黒いニュー・ヒロイン by ティファニー・ゴドイ

SPUR.JP

"Destroy Beauty(美の破壊)"を掲げた今季、ミウッチャ・プラダは美やクラシックに改めて向き合った。デニム素材やリボン、ビジュー、50年代のスタイルなどメゾンらしいコードにあえてシワやダメージの加工を施して"壊す"ことで、本来の美を問いかける。カラーパレットも黒やスキントーンなどミニマルに絞った。

ドレス¥306,000・ショーツ¥32,000・カチューシャ¥72,000・ベルト¥66,000・ソックス¥20,000・靴¥120,000(すべて予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ)

 こんなミュウミュウ、見たことない! ミウッチャ・プラダが得意とするレトロモダンな世界観が、今季2019年春夏コレクションではぐっとシャープに、強く感じられました。その理由の一つは、ファーストルックで登場したバズカットのモデル。アンドロジナスな風貌は、新たなトレンドの息吹を予期させる鮮烈なプロローグでした。

 同じく今回のコレクションで象徴的だったのが、全身ブラックのルック。マイクロミニ丈のガーリーなスタイルが、ビターなブラックデニムでぐっとフレッシュに。ちょうど最近、コートニー・ラブのような90年代のグランジスタイルが脚光を浴びていることもあり、まるで新世代のバーチャルヒロインのようなパワフルな印象を受けました。柔軟な感性を持った若い世代なら、性別を問わずこの人物像に共感できるはず。こんなスタイルのメンズをもし見かけたら、間違いなく街で声をかけてしまうでしょう。

 若い世代といえば、パリに住んでいて最近感じることがあります。それは、街中で目を引くスタイリッシュな子が、こぞって黒い洋服を着ているということ。その背景には、先行きが見えない社会情勢が関係しています。日常的に起こるデモ。外に目を向けても、混迷する政治や経済、環境問題など、明るいニュースばかりではありません。こうした状況の中で、黒という色はある種のステートメントとしての役割を果たしています。少し前まで、新世代を象徴する色として「ミレニアル・ピンク」や「ジェンZイエロー」というキーワードを耳にしました。これらに続き、今のモードシーンを最もリアルに反映した色は、やはり黒をおいてほかにないと思います。

ティファニー・ゴドイファッションジャーナリスト。自ら創刊した『The Reality Show Magazine』の編集長兼クリエイティブ・ディレクターも務めるほか、数多くのメディアにも寄稿。

>>「21st Century Black」特集TOPに戻る

関連記事
  • “これでいい”じゃなく、“これがいい”から選ぶんです!私服スナップの常連・アラフォーエディターたちは「プチプラ」をどう選び、どう着こなしている? なんとなく、便利そう"だからプチプラ服を買っていませんか? マリソルきってのおしゃれ好きアラフォー6名の私服コーデから見えてきた、「プチプラ」との妥協なき向き合い方をご覧あれ。※この特集内に出てくるアイテムはすべて私物です■エディター 発田美穂さんのマイルール 華やかで心ときめく「とろみの柄ワンピ」を狙いうち 「プチプラの買い物は、楽しんでこそ。"このシーズン、3回も着られれば上出来!"という視点で探すと、選ぶのがすごく楽しくなります。このドット柄のワンピースは、ZARAのWebサイトで。ZARAはプレスディナーや出版パーティなど、パッと華やかに見える服が必要な時に頻繁にチェック。なかでもとろみ素材の柄ワンピースは、プチプラでも値段感が出にくく、簡単に今の気分を取り入れられるのがいいんです」「白ベースのドット柄ワンピースはZARAで¥8,000ほど。この時季はベージュの着流し風リネンガウンをはおって軽やかに」。ワンピース/ZARA リネンライトコート/カオス バッグ/J&M デヴィッドソン 靴/海外で購入 バングル/ハム 「こちらもZARAのサイトで。2 サイズ取り寄せ、自分の体型に合うものを。プチプラこそ、サイズ感で妥協しないことも大人のルール」■エディター 坪田あさみさんのマイルールプチプラは、おしゃれのカンフル剤。「次に着たいもの」を投入します 「春夏らしい色ものを求めてWebショッピングめぐりをしていた時に出会ったのがこのスカート。届いたら想像していたより丈が少し短かったのですが(笑)、それなら高いヒールの靴を合わせようとか、工夫しながら着こなすのもまた楽しいんですよね。高価な服だとどうしても"守り"に入りがちですが、プチプラ服は"遊び"に振り切れる。"次、これを着たい"という挑戦をすることで、おしゃれの幅が広がります」「きれいな発色のピンクスカートはSLOBE IÉNAで¥15,000ほど。激安ではないけれど、挑戦するにはいい価格」。スカート/SLOBE IÉNA Tシャツ/N.O.R.C バッグ/STAUD サンダル/ミッシェル・ヴィヴィアン ヘアスカーフ/フォンデル サングラス/BLANC「挑戦アイテム・ダッドスニーカーはZARAで購入。ベーシック服はいいものを、トレンド服はプチプラで、というバランスが私流」【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/須藤敬一(発田さん、磯部さん、坪田さん) イマキイレカオリ(東原さん、Akaneさん) 遠藤優貴(MOUSTACHE/伊藤さん) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/八角 恭(nude./発田さん) TOMIE(nude./磯部さん) 森野友香子(Perle Management/坪田さん) YUMBOU(ilumini./東原さん、Akaneさん) 神戸春美(伊藤さん)
  • 夏こそチープシックを極めるいいチャンス。「アンダー5万円の『幸せモード』」では、ハイメゾンの名品からアジアブランド、メンズウェア、本気のワークウェアをボーダーレスにピックアップ。大人のおしゃれ心を満たします! 大人を夢中にさせる存在といえば、SixTONES。彼らの多様な魅力に、「野性と純真」というテーマでフォーカス! 2019年下半期の運勢が気になるなら、「運命のCOJI-COJI占い」は必読。さくらももこさんの人気キャラクターと数秘術のコラボレーションで、来季の指針を丁寧にレクチャー。SPUR8月号は、夏を盛り上げるワンダーランドマガジンです!太陽煌めく夏がやってくると、暑いとは言いつつ外へ出たくなるから不思議です。今月号では、次の秋冬にもトレンドが続きそうな“ピンク”色にフォーカス。アウトドアブランドとのミックススタイルで、夢見心地な「ピンクニック」のファッションストーリーを提案します。大好きな色を大胆に重ねて、とびきりハッピーな夏支度を! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  「いつかは欲しい」「久々に買いたい」と思っていても、何をどんな基準で選んだらいいのか迷うのが時計。決して安い買い物ではないですからね! そこで「究極のあがり時計は?」「カジュアルにもフォーマルにもつけられるのは?」などいろんなポイントから名品をピックアップ。秋に予定されている増税までに駆け込み買いするなら、まずはこちらをお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  暑い夏のクローゼットの必需品、Tシャツ。毎日身に着けるアイテムだからこそ、魅力的なデザインとアフォーダブルなプライスを兼ね揃えた精鋭が必要です。どんなスタイリングにも合わせやすいクリーンなテイストから、アップカミングなストリートブランドまで幅広く紹介しています。真夏を一緒に駆け抜ける心強い相棒をぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  夏なのにレイヤリング?と思ったそこのあなた。もう2019-20AWコレクションは発表されており、次の季節のムードがひたひたとモード界にはやってきているんです! 今回スタイリスト浜田英枝さんが提案するのは、今から着られてネクストシーズンも先取りできる、レイヤードテクニックについて。トレンドのエッセンスが凝縮された特集です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  憧れのハイブランドから老舗のジュエリー、メンズアイテムから作業服専門店まで。街中を駆けずり回ってみつけたモードなアンダー5万円が一堂に! 確かな品質と、心躍るデザイン。このふたつが揃ったアフォーダブルなアイテムの数々。バリエーション豊かなラインナップは、買い物欲がムクムクと湧いてきます。この夏、おしゃれがもっと楽しくなること間違いなし! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  デイリーに活躍する名品が揃う、プレフォールコレクション。だからこそ気候の変化にあわせて長く着られるアイテムを、賢く手に入れるのが正解です! このテーマでは、スタイリング次第で2シーズン、ないしはオールシーズン着られるウェアを厳選。ドレス、シャツ、セットアップなど「今日買ってすぐ着られる」ウィッシュリストをぜひご覧ください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  この夏はメイクアップにおいて、かつてないほどのベージュブームが訪れています。素顔にそっとベールをかけたかのような、やさしくフェミニンなまとい方を提案。唇に、目もとに、そして頬に。10%~100%まで、ベージュの分量を少しずつ変えて「新しい顔」を描きます。 驚くほど垢ぬける今シーズンのベージュの力を、ぜひ堪能してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  手にするだけで気持ちが弾み、使うと心がちょっと強くなる。2019年の上半期を代表するようなコスメティックスには、そんなパワーがあります。今回のベストコスメ特集は、私たちが生きていくうえでの“相棒”とも呼べるプロダクトをビューティプロの声に基づいて厳選。使う人の心を豊かにするようなコスメティックスを朝のストーリーとともにお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ジョージアを知っていますか? 今、ファッション業界の人々はいっせいにこの旧ソ連の小国を目指しています。洗練されたホテルを中心に、ファッションスポット、レストランが続々とオープン。料理もワインも最高においしく、まさに楽園。まだどのガイドブックにも載っていない、ジョージアの魅力を凝縮させました。これを読んだ3分後、ジョージア行のチケットを買っていること間違いなし。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  平成から令和という大きな時代の変化を迎えた上半期を終えて、残りの半年はどうすれば?と思う方も多いはず。今回の下半期占いではなんと、さくらももこさんの人気漫画『コジコジ』とコラボレーション! 真木あかりさんの数秘術をキャラクターに紐付けて、基本性格や指針を解説します。ゆるく、でもしっかりと深く読み込める占いをぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • Photography:Satoko Tsuyuki「時計、あってもなくても……」。10年ほど前、愛用時計がこと切れて以来、買いあぐねていた私。「時計、やっぱり欲しいよね!」と再び思うに至ったきっかけがこの二人でした。ライターの栗山愛以さんとファッションエディターの岡部駿佑さん。両者ともモード最先端な攻め攻め系ですが、時計はクラシックなんです。このおしゃれ~な意外性に魅了された私はガチで時計が欲しくなり、SPUR8月号で「ラスト・ミニッツ・ウォッチ」特集を担当。上記二人のルポも必見ですし、時計ジャーナリストの本間恵子さんによるかゆいところに手が届くような買い物指南も勉強になる! 時計に興味ある人もない人も、まずはチラッと見てみてください。 SPUR8月号「人生最高の「ラスト・ミニッツ・ウォッチ」」を試し読み(外部サイト)
  • シースルーのタートルニットに白シャツ、そしてシースルーのVネックニット。写真の涼しげなシアーニットをきかせたレイヤリングスタイルは、SPUR8月号の浜田さんのレッスンの中でも、色や素材のセレクトがミニマムで洗練されていて、個人的に一番真似をしてみたい!と思ったルックです。この一体を作るために膨大なウェアをリースし、何十パターンものスタイリングを試し、ミリ単位でスタイリングのバランスを考える浜田さんの熱意に、今回も感動させられっぱなしでした。4ページに4ルックの特集ですが、そこには最新モードを緻密に分析する、浜田さんの研究の成果がつまっているのです。モードマニア必読の特集です! SPUR8月号「浜田英枝の先取りレイヤリング講座」を試し読み(外部サイト)
  • モードなアンダー5万円をスタッフ一同で探しまくりました! そこで見つけた個人的ヒットがおしゃれ“ギョサン”! 頑丈で、滑らず、素肌にフィット。しかも2300円(税抜き)という手ごろさ。“ギョサン”界の雄、丸中工業所が手掛ける「マルナカ ハイエンド」のサンダルです。スタイリスト小蔵昌子さんが合わせたのは白ですが、シックなブラウンやブラック、赤や青など実は色バリが豊富。ビーサンに飽きた~なんていうみなさん、この夏、ギョサンデビューしませんか? SPUR8月号「アンダー5万円の「幸せモード」」を試し読み(外部サイト)
  • SPUR8月号のジョージア(旧称グルジア)特集、必見です。「ジョージアがやばい」という話は5年ほど前から出ていたんですよ。でも、その時点では早すぎた。じわじわとイケてるスポットが開発されていき、メルセデスベンツ・ファッション ウィーク・トビリシが徐々に盛り上がっていき、満を持してこのたびシュプールは特集に踏み切りました。 ヨーロッパ、アジア、そして中東のクロスポイントに位置する旧ソ連の小国。デザイナー、デムナ・ヴァザリアの出身地としても注目され、ここ数年でファッション偏差値が一気に上昇。そこには、世界各国から買い付けた最新モードとともに、ジョージアデザイナーによる独特のファッションアイテムが揃っていて、そのどれもが本当に素敵なんです! もちろん、東京では買えないものばかり。そしてなんといってもここはワイン発祥の地。夢のようにおいしいオレンジ色のアンバーワインにあわせて、これまたファンタスティックなジョージア料理を堪能しましょう。こちらは、ヒンカリと呼ばれるジョージア版の小籠包。スパイスのきいた具から肉汁がじゅわっと溢れでてきます。 首都トビリシから車で3時間ほどの、秘境ステパンツミンダへのトリップも忘れずに。この風景をみたとき、「あ~ここは、天国なのかな」と本気で思いました。 こちらはファブリカホステルにあるカクテルバー。 そうなんです、ジョージアのホテルの内装のレベルの高さといったら。ホテルに一日いるだけでも楽しいです。というわけであまりにも素晴らしい国すぎて、熱量高めに情報を誌面に詰め込みすぎてしまいました。「こんなに細かいページ、久しぶり」と思われるかもしれませんが、後悔していません。ぜひじっくりお読みください! SPUR8月号「おしゃれな人はジョージアを目指す」を試し読み(外部サイト)
  • 新しいベージュのまとい方をお届けするSPUR8月号「ベージュの伝言」。今回のメイクアップを手掛けたのは、前川伸子さん。いつもナチュラルなベースにほんのひとさじのモード感を加えたテクニックを紹介してくださいます。こちらは、本誌未掲載のアザーカット。 Photography:Kiyoe Ozawa拡大してみてください。目周りに、クリームベージュのアイラインを入れています。彼女はまつ毛の色が薄いのでわかりづらいですが、日本人の黒いまつ毛の上にこのアイラインを組み合わせると、コントラストで黒いフレームがくっきりと目立ち、目がぱっちり見えるんです!このテクニックには心底驚きました。チーク、リップもすべてベージュでまとめるのがポイント。ぜひ試してみてくださいね。 SPUR8月号「ベージュの伝言」を試し読み(外部サイト)
  • SPUR8月号の「ピンクニック」テーマの裏テーマは、「初めてのキャンプに出掛けたブルジョワガール」。次の秋冬のブルジョワテイストにもリンクさせながら、ただのアウトドアミックスではなく、ドレスやレディなコートと、スポーティなフーディやマウンテンブーツをミックス。 初めてのアウトドアは、執事が用意したピクニックのセッティングで愛犬のハートちゃんと一緒に悠々とくつろいで……、という妄想から生まれたストーリーです。うらやましいことですね。ピンクが大好きな彼女に用意されたアフターヌーンティーもピンクのゼリーがメインのデザート。きらきらプルプルのゼリーは生花をとじこめたなんともロマンティックなビジュアルで、スタイリスト飯島さんのなんと手作りです。夜なべして作られたロマンティックなセッティングも合わせてお楽しみください! SPUR8月号「HAPPY PINKNIK!」を試し読み(外部サイト)
関連キーワード

RECOMMEND