STYLE 04 モードは細部に宿る

SPUR.JP

コンサバに必要な清潔感と抜け感の絶妙なバランスづくりに小物の存在感は欠かせない。「たとえば顔まわりはクラシックにまとめるけれど、足もとを見ればPVCというモダンなコントラスト。ジャケットをウエストマークしてマスキュリンフェミニンなシルエットをつくるのも今の気分。そうした計算を積み重ねたうえで最後のインパクトを与えてくれるのが、エルメスのスカーフ。張りのある素材感とエレガンスを凝縮したパターンは"服力"の最たるもの。欲張って重ね使いすればモードな迫力が生まれます」。

ベルトつきブレザー¥86,000/UNIT&GUEST(Tibi) ニット¥41,000/Acne Studios Aoyama(アクネ ストゥディオズ) 頭に重ねた2 枚のスカーフと首元に巻いたスカーフ 各¥52,000( 1 月23日時点での価格)/エルメスジャポン(エルメス) パンツ¥162,000・靴¥81,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) リング¥135,000/ステディ スタディ(トムウッド)

>>2019年の"コンサバ"クローゼット

関連記事
  • 佐藤勝利「彼の冬小物、彼と冬小物」大好きなキミと。あったかさを半分こ、幸せは2倍。佐藤勝利の“シェア”事情実際に佐藤さんと冬小物をシェアするなら、どんなものをどんなふうに楽しんでくれるの? 小物、洋服、時間……シェアにまつわる男子のホンネ。Q.女の子と小物をシェアするのってあり?「恋人同士で服や小物をシェアするのは特別なことではない気がする。冬のデートで寒い時に彼のマフラーや手袋を借りる、彼の家に泊まりにいった時パジャマ代わりにTシャツを借りる、そういうことも普通にあるだろうし。あと、大きめのメンズアイテムを身につけている女の子ってなんか可愛いんですよね。ブカブカのTシャツ、指先が余った手袋。つま先が余ったソックス……そういうのを見ると、当たり前だけど『あ、女の子なんだな』ってあらためて思うというか。実はSexy ZoneのライブTシャツには“彼氏から借りたTシャツ感”を裏コンセプトに少し大きめに作ったものもあったりするんです」(佐藤さん、以下同)Q.「これだけはシェアしたくない」と思うものはありますか?「シェアには恋人同士の温度も感じるというか。学生時代、先輩や彼氏のマフラーを巻いて登校する女の子をよく見かけて、そんな恋人関係に『いいな』と憧れたこともありました。まあ、憧れたところで僕はもう学生には戻れないけれど……(笑)。だからこそ『これはイヤだ!』と思うものは特にないかな。あっ、外にはいていくソックスは『ちょっと……』と思うかもしれない。ルームシューズ感覚の厚手のソックスとかならまだしも、デイリーにはくソックスは下着に近いような気がして。僕がイヤというよりも、相手に申し訳ない気がして(笑)」Q.実際にシェアすることはありますか?「僕には年の離れた兄姉がいるんですけど。学生時代はおしゃれな兄のジャケットやコートを借りて出かけたこともありました。勝手に着て怒られたことはあるか? いや、ないですね(キッパリ)。兄だったら、怒るどころか『寒くなくてよかったね』と言ってくれると思う。佐藤家はみんな本当に優しいんです。わが家は姉、兄ふたり、僕、と子供が多かったから、幼い頃からおさがりが当たり前。それは全然イヤじゃなかった。姉の服を着た女の子みたいな僕の写真も残っているんですよ(笑)。シェアに抵抗がないのは、そんな環境で育ったのも大きいのかもしれないです」Q.佐藤勝利と“時間”をシェアするなら?「僕、忙しいですからね(笑)。休日もボンヤリ過ごすのがもったいなくて、家から一歩外に出たいと思う、わりとアクティブタイプなんです。冬、デートするならドライブがいい。車なら愛犬のチャイも一緒に出かけられるし。行き先は横浜とかもいいですよね。年末年始のにぎわう街を眺めながら車を走らせたりして。家デートなら確実に、ずっとハマっている料理の腕前を披露します。カッコつけて、おしゃれなパスタとか作るんだろうな(笑)。料理はひとりで作っちゃいます。自分のペースがあるから。車の運転はふたりでしない、それと同じです。遊びに来てくれたからには“おもてなし”したいし。食後はお酒を飲みながら一緒に映画を観るのかな。『何を観る?』って相談する時間すら楽しいんだろうな」>>【Part1】佐藤勝利(Sexy Zone)「彼の冬小物、彼と冬小物」。女の子と小物をシェアするなら? ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/石田真澄 ヘア&メイク/NOBUKIYO モデル/佐藤勝利(Sexy Zone) スタイリスト/小松嘉章(nomadica) 取材・原文/石井美輪 構成・企画/渡部遥奈(MORE) 
  • 体のラインを拾わずに縦にスッと落ちてすっきり。暖かさも汎用性の高さも約束する前後差デザイン! 12closet【洗える】 アンゴラ混ロングニット (各)¥9800(サイズ:38、40) ¥5880(40%OFF) ややモックネックぎみの首元や長めの袖口、サイドスリットを入れて大胆に前後差をつけた着丈と、気のきいたディテールをちりばめ、無難見えしないシンプルさを目指したニット。 パンツ¥22000/エムピーストア 二子玉川ライズS.C.店(マッキントッシュ フィロソフィー) 帽子¥8900/メゾンドリリス ピアス¥6300/シップス 有楽町店(ズー) スカーフ¥6900/ジャーナル スタンダード レリューム みなとみらい店(レレ) バッグ¥6800/セム インターナショナル(モヒ) アンゴラブレンドの糸を用いたハイゲージの生地は、インナーやコートに毛が付着しにくい、しっとり柔らかな肌触り。 ゆるさがありつつも縦が強調されるシルエットなので、スカートともバランスよく決まります。幅広い着こなしに対応するベージュとネイビーの2色展開。 横から見ると…前は太もものつけ根下あたり、後ろはお尻がしっかりと隠れる丈。サイドスリット入りなので、前だけのタックインもラクちんです アンゴラ混ロングニット 【LEE公式通販】LEEマルシェ 撮影/菊地 哲(人物) 魚地武大(TENT)(物) ヘア&メイク/TOMIE(nude. ) スタイリスト/石上美津江 モデル/小濱なつき 取材・原文/鈴木絵美
  • 中村アンさんのファッション連載がスタート。初回は白を使った真冬の配色レッスン。カジュアル感が女っぽさを導く逆説的アプローチでお届け。今回はくすみブルー、チョコレートブラウンと白のコーディネートをご紹介します。 White × SMOKY BLUE【白とくすみブルー】 トレンドのくすみ色は白ならではのハズしと抜け感を。気張ってないのが心地いい 落ち着いたブルーとリラックスした白の包容力 くすんだ青を引き立てる鉄板の白。白ニットもいいけど、白ポンチョでハズしたらもっと楽しい。包容力のある白ならではの“普通すぎない”アイテム選びで、リラクシーな余裕を感じさせるコーデに。ポンチョ(予約販売)¥9000・パンツ¥15000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) ブラウス¥10000/ハッシュニュアンス ピアス¥89000/エスケーパーズオンライン(ソフィー  ブハイ) 靴¥23000/デミルクスビームス 新宿(エー エメリー) White × CHOCOLATE【白とチョコレートブラウン】 予定調和で終わらせない。やんちゃな色の組み合わせが魅力を高める ボーイッシュな白デニムに透けるブラウンの意外性を オーバーサイズのデニムをきゅっとベルトで締めて、ボディのきゃしゃさを逆にアピールする戦略。デニムとは対照的にコンサバなアンサンブルニットを合わせて、大胆にギャップを。プルオーバーニット¥18000・カーディガン¥22000/アンクレイヴ パンツ¥22000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイスⓇ オーソライズド  ビンテージ) ブレスレット(上)¥80000・(下)¥130000・バングル¥418000/ヨン 靴¥105000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) その他/スタイリスト私物 撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉 ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/中村アン 構成・原文/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • コロナ禍の暗いムードをファッションで払拭。ヨーロッパマダムたちは、自分のみならず、目にする人をも色のパワーで元気に!ミラノマダムのおしゃれバッグコーデをスナップしました。ジュリア(マーケティング・ミラノ)ゴールデングースのアウターとザラのニットに、すっきり見えるスキニー×ロングブーツと、ミラノマダムが好むカジュアルスタイル。お母さまが愛用していたバッグに赤いエルメスのスカーフを巻いてプレイフルに。いつもの着こなしが新鮮に なり気分も上々。アレッサンドラ(コマーシャルディレクター・ミラノ)ピンクのパワーでコロナ禍の不安を吹き飛ばす。トーマス・マイヤーのコート、ニットはラフ・シモンズがデザインしていたころのカルバン・クライン。ブーツとボッテガ・ヴェネタの新作バッグもピンク。ヘルシーな甘さがあるコーデ。ジャンナ(マーケティング・ミラノ)ヴィンテージショップで購入したビビッドイエローのコートを、一枚でさらっとワンピースのように着こなす。袖をまくり、チェックの裏地を見せて。ひとつだけボタンをとめたコートは歩くたびに揺れて女性らしさを香らせる。>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧[ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadama ※エクラ2021年2月号掲載
  • 目を引くダッドスニーカーは、コーデの色数を抑えて、いっそ主役に。きれいめトレンチの表情も一新! ブラウス¥1800/神戸レタス スカート(2月発売予定)¥12000/Noela コート¥12000/dazzlin イヤリング¥1700/ゴールディ バッグ¥4900/アンビリオン(カシュ カシュ)どこか懐かしい配色と、印象的なソールが存在感を放つ1足。すぼんだつま先がスマートな印象を後押し。 ¥9490/リーボック アディダスお客様窓口乙女心をくすぐる淡いミントカラーは、トップスに濃茶を合わせてグッドバランスにはきこなすのが正解。 ブラウス¥3900/オリーブ デ オリーブ スカート¥11000/MERCURYDUO ルミネエスト新宿店 カチューシャ¥700/お世話や(OSEWAYA) イヤリング¥6873/アビステ バッグ¥3990/ロコンド(マンゴ)「Cloud Hi Monochrome」のアイコニックなソールは雲をイメージしたデザインで、その名のとおり軽いはき心地が特徴。 ¥17800/オン・ジャパン流行のビッグカラーや、クラシカルなプリーツスカートと合わせて、コーデに品を宿して。 ニット¥6900・コート(2月上旬発売)¥15000/ヒロタ(31 Sons de mode) スカート¥4500/COTORICA. 帽子¥1990/バロックジャパンリミテッド(AZUL BY MOUSSY) イヤリング¥4773/アビステ バッグ¥8500/MERCURYDUO ルミネエスト新宿店存在感のあるベルトが、ベーシックなベージュの表情を更新。着脱が楽な上、足をしっかりホールドしてくれる利点も! ¥12000/カメイ・プロアクト(スペルガ)モデル/新川優愛 松川菜々花 撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE・モデル) 山崎ユミ(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/松尾正美 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 今季もUNIQLO UでTシャツを新調しました。カラーはとりあえず持っておいて便利な3色。こんばんは!雪千代です。 本日も昨日に引き続きUNIQLO U購入品のご紹介をしたいと思います。 私の中UNIQLO Uのアイテムの中でもお気に入りのものといえば定番のTシャツです。 今年の春夏用に早めに新調しとこうということで とりあえずは何枚あっても困らないベーシックカラーを買っておきました。クルーネックTシャツ(半袖)1000円(税抜)しっかりとした生地感なのにもかかわらず1枚1000円というプチプラ加減に愛を感じます。 こういったTシャツは毎年ほぼヘビロテでガンガン着まくる傾向にあるため とても助かります^^ちなみに私はLサイズを着ています。 タイト目なデザインなのでジャストサイズで着るとしたら 普段よりワンサイズ上くらいが良さそうです。カジュアルにはもちろん すっきりとした形なのでジャケットと合わせてキレイ目にも着れるし インナーとしても活躍できて オンオフ関係なくヘビロテできるアイテムなのでほんとに何枚あっても困りません。 というわけで今回もUNIQLO Uの購入品のご紹介でした。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました☆インスタグラムも更新中です♪ よかったらフォローをお願いします^^ ↓↓↓No.169 雪千代
  • 少しくすんだトーンが冬のワードローブになじみやすく、大人のかわいげと幸せ見せもかなえてくれる、最強のニュアンスカラー「くすみパステル」。透明感のあるラベンダーを投入すれば、ワンランク上の洗練された雰囲気が漂います。royal Lavender甘さ控えめなラベンダーでワンランク上の洗練が漂う 上品で透明感のある美しさを演出してくれるラベンダー。シャギーニットのふわふわとした質感とリラクシーなシルエットなら、アンサンブルもコンサバ見えせず今どきな着こなしへと導いてくれる。カーディガン¥31,000・ニット¥22,000・スカート¥21,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) チェーンネックレス¥22,000(マラ ムクス)・バングル¥49,000(ガブリエラ アルティガス)/以上アパルトモン 青山店 コインネックレス¥41,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥155,000(ザンケッティ/ハウント代官山)・靴¥120,000(サルトル/ハウント代官山)/以上ゲストリスト「ファッションコーデ」記事一覧はこちら>>撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2021年2月号掲載
  • 今季のGUは、旬色からボトム、アクセまで大充実♡ 完売必至の新作情報を、いち早くニュース仕立てでお届けするよ♪1枚でキマるものからレイヤードが楽しいタイプまで、数あるワンピの中でも争奪戦間違いなしのデザインがこちら。上品可愛いサテンキャミワンピは白シャツと合わせてラフにコーデ 控えめなツヤ感がデイリーに取り入れやすいサテンのキャミワンピ。今なら白のデニムシャツをはおって、こなれた抜け感コーデに。 ワンピース¥1990・トップス¥1490・シャツ¥2490・靴¥2990/GU カチューシャ¥500・イヤリング¥1200/お世話や(OSEWAYA) バッグ¥14500/アンビリオン(ペルケ)やんちゃなデニムジャンスカラベンダーニットで甘さをミックス 軽やかな淡色デニムが好印象&春に向けて活躍間違いなし。ライラックのニットで甘さを添えたら白小物でクリーンにまとめて。 ジャンパースカート(一部店舗のみ販売)¥2490・ニット(一部店舗のみ販売)¥1990・ヘアクリップ(3種類5つセット・一部店舗のみ販売)¥790・靴¥1690/GU イヤリング¥1600/お世話や(OSEWAYA) バッグ¥4500/L-clothes上品さも可愛げも欲張れちゃうレトロなドット柄ワンピが春の主役! ドット柄やバンドカラーなど、旬を押さえた春の主役デザイン。ウエストには細ベルトつきで、キュッと結んで着こなせばスタイルアップもお手のもの。可愛いもモテも瞬時に叶えるワンピは絶対買い! ワンピース(一部店舗のみ販売)¥2990/GU バッグ¥2800/L-clothesモデル/鈴木ゆうか 岡本夏美 紺野彩夏 撮影/峠雄三(モデル) 山崎ユミ(物) ヘア&メイク/徳永舞(BEAUTRIUM) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/鈴木絵都子 本誌編集部 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
関連キーワード

RECOMMEND