウェアが揃うユニクロの人気の高さを実感しています。お読みいただきまして本当にありがとうございます。今回は、超人気コラボレーションコレクション【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】2019秋冬コレクション新作のなかから、編集部員が30代働く女性陣に全力でおすすめしたい傑作アイテムをご紹介します。Tシャツ、ワンピ、コートまで【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】2019秋冬おすすめ新作14選クルーネックT(ウィメンズ) BAILAでも何度もご紹介し、かつおしゃれプロにも多くのファンを抱えるユニクロ ユー(Uniqlo U)のクルーネックT(¥1000)、大量に色ち買い&サイズち買いしている方も多いのでは? 秋の新色は、なんと今月末から投入予定! イチ推しは、ユニクロ ユー2019秋冬のキーカラーでもあるピスタチオグリーンです。クルーネックT(メンズ) 大きめサイズのTシャツをゆるりと着るトレンドは、まだまだ続きそう。袖まわりや身ごろにゆとりが出るメンズのクルーネックT(¥1000)にも、着こなしのアクセントになるきれい色が多数登場予定です。ぜひチェックしてみて。オーバーサイズT(メンズ) クルーネックTに比べてドロップショルダー&ボックスシルエットの大きめサイズで、耐久性を高めたヘビーウェイトジャージ素材、胸ポケットつき、サイドスリット入りのオーバーサイズT(¥1500)には、秋らしいニュアンスカラーが登場予定。ノーカラーシャツ 2019秋冬ユニクロ ユー(Uniqlo U)のキーカラーはピスタチオグリーン、と前述しましたが、通勤にも着られそうな光沢感を帯びたノーカラーシャツを発見! ベージュやブラウンのボトムと合わせましょう。ストライプ柄シャツ ピスタチオグリーン勢には、こんな端正なストライプシャツもあります。ゆったりと体を泳がせながら華奢見せして、ハンサムなパンツに合わせてさっそうと着こなしたい!ポンチ素材ワンピース 毎シーズン売り切れ必至のポンチ素材、この秋はバルーンスリーブが女らしいマスタードカラーのワンピースが登場。瞬殺で完売する人気素材なのでお見逃しなく!3Dニットワンピース 360°編み目のない立体的なデザインが特徴の3Dニットワンピースは【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】を代表する人気アイテム。2019年秋冬はよりシンプルに、重ね着しやすい形へと進化。タートルネックギャザーワンピース ワンピースでおすすめをもう一点。胸元や袖にギャザーをふんだんにあしらってふんわりしたシルエットに仕上げたハイネックワンピース。胸の上で素材を切り替えているので、黒でものっぺりせず、一枚で表情豊かな着こなしがかないます。共布ベルトつき。キックフレアデニム 毎シーズン、デニムのトレンドを牽引するユニクロ ユー(Uniqlo U)。この春夏はハイライズワイドストレートジーンズが大人気ですが、秋冬の目玉はこちらのハイライズキックフレアタイプ。通勤にもはいていけそうな濃色きれいめデザインに注目です。大きめフードのスウェットパーカ ユニクロ ユー(Uniqlo U)は毎シーズン、スウェットがないと始まりません! ほどよく厚手の生地、小顔見せ効果のある大きめフード、両サイドについたポケット、袖口&ウエストの太めリブなど、大人っぽく着られる工夫が随所に。キルティングジャケット(メンズ) 高コスパなアウターも多く揃うユニクロ ユー(Uniqlo U)。写真のキルティングブルゾンはメンズのものですが、表地のブラウンと裏地のレッドのコントラストが美しいためか、ひとめ惚れするおしゃれプロ多数!裏ボアCPOジャケット(メンズ) ミリタリーブームを牽引するCPOジャケットも、2019秋冬、男女問わずヒットのきざし。こちらもメンズですが、なーんとボア面を表にして着られるリバーシブル仕様! 試着してみたいプレス女子が行列をなしていました。ダッフルコート(メンズ) エディター沖島が個人的に注目しているダッフルコート。ウールの質感や、フードやトグルなどディテールのこだわり感など、さまざまな面できわめてコスパの高い一着といえそうなのがこちら。これもメンズのものですが、女子がちょっと大きめに着ても素敵そうです。カリスマファッションデザイナーのクリストフ・ルメール氏が率いるパリのデザインセンターから発信されるユニクロ ユー(UNiqlo U)。2019秋冬コレクションは、フランス映画界の巨匠エリック・ロメール(Éric Rohmer)氏の作品「愛の昼下がり」からインスパイアされたそう。グリーンやマスタードなどのあざやかなカラーをアクセントにしたシャツやニットなどが揃います。とくに力を入れたのがアウターで、ブロックテックなど、ユニクロのアイコニックな高機能素材を使ったコートなどが登場します。BAILAエディターズのイチ推しは、進化したダウンジャケット!真夏から着られるTシャツからワンピース、コートまで、いろいろご紹介してきましたが、いろいろ見たなかでBAILAエディターズが最も「コスパが高そう!」と太鼓判を押したのがこちらのダウンジャケット(パデットコート)です。モデルは身長158㎝の編集ディス子。偶然ですがユニクロ ユー(Uniqlo U)のクルーネックT(パープル)を着ています。中綿入りのジャケットですが、大胆にも表地からダウンパックをなくし、すっきりスマートなシルエットに。そのボリューム感と丈を短くしたシルエットの絶妙なバランスが魅力です。ディス子のように、フェミニンなスカートやロングワンピースにあわせれば女性らしい着こなしに、デニムやセンタープレスパンツなどと合わせればマニッシュな着こなしも楽しめます。マットな表地と、やや光沢を帯びた裏地のコントラストもおしゃれですね。後ろから見た図。小顔見せ効果もある大きめのフードは取り外し可能。襟もしっかり立っているので、マフラーなどがなくても首元をしっかり温めてくれそうですね。保温性を高めるため、内側がキルティングになっている!実は内側がパッキングされていて、温もりを逃がさない工夫がされているんです。着回しのきくアイボリーホワイトの色合いも気に入って、ディス子、お買い上げ決定の一枚。いかがでしたか? Tシャツ新色は夏のセール時期と並行して6月末から、そのほかのラインナップは9月から順次展開予定。発売日やプライスが正式リリースされたら、@BAILAでもすぐさまご報告しますのでお見逃しなく!【ユニクロ(UNIQLO)】公式オンラインストアはこちら【合わせて読みたい】ユニクロ(UNIQLO)30代40代レディースおすすめコーデ取材・文/沖島麻美 ※掲載アイテムに関する情報はすべて6月頭時点で発売予定のもので、店頭やオンラインストアでは予告なく変更になる可能性があります。
  • クールな黒は夏も積極的に取り入れたい色。とはいえ定番色だからこそ、無難になりがちなのが悩みのタネ。そこでオシャレに定評のある6人の有名人たちに、夏の黒コーデの新鮮なアイディアを披露してもらいました!Yuko Araki 新木優子さん フレンチな黒 漆黒にこそ映える   フレンチシックな小物使い ボーダーを使わずにオールブラックで仕上げたフレンチスタイル。斜めにかぶったベレー帽やドット柄のスカーフをキュッと首に巻いて、小粋に仕上げて。 Tシャツ¥3000/プチバトー・カスタマーセンター(プチバトー) デニムパンツ¥26000/エージー ジャパン(エージー) スカーフ¥2500/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) バッグ¥24000/アニエスベー ベレー帽¥4500/CA4LA ショールーム(カシラ) サンダル¥14800/カージュ ルミネエスト新宿店(ガイモ) 黒のワントーンコーデは私の中では超定番。特に黒のデニムパンツははくだけでオシャレに見えるから何本も持っています。このストレートのブラックデニムはシルエットが最高。ぴたっとしたトップスに合わせると女子らしくなってすごく可愛い♡ コーデがシンプルな分、小物使いで遊べるので、注目のフレンチムードが漂うベレーやドットのスカーフ、赤いサンダルを投入。リップも深みのある赤にして、大人見えを意識しました。 Profile ●あらき ゆうこ 1993年12月15日生まれ、東京都出身。ノンノモデルとして活動しながら、女優としても活躍。ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』への出演が記憶に新しい。ドラマのみならず、映画、CMも話題作への出演が続いている。撮影/山本雄生 ヘア&メイク/河嶋希 スタイリスト/石田綾 構成・原文/菊池美里 本誌編集部 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 花嫁を美しく彩るウエディングドレス。2着目としてオススメのニュアンスカラーのドレスは大人っぽい色選びが決め手。女性らしく、クラシカルなムードを引き出すベージュカラーは、まるで映画のワンシーンのように心に留まる一着に。 【ノスタルジックなベージュドレス3選】贅沢なグラデーションパールで大人の品格をシックなアイボリーのメッシュオーガンジードレス。ポイントはスカートのウエストから贅沢に施されたグラデーションパール。つややかな輝きになじむやわらかなドレスの発色が、大人の品格をきわだたせて。ドレス(販売)¥580000・(レンタル)¥350000(マリア ラブレース)・イヤリング(販売)¥39000/マリア ラブレース愛らしさ満点のクリーミーベージュドレスノスタルジックなクリーミーベージュは愛らしさ満点。胸元のクロッシェレースと肩で結ぶタッセルのフォークロアなデザインは、自然体のガーデンウエディングにぴったり。ドレス(レンタル)¥350000(ポエジエスポーザ)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥10000・イヤリング(レンタル)¥20000/クリオマリアージュ 総レースのオーバードレスがドラマチックヌーディベージュのシンプルなドレスに総レースのオーバードレスを羽織らせ、ウエストにフラワーモチーフのベルトをあしらった一着。ドラマチックなデザインも、生成りのナチュラル感でレトロでやさしげな印象。ドレス(レンタル)¥380000(ポエジエ スポーサ)・イヤリング(レンタル)¥5000/リブラブラフ 撮影/尾身沙紀〈io〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈 io〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/マギー 取材・文/久保田梓美
関連キーワード

RECOMMEND