太りにくくて、キレイに痩せるのは、どっち?

SPUR.JP

ストイックに節制しなくても賢い選択でボディの運命は大きく変わる。似ているようで異なる2つのメニューから、キレイ痩せに有効なものを選んで、ダイエットリテラシーをチェック!

Q1:乾杯するなら?
ビール OR シャンパン
Q2:前菜のサラダは?
ポテトサラダ OR マカロニサラダ
Q3:メインの肉料理は?
チキンソテー OR ハンバーグ
Q4:おせち料理をつまむなら?
栗きんとん OR 伊達巻
Q5:主食にするなら?
白米 OR 玄米
Q6:食後のデザートは?
チーズケーキ OR チョコレートケーキ
Q7:和食に合わせるなら?
日本酒 OR レモンサワー
Q8:ジャンクな間食なら?
ポテトチップス OR ポップコーン
Q9:ダラダラ家のみするなら?
白ワイン OR 赤ワイン
Q10:鍋の〆なら?
うどん OR ごはん
関連記事
  • 下味をつけたサバ缶の作りおきがあると、活用の幅がさらに広がります。今回から3回に分けて作りおきを利用したレシピをご紹介。ハーブの風味でサバ缶がおしゃれに変身。朝食に、おつまみに、大活躍です。作りおき[基本]好みのハーブをブレンドしてもOKサバフレークハーブ風味野菜と炒めたり、サラダにトッピングしたり。どんな食材ともよく合います。冷蔵庫で1週間保存可能。材料(作りやすい量)サバ缶(汁なし)……190gセロリ……1/2本オリーブオイル……小さじ1ミックスドライハーブ……小さじ1塩……小さじ1/4作り方1 サバ缶は汁気をきる。セロリはみじん切りにする。2 フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、セロリを炒める。しんなりしたらサバ缶を加えてほぐれるまで炒める。ドライハーブ、塩を加える。続いて、サバフレークハーブ風味を活用したレシピをご紹介![活用−❶]サバ×トマト×玉ねぎで味も健康効果もアップ!トマトとサバフレークのサラダサバのDHA&EPAとトマトのリコピンが血管と血液を健康に。玉ねぎにも血液サラサラ効果が。材料(2人分)トマト……1個玉ねぎ……1/4個サバフレーク……大さじ3オリーブオイル……大さじ1酢……大さじ1塩……小さじ1/2作り方1 トマトはひと口大に切る。玉ねぎは縦に薄切りにして水にさらし、水気をきる。2 ボウルにオリーブオイル、酢、塩を入れて混ぜ、①を入れてあえる。さらにサバフレークを加えてあえる。次回は作りおきサバフレークハーブ風味で作る「サバフレークオムレツ」をご紹介します。撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子
  • こんにちは、彩希です。 今日は、私が静岡県に来てまもない頃に 連れてきてもらった 【さわやか】のご紹介をします。 以前、桐谷美玲さんもインスタグラムで 「#念願の」とつけて アップしていたハンバーグのお店です^^ げんこつハンバークの炭焼きレストラン さわやか「げんこつハンバークの炭焼きレストラン さわやか」は静岡県内に32店舗展開しているハンバーグ・ステーキレストランです。 静岡の「ソウルフード」とも言えるであろう【さわやか】のハンバーグ。 さわやかは静岡県にしかなく、他府県で食べることはできません。 ネット販売なども行っておらず、店舗オンリーでこちらのハンバーグを楽しむことができます。 ちなみにソースは二種類。 断然、オニオンソースがおすすめですよ。牛肉100%ハンバーグはかなりレアの状態で提供されます^^ 牛肉100%にこだわったハンバーグは肉汁たっぷり。 店員さんがカットした面を鉄板に押し付けて焼いてくれます。 ボリューム満点の250グラム! 食べきるのは大変ですが、、、一番人気です*。 詳しくはHPの動画をご覧ください^^さわやかHP( ´ ▽ ` )˚✧₊⁎とにかく食べてみて…!「レアのハンバーグ…?」と不思議に思う方もいらっしゃると思いますが とにかく、食べればわかります♩ 私は関西出身で、去年までこの味を知りませんでしたが 今では、「さわやかのハンバーグ中毒」気味になっています。笑笑 いつ食べても美味しくて、幸せな気持ちになれます( ´ ▽ ` )県民もさわやかの大ファンなので、、、混みます土日祝はとにかく混みます^^; ランチタイム、ディナータイム問わず、いつも満席…! 店の外まで並んでいることも少なくありません。 平日のランチタイムが比較的混雑していない時間帯です。 店内お店の雰囲気はこのようなウッドでナチュラルな雰囲気。 どの店舗も天井が高く、開放感のある造りになってます^^ ステンドグラスもランプも可愛い〜静岡に来た際はぜひ…!♡一度は食べてみてほしい「さわやか」のハンバーグ。 静岡に来た際には、ぜひ訪れてみてはいかがですか?^^モアハピ部 No.682 彩希 のブログ
  • こんばんは❤︎ 今日の東京は昨日とは打って変わって かなり暑かったですね( ´ ×ω× ` ) 駅から少し歩いただけで 汗がダラダラでした、、(>_
  • 今日は、今月から始まっている 東京ディズニーランドの七夕の楽しみ方について 紹介させていただきます〜♡七夕コーデといえば【浴衣】浴衣ディズニーをする方が多いのは この七夕シーズンです♡ 6月は真夏ほど暑くならないので 浴衣を着るのにぴったりですね〜! いつもと違った写真が撮れますし 七夕の雰囲気をより味わえますね!短冊も書けちゃいます!願い事を短冊に書いて パークの中に結ぶことができます♡ 七夕を味わえて楽しいですね〜!なんといってもメインはこれ!七夕グリーティング七夕ならではのパレードです♡ ディズニーキャラクターがいっぱい 出てくるので、本当におすすめです!! 七夕グリーティングの良さといえば 【キャラクターを近くで見れること!】 だと私は思います♡大きなフロートに乗っていないですし 歩いているキャラクターも多いです! そんなキャラクターが近くまで来てくれる パレードなのです♡七夕グルメも紹介♡【クリーム・シェイブアイス】 (ピーチ&ブルーゼリー) 織姫と彦星をイメージしたアイスだそうです!浴衣にもぴったりです♡【冷やし牛カルビうどん】 こちらは、七夕だけではなく 夏が終わるまで販売しているそうです♡ 暑くなった日にはぴったりのグルメです! ディズニーリゾートの七夕は 7月7日までとなっております♡ 是非七夕ディズニーの雰囲気を 楽しんでみてください! sakuraモアハピ部 No.607 sakura のブログ
  • こんにちは!pippiです♡しばらくブログを更新できていませんでしたが、その間もばっちりコスメは購入していました…笑本日は、その中でも特に気に入ったDiorの限定アイシャドウをご紹介します!Diorトリオ ブリック パレット右:653 コーラル キャンバス左:853 ローズ キャンバス各¥8,316(税込)6/14全国発売の限定アイシャドウパレット。ディオールのアイシャドウと言えば5色入りのサンク クルールのイメージが強いですが、こちらは珍しく3色がセットされています。ディオールのアイコニックなバッグ、「ディオール ブック トート」から着想を得て作られたアイテムだそう!モノトーンのスモーキー キャンバス、ブラウン系のアース キャンバス、オレンジ系のコーラル キャンバス、ローズ系のローズ キャンバスという4色展開。それぞれのパレットには、シマー、グリッター、ベルベットと質感の異なる3色がセットされています。私は華やかな色味に惹かれ、コーラル キャンバスとローズ キャンバスの2色を購入しました。◆コーラル キャンバス公式によると、ピーチコーラルからオレンジのニュアンスのトリオだそうですが、私には一見、一番上のカラーがテラコッタ系のオレンジのように見えました。しかし実際に腕出ししてみると、イメージが少し違いました!一番上はピンク味のあるオレンジ。繊細なパールがとても綺麗!中央はシャンパンゴールドの大粒ラメ。思っていたよりも繊細で上品な輝き!一番下はほんのりパールのダークブラウン。一見マットに見えましたが、実は艶感が綺麗!一番上オレンジをアイホール全体、一番下ブラウンを二重幅狭めに目尻から、まぶた中央に真ん中ゴールドをぽんぽん。アイラインはブラウンで。思ったよりも薄付きで、オレンジが悪目立ちせず腫れぼったくならない!そして真ん中ラメ~~♡♡一気に立体感のある目元に!!オフィスメイクにもいけるくらいナチュラルな仕上がりになりました。ローズ キャンバスは次のページで!→→→◆ローズ キャンバス公式によると、ピンクからフューシャのニュアンスのトリオ。しかし最初に画像で見た時は、一番下のカラーがボルドーに見えました。しかし腕出ししてみると、こちらもイメージとは違った色味でした!笑一番上は繊細なパール感が美しいモーヴ。くすみピンク系で大好物の色味!!中央はピンクの大粒ラメ。意外と薄付きでラメ感がとにかく綺麗!!一番下は落ち着いたフューシャピンク。思ったよりもボルドー感がありませんでした!一番上モーヴをアイホール全体、一番下フューシャを目尻から、真ん中ラメピンクで境目をぼかして。アイラインはバーガンディレッド!こちらも思ったより薄付きで、意外と一番下フューシャが使いやすい!良いアクセントになって色っぽい目元に♡普段使いもしやすいですが、華やかでレディな目元になるので、デートの時に使いたい♡こちらのアイシャドウは全色限定品ですが、まだまだ全色在庫はありそう!オンラインでも購入できますが、見た目と付けた感じがかなり違う印象だったので、個人的にはタッチアップしてからの購入をお勧めします!(私は実物を見ずにオンラインでポチしましたが、幸いなことにどちらも使いやすくお気に入りに♪笑)気になる方はお早めにチェックしてみてくださいね♡→ディオール公式オンラインブティック★instagram: @pcpcpin ←follow me♡
  • フランス、ドイツ、ベルギーに囲まれたルクセンブルク。周辺各国の食文化に触発されながら発展したその料理を、国境を越えて味わいに来る美食家も多いのだとか。WEB限定記事第2弾は、その「食」にクローズアップします。「ウン・プラトー」にて、食前酒にあわせた前菜。見た目も楽しませてくれる。「ケンプ・コーラー」のショーケース。デリコーナーにはいつも多くの人が。ルクセンブルクは、国民一人当たりのミシュラン星付きレストラン数が世界一を誇るグルメな国。街を歩けば、そこかしこに名店が見つかる。 この国の料理がおいしくなる一番の理由は、その立地。世界中から人が集まる土地柄、当然、料理も世界中の味が集まるのだ。なんといっても、隣は美食の国フランスと、マイスターの国ドイツ、食材豊富なベルギー。それらのエッセンスを吸収し発展した料理は、この国が世界屈指の富裕国となった近年、ますますクオリティーを上げている。 「ケンプ・コーラー」の棚にずらりと並ぶオリーブオイル。お土産も見つかりそう。街は治安がよく、夜遅くまでディナーを楽しむ環境は万全。そんなルクセンブルクを旅するのなら、食はとことん楽しまなければ! とくに首都のルクセンブルク市は、デリやビストロ、ミシュラン星付きのレストランまで、豊富な食のチョイスがある。気軽に試せるのは、デリやパティスリーに併設するレストラン。「ケンプ・コーラー」「オーバーバイス」など、大公宮御用達の店は高級食材ブティックのようで、ショーケースを見ているだけでもワクワクしてしまう。白ワインのジュレが香るパテ・オ・リースリング郷土料理の代表格といえば、白ワインのジュレを挟んだひき肉のパイ包み焼き「パテ・オ・リースリング」。シャンパンと同じ製法で作られる「クレマン・ド・ルクセンブルク」がよく合うニョッキ「クニーデレン」は、家庭の食卓に並ぶ、“ママの優しい味”。レストランでは、ルクセンブルク特有のワインソーセージ(現地でワインツォーシィスと呼ばれる、ワイン風味のソーセージ)を入れ、クリーミーなマスタードソースをからめたアレンジも人気だ。クニーデレンはぜひソーセージ入り、マスタードソースで。ルクセンブルクのマスタードは塩辛くなく、風味豊か。クニーデレンが人気の「バイ・ド・ボウエン」は、地元の人に愛される家庭的なレストラン。さらに、ルクセンブルクではスイーツにも魅了されるはず。なかでも、「オーバーバイス」のチョコレートは甘さが残らないのにカカオをしっかりと感じられて、チョコレートの概念が変わってしまうほど!大公宮御用達の「オーバーバイス」。チョコレートはこの国が誇る味!「ウン・プラトー」でのディナーの始まりは、テラス席の食前酒から。ディナーはぜひ、この国の著名な料理家やグルメ家に知られた「ウン・プラトー」へ。テラス席で食前酒にジンカクテルを楽しんだ後、シックな店内でコースをいただくのがおすすめ。今、ルクセンブルクで熱いのがジンのカクテル。レストランでは、オリジナルのカクテルで味を競い合う。ジンカクテルを楽しんだ後は、店内に移動してメインディッシュを(ウン・プラトー)。■レストラン情報 Kaempff-Kohler ケンプ・コーラー 住所/18 place Guillaume, L-1648 Luxemburg Stadt ☎+352・2686861 http://www.kaempff-kohler.lu/ Bei de Bouwen バイ・ド・ボウエン 住所/35 rue Laurent Menager, L-2143 Luxembourg Stadt ☎+352・26202114 http://beidebouwen.lu/ Oberweis オーバーバイス 住所/16, Grand-Rue, 1660 Luxembourg Stadt ☎+352・470703 https://www.oberweis.lu/en Um Plateau ウン・プラトー 住所/6 Plateau Altmunster, L-1123 Luxemburg Stadt ☎+352・26478426 http://umplateau.lu/ <<第1回/ルクセンブルクの古城ホテルとスパホテル撮影/織田桂子 取材・文/芹澤和美 取材協力/ルクセンブルク貿易投資事務所 SAKURA Voyages(サクラ・ヴォヤージュ)
  • こんにちは小野アムスデン道子です。“全米一美しい小さな町”にも選ばれたガリーナという町をご存知でしょうか?ダウンタウンに19世紀のレンガ造りの建物が並ぶイリノイ州のガリーナとイリノイ最大の町シカゴで、フォトジェニックにときめいた旅をご紹介します。レトロな雰囲気の看板が飾るダウンタウンのショップ街、そこから階段で上ると小高い丘までの間には一度は住んでみたいと思うようなかわいい家が並んでいる町がガリーナ。日本から直行便で約11時間50分のシカゴから車で約3時間、列車(アムトラック)で4時間40分のところにある田舎町です。“全米で最も美しい小さな町”の一つに選ばれたことのあるガリーナには、まるで映画のセットみたいな建物が並びます。でもここは、アメリカ第18代大統領で南北戦争の北軍将軍として有名なグラントが住んだ家が今も残る、本物の歴史的な町です。そんなガリーナの町をこれまたかわいい赤いトロリーバスで回る「トリ・ステート トロリーツアー」。「あれが有名なアメリカの第16代大統領リンカーンが1856年に演説した『デソトハウス』のバルコニーだよ」と地元愛たっぷりにあれこれ解説してくれます。トリ・ステート トロリーツアー Tri State Trolley Tourshttp://tristatetravel.com/galena-trolley-toursこの演説の前年、1855年にオープンした「デソトハウス」では、ビクトリア調のインテリアのホテルやレストランが今も営業しています。1階に入るルートビア(ノンアルコール炭酸飲料)専門店はいろんなラベルのルートビアを取り揃えていて、ちょうど母の日に訪れたのでこんなかわいいルートビアも。デソトハウス DeSoto Househttps://desotohouse.com/デソトハウスのあるダウンタウンのメインストリートからは坂道、階段で住宅街へ。階段の途中には、目の前でマジックショーを見せるわずか24席の小さな劇場「PT マーフィー・マジックシアター」や5代続くイタリアンレスストラン「ビニー・バヌッチ」など味のあるお店が見つかります。町にマジシャンが住んでいるなんて!レトロなガリーナならでは。PT マーフィー・マジックシアター  PT Murphy Magic Theaterhttp://www.ptmurphy.comビニー・バヌッチ Vinny Vanucchi’shttp://www.vinnysgalena.comガリーナには、ミシシッピ川の支流であるガリーナ川が流れていますが、アイオワ州が対岸に見えるミシシッピ川もすぐ近く。雄大な川を目の前にした眺望が開けます。ガリーナ湖を望む「イーグルリッジ・リゾート&スパ」には4つもゴルフコースがあって、レストランやスパの入ったホテルはとてもきれいなところです。中にある「ストーンドリフト・スパ」は、約560㎡もある施設でトリートメント室10室を備えています。ハンガリーのオーガニックスキンケア「エミネンス」のアプリッコットボディオイルを使ったボディマッサージにホットストーンを使ったケアが心地よく、旅の疲れを癒してくれます(50分$135)。イーグルリッジ・リゾート&スパ Eagle Ridge Resort & Spahttps://www.eagleridge.comイリノイ州と言えば、空の玄関口でもあるシカゴが有名ですが、ちょっと郊外に出れば、こんな歴史と自然に囲まれた町があるのです。「イーグルリッジ・リゾート&スパ」では5月〜10月には、空からそんな美しい風景を眺められる気球ツアーも開催されるそうです。さて、日本からガリーナに向うのには、シカゴを経由していくと思いますが、摩天楼の大都市シカゴにも絵になる風景がいっぱい。都会的なセンスにあふれたシカゴのフォトジェニックなグルメをピックアップします。まずは、高感度なシカゴのビジネスマンや女性達にも大人気のレストラン「バートン G.ザ・レストラン」。黄金のゴリラや猿のモチーフなどを使ったエキゾチックでハイスペックなインテリアがお洒落だと思っていたら、それだけではありません。料理やカクテルも驚くほど個性的。この大きなドル札と共にゴールドに包まれて出て来るチョコレートガナッシュとアイスクリームは、味も見た目もリッチでした。バートン G.ザ・レストラン Barton G. The Restauranthttps://www.bartong.com/シカゴに来たら朝食代わりに立ち寄りたい、とびきりおいしいドーナツショップが「ドゥー・ライトドーナツ&コーヒー」。メープルベーコンドーナツは絶対のおすすめ。カリカリのベーコンを甘いドーナツと一緒にほおばると、塩甘加減がたまりません。ここには珍しいグルテンフリードーナツなどもあります。ドゥー・ライトドーナツ&コーヒー  Do-Rite Donuts & Coffeehttps://www.doritedonuts.comミシガン湖遊覧船の発着ターミナルで、お土産探しにぴったりのショップやレストランが揃うネイビーピアにある「リバ・クラブハウス」というレストランは、店名になっている蟹や海老をはじめシーフードがご自慢。入り口のオブジェがまたかわいい。リバ・クラブハウス Riva Crab Househttps://www.rivanavypier.comそして、最後に地元の人が「今、いちばんのトレンディエリアだから」というので、車で20分ほどかかるローガンスクエアへ。まず、ごく普通のビルのような入り口を開けるといきなりトロピカルなティキ風のカクテルバー「ロスト・レイク」。これでもかというぐらい盛り盛りデコレーションのカクテルですが、バーテンダーの腕は確かで、どれもおいしいです。ロスト・レイク Lost Lakehttp://www.lostlaketiki.com/その後に食事に行ったレストラン「ロングマン&イーグル」は、地元素材を使った創作料理が人気。キャベツのサラダの上にこの豚の骨付き肉が突っ立ったお料理は見た目もボリュームもすごく、アメリカらしい一品でした。ロングマン&イーグル Longman & Eaglehttp://www.longmanandeagle.com/ガリーナとシカゴ、それぞれに趣きは違いますが、アメリカらしさを満喫できる旅でした。取材協力/イリノイ州観光局 https://www.enjoyillinois.com/jp/シカゴ観光局 https://www.choosechicago.com/jp/
  • こんにちは小野アムスデン道子です。“全米一美しい小さな町”にも選ばれたガリーナという町をご存知でしょうか?ダウンタウンに19世紀のレンガ造りの建物が並ぶイリノイ州のガリーナとイリノイ最大の町シカゴで、フォトジェニックにときめいた旅をご紹介します。レトロな雰囲気の看板が飾るダウンタウンのショップ街、そこから階段で上ると小高い丘までの間には一度は住んでみたいと思うようなかわいい家が並んでいる町がガリーナ。日本から直行便で約11時間50分のシカゴから車で約3時間、列車(アムトラック)で4時間40分のところにある田舎町です。“全米で最も美しい小さな町”の一つに選ばれたことのあるガリーナには、まるで映画のセットみたいな建物が並びます。でもここは、アメリカ第18代大統領で南北戦争の北軍将軍として有名なグラントが住んだ家が今も残る、本物の歴史的な町です。そんなガリーナの町をこれまたかわいい赤いトロリーバスで回る「トリ・ステート トロリーツアー」。「あれが有名なアメリカの第16代大統領リンカーンが1856年に演説した『デソトハウス』のバルコニーだよ」と地元愛たっぷりにあれこれ解説してくれます。トリ・ステート トロリーツアー Tri State Trolley Tourshttp://tristatetravel.com/galena-trolley-toursこの演説の前年、1855年にオープンした「デソトハウス」では、ビクトリア調のインテリアのホテルやレストランが今も営業しています。1階に入るルートビア(ノンアルコール炭酸飲料)専門店はいろんなラベルのルートビアを取り揃えていて、ちょうど母の日に訪れたのでこんなかわいいルートビアも。デソトハウス DeSoto Househttps://desotohouse.com/デソトハウスのあるダウンタウンのメインストリートからは坂道、階段で住宅街へ。階段の途中には、目の前でマジックショーを見せるわずか24席の小さな劇場「PT マーフィー・マジックシアター」や5代続くイタリアンレスストラン「ビニー・バヌッチ」など味のあるお店が見つかります。町にマジシャンが住んでいるなんて!レトロなガリーナならでは。PT マーフィー・マジックシアター  PT Murphy Magic Theaterhttp://www.ptmurphy.comビニー・バヌッチ Vinny Vanucchi’shttp://www.vinnysgalena.comガリーナには、ミシシッピ川の支流であるガリーナ川が流れていますが、アイオワ州が対岸に見えるミシシッピ川もすぐ近く。雄大な川を目の前にした眺望が開けます。ガリーナ湖を望む「イーグルリッジ・リゾート&スパ」には4つもゴルフコースがあって、レストランやスパの入ったホテルはとてもきれいなところです。中にある「ストーンドリフト・スパ」は、約560㎡もある施設でトリートメント室10室を備えています。ハンガリーのオーガニックスキンケア「エミネンス」のアプリッコットボディオイルを使ったボディマッサージにホットストーンを使ったケアが心地よく、旅の疲れを癒してくれます(50分$135)。イーグルリッジ・リゾート&スパ Eagle Ridge Resort & Spahttps://www.eagleridge.comイリノイ州と言えば、空の玄関口でもあるシカゴが有名ですが、ちょっと郊外に出れば、こんな歴史と自然に囲まれた町があるのです。「イーグルリッジ・リゾート&スパ」では5月〜10月には、空からそんな美しい風景を眺められる気球ツアーも開催されるそうです。さて、日本からガリーナに向うのには、シカゴを経由していくと思いますが、摩天楼の大都市シカゴにも絵になる風景がいっぱい。都会的なセンスにあふれたシカゴのフォトジェニックなグルメをピックアップします。まずは、高感度なシカゴのビジネスマンや女性達にも大人気のレストラン「バートン G.ザ・レストラン」。黄金のゴリラや猿のモチーフなどを使ったエキゾチックでハイスペックなインテリアがお洒落だと思っていたら、それだけではありません。料理やカクテルも驚くほど個性的。この大きなドル札と共にゴールドに包まれて出て来るチョコレートガナッシュとアイスクリームは、味も見た目もリッチでした。バートン G.ザ・レストラン Barton G. The Restauranthttps://www.bartong.com/シカゴに来たら朝食代わりに立ち寄りたい、とびきりおいしいドーナツショップが「ドゥー・ライトドーナツ&コーヒー」。メープルベーコンドーナツは絶対のおすすめ。カリカリのベーコンを甘いドーナツと一緒にほおばると、塩甘加減がたまりません。ここには珍しいグルテンフリードーナツなどもあります。ドゥー・ライトドーナツ&コーヒー  Do-Rite Donuts & Coffeehttps://www.doritedonuts.comミシガン湖遊覧船の発着ターミナルで、お土産探しにぴったりのショップやレストランが揃うネイビーピアにある「リバ・クラブハウス」というレストランは、店名になっている蟹や海老をはじめシーフードがご自慢。入り口のオブジェがまたかわいい。リバ・クラブハウス Riva Crab Househttps://www.rivanavypier.comそして、最後に地元の人が「今、いちばんのトレンディエリアだから」というので、車で20分ほどかかるローガンスクエアへ。まず、ごく普通のビルのような入り口を開けるといきなりトロピカルなティキ風のカクテルバー「ロスト・レイク」。これでもかというぐらい盛り盛りデコレーションのカクテルですが、バーテンダーの腕は確かで、どれもおいしいです。ロスト・レイク Lost Lakehttp://www.lostlaketiki.com/その後に食事に行ったレストラン「ロングマン&イーグル」は、地元素材を使った創作料理が人気。キャベツのサラダの上にこの豚の骨付き肉が突っ立ったお料理は見た目もボリュームもすごく、アメリカらしい一品でした。ロングマン&イーグル Longman & Eaglehttp://www.longmanandeagle.com/ガリーナとシカゴ、それぞれに趣きは違いますが、アメリカらしさを満喫できる旅でした。取材協力/イリノイ州観光局 https://www.enjoyillinois.com/jp/シカゴ観光局 https://www.choosechicago.com/jp/
関連キーワード

RECOMMEND