意志ある女性の背中を押すパワーロマンス

SPUR.JP

着たい服はどこにある?

服は世界にあふれている。ファッション情報もあふれている。それなのに、心の底からときめく服に出合うのは難しい。そこでSPURは、2019年の女性の心を満たす装いを本気で考えた。まずは、「パワーロマンス」。ふわふわとした甘さではなく、迫力と強さのあるファンタジー。なおかつしっかり自分の足で地面を踏みしめて歩くことができる、着心地のよい服のこと。それは、強い意志を持って歩む女性の生き方までも肯定する。

眠っていた花々が目を覚ます

芽吹いたばかりの若葉の緑を、ウール混シルクのクレープ地ドレスにのせて。ショルダーからプリーツを施した袖が、彫刻のようなシルエットを構築。強さのあるフェミニニティがくっきりと浮かび上がる。サイドにフリンジのついたレースタイツが、ひとさじの毒をトッピング。オーストリッチ・フェザーのファンであおげば、最高にロマンティックな春がやってくる。

ブローチつきドレス¥550,000・フリンジタイツ¥62,000・ヘアクリップ¥80,000・グローブ¥80,000・靴¥134,000・フェザーファン¥504,000/グッチ ジャパン(グッチ)

ドレスの中で彼女は自由

シャリ感のあるコットンが織りなすボリュームの遊戯によって、体と服の間にパーソナルスペースが生まれ、そこで女性は自由になれる。旅に行かなくても、服を着れば、そこが楽園に。そんなピエールパオロ・ピッチョーリの哲学が織り込まれたドレス。バルーンスリーブと、きゅっとフィットしたウエストから一気に広がるフレアラインは、どんな体型をも美しく昇華。羽根飾りをつけたかのようなラフィアハットが、夢の中へいざなう。

ドレス¥356,000(ヴァレンティノ)・帽子(参考商品)(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)/ヴァレンティノ インフォメーションデスク

すべての女性は花のように美しい

リュクスなビショップスリーブと、アーティな曲線を描く襟がフェミニンなブラウス。クリスタルボタンや、繊細なレースが、ピュアな白の世界に華やぎを添える。ヘアには色とりどりのフラワーをデコレート。女性は、花のように一人ひとりが違って、それぞれが美しい。そんなメッセージを込めて。

ブラウス¥440,000・スカート¥820,000・イヤリング¥79,000(すべて予定価格)/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン(ドルチェ&ガッバーナ)

心の中のGIRLが叫ぶ

シルバーのラメメッシュを幾重にもティアードしたドレス。同素材のパフスリーブトップスを重ねて、まあるいシェイプを描いた。ガーリーな甘さとパンキッシュな辛さが隣り合わせに。好きな音楽に合わせてスクリームしたり、可愛いもの好きなのに毒っ気があったり。いつまでも心に"気分屋の女の子"を住まわせたい。

ドレス¥160,000・上に着たトップス¥65,000/コム デ ギャルソン(ノワール ケイ ニノミヤ) ブーツ¥25,500/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(ドクターマーチン) タイツ・頭につけた花/スタイリスト私物

映画が始まる靴

ローズボタンを飾ったアートピースのような靴にひとたび足を入れれば、誰もが映画の登場人物気分に。ロジェ ヴィヴィエの新クリエイティブ・ディレクター、ゲラルド・フェローニは、「オブジェのように美しく、なおかつ快適に歩けて働ける靴」にこだわった。そうして生まれた4.5センチのミドルヒールは、履く人にファンタジーと実用性、そのどちらをも与えてくれる。

靴¥116,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ) コート(共布ベルトつき)¥117,000・帽子¥43,000(ともにキムヘキム)・ソックス¥9,000(ピーター ドゥ)/アデライデ 中に着たボディスーツ¥17,500・ショーツ¥14,000/フィルグ ショールーム(ベルベットソックス バイ シモーネワイルド)

時を止めるドレス

はっと息をのみ、時がたつのを忘れるほどの神々しさ。今シーズン、マークが描いたロマンティシズムは、見る人にそんな印象を与える。ピーチ色のレースにルレックス糸が織り込まれ、ちらちらときらめく。その生地を贅沢に用いて作られたのが、芍薬の花のようなラッフルのジャケット。同生地のドレスは裾にフリルを重ねてドラマティックなシルエットに。まさに、「着られる夢」を実現したルックだ。

ジャケット¥373,000・ドレス¥517,000・グローブ¥22,000・タイツ¥33,000(すべて参考価格)・靴・ベール(ともに参考商品)/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス)

上昇する服と気持ち

シルクタフタをあえて継ぎはぎし、シワ加工を施すことで、可憐なミニドレスにミウッチャらしい辛さをプラス。淡いピンクベージュの布地から黒いブラレットをのぞかせるのも、パンクな心意気の表れ。飛び跳ねるとバルーンヘムが空気をはらんで膨らみ、裾のロゼットはふわりと揺れる。そのまま空まで飛んでいけそうな気分に。

ドレス¥331,000・ブラレット¥32,000・イヤーカフ¥57,000(すべて予定価格)・ネックレス(参考商品)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ)

何でもない日にもロマンを

クチュールライクな小花柄を、まるで紙のように薄い水色のペーパー・ドライ生地にちりばめて。スモックドレスから、ワークシーンを彷彿させる蛍光黄色のニットショーツを透かせ、薄曇りの日にフラッシュをたいたかのような鮮烈な効果を狙う。首元にはクライミングロープを結び、ワークウェアの要素をクチュールの美学に融合。ゆったりとした着心地に身を委ねて日常生活で着られるロマンティックを味わいたい。

ドレス¥188,000・ニットショーツ¥37,000・リング¥31,000・サンダル¥67,000/ドリス ヴァン ノッテン

SOURCE:SPUR 2019年3月号「意志ある女性の背中を押す POWER ROMANCE」
photography: Takako Noel styling: Tamao Iida hair: KOTARO 〈SENSE OF HUMOUR〉 make-up: fusako 〈ota office〉 model: Sarah Brannon artwork: mimosa

関連記事
  • プチプラで高見え!ロペピクニックのお仕事におすすめアイテムを、5つのスタイルでご紹介☆ Day1 シンプルにまとめたハンサム系スタイル 1週間の始まりの月曜日はかっちりと。 ベーシックカラーの洋服に、イエローベースのチェック柄バッグを合わせる事で、辛すぎないお仕事スタイルが完成。 ROPE’ PICNIC/【セットアップ対応】プレミアムフィールノーラペルジャケット/¥6,490+税 ROPE’ PICNIC/ウール混ストレートパンツ/¥4,490+税   Day2 着るだけでコーデが決まるニットワンピース 着るだけでコーデが完成するニットワンピースは、普段でもお仕事でもつかえます。 ダークトーンのカラー展開で落ち着いた印象に。 ROPE’ PICNIC/タートルネックプリーツニットワンピース/¥5,990+税   Day3 週中の水曜日はらくちんに。大人カジュアルなフェミニンスタイル。 ROPE’ PICNIC/クロスオフショルダープルオーバー/¥3,990+税 ROPE’ PICNIC/ミディ丈プリーツスカート/¥3,990+税   Day4 女性らしいけど甘すぎない、上品スタイル。 甘めのレーススカートに、トレンドのボウタイ風ブラウスを合わせて上品に。 足元にはダークトーンのショートブーツを合わせ、甘さを抑えて。 ROPE’ PICNIC/べネシャンボウタイブラウス/¥3,990+税 ROPE’ PICNIC/フラワーニードルパンチフレアスカート/¥5,490+税   Day5 週末はラフな印象のワントーンコーデ。 週末の金曜日は、ホワイト系のワントーンコーデ。 チェックのショルダーバッグをアクセントに合わせてアクセントに。 ROPE’ PICNIC/【静電防止】一重で軽いガウンコート/¥22,000+税 ROPE’ PICNIC/ダブルクロスセミフレアパンツ/¥4,490+税
  • カーディガン¥9000/KBF ラフォーレ原宿店 ワンピース¥8900/UNRELISH イヤリング¥2600(mimi33)・リング¥1600(アネモネ)/サンポークリエイト バッグ¥8500/HEMT PR(トゥエンティー エイティー) 靴下¥500/Tabio(靴下屋) 靴¥10000/ラヤン(マリー・ルイーズ)たぷんとふくらんだ袖やくすみ色で、今っぽさも女らしさも叶えてくれるボリュームカーディガン。レトロな花柄ワンピに合わせれば、優しげムードが加速! 短め丈だからマキシワンピとも好バランス。カーデは少し後ろにずらして肩を落とし気味に着るとこなれて見えるよ。モデル/佐々木美玲 撮影/大辻隆広(go relax E more) ヘア&メイク/徳永舞(BEAUTRIUM) スタイリスト/高野麻子 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。 ▶ワンピースコーデ記事一覧はコチラ
  • 久々に訪れた吉祥寺。ハモニカ横丁のスパ吉でミートソースを食べて満たされた私は店を出てふと左を見、ただならぬムードの店に気づきました。ハモニカ横丁。横丁という名の通り、こちゃこちゃと小さな店が入り組み、地元に根差したマーケット的なムードをアピールしていますが、実は絶妙にナウ~くアレンジされている感じもあり。先日のコラムに登場した吉祥寺在住の知人も、「ぶっちゃけ”プロデュース”されてる店も多いよ」と。ところが、その店はどこか違いました。店の前まで来て、気づきました。「こ、これは……あのウエスタン!」すっかり忘れておりましたが、中高生のとき、”西洋のカジュアル”に憧れて(笑)、リーやラングラーのデニムやら、ST.JAMESのボーダーやら、ワークものやら、よくのぞいたものです。ワタクシが生まれるはるか前に創業した老舗。あのウエスタンが、まだあった! と感動のあまり立ちすくんでしまったほど。 楽しい手書きのポップ(!)が林立するソックスコーナーを見ながら、「MIUMIUの2020年リゾートコレクションみたいに、ジャケットとかドレスの外しでライン入りソックスを履いたら可愛いかも」なんて物色していたら、後ろから「別注カラーもありますから、見て行ってください」と。振り返ると、ジャケット姿の紳士が。吉祥寺名物のオーナーもご健在でした! そしていまだに御自ら接客を! と感動は深まるばかり。嬉しさのあまり、ますます何か買わずにはいられませんでした。かんじんの別注カラーのライン入りソックスは自分のサイズが売り切れていたので、写真のHealthknitの3Pソックスを購入。ふかふかのナイスなソックスは、ポップのアドバイス通りスカートに合わせたりパンツからちら見せする予定です! こちらは残念ながらサイズが合わず購入できなかった別注。ポップがあまりにも可愛いのでパチリ。
  • 日頃は意識していないような、ひとひねりの質問に回答。オフィシャルな顔から離れた、人間・皆川明に迫る。 Q 朝のコーヒーを飲むカップは?A スティーブ・ハリソンのマグカップ スティーブ・ハリソンはイギリスの陶芸作家。アーツ&サイエンスにて購入 Q 好きな言葉は?A 「口笛吹いて疾走する」長距離レースの前や走っているときに、わざと鼻歌を歌って余裕のあるふりをする。そのやせ我慢をしている感じが好きです。 Q 自分の体で好きなところは?A 親指のつけ根の盛り上がり。 Q 20年後は何をしているでしょうか?A デザイナーを続けているかは不明ですが、好きな絵を描いたり、旅をしていたり。夏だけフィンランドに住むのもよさそう。 Q 好きな香りは?A 線香が多くて、最近は松栄堂の古典的な香りが好きです。朝や帰宅してからの時間にたきます。 いわゆるインセンスよりも本格的な線香を愛用中。一本だけでも清らかな香りが立つ Q 海外に必ず持っていくものは?A アイロンとせっけん。 Q 落ち込んだときの解消法は?A 落ち込むことは、まずないですね。困ったことが起これば、なぜ困るという感情になっているのか考えて、次にどうすれば気分が変わるかを考えて実践します。 Q 五感のうち最も鋭敏なところは?A 触覚。生地は指で記憶します。 Q 最近「いい買い物をした」と思ったものは何ですか?A シトロエンの「2CV」。実は18歳で免許を取って最初に買ったのがこの車でした。30歳まで乗っていましたが、今乗ったらどんな気分だろうと興味が湧いて探したんです。 愛車のシトロエン「2CV」。「これから少しずつ内装に手を加えていければと考えています」 Q 大事にしている時計やジュエリーはありますか?A 40歳くらいのときに、この先もうこの時計だけを巻いていればいいと買ったのが、ドイツのA.ランゲ&ゾーネの「ランゲ1」。当時ベルリンに住んでいたスタッフにヴィンテージを買ってきてもらいました。ジュエリー感覚で買ったのはカランダッシュの限定モデル万年筆。デコラティブですが、牧歌的な木と山羊のモチーフで、ギャップが面白い。 スイス建国の年を記念して作られた万年筆「マッターホルン」。左は「ランゲ1」 Q 好きなおつまみは?A 栃尾のあぶらあげを炙って、少ししょうゆを垂らしたもの。最高においしい。 Q 座右の書と映画は?A ヴィクトール・E・フランクルの『夜と霧』と、ロベルト・ベニーニ監督の『ライフ・イズ・ビューティフル』。 精神分析学者が綴るナチスの強制収容所体験。人間とは何かを問う世界的ロングセラー Q 自分の性格をひと言で言うと?A だらしなくて几帳面。 Q 子どもの頃に夢中だった遊びは?A 保育園時代は泥だんご作り。小学生のときは学童の時間にやっていた卓球。 Q 好きな季節は?A 秋。金木犀(きんもくせい)の香りと駅伝メンバーの選考会の記憶がリンクしています。青春の香りですね。今では懐かしい思い出。 Q タイムマシンに乗れるとしたら、どの時期にワープしたいですか?A イタリアのルネサンス期。人間が今よりももっと内面と交信しているような気がしていて、そこに興味があります。 Q 覚えている原初的な風景は?A 幼い頃に家族でよく行った山梨の四尾連(しびれ)湖で、ボートに寝転んで見上げていた空。 Q 集めているものはありますか?A 花器。ガラスや陶器といろいろな素材、形のものがあります。花に合わせるというより、作家の仕事に惹かれて買います。陶芸家の小前洋子の花瓶に黄色いケイトウを Q 楽器を扱える能力がひとつだけ与えられたなら、どの楽器を扱いたい?A 何ひとつ演奏できないんです(笑)。ピアニストになれるならデザイナーを辞めてもいいくらい、ピアノを弾けるのが理想です。 Q 好きなお酒は?A 山梨で岡本英史さんが作るヴァンナチュールの赤ワイン「ボー・ペイサージュ」。祐天寺のレストランの「マーゴ」で知ったのですが、とてもおいしい。山梨のぶどう畑で岡本さんに話を聞いて、農作物を扱う人の熱心さ、実直さに頭が下がります。 「お酒の中ではワインの『ボー・ペイサージュ』が好きです」 Q 所有しているもので一番の宝物は?A 有元利夫さんの絵。 Q 一度だけ魔法を使えるとしたら?A 空を飛んでみたい。 Q もしデザイナーになっていなかったら、何を生業にしていましたか?A 体育の先生。高校で進学先を決めるとき、デザインの学校に行くか、体育大学に進んで陸上を続けるか、迷いました。 Q 日本を除いて一番好きな国は?A フィンランド。 Q 最も影響を受けたデザイナーは?A 服作りの面でも、生き方も、三宅一生さん。 Q 東京で一番好きな場所は?A 小さい頃に住んでいた蒲田。下町が好き。 >>誰も知らない顔を密着取材!皆川明の「現在疾走形」TOPへ
  • そのままで着てもニットの上からはおっても"絵になるシャツ"は、冬コーデの救世主! 着こなしの幅を広げ、スタイルを一気に新鮮なムードに導いてくれます。中でも、ポケット付きのCPOジャケット風シャツは、簡単におしゃれが決まるおすすめアイテム。そこで今回は、はおれるCPOジャケット風シャツを使った、30代女子のための着回しコーデをご紹介。ぜひチェックして、毎日のおしゃれを格上げして! 【着回したのはこれ】 はやりのCPOジャケットのようなポケットつきで、ひとくせあるデザイン。スタンドカラーで首もとがすっきりしていて、コートとの相性も抜群。こなれたシルエットで、はおりとしても便利。¥18000/SANYO SHOKAI (エス エッセンシャルズ)  冬のはおれるシャツを詳しく見る 【着回し①】 今季らしいキャメルシャツに、甘めスカートを合わせたカジュアルコーデ ランドリーでお洗濯の日は、いつものスニーカーがぐっとおしゃれに見えるロングタイト×キャメルのシャツで鮮度高めに。まとめ髪にスカーフをターバン風に巻けば、頭から足まで手抜き感なし! シャツ¥18000/SANYO SHOKAI(エス エッセンシャルズ) スカート¥29000/ウエスト(ブルーバード ブ ルバード) スカーフ¥23000/イエナ ラ ブークル(アナイス) バングル¥35000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) 靴¥12000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) [男性]カーディガン¥37000・シャツ¥27000/ビショップ(アンフィル) パンツ¥39000/エイトン青山(エイトン) ニット帽¥11500/カシラ ショールーム(カシラ) 靴¥28000/ニューバランス ジャパンお客様相談室 冬のはおれるシャツコーデを詳しく見る 【着回し②】 ブラウンシャツ×白スカートなら、柔和で女らしい雰囲気に 今期らしいブラウンシャツは、白スカートを合わせると抜け感のある好感度スタイルに。トップスが重すぎない赤みベーシュなら、柔和な印象もキープ。スカーフで顔まわりを盛り上げれば、ネックレス&ピアスなしでも寂し気な印象にならない。シャツ¥18000/SANYO SHOKAI(エス エッセンシャルズ) スカート¥19000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ/ルージュ・ヴィフ) バッグ¥80000(ザネラート)/アマン 靴¥48000(ペリーコ)/アマン スカーフ¥23000/イエナ ラ ブークル(アナイス) バングル¥35000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) 冬のはおれるシャツコーデを詳しく見る 【着回し③】 チアフルニット×プリーツスカートを、こっくり色シャツで上手に大人らしく 両胸のポケットが特徴的なCPOジャケット風シャツは、はおりとしても使いやすく、"なんか物足りない日"はもちろん、こんなふうに明るい色のトップスをほどほどに落ち着かせたいときにも活躍。ボトムはチェックのプリーツスカートできちんと感と女らしさをアップ。シャツ¥18000/SANYO SHOKAI(エス エッセンシャルズ) ニット¥12000/ルージュ・ ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ/ルージュ・ヴィフ) スカート¥24000/シュガー・マトリックス(イチエ) ピアス¥6000(デミルクス ビームス)/デミルクス ビームス 新宿 靴¥98000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ミッシェル ヴィヴィアン) 時計¥23000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥64000/アマン(エレメ) 冬のはおれるシャツコーデを詳しく見る 【着回し④】 モックネックニット×はおりシャツなら、旬なバランスに即シフト ブラウンニットに同色系はおりシャツを重ねれば、今どきなグラデーションの完成。美脚で知られるセオリーのパンツも、太めでリラックス。華やかさ足しに、バッグにスカーフをつけたのもポイント。シャツ¥18000/SANYO SHOKAI(エス エッセンシャルズ) ニット¥26000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュロンドン) パンツ¥34000/セオリー 時計¥23000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥80000(ザネラート)/アマン スカーフ¥23000/イエナ ラ ブークル(アナイス) ピアス¥23000/デ・プレ(エレナ ローナー) 靴¥46000/トゥモローランド(ネブローニ) 冬のはおれるシャツコーデを詳しく見る 【着回し⑤】 簡単にキマるブラウンワントーンは、小物で女らしさをプラスして 忙しい朝は、考えなくてもおしゃれがキマるブラウンワントーンがお役立ち。濃茶でも男クサくならないように、波形パンプスやスカーフで甘さをひと盛りして。バッグにスカーフをつけて、華やかさもキープ。シャツ¥18000/SANYO SHOKAI(エス エッセンシャルズ) ニット¥26000/SANYO SHOKA(Iマッキントッシュロンドン) パンツ¥22000/アンタイトル エッセンシャ ルクルー ピアス¥6000(デミルクス ビームス)/デミルクス ビームス 新宿 スカーフ¥23000/イエナ ラ ブークル(アナイス) バッグ¥65000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥46000/トゥモローランド(ネブローニ) 冬のはおれるシャツコーデを詳しく見る 【着回し⑥】 シャツ×プリーツスカートは、ブラウンとチェックで落ち着いたムードに 今季らしいカラー&柄で、定番スタイルを今っぽく格上げ。足もとは赤みブラウンのショートブーツで、女っぽい&冬らしい雰囲気に。ブルーストールは、さわやかさ足しにも、体温調節にも一役。シャツ¥18000/SANYO SHOKAI(エス エッセンシャルズ) スカート¥24000/シュガー・マトリックス(イチエ) ストール¥32000(ファリエロサルティ)/デミルクス ビームス 新宿 靴¥98000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ミッシェル ヴィヴィアン) バッグ¥80000(ザネラート)/アマン バングル¥35000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) 冬のはおれるシャツコーデを詳しく見る(12/10公開) 撮影/江原英二〈Astro〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/大平典子 モデル/絵美里、守屋光治・若林拓也・岩上隼也(メンズノンノモデル) 本誌取材/伊藤真知 本誌構成/山岸成実〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵 
  •  八ヶ岳へ1泊2日で行ってきました。僕が全山登りたいと思っている日本百名山にも選ばれている、八ヶ岳。八ヶ岳を登れば、岩手山、丹沢山、富士山、霧ヶ峰、乗鞍岳、焼岳、霧島山、開聞岳に続いて9座目です。どのルートをたどろうかと調べていると、「八ヶ岳」という名前の山ってないんですね。南北に長い連峰全体のことを八ヶ岳といって、その名前がついたのは八つの峰からできているからとか、“たくさん” という意味からとか、どうやら諸説あるようです。  夏沢峠というところで南八ヶ岳と北八ヶ岳に分かれ、南と北で山の雰囲気が違うそう。南は、険しい岩稜の山。逆に、北は穏やかな森の山。僕が好きなのは険しい山なんですが、今回は悪天候の予報だったので、森の木々が雨風をしのいでくれる北八ヶ岳に。  八ヶ岳は池がたくさんあってきれいだよ、と聞いたのでコースは「白駒池」からスタート。八ヶ岳の池には伝説を持つものがあり、この白駒池には父親の病気を治す代わりに白馬に乗って娘が池に沈んでいったという話をはじめ、いくつもの伝説があるそうですよ。“揚げパンがおいしい”と一緒に山へ行くヘアメイクの小林さんに教えてもらった「高見石小屋」で休憩をして、展望台がある「中山峠」を経て、宿泊予定の山小屋「黒百合ヒュッテ」を目指す3時間半の行程。9時にスタートして、昼過ぎには山小屋に到着してのんびりする予定です。山で泊まる機会がこれまでなく、山小屋に泊まるのも初めて。今までの自分にはなかった山での過ごし方なので、楽しみです。  毎回、晴天に恵まれてきたこの連載ですが、今回は風がすごい! スタート地点の白駒池駐車場では車を降りた途端、寒いくらいの強風。車の陰に隠れて靴を履いたりしていたくらいの風だったけど、不思議なもので登山道に入ってしまえば、急に静かに。樹林帯が守ってくれているんですね。途中休憩した高見石小屋で小屋の方に「中山峠の展望台は風速15mですよ。体をもっていかれるからがんばってね」と教えていただきました。風速15mってどんな感じなんだろう……。「その風速を体験しておけば、今後の登山に自信が持てますよ」とも言っていただいて。展望台で眺めのよさではなく、風の強さを体感する。そんな不安交じりの楽しみがあるのも登山のよさなのかもしれません。1 雨風を遮る木々がない中山展望台。風速15mの世界は、やや強めの台風の中を歩く感じ。あまりの風に、思わず笑いが 2 連載2回目で足に合わせてオーダーした名店「ゴロー」の登山靴。「歩きやすい!」北八ヶ岳の森はコケの森といわれており、なんと500種ものコケが自生している霧が幻想的な白駒池にて3 高見石小屋で名物の揚げパンとコーヒーで休憩。井之脇さんが選んだ揚げパンの味はきなことチーズ  4 黒百合ヒュッテに到着し、荷物を置いて天狗岳を目指す。が、山頂は雨風がひどいようで断念 5・6 激しい雨と風だったが森の中を歩いていると悪天候が嘘のように静か。「霧がかかっていて見晴らしが悪い分下を向いて歩いていました。僕、あまりキノコとかコケとか気がつかないタイプなんですよ。でも、今回はゆっくり休みながら歩いて、ミクロな植物の世界はきれいだな、と思いました」 Profileいのわき かい●俳優。1995年神奈川県・横須賀生まれ。幼い頃から子役として活躍し、日本大学芸術学部では映画を学ぶ。父の影響で登山を始め、日本百名山制覇が目標。今回の八ヶ岳で、9座目。フジテレビ開局60周年特別企画ドラマ「教場」出演予定。 SOURCE:SPUR 2019年11月号「井之脇海と、山の話」photography: Kazuhiro Shiraishi hair & make-up: Takeharu Kobayashi edit: Tomoko Yanagisawa
  • Alexander Samarin アレクサンドル・サマリン1998年6月15日生まれ、ロシア モスクワ出身。 身長178cm。趣味は映画、音楽鑑賞。 2019年ヨーロッパ選手権銀メダル、2019年ロステレコム杯では、生まれ育ったモスクワでグランプリシリーズ初の金メダルを獲得。世界屈指の高難度プログラムに挑む、闘志に溢れたスケーターサマリンといえば、高さのあるダイナミックなジャンプが魅力。 特に高難度の4回転ルッツ、3回転トーループのコンビネーションジャンプは、ヨーロッパの選手で初めて成功させた経歴をもつ。2019年は安定感が増し、フランス杯、ロステレコム杯ともに成功。高い出来栄え点もプラスされ、ひとつのジャンプで20点を超える高得点を獲得した。 さらにスピン、ステップにおいても、ほとんどの試合で最高レベルのレベル4を獲得するなど、ジャンプ以外のエレメンツでもレベルの取りこぼしがなく、圧倒的な技術点をたたき出している。サマリンの意外な一面って?演技後のインタビューではいつも冷静に自分を分析し、クレバーに受け答えるイメージの強いサマリン。実は動物が好きで、自身のInstagramには鳥を肩に乗せたり、ヤギにえさをあげたりする姿が投稿されるなど、チャーミングな一面も。 また、映画鑑賞が趣味というサマリンは、プログラムに映画のサウンドトラックを使用することが多い。昨年のフリープログラム「グレイテスト・ショーマン」では、主人公をイメージした衣装でエネルギッシュな演技を披露。2019年のエキシビションナンバー「ジョーカー」でも、映画を彷彿とさせるような仮面を付けて登場し、会場を大いに沸かせた。今シーズンのプログラムは?SP:「Blues for Klook」 FS: 「Good News」 ショートは、今シーズン特に滑る選手の多い「Blues for Klook」。大人っぽい衣装と力強いステップでブルースを滑り上げる。フリーは、大きな仮面が背中に描かれた衣装が印象的なプログラム。ともに非常に難しい4回転ルッツ、3回転トーループのコンビネーションジャンプから始まる最高難度の構成で挑む。▷instagram:@alexander.samarin▶ アレクサンドル・サマリンの記事をもっと見る写真/アフロ  取材・文/百田絢 Web構成/轟木愛美 
  • 女子の舌を魅了してやまないチーズ。近年チーズ界がぐんと広がり、深まっていると話題です。そんな中、特に大注目大人気の2大チーズ料理があります。それが、「パネチキン」と「シカゴピザ」!パネチキン韓国で一大ブームを巻き起こした「パネチキン」。“パネ”とは韓国語でパンのバゲットの意味。パンの器にたっぷり降り注ぐチーズ、フライドチキンなどをからめてどうぞ。おすすめショップ▶▶『CHEESE&MEAT BANK』肉盛りやステーキ、ハンバーガーなどの肉メニューが満載のダイニング。「フライドチキンとバンズ、3種を混ぜたチーズソース、トマトクリームソースがのったうま辛プレート『パネチキン』(¥1780)。何を組み合わせるかで味が変化して、止まらない……!!」◆東京都渋谷区宇田川町31の1・6F ☎070・4038・384712:00〜15:00、17:00〜23:00(土曜〜23:30、日曜・祝日〜22:30) 無休ワンピース¥27000/ジャック・オブ・オール・トレーズ(HIDE) ブラウス¥13600/シップス 有楽町店(シップス)シカゴピザシカゴが発祥のピザ。厚めの生地にチーズと具材をとじ込め、250度のオーブンで焼くこと約20分。切り分けた瞬間、とろとろのチーズがあふれ出す! 「シカゴ クラシック」(Mサイズ)¥1700は、自家製のパティとモッツァレラやトマトソースが。「ブラック&ホワイト チーズ」(Mサイズ)¥2000は、4種のチーズが入った濃厚タイプ。おすすめショップ▶▶『RIO BREWING & CO. BISTRO & GARDEN』◆東京都港区赤坂9の7の2東京ミッドタウンプラザ1F☎03・3403・0808 11:00〜翌0:00 休/施設に準ずる●シカゴピザは平日は17:00〜22:00〈LO〉土曜・日曜・祝日は終日オーダー可 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/広沢幸乃 撮影/花村克彦 ヘア&メイク/北原 果 モデル/唐田えりか(モア専属) スタイリスト/平田雅子
関連キーワード

RECOMMEND