オメガがカイア・ガーバーのデザインによる“トレゾア レディス コレクション”の新ストラップを発売

SPUR.JP

オメガが、ブランドアンバサダーであるカイア・ガーバーのデザインによる“トレゾア レディス コレクション”の新ストラップをオメガ ブティック限定で発売した。

オメガのブランドアンバサダーを務めるカイア・ガーバー
オメガのブランドアンバサダーを務めるカイア・ガーバー

 

2017年にオメガのブランドアンバサダーに就任し、2018年にはモデル・オブ・ザ・イヤーに輝いたカイア・ガーバー。名だたるメゾンのウェアに身を包み、ランウェイを歩く姿がおなじみだが、私生活ではストリートスタイルを好むのだとか。そんなカイアがデザインしたストラップは、カモフラージュ柄。ブルーとベージュの2色展開だ。

カモフラージュ柄がブルーとベージュの2色展開で登場
カモフラージュ柄がブルーとベージュの2色展開で登場

 

“トレゾア レディス コレクション”のケースサイズである39mm36mmのどちらのモデルにも合わせられるよう、2 種類の幅が揃う。カジュアルでありながら、“トレゾア レディス コレクション”のモダンな文字盤に上品になじむストラップは、デイリーユースにぴったりだ。

オメガお客様センター
https://www.omegawatches.jp/
03-5952-4400

text:Mariko Inoue

関連記事
  • 数年前に購入したデ プレの赤ニットは春が近づくと着たくなります。 まだまだ寒い日が続いていますが、春はすぐそこまで来ています。 エクラ3月号も、春ファッションにシフトしていましたね。 暖かくなるのが待ち遠しい今日この頃です。 数年前に購入したのですが、春が近づいてくると手にするのがこのデ プレのニット。 ハイゲージでとても軽いこのニットは、サイドに深いスリットが入っていて、春風にふわっと揺れるようなデザインです。 朱色に近い赤色もなんだかウキウキさせてくれます。 赤色ニットは不思議とどんなボトムスでも合ってしまいます。 今回は、これもエクラ3月号で提案されている、グレーのデニムを合わせました。 アッパーハイツのデニムで、THE ROOTというモデルです。カラーはシルバーに近いグレー。 太めのストリートでゆったりなのでストレスフリー。 他に、ドレステリアのジップアップパーカーと合わせてワントーンコーデにしてみました。ドレステリアのジップアップパーカは、ホワイト、ネイビーも持っていて大ファンです。 数量限定のブラックももちろんゲットしました! (それについてはまた。) ローヒールパンプスはファビオルスコーニ。 Instagramもアップしています。 ⇩華組 近藤和子ブログ
  • 経済の急成長が止まらない中国からアジア圏を中心にファッション業界で絶大な支持を得ているデジタルインフルエンサー、タオ・リャン、別名Mr.Bags。バッグへの愛と豊富な知識、先見の明は随一。ブランドとのコラボレーションも続々発表し、SNSでの影響力も絶大。来日したMr.Bagsに突撃取材! Tao Liang (Mr.bags) 1992年中国生まれ。高校卒業後、LAの南カリフォルニア大学に留学。その後NYのコロンビア大学へ。在学中の2011年Mr.Bagsとして中国版のSNSでバッグをカテゴライズして紹介する投稿を始めると、絶大な影響力をつように。今では数々のラグジュアリーブランドからのコラボレーション依頼が後を絶たない。現在北京在住だが、1年の半分以上は海外を飛び回っている @mrbagss (左) Mr.BagsのInstagramより。9月に参加した2019S/SのDiorのショー会場前にて。(右) 5日間のミラノの旅にはDiorの「ブック トート」をはじめ合計12個ものバッグを携えて News 01  ▷ なぜ、彼はブランドに愛されるのか? 数々のラグジュアリーブランドとコラボレーションしているMr.Bags。そのアーカイブスを一挙に紹介する LONGCHAMP 1月7日に発売されたばかりのコラボレーション最新作は2019年の干支がテーマ。中国で「猪」は豚のことを意味しており、Mr.Bagsが愛用している「ル プリアージュ® キュイール ハンドバッグ」をベースにホ ワイトのラインで豚を描いている。「もとより私たちのバッグを旅や日常で愛用していたMr.Bags氏に注目しオファーが実現。彼がデザインを発案した最初のコラボレーションは即完売し、大成功でした! プロフェッショナルで知識があり、とてもクールな人物です」(アーティスティック・ ディレクター ソフィー・ドゥラフォンテーヌ)。 (上・右)ハンドバッグ 〈H20×W21×D12〉各¥63,000・(中)トラベルバッグ〈H35×W45×D23〉 ¥119,500/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) TOD’S ©TOD’S 「出会いは数年前、Mr.bags氏がコレクション期間中にイタリア本社と工場に立ち寄ったことがきっかけです。 彼のブランドへの深い理解とプレゼンテーション能力は本当に素晴らしい! プロの側面はもちろん、やさしさあふれる人柄も魅力ですね」(ミラノPRチーム)。2018年6 月に発表された「ウェーブ バックパック」リミテッドエディションはその年の干支である犬をイメージ。ハンドルから下げられたタグは、まるで垂れた耳のようだ。前年の初めてのコラボレーションに引き続き、「X」のスティッチングも施されている。Mr.BagsのWeChat上のショップでは、なんとわずか1 時間ほどで在庫の300個が完売した‼ MONTBLANC 2018年7月、中国のバレンタインデーにあたる七夕に向けて、男女ペアで持つことができるメンズ1 型、ウィメンズ2 型のバックパックのカプセルコレクションを発表。七夕のロマンティックなアプローチの愛とコミットメントをテーマに掲げ、中国では即日完売するブティックもあったそう。Mr.Bagsは、モンブランでは初のウィメンズ向けとなったミニバックパックを斜め掛けにして愛用している。 News 02  ▷ Mr.Bagsのバッグの中身を教えて! 北京の新居に500個近くバッグを所有しているというMr.Bags。今回の来日用に選ばれたバッグは? 「旅行に出かけるときはいつも大きなボストンバッグ にミニバッグを入れています。今回のお供はディオールのクラッチバッグ(右) で、中にはセリーヌのミニ財布(左)のみ。その他領収書を入れるため、ロンシャ ンのポーチも持参。ウィメンズでも中性的なムードがするものは使いますね! 中国ではスマホ決済のため財布は持たない主義です」 News 03  ▷ Mr.Bagsを有名にしたSNSとは? Mr.Bagsが多くの支持を集めるきっかけとなったSNS、「Weibo」と「WeChat」の概要を解説! WeChat ↳ 880K Followers メッセージと通話ができるアプリで、タイムラインを見るには相互の承認が必要。Mr.Bagsはここではバッグの紹介のほか、私物の公開もしている。コラボ商品を販売するストア「Baoshop」も設けているが、発売のたびに即完売してしまう。 Weibo ↳ 5m Followers 中国最大のSNSで、ツイッターのようなシステム。Mr.Bagsは2012年頃から投稿している。ラグジュアリーブランドのバッグを中心に取り上げ、魅力的な点を紹介。友人に語りかけるような文面で、「あなたはどれが好き?」と締めくくる。 定番とトレンドが共存するからバッグは面白い! Q.バッグに情熱を注ぐようになったのはなぜですか? A.ファッションに漠然と興味はあったのですが、高校生の頃、家の近くに百貨店のレーン・クロフォードができて、さまざまな服に触れるようになりました。中国版『ヴォーグ』や『グラツィア』といった雑誌もよく読んでいましたね。卒業後はLAに留学し、たくさんあるショッピングモールに通うように。ラグジュアリーブランドの服はかなり高価ですが、アクセサリーだったら手が届く。中でもバッグは何十年も使い続けられる一方で、トレンドもわかりやすいアイテムなので面白いと思ったんです。 Q.そのバッグへの愛や知識が今多くの支持を得ているわけですが、それにはどのような経緯があったのでしょうか? A.すごく可愛いバッグを買ったのに、使う機会がなくて放置している友人たちの姿を目の当たりにしたんです。そこで、僕はカテゴライズがすごく好きなので、どういうところが楽しいのか、どういうエピソードがあるのか、どういうシチュエーションで持ったらよいかといったタグづけをしてSNS上でバッグの特徴を整理して紹介してみることに。加えて、今後はやるかもしれない、といった予測もしました。それを中国版フェイスブック「人人網」にアップしていたらラグジュアリーブランドやバッグ好きの人たちにどんどんシェアされていったんです。その後ツイッターのような要素も併せ持つSNS「ウェイボー」にも同様のことを投稿すると、より多くの人に広まりました。 Q.中国の方々は、そもそもどのようなバッグの選び方をしているのでしょうか。 A.アメリカではラグジュアリーブランドのバッグは富裕層が持っている印象でしたが、中国では所得に関係なく、みんなが熱狂しています。お金を貯めて高級バッグを買おう、という意欲があり、情報を吸収するスピードもすごく速い。ストリートブランドももちろん人気がありますね。 よい点だけを挙げて、友人にすすめるように書く Q.そのような状況の中国で、なぜ人気を獲得することができたのでしょうか? A.中国にもファッションブロガーはたくさんいましたが、基本的にスタイリングの仕方など、ハウツーものが多かった。僕のようにバッグをカテゴライズする人はいなかったからかもしれませんね。でも、それだけではなく、よい面をフランクに書くことを心がけていることも大きいのではないでしょうか。僕は性格的に、プラスのパワーしかみんなに拡散したくないんです。人生においては、友人たちと一緒にリラックスして楽しく過ごすような時間が大切だと思っています。バッグの論評や比較をするのではなく、このバッグがいいよ、と友人にすすめるような感覚を重視しているんです。 Q.そうした姿勢に数々のブランドが感銘を受け、コラボレーションにつながっていったのでしょうね。 A.コラボレーションも犬、豚、青空など明るいコンセプトがほとんどです。売り上げもいいので、みんなそういうムードを求めているのかもしれません。 Q.中国語で書かれている文章を、日本人の私たちも読んでみたいです! A.中国向けに絞っていたのは特に計画があったわけではなく、それだけで手いっぱいだったからなんです。でも、世界中の華僑の人たちが現地に広めてくれていることもあり、いろいろな国から問い合わせをもらっています。そこで、今後インスタグラムでMr.Bagsとしての公式アカウントを開設する予定です。今の@mrbagssではプライベートなことをアップしていますが、公式では中国で発表しているような内容にするつもりです。 Q.楽しみです!ほかに今後考えていることはありますか? A.時計やアクセサリーについて、バッグ同様のコラムを書きたいと思っています。中国のファンの子たちがバッグの次にそこに目を向け始めているんです。これまで養ってきた分析能力を生かしたいです。 Do you know him? Instagram: @mrbagss WeChat: bagsbaoxiansheng Weibo: @Bags包先生www.mrbags.com SOURCE:SPUR 2019年3月号連載「Mr.Bagsを知っているか?」photography: Yuka Uesawa text: Itoi Kuriyama
  • こんにちは小野アムスデン道子です。地上314mとタイで一番高い360度の展望デッキと、一番高いルーフトップバーがある「マハナコンスカイウォーク」は、2018年11月にオープンしたばかりのタイの最新絶景スポット。飲んで食べて買って、絶景で締めくくるバンコクでのストレス発散旅をご紹介します。チャオプラヤー川を挟んで、ワット・アルン(暁の寺)のある左岸と、ワット・プラケオ(エメラルド寺院)や王宮があって高層ビルも並ぶ右岸の眺めは、バンコクの絶景の一つ。一日目は、ワット・アルンを眼前に望むタイ料理レストラン「チョム・アルン」へ。新鮮なハーブが添えられた豚のひき肉炒めやシュリンプケーキ、手羽先の唐揚げなどポピュラーな料理はとてもおススメ。夕暮れ時がベストタイムです。チョム・アルン Chom Arun  https://www.facebook.com/chomarun/今回の宿泊先は「プルマン・バンコク・キングパワー」。空港から鉄道「エアポートレイルリンク」で15分ほど到着する終点のパヤタイ駅から徒歩圏内という立地の、モダンなインテリアの5ツ星ホテルです。朝食のヘルシーブッフェが充実したオールデイダイニングのほか、レストランとバーが5軒と豊富に揃っています。プールやスパを備え、客室のバスルームにはゆったりしたバスタブもあって寛げます。隣にはデューティーフリーのショッピングモール「キングパワー・ランナム」があり、人気ストリートフード店が集結した「タイテイストハブ」も入って、食べて飲んでお買い物を満喫できます。早速お買い物にゴー。プルマン・バンコク・キングパワー  Pullman BKK King Powerhttps://www.accorhotels.com/King-Power次ページに続きます。このモール「キングパワー・ランナム」は、短時間バンコクでもとても使えるショッピングスポット。まず、BTSビクトリーモニュメント駅から5・6分歩けば行けるのですが、無料のトゥクトゥクの送迎もあり。ちょっと歩けば汗ばむバンコクではうれしいサービスです。入ってすぐに、無料ロッカーを備えて待ち合わせ室的にも使えるトラベラーズラウンジや免税の手続きをしてくれるVAT REFUNDのコーナーがあって便利。ここで免税手続きを一括しておけば、空港での払い戻しが楽ちんです。1階は、有名ブランドがずらり並んでテンションが上がりますが、ここでショッピングするためには、まず海外旅行者としてカウンターで登録が必要。パスポートと帰国便の便名が必要なので、この2つを忘れずに!2階には、ずらりコスメやスキンケア、パフュームなどがずらり。香りのよいタイ製の室内アロマやスパ製品なども。そして、タイ&キングパワーならではの商品が揃うのが3階。まず、タイ政府公認の一村一品運動の品が揃う「OTOP」コーナーは要チェック。政府公認で、品質が保証されているシルク製品や雑貨がいっぱい。フォークロアな感じのウェアやシューズはリゾートにもぴったりです。食品があるのも3階で、キングパワーオリジナルのお菓子やタイ料理のスパイスセットなどばらまきにぴったりな商品が揃います。お菓子は試食も揃っていて味見して選べるのもうれしい。そして3階で超おすすめが、フードコートの「タイテイストハブ」。ストリートフードの名店が20ほども並ぶ路地のような作りがとても楽しいセクションです。タイの人気料理パッタイ(タイ風焼きそば)の「ティップサマイ」は、1966年創業という老舗で王宮地区の本店にはいつも行列という有名店。ここなら便利なショッピングモールの中で、並ばずに食べられます。私は卵包みパッタイを注文。オムレツのようにふわっとした卵焼きの中に、海老味噌が効いたソースの焼きそばにぷりっとした海老、しゃっきとしたもやしが入って、熱々を混ぜていただきます。ふんわり卵とその他の具、もちっとした麺とのコンビネーションがたまりません。もう一つおすすめは、「ラマイホイートヤワラート」という牡蠣など貝のお好み焼きの店のあんかけ極太麺。目の前で熱くした鉄皿に載せた麺の上に豚肉や野菜のたっぷり入ったあんをかけて仕上げてくれます。外側は香ばしく焼いた麺とあんの組み合わせがとてもおいしいわずか90バーツの絶品グルメです。写真入りの日本語メニューもあるので指差しで注文OK。キングパワー・ランナム  King Power Rangnamhttp://story.kingpower.com/en/store-downtown-en/次ページに続きます。お腹も一杯になったところで、今回の目的であるタイで一番高い360度の展望デッキと一番高いルーフトップバーがある「マハナコンスカイウォーク」へ。 場所は、BTSのチャノンシー駅の出口3に直結しているのでとてもわかりやすく。ギザギザしたユニークな外観がひと際目立ちます。「マハナコンスカイウォーク」は、年中無休で朝10時から24時までオープン(最終入場23時)。エレベーターはタイ国内で最速。74階までは、バンコクを俯瞰するようなビデオが流れて、あっという間の50秒です。74階は、360度の屋内展望デッキとしてタイで一番高く、設置されている郵便ポストもバンコクで一番高い位置にあります。ここから記念のハガキを出すのもよいかも。バンコクの主要なランドマークや観光スポットのAR(拡張現実体験)も。そして階段で上がった75階からシースルーエレベーターで78階へ。そこは屋外展望デッキで、いきなりおおっと思うバンコクの眺望が広がります。これまたタイで一番高いルーフトップバーで、テキーラサンライズを注文し、しばし眺めに見とれます。話題は、63㎡もある地上310mのガラス張りフロア。さすがに下を見るのが恐いほどですが、抜群のインスタスポットで、みんな寝転がったり、写真撮影に夢中です。さらにそこから一段高い「ザ・ピーク」は、地上314m。バンコクで一番高いビューポイントになります。はるか眼下にゆったりとしたチャオプラヤー川が流れ、絶景が堪能できます。マハナコンスカイウォーク  King Power Mahanakhon SkyWalkhttp://www.kingpowermahanakhon.co.th/skywalk/1階から4階は、キングパワーの免税店や洒落たデザインのマハナコンスカイウォークの限定土産物店が入る「キングパワーマハナコン」。そして、2019年中には世界初の「オリエントエクスプレス・マハナコン・バンコク・ホテル」が出来る予定です。グルメにショッピングに絶景に。弾丸でもバンコクでも満足度の高い旅でした。
  • Photo by Getty Imagesいち早く春の気分を取り入れたいなら、今すぐパステルカラーに着替えよう。心も軽くなりそうな優しい色使いのお手本を、世界のストリートスナップから見つけて。ミントグリーン×キャメルで春の気分を呼び込んでPhoto by Matthew Sperzel/Getty Images ミントグリーンのトップス&パンツのフレッシュなカラーリングに、キャメルカラーのコートを羽織って。重量感のあるコートが、ぐっと春らしい表情に変化した。バイカラーのグッチのポシェットも、スタイリングのムードにぴったり!全身をパステルカラーで揃えてPhoto by Matthew Sperzel/Getty Images インフルエンサーのアレクサンドラは、ケンゾーのチュニックの上に、ニットのジャンパースカートをレイヤード。チュニックのオリエンタルなデザインが、子どもっぽくなりそうなスタイリングを引き締めている。ベーシックカラーを選びがちなブーツにも、あえてパステルピンクをチョイス。水色のファーコートで愛らしくPhoto by Melodie Jeng/Getty Images ふわふわのファーコートを着た、モデルのアイヴィータ。シンプル&カジュアルなモノトーンスタイルに、ボリュームあるコートが愛らしさとインパクトをプラスして。ベーシックカラーではなく、思い切って水色を選んだところに彼女の個性が感じられる。ボーイッシュなヘアで着こなす、キュートな色使いPhoto by Claudio Lavenia/Getty Images グリーンのブルゾンに、ライラックカラーのニットドレスとピンクのバッグを合わせた、インフルエンサーのエルザ。ショートヘアやブルゾンのボーイッシュな雰囲気と、優しいカラートーンのミックス感が可愛い。ヘアピン使いも今すぐ真似したい!ガーリーな色使いで楽しむストリートルックPhoto by Christian Vierig/Getty Images パレスのハットをかぶった、モデルのガードレ。ストリート感の強いスタイルなのにガーリーに仕上がっているのは、モコモコしたジャケットやパンツでパステルカラーを取り入れているから。ランウェイショーのためのアイメイクの効果もあって、可愛らしさだけでなく意志の強さも感じさせるスタイリングになっている。ミントグリーンのコートで冬の装いを一変させてPhoto by Edward Berthelot/Getty Images 寒いうちからパステルカラーを取り入れたい人は、ぜひ写真の彼女のように明るい色のアウターをゲットして。冬の定番カラーとも言えるグレーのニットやバッグが、ミントグリーンのコートと合わさることで優しい表情に。可愛らしい三つ編みヘアと、大人っぽいゴールドのサークルピアスのバランスも絶妙!相性抜群のパステルピンク×ライトグレーPhoto by Christian Vierig/Getty Images インフルエンサーのスヴァンチェは、ビッグサイズのジャケットの上からミュウミュウのベルトバッグでウエストマーク。パステルピンクとライトグレーの、相性抜群なカラーリングを、インナーやパンツの黒で引き締めた。シルバーブーツが、サイバーな印象をプラスして。 text : Chiharu Itagaki
  • おしゃれ感ときちんと感のバランスを兼ね備えたジャケットコーデ&アイテムを集めました。ノーカラージャケットやダブルジャケット、テーラードジャケットに似合うトップスやパンツ、靴やバッグなどをチェックして、ジャケットコーデを女らしく格上げして。【目次】 ・おしゃれ感をプラスするジャケットコーデ ・女らしさを格上げするおすすめジャケット■おしゃれ感をプラスするジャケットコーデ【 1 】ノーカラージャケット×パンツコーデトレンドの太めパンツも長めの丈でグッドバランス。合わせるボトムを選ばない長め丈が毎日に重宝。ヒップにかかる着丈だから、少しボリューム感のあるボトムとも合わせやすい。 ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ブラウス¥20,000/ANAYI パンツ¥26,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) バッグ¥42,000・ストラップ¥35,000/A.D.M.J. ピアス¥18,000/アガット パンプス¥76,000/カオス丸の内(ニナ リッチ)【 2 】ノーカラージャケット×白ブラウス&スカートコーデインを白のワントーンでまとめてすっきり見え。淡い色のインナーは顔映りのよさも見逃せない。ジャケットがフレームの役割を果たし、全身がほっそり見えるのがうれしい。ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ブラウス¥8,900/ゲストリスト(ステートオブマインド) スカート¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ピアス¥55,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)【 3 】ノーカラージャケット×きれい色ニットコーデ上品カラーニットでオフィスにふさわしい華やかさ。シンプルなノーカラーだからきれい色ニットが映える。寒色系やスモーキートーンなど、上品なきれい色を積極的に取り入れて仕事服をアップデート。 ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ニット¥8,241/バナナ・リパブリック パンツ¥28,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ピアス¥17,000/アルアバイル(ホルヘ・モラレス) ブレスレット¥320,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥48,000/A.D.M.J.【 4 】ノーカラージャケット×ワンピースコーデワンピースにはおれば長め×長めが旬のムード。細めのシルエットでふんわりワンピースをシャープに演出。会食やビジネスディナーがある日にもおすすめのスタイル。ノーカラーだから堅苦しくならない。 ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ワンピース¥55,000/ストラスブルゴ(ハイアリン) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥11,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュール) パンプス¥46,000/ゲストリスト(ルチェンティ)▶アラウンド管理職のメインアイテム「ジャケット」の選び方&最旬の着回し4days【 5 】ブラウンジャケット×シャツワンピースコーデ小さめ襟の端正なベージュシャツワンピならブラウンジャケットとグラデーションでなじみやすい。比翼仕立ての縦長ラインで細見え効果も期待できるベージュのシャツワンピースは、ブラウン系のジャケットとグラデ配色にしてなじませて。 ワンピース(ベルトつき)¥35,000/ストラスブルゴ(バルバ) ジャケット¥47,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) ピアス各¥181,000・バングル¥181,500/ハルミショールーム(オー) 時計¥91,000/ハミルトン/スウォッチグループ ジャパン(ハミルトン) バッグ¥160,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶仕事始めは旬のイノシシカラーの身軽なジャケットコーデで挨拶回りに【2019/1/7コーデ】【 6 】ビッグジャケット×スニーカーコーデスポーティとモードが絶妙に融合した高いデザイン性と、合わせやすいシックな配色にひと目惚れ! ビッグジャケットとフレアスカート、そしてストール。旬度の高いきれいめコーデは、スニーカーと同じ配色でまとめれば、着こなしの完成度が格段に上がる。 靴¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ジャケット¥64,000/オーラリー スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) ストール¥27,000/プラージュ 代官山店(プラージュ) バングル¥88,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(アグメス) バッグ¥174,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶2019年冬のカジュアルコーデをもっとおしゃれにアップデートする方法【後編】【 7 】ジャケット×きれい色パンプスコーデどうしても真面目な印象に見えてしまう黒やベージュのパンプスではなく、ジャケットコーデにはあえてのきれい色を。それだけでコーデに鮮烈さと遊び心が生まれ、女らしくこなれた印象に!  ジャケット¥89,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) Tシャツ¥14,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) パンツ¥29,000/エージー ジャパン(エージー) ストール¥20,000/デ・プレ 丸の内店(ロバットアンドグリーン) ピアス¥13,000/アルアバイル(ラウラ・ロンバルディ) バングル¥6,500/ジューシーロック パンプス¥44,000/ユナイテッドアローズ  銀座店(ネブローニ) バッグ¥150,000/ゲストリスト(ザンチェッティ/ハウント代官山)【 8 】ジャケット×フェミニンブラウス&デニムパンツコーデボリューム袖とスタンドカラーが今年らしいフェミニンな一枚をチョイス。ジャケットを脱いだ時はもちろん、着た時も胸もとからブラウスの繊細な素材がのぞくだけで女っぷり効果は抜群。ボトムはきれいめなインディゴデニムを合わせ、さりげなくブラウスの甘さとフォーマル感をセーブして。 ジャケット¥69,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) ブラウス¥16,000(ウィム ガゼット)・バッグ¥130,000(ウェンディ ニコル)/ウィム ガゼット青山店 デニムパンツ¥13,000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) ネックレス¥250,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ)【 9 】ジャケット×ゴールド&シルバーアクセサリーコーデ一見マニッシュ。でもよく見ると女っぽい、が理想。大げさに見えない地金系のアクセサリーをレイヤード。華やかさを求めるならゴールドだけでもいいけれど、ちょっとコンサバにまとまりすぎる恐れが。シルバーアクセもミックスすると、リッチ感とこなれ感がちょうどいいバランスに決まる。 ジャケット¥58,000・パンツ¥32,000/アパルトモン 青山店(リジエール) ニット¥51,000/マディソンブルー バングル¥326,000・チェーンブレスレット¥141,200・10連リング¥127,000・右手リング¥212,000・ピアス¥412,000/ハム 神宮前 アトリエ&ショップ(ハム) バッグ¥45,000/アマン(ペリーコ) スニーカー¥12,000/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス)【 10 】ジャケット×ミニバッグコーデジャケット×パンツに大きなレザートートなどを合わせてしまうと、いかにもビジネスマン、といった堅い印象に。ジャケットコーデのおしゃれ感と女らしさはバッグに宿る、と心得て! トレンドのボックス型にレオパード柄とスタッズがあしらわれたミニバッグで、大人の遊び心をプラス。 ジャケット¥58,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥21,000/スローン パンツ¥19,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) ピアス¥15,000/ギャルリー・ヴィー  丸の内店(オロルアバヌ) バレエシューズ¥42,000/ルック ブティック事業部(レペット) バッグ¥187,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶地味になりがちな「ジャケット×パンツコーデ」を女らしく格上げする4つのテク【 11 】黒ジャケット×ドット柄ワンピースコーデドットワンピースのクラシカルな可愛さをジャケットで引き締めて。足もとしだいでフォーマル~カジュアルの調整がきくのもジャケット×ワンピースコーデの魅力。スニーカーでハズしてカジュアルさとこなれ感を出して。足もとをヒールにすればパーティにも行けるきれいめスタイルに。 ジャケット¥52,000/サード マガジン ワンピース¥28,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ア ピューピル) ピアス¥56,000/TOMORROWLAND(アグメス) ストール¥52,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ジョシュア エリス) バッグ¥145,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥56,000/ゴールデン グース デラックス ブランド 青山(ゴールデン グース デラックス ブランド)【 12 】ネイビージャケット×パープルワンピースコーデネイビー×パープルで好感度の高い通勤コーデに。品のよさと知性を感じさせるダークネイビーのダブルジャケットに、上品なパープルのワンピースを。シンプルなのに老若男女誰からも愛される、好感度の高いコーデが完成。ジャケットを黒ではなくあえてネイビーにしたのも、柔らかな女性らしさを出す秘けつ。 ジャケット¥68,000/ebure ワンピース¥42,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ピアス¥20,000/デ・プレ 丸の内店(エレナローナー) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥66,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ)【 13 】チェック柄ジャケット×ワンピースコーデヒップが隠れるくらいの丈があるメンズライクなチェックジャケットを、とろみワンピースと合わせてリラックス感たっぷりに。重くなりがちな長め丈×長め丈のバランスをアップさせる、首もとのストール使いにも注目。 ジャケット¥68,000/アパルトモン 青山店(コル ピエロ) ワンピース¥23,000(ジャーナル スタンダード レサージュ)・バッグ¥150,000(マウロ ゴヴェルナ)/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店 ピアス(片耳)¥26,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) ストール¥62,000/ジャーナル スタンダード 表参道店(ジョンストンズ) 靴¥37,000/TOMORROWLAND(マリサレイ)【 14 】キャメルジャケット×ニットワンピースコーデ黒のロングニットワンピースに旬度高めなキャメルのダブルジャケットを合わせた、シンプルだけど今年らしい着こなし。仕上げに男靴やレオパード柄のバッグなどひねりのある小物をきかせれば、さらに上級者っぽい雰囲気に。 ジャケット¥98,000/ebure ニットワンピース¥49,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) サングラス¥47,000/ロンハーマン(ケイト ヤング フォー トゥーラ) バッグ¥92,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(バッグス イン プログレス) 靴¥62,000/ボウルズ(ハイク)▶「ジャケット×ワンピース」なら、手っ取り早く上品で女っぽいおしゃれがかなう!【 15 】ベージュジャケット×シルクワンピースコーデ引き継ぎのため同期と営業先へ。柔らかなトーンで統一し、きちんと感と女らしさを両立。しなやかなシルクワンピースにかっちりジャケットをプラス。 [麗子] ジャケット¥89,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ワンピース¥44,000/オーラリー バッグ¥36,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店(ネブローニ) [剛]スーツ¥78,000・バッグ¥37,000/シップス 渋谷店(シップス) シャツ¥35,000/ザ ソブリンハウス(アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ) タイ¥13,000/ビームス ハウス 丸の内(ジョンコンフォート) 靴¥70,000/パラブーツ青山店(パラブーツ) ポケットチーフ/スタイリスト私物【 16 】ベージュジャケット×グレータートルニットコーデ来春予定している、大幅なテナントの入れ替え。今日は新規に入るブランドとの打ち合わせに。秋一番に購入したジャケットを着て、気合十分! インにソフトな表情のグレータートルを配し、上品なキャメル小物を加えるニュアンスカラーの着こなし。敬意を表しつつ柔らかい印象の着こなしで、交渉の結果も上々。 ジャケット¥89,000・パンツ¥36,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ニット¥26,000/ジャンポールノット 青山店(ジャンポールノット) 靴¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店(ネブローニ) バッグ\140,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ザンケッティ)【 17 】ベージュジャケット×ハイネックブラウスコーデ「だんだん上司っぷりが板についてきたなー!」と、先輩上司の剛に冷やかされつつ、合同で担当する新規クライアントのもとへ挨拶に。こんな日は迷わずセットアップ一択。インに着たチョコブラウンのハイネックブラウスで、印象をきりっと引き締めて。 [麗子]ジャケット¥89,000・パンツ¥36,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ピアス¥9,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) 靴¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店(ネブローニ) バッグ¥21,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(アンドレア カルドネ) メガネ¥38,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) [剛]スーツ¥130,000/ザ ソブリンハウス(ソブリン) シャツ¥23,000(ボリエッロ)・タイ¥13,000(ジョンコンフォート)/ビームス ハウス 丸の内 バッグ¥66,000/フェリージ 青山店(フェリージ) 靴¥55,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) ポケットチーフ/スタイリスト私物▶好感度の高い「ベージュのジャケット」を着回し! 秋の“きちんとキレイな通勤コーデ”【 18 】キャメルのテーラードジャケット×ワンピースコーデワンピースに黒ジャケットだとフォーマル感が強めになりがちですが、キャメルだとほどよく抜け感のある着こなしに。クラシカルな印象の強いキャメルとヴィンテージ風ワンピースは相性抜群。まんまレトロにならないよう、華奢なサンダルやリングハンドルのバッグで今っぽさを足して。 ジャケット¥58,000/アングローバル(イレーヴ) ワンピース¥32,000/フリークスストア 渋谷(クリスティー ダウン) バッグ¥49,000(メゾン ボネ)・サンダル¥72,000(ミッシェル ヴィヴィアン)/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店 ピアス¥47,000/エストネーション(アリギェーリ) バングル¥38,000・リング¥34,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)【 19 】キャメルのテーラードジャケット×タイトスカートコーデタイトスカートでコンサバに。お堅い印象になりすぎずほどよく女らしさが出せるのもキャメルのいいところ。スカート以外は同系色で品よくまとめ、優しげに。 ジャケット¥58,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥29,000/スローン スカート¥26,000/ebure ストール¥9,500/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(ムーン) イヤリング¥11,000/アルアバイル(ドミニク・ドゥネーヴ・パリス) バッグ¥154,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ブレスレット¥13,500/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(フィリップ オーディベール) パンプス¥31,000/ハイブリッジ  インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)【 20 】キャメルのテーラードジャケット×デニムパンツコーデデニムでカジュアルに。もちろんカジュアルの格上げにも。キャメルのレトロ感が今風のスパイスに。デニム&ジャケットの定番コーデも、色がキャメルになるだけでこんなに新鮮!デニムは濃い色できれいめを意識して。 ジャケット¥58,000/アングローバル(イレーヴ) カットソー¥8,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) デニムパンツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) メガネ¥34,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) バッグ¥56,000/ショールーム セッション(OAD NEW YORK)▶「キャメルのテーラードジャケット」が一枚あったら、どんなシーンも今っぽいムードに決まる【 21 】ジャケット×ハイゲージのVネックニットコーデベーシックなVニットで完成する今年らしいジャケットスタイル。ブレンダシンプルらしいトレンドのジャケットスタイルに、すっきり感と女らしさをプラスして。 ニット¥53,000/ドゥロワー 日本橋店(ドゥロワー) ジャケット¥89,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) スカート¥43,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥35,000/オリバーピープルズ東京ギャラリー(オリバーピープルズ) イヤリング¥14,800・バングル¥36,500/セシル・エ・ジャンヌ(セシル・エ・ジャンヌ) 時計¥160,000/シェルマン 青山店(オメガ) バッグ¥140,000/レリタージュ マルティニーク(ザンケッティ) 靴¥68,000/ロンハーマン(プラ ロペス)▶シンプル派のジャケットスタイルは「ハイゲージのVネックニット」で完成する!【 22 】Vカラージャケット×ボウタイ風ブラウスコーデ一日中ジャケットを着る必要のある日は、ストレスフリーな着心地がマスト!このノーカラージャケットは、ほどよく肉厚なストレッチ素材を使用し、きれいなシルエットをキープしつつ着心地はしなやか。シワにもなりにくいので、長時間座りっぱなしの日も夕方まで清潔な印象を保つことができる。インにはボウタイ風ブラウスを合わせ、女性らしい柔らかな華やかさをプラス。 ジャケット¥23,000/エムセブンデイズ ハイパーストレッチレギンスパンツ¥13,000/SHOP Marisol(エムセブンデイズ)▶プレゼンや会食、仕事帰りに予定がある日などさまざまなシチュエーションにフィット!M7daysのお仕事スタイル【 23 】ジャケット×リブタートルニットコーデ甘さを絶妙に抑えた、好感度の高いジャケットコーデ。フェミニン派らしいジャケットスタイルの決め手となるのが、好感度の高いリブのタートルニット。ネイビーがもつ端正な魅力で、甘すぎない仕上がりを手にして。 ニット¥16,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) ジャケット¥79,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) スカート¥49,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) ネックレス¥135,000/ロンハーマン(サンメイア) バッグ¥169,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)▶冬のフェミニン派の味方は、甘さを引き締めてくれる「リブタートルネックニット」■女らしさを格上げするおすすめジャケット【 1 】セオリーのベーシックジャケットベーシックなネイビーのジャケットは、バスト下で少しシェイプされている。視線が上にくることでバランスアップして見える。 ジャケット¥42,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)【 2 】アルアバイルのノーカラージャケット「腰骨オーバーの長め丈」「深めVのノーカラー」「くびれすぎず、ストレートすぎないライン」という3大条件を満たしたジャケット。キャメルに近いベージュはどんな色とも好相性。 ジャケット¥32,000/アルアバイル【 3 】ザ・スーツ・カンパニーのジャケットただのVではなく、カットワークを施したネックラインでやわらかさが加わったジャケット。ライトグレーのカラーにひとつボタンがポイントになっている。 ジャケット¥16,000/ザ・スーツ・カンパニー 銀座本店(ザ・スーツ・カンパニー)【 4 】ジェーン スミスのストライプ柄ジャケット織り柄でストライプがモダンな雰囲気のジャケット。パネルラインの切り替えが体を立体的にすっきりと見せてくれる。 ジャケット¥52,000/プラージュ 代官山店(ジェーン スミス)▶キャリアを重ねたアラフォー世代のためのジャケット4選 【 5 】エムセブンデイズの正統派ジャケットシルエットの美しい正統派ジャケット。ストレッチが効いた素材で着心地抜群。同素材のパンツとあわせてスーツにしても、ワードローブのアイテムとの相性もいい。パステルカラーの配色裏地もおしゃれ。 ジャケット 各¥21,000/エムセブンデイズ▶春の仕事服は、エムセブンデイズの3アイテムがあればいい!【 6 】ホワイト ザ・スーツカンパニーのジャケットアラウンド管理職ジャケットの絶対条件「腰骨オーバーの長め丈」「深めVのノーカラー」「くびれすぎず、ストレートすぎないライン」を兼ね備えたジャケット。デザインはもちろんシックな色も絶妙。 ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト)▶アラウンド管理職のメインアイテム「ジャケット」の選び方&最旬の着回し4days【 7 】エムセブンデイズのストレッチ素材Vカラージャケットストレッチ素材Vカラージャケット。秋冬の注目トレンドであるブリティッシュチェックを、オフィスでも着やすいようにグレー系のシックなカラートーンで表現。カシュクールデザインだから一枚でも着映え力あり! ストレッチ素材Vカラージャケット¥23,000/エムセブンデイズ▶プレゼンや会食、仕事帰りに予定がある日などさまざまなシチュエーションにフィット!M7daysのお仕事スタイル【 8 】サイベーシックスのベージュジャケットピークドラペルとダブル仕立てという本格志向の形で、ジャケットスタイルを旬の気分に。きめ細かく端正なウール素材が上品リッチ。 ジャケット¥89,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス)▶好感度の高い「ベージュのジャケット」を着回し! 秋の“きちんとキレイな通勤コーデ”【 9 】イレーヴのテーラードジャケット薄手のウール素材。クラシカルなダブルも素敵ですが、一枚買うならシャープで着回しやすいシングルボタンがやっぱりおすすめ。ジャケット¥58,000/アングローバル(イレーヴ)▶「キャメルのテーラードジャケット」が一枚あったら、どんなシーンも今っぽいムードに決まる※商品は販売終了している場合があります▶ジャケット関連記事をもっと見る
  • 甘さの代表色、ピンク。濃淡や配色次第で、お仕事にもカジュアルにも◎Marisol読者の素敵な皆さま こんにちは。 3月号は カバーモデルとして、エビちゃんこと蛯原友里さんが登場! まさに、エビちゃんOLに憧れた20代。 エビちゃん着用アイテムを求めて繰り出す週末が楽しかったなぁ。 今また、Marisolでの活躍を拝見して あの頃と同じ行動しちゃうかも。笑 そんなエビちゃんがアイコンのような 甘いテイストは大好物。 中でも、クローゼットのピンクの割合は高め。 春はオンもオフも沢山着たい! ということで コーディネート。 まずは、淡いピンクのワイドパンツ。 ZARAのシャツは袖にフリルがあって ちょうど良い甘さ。 内勤の日もオフもどちらにも着たいです。ちょっとカッコいいピンクの使い方。 ビビットなピンクが意志力高めに魅せる気がします。 この配色はずいぶんまえからお気に入りですが ひとつ前の記事に書いた スカーフをバッグに巻くだけで、今年顔にリニューアルして嬉しい! 春はコート代わりにジャケットを羽織るのもアリですね。ジャケットコーデで 違うパターン。 淡いピンクブラウスも タイ結びで甘さを抑えるくらいが ちょうど気分。 低身長には縦長効果も期待。 アシンメトリーなリボンが ちょうど良い大人の甘さに抑えてくれて、好きなブラウス。 ペールピンクもアリです。 ZARAのパンツは 裾のレースが、レースでありながら 水玉風で甘すぎないデザインで 使いやすい一本。カジュアルな休日には 白パーカー合わせ。 無印の白パーカーはSサイズを選んでコンパクトに着ています。 スニーカーは10年選手。これはまだ寒い日でもOK 先日の関西美女組新年会でも着ていたコーディネート。 ピンクの柄物もペイズリーや馴染む色を選ぶと着やすい!リップもグロスもピンク率高め! ↓今はまだ寒くて、冬のピンク…♡春が待ち遠しい、 甘さコーデで1weekでした! お読みいただきありがとうございました。美女組No.165 Mariko
  • 大人に効く春のスカーフレッスン♩ヴィンテージスカーフに挑戦してみました。皆さま、Marisol3月号の『大人に効く★スカーフの最新トリセツ』はご覧になりましたか? 華やかなスカーフ使いも、カラートーンを合わせたさりげないスカーフ使いも素敵でしたね。 バブリーに見せないコツは "きっちりバイアス折りにしない"ことがポイントとのこと…。 真面目に折って、せっせとループノット結びをしてきた過去を封印しなければ(笑)。 目指すは小粋なパリジェンヌです。 これを機にスカーフを1枚買い足したのですが 選んだのは80'sヴィンテージのmust de Cartierのもの。mustラインはお値段もお手頃です♡ 思い切って差し色になるカラーを選んでみました。must de Cartier ヴィンテージスカーフ私のような骨格がウェーブタイプの方は、首元が深く開いたトップスが苦手なのでスカーフで首回りをカバーするのもおすすめです。 しかし!今回私がやりたかったのはスカーフでのヘアアレンジ。 ショートヘアですと意外とやりすぎ感が出ないですし、伸びかけの襟足が気になる時のカバーにも◎。 カジュアルなターバン巻きもよし。 片蝶結びにして垂らすもよし。 私は後者でロングヘア気分を味わっています。 このヒラヒラのおかげで、少し女っぷりが増すような気がしてお気に入りなんです。シンプルコーデにヘッドアクセ使いが効きます♡もっと小さいサイズやモノトーンっぽいものがあっても面白いかな? スカーフ探しがまた楽しくなりそうです♡ No.165Marikoさんのスカーフ記事はこちら▶︎▶︎▶︎美女組No.126 好美のブログ
  • デンマーク発のラグジュアリーブランド、ジョージジェンセンが、新作シルバージュエリーコレクション“マーシー”を2019年2月20日(水)に発売する。デザインを手がけたのは、18年間の長きにわたりブランドとコラボレーションしてきたアメリカ出身のジュエリーデザイナ−、ジャクリーヌ・ラバン。 “マーシー”ネックリング〈スターリングシルバー〉¥80,000「人への思いやり」をコンセプトに、両者が”マーシー”をスタートしたのは2003年。3モデルが考案されたものの、当時はコラボレーションが実現せず、ジャクリーヌのプライベートブランドとして発表された。今回、15年以上の歳月を経て、バングルにリング、ペンダント、イヤリング、 ネックリングからなる15モデルが完成。素材はすべてスターリングシルバーだ。 “マーシー”ヒンジバングル〈スターリングシルバー〉¥51,000、イヤリング〈スターリングシルバー〉¥15,000ジャクリーヌが体の自然なシェイプを表現したという流れるような曲線は、ジョージ ジェンセンの彫刻的な北欧デザインと融合。しなやかなフォルムは、身につける人の体に美しく沿う。極めてシンプルでありながら存在感のあるシルバージュエリーは、デイリーユースにぴったり。手持ちのジュエリーとの重ね付けを楽しんで。 ジョージ ジェンセン ジャパンwww.georgjensen.com/ja-jp0120-190-404 text:Mariko Inoue
関連キーワード