これぞアップサイクル! 刈り込んだ愛犬のふわっふわのヘアで、とっておきのアイテムを作る

SPUR.JP

ロンドンの友人、マルコ・マティジックが犬とヒトの間でお揃いが楽しめる小物のライン「モンタギュ・マティジック」(Montagu Matysik)を発表しました。マルコはスタイリスト、ビューティ&サステイナビリティのジャーナリスト、イラストレーター、そして小物デザイナーと言うマルチ・アーチスト。彼のビジネス・パートナー、ジョルジーナ・モンタギュは日本に住んだこともある、アートや建築畑のジャーナリスト。首輪、リードからバッグに渡るコレクションの素材は、なんと刈り込んだプードルの毛です!

ことの発端は、ジョルジーナが実家の箪笥の奥深くに眠っていたウールの残反を見つけたことでした。実はこれ、1930年代に彼女の曽祖母のネリー・イオニデスが、プードルの毛で織らせた生地。ネリーは当時、言わば犬のボーディング・スクール「ヴァルカン」を主宰していて、大型犬種“スタンダード・プードル”を育成する他、トリマーや飼育係の教育にも当たっていました。プードルといえばモコモコしたヘアカットを連想しますが、これはビューティ・コンテストのためではありません。元来猟犬だったプードルには、撃ち落とされた鴨を水に飛び込んで取ってくるという役目があったため、これは泳ぎやすさと水の中での保温性重視で考案されたカットだとか。プードルの毛は柔らかく、キメが細かく、丈夫。犬の血行や毛のクオリティのためにも、定期的なカットは必須です。そこで溜まる一方のヘアを捨てるのではなく素材として利用しよう、と今でいうサステイナブル的な発想から生まれたのが、プードル・ウールでした。ネリーはプードル・ヘアで作ったツイードで、サヴィル・ロウにてスーツやコートを仕立てさせていたそう。こんな話に感動したジョルジーナは、職人を探してこの素材を蘇らせ、マルコにデザインを託したのです。

「モンタギュ・マティジック」によるさらに特別なコンセプトは、持ち込まれた愛犬の毛で織った生地で製品を作る、ビースポーク・サービス。犬好きの私は、せっかく治療した犬猫ヘアのアレルギーがぶり返さないよう、透かし模様のロケットに愛犬の毛を入れて肌身離さずつけていたことがありました。それとはちょっと違いますが、愛犬の毛を纏えるなんて、驚きです。我が家のスウィーティは残念ながら短毛ですが。ちなみに「モンタギュ・マティジック」売り上げの10%は、病気を抱えている人を嗅ぎ分ける犬を訓練するMedical Detection Dogsに寄付。私たちと犬のコラボレーションには、いろいろな形があるんですね。

 Text: Minako Norimatsu

スタンダード・プードル特有のスタイルは、頻繁なケアとカットが必要。トリミングで出た毛の束が、プードル・ウールの発想の原点となった。(ネリー・イオニデスのアルバムより)

「ヴァルカン」はトリマーと飼育係のための学校でもあった。(ネリー・イオニデスのアルバムより)

「モンタギュ・マティジック」コレクションより、プードル・ウールで編んだフォト・フレーム。写真の女性が「ヴァルカン」のファウンダー、ネリー・イオニデス。

「モンタギュ・マティジック」ファウンダーの二人はもちろん、大の動物好き。右がMarko Matysik、左がGeorgina Montagu

「モンタギュ・マティジック」コレクションより、プードル・ウールで編んだバッグ860£。ブランドのサイトのe-shopでオーダー可。

「モンタギュ・マティジック」より、プードル・ウールのフエルトを使ったリード&首輪のセット380£。ブランドのサイトのe-shopで。

「モンタギュ・マティジック」より、プードル・ウールのフェルトを使ったベルト290£。愛犬のリード&首輪とマッチング・ルックも可。ブランドのサイトのe-shopで。

「モンタギュ・マティジック」より、プードル・ウールで編んだクラフト感の高いスマートフォンケース360£。ブランドのサイトのe-shopで。

既に顧客多し。「モンタギュ・マティジック」の小物を愛用する犬たち。

「モンタギュ・マティジック」のローンチング・パーティでは、ゲストの犬たちにMorelli’s Gelato特製の犬用ジェラートがふるまわれた。

関連記事
  • しばらくお休みしていて、久しぶりにつけたら「やっぱり可愛い♥」となること、ありますよね。服もそうですが、特にジュエリー。 私にとってはMARIA BLACK(マリア ブラック)のイヤーカフ。超私的事情ですが、半年前にロングヘアをボブに切って以来毎日髪をおろしていたので耳が隠れてしまい、大ぶりなピアスばかりが活躍。ところが最近また髪がのびたので結ぶように→耳が出現→そうだ、イヤーカフでもしよう、となったわけです。 こちらは不思議な造形ですが、しっかり耳の縁にとどまってくれ、装着は簡単でしかも落っこちない。「トレンドかもしれないけどイヤーカフはエッジィすぎる」と思う方にこそおすすめしたいんです。華奢でダイヤモンド使いにも嫌みがない。上品な輝きと存在感なので、冒頭のように♥マークつきで賞賛したくなるようなときめきを覚えます。 重ね付けにも威力を発揮。地金はイエローゴールドですが、ダイヤモンドの部分だけ色が切り替わっているので、ゴールド、シルバーとどのジュエリーと組み合わせてもなじみます。私は写真のTASAKIのパールピアスとの3点セットが定番です。個人的にヴィンテージが好きで、ワンピースやレトロなニットのスタイルが多いので、全身「タイムトンネルから這い出てきた女」にならないよう心がけていますが、そんなときこのトリニティがきく。脱線しますがこれ、実はケイト・スペードの新しいデザイナーであるニコラ・グラスさんに(勝手に)感化されたんです。ニコラさんのスイートなドレスにツーブロックのヘアやハードなジュエリーをあわせる、「顔回りだけエッジィ」の法則が有効だな、と。フェミニン派、レトロ派の皆さんも試してみてください! 本題に戻りますが、ご紹介したカフに加え、MARIA BLACKには上品さとモード感を両立したジュエリーが豊富なのでぜひチェックしてみて下さい。ファインゴールドやダイヤモンドを使用したラインに加え、カジュアルで求めやすい価格帯のラインナップもありますよ。
  • 今季のトレンドであるスカーフ。 BAILA2月号では様々なスカーフの巻き方をご紹介しています。 前回、通勤コーデにぴったりなスカーフコーデをご紹介しましたが、 今回は休日にぴったりなスカーフコーデをご紹介します。【スカーフコーデ】通勤にもOK!スカーフコーデアレンジ私は、休日でネイルサロンやマツエクなど個人的な用事がある時は、スキニージーンズにタートルネックというラフなコーディネートをする事が多いです。 スキニージーンズにタートルネックだけでは、何となく物足りないなという時に合わせているのが「スカーフ」。スカーフをウエストベルトのように使っています。 この結び方は、BAILA2月号でも紹介されているのですが、スカーフをベルト代わりにすることで、ウエスト部分におしゃれなアクセントをプラスしてくれます!いかがでしたでしょうか? とっても簡単なのに、いつものコーディネートに彩りをプラスしてくれるスカーフベルト。 ぜひトライしてみてください!▶︎ instagramはコチラスーパーバイラーズ 石本愛衣のブログ
  • コートやジャケットの下に斜め掛けできる、ミニサイズのクロスボディバッグやショルダーバッグ、ベルトのようにつけられるウエストバッグなどの爆発的大ヒットに比例して、コンパクトサイズの【ミニ財布&コインケース】が売れています。今回は、シャネルやルイ・ヴィトン、グッチ、プラダなどの13の人気ハイブランドから届いた、2019年新作の【ミニ財布&コインケース】24点を厳選してご紹介します。おしゃれ運と一緒に金運も引き寄せて!画像スライド【ハイブランドの新作ミニ財布&コインケース】24をチェック※画像をタップすると詳細記事へジャンプします。「シャネル」のミニ財布(イエロー) 可憐で小柄な見た目に反し、カード収納や小銭入れも完備したタフな逸品。ラッキーイエローが幸運を呼び込みそう。財布(9.3×10.6×3)¥85000/シャネル「シャネル」のミニ財布(ピンク) 先のイエローと同機能。ピンク色がキュートに映える。財布(9.3×10.6×3)¥85000/シャネル「シャネル」のミニ財布(ホワイト) 財布の背面に小銭入れが設置され開閉せずともコインの出し入れが可能。フレッシュなホワイトで気持ちを新たに。財布(7.5×12×2.5)¥88000/シャネル 「シャネル」のミニ財布(ブルーグリーン) 先のホワイトと同機能。グレインレザーの風合いが表情に深みを持たせる。財布(7.5×12×2.5)¥88000/シャネル「グッチ」のオーストリッチ製ミニ財布 オーストリッチの風合いあるレザーとパステルカラーが極上の遊び心を見せる。財布(8.5×11×3)¥148000/グッチ ジャパン(グッチ)「グッチ」の日本限定カラーミニ財布 日本限定カラーでデイリーに特別感を味わって。財布(8.5×11×3)¥51000/グッチ ジャパン(グッチ)「ルイ・ヴィトン」の“キャットグラム”コインケース ファッションエディターのグレース・コディントンが手がけたキュートなイラストを、ブランドのアイコン“モノグラム”と組み合わせたその名も“キャットグラム”のコインケース。(9.5×10.5×2)¥77000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)「ディオール」のミニ財布&コインケース (上)カード、小銭、お札と小柄ながらすべて収納可能。財布(8.5×11×3)¥61000・(下)人気復活のサドル型&オブリーク柄。コインケース(8×12)¥36500/クリスチャン ディオール(ディオール)「サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ」のミニ財布 パテントレザーが手もとでセンシュアルに輝く。財布(10×12×3)¥79000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)「サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ」のミニ財布 ロゴとステッチでクリーンな白をひとひねり。財布(7×9.5×3)¥50000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)「フェンディ」“バッグバグズ”のミニ財布 人気の“バッグバグズ”が財布にも登場。財布(7.5×9.5×3)¥63000/フェンディ ジャパン(フェンディ)「フェンディ」のミニ財布 マイクロスタッズのきらめきがアクセントに。財布(7.5×9.5×3)¥54000/フェンディ ジャパン(フェンディ)「ジバンシィ」のミニ財布 シックなカラーのボディを開けると中は鮮やかな赤が広がる。財布(7×9.5×2)¥42000/ジバンシィ表参道店(ジバンシィ)「ジバンシィ」の薄財布 カードスロットとフラットポケットからなる、薄型な作り。黒の世界に小面積で取り入れたグレーとゴールドが映える。財布(9×13×2)¥65000/ジバンシィ表参道店(ジバンシィ)「ジバンシィ」の薄財布 キルティングで可愛げをプラス。中にはジップポケットもあり。財布(9×13×2)¥73000/ジバンシィ表参道店(ジバンシィ)「ステラ マッカートニー」のミニ財布&キーケース (左)フラップを開けるとカードやレシート用のコンパートメントが出現。財布(7×10×3.5)¥48000・(左)中にキーリングを3つ設置。キーケース(7×10×2.5)¥32000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)「クロエ」のミニ財布 表はダブルフラップ、お札の収納スペースも2カ所設けるなど、サイズ感以上の収納力。財布(10.5×12×3.5)¥55000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)「クロエ」のミニ財布 可愛い見た目に反し、傷にも強い、三つ折り財布。財布(6.4×9.5)¥42000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)「サルヴァトーレ フェラガモ」のミニ財布 スタッズと鮮やかなカラーが今までにはなかった二つ折りのミニ財布。財布(8.5×11×3.5)各¥55000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ)「マックスマーラ」のミニ財布 ポケットにも収まるミニサイズがうれしい。カードケース兼財布(8×11)¥32000・/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)「ジミー チュウ」のミニ財布 ロゴの下にマイクロスターがキラリ☆ 内側は赤のバイカラー仕様。財布(9.8×11.8×3.5)¥63000/ジミー チュウ「ジミー チュウ」のスタースタッズミニ財布 アイコンのスタースタッズがイエローに映える。財布(7.5×10.5×3.5)¥55000/ジミー チュウ「コーチ」のクリアケースつき財布 身分証用にクリアになったポケットも配置。財布(9×13×3)¥29000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)「コーチ」の二つ折り財布 立体的なティーローズの飾りがポイントに。財布(10×11×2)¥32000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)【合わせて読みたい】働く30代にふさわしい、ハイブランドの新作小物って?※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です
  • 新クリエイティブディレクター ニコラ・グラスによるSpring 2019 コレクション発売記念イベントが東京、大阪、名古屋、神戸で開催される。ケイト・スペード ニューヨークの新クリエイティブディレクター、二コラ・グラスによる初コレクションが発売! それを記念して、東京、大阪、名古屋、神戸のストアでイベントが開催される。二コラ・グラスはブランドの核であるモダンな色使いとオーセンティックなデザインを尊重しつつ、70年代や40年代を感じさせるフェミニンなシルエットや、スペードを象った柄はじめとするユニークなプリント使いで彼女らしいコレクションに仕上げている。 Spring2019コレクションとともに発表されたキャンペーンビジュアルのヒロインは、ジュリア・ガーナ―、サディ・シンク、キキ・レーンの3人を女優達。撮影を担当したのは、ケイト&アンディ・スペード夫妻と幾多のコラボレーションを重ね、ブランドの世界観を知り尽くした写真家 ティム・ウォーカーだ。サラ・ムーンがスタイリングを担当したビジュアルは、二コラ・グラスがブランドコンセプトとして掲げる“optimistic femininity(楽観的な女性らしさ)”を体現するカラフルでフェミニンなもの。 1月25日(金)、26日(土)に銀座店で行われるイベントは、ニコラ ディレクションのストアデザインを体験できるほか、フォトブースやケータリングの提供も。 また、2月9日(土)、10日(日)には丸の内店、心斎橋店、六本木ヒルズ店、恵比寿アトレ店、名古屋ミッドランドスクエア店、神戸店にてドリンクサービスが実施される。 この機会にぜひ新作コレクションをチェックしてみては。 イベントの詳細については、公式サイトをチェック!1/25(金)&1/26(土) 銀座店1 階 2/9(土)&2/10(日) 丸の内店、心斎橋店、六本木ヒルズ店、恵比寿アトレ店、名古屋ミッドランドスクエア店、神戸店
  • 北欧を代表するテーブルウェアブランド、イッタラ。中でも機能美あふれるデザインが人気のティーマシリーズから長尾さんが今回選んだのは、主役になる“プラター”。「すっきりしてシンプルな北欧らしい器。大きめの長方形なので、どんな盛り方をしてもさまになります。サンドイッチやお菓子の盛り合わせにも最適。テーブルの中心に置くだけで、豊かな雰囲気に」。人の集まる機会が増えるこの時季は、前菜のディップやパンを盛るのもおすすめ。「じゃがいものマッシュをベースに数種類の味つけをしてバランスよく盛り、バターナイフなど小さめのナイフを添えると見栄えよく、テーブルが華やぎますよ」 5種のポテトディップ 材料(4〜5人分) じゃがいも(男爵)  6個 塩 少々 オリーブ油 大さじ1 レモン汁 小さじ1 スモークサーモン 4枚 パセリ 1本分 アンチョビ 5枚 パプリカ 1/4個 グリーンオリーブ(種抜き) 6個 ゆずこしょう 小さじ1/2 生たらこ 1腹 クリームチーズ 大さじ1 ゴルゴンゾーラチーズ 30g 無塩バター 15g 黒こしょう・パン・クラッカー・ナッツ 適宜 作り方 ❶ じゃがいもは皮をむいて1個を6等分し、さっと水にさらして、水からやわらかくなるまでゆでる。火を強めて水気を飛ばして火を止める。ゆでたじゃがいもを粗くつぶして、塩とオリーブ油、レモン汁を加えてざっと混ぜて粗熱を取る。 ❷ スモークサーモン、パセリは細かく刻む。 ❸ アンチョビ、パプリカも細かく刻む。 ❹ グリーンオリーブは細かく刻み、ゆずこしょうと合わせる。 ❺ たらこは薄皮を取ってほぐし、クリームチーズと練り合わせる。 ❻ ゴルゴンゾーラは細かくほぐし、バターはさいの目に刻む。 ❼ ①のじゃがいもを5等分してボウルなどの容器に入れ、②〜⑥をそれぞれ混ぜ合わせ、味つけをする。バランスを見ながら器にこんもりと盛ってこしょうを挽きかけ、パンやクラッカー、ナッツを添える。今月のうつわ 洗練されたシルエットで、1952年の発売以来タイムレスな人気を誇るティーマシリーズ。デザイナーはカイ・フランク。(手前)ティーマ プラター〈16×37㎝〉ホワイト¥8,500・(奥)ティーマ プレート〈直径15㎝〉ホワイト 各¥1,600/イッタラ PROFILE ながお ともこ●フードコーディネーター。オンラインストア、SOUPs(https://soup-s.shop)の新作の器を制作中。「2月上旬に、小さめの便利なお皿が完成予定なのでお楽しみに」。新刊『ティーとアペロ』(柴田書店)も好評発売中! http://www.vegemania.com/ SOURCE:SPUR 2019年2月号「長尾智子が語る、うつわと料理 美味しいひと皿、あります」photography:Masahiro Sanbe text:Kaori Okuda >>長尾智子さんのレシピをもっと見る
  • 今が旬のスカーフを、大げさにならず、さらっと上手にアレンジできたら素敵。頑張りすぎないさじ加減が女子会で褒められる、7つのテクニックを中村アンさんとともにご紹介! 下の「スカーフの巻き方講座」で詳しい巻き方を説明しているので、気になるテクを試してみて。 女子会スカーフ7つのアレンジ術ヘアバンド巻き シンプル服が見違える、即効こなれテクニック。顔の近くで印象的にきかせるスカーフは、定番色ベースのグラデーションなど悪目立ちしない色と柄を選びたい。 スカーフ「アニマポリス」(90×90)¥52000・リング¥80000・ブレスレット(手首側から)¥175000・¥146000(すべて予価)/エルメスジャポン(エルメス) ニット¥29000/スローン コート¥65000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(エーピーストゥディオ) バッグ¥47000/イーストランド(マンサー・ガブリエル)90㎝のカレは、ヘアバンドとして巻くのにも最適なサイズ。モダンな柄、そしてブルー系メインの色使いが、ベーシックな着こなしをクリーンに洗練させて見せる。スカーフ「アニマポリス」(90×90)¥52000/エルメスジャポン(エルメス)パレオ巻き スカーフ柄を服で取り入れるスタイルも旬。そんな気分で、たっぷり大判のスカーフをシンプルなワンピースやパンツスタイルにオン。気負わず、腰巻き感覚で楽しもう。 スカーフ(140×140)¥79000・バッグ¥265000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ) ニット¥38000(カトリーヌ ハメル)・パンツ¥46000(コルタナ)/カオス丸の内ショールとしても使える140㎝四方の大判。大きく広げて使うパレオ巻きには、あまりうるさい柄よりも、こんなクラシカルさのある柄をあしらって、品よく仕上げるのがいい。上質なシルクスカーフのなめらかな風合いが、着こなしを格上げしてくれる。そして、実は腰まわりの体型カバーにも有効なアレンジ。スカーフ(140×140)¥79000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ)ベルト巻き ベルト代わりにスカーフを通すだけでほんのりレトロなムードが香る。ボトムと反対色のスカーフをきかせるのが洒脱でキャッチーな着こなしのカギ。 スカーフ(88×88)¥16000/フラッパーズ(マニプリ) ニット(2月入荷予定)¥15000/リエス ジャケット¥79000/サード マガジン(AVN) スカート¥7800/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) バッグ¥36000/コード(ヴァジック) イヤリング¥2000・バングル(上から)¥3400・¥2300・¥3600/ジューシーロック 靴下¥2600/真下商事(パンセレラ) 靴¥59000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) 深みのある赤×ネイビー配色、そして大きめの柄が、どこかヴィンテージライクな雰囲気。カジュアルなデニムスカートも、これ一枚でシックに見違える。スカーフ(88×88)¥16000/フラッパーズ(マニプリ)ヘア編み込み 思わずはっとする、後ろ姿美人なヘアアレンジ。まずは髪色となじむ、ダークトーンのスカーフでトライして。薄手で柔らかい素材が、編み込み向き。 スカーフ(70×70)¥15000/エッセンス オブ アナイ(マンテロ) プルオーバー¥64000/マディソンブルー パンツ¥25000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ピアス(1個)¥38000/ショールーム セッション(ヒロタカ)スカーフ外側のチェック部分がヘアの下からひらりとたれて、鮮度の高いバックスタイルが完成。パープル系カラーにパンツをリンクさせ、色の印象を楽しむコーディネートに。ほのかに透ける軽やかな素材は、編み込むときも扱いやすいはず。スカーフ(70×70)¥15000/エッセンス オブ アナイ(マンテロ)ハイネック巻き 首にきゅっと小さく結んで、シャツやタートルニットの中にしまう端正なスタイル。見える分量が少ないからスカーフは、サイズも柄も小さめを選ぶのがポイント。 スカーフ(53×53)¥7800/フラッパーズ(マニプリ) シャツ¥126000/マディソンブルー ピアス¥4040/ジューシーロック小さく結んで襟の中にしまうのが可愛いハイネック巻きは、50㎝前後の小ぶりスカーフがちょうどいい。そして、大柄だとほとんど見えないので、細かい柄のものを。服の色となじませてもいいし、こんなふうに反対色できかせても、少量なので悪目立ちすることなくチャーミング。ただし、顔に近い位置なので、自分の肌映りを考慮した色選びを意識したい。スカーフ(53×53)¥7800/フラッパーズ(マニプリ)ショルダー結び ストラップとしてスカーフを使うという新発想。バッグと同色をベースにしたスカーフを使えば合わせる服を選ばず、幅広くコーディネートしやすいはず。 スカーフ(88×88)¥16000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥109000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) シャツ¥24000/チェルシーフィルムズ(シンメ) スカート¥36000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) ピアス¥25000・リング¥210000/ステディ スタディ(トムウッド)コロンと愛らしい赤いバッグに、赤ベースのスカーフをショルダー結び。バッグを主役にした着こなしも、一歩先の新鮮さ。ちょうどいちばん上の部分に結び目を作っておくのが、持ちやすさの秘訣。スカーフ(88×88)¥16000/フラッパーズ(マニプリ)シェフ巻き 古くさくなりがちな定番の襟元アレンジは、しゅっとハンサムなシェフ巻きなら失敗なし。大げさに広がらず、スマートに決まるほどよいサイズ選びも大事。 スカーフ(65×65)¥11000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(マニプリ) ニット¥68000・ジャケット¥80000・パンツ¥18000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) バッグ¥54000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース) ピアス(1個)¥19000/ショールーム セッション(マリア ブラック) 靴下¥2700/真下商事(パンセレラ) 靴¥40000/ザ・グランドインク(ロランス) 襟元は、エレガントになりすぎない巻き方が今のルール。縁取りのあるデザインが、シェフ巻きのキリリとした印象を引き立てて。スカーフ(65×65)¥11000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(マニプリ)よく分かる「スカーフの巻き方講座」はこちらをチェック!撮影/白川青史(人)、ケビン・チャン(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/中村アン  取材・原文/東原妙子 ※( )内の数字は(縦×横)で単位は㎝です ※BAILA2019年2月号掲載
  • 毎月、HAPPY PLUS ONE(ハピプラワン)イチオシのアイテムをお届けする【今月のプレゼント】。今回は、人気のスパや話題の展覧会の招待券、自然素材から作る肌に優しいコスメアイテムなど、寒い季節も心がときめくプレゼントを総計33名様にご用意しました。気になるアイテムを見つけて、ぜひ応募して!1.【イニスフリー】オーキッド エンリッチド クリーム(5名様)韓国チェジュ島の自然の恵みから生まれた化粧品ブランド、innisfree(イニスフリー)。エイジングケアの「オーキッド」ラインは、チェジュ島固有の蘭「寒蘭」から抽出された成分を配合し、エイジングサインの気になり始めた肌にアプローチ。乾燥を防いで、ふっくらとしたハリとツヤのある肌へと導いてくれます。 今回、「オーキッド エンリッチド クリーム」50mLを5名様にプレゼント。コラーゲンの生成をサポートすると言われるペプチド(※)を配合したクリームは、伸びの良いクリーミーなテクスチャーが特徴。2018年12月より数量限定で発売中の「オーキッド エイジング ケアセット」にも含まれているこのクリーム、スキンケアの仕上げにぜひ取り入れてみて。 ※(アルギニン/リシン)ポリペプチド(保湿成分)2.【東京ドーム】Spa LaQuaペア入館券(5名様)東京ドームシティ内にあるSpa LaQua(スパ ラクーア)は、“トータルでキレイがかなう”都心のリゾート。ミネラル豊富な100%天然温泉をはじめ、岩盤浴効果が期待できる各種低温サウナ、エステやネイルなどのトリートメントサロン、健康と美容を意識したレストラン&カフェが充実している女子必見のスポットです。 特に、女性浴室には、ミストサウナやフランス伝統のスパ療法・ヴィシーシャワートリートメントなどの設備を完備。アメニティはパリのメゾン・デタイユとPOLAのコラボレーションライン「デタイユ・ラ・メゾン」シリーズで揃えているのも嬉しいポイント。季節イベントも随時開催中です。 今回は、通常大人2850円のSpa LaQua入館券をペアで、5名様にプレゼント。女性に嬉しいコンテンツが盛りだくさんの美のテーマパークを満喫しよう。3.【日本薬健】スーパーフルーツ青汁ダイエットと活性炭×青汁のセット(10名様)無農薬で育てられた国産の大麦若葉を使用した青汁が人気の日本薬健。定番の「金の青汁」シリーズに加え、スーパーフード入り青汁やプロテイン入り青汁など、目指したい体に合わせたラインナップも魅力。2018年9月に発売された純国産活性炭を配合した「活性炭×青汁」は、食物繊維、鉄分などの豊富な栄養素を手軽に摂取できる上、活性炭によるデトックス作用が期待できることでも話題に。 「活性炭×青汁」と、2017年の発売から着実にファンを増やしている「スーパーフルーツ青汁ダイエット」のセットを10名様にプレゼントします。スーパーフルーツ青汁ダイエットは、アサイーやキヌアなど15種類ものスーパーフルーツ&フードを含んだ、美容やダイエットに嬉しいアイテム。野菜不足を感じている女性はぜひ試してみて。他の画像を見る【応募締切】2月21日(木)10:00*ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。text/NAOMI TERAKAWA NARUMI AKIBA
  • ちょいルーズなトップス&コートにきれいな下半身、このギャップが絶妙♡定番オフィスコーデは”ちょっとしたこなれ感”でマンネリ打破できる! ベーシックなニットをゆったり着られるメンズサイズにしたり、品のあるトレンチコートをばさっとはおれる身幅広めのドロップショルダーに新調したり。さらに袖口をレイヤードして上半身に抜け感をプラス。するとホラ、きれい色フレアスカート×美脚パンプスの王道フェミニンにおしゃれなギャップが生まれて♡コート¥18990/イェッカ ヴェッカ 新宿(エディット バイ イェッカ ヴェッカ) ニット〈メンズ〉¥9990/ユニクロ スカート¥17000/ティアラ 靴¥44000(ネブローニ)・ゴールドリング¥12000(シー)/フラッパーズ バッグ¥6400/ランダ イヤリング¥3800(mimi33)・シルバーリング¥1600(アネモネ)/サンポークリエイト バングル¥18500/ガス ビジュー 青山 タイツ¥1200/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) ♡2月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/新田君彦 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/井桁弘恵 スタイリスト/高野麻子
関連キーワード

RECOMMEND