ジェンダーレスモデル中山咲月さん、セリーヌのメンズを着る!

SPUR.JP
足もとはベルトディテールが目を引くベルリンブーツで!
足もとはベルトディテールが目を引くベルリンブーツで!

いよいよ始動したエディ・スリマンによる新生セリーヌ! パリのナイトライフに着想したコレクションは、これぞエディ・スリマン!と叫びたくなるような研ぎ澄まされたシルエット。何より、セリーヌ初のメンズラインは、女性でも着たくなるパリシックなアイテムが豊富です。そこで、ドラマ『中学聖日記』のバーテンダー役でも話題をさらったジェンダーレス女子、中山咲月さんにいち早くメンズコレクションを着こなしていただきました。二十歳を迎えた彼女が自身のジェンダー感と向き合いながらたどり着いた、メンズライクなスタイル。その最高峰に袖を通した時、「心の底からしっくりきて、自信が持てる」。そんな力がセリーヌにはあるのです!

インタビュー時はふわっと柔らかい表情が等身大で魅力的。でもひとたびカメラを向けると、射貫くような視線にドキリとさせられます。次世代を担う新しい才能と、モード界のカリスマのコラボレーション、ぜひご堪能ください。

保存

関連記事
  • 皆さん! 「東京三大鯛焼き」ご存知ですか?人形町の「柳屋」 麻布十番の「浪花家総本店」 四谷の「わかば」今回はそのうちの1つ、柳屋に行ってきました〜!行列たくさん!皮がパリッパリであんこがとっても美味しくて食べてて幸せでした〜♡(火傷に注意!笑)鉄板の上にズラーっと並べて焼かれている普通のたい焼きと違い 職人さんが1匹1匹(?)焼いているのがポイント!他の画像を見る並んでいる間ずっと見てしまいました笑食べ歩きフードどんどん開拓していきたいです〜 ‍♀️TwitterInstagramカワイイ選抜 No.08 上野瑚子のブログ
  • 10連休は目前! ストレスなく着られてサマになる服や小物は旅先に欠かせないアイテム。気軽に羽織れる軽アウターから細見えするリラックスパンツ、ノンストレスのピアスまで旅のお供に連れていきたい名品をご紹介。GWをおしゃれに、そして快適に過ごすためのアイテムをぜひチェックして!E by éclat 鹿の子カットソーライダースさっと気軽にはおれて様になる大人のはおりものが誕生ハードすぎないディテールが大人にちょうどいい鹿の子カットソーライダース。体のラインを拾わない素材、辛口ファスナーと襟デザインの視覚効果による着やせ&小顔効果も◎。開け閉めで雰囲気が変わる袖ファスナー。さっと脱ぎ着しやすいので、旅先でのはおりものとして重宝すること間違いなし。E by éclat 鹿の子カットソーライダース ¥18,000+税>>ZANELLATO×éclat チェーンつきウォレットバッグ機能性とクオリティの高さは折り紙つき1976年にイタリア・ヴィチェンツァに、革製品を取り扱うサルトリア工房として創業したZANELLATO。シルクタッチのようなベビーカーフを使用したウォレットバッグがエクラ別注色のグレーで登場。チェーンをはずせば長財布としても。背面のポケットには交通系ICカードも入り、利便性抜群。 デイリーにはもちろん、身軽に歩きたい旅先でのウォレットとしてぜひ活用して。ZANELLATO×éclat チェーンつきウォレットバッグ ¥59,000+税>>L’UNE サルエルパンツ“腰まわりゆったりで裾細え”がカギ。実は万能シルエットのパンツ「黒田知永子さんがよく話されている『ちょっと変な形のパンツは七難隠す』。本当にそうなんです! すっきりシンプルなパンツのほうが体型の難が出やすいと実感しています。これは“腰まわりゆるめ、裾きゅっ”のテーパードぎみシルエットで、身長にかかわらずバランスよく着こなしやすい。マニッシュなテーパードパンツの美しさで定評があるブランドなので、クセありといっても個性的すぎず上品にはけます。裾が細めなのでスニーカーでもヒール靴でも合わせやすい。実はいろいろ万能なんです。」(エクラプレミアム室長 宮田)L’UNE サルエルパンツ ¥38,000+税>>MOY Paris コットンパールピアスふだん使いから旅先まで活躍の幅が広い便利アイテムパリ在住の元コーディネーター・大友靖子さんが立ち上げたブランド。モードコンシャスなネックレスも素敵ですが、私はこのピアスにひと目惚れ。シンプルでどんな服にも合わせやすく、ラインストーンのキラキラ感で顔まわりがほどよく華やかになります。大粒ですが軽くて肩が凝らないところもうれしい(笑)。昨年の3月号でご紹介したときにはあっという間に完売しました。今回も、昨年と同じサイズをセレクト。鉄板のホワイト、グレーのほか、このシックなブルーをプラス。黒や紺などの濃い色の夏服に合わせたら素敵に映えそう。(エクラプレミアム室長 宮田)MOY Paris コットンパールピアス ¥6,700+税>>
  • ウィリアム王子(36)&キャサリン妃(37)の次男・ルイ王子が2019年4月23日、1歳に! 英王室のSNSは、定番となったバースデーポートレートを公開。愛らしいスマイルで、世界中を幸せに包み込んだ。 Photo : Instagram (kensingtonroyal)ケンジントン宮殿のインスタグラムで公開されたルイ王子の写真は、2パターン。今月初旬、母のキャサリン妃により、ノーフォークにある自宅の庭園で撮影されたものだとか。 ニットの袖やお腹周りには岩に生える苔の断片が多数付着しており、兄のジョージ王子にも劣らぬやんちゃぶりが見え隠れするルイ王子。生まれた当初はほとんど生えていなかった髪はしっかりと増え、眉毛もくっきり。さらに大きく開けた口からは、小さな2本の歯がちらり。昨年11月に公開されたファミリーポートレートからわずか半年後ながら、すくすくと成長している様子が見て取れる。昨年11月に公開された、英王室のファミリーポートレート。Photo : Instagram (kensingtonroyal)もう1枚の写真では、まっすぐにカメラを見つめたルイ王子。くっきりとした二重に透き通るようなグレーの瞳は、思わずうっとりしてしまうほど! さらに子犬がプリントされたブルーのニットに白い襟が映え、わずか1歳ながら、王子らしい上品な雰囲気を放っている。Photo : Instagram (kensingtonroyal)誕生日には決まって、子どもたちの最新ポートレートを発信する英王室。ジョージ王子(5)&シャーロット王女(3)の1歳の写真と比較したファンたちのコメントでは、「ジョージ王子に似ている」という意見が多数派に。ジョージ王子1歳の誕生日に公開された写真がこちら。Photo : Instagram (kensingtonroyal)確かにジョージ王子を見ると、眉毛や鼻の形、頬のふくらみ、髪型まで、どこをとってもそっくり。人懐っこい笑顔も兄譲りのようだが、果たして性格は!?こちらはシャーロット王女。ふたりにも増して大きな目がチャームポイント。Photo : Instagram (kensingtonroyal)一部ではヘンリー王子(34)&メーガン妃(37)の第一子がルイ王子と同じ誕生日になるのでは!?という声も上がっていたが、その予測は外れた模様。ジョージ王子、シャーロット王女ともに、愛らしく成長し続けるロイヤルキッズたちからますます目が離せなくなりそうだ。 >>ジョージ王子&シャーロット王女の最新画像をキャッチ! はとこたちと馬術競技会へ >>美男美女へと成長! パンダ外交の式典に、デンマーク王室のロイヤルキッズが出席 text : Ayano Nakanishi
  • ワンピースを「カッコよく」着る、そのコツは?一枚さらっと着るだけで決まるのが、ワンピースのいいトコロ♡ でも、今知ってほしいのは“一枚で着る”のちょっと先。下にはく、上にはおる、小物を足す……そんなひと工夫で、いつものワンピースが見違えるように「カッコよく」なる!!手持ちのワンピでOK♡ カッコよくなる【8つの小技】小技1.カットソーワンピにはきれいなパンツを カットソーの持つリラックス感を、パンツで引き締めるイメージで。重ねることで少しモードに、ぐっと大人に。あえて“ゆるいもの同士”でまとめることでこなれ感も生まれる。クリーンな白にブラウンをきかせた、ありそうでなかった洗練配色も素敵! ワンピース¥6990/プラステ パンツ¥31000/FUN inc.(アイロン) コート¥42000/UTS PR(アンダーソン ベル) 靴¥83000/プラージュ 代官山店(ポール アンドリュー) バッグ¥29500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) 時計¥39500/ピークス(ロゼモン)小技2.黒い細ベルトでウエストマーク 確実におしゃれ上級者を気取れる、黒パンツと黒ベルトの合わせ技。ベルトをすることで、より女っぽいニュアンスとシルエットが生まれる。 ワンピース¥25000/デサント ブラン 代官山(デサント ポーズ) パンツ¥14000/UTS PR(アンダーソン ベル) 靴¥15000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥13000/ハリウッド ランチ マーケット(ローラ ディ マッジオ) ピアス¥8000/ガス ビジュー 青山 時計¥25000/ピークス(ロゼモン) ベルト¥990/ジーユー小技3.ビッグシャツワンピにはハイネックを 春のシャツワンピはトラッドに着たい気分、だからTシャツじゃなくハイネックがいい。カラーワンピに初トライするなら深いグリーンがおすすめ。白いカットソーと黒いカーディガンの肩かけで、さらに気負わずに着やすくなる。 ワンピース¥7400/KBF ラフォーレ原宿店 ニット¥26000/デミルクス ビームス 新宿(リト) カーディガン¥32000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥5900/クリア インプレッション イヤリング¥6800/ルーニィ 時計(フェイス)¥22000・(ベルト)¥5500/ノジェス 靴下¥800/タビオ小技4.あいまい配色×素足で女っぽく オートミールみたいな色のクリーム色のワンピには、ライトグレイのカットソーを。あえての“あいまいな配色”が春らしさと優しげな印象を連れてくる。小物はかっちりしたバッグとベーシックなローファーを、靴下ははかずに素足で。きちっとしすぎず、女っぽさも忘れたくないから。 ワンピース(ベルトつき)¥28000/ヤマトドレス(&ディアー) ニット¥12000/モットハウス・トーキョー 靴¥36000/リーガル コーポレーション バッグ¥14000/ダイアナ 銀座本店 時計¥7800/コモノ東京小技5.ブラウンストライプとオレンジカーデの好相性に頼る “ワンピとカーデ”は定番だけど、ブラウンのストライプとオレンジになるとこんなに新鮮。レギンスはスリットタイプでさらに軽快に。 ワンピース¥32000/フィーニー レギンス¥1490/ジーユー ニット¥10800/セント ジェームス代官山店 靴¥16000/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥17500/リフラティ シップス ルミネ横浜店(マルコ ビアンキーニ) ピアス¥30000/TOMORROWLAND(イヴィ) 時計¥36500/デミルクス ビームス 新宿(ラーソン&ジェニングス) 小技6."きちんと"なトレンチと"きちんとしすぎない"ためのレギンス トレンチを今年らしく着るために、ストライプは太めで爽やかな色がいいし、足もとは素足よりもレギンスでひとクセあったほうがいい。 ワンピース¥19000/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店 レギンス¥2200/タビオ コート¥75000/グッドスタンディング(リノ) 靴¥46000/グラストンベリーショールーム(サンダース) バッグ¥16000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) イヤリング¥1500/お世話や 小技7.長×長バランスにトライ 体のラインにそうワンピも、繊細な揺れ感のプリーツスカートも、それぞれ着るよりも“狙っている感”が出ないのがいい。髪に巻いたスカーフ、足もとの赤いバレエ靴。ちょっとフレンチシックなムードも漂わせて。 ワンピース¥19000/ルーニィ スカート¥11000/ペルルペッシュ 靴¥1490/ジーユー バッグ¥49000/FUN inc.(ベルメール) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック) イヤリング¥3500/ルクールブラン小技8.きれい色スカートを重ねる 透けるニットワンピース、優しげなコーラルオレンジ、フェミニンな魅力が加速する。靴だけは辛口なパイソン柄、それもまた今っぽい。 ワンピース(ウエストリボンつき)¥23000/ルーニィ スカート¥27000/インターリブ(サクラ) タンクトップ¥11000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) 靴¥51000/リエス(ペリーコ) バッグ¥24000/パリゴ 丸の内店(モダルー) ピアス¥1600/ジオン商事(スリーフォータイム) 時計¥61000/アガット ♡5月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/峠 雄三 ヘア&メイク/野口由佳 モデル/土屋巴瑞季 鈴木友菜 スタイリスト/石上美津江 撮影協力/UTUWA アワビーズ TITLES
  • きれいめにもカジュアルにも万能なくるぶし丈パンツ。スニーカーやミュールなど、休日のコーディネートにおすすめの靴をご紹介。【1】ペリーコ サニーのパイソン柄スリッポンオフの日に重宝するスリッポン。ボリュームのある厚底スリッポンは細身のくるぶし丈パンツとの相性もいい。パイソン柄がアクセントなって大人の着こなしに。スリッポン( 3 ㎝)¥35,000/アマン(ペリーコ サニー)【2】マリ ジウディセリの型押しミュール太めのリネンパンツなど、エフォートレスなコーディネートの足元を引き締めたいときは、レザーミュールがおすすめ。型押しとチャンキーヒールでモードな味付けを。ミュール(4.5㎝)¥120,000/アパルトモン 青山店(マリ ジウディセリ)【3】デイトのスニーカー  きれいめなくるぶし丈パンツとあわせたいのがゴツさのあるダッドスニーカー。足首の細さを見せて女らしい抜け感を出して。服もスポーティになりすぎないようトラッドなものを選ぶのがポイント。パンツ¥22,000/ANAYI スニーカー( 5 ㎝)¥31,000/ウィム ガゼット青山店(デイト) 【4】ペリーコのサンダルトレンドのナイロンアウターなど、スポーツテイストの服を着るなら、くるぶし丈パンツと足元はきれいめを選んで。シルバーのヒールサンダルならクールに女っぷりをプラスできる。サンダル( 9㎝)¥50,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/松村純子  【Marisol5月号2019年掲載】
  • ロマン・デュリスにインタビューした、と何人かの知人に告げたところ、「えっ!? 彼、日本に来ていたの? 私、ファンなのよ」という反応が多かったことに驚いた。それこそ、20代前半で出ていた『青春シンドローム』(1994)等から、ロマの青年役を好演した『ガッジョ・ディーロ』(1997)、そして『真夜中のピアニスト』(2005)や『タイピスト!』(2012)などのヒット作まで、コンスタントに高い評価を受けて、44歳になった今、また新たな地平を拓いている。タイムリーな作品に込めた想いphoto by Masato Seto――新作『パパは奮闘中!』はたぶん5年前、10年前でも話題になったと思うけど、2018年、2019年の今だからよりタイムリーですね。フランスの黄色いベスト運動(労働者デモ)と呼応してる。 「この映画を作り始めた時は、ヒューマンな内容にスポットを当てようとは考えていたけど、特に黄色いベスト運動につながるなんて思いもよらなかった。でも僕が演じた主人公は職場では労働運動のリーダーとなり、家では妻が出て行ったことで2人の子どもの世話に奮闘しなければならなくなるという状況は、きっとあのデモに参加している人間たちの中にもあるかもしれないなと思ったよ」。――大人の俳優たちの中で、2人の子どもの演技がナチュラルでとても良かった。「アドリブ重視でやったおかげだと思う。もちろんストーリー・ラインはあったけど、ガッチリ決められた台詞だと、“間違ったらどうしよう”と緊張してしまって自然な感じにならない。幸い今回は、パリの自宅から毎日撮影現場に通って各々の家に戻るというやり方じゃなくて、みんなそろって地方のロケ現場に行って、それこそカメラが回っていない時も晩御飯を一緒に食べるような時も、常に役のキャラクターとして接していた。子どもたちもいろいろ提案してくれたから、僕たちはその話によく耳を傾けていたしね」。――主人公の妻が物語りの序盤からいなくなったり、ある印象的なシーン以外は音楽がなかったり、色彩も無彩色に近かったりと、”不在“の存在感が際立つ作品ですね。「それが映画を観る人にとってはある種のサスペンスをもたらすと同時に、一旦、音楽や色が目に入った時のインパクトは強いんじゃないかな」。 ――確かに。ラストシーンなどは特にそうで、私、大好きでした。「僕もだよ(笑)。いろいろなことがあっても、誰かを糾弾したり裁いたりしていない、そこがいいよね」。生粋のおしゃれパリジャン!photo by Masato Seto――というわけで、奮闘する父親役が似合うような年頃なのに、目の前のあなたは相変わらず素敵で、エディ・スリマン時代のサンローランのジャケットと胸につけているブローチがよく似合う。どうしてこんなにカッコ良く年を重ねることができるの?   「あ、これ? 僕が描いたイラストをブローチにしてもらったんだよ(笑)。良い年の重ね方かぁ……たぶん好奇心を持ち続けることだろうな。その好奇心を抱く対象もどんどん変わってきて、今はより自然が大切に感じられるようになった。仕事の面でも、今回のように新しいものにどんどん取り組んで行きたいし」。 ――それで思い出した! 10年近く前にあなたがルーブル美術館の展示室の特設会場でやった一人芝居『La nuit juste avant les forêts(森の直前の夜)』が素晴らしかった!! 「あれ観てくれたの!?  観たのはいつ? 月曜日の出来は今イチだったんだけど(笑)。あれは僕にとっても忘れられない経験だよ。ルーブル美術館の、有名な巨大絵画『ナポレオンの戴冠』なんかが展示されている部屋の隣りの部屋で、ベッド上で1時間半、一人で演じ続ける。演出のパトリス・シェローの稽古は物凄くハードで、深いところまで考察させられるし、どんどん追いつめられていくんだけど、そこまでやると本番がまるでゴールのようにやれるんだ。パトリス・シェローの人生の最期の時代に(シャーロット・ゲンズブール共演の映画も含め)濃密な時間をすごせたことは誇りに思う。でも…彼がいなくなってやはり悲しいな」。 ――とてもいい作品だったし、一人芝居だからお金もかからないだろうから(笑)。あなたが監督する映画に仕立ててみてはどう? 「いいね、それ(笑)。ちょっと考えてみようかな」。未来へ続く、飽くなき好奇心――だって、好奇心を大切にしているのなら、とても挑戦し甲斐のあるプロジェクトだと思いますよ。   「フランスでベストセラーになった小説の映画化を含め、その後も刺激的な仕事は続いているけど、今回の『パパは奮闘中!』の日本での反応も知りたいと思うし、一作一作ていねいに向き合いたいと考えているよ。共演した子どもたちが、これからも演技の仕事を続けたいと思っている様子だったりするから、一緒だった大人としては責任重大だし。そういう意味でも本当にいい現場だったよ」。interview&text:yuki sato『パパは奮闘中!』4月27日(土)より公開 新宿武蔵野館ほか全国順次公開 http://www.cetera.co.jp/funto/ ◆あらすじ ある日突然、愛する妻が姿を消した。ふたりの子どもたちとともに残されたオリヴィエは、オンライン販売の倉庫でリーダーとして働きながら、慣れない子育てに追われる日々。なぜ妻は家を出たのか。混乱しながらも妻を探し続ける彼のもとに、一通のはがきが届き……。仕事一筋でダメなところがあるけれど、心優しい父親をロマン・デュリスが熱演! ◆プロフィール 1974年、パリ生まれ。セドリック・クラピッシュ監督の『青春シンドローム』(’94)でデビューし、『猫が行方不明』(’96)『パリの確率』(’99)など数々の作品でタッグを組む。『真夜中のピアニスト』(’05)ではリュミエール賞最優秀男優賞に輝く。リドリー・スコット監督の『ゲティ家の身代金』(’17)など近年は世界的に活躍している。
  • ラデュレ 新宿店の7周年を記念して、パリの人気パティシエール、エロディ・マルタン考案の特別なパティスリー「ルリジューズ・ヴェルサイユ」が、2019年5月31日(金)までの期間限定で登場。 ラデュレ 新宿店7周年・限定パティスリー「ルリジューズ・ヴェルサイユ」¥1,400 ラデュレ 新宿店にて2019年5月31日(金)まで限定販売ベースとなっているのは、ラデュレの定番パティスリーとしておなじみの「ルリジューズ」。王冠とリボンでお洒落にドレスアップした、エロディのトレードマークでもある猫のモチーフがなんとも可愛らしい。シュー生地の中には、ひなげしの花の香りが広がるイチゴ風味のクリームがたっぷり詰まっていて、春らしい華やかさも満点。手土産にしたら、箱を開けた時に歓声が上がるはず。 シュー生地の中にはひなげしの花の香りが広がるイチゴ風味のクリームがたっぷり重ねられて。ちなみに、ラデュレ 青山店でも現在、1周年を記念した限定パティスリーとして「ルリジューズ・ニュアージュ・ドゥ・レ」を、2019年4月30日(火)までの期間限定で販売中。こちらは、シュー生地の中にヴァニラとトンカ豆が香るクリームを詰めたもの。ぜひチェックして。ラデュレ 新宿店7周年・限定パティスリー「ルリジューズ・ヴェルサイユ」販売期間:〜2019年5月31日(金)販売場所:ラデュレ 新宿店(東京都新宿区新宿3-38-2 ルミネ新宿店 ルミネ2 1F)営業時間:平日11:00〜21:30/土曜・日曜・祝日10:30〜21:3003-6380-5981 ラデュレ 青山店1周年・限定パティスリー「ルリジューズ・ニュアージュ・ドゥ・レ」販売期間:〜2019年4月30日(火)販売場所:ラデュレ 青山店(東京都港区南青山5-9-15)営業時間:9:00~20:00(L.O.19:00)03-6418-5325 https://www.laduree.jp/ text : Shiyo Yamashita
  • クローゼットの中のキャミソールやタンクトップ、くたびれていませんか? ファッションは常に流行や季節を追いかけていても、アンダーウェアに関してはずっと同じだったり、こだわりなく買っているという人も少なくないのでは。 あまり人目につくものではないし、長年着てくたくたになっているのも、まあ愛着のあらわれと言ってもいいけれど……。ただ、大人のおしゃれの達人たちを見ると、この”縁の下の力持ち”に対して、きちんと自分のスタンダードを持っている人が多いみたい。シンプルなキャミソールは、イギリスの伝統あるブランド「サンスペル」の定番。キャミソール¥6,000/サンスペル 表参道店(サンスペル))スタンダードとは、良質で、飽きがこなくて、ずっと身につけていられるもの。日々のキャミソールやタンクトップにこそ、自分の信頼するスタンダードがあるといい。毎日くりかえし定番のアンダーウェアを着ていると、ちょっとした自分の体型の変化に気づくバロメーターにもなってくれる。肌が直接触れるものだから、着心地のいいもの、つくりのいいものに包まれていると、やはり「心の持ちよう」が変わってくるはず。それはきっと、その人の魅力としてにじみ出てくる。素敵な大人は、見えないところで自分を高める術を知っている。30代、まずは”ちょっといいアンダーウェア”で、毎日を変えてみては? 【select point】 ・肌触りの良さを重視。上質なコットンやシルクの素材の”違い”を実感して。 ・着る服の邪魔をしないシンプルな形を見つけたら、色はさまざまなバリエで揃えて。 ・ワンシーズンで消えてしまわない、信頼あるブランドの定番を。上質な素材と美しくシンプルなデザイン、アンダーウェアの名品5【OSCALITO】冬暖かく夏涼しいシルクのアンダーウェアは、一度着たらやみつきになる心地の良さ。イタリアのトリノに拠点を置くオスカリートは、伸縮性の高い独自のリブ編みでシルクのタンクトップを展開している。美しく、リッチな質感は、まさに大人のためのスタンダード。 タンクトップ(右)¥16,000・(左)¥20,000/モノ・エディション(オスカリート) 問)モノ・エディション TEL 03-5729-1271【HANRO】 130年以上の歴史があるスイスのアンダーウェアブランド、ハンロ。定番のカップつきキャミソールは、肌触りの良さ、美しいカッティングで、スタイリストにも人気が高い。A-Cカップまでのブラジャーサイズで展開し、快適な着ごこちで着た時のシルエットもきれい。 ブラキャミソール¥18,000/ワコール(ハンロ) 問)ワコールお客様センター 0120-307–056【KAGURE】 アーバンリサーチが発信する、ナチュラルなライフスタイルに特化したブランド「かぐれ」。オリジナルのシルクキャミソールは優しい着心地とコストパフォーマンスのいい価格帯で、毎日にシルクを取り入れるのにぴったり。人の肌に近いたんぱく質構成を持つシルクならではの快適さを味わって。 タンクトップ¥5,500/かぐれ 表参道店 問)かぐれ 表参道店 TEL 03-5414-5737 【HYKE】 ハイクの隠れた人気定番が、こちらのリブタンクトップ。メンズライクなデザインながら、体にフィットするリブで、着るとギャップのある女性らしさが。見せるアンダーウェアとしても活躍してくれる。このブランドらしく素材のクオリティも高く、さらりと着心地よく、透けにくいコットン。 タンクトップ¥6,500/ハイク 問)ボウルズ(ハイク)TEL 03−3719–1239【SUNSPEL】 1860年創業、イギリスの伝統あるブランド「サンスペル」。良質なコットンを使用したタンクトップは、さらりとした着心地で、暑い時期にもぴったり。コンパクトな形で、袖ぐりをやや内側にとり、ほどよい空きのVネックで、すっきりと着られる。 タンクトップ¥6,000/サンスペル表参道店(サンスペル) 問)サンスペル 表参道店 TEL 03−3406−7377知っているとさらに愛着がわく、人気ブランドのヒストリー【サンスペル】>>「シンプルな日常着を美しい素材で作る」サンスペルの創業者トーマス・ヒルの言葉である。英国を代表するブランド、サンスペルは1860年創業、ノッティンガムにある繊維工場で、軽くソフトなコットン素材の衣類を作り、高級下着開発のパイオニアとなった。この頃に生まれた、男性用のチュニックシャツが、現在のTシャツの原型とされる。産業革命以降、早期から世界への輸出を展開し、第二次大戦を経て1980年代には「ボクサーショーツ」をヒットさせた。 1860年の創業当時に製作されたアンダーウェア。サンスペルは世界で初めてTシャツを作ったサンスペルは、150年以上の歴史の中で、常に良質の素材を開発しアーカイブしてきた。Quality 82 と名付けられたコットンジャージーの素材は、世界初のTシャツにも使われたライル・コットンを継承したもの。手摘みされた超長綿を使用し、丁寧な工程を経て、柔らかくさらさらとした肌触りを実現。このコットンジャージーが、現在もアンダーウェアに用いられている。英国の歴史あるブランドらしく、上質な素材にこだわり、デザインは簡潔でシンプル。時代を経て、ずっと愛せるベーシックな形が魅力となっている。薄手で響かず、吸水性の高いコットンを使用した、定番のキャミソール。¥6,000/サンスペル 表参道店(サンスペル)文・久保田梓美
関連キーワード

RECOMMEND