オンラインで買える注目デザイナー案内。モードの中心はアジアです

SPUR.JP

アジアンデザイナーの勢いが止まらない! チェックしておきたいレーベルをピックアップ

※€1=約129円、$1=約113円、£1=約144円です(2018年12月4日現在)。

brand : ROKH

country : UK
URL : www.r-o-k-h.com
Instagram : @rokhofficial

セントラル・セント・マーチンズを卒業後、セリーヌなどで経験を積んできた韓国出身のRok Hwangが手がけるブランド。2018年LVMHプライズで特別賞を受賞した。ビッグシルエットのコートは大きな袖の折り返し、斜めに並んだボタン使いなど、ベーシックなようでいて細部に趣向が凝らされたデザイン。大人の女性にこそ似合う、モダニティが特徴。

コート€1,080・デニムドレス€816(rokh) 靴/スタイリスト私物 ※NET-A-PORTER(www.net-a-porter.com)、MYTHERESA(www.mytheresa.com)、SSENSE(www.ssense.com)などで取り扱いあり

brand : OVELIA TRANSTOTO

country : INDONESIA
URL : www.oveliatranstoto.com
Instagram : @oveliatranstoto

セントラル・セント・マーチンズを卒業後、2016年に自身のブランドをスタート。ドーバー ストリート マーケットなどでも取り扱いのある注目株。素材使い、シルエットなどに新時代のフェミニニティを感じさせる。ネイビーのサテン地で仕立てたドレスは、ふわりと広がるカッティングと、ウエストのホールデザインがアクセント。

ワンピース£905(Ovelia Transtoto) 靴/スタイリスト私物 ※SSENSE(www.ssense.com)などで取り扱いあり

brand : JONATHAN LIANG

country : MALAYSIA
URL : www.jonathan-liang.com
Instagram : @jonathanlianglive

マレーシア出身のジョナサン・リアンが2014年にブランドを開始。プリントやレースなど、独特のファブリック使いに定評がある。花々をつなぎ合わせた華やかなレースドレスはアシンメトリーな裾のカッティングも目を引く一着。ユニクロとコラボレーションしてTシャツなどを発表したことも。

ワンピース$610(Jonathan Liang) ※Lane Crawford(www.lanecrawford.com)などで取り扱いあり

brand : BOYY

country : THAILAND
URL : www.boyybag.com
Instagram : @boyyboutique

大きなバックル使いが特徴的なアクセサリーブランド。上質なレザーを使用したバッグは、コレクションスナップなどでも多数キャッチされている。Jesse DorseyとWannasiri Kongmanが2006年にNYでブランドを立ち上げ、その後バンコクやコペンハーゲンなど、ワールドワイドに活動中。

バッグ〈H18.5×W23.5×D14〉€1,055(BOYY) ※Moda Operandi(www.modaoperandi.com)、NET-A-PORTER(www.net-a-porter.com)、Louisa Via Roma(www.luisaviaroma.com)などで取り扱いあり

brand : BOTH

country : FRANCE
URL : www.both.com
Instagram : @bothparis

2017年春夏シーズンに初めてのコレクションをローンチ。レザーやキャンバスにラバーを組み合わせたスニーカーがアイコニックなフットウェアブランド。主に男性の間で人気を誇ってきたが、今シーズンはスウィートなパステルピンク×白などもリリース。

スニーカー¥49,000(both) ※HBX(hbx.com)、Matchesfashion.com(www.matchesfashion.com)、Opening Ceremony(www.openingceremony.com)、ANTONIOLI(www.antonioli.eu)などで取り扱いあり

brand : YUUL YIE

country : SOUTH KOREA
URL : www.yuulyieshop.com
Instagram : @yuulyie_official

Sunyuul Yieが2010年にスタートさせた韓国のシューズブランド。フェミニンなムードの中に、カッティングや装飾、独創的なヒールのデザインなどでスパイスを加えて。サテンのバックストラップパンプスは、フロントのパールつきモチーフと黒のストラップがさりげないアクセント。手の届きやすいプライスレンジもうれしい。日本のセレクトショップでもいくつか取り扱いがあるが、オフィシャルサイトが豊富。

パンプス〈ヒール8㎝〉$310(Yuul Yie) ソックス/スタイリスト私物

brand : THE VOLON

country : SOUTH KOREA
URL : www.thevolon.com
Instagram : @thevolon

Eujung Jangが2013年に立ち上げたレーベル。NYでデザイナーとして活動していた彼女が作るのは、まるでそのものがジュエリーのような装飾性の高いバッグ。ブランドの定番でもある巾着型のミニバッグは、ベルベットとフェザー、ゴールドチェーンの組み合わせがクラシック。

バッグ〈H16×W14×D14〉$850(the VOLON) ※NET-A-PORTER(www.net-a-porter.com)、Shopbop(www.shopbop.com)、Coggles(www.coggles.com)などで取り扱いあり

brand : GROVE SEOUL

country : SOUTH KOREA
URL : www.grovestore.com
Instagram : @grovestore

ソウルのセレクトショップが手がけるオリジナルレーベル。デイリーに着られるデザインとこなれた価格帯が魅力。

ジャケット¥35,000・Tシャツ¥8,000・スカート¥14,000(GROVE SEOUL) アシンメトリーピアス¥11,000/アイクエスト ショールーム(baebae) ※一部商品のみUNITED ARROWS(https://store.united-arrows.jp)で取り扱いあり

brand : ANDERSSON BELL

country : KOREA
URL : en.anderssonbell.com
Instagram : @anderssonbell

ストリートテイストあふれるフーディやスウェットが男女問わず支持されている韓国ブランド。新作はチェックのボウタイブラウスにエコレザーのスカートでクリーンなムードに。

ブラウス¥17,000・スカート¥19,000(Andersson Bell) 靴/スタイリスト私物

brand : I-AM-CHEN

country : CHINA
URL : www.i-am-chen.com
Instagram : @i_am_chen_official

香港出身のZhi Chenがスタートさせたニットウェアブランド。さまざまな色や素材を組み合わせた、テクニカルなデザインが特徴。インターナショナル・ウールマーク・プライズのセミファイナルにも選出された。

カーディガン$430(i-am-chen) ※Lane Crawford(www.lanecrawford.com)などで取り扱いあり

brand : SEIVSON

region : TAIWAN
URL : www.seivson.com
Instagram : @seivson.official

台湾人デザイナーTzuchin Shenと韓国出身でセレブリティとしても人気のSong Mi-jinが2018年春夏シーズンから開始。女子ふたりの好きなものを詰め込んだ遊び心のあるデザインが人気。ビッグショルダーのシャツにはスタッズが飾られて。

シャツ¥13,640(Seivson)

brand : XIAO LI

country : UK
URL : www.xiaoli.co.uk
Instagram : @xiaoli_studio

香港出身のデザイナーが2015年ロンドンでスタート。2019年春夏で公式ランウェイデビューを果たした。

ブラウス£265(Xiao Li) ※Farfetch(www.farfetch.com/jp)、Lane Crawford(www.lanecrawford.com)、H.Lorenzo(www.hlorenzo.com)などで取り扱いあり

brand : JAMIE WEI HUANG

country : UK
URL : www.jamieweihuang.com
Instagram : @jamieweihuang

セントラル・セント・マーチンズ卒業の台湾人デザイナーが2013年に始めたレーベル。スポーツやストリートをほどよくミックスした、軽やかなスタイルが特徴。デニムのロングスカートはウエストを折り返してルーズにもはける。

スカート£235(JAMIE WEI HUANG)

SOURCE:SPUR 2019年2月号連載「モードの中心はアジアです」
photography: Takeshi Takagi 〈SIGNO〉 styling: Maiko Kimura hair: Takayuki Shibata 〈SIGNO〉 make-up: fusako 〈ota office〉 model: Levi cooperation: Yu Masui

関連記事
  • 日に日に気温が上がり、地域によっては30度超えなんて日も! 平均気温25度前後のこれからの時季、30代女子にとって悩ましいのはオフィスや電車などで冷房が効きすぎることですよね。とくに1日過ごすオフィスが“冷房が強くて寒い…”なんてことになると悲劇。そんなときにあると安心なのが、さっと羽織ってサマになるジャケットやカーディガン。もちろん、今っぽさをちゃんと出せる旬のデザインを集めました!  ※記事発信時点での情報のため、アイテムの販売が終了している場合があります。<目次> 1.オフィスに最適、できる女感が盛れる!ジャケットコーデ 2.さっと羽織って今っぽい、バリエ豊富なカーディガンコーデ1.オフィスに最適、できる女感が盛れる!ジャケットコーデ着こなしにお仕事感を添えてくれるネイビーのダブルテーラードはオフィスのマストアイテム。ブルーのスカートと同系色でまとめればトラッドなジャケットも今っぽく。冷房が気になったら袖を通さず肩掛けするだけで対策になる。ジャケット¥16000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) →元記事はこちらから>ライトベージュのジャケットは通勤時はもちろん、休日のデニムスタイルにも合わせやすい万能アイテム。合わせるインナーやボトムの色を選ばないので一着持っておくと、オフィスではもちろん、休日のカフェやデパートでも活躍。ジャケット¥79000/アパルトモン 青山店(カルメイヤー)  →元記事はこちらから>遠目には無地に見える細かいチェックのベージュジャケット。カフスを折り返してブラウンがのぞくデザインも着こなしのしゃれ感アップに一役。ちょっぴりゆるめのシルエットは袖を通さず肩に羽織るだけでも素敵。ジャケット¥26000/ユナイテッド トウキョウ 新丸ビル店 →元記事はこちらから> 一気に今年の気分にさせてくれるドットワンピース。レストランやデパートなど休日のお出かけ先でも冷房は気になるもの。ベージュのきれいめジャケットを持っておけばどんな場所でも対応。ジャケット¥79000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(カバナ) →元記事はこちらから>チャーミングな白Tとチェック柄フレアスカートのコンビには、コーデをきれいめにまとめるネイビージャケットがお似合い。白のボタンがアクセントになって、着こなしにマリンな風を運んでくれる。ジャケット¥59000/エッセン.ロートレアモン →元記事はこちらから>きちんと感を底上げしてくれるリネン混ジャケット。さらっとした着心地の一着はオフィス内でも外出先でも、いつだって快適さをキープ。ジャケット¥23149/バナナ・リパブリック →元記事はこちらから>凜とした濃グレージャケットは大柄チェックワンピに肩羽織りするだけで大人の余裕を感じさせるコーデに。休日はもちろん、オフィスでも活躍させて。ジャケット¥58000/ジャーナル スタンダード 表参道(テラ) →元記事はこちらから>シナモンベージュのジャケットはコーデにきちんと感を添えるのはもちろん、大人の可愛げも引き出せる色。冷房の効いたオフィス内だってほんのり甘くまとめたい。そんな人にはこんな色をおすすめ! ジャケット¥36000/トゥモローランド(バッカ) →元記事はこちらから>これから時季、デパートやスーパーでも冷房がしっかり効いているからお買い物時にも羽織りものを忘れずに。できる女感を添えられるダブルボタンのジャケット。ジャケット¥36000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) →元記事はこちらから>肌なじみのいいライトブラウンと、さらっと羽織れる軽素材が今から真夏まで活躍を保証。ダブルジャケットの持つマニッシュな表情を生かしつつ、色と素材で抜け感を出して。オーバーサイズだから、袖をまくって少し着くずして着るのも素敵。ジャケット¥48000/オーラリー →元記事はこちらから>ステッチとポケットでジャケットのまじめさをほどよく引き算。すっきりしたフォルムと無造作なウエストマークは着やせ効果も! 柔らかな着心地で仕事も効率よく進みそう! ジャケット¥34000/トゥモローランド(トゥモローランド コレクション) →元記事はこちらから>クリーンなホワイトが映えるほどよい光沢と、肌ざわりのいい質感がこれからの季節にぴったり。シンプルでコンパクトな丈感は、オフィス内でさっと肩掛けしてもバランスよく見える黄金のシルエット。ジャケット¥22000/ケティ →元記事はこちらから>端正なネイビーのジャケットで小花柄ワンピースを引き締め、ちょうどいい甘さを帯びた大人の通勤服に昇格。ジャケット¥29000/アクアガール丸の内(アクアガール) →元記事はこちらから> 茶系リネンジャケットがキュートなドットがワンピースを年相応のきれいに導いて。旬のテラコッタはオフィスでも映える色。ワンピース¥46000/エフユーエヌ(フォンデル) ジャケット¥45000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィムガゼット) →元記事はこちらから>どんなインナーとも相性がよく、ジャケット特有のお堅いムードをやわらげてくれる優秀なカラーレス。モノトーンでまとめた日も、クリーンな白が女性らしさを出しつつ、見た目の涼しさも演出。ジャケット¥15000/プラステ →元記事はこちらから>きちんと感もある一重のノーカラージャケット。気軽に羽織れるアイテムだから、カーディガン感覚でオフィスに常備しておきたい。ジャケット¥19000/インディヴィ →元記事はこちらから>2.さっと羽織って今っぽい、バリエ豊富なカーディガンコーデ足首まで届くロング丈で冷房対策は万全に。存在感のある丈だから主張しすぎない濃いめのベージュが賢い選択。ストライプのワンピーと合わせればすらりと縦長効果を狙えてスタイルアップに。カーディガン¥39000/ブランドニュース(ハクジ) →元記事はこちらから>定番のカーディガンこそ、今季トレンドの薄手ロング丈に更新を。オフィスコーデにマッチする上品ネイビーが万能。カーディガン¥24000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) →元記事はこちらから>ヒップまですっぽりカバーするロング丈。ボタンがついていないデザインだからどんなアイテムと重ね着をしてもスマート。さらりとした質感が肌に心地いい。カーディガン¥21000/リエス →元記事はこちらから>やわらかなパステルイエローで顔まで華やぐ。冷房対策兼、差し色効果も狙えるきれい色カーディガンも持っておきたい。カーディガン¥7990/プラステ →元記事はこちらから>淡いクリーム色のカーディガンをさっと羽織れば、着る人の表情まで優しげに。ボタンをとめてグッドガールな着こなし。カーディガン¥13000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) →元記事はこちらから>女らしさが際立つリブカーディガン。鮮やかなピンクも印象的。カジュアルなボーダートップスもベリー色もカーディガンを合わせて可愛げな印象にシフト。カーディガン¥19000/インターリブ(サクラ) →元記事はこちらから>淡グレーのロングカーデ。さらりと心地よい肌ざわりと、UPF15のUVカット機能だから、オフィスでの羽織りとしてはもちろん、紫外線が気になるこれからの通勤に最適。カーディガン¥2990/ユニクロ →元記事はこちらから>編み目の詰まったハイゲージなら、ロング丈でも上品。肌ざわりのいいコットン100%。共布ベルトつきでアレンジも自在。カーディガン¥24000/デミルクス ビームス 新宿(バトナー) →元記事はこちらから>リネンとコットンがベースのさらっとした着心地が今の時季にぴったり。濃ブラウン&ボリュームのある長め丈でも、軽やかに着こなせるのがいい。Tシャツとデニムでラフにお出かけする日も1枚持っておくと温度調節に役立つ。カーディガン¥18000/ルーニィ →元記事はこちらから>
  • しまむらでふと見つけた黒のノースリブニット 夏物はどうしても汗で何度も洗濯するので、プチプラブランドに頼っちゃいます しまむらのニットは、1900円だったような…今季のものですサイドにスリットが入っているので、ロングのニットタイトスカートとも相性抜群です♡アクセサリーは、ルディヴァンのものです 華奢なターコイズネックレスは中々ないので、とっても重宝していますトップス:しまむら スカート:WhimGazette サンダル:NEBULONI バッグ:自由区 アクセサリー:ルディヴァンInstagram やっています☆スーパーバイラーズ 菊地実李のブログ
  • 手抜き感の出やすい休日コーデは、今流行のハイテク系スニーカーを合わせると一気にしゃれ感が出るんです。スニーカーの色をTシャツなどとなじませてワントーンにまとめるのがコツ。休日コーデを大人っぽくしてくれるハイテク系スニーカーを厳選しました。クリーム寄りのアッパーの白スニーカー。ボリューミーなソールも淡色の日のスタイルアップに効果的。靴¥24000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(サブソル)ボリュームのあるフォルムでぐんと今っぽく。ブルーグレーのトーンで統一されているから、大人っぽく履ける。靴¥15000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック)肌なじみのいいピンク~ブラウンの配色スニーカーはさわやかなクリアソール。暖色系でも甘くなりすぎず涼しげに演出。靴¥19000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)軽やかな白ソールを選べば、黒スニーカーも重たく見えずバランス良好。靴¥11000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/石田 綾 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年6月号掲載
  • BAILA6月号、皆さん既にお手に取っているタイミングですよね。 今回の付録はアクセサリーポーチ。 アクセサリーポーチって実は、 華奢なイヤリングの収納に困るのですよね。(本音) ピアス用の穴が開いた場所を使えないので、大きな部屋に入れるしかない。 ↓ 絡まる。壊れる。 イヤリング派の皆さんは分かってくれると思うのですが…。 職業柄、多くのアクセサリーを持ち歩く私はいつも困るのです。今回の付録ポーチにはファスナー付きポケットが付いているので、 これでほぼクリアしてくれるのがまず嬉しいところ。 こういう細やかな配慮、付録なのにと驚きます。 更に収納力アップを狙って一工夫してみました。見覚えありませんか?使うのはこれ。 アクセサリーを購入した時に箱に入っている、スポンジのアレです。 これにカッターで切り込みを増やして、華奢イヤリング達をぎゅうぎゅう。 すると冒頭の写真のように、スッキリ! けどこれが出来るのも、ファスナー付きポケットがあるから。 もしこれが無いと、 蓋裏に仕舞った大振りイヤリング達とぶつかってしまう ↓ 絡まる、壊れる。 このコースですから。 こんなに量持ち歩かないよ!と思われたなら…ごめんなさい。笑 instagram/ @nishijima_madokainstagramにも写真あげてます。 お洋服、美味しいもの、お仕事のこと。スーパーバイラーズ 西島まどかのブログ
  • 買わなきゃ損!高見え【神ノースリーブT】は着回し力無限大!こんにちは(^-^) ともみゆです! いつもご覧いただきありがとうございます。 最近見つけたユニクロの名品。 マーセライズコットンT(ノースリーブ) 1,000円+税 左からナチュラル、ホワイト、グレー ちなみに商品名のマーセライズとは綿にシルクのような光沢をだす加工をしたもの。 別名シルケット加工というそうです。 この加工のおかげで生地に上品な光沢があり高見えします。 着てみた画像がこちら。 グレーのSサイズを着ています。 生地にツヤ感があるのが伝わりますでしょうか? 袖が肩に少しかかるので肩や二の腕がほっそり見えます。着用画像、正面から。 スカートもユニクロ。 リネンコットンロングスカート 2,990円 ベージュ ずっと狙っていたので限定価格になった時に購入しました。トップスとボトムを合わせただけのワンツーコーデですが高見えしませんか?シンプルこそ最強です! そこにサークルかごバッグなどのトレンドアイテムを一点投入すれば一気に旬コーデに。他の画像を見る おまけのネイル 先週ネイルチェンジに行ってきました。 最近はもっぱらシンプルなワンカラー。 今季はベージュやブラウン系の服が多いので合わせやすいようにオレンジブラウンにクリアを混ぜた色を作ってもらいました。 私の爪にのせるとピンクっぽく発色してしまいましたが実際はもう少しブラウンよりです。肌がきれいに見える上品な色でお気に入りです。 オフィスネイルとしてもいいですね。 本日も最後までご覧くださりありがとうございました(^-^)美女組No.163 tomomiyuのブログ
  • いよいよ気温も30度近く。 『暑い!!』と感じるようになってきましたね。 まだまだ暑くなる日本の夏。 速乾性に優れ、肌ばなれしてくれてさらさらした素材が気持ちいい『リネン』は暑い夏にぴったり。 SHOP Marisolがおすすめする『今年着たいリネンアイテム』をご紹介します♪♪   \色もシルエットも大人な1枚/ M7days/【徳原文子さんコラボ】リネンスカート/¥16,000+税 リネン100%の流れるようなラインが美しいマキシスカートは、Marisol本誌でも大活躍中のスタイリスト徳原文子さんとコラボした1枚。 マキシスカート好きの徳原さんがこだわったのは、 ・床に付きそうなくらいの長め丈(が今年っぽい!) ・ウエスト部分がふわふわせず、すっきりきられるシルエット ・コーデのポイントになる鮮やかカラー の3点。 発売以来大人気で、現在ブルーは予約受付中です。ピンクも夏らしく、白Tなどに合わせたら抜群に大人かわいい徳原さんおすすめカラー。 配色の裏地もついているので、コレ1枚で着用OK。 夏の暑い日にTシャツとフラットサンダルで合わせたい1枚です。       \着かた色々!万能ワンピ/ GALLARDAGALANTE/2WAYリネン羽織ワンピース/¥25,500+税 羽織としても活躍する、ノーカラーのロングシャツワンピース。 リネンのナチュラルな雰囲気がありつつ、レーヨンの柔らかさから出るドレープ感が上品な印象。リネン100%よりちょっときれいめに仕上がります。 デザインは、ドルマンスリーブでアームホールがゆったりしており、ほどよい抜け感に。 バックボタンのデザインはスリットのディテールの生み出し、ニュアンスを出すことができます。 そのまますとんとしたシルエットで着るだけでなく、共布のベルトでウエストマークしたりと着こなしの幅が広がる1着。 羽織として、すとんとしたワンピとして、きゅっとメリハリが効いたきれいめワンピとして。 1枚あるとお値段以上の活躍をしてくれるはず。 在庫僅かなので、お早めにチェックしてください♪         \ばさっと感が今年らしい/ ADAM ET ROPE’ /リネンツイルロングワンピース/¥16,800+税 ばさっと1枚で完結する、初夏から活躍するリネンのワンピース。 膨らみのあるソフトなタッチの、洗いざらし風のワッシャー加工を施したリネン素材を使用しているのでナチュラル感がすてきです。 シンプルなデザインだからこそ素材感やシルエットが引き立つ存在感のあるアイテム。すっきりとしたVネック開きで、広がりすぎないフレアのAラインシルエットで涼しく上品に見せてくれます。アクセサリーやシューズで雰囲気を変え気分に合わせた着こなしを楽しんで◎ 展開カラーは、ブラックと明るいベージュ。 あつーい夏の朝、コーディネートなんて考えたくない!!という方におすすめのリネンワンピースです。       いかがでしたか?? これから買うなら着心地がよくて、今年っぽくなれる、涼し気なワンピースがおすすめ。 SHOP Marisolでは、明日5/27(月)13:59まで、送料無料キャンペーンを実施中! 是非このチャンスにすてきなお買い物、してください♪    
  • ナイキが、サカイとのコラボレーションによるスニーカーを2モデル発表。発売中の「LDワッフル」に続き、「ブレーザー Mid」を5月30日(木)より発売する。これらのアイテムには、サカイのデザイナー・阿部千登勢の「異なる要素を組み合わせることで、想像を超える新しいデザインを生む」というハイブリッド精神が取り入れられている。 スニーカー「LDワッフル」¥17,000/ナイキラボ(ナイキ×サカイ)両モデルとも、ナイキのロゴである「スウッシュ」とシュータンを二重にしたデザインや、レトロカラーをミックスした色合いがポイント。さらに2種類のシューズシルエットを融合し、長く伸ばしたミッドソールが特徴となっている。ナイキ×サカイならではの斬新なデザインは、周囲の視線を集めること間違いなしだ。 スニーカー「ブレーザー Mid」¥15,000/ナイキラボ(ナイキ×サカイ)シュータンの裏などに配されたロゴも、ナイキとサカイのロゴが重なったデザインとなっている。これらのアイテムはNIKELAB MA5、SNKRS、ドーバー ストリート マーケット 銀座およびサカイ 青山店にて展開。争奪戦必至のコラボレーションスニーカーをぜひ手に入れて! スニーカー「ブレーザー Mid」¥15,000/ナイキラボ(ナイキ×サカイ)ナイキ カスタマーサービスNIKE.COM/NIKELAB0120-645-377 text: Fuyuko Tsuji ⇩「ナイキ×サカイ」の「LDワッフル」「ブレーザー Mid」をチェック!
  • 日々暑い日がつづきますが、夜はやっぱり涼しい五月。気温変動が激しい日のファッションは風通しのいいシャツで。なんでもないデニムと白シャツ。シャツはプラージュで数年前に購入した物。そしてデニムは香港土産で友人からのプレゼント。この下にはヨガウェアをきていてレッスンに行く直前。バングルは鎌倉SLOWというかばん屋さんに置いてあったアフリカン彫刻ジュエリー。鎌倉駅から徒歩10分ぐらいの下馬交差点にあるカフェ併設のステキなお店でした。 そしてもう一つシンプルなものはネイル。最近はベージュ系ばかりで細いフレンチにしてもらってます。ご近所ネイリスト、元美女組のゆきのちゃんのセンスに任せてます。 ベージュって意外と肌色をくすんで見せてしまう色合いもあるのですが、カラーコーデをお勉強しているゆきのさんが調合してくれる色合いはさすがです。 ドカンと5月からパンチのある暑さ。皆さまもご自愛くださいね!美女組No.95はづきのブログ
関連キーワード

RECOMMEND