オメガがカイア・ガーバーのデザインによる“トレゾア レディス コレクション”の新ストラップを発売

SPUR.JP

オメガが、ブランドアンバサダーであるカイア・ガーバーのデザインによる“トレゾア レディス コレクション”の新ストラップをオメガ ブティック限定で発売した。

オメガのブランドアンバサダーを務めるカイア・ガーバー
オメガのブランドアンバサダーを務めるカイア・ガーバー

 

2017年にオメガのブランドアンバサダーに就任し、2018年にはモデル・オブ・ザ・イヤーに輝いたカイア・ガーバー。名だたるメゾンのウェアに身を包み、ランウェイを歩く姿がおなじみだが、私生活ではストリートスタイルを好むのだとか。そんなカイアがデザインしたストラップは、カモフラージュ柄。ブルーとベージュの2色展開だ。

カモフラージュ柄がブルーとベージュの2色展開で登場
カモフラージュ柄がブルーとベージュの2色展開で登場

 

“トレゾア レディス コレクション”のケースサイズである39mm36mmのどちらのモデルにも合わせられるよう、2 種類の幅が揃う。カジュアルでありながら、“トレゾア レディス コレクション”のモダンな文字盤に上品になじむストラップは、デイリーユースにぴったりだ。

オメガお客様センター
https://www.omegawatches.jp/
03-5952-4400

text:Mariko Inoue

関連記事
  • あれこれ悩まなくていいのがTシャツの魅力ではあるけれど、ちょっと工夫したらコーデの楽しさは倍増! 扱いやすいアイテム だからこそ、着こなしの幅を広げるチャンス♪ 色、素材、シルエットでネオナチュの波に乗る Tシャツだけどスポーツやストリートじゃなくて、ゆるっとナチュラルテイストが新しい! 全身をアースカラーでまとめつつ、天然素材のバッグでナチュラル感をアピール。ゆるいシルエットもネオナチュムードたっぷり。 Tシャツ¥4500/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL)定番ボーダーTはジャケットで大人マリンに 旬のテーラードジャケットはTシャツと相性バツグン。手持ちボーダーをぐっと大人に着てみる。おなじみのマリンルックを大人可愛くシフト。 Tシャツ¥1490/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード(アース ミュージック&エコロジー)ロング&ロングのシルエットで着る ゆるくて長いアイテム同士を組み合わせて、「フツー」から「おしゃれ」へ脱出する。素材のメリハリがポイント。クロシェ編みスカートなら気張らず表情豊かに見せられる。 Tシャツ¥5000/SNIDEL他の画像を見る 1枚目 ジャンスカ¥13000/リー・ジャパン(Lee) ネックレス¥1800/ゴールディ バッグ¥4620/神戸レタス サンダル(スカーフリボンつき)¥6900/RANDA 2枚目 ジャケット¥7500/AG バイ アクアガール デニムパンツ¥18000/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) バッグ¥32000/MIDWEST(MARROW) イヤリング¥1600/ゴールディ サンダル¥28000/ビームス ウィメン 原宿(ファビオ ルスコーニ) 3枚目 スカート¥14500/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) キャスケット¥1500/INGNI ピアス¥12000/TOMORROWLAND(リジー フォーチュネイト) バッグ¥4500/キャセリーニ 白クリアサンダル¥5990/AG バイ アクアガール 4枚目 スカート¥7400/MURUA バッグ¥2583/神戸レタス シングルピアス(各)¥4500/ステラハリウッド サンダル¥6900/RANDA 5枚目 スカート¥6900/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店(ユー バイ スピック&スパン) ソックス¥700/Tabio(靴下屋) バッグ¥2999/SPINNS イヤリング¥2600/ゴールディ サンダル(一部店舗のみで販売)¥2490/GU ▶Tシャツコーデをもっとチェックモデル/新木優子 馬場ふみか 撮影/山本雄生 ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 『ビームス』では、7/26(金)〜7/28(日)に新潟県湯沢町苗場スキー場にて開催される、『FUJI ROCK FESTIVAL'19』のオフィシャルTシャツの予約を受付中です! 毎年フジロックに協賛参加している『ビームス』。今年はどんなTシャツが揃っているのか、さっそく見てみましょう♡2019年のTシャツをデザインするブランドやアーティストは、全部で7組。今年も旬な面々による、旬なデザインばかり! なかでもモアガールにオススメしたいデザインを手掛けるアーティストに注目し、厳選してご紹介します☆(左2枚)MA1LL 各¥4000 (右2枚)Yoon Hyup 各¥4000まずは、イラストレーター・デザイナーのMA1LL(マイル/画像左)。ポップなカラーとシンプルに描かれたデザインは、普段使いもしなくちゃもったいないほどおしゃれ度高し! いっぽう韓国人アーティストのYoon Hyup(ユーン・ヒョプ/画像右)は、ストリートでのペインティングからスタートしただけあり、まるでひと筆書きのように描いているのがポイント☆(左)たなかみさき ¥4000 (右)SESAME STREET 各¥4000レトロでセクシーなイラストで大人気の、たなかみさきデザイン(画像左)もラインアップ! 言わずと知れたセサミストリート(画像右)は、老若男女に愛されるおなじみのキュートさ♡現在『ビームス』のオンラインショップで予約を受付中! 6/17(月)からは店舗でも購入できます。もちろんフジロックの会場でも販売されますよー! 心に決めたデザインが見つかったなら、今すぐ予約が正解です◎▶︎▶︎『ビームス』公式サイトはこちら
  • カジュアルもオフィスも、白の力を借りて爽やかに5パターン☆Marisol6月号よりこんにちは。 5月から早くも夏日ですね! Marisol6月号は 内容の濃いコンテンツばかりで また勉強させてもらってます☆ メインテーマの「白の力」を読んで 最近仲間入りしたアイテムたちでコーディネートしてみました。 …〜……〜……〜……〜まずはプリーツスカートで、白春先にかなり使ったアイテムで ちょっと心が離れていたところを ドラマ「私、定時で帰ります。」に出演中の 吉高由里子さんが、プリーツスカートを履かれていて 素敵だなぁ~と思って また再燃♡ (ドラマ、ご覧になってる方もきっと多いですよね。  働き方について、とても考えさせられます。) …〜……〜……〜……〜コットンレースで、白ZARAで見つけた、コットンレースのトップスは 丈が短くて、 ハイウエストのボトムスとの相性◎ ミントグリーンと合わせたり バギーデニムと合わせたり…etc 甘いテイストも、 プライベートで楽しみたくて購入しました。 小柄なので、目線の位置を高く スタイルアップできるのもポイント高いですね。 …〜……〜……〜……〜シャツで、白以前のブログでも書いた 金ボタンがお気に入りの ゆるっとした白シャツ。 ニットワンピの上に羽織ってきるのが お気に入りです。 …〜……〜……〜……〜ジャケットで、白Jacket:Le.coeur blanc Setup:SENSE OF PLACE by U.R Shoes:モードエジャコモ夏のお仕事コーデを、爽やかにまとめてくれる 白ジャケット。 色で涼しげ効果を狙って…! (ジャケットって着てると暑いけど…) …〜……〜……〜……〜 白はやっぱり王道カラーなので 数年愛用のものもたくさんありますが 最近仲間入りしたものをご紹介させていただきました! お読みいただきありがとうございました^^美女組No.165 Marikoのブログ
  • アジサイをモチーフにしたショーメの“オルタンシア”コレクション エデンに新作ウォッチが仲間入り。ステンレススティールタイプに、新たなストラップモデルが登場した。 “オルタンシア”エデン ウォッチ〈SS、ダイヤモンド、クォーツ〉¥570,000 ※2019年6月1日発売ミラネーゼメッシュブレスレットタイプには、ビビッドなレッドやグリーンのダイアルを採用したウォッチが加わった。鮮やかなカラーが目を惹くモデルは、夏に身につけたいところ。また、ホワイトダイアルにブラックサテンストラップを合わせたモデルと、ブラックダイアルにブラックパテントカーフストラップを合わせたモデルもラインナップ。モノトーンカラーの上でダイヤモンドが上品な輝きを放つ、シックなリストウォッチだ。 “オルタンシア”エデン ウォッチ〈PG、ダイヤモンド、クォーツ〉¥3,130,000ピンクゴールドモデルには、ミラーダイアルとメッシュブレスレットが美しいジュエリーウォッチが新登場。さらにダイアルとブレスレットにダイヤモンドをちりばめたハイジュエリーウォッチは、贅沢な輝きで手元をきらびやかに演出してくれる。 ショーメhttp://www.chaumet.jp/03-5635-7057 text:Mariko Inoue
  • 南フランス生まれのスキンケアブランド、Avène(アベンヌ)の2019年ブランドアンバサダーに女優・真野恵里菜さんが就任。本日5月23日(木)に時事通信ホールで行われた就任発表会の模様をいち早くお届けします。“肌にいいミネラルバランス”をもつアベンヌ温泉水を含んだアベンヌシリーズは、敏感肌の方をはじめ、すべての肌タイプで使えるスキンケアシリーズ。昨年は年間売り上げ280万本を超え、発売33年を経過してもなお成長を続けている。ブランドを代表する、アベンヌ温泉水100%のスプレータイプの化粧水「アベンヌ ウォーター」ほか多彩な製品ラインナップ「10年以上前に、仕事の現場でヘアメイクさんに教えてもらって購入したのがアベンヌとの出会い。以来、プライベートでも愛用していて本当に大好きなブランドです」と笑顔で語る真野さん。自身の肌悩みについては「10代の頃からニキビや乾燥肌、季節の変わり目でのゆらぎなど、肌の悩みが尽きなかったけど、アベンヌのスキンケアに出会えて本当によかった」と一言。結婚後に移住したスペインでの生活について聞かれると、「海外での生活には憧れと不安、両方あったけれど、いまは楽しめています。大人になって毎日こんなに学べる機会があるのはすごく楽しい。充実しています」。また、日々のスキンケアについては、「やりすぎちゃいけないんだな、とアベンヌのWeb CM撮影で改めて実感しました。いまは気楽にスキンケアできています。最近のお気に入りは、お風呂上がりにアベンヌ ウォーターを浸透させたパックをした後に、ミルキージェルを塗る贅沢使い」と語ってくれました。真野さんが実際にアベンヌ村を訪れ、研究所や工場、テルマリズムセンター(温泉治療施設)などを見学。製品のこだわりや、込められた想いを体感したシーンを切り取った最新Web CM「アベンヌ村に行ってみた。」編が公式サイトにて公開中。撮影時のエピソードを聞かれると、「まるでおとぎ話に出てくるような街ですごく可愛くて。途中ネコがいたり、散歩しているおじいちゃんがいたり。街の人びとの笑顔が素敵な、すごく素敵な村でした」と嬉しそうに話しました。▶アベンヌのブランドサイトをチェック 取材・文・撮影/織田真由(MAQUIA ONLINE)
  • フェンディが、新作ウォッチコレクション“フォーエバー フェンディ”を発表した。イタリアのデザインとスイスのクラフツマンシップを融合し、1988年に製造を開始したフェンディ タイムピーシーズ。今回デビューしたのは、ブレスレットのFFロゴが目を惹くアイコニックなリストウォッチだ。 “フォーエバー フェンディ”ウォッチ〈ブラックSS、ダイヤモンド、ブラックマザーオブパール、クォーツ〉¥253,800ブラック×ゴールドのフェンディカラーブロックで、一際目立つFFロゴは、ブランドの伝統をたたえたもの。ダイアルには繊細に輝くブラックマザーオブパールを使用し、ベゼルには64個のダイヤモンドを贅沢にセッティング。きらびやかな洗練された輝きを放ちながら、手首のカーブにしっくりとなじむ。一方、ステンレススチールモデルは、グラデーションが美しい天然石をダイアルに採用。さりげないFFロゴと共に、手元を優雅に彩ってくれる。 フェンディ ジャパンhttps://www.fendi.com/03-3514-6187 text:Mariko Inoue
  • 世界最大のお祭り、リオのカーニバル。一般の観光客でもパレードに参加できることを知り、「パレードが大好きなひとりっPとしては参加しない手はない!」と、2018年、念願かなってパレードに初参加。その魅力にどっぷりハマり、なんと今年もリオへ出かけ2年連続でカーニバルに出場。「一度体験したら、クセになること間違いなし! 毎年参加したい!」とひとりっPが断言するカーニバルの体験ルポから、リオデジャネイロから車で行けるビーチリゾートまで、ブラジルの魅力をひとりっPのInstagramからご紹介。お祭りムード満載のリオデジャネイロへ01 Rio de Janeiro 「BOM DIA Rio de Janeiro 〜〜日本は冬真っ只中の2月、地球の裏側は真夏〜‼️ ブラジル、リオデジャネイロにやってきました〜〜! こちらブラジルでは、昨日からカーニバルが絶賛スタートしていて、街はお祭りムード満載〜〜」(ひとりっP、以下同)7年越しの夢を叶え、リオのカーニバルのパレードに初参加!「【リオのカーニバルでは、パレードに参加もできるんですよ〜〜!】リオのカーニバルって、じつは一般の観光客でもパレードに参加できるのを知っていますか? 7年前に来たときにその事実を突き止めて以来、『次来るときはぜ〜〜っったいに!!参加!!!する〜〜!!』と心に誓っていました。 そして! ついに!! 2018年のカーニバルで7年越しの夢を叶え、参加もしてきました〜〜〜! どういうことかと言うと→ 各サンバチームが自分たちの衣装を販売していて、それを購入&着用すればパレードに参加できるんです〜〜! というわけで、こちら、現地衣装受け取り事務所にてのマイコスチュームとスタッフのみなさん。 サンバパレードへの参加方法&パレードに参加してみたルポについては、発売中の『ひとりっぷ2〜秘境・絶景編〜』をご覧ください~〜~! ← 果たしてひとりっPのコスチュームの全貌は、、、⁉️」"一生に一度はリオのカーニバル" 。まさに世界最大のお祭り!02 Sambodromo 「『今日も世界のどこかでひとりっぷ』でも少し触れましたが、"一生に一度はリオのカーニバル" ← ぜひに!おすすめします‼️ まさに世界最大のお祭り! これを絶景と言わずしてなんと言いましょうか! あまり知られていませんが、リオのカーニバルはじつはコンテスト。1チーム3000〜5000人が優勝目指して専用競技場の700メートルコースをパレードするコンペティションなんですよ〜〜! その迫力たるや! 7年ぶりにやってきましたが、ほんとすごい! 素晴らしいです! もうマジで毎年来たい〜〜〜〜‼️‼️ 故ダイアナ妃の来日パレードも朝6時から並んで見たくらいパレード好きのひとりっP太鼓判。」奇想天外!抱腹絶倒!素っ頓狂な衣装のオンパレード!!「【リオのカーニバルに露出度MAXなおねえさんはほんの少ししかいないのを知っていますか⁉️】リオのカーニバルと言えば、露出度MAXで羽根しょったヴィクシーエンジェルみたいな(というか、たぶんおそらくヴィクシーエンジェルのほうがカーニバルをイメージしているものと思われますが)ぷりっぷりのおねえさんがわんさか!← ってな具合に思っていませんか?? いーえ‼️事実はまったく違うんですよ‼️ 1チーム3000〜5000人の中にソロを張ってる羽根しょったおねえさんは10人いるかいないか。大半の参加者は、世にもキテレツなコスチュームを着用してパレードしているんです‼️‼️ そう、リオのカーニバルはじつは、欽ちゃんの仮装大賞もびっくり! 世界最大の仮装パレードチャンピオンシップなんですよ!! しかも『な、なんじゃこりゃ〜〜』ってな素っ頓狂な衣装のオンパレード!! もうもう面白すぎる! 1チームだいたい20種類くらいの衣装のバリエーションがあり、各衣装ごとに100〜200人がグループとなり、ズンタズンタ!と行進してくるわけですよ! 『ま、ま、まじかーー!!世の中にこんっな楽しいパレードがあったなんてーーー! なんでだれも言ってくれなかったのーー!??』と、7年前初めてリオのカーニバルを観たときに、これぞ世界最大の"百聞は一見に如かず!!!"と、ものすごい衝撃を受け、『絶対また来るーーー!』と誓いました。 念願叶って今回再訪。奇想天外!抱腹絶倒!なリオのカーニバル、一度体験したらクセになりますよ〜〜! しかしなぜ報道ではMAXおねえさんしか出てこないのだろうか?? こんな楽しいのにー! とほんっと毎年不思議です、、、」 View this post on Instagram ひとりっPさん(@hi_trip)がシェアした投稿 - 2018年 2月月25日午前6時50分PST 「百聞は一見に如かず‼️ 世界最大最高の仮装パレード=リオのカーニバルを、動画でどうぞ〜〜〜〜!! ちなみに → 音楽はチームごとのオリジナルソングで、ナマ歌ナマ演奏です(ぜひ音声をオンにしてご覧ください〜) もうコレはナマで体験するしかありませ〜〜〜〜ん!!」ひとりっP、2年続けてリオのカーニバルに参加!「昨年に続き、今年もリオのカーニバルへ!! 当然、観戦だけではなく参戦もいたしました。いや〜〜やっぱりサイコーです!リオのカーニバル! そして!ひとりっPが今年参加したチームViradouro(ヴィラドウロ)は、なんとなんと準優勝だったんですーーー!! 昨年までは2軍で、昨年2軍パレードで優勝→今年1軍に上がってのいきなりの準優勝は、もーー大躍進ですヨ!! と、いうわけで上位6チームだけが参加するチャンピオンズパレードに出場決定‼️‼️‼️ 今夜これからパレードなのですが、ひとりっPも参加してきます。まさか2回もパレードできるとは思ってませんでした。(こちらの写真は優勝チーム、Mangueiraマンゲイラです〜〜)」今年のコスチュームはこれ!「【ひとりっP、今年のコスチュームはこれでした〜〜!】サンバチーム"Viradouro"に参加したキメ手は、こちらのグリーンジャイアントなコスチューム。← アロエかリュウゼツランか、はたまたアーティチョークか!?? 聞いたら、自然界と人間をつなぐ妖精と言われました← 森の木陰でドンジャラほいか〜〜‼️‼️‼️」ひとりっPが今年参加したチームは、なんと準優勝! 上位6チームだけが参加するチャンピオンズパレードにも出場「いや〜〜、チャンピオンズパレード@リオのカーニバル、素晴らしい体験でした〜〜! 午前3時すぎのスタートでしたが、会場は満席! 下位チームからスタートのため、5番手が準優勝、ラストが優勝チームとなっていて、当然といえば当然なのですが、でも感動! 写真はゴール直後にすかさずひとりっPが激写いたしました!(参加者のパレード中の撮影は禁止されています) ラストの山車はフェニックス‼️ トップにいるのは、チームキャプテン?かと思ったら、carnavalescoと呼ばれるカーニバルの山車や衣装すべてをデザインするデザイナー! チームの成績はこのカルナバレスコにかかっていると言っても過言ではないんですね。彼(Paulo Barros氏←超有名カルナバレスコだそう)が"gratidão(感謝します)"と書かれた幕をかざすたびに会場大歓声! 最後はパウロ氏も感極まって泣いていました←ひとりっPももらい泣き。Viradouro、来年は優勝だ〜〜!!(手前の森の化身!?軍団のコスチュームにもご注目〜〜」 View this post on Instagram ひとりっPさん(@hi_trip)がシェアした投稿 - 2019年 3月月16日午前3時54分PDT 「【ご注意!音声あります!←でもぜひonにして聴いてみてください〜〜】VIVA‼️CARNAVAL〜! キャー! 3000〜5000人がサンバのリズム(生演奏です!)にのってズンタズンタとやって来る〜〜! そしておわかりでしょうか!? 動画2本目はこの日のラストチーム。なわけですっかり夜が明けて、朝日を浴びながらのパレードになってるんです〜〜。時計を見たら6時を過ぎてました! もーサイコーですリオのカーニバル!」レブロン海岸 03 Lebron 「夕暮れ間近のレブロン海岸。リオデジャネイロってやっばりドラマチックシティだなあ〜〜と。2枚目は、突如始まったブロッコ(ストリートカーニバル)。近寄っていってみたら、かなり小規模でしたが、みんなの盛り上がりっぷりはなかなか&やはりのカオス状態(用心して近くでは撮影せず=カメラは見せない)」コパカバーナのローカルなカフェにて04 Copacabana, Rio De Janeiro 「コパカバーナのローカルなカフェにて。リオデジャネイロではCaféと注文すると、ほぼエスプレッソが出てきます。(たいてい、エスプレッソでいい?と聞き返されますが)」ブラジルといえば、アサイー!!「ブラジルといえば、アサイー!! 滞在中は、1日1アサイーです!」とにかくダイナミックなリオデジャネイロ05 Armação Dos Búzios, Rio De Janeiro, Brazil 「リオからバスで1時間も走ってないのにこの景色! やっぱりブラジルってほんと大っきいなあ〜〜。ちなみにここもリオデジャネイロ州です。リオデジャネイロ州はブラジルの州としてはかなり小さいのに十分デカくてとにかくダイナミックなんですよね〜〜さすがアマゾンを抱える国!!」リオから車で3時間ほどのビーチリゾートBuziosへ「カーニバル本選からチャンピオンズパレードまでを過ごしたのは、リオから車で3時間ほどのビーチリゾートBuzios。3泊4日のショートトリップにでかけてみました〜!!」 Buziosの中でもいちばん美しいと言われている、ジョアン・フェルナンデスビーチ 06 Praia João Fernandes 「Buziosは、小さな半島一帯にあるリゾート地で、いくつものビーチがあります。こちらは、中でもいちばん美しいと言われているジョアン・フェルナンデスビーチ。たしかに、水もわりとクリア!! そしてこのビーチ、なんと満潮時(画像2枚目)にはほとんど砂浜がなくなります。が、みんな意に介さずビーチチェアに座ってのんびりしてるんですよね〜〜」【番外編】ブラジルでひとりっPが即買いしたものブラジルではリゾートアイテムをバイイングすべし! 「南米各国の中でもダントツにファッションが楽しいブラジル。中でもリゾートアイテムはさすがの充実っぷりなんですよ〜〜! あれこれ物色した中で、今回バイイングしたのは水着。イエローのパイナップル柄は日本でもおなじみのブラジルブランド"オスクレン"で発見! パイナップル柄マニアなので、同じシリーズのTシャツも買ってしまいました。 ブルー柄に珊瑚のチャームがかわいすぎて即買いしたのは、ブラジルの水着ブランド"Salinas"のもの。キュートな水着が多いマイフェイバリットブランドです。リオの大きなモールには必ずお店があるので、見つけるとついついパトロールしちゃうんですよね〜〜」 もっと詳しく見たい方はひとりっPのInstagramをチェック!>> 紹介したアドレスはこちら! 南米の記事一覧を見る> 香港の記事一覧を見る> ハワイの記事一覧を見る>タヒチの記事一覧を見る>北米の記事一覧を見る>台湾の記事一覧を見る>日本の記事一覧を見る>アジアその他の記事一覧を見る>中東の記事一覧を見る>アフリカの記事一覧を見る>オセアニアの記事一覧を見る>ロンドンの記事一覧を見る> >>ひとりっぷ® TOPはこちら  
  • 今月の彼氏。 鈴木仁 毎号、素敵な俳優さんが登場し、彼女気分が味わえると大好評の連載『今月の彼氏』。今回の彼氏は、映画やドラマなどさまざまな話題作に出演する俳優であり、メンズノンノモデルとしても活躍する鈴木仁さん。二人っきりのボートデートを楽しむ等身大の姿は本誌でチェック! non-no Webでは、ボートとあわせて釣り堀ではしゃぐさわやかな彼の未掲載カットとともに、スペシャルインタビューを紹介!他の画像を見る今回、彼女と公園でボートに乗って二人だけの優しい時間を過ごす…という憧れのデートシチュエーションを楽しんでくれた鈴木仁さん。「二人でゆったりした時間を共有したくて」と語る彼に、ボートに乗るまでのデートプランを妄想してもらった。「普段のデートなら、お昼前に会ってまずランチ。そこから『どこ行こうか』なんて話し合って目的地を決める…とかいいなぁ」と優しくはにかむ。特別な日は朝からテーマパーク! …というのももちろんありだけど、かしこまらずに一緒に街歩きするのが好きなんだって。――  理想のデートは? 「ショッピングに行きたい。僕は服が好きで、メンズだけじゃなくユニセックスや、シルエットが好みであればレディスも着るから、相手に選んでほしいなって。そして僕も相手の服を選びたい(笑)。もし彼女が、どちらか迷っている服やアクセサリーがあったら、諦めた方を僕がプレゼントしてあげます。」 ――  タイプの女の子って趣味が近い子? 「センスが近かったり、僕が好きなものに興味を持って接してくれたりする人だと、気になっちゃうと思います。僕も受け入れるだけじゃなく相手の話や趣味を聞きたいから、思ったことを素直に話せて共有できるような…強いて言うなら対等にいられる人が好きってことかな!」 ――  デートで女の子にしてもらったらうれしいことは? 「ん〜、特になくて服装も普段通りでいいんですよね…。でも、いつもと変わらない服装なんだけど、髪型やメイクを少しだけ変えてくれていたらうれしい! 例えば、リップの色がいつもより華やかだったり…細かい部分だけど(笑)。それを見たら「今日のためにやってくれたのかな!?」って心の中ですごく喜ぶ。恥ずかしいから顔に出して喜べないけど…(笑)。」 ――  鈴木さんはデートでいつもと違うことしたい? 「普段はヘアスタイルをセットしないので、きちんと整えて行きます!(笑) あと、身だしなみのひとつとして、つけてるかわからないくらいの香りの香水をつけます。香りはフーロラル系やウッディ系が好み。」やわらかい雰囲気をまといながら、自分をしっかり持っている鈴木さんはすごく男らしくて好印象! そんな彼は、5月24日公開の映画『小さな恋のうた』で、音楽と友情に真摯に向き合う高校生、新里大輝役をさわやかに演じている。   物語は、沖縄を拠点に活動するバンド、MONGOL800の国民的代表曲『小さな恋のうた』をベースに、高校生バンドの絆と恋と別れを描く感動の青春ドラマ。鈴木さん演じる大輝は、主人公の真栄城亮多(佐野勇斗)がヴォーカルを務めるバンドの仲間だ。  ――  鈴木さんと役柄に何か共通点はあった? 「大輝がバンドメンバーと対立するシーンがあるのですが、友達思いでありながら、自分の考えも伝えるという性格に共感しました。仲のいい関係に甘えるだけじゃなくて、自分の判断もしっかり大切にしていて。」 ――  演じる上で意識したことは? 「MONGOL800のヴォーカルのキヨサクさんから「(大輝が)いちばんバンドマンらしい」と言っていただいたんです。「困難にぶつかった時に自分で考え判断して、自分なりに音楽を愛する方向に進んで行く姿は、芯を持っているバンドマンだ」と。その気持ちや感情をうまく表現できるように現場に臨んでいました。」 ――  今作で初挑戦した楽器のベースは楽しく弾けた? 「実は僕、音楽が苦手で…。だけど、いざ共演者の佐野(勇人)くん、森永(悠希)くん、(眞栄田)郷敦、(山田)杏奈ちゃんと練習を重ねていくうちに楽しくなっていって。弾くのは難しかったけど、映画の中で演奏した3曲(『小さな恋のうた』『あなたに』『DON’T WORRY BE HAPPY』)はそらで歌いながら弾けます! バンドシーンは、演技もありつつ、その部分もたくさん出ていました。練習中にできた仲間の絆や雰囲気がスクリーンに表れていると思います。」 ――  non-no読者に見てほしいところは? 「この映画は音楽が繋げる友情や恋の物語です。口に出す言葉以外にも劇中に流れる音楽や亮多が歌う歌詞、演奏中のアイコンタクトといった表情など、みなさんに伝わる部分がたくさんあると思います。そこに込められたさまざまな思いを感じてもらえたらうれしいです!」 ●鈴木仁  すずきじん 1999年7月22日生まれ、東京都出身。2016年にメンズノンノモデルとしてデビュー、現在は俳優としても活躍。最近は『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』や『3年A組-今から皆さん は、人質です』といった話題作に出演し、注目を集める。5月24日公開の映画『小さな恋のうた』が待機中。 映画『小さな恋のうた』 沖縄の小さな町に暮らす主人公、真栄城亮多を中心としたバンドは、不慮の事故により行く先を見失ってしまう。彼らを前に進めたのは、一曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女だった── ●5月24日より全国公開シャツ¥38800/レインメーカー シューズ¥72000/パラブーツ 青山店(パラブーツ) その他/スタイリスト私物撮影/田形千紘 ヘア&メイク/牧野裕大(vierge) スタイリスト/田村和之 取材&原文/力石恒元 web構成/篠有紀 web編成/吉川樹生
関連キーワード

RECOMMEND