WeiboとWeChatでファッションの歴史を変える。Mr.Bagsを知っているか?

SPUR.JP

経済の急成長が止まらない中国からアジア圏を中心にファッション業界で絶大な支持を得ているデジタルインフルエンサー、タオ・リャン、別名Mr.Bags。バッグへの愛と豊富な知識、
先見の明は随一。ブランドとのコラボレーションも続々発表し、SNSでの影響力も絶大。来日したMr.Bagsに突撃取材!


Tao Liang (Mr.bags)

1992年中国生まれ。高校卒業後、LAの南カリフォルニア大学に留学。その後NYのコロンビア大学へ。在学中の2011年Mr.Bagsとして中国版のSNSでバッグをカテゴライズして紹介する投稿を始めると、絶大な影響力をつように。今では数々のラグジュアリーブランドからのコラボレーション依頼が後を絶たない。現在北京在住だが、1年の半分以上は海外を飛び回っている

@mrbagss

(左) Mr.BagsのInstagramより。9月に参加した2019S/SのDiorのショー会場前にて。
(右) 5日間のミラノの旅にはDiorの「ブック トート」をはじめ合計12個ものバッグを携えて

News 01  ▷ なぜ、彼はブランドに愛されるのか?

数々のラグジュアリーブランドとコラボレーションしているMr.Bags。そのアーカイブスを一挙に紹介する

LONGCHAMP

1月7日に発売されたばかりのコラボレーション最新作は2019年の干支がテーマ。中国で「猪」は豚のことを意味しており、Mr.Bagsが愛用している「ル プリアージュ® キュイール ハンドバッグ」をベースにホ ワイトのラインで豚を描いている。「もとより私たちのバッグを旅や日常で愛用していたMr.Bags氏に注目しオファーが実現。彼がデザインを発案した最初のコラボレーションは即完売し、大成功でした! プロフェッショナルで知識があり、とてもクールな人物です」(アーティスティック・ ディレクター ソフィー・ドゥラフォンテーヌ)。

(上・右)ハンドバッグ 〈H20×W21×D12〉各¥63,000・(中)トラベルバッグ〈H35×W45×D23〉 ¥119,500/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン)

TOD’S

©TOD’S

「出会いは数年前、Mr.bags氏がコレクション期間中にイタリア本社と工場に立ち寄ったことがきっかけです。 彼のブランドへの深い理解とプレゼンテーション能力は本当に素晴らしい! プロの側面はもちろん、やさしさあふれる人柄も魅力ですね」(ミラノPRチーム)。2018年6 月に発表された「ウェーブ バックパック」リミテッドエディションはその年の干支である犬をイメージ。ハンドルから下げられたタグは、まるで垂れた耳のようだ。前年の初めてのコラボレーションに引き続き、「X」のスティッチングも施されている。Mr.BagsのWeChat上のショップでは、なんとわずか1 時間ほどで在庫の300個が完売した‼

MONTBLANC

2018年7月、中国のバレンタインデーにあたる七夕に向けて、男女ペアで持つことができるメンズ1 型、ウィメンズ2 型のバックパックのカプセルコレクションを発表。七夕のロマンティックなアプローチの愛とコミットメントをテーマに掲げ、中国では即日完売するブティックもあったそう。Mr.Bagsは、モンブランでは初のウィメンズ向けとなったミニバックパックを斜め掛けにして愛用している。

News 02  ▷ Mr.Bagsのバッグの中身を教えて!

北京の新居に500個近くバッグを所有しているというMr.Bags。今回の来日用に選ばれたバッグは?

「旅行に出かけるときはいつも大きなボストンバッグ にミニバッグを入れています。今回のお供はディオールのクラッチバッグ(右) で、中にはセリーヌのミニ財布(左)のみ。その他領収書を入れるため、ロンシャ ンのポーチも持参。ウィメンズでも中性的なムードがするものは使いますね! 中国ではスマホ決済のため財布は持たない主義です」

News 03  ▷ Mr.Bagsを有名にしたSNSとは?

Mr.Bagsが多くの支持を集めるきっかけとなったSNS、「Weibo」と「WeChat」の概要を解説!

WeChat

880K Followers

メッセージと通話ができるアプリで、タイムラインを見るには相互の承認が必要。Mr.Bagsはここではバッグの紹介のほか、私物の公開もしている。コラボ商品を販売するストア「Baoshop」も設けているが、発売のたびに即完売してしまう。

Weibo

 5m Followers

中国最大のSNSで、ツイッターのようなシステム。Mr.Bagsは2012年頃から投稿している。ラグジュアリーブランドのバッグを中心に取り上げ、魅力的な点を紹介。友人に語りかけるような文面で、「あなたはどれが好き?」と締めくくる。

定番とトレンドが共存するからバッグは面白い!

Q.バッグに情熱を注ぐようになったのはなぜですか?

A.ファッションに漠然と興味はあったのですが、高校生の頃、家の近くに百貨店のレーン・クロフォードができて、さまざまな服に触れるようになりました。中国版『ヴォーグ』や『グラツィア』といった雑誌もよく読んでいましたね。卒業後はLAに留学し、たくさんあるショッピングモールに通うように。ラグジュアリーブランドの服はかなり高価ですが、アクセサリーだったら手が届く。中でもバッグは何十年も使い続けられる一方で、トレンドもわかりやすいアイテムなので面白いと思ったんです。

Q.そのバッグへの愛や知識が今多くの支持を得ているわけですが、それにはどのような経緯があったのでしょうか?

A.すごく可愛いバッグを買ったのに、使う機会がなくて放置している友人たちの姿を目の当たりにしたんです。そこで、僕はカテゴライズがすごく好きなので、どういうところが楽しいのか、どういうエピソードがあるのか、どういうシチュエーションで持ったらよいかといったタグづけをしてSNS上でバッグの特徴を整理して紹介してみることに。加えて、今後はやるかもしれない、といった予測もしました。それを中国版フェイスブック「人人網」にアップしていたらラグジュアリーブランドやバッグ好きの人たちにどんどんシェアされていったんです。その後ツイッターのような要素も併せ持つSNS「ウェイボー」にも同様のことを投稿すると、より多くの人に広まりました。

Q.中国の方々は、そもそもどのようなバッグの選び方をしているのでしょうか。

A.アメリカではラグジュアリーブランドのバッグは富裕層が持っている印象でしたが、中国では所得に関係なく、みんなが熱狂しています。お金を貯めて高級バッグを買おう、という意欲があり、情報を吸収するスピードもすごく速い。ストリートブランドももちろん人気がありますね。

よい点だけを挙げて、友人にすすめるように書く

Q.そのような状況の中国で、なぜ人気を獲得することができたのでしょうか?

A.中国にもファッションブロガーはたくさんいましたが、基本的にスタイリングの仕方など、ハウツーものが多かった。僕のようにバッグをカテゴライズする人はいなかったからかもしれませんね。でも、それだけではなく、よい面をフランクに書くことを心がけていることも大きいのではないでしょうか。僕は性格的に、プラスのパワーしかみんなに拡散したくないんです。人生においては、友人たちと一緒にリラックスして楽しく過ごすような時間が大切だと思っています。バッグの論評や比較をするのではなく、このバッグがいいよ、と友人にすすめるような感覚を重視しているんです。

Q.そうした姿勢に数々のブランドが感銘を受け、コラボレーションにつながっていったのでしょうね。

A.コラボレーションも犬、豚、青空など明るいコンセプトがほとんどです。売り上げもいいので、みんなそういうムードを求めているのかもしれません。

Q.中国語で書かれている文章を、日本人の私たちも読んでみたいです!

A.中国向けに絞っていたのは特に計画があったわけではなく、それだけで手いっぱいだったからなんです。でも、世界中の華僑の人たちが現地に広めてくれていることもあり、いろいろな国から問い合わせをもらっています。そこで、今後インスタグラムでMr.Bagsとしての公式アカウントを開設する予定です。今の@mrbagssではプライベートなことをアップしていますが、公式では中国で発表しているような内容にするつもりです。

Q.楽しみです!ほかに今後考えていることはありますか?

A.時計やアクセサリーについて、バッグ同様のコラムを書きたいと思っています。中国のファンの子たちがバッグの次にそこに目を向け始めているんです。これまで養ってきた分析能力を生かしたいです。

Do you know him?
 Instagram: @mrbagss
 WeChat: bagsbaoxiansheng

 Weibo: @Bags包先生

www.mrbags.com

SOURCE:SPUR 2019年3月号連載「Mr.Bagsを知っているか?」
photography: Yuka Uesawa text: Itoi Kuriyama
関連記事
  • グッチのクリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレは、わずか3年間のうちに、ファッションの流れを大きく切り換えた。世の中の価値やジェンダーの概念、さらにアイデンティティにまで、新しい視点をもたらしながら  5月の晴れ渡ったある日、アレッサンドロ・ミケーレと私は隣同士に座り、大きなガラス窓越しに、ロウアー・マンハッタンの一角を眺めていた。同じ景色を見ていたが、それぞれに受けた印象は違った。私の目には実用本位の雑多なビルの寄せ集めに映ったが、ミケーレはそこに物語と歴史とヘリテージを読み取った。できれば統一感をもたせたいと思う私とは違って、彼はありのままの自然体がいいと言う。活気はあるけれど乱雑だと私がつぶやけば、ミケーレはモザイクのようだと形容する。 「ヴィクトリア様式、1930年代のスタイル、この街にはたくさんのエレメントが織り込まれているんだ」と彼は感嘆した口調で語り出す。うっとりさせるような声で話すミケーレは、彼の友人ジャレッド・レトに劣らない俳優のように見えてくる。「美しいよね、素顔の感じがいい。ここは人々の生活が息づく街なんだ。みんなが心地よく暮らせるようにと、少しずつ築かれてきた街なのさ」。彼はニューヨークに来るたび、このホテルのスイートに泊まる。10階の高みから見渡せるこの景色のために。ローマの自宅を離れている間、ここが彼にとってのマイホームになるのだ。 アレッサンドロ・ミケーレ 2018年5月6日NYにて撮影  現在47歳のミケーレは、2015年1月にグッチのクリエイティブ・ディレクターに就任した。今回彼は、ふたつのイベントのためにニューヨークにやってきた。まず、このインタビューの前日に、ソーホーにグッチのニューショップがオープンした。ここは単に商品を買うだけの場所ではなく、あちこちを見て回り、のんびりと時間を過ごせるファッションの殿堂だ。円形ソファでくつろいだり、映写室で映画を観たり、1985年出版のマドンナが表紙を飾った『インタビュー』誌の復刻版をぱらぱらとめくったり、20数万円のレザーブーツを試したり(試さなかったり)しながら、ミケーレのイマジネーション溢れるにぎやかなカオスにゆったり浸ることができる。グッチは今、世界中のショップをこういったスタイルにリニューアルしているところだ。ショッピングするだけでなく、自分らしさを見つけ、くつろいで、夢を見られる場所にするために。  ふたつめの目的はメトロポリタン美術館コスチューム・インスティテュートのチャリティ・ガラだ。ミケーレには、俳優のジャレッド・レトと歌手のラナ・デル・レイが同伴した。ふたりの話をし始めると、ミケーレの口調は熱を帯びてくる。独創的な彼らは“なりたいと思ったとおりになる”という理念を体現した人たちだとミケーレは言う。彼らのようになるには自分の意思で生き、自分で決断していく必要がある。「ジャレッドはシャーマンみたい。ロングヘアで整った顔だちをしていて、クレイジーなスタイルをしている。ポップカルチャーの新イエス・キリストっていう感じかな。生き方そのものが外見に現れた人だよね」 「生き方」という言葉は、ミケーレが常に大事にしているコンセプトだ。このテーマをもとに彼は、影を薄めていたグッチの全面改変をし、最も話題性の高いブランドへと昇華させた。多くの顧客がショップに舞い戻り、グッチは再び、かつての文化的な威信と経済的な成功を取り返した。ミケーレはもちろん、服やスリッポン、バッグなどが売れることを望んではいるが、単に“もの”を売りたいわけではない。彼はそこに付随するエキセントリックで多様性に富んだ、開放的な感性を伝えたいのだ。そのメッセージを広く発信するために、ミケーレはあらゆるコミュニケーション方法を用いている。  彼が新しいグッチの世界に巻き込んでいるスターやコラボレーターも、その伝達役を担っている。元プロスノーボーダーのトレバー・アンドリュー、別名“グッチゴースト”は、2013年末から2014年にかけて、「GG」のロゴを使ったグラフィティをブルックリンやマンハッタンのあちこちに描いてきたアーティストだ。彼は無許可でロゴを使用していたが、ミケーレは著作権の侵害訴訟や停止通告をするどころか正式なコラボレーターとして招き、快諾したアンドリューとともに2016-’17年秋冬コレクションを手がけた。  グッチで2017年に発表された、ダークブラウンのミンクファーに、モノグラムプリントの巨大なバルーンスリーブがついたボンバージャケットは、80年代のハーレム伝説のデザイナー、ダッパー・ダンのコピーだと糾弾されて世間を騒がせた(註:ダッパー・ダンはハイメゾンのロゴなどを取り入れた服で人気を得たが、著作権侵害に問われ1992年以降、活動を休止していた)。非難を受けたミケーレは、コピーしたことを認めると同時に、それがダンへのオマージュだったことを説明した。 ダンへの敬意を示して、ミケーレは彼にコラボレーションのオファーをし、ジョイントラインも展開した。さらにはハーレムの、見事に改修されたブラウンストーンの角のビルの1階にダッパー・ダンのアトリエをオープン。華やかに装飾された入り口に足を踏み入れると、窓から通りを見渡せる、真っ赤なカーテンに囲まれたアトリエに通じる。「最初は冗談かと思ったんだ。シンデレラが、何頭もの馬が引く馬車を目にするまで、夢物語を信じられなかったようにね」。アトリエに立ち寄った私に、ダンはそう話してくれた。「でもそのあと僕は、まるでこれから舞踏会に向かうような、天にも昇る気持ちになったよ」  ミケーレが初めて監修した香水「グッチ ブルーム」を発表したとき、彼は既存の枠にとらわれずに、個性的な3人のミューズを選んだ。映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(2015年)の中で、ロープで縛られ、ゆがんだ愛欲に翻弄される役を演じたダコタ・ジョンソン。フォトグラファーであり映像プロデューサーの若きカナダ人、ペトラ・コリンズ。そしてトランスジェンダーのモデル兼女優として活躍するハリ・ネフ。ミケーレは大声で人々に伝えたいのだ。彼が創り出すラグジュアリーの世界はどこまでものびやかで開放的なのだと。グッチは誰にでも居場所のあるパラッツォ(大規模な邸館)で、その華やかに飾り立てた空間では、誰もが仲よく肩を並べて暮らせるのだということを。(ミケーレによる常識破りなグッチが誕生するまで)SOURCE:「Alessandro Michele」By T JAPAN New York Times Style Magazine BY FRANK BRUNI, PHOTOGRAPHS BY MICHAL CHELBI, FASHION STYLED BY JAY MASSACRET, TRANSLATED BY JUNKO HIGASHINO JANUARY 10, 2019 その他の記事もチェック 中沢新一が読み解く、アレッサンドロ・ミケーレの哲学的ファッション アートとファッションの異端児が仕掛ける、オリジナリティをめぐる展覧会 NYのベドフォードにて撮影。NYのベドフォードにて撮影。
  • エレガントでドレスのようです。 きりりとした中に女らしさがほのかに香るピンクベージュのトレンチコート。 最愛の一着に出会えた感じです。ピンクベージュに見えませんが。ほんのりピンクなんです。 全部閉めて着るのも素敵です。Dior、エレガントな気分で上がります⤴美女組No.110あんまきのブログ
  • こんばんは、八木海菜芽です! 今回からスタートします❤︎【 #休日かなめ旅 】私が実際行った場所だったり、 いいな!って思った場所とか食べ物とか をお伝えしていく!って言う記事になってます❤︎ みんなの旅行計画の参考になればいいなと 思って始める事にしました〜!!記念すべき第1回は… みんな大好き♡♡" Tokyo Disney Sea "この記事では、 カワイイ食べ物達をご紹介します❤︎ 1つ目は… 【 リトルグリーンマン 】 "ピクサープレイタイム"が開催されてる 期間限定のグリーンマンやって、 ちょっとスペシャルやった♡! グリーンマンは、イチゴとチョコ味で ピクサーのボールはレモン味! いつもは、グリーンマンだけで ピクサーのボールは入ってないみたい! ちょっとくわえるとグリーンマンが " むぎゅっ "ってなるからその時が シャッターチャンス!映えるよ❤︎2つ目は…【 ジェームズ・P・サリまん 】 見た目は、見ての通り! " モンスターズ・インク " のサリー❤︎ "サリまん" も ピクサープレイタイム 期間限定のフード!! 注文するとアツアツのまま提供して 下さるのでめっちゃ美味しかった〜! 中身は、チキンとコーン◎ あんがほんのり甘いからみんな好きな味 だと思う!食べやすい味☺︎ パーク内には沢山お洒落な壁があるから そこを背景に撮るとカワイイんじゃないかな! って思った〜❤︎最後は…【 ポップコーン 麻辣(マーラー)味 】 このポップコーンコーンは、ディズニー行く! って話した時に同じカワイイ選抜の " 鶴岡舞子 "ちゃんに教えて頂きました❤︎ おつまみ感覚で食べれて、やみつきになる味! 甘い物続きで食べてちょっとお口直ししたい! って時にちょこっとつまめるのがいい〜☺︎ #休日かなめ旅 【 ディズニーシー ① 】フード編 いかがでしたでしょうか❤︎ 次回は… 【 ディズニーシー ② 】ディズニーコーデ編 " リトルグリーンメンコーデ " をしたので コーデについてお話したいと思います!! お楽しみに♡♡ では、今日はこのへんで! 読んで下さってありがとうございました❤︎ 海菜芽より。 TwitterInstagramカワイイ選抜 No.84 八木海菜芽のブログ
  • 先日、香港へ行ってきました♥ 実は海外旅行は幼稚園生ぶり! 今回は香港旅行について、前編と後編に分けて書いていきます(*˘︶˘*) インスタ映えする街とよく聞くけど、果たしてどうなのか!!!!出発♥乗った飛行機は香港エクスプレス! 日本から香港まで行くのに、5時間かかりました。お昼に出発して、現地に着いたのは夜でした(^^)私が載った飛行機(^-^)到着〜♥5時間後に到着!しかし夜なので外は真っ暗でした‥笑 時差は1時間(^-^)お腹がペコペコでしたが、着いたのが夜11時頃だったので、お店は空いている所が少なく.....現地のセブンのお弁当を買ってホテルで食べる事に!香港のセブンの現地のお弁当は果たして(・▽・)・・・チキンとサフランライスと謎のソースのお弁当と、豚肉とお米と謎のソースのお弁当が気になり購入! 飲み物は現地のミルクティーを選びましたଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧果たしてお味は.....ん〜、独特の味( ̄▽ ̄)!笑チキンの方は、とにかく辛くて、豚肉の方は、お肉がぶよぶよでソースも臭みが( ̄▽ ̄)お弁当は日本人の私には合いませんでした笑 でも、サフランライスとタイ米は美味しかったよ( ´∀`)b♥ そしてミルクティーがめちゃくちゃ美味しい!!! タピオカミルクティーの濃いミルクティーの味がしました♡ お土産にも買ったよ(^^)ハマりました!泊まったのは「パンダホテル」♥なかなかインパクトのある名前のホテルですよね笑 パンダホテル!笑 ロビーではパンダがお出迎え(^^) 可愛いくて癒されました。香港旅行2日目♥2日目はツアーに参加して現地観光をしました(*´ω`*)《ヴィクトリア・ピーク》最初に向かったのはヴィクトリアピーク❤︎ 展望台です(^-^)山の上から香港の景色を見渡すことが出来ます!この日は少し曇っていたから晴れている時にまた行きたい!笑《天后廟》次に行ったのは天后廟(^^)! ここは現地で有名な開運スポットです!神様の像や、縁起物がたくさん集まっています( ^ω^ )この像の頭から足までを手で撫でると、一生お金に困らなくなるらしい‥‥一生懸命に触る西。この橋は、端から端まで渡ると、寿命が3日延びて長生きするらしい!この石は、触ると恋愛効果があるみたい!しっかりと触って来ました( ´∀`)b❤︎笑黄大仙に行って運気がアップした気がする! パワーをもらいました! とても楽しいスポットでした(^-^)v香港のご飯といえば♥飲茶(ヤムチャ)お昼は飲茶(ヤムチャ)の体験をしました!飲茶とは、お茶を飲みながら点心を食べること。点心とはシュウマイ、まんじゅう、エビ餃子などの軽食のこと。 テーブルの真ん中にくるくる回る大きな丸いトレーがあって、トレーを回してご飯を順番に取るスタイル!日本では見られませんね(*˘︶˘*)いちばん美味しかったのは‥‥豚まん(*´ω`*)!!!皮が甘くて、中のあんの味付けも美味しかったです♥また食べたいな(*˘︶˘*)《黄大仙》次に向かったのは、黄大仙♥ ここはインスタでもよく見かけるインスタ映えするパワースポットです(^-^)香港人が何でも祈願しに来るみたい!上を向くと...鮮やかな提灯が!! チャイナっぽくて伝統を感じますね(^-^)ここでツアーは終了〜! ここから自由行動になりました^_^【これぞインスタ映え!】ストリートアート街♥ずっと気になっていたストリートアート街! 街全体の建物の壁や階段などに可愛いアートが描いてあって、歩くたびに写真をとりたくなる、女の子におすすめのスポットです(*˘︶˘*) インスタ映え間違いなしの、とってもお洒落な街でお気に入りです(^-^)これは香取慎吾くんが描いたストリートアート♥1番お気に入りです(^-^)ガーリーで可愛い壁♥流行りの羽も♥階段も凝っている!!!床も可愛い♥【スリル満点♥】オープントップ・バス体験! 夜はオープントップ・バスに乗りました!屋根なしの二階建てバスで夜風に吹かれながら夜の香港を疾走(^-^)看板が頭のすれすれで、スピードも早くてギャーギャー言うほどスリル満点でした。まるでジェットコースター並。これは本当に楽しかった(*´ω`*)絶対また乗りたい!100万ドルの夜景♥インスタ映え〜100万ドルの夜景も見ることが出来ました(*˘︶˘*) 日本の夜景は1色だけど、香港の夜景はカラフルでひと味違う! 綺麗すぎて忘れられません... 香港へ行ったら絶対に見て欲しい!ナイトマーケットで夜ご飯♥夜ご飯は、ナイトマーケットの女人街へ! 香港のチェーン店の飲食店に入りました。 メニューはよく分からないから見た目でチョイス。私は餃子とスープのセットを頼みました。果たしてお味は.....スープは、とにかくパクチー臭が凄い( ̄▽ ̄)笑ギャーギャー言って食べました笑 日本人は苦手かも。 スープ系はおすすめしません笑 でも餃子は美味しかった(*˘︶˘*) 餃子は正解です♥♥♥今回はここまで♥《前編》はここまで♥ 《後編》は香港ディズニーを中心にアップします(*´ω`*) 後編も見て頂けると嬉しいです♥ 最後まで読んで頂き、ありがとうございます! Instagram、Twitter、Cチャンネルも更新しているので、ぜひ見て下さい♡ ♥Instagram♥♥Twitter♥♥Cチャンネル♥ではまた次のブログで♥ ありがとうございました(*´ω`*) 西愛梨カワイイ選抜 No.73 西愛梨のブログ
  • バイラーズ世代のきれいめコーデの主役、ワンピース。一枚で着ても華やかに決まるし、ニットをオンしたり、Tシャツをレイヤードしたりと、重ね着コーデでも大活躍。今年の主流は、上品な小花柄やオンオフ使えるさわやかなストライプ柄、こなれ感の出るドット柄など。素材は季節を選ばない薄手の"とろみ素材"がおすすめ。大人の可愛げを引き出すワンピース20選をチェックして。夏まで着られるワンピース20選※横にスライドしてチェック! 詳細は画像からリンク着映えしながら、あくまで上品。小花柄が大人に支持される理由 深いブルーベースに、対照的な暖色系の花柄が映える。カラフルながら小さな柄だから、派手にならないのがポイント。暖かくなったら前ボタンをすべて外し、ガウンのように羽織ってもいい。ワンピース¥18500/シップス 有楽町店(シップス) ピアス¥3000/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) バッグ¥132000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥48000/アマン(ペリーコ) 薄手のワンピースにニットを重ねてスカートづかい! 薄手のワンピースを一枚で着るには寒い時期は、ニットと重ね着してみて。ラベンダーカラーのニットは、寒色系ワンピースと高相性。赤いフラットシューズで、リラックスしつつ、だらけすぎないオフの日スタイルが完成! ワンピース¥8241/ギャップフラッグシップ原宿(ギャップ) ニットトップス¥5436/ギャップフラッグシップ原宿(ギャップ) ネックレス¥21000/シルバースプーン バッグ¥8900/N.ルミネエスト新宿店 靴¥40000/ザ・グランドインク(ロランス)肌寒い時季。下にも上にも重ねてレイヤード上手なコーディネートに ワンピースの下にはタートルネックのカットソー、上にはカラーコートを羽織って。春の気分を先取りしつつ、まだ肌寒いリアルな気温差にも対応できるおしゃれコーデに。ワンピース(インナースカートつき)¥12000/ココ ディール コート¥48000/アルアバイル 中に着たカットソー¥12000/サンスペル 表参道(サンスペル) ピアス¥19000/トゥモローランド(リジー フォーチュネート) バッグ¥49000/アマン(ペリーコ) 靴¥18000/デ・プレ春~夏の着回し花柄ワンピースは小花柄を都会的に取り入れて 3月から買って夏まで使える「とろみ柄ワンピ」。なかでも上品な花柄ワンピースは、幅広いシーンに対応できるスグレモノ。リゾート風の大柄よりも、さりげなくて着回し上手な小花柄を都会的に取り入れるのがポイントです!(右)カシュクール風にアシンメトリーに配したウエストギャザーが、しなやかなドレープを生む。¥27000/カーサフライン 表参道本店(カーサフライン) (左)透ける素材とたっぷり入ったギャザーで、黒ベースもふんわり軽快。インナーワンピースつき。¥19000/ノーリーズ&グッドマン銀座店(ノーリーズ)ピンクの花も、裾のフリルもモノトーンの小花柄は締め色ベースだからほどよい甘さ 裾のフリルがつくる、マーメイドシルエットが女らしい。ワンピース(インナーワンピースつき)¥29000/ドロシーズ カーディガン¥24000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) サングラス¥26000/カレン ウォーカー ギンザ シックス店(カレン ウォーカー) ピアス¥12000/トゥモローランド(リジーフォーチュネート) バッグ¥10000/ロウェル シングス ルミネ新宿店(ロウェル) 靴¥46000/アマン(イエナ×ペリーコ サニー) モノトーンの小花柄は小物の個性をプラスして遊ぶ 意外なほど合わせる小物を選ばない、モノトーンの小花柄ワンピース。たとえば、フリンジつきのバッグで、ほんのりボヘミアンな風味づけもしっくりくる。高め位置でくびれのあるシルエットながら、柔らかなとろみ素材なので着心地抜群。ワンピース¥40000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(アイロン) ピアス¥25000/アガット(ミキノラ) リング各¥17000/チェリーブラウン バッグ¥96000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ)合わせやすくて、鮮度も上々。ふんわりやさしいベージュの花柄 襟元リボンのタイプ。やさしくて今年らしいベージュの柄は、小物でメリハリをつけて。ワンピース¥13000/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ有楽町店(アーバンリサーチ ロッソ) ピアス¥54000/ショールーム セッション(マリハ) リング¥13000/ステラ ハリウッド(ステラ ハリウッド) バッグ¥45000/コード(ヴァジック) 靴下¥1300/オデット エ オディール 新宿店(ピエディ ヌーディ) 靴¥13000/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ)クリーンさ満点のストライプはとろみ素材でフェミニンに攻略 サックスブルー×ブラウン系のさわやかなストライプ。すとんと落ち感のあるシルエットは、レギンス合わせとも相性がいい。ワンピース¥38000(ウィム ガゼット)・靴¥69000(ニナ リッチ)/ウィム ガゼット ルミネ新宿店 レギンス¥9800/ルーニィ サングラス¥38000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ロワーケース) ピアス¥38000/チェリーブラウン リング¥19000/シティショップ(ジェーン ダレスボーグ) バッグ¥56000/ショールーム セッション(OAD NEW YORK) オンもオフも味方になる着るだけで知的美人なネイビー×白 ネイビー地に白のピンストライプは、オフィスでも間違いのないきちんと感。とろみ素材のソフトな印象に加えて、ウエストでクロスするディテールが、辛口なだけじゃない女性らしさをプラスしてくれる。ワンピース¥36000/カリテ スケープ コレド日本橋店(カリテ) ピアス¥2300/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) バッグ¥36000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(タイムズ アロウ) 靴下¥1200/ロペ 靴¥48000/アマン(ペリーコ) クールな柄をゆるりと着こなして媚びない女っぷりをまとう 辛口イメージのストライプも、しなやかに体を包むカシュクールデザインなら、こんなにも女らしい。チューリップ状の裾と袖のデザインで、動きを演出。ロングカーディガンでいっそうすらりと縦長に。ワンピース¥8241/ギャップフラッグシップ原宿(ギャップ) カーディガン¥39000/ブランドニュース(ハクジ) ピアス¥15000/デミルクス ビームス 新宿(ジービンスキー) バッグ¥18000/ロペ マドモアゼル(ジャンニ ノターロ) 靴¥45000/ザ・グランドインク(ロランス)重ね着しても、軽やかに華やぐ。幅広いシーンで映えるスタイルに まじめなトレンチを、対照的な風合いと柄で更新。一枚で即効性のある柄ワンピースは、下にも上にも重ね着できてもたつかない、薄手のとろみ素材がシーズンレスに使えるポイント。ワンピース¥37000/セルフォード 新宿ルミネ1店(セルフォード) コート¥43000/デ・プレ ピアス¥34000/ロンハーマン(ジェーン ダレンスブルグ) リング(右手)¥12000/ノジェス リング(左手)¥22000/ステラハリウッド(ステラ ハリウッド) バッグ¥49000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥15000/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ)懐かしさが今また新鮮。ネイビーベースのシャツワンピ―ス ドット柄シャツワンピースが持つノスタルジックなムードが、今季の旬。パフスリーブの甘めデザインも、品のいいネイビー&すとんと落ち感のある風合いで、ちょうどいいさじ加減に。フラット靴で気負わず楽しんで。ワンピース¥33000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) ピアス¥17000/シルバースプーン リング¥25000/ステラ ハリウッド(ステラ ハリウッド) バッグ¥12000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥38000/ザ・グランドインク(ロランス)長め丈がしなやかに揺れるドレープ感がエレガントな一枚 同じモノトーンでも、アイボリー地に黒のドットだとぐっとフェミニン度がアップ。マキシ丈もウエストギャザーで動きを出したデザインだから重くならず、さらっと一枚で着やすい仕上がりに。ワンピース¥54000/コロネット(エアロン) ピアス¥1203/H&M カスタマーサービス(H&M) リング¥2700/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) バッグ¥159000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥41000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ロク)メンズっぽい着こなしもアリ。定番の黒白ドットを楽しみ切る ドット初心者なら、まずはこんなベーシックなモノトーンから。さまざまにアレンジできる一枚を。たとえば、ブラウンジャケットとローファーで、少しメンズっぽくトラッドに着こなしてみる。ワンピース¥42000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ルームエイト) ジャケット(4月入荷予定)¥24000/ロペ マドモアゼル メガネ¥40000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥49000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥21000/カレンソロジー青山(カミナンド) ピアス¥27000/アイワ(カラットアー)こなれた女らしさをくれるヴィンテージライクな花柄 この春気になるのが、ヴィンテージ感漂う花柄ワンピース。涼やかなブルー×ホワイトで甘さを引き算すれば、可憐に見えがちな小花柄も全身で思う存分楽しめる! センシュアルな落ち感素材がひらりとなびくたび春らしさが香りテンションもアップ。フレンチシックなムードに着こなして。ワンピース¥19000(イエナ)・ピアス¥9500(ローラ ロンバルディ)/メゾン イエナ一枚で印象的なフラワープリントのワンピース 軽やかな春の装いに変わるとき、備えるべきは一枚で印象的に見えるワンピース。色とりどりの花柄も黒ベースならぐっとシック。しっかり着丈もあるから、ドラマチックな表情に。ワンピース¥25000(イエナ)・繊細な小花柄&モノ トーンの組み合わせが大人顔。スカート¥29000(レコヨーテ ドゥ パリ)/メゾン イエナ黒ワンピースはレトロフェミニンに着こなして ドットワンピやクラシカルなスクエアバッグ、パール……。まるでオードリー・ヘプバーンの装いのような’60年代のキーワードを生かしたレトロフェミニンなコーディネート。ビッグサイズのブルゾンや左耳だけにつけたパールピアスなどでラフにくずして今っぽさのバランスを。ジャケット¥95000/ブラミンク ワンピース¥46000/セオリー 帽子¥18000/ジャーナル スタンダード表参道(ハウス オブ ラファイエッタ) バッグ¥368000/ブルーベル・ジャパン(マーク クロス) ピアス( 1 個)¥29000/ユナイテッドアローズ 丸の内店(MARIA BLACK + naoko tsuji + UNITED ARROWS) リング(人さし指)¥43900・(中指)¥40600(ともに参考価格)/ステディ スタディ(ソフィー ビル ブラーエ)ガウンタイプのワンピースは、カシュクール仕様ですっきり着こなして リラックスした着心地が今年の気分にマッチ。洗練されたフラワー柄は、イージーな着心地を味わえるガウンタイプのワンピース。色彩豊かな小花プリントは、春の爽やかな気候に馴染みます。大人なカシュクール仕様で、グログランリボンでウエストマークをしてすっきり感をアップ。長めのレングスが大人っぽく、パンツを合わせた今年らしいレイヤードも楽しめます。インにレースキャミソールを合わせるのもおすすめ。華やかワンピには、シンプルアクセとメンズライクなメイクを合わせて この春も柄ワンピースのトレンドは継続。気分を盛り上げる華やかな花柄は一枚で充分女らしいから、アクセなど合わせる小物はシンプルにまとめて。メイクは強めの眉でメンズライクに。甘くなりすぎず、女子からも支持されるような女性像がいい感じ。ドレス¥32000/アダム エ ロペ(ガニー) ネックレス¥8500/メゾン イエナ(ベン アムン) シューズ¥92000/ジミー チュウ
  • 3/22(金)発売のMAQUIA5月号。\今月の豪華付録はこちら/大注目なのがオバジCの新美容液のサンプル!オバジ史上最高濃度のビタミンCを配合した待望の新美容液『オバジC25 セラム ネオ』(12ml 10,000円)のサンプルが4回分もついてくるんです!!定番人気で私も切らさず常備している『オバジC 酵素洗顔パウダー』も2回分付き♡酵素洗顔パウダーは私は手持ちの洗顔に混ぜて使う派。毛穴の詰まりやザラつきが気になる時に使うと1回でツルっとする気がしてお気に入り!新美容液も早速使ってみましたが、トロッと濃厚なテクスチャーでリッチな使い心地。4回も試せるなんて贅沢ーーー!!他にはShogo Sekineさん描き下ろしのビッグサイズマルチポーチも。A4が入るサイズで中身はピンク♡マキアのビッグサイズポーチはいくつも持っていますが普段使いのバッグの中身の整理や旅行のパッキングにもリアルに大活躍するんですよねー♡貼り込み付録には、こちらも気になっていたHAKUの薬用美白美容液ファンデが2色と、先日のブログ(こちら)でもレポしたアスタリフトの新作美容液&UVもついてます!これイチオシだからぜひぜひぜひ使って欲しい♡♡もちろん誌面も読み応えたっぷり。「運命のマスク100図鑑」なんかもありますよ〜♡マキア5月号、お早めにチェックしてください♡***インスタ毎日更新中♡https://www.instagram.com/ayaka0119v/
  • 金沢旅行レポ 第2弾スタート!!こないだのブログで紹介した"coil"のあとはバスで移動!! ここで金沢旅行を楽しむポイントとして1つ ‍♀️ 絶対に"北鉄バス 1日フリー乗車券"を購入したほうがいいです!せっかくの旅行先だから歩いてもいいかとは思うんですが、実際バスのほうが便利 バスにも種類があってこのパスが使えないバスもあるのでそこは注意してください⚠︎ 私たちはバス乗りまくったので確実に元も取れました (笑) そんなバスで向かった先は..... 〇兼六園〇やっぱり金沢に来たからには訪れるべき場所ですよね~!! 兼六園は国の特別名勝に指定されている日本庭園です。 この日は残念ながらパラパラと雨が降ったり止んだりと落ち着かない天気だったのですが やっぱりこういった場所は心が落ち着くなと感じました。 また来る機会があったら晴天の日で綺麗な景色を眺めたいな~そして私的、兼六園内のおすすめスポットはこちら▼個人的に水系のものが好きで。 なんで?と言われてもうまく説明できないんですけど わたし、水の流れる音が凄く好きなんです!! 水と水がぶつかってはじく音だったりチャプチャプ感がたまらなくいいです(笑) 噴水のビジュアルはもちろんのこと音も楽しんでもらいたい♪ そんなこんなで兼六園を満喫したところで帰りには雨も止んでくれました 毎回姉妹旅行をすると必ずと言っていいほどの確立で雨が一時的に降るんですが その原因はズバリ・・・・・ お姉ちゃん(笑) 今回の旅行で自分で言ってました。 「また雨だ、私が旅行に行くと必ず雨が降るんだよね」と。。 まあまあそんなことはさておき(笑) 1日目は金沢の到着がお昼過ぎだったこともありあっという間に夜になってしまいました ホテルに戻る前によく食べる姉妹はお腹を空かせてしまい... バスで金沢駅方面へ戻り駅周辺で美味しい食べ物探しへ→金箔ソフト金沢と言えば「金箔」というイメージもあったのでこれは絶対に食べようね! と2人で話していたので1日目の締めとして食べちゃいました 実はこれ、クレミアソフトなんです お値段は金箔ソフトということもありお高いですが美味しかったから良し!! 旅行中はケチらずに好きなものを好きなだけ食べて買うというのがモットーです(笑)金沢の月 プレミアムいや~こういうお菓子大好きなんですよね~(笑) 美味しくないですか!?みんなも好きだよね!? まあでも甘いものは控えないといけないのでほどほどにします。。。。 そしてホテルに到着し1日目は無事に終了。 今回はここまで! 次回は宿泊したホテル・2日目のレポをしていきまーす! お楽しみに♡ カワイイ選抜 No.68 白井真緒のブログ
  • いよいよ、春。手持ちの服に、メイクで新しさを加えてみませんか? カラフルなアイテムを取り入れて、気分をぐっと上げちゃいましょう♪グリーンのアイカラーを二重幅にカジュアルなかわいさを楽しみたい日の色。まぶたの際に細く入れてアクセントに。ベスト¥4900・ワンピース¥8900/アンレリッシュ ルミネエスト新宿店 帽子¥7900/CA4LA ショールームグリーンシャドー絵の具みたいに濃厚な発色と質感。クリーミー アイカラー 900 ¥1200・(ケース)¥800/アナ スイ コスメティックスペディキュアを、全部違う色に自己満足だっていいんです。派手なネイルを好きな順番で! 素足になるたび、アガる♡全部違う色のペディキュアに(右から)1度塗りで美発色。ディオール ヴェルニ 310(限定色)¥3000/パルファン・クリスチャン・ディオール ポップなイエロー。RMK ネイルポリッシュ EX-17(限定品)¥1500/RMK Division キラキラとまたたくピュアホワイト。ラ ラッククチュール 112(限定色)¥3200/イヴ・サンローラン・ボーテ シックなグリーン。ネイルポリッシュ 90¥1800/THREE おしゃれ度が一気に上がる、パワフルなブルー。ヴェルニィ・ジバンシイ 12(限定色)¥3000/パルファム ジバンシイ ♡3月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/熊木 優(io/モデル) 恩田はるみ(製品) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/本田 翼 スタイリスト/笠原百合
関連キーワード