レイラ・スリマニ×山崎まどか 今日的ダイアローグ/心理サスペンスが浮き彫りにする女性と差別問題の現在地

SPUR.JP

『ヌヌ 完璧なベビーシッター』(集英社文庫)で2016年ゴンクール賞を受賞した作家、レイラ・スリマニ。この長編小説は、雇い主から信頼され、仕事を完璧にやりこなすと評判だったヌヌ(乳母)が、なぜ罪を犯したのかということが明かされていく心理サスペンスだ。

ミステリ的展開の中で、女性が働くことの難しさや人種差別など現代社会が今抱えている問題にも切り込んでいることに、文筆家の山崎まどかが着目。来日した作家に、ヌヌという矛盾に満ちた存在や作品の核心について、話を聞いた。

働く女性にとってヌヌのような存在は必要不可欠

── 山崎さんは本書が海外で出版されたときから、翻訳を待たれていたと聞きました。

 

山崎まどか(以下Y) そうなんです。ヨーロッパやアメリカで話題になっているときに、是非読みたいと思っていたので翻訳されてとても嬉しいです。タイトルにもなっている「ヌヌ」というのは、雇い主の家で赤ん坊の世話を定期的にする女性のこと。日本ではそういった人が家族のように家にいるという状況は馴染みのないものなので、ヨーロッパではどういう立場の人なのかを、もう一度レイラさんの言葉で教えてください。

 

レイラ・スリマニ(以下L) まず、ヌヌはベビーシッターと思われがちですが、ヌヌは乳母であり、ベビーシッターは短い時間の中で赤ん坊の面倒をみる人。だから正確には少し違います。フランスでヌヌは、特にパリのような大きな都市ではかなり普及しています。なぜなら、保育園が狭くて受け入れる人数が限られているのと、女性たちの労働時間が長くて、保育園を利用するのが難しい。そして祖父母に預けることはあまりしません。だから働く女性にとってヌヌは非常に重要な存在で、ヌヌがいないと働けず、自立もできなければ自由も得られないし、社会生活も営めない。にもかかわらず、ヌヌは社会的価値が付与されず、低賃金で雇われています。そして、ニューヨークやロンドンでもそうだと思いますが、大都市のヌヌは大半が移民の女性たちです。フランスではアフリカ出身、例えばマグレブ地方とかトーゴの人が多いですね。

 

 なぜそのような職業の女性を小説で取り上げようと思ったのでしょうか。

 

 私が生まれたモロッコでは、フランス以上にヌヌが普及していて、私自身もヌヌに育てられました。住み込みのヌヌと接して、家族の中での立ち位置や親とヌヌとの特殊な関係に、子ども心に微妙なものを感じていたのを憶えています。そして自分が母親になり、今度は母親としてヌヌと接すると、また違う側面が見えるようになって、とても面白い関係であることに気づきました。

 どんな部分が面白かったのですか? 

 とてもプライベートな領域に感情的に入り込むんですが、プロフェッショナルな関係でもある。両義的です。そこが小説の題材として面白いのでは、と考えたわけです。

 

 ヌヌというのは、これまでのフィクション作品ではあまり描かれてこなかった気がしています。

 

 古典では乳母の存在はそれほど珍しくありませんね。ギリシャ古典やフランスの悲劇、『ロミオとジュリエット』にも乳母は出てきます。それからジュネの「女中たち」やフローベールの「純な心」にも。ただそれは、中心人物としてではなく、周辺の人物として登場するのが主でした。私がこの小説でやってみたかったのは、ヌヌがどういう精神状態かという心理描写や、社会での役割を描き出すことです。

 

 なるほど。小説に書かれているように、ヌヌたちは社会でインビジブルな、見えない人とされているのでしょうか。

 

 そうなんです。理由はいくつもあります。まず、女性だからです。女性というのは女性であるというだけで社会的には見えにくい存在です。次に移民であり、そして貧しい人だからです。また、ケアや介護、赤ん坊の世話をするような職業は、多くの人があまり価値を感じていない。赤ん坊の面倒をみるなんて誰にでもできる、当たり前だし自然のことだ、という風に思われてしまっている。社会的、職業的に重要な価値が付与されていなくて、現実世界では見えない人々という扱いになってしまうのです。

 アフリカからの移民の女性がヌヌとして働くことが多いなかで、今作品には、あえてヒロインをルイーズという白人の貧しい女性を選びました。どうしてでしょう。

 

 アイロニカルな側面があると思います。雇用主であるポールとミリアムの夫婦の方が移民で、白人のヌヌであるルイーズが雇用されている側。そうすることによって、移民全員が何かの犠牲者で、支配されているわけではないことを示せました。移民でも成功して雇用主になる人もいれば、白人でも雇用される側になる人もいるということです。また小説的にも白人をヌヌにすることで、ルイーズの孤独をさらに浮き上がらせることができました。例えば公園で移民のヌヌのグループがいたときに、彼女だけが白人なのでそのグループには入れず孤立する、という場面が出てきます。しかも白人の仕事ではないとされる仕事をしているから、ある意味屈辱を感じている。私はこのルイーズという人物は、少し人種差別的なのではないかと思っています。あと、もしアフリカ系のヌヌを主人公にしたら、心理描写よりもそちらの問題が小説の大部分を占めてしまったかもしれませんね。

 

 確かにそうですね。ルイーズのようにコミュニティに属していない女性が、どのように社会的に堕ちていってしまうのかという描写。彼女の孤独というものがとても興味深かったし、本当に面白い部分でした。やはりヌヌを白人とすることでいろいろなことを描けたというのは、世界的な情勢とも合っています。つまり、白人で、かつ仕事を奪われている、あるいはコミュニティに属せなくてどこか人種差別的な考えを持っている、現代では女性に限らずそういう人たちが増えている印象があります。ルイーズというのはそういう人たちの一人といえるのではないかと思いました。

 

 その通りです。おそらく西洋社会の人々で、特に男性にその傾向が強いと思うんですが、自分が過去に属していた階級から落ちてしまったと感じている人や、権力が失われ、社会から離脱してしまった人を、政党が悪用して極右のような保守派の台頭を許しています。ルイーズの夫はたぶんそういう男性ではないか思います。

女性が社会進出すれば、家のことは誰がするのか?

── 『ヌヌ』の背景には人種や性、階級、職業などの差別、保守派の台頭や移民政策など、現在の欧米や日本でも無視できない今日的な社会問題も描かれています。ルイーズだけではなく、ポールとミリアムの夫婦が直面する問題についてはいかがでしょうか。

 

 白人のヌヌであるルイーズと、新世代カップルであるポールとミリアムの対比がとても面白いですね。彼らは言ってみればリベラルなんですが、やっぱり払拭しがたい差別意識みたいなものがある。そこが興味深いと思いました。フランスでは、そういう新世代とヌヌとの関係も変化してきているのかを、レイラさんにお聞きしたいです。

 

 このカップルは、ボボといって、フランスではブルジョワボヘミアンといわれている人々。ヒッピー的な精神の持ち主で、中流階級で、パリの中心にある昔の大衆的な地域に住んでいて、オープンマインドで、環境問題に対して意識が高く、左派で、社会的にコミットしている。でもそれはあくまで理論や理想であって、実際は日常生活で貧しい人々や移民の人と接することはないわけです。すると、社会体験の違うヌヌを自分の家に受け入れたときに、理論や理想を実践するのが簡単ではないことに気づきます。やはり少し上から目線だったり、ちょっと馬鹿にしたり、ということがつい出てくる。そして彼らはブルジョワ家庭と違い、使用人がいることに慣れていなくて、その状態に違和感を覚えます。最初は彼女をどう扱っていいかわからない、それが違和感になるんですが、少しずつ慣れて喜びを感じ始める。しかし堂々とそうだとは言えない。この社会的偽善、みたいなものも表現したかったことです。

 

 このカップルが本質的に持っている罪悪感は、読んでいてすごく伝わってきました。逆にその罪悪感によって、彼らが踏み外していく過程も面白かったです。なぜ新世代カップルの雇用主と白人の貧しいヌヌの関係についてお聞きしたかというと、構成から、ルース・レンデルが書いた『ロウフィールド館の惨劇』と対比されることが多かったんじゃないかと思って。ディスレクシアの家政婦とブルジョワ家庭の悲劇を描いた小説です。

 

 クロード・シャブロル監督が『沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇』として映画化した作品ですよね。確かにその小説とはよく比較されました。その小説に出てくる家族は、大きな屋敷に住むお金持ちのブルジョワで、ヌヌや使用人を使うことに慣れています。でもポールとミリアムはヌヌに対してどう振る舞えばいいか、その方法を知りません。小さなマンションに住む中流階級のカップルから、使用人を雇うことがどんな体験なのかを描きたかったんです。

 前半にミリアムが女性が働くことの強いプレッシャーを感じる場面があります。現代だからこそ、働く女性がヌヌのような支えをより必要としている立場にあると読み取れます。そこにはレイラさんの体験も織り込まれているんですか?

 

 もちろん体験もありますが、観察によるものでもありますね。フランスで私の世代は「女性でも何でもできる」と言われて育った最初の世代です。結婚や出産、キャリアを積むかどうかも自由に選べましたし、誰にも頼らずに好きなことをして社会的生活を楽しむことができる、と言われて育ちました。とはいえ、私は勉強して学業実績を重ね、仕事も育児もし、社会生活すべてを手にしたときに、それを全部100パーセントでやるのは無理だと悟りました。やろうとしても、常にどこかに落ち度があるのではないかという気持ちにさせられるんです。これは男性より女性の方が感じやすい罪悪感で、外からも植えつけられます。例えば子どもとの時間をそれ程持たない女性は、男性よりも罪悪感を植えつけられますし、女性自身もそれを感じてしまう。なぜなのか、その部分も追求したいと思いました。

 

 この小説は女性と仕事についての物語でもありますね。

 

 そうです。ヌヌとミリアム、二人とも働く女性ですが、女性の労働力が増えると同時に、家事や子どもの面倒をみる人たちが必要になり、そういう人も増えます。女性の仕事はマトリョーシカみたいで、開けたら多くの職業の女性が出てきて、ヌヌは人がほとんど目にすることのない最後の小さな人形。そういう存在なんですね。女性の仕事はこれまであまり研究されてこなかったのですが、経済的にも社会学的にも今後大きな問題になってくると思います。女性がこれまで以上に社会進出すれば、誰が家事や家のことをするのか、という問いも出てきますし。

 

 日本ではレイラさんのお名前は、フランスの新聞『ル・モンド』への反論記事で知った人も多いと思います。アメリカのエンタテインメント界のセクシャルハラスメント問題について、2018年の頭に『ル・モンド』が「(伝統的に恋愛を大事にするフランス人らしいカルチャーとして)男性は女性にしつこく言い寄る権利がある」という意見に100人の女性が賛同したという記事を掲載しました。それに対して、レイラさんが『リベラシオン』紙に反論を寄せたという経緯です。

 

 セクハラ問題は世界共通ですね。私がいたほぼすべての国でセクハラは当たり前のことでした。例えばエジプトやインドでは慢性的な現象です。なぜそうなるかというと、公共の空間で女性の立場が認められていないからです。けれどモロッコでは最近、女性が笛のようなものを持ち歩く運動が起きています。セクハラを受けたり、嫌な口説きにあったりしたときに、笛を吹いて「やめて」と意思表示をする。そんな動きが出てきました。

 

 セクハラを無くすには、どういう方法があると考えていますか?

 

L 解決方法は教育しかないんじゃないでしょうか。まず一つ目は若い女の子や少女たちに、それを受け入れない、と教えること。二つ目は、男の子や少年たちに、女性というのはそのような態度を取っていい相手じゃない、自分のものではないと教えていくことが重要だと思います。

 

『ヌヌ 完璧なベビーシッター』レイラ・スリマ二(著)松本百合子(訳)/集英社文庫

■プロフィール

レイラ・スリマニ

 1981年モロッコ生まれ。モロッコの学校を卒業後パリに移住。いくつかの学校で学んだ後ジャーナリストに。『Dans le jardin de l’ogre』で作家デビュー。2016年『ヌヌ 完璧なベビーシッター』でゴンクール賞を受賞。2017年フランコフォニー担当大統領個人代表に任命された。

 山崎まどか

 文筆家。女子文化や映画、文学、海外カルチャーについて執筆を行う。著書に『女子とニューヨーク』(メディア総合研究所)、『優雅な読書が最高の復讐である』(DU BOOKS)など多数。翻訳書にレナ・ダナム『ありがちな女じゃない』(河出書房新社)などがある。

Photography:Yuka Uesawa Text:Akane Watanuki

関連記事
  • 「メンズ使い」をマスターしたら、毎日はもっとシンプルできれい! 定価で買ったものが、そのあと半額まで値下げされてしまうとちょっと撃沈( இдஇ)。お正月、ユニクロのチラシを見て衝撃を受けました。「えっ!?カシミヤニット半額になっちゃったの??((( °ω° ;)))」*3日間限定  昨秋、ユニクロのカシミヤが出たその週にすぐ買っていたわたしはちょっぴり動揺。でも、いつもの撃沈まではいきませんでした。数ヶ月でもこのニットを先に長く楽しめたことの満足感のほうが大きかったのです。  ユニクロのニットはよくご紹介しておりますが、ほとんどメンズを買うことが多く、カシミヤもやっぱりメンズでした。クローゼットをよく見たら、昨年買ったユニクロメンズは、ニットだけで6枚も↓ 並べるとイケメン集団、メンズ「S」さんたち もちろん女性も素敵なのでよく見ます。でも一度メンズニットを着てしまうと、わたしの体型には女性の「S」でも「M」でもない微妙なフィット感が心地よく、やめられなくなりました(≖ᴗ≖ )  今月号のマリソルに「シンプルコーディネートの作り方」という特集がありますが、「シンプル」と聞くと思い浮かぶのはユニクロのニットです。デザインにムダがなく、色も形も究極にシンプルで美しく、今ではわたしの中で立派なニットブランドに。  かつ、価格がご存知の通りですから色違いで揃えやすいのも魅力的。肌触りの良いコットンニットはネイビー&グレーで揃え、これにホワイトデニムを合わせればシンプル&クールがテクニックいらずで完成します。  これ1枚でカッコいい。春と秋に大活躍のコットン そしてユニクロといえば「ファインメリノ」。このニットを着れないのは夏だけです。ニットの中では1年で一番使える通年素材。  これはクルーネックと「V」の両方買いました。メンズの利点のひとつは、女性にない素敵なカラーが見つかること。さんざん女性コーナーを見て欲しい色がなく、最後にメンズを見て「なんだこっちにあったのか(´тωт`)」と、うれし泣きすることもしばしば。  特にVネックのダークブラウンは、女性になかった濃すぎるほどのブラウンが本当に素敵でした↓ファインメリノはツヤが高見えのポイント 女性より「きれい色」が少ない分、ベーシックカラーに幅があるので手持ちの服に合わせて選びやすいのもいいですね(^^)。  同じ「グレー」でも商品によってニュアンスの違いが楽しめます。わたしの知る限りメンズの「グレー」は上品な色味が多く、ホワイトグレーや淡グレーなど、まさに大人女子が素敵に見える高見えグレーが見つかります。 好みのグレーが見つからない時はユニクロメンズへ(^^) そして冬用のウールとカシミヤ↓メンズのカシミヤは毎年買い替えている冬のマイ定番アイテムです。定価9,900円(+税)はユニクロ内では一番高いけれど、普通に考えたらやっぱりお得(。•̀ω-) いつかは半額になってしまうとしても、発売したらすぐに買わずはいられないマストアイテムです。  ユニクロのカシミヤは毛量のボリュームがほど良いところが好きです。「着ぶくれ」せず、また安っぽくもなくサラりと軽く1枚で着られる究極の冬のシンプルニット。今年はクルーネックのネイビーを選びました。 着ないで眺めているだけでも好きな、惚れホレのニット(☆∀☆) メンズは首回りが女性より狭いのが好きです。特にVネックは一回りは狭いので、かがんでも胸元が気にならず1枚でも着やすい。かつ腕の長さは女性の「M」とほとんど一緒なので(個人調べ)、ダラっとなることもありません。首の開き具合だけでもまったく違う印象 メンズはそのデザインゆえ、パンプスやスカートに合わせるとそのアンバランスさが逆に女性らしくなります。フェミニンをほどよく崩してくれるので、「甘すぎ防止」にもお役立ち。気づいたら「今週メンズしか着てないじゃん( ° ω ° ; )」ということもしばしば。Day1:カシミヤ素材は、艶のあるスカートでさらに高見えDay2:首回りの狭いクルーネックはスカートに合わせてフェミニンにDay3:チョコレート色のVはきれい色と。狭い「V」はワイドパンツとの相性も◎他の画像を見る 流行のチェックやレオパード、きれい色・・・。色々楽しんでは結局戻る「シンプル」。  ユニクロのメンズは、移り気なわたしをいつも変わらず待ち続けてくれる、とてもやさしい「男性」です( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ ) 今日もユニクロ、行こっかな~~♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ニットがメンズでもバッグの中身はキラキラの「女子」。ピンクが多めです(⑅•ᴗ•⑅)仕事で文房具を使うことが多いので、テープ・ホチキス・穴あけパンチはギラっギラのローズゴールド(すべて「TED BAKER」)、クリップやポーチなども気付けばピンク系に(^^;) 最近仲間入りのピンクは「KINOKUNIYA」のジップポーチ。色がかわいく大きさもほどよいので「おやつ入れ」に 持ち物くらいは永遠に女子でいたいものですˆᴗˆ ↓Clickで移動します(すべてメンズ)★UNIQLO スーピマコットンクルーネックセーター(長袖)公式サイト★UNIQLO エクストラファインメリノクルーネックセーター★UNIQLO カシミヤクルーネックセーター美女組No.127 Akaneのブログ
  • 2018年に発売されたコスメの中から、「使うだけで、肌状態もおしゃれ度もテンションもぜーんぶアガる!」ものを厳選‼︎美人度も仕事のやる気も上がる! 「 のぼり坂OLコスメ委員会」の〝メイクアップ個人賞〟を発表!忙しく働きながらコスメを愛してやまない10人で結成した「のぼり坂OLコスメ委員会」。モアが誇るビューティの目利き集団が、2018年に発売されたコスメから推しコスメをチョイス! 5名のメンバーが〝メイクアップ個人賞〟を発表します♪「のぼり坂OLコスメ委員会」についてはここからチェック♪【金澤さんのメイクアップ個人賞】セルヴォーク/カムフィー ブラッシュ 05「最初は、普段あまり使わない色なので難しいかな? と思いましたが、つけてみたら一瞬で肌になじんで、おしゃれな印象になってびっくり。秋冬のファッションとも相性抜群です! いつも辛口な友人にもほめられました♡」(金澤さん)カムフィー ブラッシュ 05¥3500/セルヴォーク【高橋さんのメイクアップ個人賞】ディオール/ディオール バックステージ フェイス グロウ パレット 001「こんなに自然に、つや肌になれるパレットは初めて。ひとつのパレットをシェーディング、ハイライト、チークとして使えるので、これさえあればメリハリのある立体感は簡単に出せるし、メイク直しもらくらく。重宝してます」(高橋さん)ディオール バックステージ フェイス グロウ パレット 001¥4600/パルファン・クリスチャン・ディオール【渡會さんのメイクアップ個人賞】シュウ ウエムラ/ラック シュプリア OR01「とにかく落ちにくくて、発色がきれいなビタミンカラーのオレンジ。夏でもべたつかず、冬でも乾燥しないので、季節問わずに使えます。重ね方次第で、会社にもお出かけにもいける!」(渡會さん)ラック シュプリア OR01¥3200/シュウ ウエムラ【若元さんのメイクアップ個人賞】rms beauty/シャンパンローズ ルミナイザー「日本人の肌にも違和感なくなじんで、生っぽいつやをつくれるところがお気に入り。今では、立体感をつくるのに欠かせないアイテムとなってます。なめらかで肌に溶け込むように密着するテクスチャーも、心地よくて好き!」(若元さん)rms beauty シャンパンローズ ルミナイザー¥4900/コスメキッチン【遠藤さんのメイクアップ個人賞】ローラ メルシエ/ブラッシュ カラー インフュージョン(キールロワイヤル)「ずっとチーク迷子だった私を救ってくれたのがこれ! 今っぽいくすみトーンで、自然に肌になじみいきいきとした印象に。リップやアイメイクの邪魔をしないのにあるとないとじゃ大違いの、“血色なりすましチーク”♡」(遠藤さん)ブラッシュ カラー インフュージョン(キールロワイヤル)¥3200/ローラ メルシエ ジャパン ♡2月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/東 京祐(モデル) 藤澤由加 冨樫美和(2人とものぼり坂OLコスメ委員会分) 恩田はるみ(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/辻村真理(モデル) 福永いずみ(製品) イラスト/高橋由季
  • 仕事の合間に、同じ部の後輩とカフェランチ出社したら、後輩から突然ランチのオファーが。近所のカフェだし日差しが暖かい日だったからノーコートでサッとお出かけ。淡色でまとめたスタイルは、ボーダー&黒のショートブーツで印象を引き締めたのがポイント。ファーで首もとはぬくぬく。朝、後輩が「先輩、ご相談が……」と神妙な面持ちでやってきたから心配していたら、恋の相談って(笑)。可愛いヤツ! スカート¥26000/アナイ ボーダートップス¥11000/ゲストリスト(ルミノア)  ジャケット¥15000/プラステ バングル¥162000/ハルミ ショールーム(オー) スヌード¥4000/アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店(アーバンリサーチ) バッグ¥185000/ジミー チュウ 靴¥122000/ジャンヴィトロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里 丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客ニーズの予見や販促資料作成などをこなす多忙な日々。可愛げのある上品フェミニンが好み。大の犬好きで彼氏あり。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【アイスグレープリーツスカート】 無造作に揺れ動くシアーな質感で美女感アップ。ニュアンスグレーで甘さも適度に。¥26000/アナイ 【コンパクトボーダートップス】 前はクルーネック、後ろはVネック、どちらを前にしても着られる2way。コンパクトなサイズ感で女らしく。¥11000/ゲストリスト(ルミノア) 【ホワイトノーカラージャケット】 クリーンな白ジャケットはオフィス映え抜群。顔色も冴えて第一印象美人に。¥15000/プラステ「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪【関連商品】23区 【セットアップ対応】リラクションツイル ノーカラーロング ジャケット \13000(¥26000の50%オフ)+税【関連商品】3can4on(Ladies) ボリュームツイストスヌード ¥2,300+税撮影/SHINTARO スタイリスト/室井由美子 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 
  • 代休は、自分甘やかしデー。気負わずデニムでリラックス久々の平日休みは、疲れを癒すべくスーパー銭湯へ。タートルとデニムにストールを巻いたリラックスカジュアルで出かけよう♪ 抜け感出しに便利なローテクスニーカーは、歩きやすさも抜群! お天気もよくて、今日は本当にお出かけ日和だな。ゆっくり入浴を楽しんだら、ポカポカの体にかるくライダースを羽織って帰宅。夜は愛猫のバースを思い切り遊んで大満足♡ 最高に癒される1日になった♪パンツ¥23000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) ハイネックカットソー¥10000/スローン ライダーズ¥120000/アストラット 新宿店(アストラット) バッグ¥36000/コード(ヴァジック) ストール¥28000/セオリー リュクス 時計¥420000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) サングラス¥35000/モスコット トウキョウ(モスコット) スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)【今月のPROFILE】〝辛め〟ゆる華通勤OLの花 広告会社勤務で、企画やコピーを手がけるプランナー。外回りが多く、仕事柄トレンドにも敏感。休日もアクティブに過ごすのが好き。辛めの洗練スタイルが定番。ネコ好きで現在彼氏募集中。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【ストレートデニム】 ヴィンテージライクな風合いでこなれ感を。¥23000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル)【ホワイトハイネックカットソー】 シンプルなタートルカットソーは、今季らしい重ね着のインナーとしても大活躍。レフ板効果のあるクリアな白を。¥10000/スローン 【ブラックレザーライダース】 しなやかでつやのある羊革ライダース。ストイックな黒レザーはコーデにピリッと辛みをきかせたいときにも。¥120000/アストラット 新宿店(アストラット)「今月のおすすめパンツ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪【関連商品】suadeo 【究極】の本革(羊)ダブルライダースジャケット ¥32,000+税【関連商品】CONVERSE オールスター 100 カラーズ HI ¥7,000+税撮影/SHINTARO スタイリスト/室井由美子 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 
  • ショービズ界を代表する大スターふたりが交際しているという、新年きってのビッグスクープが浮上。熱愛が囁かれているのは、ブラッド・ピット(55)&シャーリーズ・セロン(43)。ハリウッド史上最高に美しいカップルの誕生か?と、世間は大騒ぎ! Photo : Getty Images熱愛を報じたのは、英タブロイド紙『The Sun』。同紙は1月20日(現地時間)、ふたりが昨年12月頃から「カジュアルなデートを重ねている」という情報通の証言を掲載。また同氏いわく、ふたりを引き合わせたのはシャーリーズの元パートナー、ショーン・ペン(58)とのこと。「(ブラッドとシャーリーズは)古くからの友人だったんだ。でも最近になって、関係が発展したようだ」とも明かした。Photo : Getty Imagesさらに『The Sun』は、最近またもふたりが密会していたという情報も掲載。それは先々週末のこと。ブラッドはハリウッドで開催された『ビール・ストリートの恋人たち』の上映会を、シャーリーズは『ローマ』の上映会のため、ロサンゼルスのシャトー・マーモントを訪れていた。 同紙はブラッドが上映会後にシャーリーズが滞在していたシャトー・マーモントへと向かい、バーで落ち合ったと報道。そしてブラッドはアンジェリーナ・ジョリー(43)との離婚の原因になったとも言われるアルコールを避け、終始ミネラルウォーターを飲んでいたという詳細も綴った。ブラッドと密会する前に、『ローマ』の上映会にて撮影された1枚。Photo : Getty Images現場に居合わせた人物いわく、「ふたりは驚くほどイチャイチャしていたよ。ブラッドはずっと、シャーリーズの背中に手を添えていた。ある時は、シャーリーズに向かってウィンクをしていたよ」とのこと。「ブラッドはとても上機嫌で、ふたりとも終始、嬉しそうだった」とも語っており、かなり親密な関係であることがうかがえる。『ビール・ストリートの恋人たち』の上映会にて。Photo : アフロ大スターふたりの交際報道が世間に衝撃をあたえるなか、「まったくのデタラメ」と報じるメディアも。米ゴシップ誌『UsWeekly』が聞き込みを行った情報通は「ふたりは交際していないし、報道は嘘だ」ときっぱり。また別の情報通も「ふたりはブライトリングの仕事で共演しているが、それ以上の関係にはなっていない」と明かしており、真相は闇に包まれたまま。  もし噂が本当ならば、ハリウッドでも指折りの美男美女カップル誕生と言っても過言ではない!? とはいえブラッドもシャーリーズも、プライベートを明かさない慎重派。またブラッドは現在もアンジーとの離婚裁判真っ只中という状況からも、交際宣言はまだまだ先になりそう。今後の続報が待ち遠しい! >>離婚バトルが泥沼化! アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピットを監視するためにスパイを雇う >>伝説の写真とともに振り返る! アンジェリーナ・ジョリー、その情熱と波乱に満ちた人生 text : Ayano Nakanishi
  • 長め丈のワンピースとロングコートでも重たく見えないのは肩がけしたコートが淡色だから!ここ最近ずっと考えていた転職問題。今の職場は好きだけれど、もっと他にも選択肢があるのかも。ということで、思い切って仕事帰りに転職エージェントと待ち合わせすることに。服装はいつもの自分らしい美シルエットであり、今季主流の長め丈のネイビーワンピースをチョイス。明日、1月23日はワンツー、スリー!の日だし、その勢いで一歩前に踏み出せるよう勇気づけてくれたのは、すとんと寄り添う白のガウンコート。明日はとことんきれいめなコーデで余裕のある私を演出してみる。コート¥70,000/サード マガジン ワンピース¥46,000/ebure ピアス¥23,000/ココシュニック タイツ¥1,200/ブロンドール 新丸の内ビル店(ジュウナナドシー)  バングル¥10,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリー・ベア) バッグ¥360,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)撮影/金谷章平 ヘア&メイク/平元敬一 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/高垣麗子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ワンピースコーデをもっと見る
  • 映画を観たり、料理をしたり。家でゆっくり過ごす日は保湿のチャンス! 人目を気にせずすっぴんで美容液を"しょっちゅう塗り"したり、シルクのルームウェアで肌を喜ばせたり、身も肌も心も潤っちゃいましょ♪【おこもり保湿】一日中家で過ごす日は、潤い貯金のチャンス!美容家 小林ひろ美 保湿ケアした上から、サポーターやシルクスカーフ、ラップなどで物理的にふたをして、映画を観たり料理をしたり。パーカのフードをかぶって、自らを蒸しまくるのもおこもり保湿の定番コース。美容ジャーナリスト 鵜飼香子 「肌の隣は天然素材」 好きな香りを焚いて、心に潤いを。天然素材、特にシルクを身につけると全身ツルスベに。(右から)「心からリラックスできる」。エッセンシャルオイル フランキンセンス 5 ㎖ ¥3700/ニールズヤード レメディーズ 「おしゃれなデザインが多い」。かぐれ シルク半袖インナー BLACK ¥6500/アーバンリサーチ プレスルーム「絹の恩恵を手頃な価格で」。マーガレット キャミソール ダークグレー杢¥2750/シルクふぁみりぃ美容ジャーナリスト 小田ユイコ 「暇さえあれば小分けパック」 すっぴんdayは、塗るマスクを"しょっちゅう塗り”して集中保湿。「洗い流し不要の オールインワン美容液マスクで、肌疲れ&乾燥をリセット。個包装は旅先にも便利」。ベネフィーク リペアジーニアス 1.3㎖×12包 ¥6500/資生堂撮影/さとうしんすけ 取材・原文/長田杏奈 ※2019年BAILA2月号掲載
  • 今もリスペクトされ続ける稀代の絵師、葛飾北斎の作品を集めた「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」が森アーツセンターギャラリーにて開催。北斎研究で有名な永田生慈氏が集めた膨大なコレクションを中心に、北斎が使ってきた画号や作風の変遷を、年代を追ってわかりやすく展示しています。30もの画号を使っていた北斎。その中でも「画狂老人卍」という名前のセンスが新しすぎる、と最近話題になっていましたが、こちらの晩年の名義の作品も展示されています。 まずは「春朗」名義の時代から。少年時代は貸本屋の小僧として働き、14歳頃から版木彫の仕事をしていたらしい叩き上げの北斎(本名は鉄蔵。また名前が増えました)。絵師になったのは19歳と言われています。肉筆画で人気の勝川派に入門しました。 撮影OKコーナー。飛び出す絵本のように絵を組み立てて立体感を出す、組上げ灯籠絵です。「葛飾北斎」期。 その初期の「春朗」期は江戸時代の街並や風俗を詳細に描き込んでいて、まじめな性格が伝わってきます。美人画もいいですが、気になったのは当時の子どもたちの遊び。「風流五節句子供遊」の、笛を吹きながら鼻の上に棒をのせてバランスを取る少年、「風流見立狂言 すゑ広」の下半身を露わに部屋で楽しそうに踊る少年など、フリーダムな空気が伝わってきます。 ゴッホの「ひまわり」以前に、北斎が「画狂老人卍」として「ひまわり」を描いていました。「向日葵図」を描くことで、死を前に生命力を感じたかったのかもしれません。 北斎は30代半ばになって勝川派を離脱、琳派の俵屋宗理を襲名しました。肉筆画で女性を描いた作品、風景画の版画など、絵師としても充実しているのが伝わってきて、線にも自信が漂っています。手前は「狂歌歳旦江戸紫」。人物が後ろ向きでシュールなタッチです。「宗理」期の作品。 風景画は亀戸や両国、日本堤、吾妻橋といった今もある地名が出てきて変化を比べるのも楽しいです。驚いたのは日本橋や吉原の絵に富士山が描かれていること。高い建物がなかったから江戸からも霊峰が望めたんですね。富士山があるだけでテンションが上がります。「画本狂歌山満多山」のシリーズの中に、江戸男子が股引をレギンスっぽくはきこなしている絵が。北斎の描く江戸時代の人々は、着こなしのこなれ感が半端ないです。 続いては「葛飾北斎」期。40代後半の時は肉筆画や本の挿絵、版画などで人気を誇っていました。「東海道五十三次」シリーズ、かるた、文字で構成された「文字絵」、軽いタッチの略画技法「鳥羽絵」、江戸の笑いが凝縮された「狂句入戯画」や「謎かけ戯画」、絵を切り抜いて組み立てる「組上げ灯籠絵」など、怒濤の勢いでたくさんのジャンルに挑戦しています。江戸の笑いのツボが理解できないのが残念ですが、知的な笑いのセンスを感じました。「戴斗」期には絵手本「北斎漫画」を生み出しました。「漫画」とは「漫然と描く」という意味だそうです。流れるようなタッチとシンプルな線であらゆるポーズを的確に表現していました。波の描きかたから櫛のデザイン集、何かの踊りの振り付け、洗濯する人、居眠りする人のポーズ集、etc.……。今でいう版権フリーイラスト集みたいなものでしょうか。天才絵師なのに何でもやっています。「為一」期には旅ブームに乗って風景画も多数描き、根付 やタバコ入れの図案集まで出し、「画狂老人卍」時代も新たな画法を追求したり、人生五十年と言われた時代に精力的すぎです。年だからといって、守りに入ったり、あきらめないで良いと北斎に教えられます。北斎を象徴する「為一」期の「冨嶽三十六景」シリーズ。普遍的なかっこよさです。 これだけの仕事量でお金がたまらなかったのは、管理がどんぶり勘定だったのと、引っ越し癖のせいのようです。絵を描くことだけに集中するため、料理も掃除もしないで汚れたら引っ越しするというスタンス。93回も引っ越ししたと伝えられています。画風にも家にも執着せず、何にもとらわれないで自由にスタイルを変えています。文字で出来ている文字絵。現代人には解読不可能でしたが……。左は小野小町で右は僧正遍昭。「葛飾北斎」期。 「葛飾北斎」期の作品に、「蛸図」があり、その隣に「酔余美人図」が展示されていました。これはもしや伏線? いたずらな瞳の蛸の隣に、酔いつぶれて寝ている美女の姿が。この次の展開は、もしかして……。北斎先生のもう一つの顔、「鉄棒ぬらぬら」名義による春画が連想されます。美女と蛸が絡み合う春画の名作「蛸と海女」を想起せずにはいられません。きっと展示会場のどこかに、カーテンで仕切られた禁断のコーナーがあるのでは?伏線では?と期待したのですが……春画は今回、ありませんでした。全体的にまっとうな展示でした。 でも、音声ガイドに流れた北斎の死ぬ間際のセリフ、「天があと十年、五年生かしてくれれば本当の絵師になれただろう」という言葉に静かに感動し、春画がなくても心が満たされました。「戴斗」期の絵手本の中に不思議な物体が。天文関係の計測器でしょうか。 「新・北斎展 HOKUSAI UPDATE」 期間:~2019年3月24日(日)時間:10:00~20:00(火曜は17:00まで。入場は閉館30分前まで)休館日:1月29日(火)、2月29日(火)、2月20日(水)、3月5日(火)は開館。場所:森アーツセンターギャラリー東京都港区六本木6-10-1https://hokusai2019.jp/ >>ローマから渋谷まで廃墟化する諸行無常な展示「終わりのむこうへ:廃墟の美術史」展 #38 >>格調が高すぎる「皇室ゆかりの美術」展 #37 >>ムンクの北欧美的センス #36 #ムンク展 >>「京都・醍醐寺 真言密教の宇宙」展で邪気を浄化 #35 #醍醐寺 >>藤田嗣治と猫と女#34 #藤田展
関連キーワード

RECOMMEND