きらめく春新色で顔が喜ぶ。トゥインクル・フェイス

SPUR.JP

この春はまばゆい輝きを放つメイクアップがトレンドに浮上! 繊細な艶ではなく、スタイリングのアクセントとなるような発光感がポイントだ。唇やまぶた、頰にミラクルな輝きをまとえば、日常がドラマティックに走り出す。

宇宙リップ

ドレス¥48,000/ジャーナルスタンダード 表参道(ミャオ ラン) イヤリング¥47,000/ジュリカ

唇に広がるのは、めくるめく小宇宙。ワインカラーのシアーリップをベースにし、偏光パール入りのグロスを重ねれば角度によってパープルやシルバー、ときに青やピンクなど表情の異なる輝きを放ち、まるで小惑星のように。この春の合言葉は、"唇に宇宙を"!

MAKE-UP TIPS

輪郭をしっかりとりながらバーム状のワインカラーのリップ(2)を直塗りし、偏光パールがぎっしり入ったリップグロス(3)を全体にたっぷりと重ねる。目もとはラインストーン(1)を目頭と目尻、反対側は下まぶた中央に、つけまつ毛用のノリでアシンメトリーにのせ、シンプルなアクセントに。

1 玉虫色のように光の当たり具合でさまざまなカラーが揺らめくのがユニーク。
SWAROVSKI #2088 SS12 LT.コロラドトパーズシマー(20個)¥170/貴和製作所 キラリトギンザ店

2 中央のハートにブラックパールパウダーを配合し、深みのあるぷっくりとした唇に。とろけるつけ心地も魅力。
ヴォリュプテ プランプインカラー 8 ¥4,300〈限定発売〉/イヴ・サンローラン・ボーテ

3 大ベストセラーアイテムがパワーアップし、待望の新色が登場。パープル系のホログラムが印象的。
ディオール アディクト リップ マキシマイザー 009 ¥3,600/パルファン・クリスチャン・ディオール

4 見た目ほど濃くつかないクレヨンタイプのバーム。唇のpHに反応して濃度が変わり、シアバターがカサつきをトリートメント。
バーム ステイン 090 ¥1,200/レブロン

5 透明感の高いラベンダーにシルバーやブルーのパールが銀河のごとく強い輝きを添える。
キッカ メスメリック グラスリップオイル 05 ¥3,200/カネボウ化粧品

6 細かなホログラムが輝く、クールなライラックピンク。
キスキス 575¥4,300〈限定色〉/ゲラン

若葉スパークル

ピアス¥30,000/H.P.FRANCE(ウッターズ・アンド・ヘンドリクス)

フレッシュな若葉が力強く芽吹く、ネクストシーズンを待ちわびて。目もとにスパークリングな若葉カラーを集結させ、目のきわにきかせたスパークリングゴールドが躍動する生命力を表現。今季はおなじみのナチュラルメイクアップから一歩外へ。輝きを味方につけた人からモードな顔へ生まれ変わる。

MAKE-UP TIPS

1 さりげなく濡れたような輝きをもたらすクリームアイシャドウ。10種の植物オイルを配合し、保湿効果も。
デアリングヴォヤージャー 02¥3,600〈限定品〉/THREE

2 パウダータイプながら、まぶたにしっとりとフィット。ほどよいキラキラ感。
セレクションカラーズアイシャドウ 07 ¥5,50〈2月8日発売〉/カネボウインターナショナルDiv.

3 ドットをテーマにしたポップなビジュアルのケースに2色がイン。ケースをスライドさせるとチップがお目見え。
カラーポップアイズ 05¥3,800〈限定品〉/RMK Division

4 ひときわリュクスな輝きを放つあでやかなゴールド。専用のジェルと混ぜて使えば、粉飛びの心配とも無縁。
グリッター イエローゴールド¥3,300〈限定色〉/M・A・C

5 天然由来成分95%以上で作られたクリームアイシャドウ。敏感肌にもやさしく、ネオン系のイエローグリーンが目もとをイキイキと見せる。
ヴォランタリー アイズ EX04 ¥2,000〈限定色〉/セルヴォーク

6 肌がうるっと艶めくデューイな仕上がりを多くのアーティストが絶賛。
ボーム エサンシエル スカルプティング¥5,500/シャネル

流星アイ

ブラウス¥37,000・ベスト¥30,000/ケイト・スペード ジャパン(ケイト・スペード ニューヨーク) イヤリング ¥19,000/H.P.FRANCE(クロディーヌ・ヴィトリー)

今、まぶたの上を一瞬で駆け抜けていったのは流れ星―――? そんな妄想とともに楽しみたいアイメイクアップ。夜空に幾千もの小さな星がきらめく景色を思い描き、まばゆい大粒パールのラベンダーとブルーをレイヤード。下まぶたにも淡いパールカラーを仕込んで、まばたきのたびにトゥインクル。

MAKE-UP TIPS

アイホールにラベンダーのきらめきシャドウ(1)をなじませる。メタリックブルー(2)のリキッドアイカラーを二重幅より上の目頭側と目尻側に、中央を空けて入れる。下まぶたにはパープルとブラウンを混ぜた色(5の右から3・4 番目)を薄く入れ、目のインサイドには白(5の左)を細く入れて。

1 シルバーパールが強いリフレクトをもたらす淡いラベンダー。
ザ アイシャドウ Mia Violetta ¥2,000〈限定色〉/ADDICTION BEAUTY

2 どこかヴィンテージニュアンスを感じさせる美発色のメタリックブルーシャドウ。密着度が高くヨレにくさも秀逸。
グロウ タッチ アイズ105 ¥3,700〈限定色〉/SUQQU

3 アメシストをヒントに生まれた、リッチな輝きの発色。ブランド誕生20周年を記念したプレミアムなパレットは争奪戦必至。
ルナソル ジェミネイトアイズN EX01 ¥5,000〈限定発売〉/カネボウ化粧品

4 みずみずしいジュレのようなテクスチャーが快適。ほんのり肌が透ける仕上がりでまぶたにパープルのニュアンスを。
レヨン ジュレアイズ100 ¥3,000〈2 月18日限定発売〉/エレガンス コスメティックス

5 左側がアイシャドウ4色、右側2色がリップ&チーク。肌当たりのよいブラシつき。
メイクパレット シマー ラッシュ¥9,600〈限定品〉/イヴ・サンローラン・ボーテ

葡萄ハイライト

ドレス¥44,000/ヒューゴ ボス ジャパン(ヒューゴ) ピアス¥13,000/THE WALL SHOWROOM(ジュスティーヌ クランケ)

ハイライトといえば白やゴールドが定番だけれど、あえてのグレープカラーでフェアリーなムードを演出。Cゾーンからチークエリアまで、オーロラのように紫とピンクのグラデーションを。肌に溶け込む輝きが、ミステリアスなムードを生む。涙袋に配したストーンは、新鮮な葡萄につく水滴のよう。

MAKE-UP TIPS

淡い葡萄色のスティックハイライト(1の上部)をこめかみから頰骨の高い位置のCゾーンに指でなじませる。チーク(3の左側)は、頰の内側に小さな逆三角形でのせ、眉頭下のくぼみにもピンクのクリームカラー(1の下部)を入れてメリハリを。ラインストーン(2)は下まぶたにバランスよく配置。

1 両端に偏光ラベンダーとピンクのマルチフェイスカラーをセット。ムラなくなじみ、肌に「洒落た艶」を宿す。べたつかず後肌さらり。
グロー2 ゴー デュオ コントアスティック 01 ¥3,800/クラランス

2 目からこぼれ落ちる涙を思わせるクリアな輝き。
SWAROVSKI #2058SS9 クリスタル(20個)¥110/貴和製作所 キラリトギンザ店

3 明け方の光を模したグラフィカルなパレット。にじむような艶を実現。
メテオリット ハイライター デュオ¥7,900〈限定品〉/ゲラン

4 透明感を引き立てるハイライトとピンクチークをひとつに。メルティングオイル配合でパウダーがスッと肌に溶け込む。
コンスピキュアスチークス 02 ¥6,800/Amplitude

5 人気のスフレ状アイシャドウ"アイグロウ ジェム"の処方を応用したしっとり軽やかなつけ心地。じゅわっと上気したような血色感を実現。
クリーム ブラッシュ PK854 ¥3,500〈限定色〉/コスメデコルテ

6 ピンクやオレンジなどがミックスされたハイライトパウダー。全体をブラシでひとなでしてのせれば、魅惑的な輝きが肌に。
クレ・ド・ポー ボーテ レオスールデクラ 18 ¥8,000/資生堂インターナショナル

>商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら

SOURCE:SPUR 2019年3月号「トゥインクル・フェイス」
photography: toki(model), Keisuke Konno(products) make-up: Nao Yoshida hair: KOTARO〈SENSE OF HUMOUR〉 styling: Mayu Yauchi model: Jeske, Cecillia edit: Chie Yasui

関連記事
  • そろそろ春服を真剣に検討し始める頃合いです。まずはコートの下に春らしいワンピースを一枚、【ザラ(ZARA)】から調達してみては? ゆったり感がポイントのドレスや、通勤にも着られるクリーンなシャツワンピース、およばれにも使えるセミフォーマルドレスなど、リラックスシルエットからタイトシルエットまで、華やかなデザインの新作ワンピースが続々入荷中! 今回は、2019春夏展示会でお披露目された新作のなかから、働く30代女子におすすめのデザイン23選をクローズアップ!2019春トレンド全網羅【ZARA(ザラ)】おすすめワンピース最新作23選重ね着でよりしゃれ見え可能なシースルーワンピ 透ける素材のワンピースは上級者向けのアイテムに見えますが、写真のように同系色で濃い色のパンツに重ねて奥行きを出したり、別のシンプルなワンピースの上に重ねたりと、着回しの幅がグーンと広がるのでイチ推しです。ストライプ&花柄のコンビネーションシャツワンピ 昨年から人気続行中のストライプ柄。2019年は、定番のブルーやグレーから色みを変えたり、他の柄とミックスされた進化系デザインを選んで、より女らしくおしゃれな印象に。重ね着の幅が広がる! キャミソールドレス きゃしゃストラップのキャミソールワンピースは、シンプルなTシャツやリブニットなどの上から重ねるコーディネートに人気が集まりそう!タイダイ風ゆったりリラックスドレス しぼり染めのようなプリントをあしらったダスティピンクのワンピース。両サイドに深いスリットが入っているので、下にデニムやリネンパンツなどを重ねばきすると旬のスタイルになります。¥5990ヴィンテージスカーフ風プリントワンピース スカーフをパッチワークしたようなレトロシックなデザインで大ヒット中のブラウスドレス、2019年春は、イエローやピンクなど春らしい色をきかせたプリントが登場です。¥9990シワ加工こそサマになる! ドローストリングコードワンピース 2019年は、ワンピースもジャケットもパンツも、洗いざらしたリネンのようなラフな質感の素材が流行ります! ウエストのコードベルトで、自分の体型に合わせてブラウジングを調整し、体のラインをきれいに見せましょう。ひざ下から広がるプリーツがドラマチックなシャツワンピース 通勤にも着られるきれいめデザインのワンピースが豊富に揃うザラ。とくにこの白シャツワンピースは、展示会にやってきた30〜40代の女性編集者に大人気! ゆとりのあるIラインシルエットなので、体型カバーにもひと役買ってくれそう!辛めOLのための通勤シャツワンピース 辛口コーデ派でも女らしいムードを楽しめるのが、エンブロイダリー(ボーラー)レースをあしらったシャツワンピース。大きめの襟には小顔効果もあります◎。ワイドパンツなどを下に履いてもおしゃれ。¥7990ギャザー&ドレープの力でスタイルアップできる白シャツワンピース ベルスリーブで二の腕を、フロントにあしらった2段ギャザーでウエストまわりを上手にカバーできるワンピース。リズミカルに並ぶフロントボタンがアクセントです。¥7990逆三角形ワンピースでまるっと体型カバー 腕の切り替えがない逆三角形シルエットのポロシャツ型ワンピースは、ゆったりしたシルエットでとくに肩まわりや二の腕、胸元など上半身の体型悩みを上手にカバーしてくれる優れものです。ますます人気加速中! 大人のドット柄ワンピース 可愛らしい印象の水玉柄も、モノトーン&キリリとしたシャツワンピースにのせれば大人仕様に! 通勤にも着られるシックなプリント&デザインです。オールシーズン着られる、水玉ブラックトレス 白ベースよりも黒ベースのほうが、より大人っぽい印象が狙えるかも! やや透け感のあるシースルー素材で春らしい軽やかなムードが楽しめるのはもちろん、長袖なのでカーディガンなどを羽織れば、一年中着倒せます。白&黒のいいとこどり! バイカラードットワンピース トップスを白ベース、スカートを黒ベースに切り替えた水玉柄が新鮮! スカートにはプリーツがあしらわれていて、動くたびに優しく揺れます。ちょっぴりサファリムードなカシュクールワンピース ベージュと並んでベーシックカラーとして人気が出そうなのがカーキ色。カシュクールトップス&共布ベルト、スリット入りのミモレ丈スカートで、一枚でもメリハリのある体型が作れます。¥7990ブラウンベースの花柄シャツワンピース 大胆な花柄も、色みを押さえることでグッとシックな印象に。ハリのあるコットン素材で、ややタイトなシルエットのシャツワンピースです。アンティーク風のフロントボタンがアクセント。¥7990デニムと重ね着したい、ペイズリー柄ワンピース エレガントな雰囲気が魅力のペイズリー柄は、デニムパンツやスニーカーなど真逆のカジュアルアイテムと合わせると、コンサバ感を払拭したおしゃれなミックスコーデに進化!油絵風プリントの背中あき花柄ワンピース 前から見ると襟元の詰まったクルーネックですが、実は背中が空いていて、二面性を楽しめる女らしいデザイン。油絵風の花柄プリントも印象的です。手描き風のフラワープリントワンピース 深みのあるグリーンに、イエローやブラックでプルメリアの花を大胆に描いた、シースルーのプリントドレスです。¥9990ラグランスリーブシャツドレス 春いちばんに手に入れておきたい、涼しげ&やさしげなたまご色のドレープワンピース。山型になったウエストラインで、着ると驚くほど脚長効果が期待できます!ラグランスリーブシャツドレス 肩とバックウエストにギャザーをあしらい、着るとふんわりシルエットになります。染色工程で水の使用量を少なくする技術を使って作られているエココンシャスな面も。¥7990パフスリーブニットワンピース 肩口をふんわりさせた立体的な袖と、デコルテの大胆なスクエアカットが特徴のリブニットワンピース。かなりボディコンシャスなシルエットです。¥7990注目の新作続々入荷中【ザラ(ZARA)】公式オンラインストアはこちら【合わせて読みたい】2019年春のおしゃれを始める、本当にコスパのいい服!取材・文/沖島麻美 ※価格記載のないアイテムは2月下旬以降に店頭または公式オンラインストアに入荷予定です。
  • 迷えるアラサー女子・スーパーバイラーズのクロゼットをズバッと仕分け。トレンド周回遅れ頻発なクロゼットを整理します。整理し減らすことで、おしゃれのモチベーションもアップ! \よっしーがお手伝い/スタイリスト 吉村友希さん 女性らしく品のあるスタイルに定評があり、数々の女性誌で活躍中。本人もワードローブは常に厳選&更新し、クロゼットがあふれないように徹底。【あるあるクロゼットその1】トレンド周回遅れ頻発クロゼットすべてスーパーバイラーズ山田裕美子さんの私服 スーパーバイラーズ 山田裕美子さんの場合 ファッション好きで、毎シーズン、トレンドアイテムを購入。「お気に入りが多く捨てどきがわからないので、クロゼットがぎっしり(涙)」 【ジャッジ】 ☑"その瞬間にジャスト”なトレンド服ばかり買いがち ☑そのぶん、トレンドからズレるのも早い! ☑気づけば「なんだかいつも半歩遅れた感」があるクロゼットに周回遅れトレンド服にすっきりサヨナラ!山田さんのサヨナラ服はコレ!スタイリスト地曳いく子さんが教えてくれたサヨナラルールはこれ! まずはこの5つのルールを頭に入れてから、いざ仕分けスタート!デザイントップス 「デザイン性がありインパクトの強い服は印象に残りやすいんです。『また同じ』と思われてしまいます。着回ししにくいのも難点。1シーズン着倒したら潔くサヨナラをする覚悟を」ニットオールインワン 「たくさん着てあげたんですね! でも、いかに素敵な服を着ていても、毛玉やシミひとつで人となりを判断されてしまいます。"清潔感”という目線も、大人の服選びには大事な要素」ミディ丈カーディガン 「薄手のカーディガンは春夏の展示会でも多く見かけるアイテムですが、主流はもう少し丈が長め。このミドル丈だと、ロングボトムに合わせたとき、裾の見え方のバランスが悪いのでNG」アイスブルーのとろみタックパンツ 「春夏はもう少しハリ感があったり、クリーンな雰囲気のパンツがはやりそうなので、この太さととろみ感は"ちょっと前”の感じが。旬なミントブルー色だったらキープしたかも」コンパクトなジージャン 「山田さんのきゃしゃな体型にフィットして素敵だけれど、ここ最近はビッグシルエットが旬。どうしてもサヨナラできないときは、1年寝かせて翌年ジャッジし直すという方法も」ピンクのレーススカート 「山田さんは可愛らしい雰囲気なので、ピンクにレースだと甘さがトゥーマッチ。ひざ丈もひと昔前ですね。挑戦しようとして結局使えていないのであれば、この先も出番はなし」撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/吉村友希 取材・原文/道端舞子 ※BAILA2019年3月号掲載
  • 鏡を見ずとも自分で眺めて楽しめる手もとのキレイ。春の訪れとともにアガる気分を指先にのせて■Pop Yellowいつものネイルにトレンドカラーをワンポイントでまとう。それだけで気分は上々!新しい季節の幕開けは指先から。遊び心あふれる逆フレンチ&ツイード柄 【How to】すべての指先に②を二度塗りしたら、爪の根元に①をさらに二度塗りして逆フレンチにする。ツイード柄部分は、ブラシ跡をかすれさせるように①と③でラインを描く。☆使用アイテム①指先に明るさを灯すパッションフルーツのようなイエロー。ディオール ヴェルニ 310¥3,000/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定) ②上質なサンドベージュ。ウカ クリア ベース コート 5/0¥2,000/ウカ  ③一度塗りでもムラにならずに美しい発色が実現。ネイルホリック WT005¥300(編集部調べ)/コーセー☆Others印象画を思わせるイエロー使い 【How to】まずはすべての指先に⑥のネイルを二度塗りする。さらにイエローを入れたい指に④、⑤、⑦をそれぞれランダムにベタッと入れ、最後に再び⑥のベージュをブラシ跡があえて残るようにラフにザザッと入れる。ポイントで小さなパールを3点、爪の根元に置いたら完成。☆使用アイテム ④明るいイエロー。エレガンス クルーズ フローリック ネイルラッカー YE01¥1,500/エレガンス コスメティックス( 3月18日発売)  ⑤ノンパールのスモーキーな黄色。ネイルカラー ポリッシュ 115¥2,500/SUQQU(限定)  ⑥透明感あるベージュ。ザ ネイルポリッシュ ディアライアー¥1,800/アディクション  ⑦鮮烈な発色。キュア バザー ネイルカラー サフラン¥2,300/フォルテポップカラーで彩るランダムフレンチ 【How to】 多色使いも指先だけなら大人っぽい⑨のブルーを薬指、中指、親指の先端に入れてフレンチに。この時に全部塗らずに4分の3くらいまでで止めておき、逆サイドから⑧のオレンジを今度は細く入れ、ブルーと少しだけ重ねる。最後に⑩や⑧を好みで先端の4分の3くらいまで同様に入れる。他の画像を見る【Marisol 3月号2019年掲載】撮影/神戸健太郎(人物) 小坂茂雄(物) ネイリスト/渡邉季穂(uka) スタイリスト/郡山雅代モデル/井上早央里 取材・文/前野さちこ 構成/原 千乃
  • 経済の急成長が止まらない中国からアジア圏を中心にファッション業界で絶大な支持を得ているデジタルインフルエンサー、タオ・リャン、別名Mr.Bags。バッグへの愛と豊富な知識、先見の明は随一。ブランドとのコラボレーションも続々発表し、SNSでの影響力も絶大。来日したMr.Bagsに突撃取材! Tao Liang (Mr.bags) 1992年中国生まれ。高校卒業後、LAの南カリフォルニア大学に留学。その後NYのコロンビア大学へ。在学中の2011年Mr.Bagsとして中国版のSNSでバッグをカテゴライズして紹介する投稿を始めると、絶大な影響力をつように。今では数々のラグジュアリーブランドからのコラボレーション依頼が後を絶たない。現在北京在住だが、1年の半分以上は海外を飛び回っている @mrbagss (左) Mr.BagsのInstagramより。9月に参加した2019S/SのDiorのショー会場前にて。(右) 5日間のミラノの旅にはDiorの「ブック トート」をはじめ合計12個ものバッグを携えて News 01  ▷ なぜ、彼はブランドに愛されるのか? 数々のラグジュアリーブランドとコラボレーションしているMr.Bags。そのアーカイブスを一挙に紹介する LONGCHAMP 1月7日に発売されたばかりのコラボレーション最新作は2019年の干支がテーマ。中国で「猪」は豚のことを意味しており、Mr.Bagsが愛用している「ル プリアージュ® キュイール ハンドバッグ」をベースにホ ワイトのラインで豚を描いている。「もとより私たちのバッグを旅や日常で愛用していたMr.Bags氏に注目しオファーが実現。彼がデザインを発案した最初のコラボレーションは即完売し、大成功でした! プロフェッショナルで知識があり、とてもクールな人物です」(アーティスティック・ ディレクター ソフィー・ドゥラフォンテーヌ)。 (上・右)ハンドバッグ 〈H20×W21×D12〉各¥63,000・(中)トラベルバッグ〈H35×W45×D23〉 ¥119,500/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) TOD’S ©TOD’S 「出会いは数年前、Mr.bags氏がコレクション期間中にイタリア本社と工場に立ち寄ったことがきっかけです。 彼のブランドへの深い理解とプレゼンテーション能力は本当に素晴らしい! プロの側面はもちろん、やさしさあふれる人柄も魅力ですね」(ミラノPRチーム)。2018年6 月に発表された「ウェーブ バックパック」リミテッドエディションはその年の干支である犬をイメージ。ハンドルから下げられたタグは、まるで垂れた耳のようだ。前年の初めてのコラボレーションに引き続き、「X」のスティッチングも施されている。Mr.BagsのWeChat上のショップでは、なんとわずか1 時間ほどで在庫の300個が完売した‼ MONTBLANC 2018年7月、中国のバレンタインデーにあたる七夕に向けて、男女ペアで持つことができるメンズ1 型、ウィメンズ2 型のバックパックのカプセルコレクションを発表。七夕のロマンティックなアプローチの愛とコミットメントをテーマに掲げ、中国では即日完売するブティックもあったそう。Mr.Bagsは、モンブランでは初のウィメンズ向けとなったミニバックパックを斜め掛けにして愛用している。 News 02  ▷ Mr.Bagsのバッグの中身を教えて! 北京の新居に500個近くバッグを所有しているというMr.Bags。今回の来日用に選ばれたバッグは? 「旅行に出かけるときはいつも大きなボストンバッグ にミニバッグを入れています。今回のお供はディオールのクラッチバッグ(右) で、中にはセリーヌのミニ財布(左)のみ。その他領収書を入れるため、ロンシャ ンのポーチも持参。ウィメンズでも中性的なムードがするものは使いますね! 中国ではスマホ決済のため財布は持たない主義です」 News 03  ▷ Mr.Bagsを有名にしたSNSとは? Mr.Bagsが多くの支持を集めるきっかけとなったSNS、「Weibo」と「WeChat」の概要を解説! WeChat ↳ 880K Followers メッセージと通話ができるアプリで、タイムラインを見るには相互の承認が必要。Mr.Bagsはここではバッグの紹介のほか、私物の公開もしている。コラボ商品を販売するストア「Baoshop」も設けているが、発売のたびに即完売してしまう。 Weibo ↳ 5m Followers 中国最大のSNSで、ツイッターのようなシステム。Mr.Bagsは2012年頃から投稿している。ラグジュアリーブランドのバッグを中心に取り上げ、魅力的な点を紹介。友人に語りかけるような文面で、「あなたはどれが好き?」と締めくくる。 定番とトレンドが共存するからバッグは面白い! Q.バッグに情熱を注ぐようになったのはなぜですか? A.ファッションに漠然と興味はあったのですが、高校生の頃、家の近くに百貨店のレーン・クロフォードができて、さまざまな服に触れるようになりました。中国版『ヴォーグ』や『グラツィア』といった雑誌もよく読んでいましたね。卒業後はLAに留学し、たくさんあるショッピングモールに通うように。ラグジュアリーブランドの服はかなり高価ですが、アクセサリーだったら手が届く。中でもバッグは何十年も使い続けられる一方で、トレンドもわかりやすいアイテムなので面白いと思ったんです。 Q.そのバッグへの愛や知識が今多くの支持を得ているわけですが、それにはどのような経緯があったのでしょうか? A.すごく可愛いバッグを買ったのに、使う機会がなくて放置している友人たちの姿を目の当たりにしたんです。そこで、僕はカテゴライズがすごく好きなので、どういうところが楽しいのか、どういうエピソードがあるのか、どういうシチュエーションで持ったらよいかといったタグづけをしてSNS上でバッグの特徴を整理して紹介してみることに。加えて、今後はやるかもしれない、といった予測もしました。それを中国版フェイスブック「人人網」にアップしていたらラグジュアリーブランドやバッグ好きの人たちにどんどんシェアされていったんです。その後ツイッターのような要素も併せ持つSNS「ウェイボー」にも同様のことを投稿すると、より多くの人に広まりました。 Q.中国の方々は、そもそもどのようなバッグの選び方をしているのでしょうか。 A.アメリカではラグジュアリーブランドのバッグは富裕層が持っている印象でしたが、中国では所得に関係なく、みんなが熱狂しています。お金を貯めて高級バッグを買おう、という意欲があり、情報を吸収するスピードもすごく速い。ストリートブランドももちろん人気がありますね。 よい点だけを挙げて、友人にすすめるように書く Q.そのような状況の中国で、なぜ人気を獲得することができたのでしょうか? A.中国にもファッションブロガーはたくさんいましたが、基本的にスタイリングの仕方など、ハウツーものが多かった。僕のようにバッグをカテゴライズする人はいなかったからかもしれませんね。でも、それだけではなく、よい面をフランクに書くことを心がけていることも大きいのではないでしょうか。僕は性格的に、プラスのパワーしかみんなに拡散したくないんです。人生においては、友人たちと一緒にリラックスして楽しく過ごすような時間が大切だと思っています。バッグの論評や比較をするのではなく、このバッグがいいよ、と友人にすすめるような感覚を重視しているんです。 Q.そうした姿勢に数々のブランドが感銘を受け、コラボレーションにつながっていったのでしょうね。 A.コラボレーションも犬、豚、青空など明るいコンセプトがほとんどです。売り上げもいいので、みんなそういうムードを求めているのかもしれません。 Q.中国語で書かれている文章を、日本人の私たちも読んでみたいです! A.中国向けに絞っていたのは特に計画があったわけではなく、それだけで手いっぱいだったからなんです。でも、世界中の華僑の人たちが現地に広めてくれていることもあり、いろいろな国から問い合わせをもらっています。そこで、今後インスタグラムでMr.Bagsとしての公式アカウントを開設する予定です。今の@mrbagssではプライベートなことをアップしていますが、公式では中国で発表しているような内容にするつもりです。 Q.楽しみです!ほかに今後考えていることはありますか? A.時計やアクセサリーについて、バッグ同様のコラムを書きたいと思っています。中国のファンの子たちがバッグの次にそこに目を向け始めているんです。これまで養ってきた分析能力を生かしたいです。 Do you know him? Instagram: @mrbagss WeChat: bagsbaoxiansheng Weibo: @Bags包先生www.mrbags.com SOURCE:SPUR 2019年3月号連載「Mr.Bagsを知っているか?」photography: Yuka Uesawa text: Itoi Kuriyama
  • 大人になって価値のわかる食べものが、あります。和食には特にそういうものが多いですが、洋野菜の中では例えば、カリフラワーがそう。色も、味わいも、淡泊なようでいて、含みのある独特の個性がある。そして、栄養的にも注目されて、近年見直されている野菜のひとつではないでしょうか。そんな優れモノのカリフラワー、今がまさに旬。たくさん手に入るこの時期に、どうしたら美味しく、目新しく、食べられる?NY在住の美容食研究家、杉本佳子さんが、見て、食べて、取り入れて美味しい!トリプル美食としてのカリフラワー料理を、提案してくれます! 色のついたカリフラワーも登場。華やかで、さらなる美肌効果にも期待!一般的に色の濃い野菜が健康にいいと言われていますが、カリフラワーは例外かもしれません。カリフラワーは意外にも、ブロッコリーと同じくらいビタミンCが豊富なんです。しかも、カリフラワーに含まれるビタミンCは加熱による損失が少ないとか!それはとっても嬉しいですね。塩分を排出するカリウム、たんぱく質の代謝に不可欠なビタミンB6も比較的含まれています。お店によっては、白のカリフラワーだけでなく、黄色っぽいオレンジやパープルのカリフラワーが売られていることがあります。オレンジのカリフラワーはベータカロテン、パープルのカリフラワーはアントシアニンが含まれていますので、白のカリフラワーよりさらに美肌効果が期待できます! 目にも鮮やかで楽しい、パープルやオレンジのカリフラワー3色揃えてピクルスにしてもきれいですね。ちなみに、パープルのカリフラワーを茹でる時は、必ずお酢を入れてくださいね。でないと、茹でた時に色が抜けてしまうのです。お酢を入れて茹でた、色付きのカリフラワー。鮮やかな色のままに茹であがりますでも、いつも色付きのカリフラワーが手に入るわけではありません。そんな時、お勧めしたいのが、ピクルスをつくる時のマリネ液にターメリックを少し入れること!そうすると、とてもきれいな黄色のピクルスができます。何も言わずにお客様にお出しして、「あら、黄色のカリフラワー!?どこで買ったの?」なんて聞かれて、「実は・・・」なんて話したら、楽しい会話のきっかけになるかも?ターメリック入りのウズラの卵のピクルスと黒オリーブと一緒に盛り付けたら、なかなかお洒落なアペタイザーができました!ターメリックを入れてマリネしたカリフラワー。もともと色付きのものにも見劣りしない、きれいな黄色に。黄色い卵もかわいい!このウズラの卵のピクルスは、ファーマーズマーケットで売っていたオーガニックのものです。ターメリックと生姜入りのピクルスでしたので、私もターメリックと生姜を入れてカリフラワーのピクルスをつくってみました。私はあまり酸っぱくないピクルスが好みですので、お酢よりもお水の量を多くし、ターメリックと生姜以外はニンニクと黒粒胡椒、ローリエの葉っぱを入れています。お水が多いので、翌日か翌々日には食べきるようにしています。プチトマトと黒オリーブとつなげて、可愛いピンチョスもできます。もくもくした雲のようなシェイプがラブリーですね。ちなみに、カリフラワーはペーパータオルの上に一度置いてマリネ液が垂れないようにしてからお皿にのせるのが、きれいに盛り付けるコツです。色をつけただけで見た目が大きく変わるのが楽しいカリフラワーパープルのカリフラワーは、お酢入りの熱湯で茹でて、このようなサラダにしてもきれいです。盛り付けてからオリーブオイル、アップルビネガー、塩胡椒を混ぜたドレッシングをかけました。黄色やオレンジはかわいらしく。紫は大人っぽく。アレンジの幅がさらに広がりますまだ寒い日には、心も温まる手軽な「ほっこり」料理を温かいお料理はクリームシチューやグラタンなどが考えられますが、忙しくてあまり時間をかけられない時は、ローストがお勧めです。ニューヨークのレストランでも、カリフラワーのローストは非常に一般的なメニューとしてよく見かけます。食べやすい大きさに切り分けたら、塩胡椒とオリーブオイルをまぶして、175度くらいのオーブンで10分くらいローストします。こちらは、それにカレー粉も加えてローストしたカリフラワー。お皿に盛り付けてから、オーガニックのレーズンと細かくしたピスタチオを加えました。レーズンは特に合います。カリフラワーというと「茹でる」ほうに気持ちが向きますが、味が凝縮されるローストも美味アヒージョも、時間がないけど温かい料理を食べたい時に向いています。一緒に入れるマストの具は、チョリソとニンニク。アヒージョでは、ニンニクを切らずに入れるのが私流。じっくり時間をかけてとろりと柔らかく火を通すと、「ニンニクが美味しい」と言われることが多いです。最初にオリーブオイルとニンニクをいくつか、そして鷹の爪を入れて数分弱火で煮てから、食べやすく切り分けた生のままのカリフラワーとチョリソを入れて、弱火で10分くらい煮込んだら出来上がり。お好みで緑の野菜を加えると、彩りがよくなります。ワインが欲しくなる1品です。思わず「ゴクリ」としちゃうほど美味しそうなアヒージョ。こちらも茹でずに直接投入可一時期、フードプロセッサーで細かくした「カリフラワーライス」が、ダイエットしたい女性の間で流行りましたね。私は、エビとマッシュルームのドリアをつくった時に、フードプロセッサーで細かくした白いカリフラワーをホワイトソースに混ぜてみたことがあります。なかなか美味しかったです。ドリアにはホワイトソースをたっぷりかけたいですが、普通につくるとカロリーが気になります。細かくした白いカリフラワーを加えることで、ヘルシーにかさ増しできました。よろしければ、お試しくださいね。カリフラワー入りホワイトソースで作ったドリア。軽い歯ごたえとコクが加わって、満足度高めに
  • Photo by Getty Imagesいち早く春の気分を取り入れたいなら、今すぐパステルカラーに着替えよう。心も軽くなりそうな優しい色使いのお手本を、世界のストリートスナップから見つけて。ミントグリーン×キャメルで春の気分を呼び込んでPhoto by Matthew Sperzel/Getty Images ミントグリーンのトップス&パンツのフレッシュなカラーリングに、キャメルカラーのコートを羽織って。重量感のあるコートが、ぐっと春らしい表情に変化した。バイカラーのグッチのポシェットも、スタイリングのムードにぴったり!全身をパステルカラーで揃えてPhoto by Matthew Sperzel/Getty Images インフルエンサーのアレクサンドラは、ケンゾーのチュニックの上に、ニットのジャンパースカートをレイヤード。チュニックのオリエンタルなデザインが、子どもっぽくなりそうなスタイリングを引き締めている。ベーシックカラーを選びがちなブーツにも、あえてパステルピンクをチョイス。水色のファーコートで愛らしくPhoto by Melodie Jeng/Getty Images ふわふわのファーコートを着た、モデルのアイヴィータ。シンプル&カジュアルなモノトーンスタイルに、ボリュームあるコートが愛らしさとインパクトをプラスして。ベーシックカラーではなく、思い切って水色を選んだところに彼女の個性が感じられる。ボーイッシュなヘアで着こなす、キュートな色使いPhoto by Claudio Lavenia/Getty Images グリーンのブルゾンに、ライラックカラーのニットドレスとピンクのバッグを合わせた、インフルエンサーのエルザ。ショートヘアやブルゾンのボーイッシュな雰囲気と、優しいカラートーンのミックス感が可愛い。ヘアピン使いも今すぐ真似したい!ガーリーな色使いで楽しむストリートルックPhoto by Christian Vierig/Getty Images パレスのハットをかぶった、モデルのガードレ。ストリート感の強いスタイルなのにガーリーに仕上がっているのは、モコモコしたジャケットやパンツでパステルカラーを取り入れているから。ランウェイショーのためのアイメイクの効果もあって、可愛らしさだけでなく意志の強さも感じさせるスタイリングになっている。ミントグリーンのコートで冬の装いを一変させてPhoto by Edward Berthelot/Getty Images 寒いうちからパステルカラーを取り入れたい人は、ぜひ写真の彼女のように明るい色のアウターをゲットして。冬の定番カラーとも言えるグレーのニットやバッグが、ミントグリーンのコートと合わさることで優しい表情に。可愛らしい三つ編みヘアと、大人っぽいゴールドのサークルピアスのバランスも絶妙!相性抜群のパステルピンク×ライトグレーPhoto by Christian Vierig/Getty Images インフルエンサーのスヴァンチェは、ビッグサイズのジャケットの上からミュウミュウのベルトバッグでウエストマーク。パステルピンクとライトグレーの、相性抜群なカラーリングを、インナーやパンツの黒で引き締めた。シルバーブーツが、サイバーな印象をプラスして。 text : Chiharu Itagaki
  • シンプルでもなぜおしゃれに見えるの??違いは「こだわり」にありました ショッピングには最近、様々なスタイルがあり驚くことがあります。先日、代官山の「THIRD MAGAZINE(サードマガジン)」に初めて行った時、まじまじとそう思いました。  ショップに入ってウキウキ「さぁ見るぞ!」と思っていたら、ササっと店員さんがきて「システムはご存知ですか?」と。「???(´・ω・`)」と困っていると教えてくれました。ここではすぐに買えないのだと!  ここは試着を楽しむ「ショールーム」。気に入ったものがあれば商品のバーコードを読み込み、あとでオンラインで注文するというスタイルなのだという。なるほどそーゆーことですね! (ショップの許可を得て撮影しています) 広い空間でスタイリッシュな店内。店員さんも色々アドバイスをしてくれます 「エクラ」2月号でも「大人のための新ショップ」で紹介されていたお店です。オリジナル商品だけでなく「ソニア・リキエル」や「オフィシン ジェネラル」などのパリテイストなセレクト品も置いてあり、洗練されたアイテムはずって見ていても飽きません。  欲しいものがあったので持ち帰れないのはちょっぴり慣れない感じでしたが、実物を目で確認して即ピピっと注文。  わたしの希望アイテムは予約商品だったので、すぐに届かず1ヶ月ほど待ちました。  で、やっと先日届いた欲しかったこの「ロゴT」!「サード×亘つぐみさん(スタイリスト)」のコラボ商品です。普通のTシャツにみえて実はすごいのですよ(≖ᴗ≖ ) 前は「サード」、うしろは「マガジン」というまさにショップのロゴT。すぐ売り切れてしまうから待たないと買えなかったのです(現在は手に入れやすい状況のよう)。本格的なTシャツシーズンが来るまでに絶対手に入れてやるぞ╭(๑•̀ㅂ•́)و!と、お正月からひそかに目標を掲げていました。後ろに入っている大人向けのロゴTはなかなかめずらしい Tシャツ・・・色々持っていますが、わたしの「好き」がこれ1枚にぜんぶ詰まっている感じです。本当におしゃれなTシャツというのは一見「普通」にみえて、実はそう見せるための隠れた工夫がされていることが多いです。  これも極シンプルなTシャツに見えますが、実はさりげなくおしゃれに見える工夫がぎっしり。女性が安心して着られる「透け感」、毎日着たい「着心地重視」の上質な肌ざわり、Tシャツなのに女性らしくみえるシルエット・・・  どこにでもある「普通」のTシャツにみせて、実は見えないところで様々な仕事がなされているのです! 「普通なのになぜか1枚でカッコいい」。そう見せてくれるのがわたしの中では本当に良いTシャツの基準です。 シンプルだからこだわりたい ロゴもさりげなく「ビンテージ」テイスト。色も「真っ白」ではなくオフ寄りで、素材は新品ピカピカではなくウォッシュ感があるこなれた感じです。  すべてが計算されて、はじめて「普通のTシャツ」が不思議とカッコよくみえるのですね!Tシャツって実は奥深い。エブールに比べるとかなりオフ。同じ「白T」でも印象は違う 「無地T」と「ロゴT」は別の仕事をするので使い分けて着ています。無地はジャケットにインしたり、パールを合わせたりと控えめな印象でも使えますが、ロゴTはもはや主役です。存在感があるので、あまりゴチャゴチャ合わせずなるべくシンプルにしたいですね!   ロゴがブラックなので、シューズはリンクするコンバースの黒がとてもいい相棒。黒いパンプスならさらに女っぷりが上がりそうです。  Tシャツでも女性らしさのある素敵なシルエットなので、スニーカーを合わせてもラフになり過ぎません。ぜんぶハイカットで合わせてみました(^^;)↓Day1:やはり合わせたいブルーデニム。ロゴが少しあるだけで少し抜けた感じにDay2:黒のスカートでラフでも女っぽくDay3:ロゴに合わせてアイテムを黒でまとめて全体の統一感。白を目立たせてTシャツが主役に他の画像を見る 二の腕が隠れる長さもうれしいです(^^)そういう点も大人の女性向けですね。袖をひとつ折るとまた違った雰囲気になります 1万円のTシャツは高いのか、安いのか。「普通」をカッコよくみせてくれるなら、とてもお得に感じます。プチプラと上手に使い分けたいですね!    東京の今日からの気温は例年より高くなる予想。そろそろ今年の「最愛Tシャツ探し」、はじめてみるのもいいですねˆᴗˆ .............................................................................................届いた箱もシンプルなのにスタイリッシュ!同封のカタログも素敵です。ちょうどモデルさんと同じTシャツ★サードマガジン /(コラボ)ロゴプリントTシャツ美女組No.127 Akaneのブログ
  • 春のお仕事コーデに上品さと落ち着きを添えてくれる、新色おすすめネイルを紹介のぼり坂OLコスメ委員会が絶対に使える春の新作コスメの中から、上品さも女性らしさもアップデートできるネイルをお届け♡OL向けコスメをリアルな声でお届け! 「のぼり坂OLコスメ委員会」発足♡ の記事はこちら>>指先は“パール感”で華やかさを!リッチなのに上品!手もとに磨きをかけて渡會さん オフィスネイルってベージュとか薄ピンクがマナーだと思うけど、そろそろマンネリを脱出したい気持ちもある……。松下さん 色はそのままに、質感だけちょっとシフトする程度なら主張しすぎなくてよさそうじゃない?遠藤さん パール感のあるなじみカラーとかね。松下さん ラメほど派手じゃないし、上質なつや感でアップグレードできそう!❶(小指)肌トーンが明るく見える。ヴェルニ ロング トゥニュ 695(2/15〜限定発売)¥3200/シャネル ❷(薬指)パーリーな輝きのピンクベージュ。エレガンス クルーズ フローリック ネイルラッカー BR02(3/18発売)¥1500/エレガンス コスメティックス ❸(中指)ヌーディピンクで品よく♪ ネイルエナメル PK847(限定色)¥2000/コスメデコルテ ❹(人さし指&親指)旬の青みパール入り。ネイル カラー ポリッシュ 113(限定色)¥2500/SUQQU ♡3月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/井上ハナエ 撮影/藤澤由加 ※服はすべて私服です
関連キーワード