太りにくくて、キレイに痩せるのは、どっち?

SPUR.JP

ストイックに節制しなくても賢い選択でボディの運命は大きく変わる。似ているようで異なる2つのメニューから、キレイ痩せに有効なものを選んで、ダイエットリテラシーをチェック!

Q1:乾杯するなら?
ビール OR シャンパン
Q2:前菜のサラダは?
ポテトサラダ OR マカロニサラダ
Q3:メインの肉料理は?
チキンソテー OR ハンバーグ
Q4:おせち料理をつまむなら?
栗きんとん OR 伊達巻
Q5:主食にするなら?
白米 OR 玄米
Q6:食後のデザートは?
チーズケーキ OR チョコレートケーキ
Q7:和食に合わせるなら?
日本酒 OR レモンサワー
Q8:ジャンクな間食なら?
ポテトチップス OR ポップコーン
Q9:ダラダラ家のみするなら?
白ワイン OR 赤ワイン
Q10:鍋の〆なら?
うどん OR ごはん
関連記事
  • こんばんは☺︎ 本日9/17(火)、ハーゲンダッツから 昨年も大人気❤️だった新作アイスが 登場しています\(^o^)/♬ それがこちら、、華もち『吟撰(ぎんせん)きなこ黒みつ』♡♡!『2015年に登場した「華もち」は、 ハーゲンダッツの濃厚で滑らかな アイスクリームと柔らかなもちが ぜいたくなハーモニーを織り成す アイスクリームデザート』です❤︎!2015年、2017年と好評だった 『華もち「きなこ黒みつ」が、 きなこの種類やブレンド、煎り方に こだわることでさらにおいしく』なって 帰ってきたそうです☺︎❤︎どんな味、、?今回の新作、 吟撰きなこ黒みつは 『深煎りきなこを使用し、より香ばしさを 増した焦がしきなこアイスクリームに、 黒みつソースを混ぜ合わせ』ています。 『その上に柔らかなもちと、黄大豆に 黒大豆をブレンドし浅煎りすることで 濃厚な味わいと華やかな香りを存分に 引き出したきなこを重ね』ています。 『濃厚な味わいのきなこと黒みつが 織り成すぜいたくな和の味わいが楽しめ』る のだとか、、!❤️※公式HPより食べてみました❤️✌️実際に食べてみましたが、 まずカップを開けると 一面にきな粉が、、!✨ また、もっちりとした食感のおもちと 焦がしきなこのアイスクリームを 一緒に食べるとおいしさ倍増♡! 和スイーツ好きのわたしにとっては かなりグッとくる組み合わせです(´^ω^`)笑♡もうひとつ新フレーバーとして出ている ずんだの方も気になります…♬ お値段はどちらも税込¥319と なっています☺︎❤︎ 全国のスーパーやコンビニ、デパートで 売っていますので気になった方は 是非チェックしてみて下さい✨カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ
  • ジルスチュアートのアイコン的なフレグランス、クリスタルブルームシリーズ。最初の香り、クリスタルブルーム オードパルファンの登場は2014年。以降、毎年新作が登場し、今年で5周年となりました。5年の間に発売された香りは、全部で10種類!(ほとんどが限定品なので、今では出会えない香りも多いです。)そして今年、5周年を記念して発売された特別な香りは、こちら❤ジルスチュアート クリスタルブルーム ビーラブドチャーム オードパルファン50mL 7,500円(税抜)/ 30mL 5,500円(税抜)2019年9月6日発売 数量限定クリスタルブルーム5周年、そして10個目のフレグランスを記念した、「この世でもっとも懐かしく愛くるしい香り」。沢山の花が咲き誇る花園を思い起こさせる香りです。優しく香る花の蜜ような甘さも魅力❤トップ・・・プッシュした瞬間に、あれ?なんだかフルーティー!?な香りが飛び込んできます。ペアー(梨)の香りのようです。でもすぐに、スウィートピーやスノードロップ、ゼラニウムといった、透明感のある花々の香りが広がります。ミドル・・・花の蜜の香りを表現した、ジル独自のクリスタルブルーム ネクターアコードが甘く香り、リリーオブザバレー(スズラン)、ローズドメイ(希少なバラ)といった贅沢な花の香りが加わります。すごく可愛い香りで、女子力が10倍くらい上がりそうなイメージ笑ラスト(エンド)・・・クリスタルブルーム共通のチュールアコードに、優しいムスク、どこか懐かしいオスマンサス(金木犀)の香りがほんのりと残り、とても幸せな気持ちに包まれます。クリスタルブルームのシリーズは、毎回可愛いボトルも楽しみですが、ビーラブドチャームは歴代でも一二を争う程の可愛さ!!ピンク!キラキラ!可愛いの爆発!!キャップの上に付いている3つの花、今回は濃いピンク・薄いピンク・クリアの3色のグラデーション❤中央はスワロフスキークリスタルが輝きます。花たちの台座は、これまでずっとシルバーが多かったのですが、今回は柔らかいシャンパンゴールドに。ボトルも、ゴールドからピンクへのグラデーションになっていて、花の蜜を連想させます❤ビーラブドチャーム、の名の通り、特別なチャームが付いているのも特徴。このチャーム、ただの飾りではなく、なんと中のフェルトに香水を染み込ませることで、大好きな香りを持ち運ぶことが出来るんです・・・!ときめく・・・これはときめくわ・・・❤クリスタルブルームシリーズ全10作品の中で、わたしが購入してきたのは、クリスタルブルーム・スノー・ブリスフルブリーズ・サムシングピュアブルー・ビーラブドチャーム、の5種類。今年、5周年記念で限定発売されたミニサイズのキット(クリスタルブルーム オードパルファン セレクション)と同じラインナップで驚きました!わたしの嗅覚すごいかも!?笑可愛いっ❤が止まらない、ビーラブドチャーム。昨日ジルのお店に行ったら、まだありましたが、数量限定の香りでいつの間にか無くなるので・・・気になる方はお早めにチェックを!
  • フィンランドに惚れ込み、ユニット活動のkukkameri(クッカメリ)として2018年にトラベルガイドブックまで出版してしまった私、新谷麻佐子の田園ツーリズム紀行。最終回は前回に続き、エストニアです。サウナ&スイミング、テニス、料理、クラフトなどの体験ができるファームステイ先で見つけた、かわいいものを紹介します。取材・文/新谷麻佐子Profileあらたに・あさこ●イラストレーター&編集者。2009年以降、毎年のようにフィンランドに通い、2014年にムーミンの作者トーベ・ヤンソンが暮らした島「クルーヴハル」に、友人でライターの内山さつきと1週間滞在したのをきっかけに、kukkameri(クッカメリ=フィンランド語で「花の海」の意) を結成。以後、フィンランドの小さな町や四季、暮らしと文化をテーマに取材を続けている。著書に『とっておきのフィンランド』(ダイヤモンド社)がある。http://kukkameri.com自然に囲まれたファームステイで待っていたのは、おいしいごはんとかわいいお部屋今回の旅では特にエストニアで、かわいいものにたくさん出会いました。なかでもこちらのルフトレ・ツーリズム・ファーム http://www.luhtre.ee/ には、素敵なものがぎゅっと詰まっています。畑では、旬のジャガイモやハーブの収穫体験もできました。野菜は全てオーガニック!こちらの宿では、手づくりのフレッシュな野菜を使ったお料理が人気で、ここのごはんを食べたくて泊まりに来る人も多いそう。それもそのはず、女主人のマルイェさん(下の写真)は、首都タリンで28年間暮らし、ケータリングでおいしいごはんを提供してきたため、舌の肥えた都会の人たちが満足する味を知っているのですから!こちらがオーナーのマルイェさん。この日は、ソーセージづくりを教えてくれました!朝ごはんの様子。盛りつけも美しくって見とれてしまいます。朝から、デザートのケーキまでしっかり食べてしまいました! 写真右端のピッチャーの中にちらっと見えるのは、連載第4回でも紹介したカマ。お部屋はこんな感じです。花柄の壁紙がかわいい、カントリー調の空間。聞きそびれてしまったのですが、ベッドカバーのパッチワークはきっとこちらの宿の手づくり!(その理由は、後ほど)ミトンに帽子、あみぐるみ、パッチワークのクッション等、ぜーんぶ、91歳のおばあちゃんの手づくり!母屋のすぐ隣にある、こちらの小さな小屋は、お土産屋さんです!一歩中に入ったら、たくさんのかわいいが詰まっていました。ぬいぐるみなんて、ずっと買っていなかったけど、なんだか久々に買いたくなってしまいました。手のひらサイズなので、本棚や玄関にちょこんと置いてもかわいい。ミトンや帽子など、実用的なものも充実。こちらが、私が買ったミトン。ああ、冬が待ち遠しい!この手袋に合うコートがほしくなってしまうのでした。パッチワークのベッドカバーやバッグも。ここで販売されていたハンドメイドのアイテムは全て、こちらのファームを経営するご家族の91歳(!!)のおばあちゃんがつくったものだそう!帰国後、写真を見ていたら、部屋のベッドカバーもパッチワークだったことを思い出し、「きっと部屋のベッドカバーもおばあちゃんの手づくりに違いない!」と思ったのでした。ここに限らず田園エリアに行くチャンスがあったら、地元のおばあちゃんたちの手編みのミトンは、ぜひチェックして。つくった人から直接購入できるかもしれないですし、観光客で賑わう町中よりずっとお手頃価格だと思います。まるでおしゃれなヴィンテージショップ! ミュージアムに並んだ家族の愛用品お土産屋さんの隣には、小さなミュージアムもありました。洋服、テーブルウェア、レコードなど、およそ100年前からこちらのファームで代々使われてきたものを展示しています。どれもこれもさりげなく並べられているけど、とってもおしゃれ。レース使いが素敵です。展示品なのに買いたくなってしまう!ルフトレ・ツーリズム・ファームは、首都のタリンから車で1時間ほどのところにあります。敷地内には、サウナやプール、テニスコートもあり、また、予約をすればキャンドルづくりや、ガラスペインティングなどクラフト体験もできるので、ここで何日も過ごせそう。ちなみに、ガーデン・ウェディングもできるんですって!全8回に渡ってお届けした、フィンランド、ラトビア、エストニアの田園ツーリズム。いかがでしたか?洗練された都市でお買い物や食事も楽しいけれど、田園エリアでサウナに入ったり、ハイキングをしたり、伝統的な夏至祭を体験したり。これまでヨーロッパに何度も足を運んできたけれど、どれも今まで体験したことのないものばかりでした。今回の連載を通してどれかひとつでも、皆さんが「いつか行ってみたい!」と思う旅のアイディアが見つかったらうれしいです。取材協力:CAITOプロジェクト(田園ツーリズムプロジェクト)https://balticsea.countryholidays.info/フィンエアーhttps://www.finnair.com/jp/jp/
  • フィンランドに惚れ込み、ユニット活動のkukkameri(クッカメリ)として2018年にトラベルガイドブックまで出版してしまった私、新谷麻佐子の田園ツーリズム紀行。最終回は前回に続き、エストニアです。サウナ&スイミング、テニス、料理、クラフトなどの体験ができるファームステイ先で見つけた、かわいいものを紹介します。取材・文/新谷麻佐子Profileあらたに・あさこ●イラストレーター&編集者。2009年以降、毎年のようにフィンランドに通い、2014年にムーミンの作者トーベ・ヤンソンが暮らした島「クルーヴハル」に、友人でライターの内山さつきと1週間滞在したのをきっかけに、kukkameri(クッカメリ=フィンランド語で「花の海」の意) を結成。以後、フィンランドの小さな町や四季、暮らしと文化をテーマに取材を続けている。著書に『とっておきのフィンランド』(ダイヤモンド社)がある。http://kukkameri.com自然に囲まれたファームステイで待っていたのは、おいしいごはんとかわいいお部屋今回の旅では特にエストニアで、かわいいものにたくさん出会いました。なかでもこちらのルフトレ・ツーリズム・ファーム http://www.luhtre.ee/ には、素敵なものがぎゅっと詰まっています。畑では、旬のジャガイモやハーブの収穫体験もできました。野菜は全てオーガニック!こちらの宿では、手づくりのフレッシュな野菜を使ったお料理が人気で、ここのごはんを食べたくて泊まりに来る人も多いそう。それもそのはず、女主人のマルイェさん(下の写真)は、首都タリンで28年間暮らし、ケータリングでおいしいごはんを提供してきたため、舌の肥えた都会の人たちが満足する味を知っているのですから!こちらがオーナーのマルイェさん。この日は、ソーセージづくりを教えてくれました!朝ごはんの様子。盛りつけも美しくって見とれてしまいます。朝から、デザートのケーキまでしっかり食べてしまいました! 写真右端のピッチャーの中にちらっと見えるのは、連載第4回でも紹介したカマ。お部屋はこんな感じです。花柄の壁紙がかわいい、カントリー調の空間。聞きそびれてしまったのですが、ベッドカバーのパッチワークはきっとこちらの宿の手づくり!(その理由は、後ほど)ミトンに帽子、あみぐるみ、パッチワークのクッション等、ぜーんぶ、91歳のおばあちゃんの手づくり!母屋のすぐ隣にある、こちらの小さな小屋は、お土産屋さんです!一歩中に入ったら、たくさんのかわいいが詰まっていました。ぬいぐるみなんて、ずっと買っていなかったけど、なんだか久々に買いたくなってしまいました。手のひらサイズなので、本棚や玄関にちょこんと置いてもかわいい。ミトンや帽子など、実用的なものも充実。こちらが、私が買ったミトン。ああ、冬が待ち遠しい!この手袋に合うコートがほしくなってしまうのでした。パッチワークのベッドカバーやバッグも。ここで販売されていたハンドメイドのアイテムは全て、こちらのファームを経営するご家族の91歳(!!)のおばあちゃんがつくったものだそう!帰国後、写真を見ていたら、部屋のベッドカバーもパッチワークだったことを思い出し、「きっと部屋のベッドカバーもおばあちゃんの手づくりに違いない!」と思ったのでした。ここに限らず田園エリアに行くチャンスがあったら、地元のおばあちゃんたちの手編みのミトンは、ぜひチェックして。つくった人から直接購入できるかもしれないですし、観光客で賑わう町中よりずっとお手頃価格だと思います。まるでおしゃれなヴィンテージショップ! ミュージアムに並んだ家族の愛用品お土産屋さんの隣には、小さなミュージアムもありました。洋服、テーブルウェア、レコードなど、およそ100年前からこちらのファームで代々使われてきたものを展示しています。どれもこれもさりげなく並べられているけど、とってもおしゃれ。レース使いが素敵です。展示品なのに買いたくなってしまう!ルフトレ・ツーリズム・ファームは、首都のタリンから車で1時間ほどのところにあります。敷地内には、サウナやプール、テニスコートもあり、また、予約をすればキャンドルづくりや、ガラスペインティングなどクラフト体験もできるので、ここで何日も過ごせそう。ちなみに、ガーデン・ウェディングもできるんですって!全8回に渡ってお届けした、フィンランド、ラトビア、エストニアの田園ツーリズム。いかがでしたか?洗練された都市でお買い物や食事も楽しいけれど、田園エリアでサウナに入ったり、ハイキングをしたり、伝統的な夏至祭を体験したり。これまでヨーロッパに何度も足を運んできたけれど、どれも今まで体験したことのないものばかりでした。今回の連載を通してどれかひとつでも、皆さんが「いつか行ってみたい!」と思う旅のアイディアが見つかったらうれしいです。取材協力:CAITOプロジェクト(田園ツーリズムプロジェクト)https://balticsea.countryholidays.info/フィンエアーhttps://www.finnair.com/jp/jp/
  • おはようございます。 ライター川口ゆかりです。   だいぶ涼しくなり、いよいよアウトドアシーズン到来!この秋からキャンプデビューする方も多いのではないでしょうか??   今月の連休は2回ともキャンプ(ちなみに10月も11月も週末はキャンプ)12月からはスキーと年末年始まで週末は予定がぎっしり。相変わらず、アクティブな我が家です^ ^ 先週末は友人ら三家族と栃木県那須郡にある「ホリデーキャンプ場」へ。   初めての利用でしたが貸切の温泉施設や釣りができる池があったり、キャンプ場周辺の観光スポットへもアクセス良好と、子連れにはもってこいの場所。スタッフの女性も感じがよくて、なんだか気持ちがよかったなー。都内からは3時間とかなり距離がありますが、また訪れたいキャンプ場です。 二泊三日のキャンプには煮込み料理が適! DIYしたお気に入りのキッチン。ウッドと黒でメンズライクにまとめるのが目標! 今回は二泊三日だったので、初日に牛ほほ肉の赤ワイン煮を早々仕込んで、寝かせる作戦に。作り方はカンタン。スーパーで購入した牛ほほ肉に小麦粉と塩コショウをしてから、たっぷりのお野菜と炒めて、赤ワイン、ヨーグルト、ケチャップ、醤油、野菜出汁でグツグツ煮込むだけ。お鍋は自宅でも使っているストウブのもの。 生クリームをまわしかけて完成!   付け合わせはキャロットラペと地元で採れたクレソンのサラダ。子どもたち用にシチューやステーキ、トウモロコシご飯と、今回も食べ過ぎ注意報でした(笑)。 朝はサクッとカンタンに。 翌朝は久しぶりにバウルーを使ってホットサンドを作ることに。スライスチーズに余っていた鯖缶を挟んでみたら、これが予想外に美味しくて♡なんだか嬉しい発見でした^ ^
  • こんばんは☻ あっという間に三連休最終日、、! 皆さんは満喫できましたか??✨ 私は今日横浜に用事があったので 帰りにずっと気になっていたお店に 寄ってきました\(^o^)/❤︎ それがこちら、、絶品ピザのお店❤️『SPONTINI』です!!!こちらのお店は 横浜駅の地下直結の抜群の立地✨ 「FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA」 内にあります◎ フードコート初出店の、 新業態スタイルで展開しているのだそう。 日本国内には3店舗あり、 横浜の他には 東京(原宿)、福岡にお店があります☻ 私がオーダーしたのはおトク❤️なBセット♬Bセットには、 ◆マルゲリータ(ノルマーレサイズ) ※直径約50cmの8分の1サイズ ◆ソフトドリンク ◆サラダ の3品がついてきます。 こちらの3品で¥850+税という おトクなプライス❤️! ノルマーレサイズが想像していたよりも 意外と大きかったです、、! お昼や夕飯にサクッと食べて帰るのにも 大満足のボリューム…✨ちなみに、、明日はマルゲリータ1ホールが限定価格❤️!マルゲリータの1ホールが 9/17限定で¥1,600+税で 買えるようです\(^o^)/✨ かなりおトクですよね、、!⑅⁺˖- - - - - ⋈ - - - - -˖⁺⑅ こちらのSPONTINI、 また横浜に来た時は是非 寄りたいなぁと思います❤︎! 気になった方は是非 行ってみてくださいね♬カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ
  • 先日いった鎌倉ですが小町通りで散策を楽しみました。 小町通りといえば食べ歩きですが まずはどういうものがあるかみてからにしようということでぶらぶら。 雲母のあんみつを食べ正直お腹が膨れていたので お腹もすいていなかったのですが歩いていると 観光客が手にもっているものやお店の雰囲気などに つられて何かかってみようかという気に笑。まず食べ歩きしたのは、大好きなしらすを使った【しらすまん】夫と半分こ。 やっぱりからしをつけるつけるしらす?ってあるのかなと思っていたけどおいしかったです! そしてこれが唯一の食べ歩きに笑。 またぶらぶらして遅めのランチ。 鎌倉みよしでおうどんと天ぷらを食べました。薬味が食欲をそそります。そしてここでも大好きなしらす丼。 いつもスーパーで買うしらすとは違うような^^奥のてんぷらですが、さつまいもが甘味があっておいしかったー。 ねっとりしてほくほくでした♡ そしてメインのうどんですが写真を撮り忘れました・・・鎌倉まで家から1時間かからないくらいなのでまた行きたいなー♪ もう9月も中旬。 秋の味覚もしっかり楽しみたいと思います!Instagram~週末おうちごはんや結婚式の写真を載せています。よければのぞいてみてください^^モアハピ部 No.366 Yumiのブログ
  • ここ、居酒屋なんです!新宿にこんな可愛い居酒屋を発見しました♡ その名も「best memory フラミンゴ」 入った瞬間、キラキラで可愛い空間が広がってます。席によって違う雰囲気♡店内はそこまで広いわけではないですが、席によって違う雰囲気を楽しめます♡ どこに座ってもテンションが上がるような可愛い席になっていますよ!とにかく・・・映える!か・・・可愛すぎませんか( ;∀;)♡こんな可愛い店内ですが、メニューはばりばりの居酒屋!!カフェのような内観ですが、メニューは居酒屋メニュー。 肉や野菜、アヒージョやリゾットなど女子が喜びそうなものばかりですよ♡今回は記念日コースを♡お友達の誕生日だったので記念日コースで予約しました。 サラダ・チーズ・カルパッチョやリゾットなどのお食事メニューに加え、ケーキとチェキまでセットになったボリューム満点のコースでしたよ♪ クーポンでユッケ寿司もサービスして頂きました!! お祝い事にぴったりです♡ 単品オーダーの場合は、1人につきフードとドリンクそれぞれ2つ頼まないといけないそうですよ! お腹を空かせていくのが◎best memory フラミンゴ 公式サイトインスタでも可愛いカフェ・美味しいお店・話題のスポットなどを発信中です♡marico インスタグラムモアハピ部 No.693 marico のブログ
関連キーワード

RECOMMEND