04 ドルチェ&ガッバーナ

SPUR.JP

Item: BIJOH HEELS

心躍るフェスティブシーズンのお供に。ヒールにこれでもかとビジューがあしらわれたストラップパンプスは、まさに「履く宝石」。

〈ヒール10.5㎝〉¥183,000(予定価格)/ドルチェ&ガッバーナジャパン(ドルチェ&ガッバーナ)

>商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら

>>05 ヴァレンティノ ガラヴァーニ

関連記事
  • 新しい花嫁に贈る、新しいドレスの提案。自分らしく、モードに装いたい。私らしい一着で愛を誓うオールインワン¥615,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) ベール¥66,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(マルコクッチノッタ)ステラ マッカートニーから初のブライダルコレクションが誕生。総レースのオールインワンを太いリボンベルトでマークしたスタイルで、甘くハンサムなマリアージュを。青いタグに綴られた「Made with Love」のメッセージは、デザイナーから花嫁へ贈る"サムシングブルー"。モダンな花嫁の「Yes,I Do」ジャンプスーツ(ベルトつき)¥789,000・ネックレス¥781,000/シャネル ベール¥107,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(キャロリーナ・ヘレラ) ブーツ¥143,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)スポーティなオープンカラーに、ボリュームのあるワイドパンツ、そして華奢な腕を強調するフレンチスリーブ。憧れのブランドでチョイスしたエレガントなジャンプスーツが、ブライドの笑顔を引き立てて。ゆっくり刻んでいく、ふたりの足跡ドレス¥650,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(テンパリー・ロンドン) ベール/スタイリスト私物フラワーエンブロイダリーとラダーレースをあしらったセパレートドレスは、どこかノスタルジックなムードを薫らせる。セレブから絶大な人気を誇るイギリス人デザイナー、アリス・テンパリーの作るドレスには、大人の女性のロマンティシズムが込められている。グルームの迎えを待つ森の妖精ドレス¥480,000・靴¥79,000(ともにディオール)・イヤリング¥1,250,000・リング¥1,800,000(ともにディオール ファイン ジュエリー)/クリスチャン ディオール スカーフ/スタイリスト私物流れるようなラインが清楚な華やぎを誘うジャージドレス。繊細なスカートのプリーツやデコルテを飾るドレープが、ブライドのボディをしなやかに包み込む。足もとはバレエシューズで、甘やかに、そして軽やかに。彼と私、波打ち際の追いかけっこトップス¥314,000・ドレス¥539,000(参考価格)/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ) 帽子¥45,000/シジェーム ギンザ(ローラハット)動くたびに大きく揺れるコットンレースのドレスは、スカートのプリーツ部分にワイヤーを通し、構築的なフォルムを実現。その上に、同素材のキャミソールトップスを重ね、潮風と一体になる。 リング〈WG、ダイヤモンド〉¥2,800,000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァンクリーフ&アーペル)誘惑の花を胸に咲かせてドレス¥1,120,000(参考価格)/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン(ドルチェ&ガッバーナ)ピュアな白いドレスに、深紅のアネモネの刺しゅうがビビッド。コルセットや小さなバルーンスリーブなど、コスチュームドレスの要素をミックスしたロマンティックな一着で、今日は魅惑の花嫁に。秘密の庭で誓いのキスの予行演習ドレス¥259,000/ドーバー ストリート マーケットギンザ(セシル バンセン) ベール¥16,000/ヴェラ・ウォン ブライド 銀座本店(ヴェラ・ウォン ブライド)バックを細いリボンで結び、肌をロマンティックにのぞかせたブライド。2016年、コペンハーゲンで誕生したブランドは、レース使いや素材のあしらいにクチュリエの職人技が光る。 サンダル¥149,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)鳥のさえずりがウェディングマーチドレス¥1,500,000/ヴェラ・ウォン ブライド銀座本店(ヴェラ・ウォン ブライド)ウエストから裾にかけて大きく広がるプリンセスラインと長いトレーンが、主役の華やぎを約束。ビスチェドレスの上に、刺しゅうを施したオーガンジーを重ね、イノセントなデコルテを演出する。現実とおとぎ話の狭間ドレス¥770,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) ヘッドアクセサリー¥35,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(ジェニファー・ベア)艶やかなミカドシルクでなぞる、洗練されたボリュームの美学。上品なスタンドカラーと、裾にスリットを入れた大きなドロップスリーブ、そしてヘムまで流れるしなやかなドレープが、絶妙なバランスを生む。マーメイドの愛と冒険の行方ドレス¥2,000,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ) ヘッドアクセサリー¥50,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(ジェニファー・ベア) リング(上)¥1,969,000・(下)¥109,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)肌をまろやかに透けさせるチュールに、フリルやビーズをふんだんにちりばめたヌーディなドレス。繊細な素材にあしらわれた細やかな技法に、クチュールブランドの格式が宿る。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら  SOURCE:SPUR 2019年6月号別冊「新元号をともに歩むマリエ」photography: Jumbo Tsui 〈beauty direction〉 styling: Kayo Yoshida hair & make-up: Rie Shiraishi model: Laura edit: Asako Kanno
  • 2019-’20年秋冬コレクションの会場でとらえた最新スナップを、アーカイブと並べて一挙に公開! 今季注目のニューカマーもあわせてチェック。 人生経験が着こなしに表れる STELLA TENNANT(ステラ・テナント) パンクっぽい装いで初めからおしゃれだったステラ。年々素敵な女性に。 1 ラッフルあしらいが華麗なシャツをスカートにイン。大人の女性ならではの、シックなモノトーンスタイルだ2 こちらはなんと23年前、1996年のスナップ。腰に巻いたニットのピンクを差し色にした3 ピンクのスカートとソックスをリンクさせた2001年。このシーズンはピンクがブームだったらしい LIYA KEBEDE(リヤ・ケベデ) 4 キャリアを重ねるたびに着こなしがブラッシュアップされるリヤ。2005年のシャツスタイルはフレッシュだがあか抜けていない?5 だいぶこなれてきた2015年は自分のブランド、レムレムのドレスを6 ヴァレンティノの真っ赤なドレスを着こなす、現在のリヤ。タフなブーツで足もとに重心を置き、ドレスの甘さを引き締めたまったくブレません! BINX WALTON(ビンクス・ウォルトン)、MICA ARGANARAZ(ミカ・アルガナラズ) 着ていて心地のよいスタイル、自分のテイストを知り尽くしたふたり。安定感はピカイチ! 7 デビュー時から常にストリート&スポーティなスタイルのビンクス。少年のような2014年の姿8 アディダスのブルゾンでつくった現在のスタイル。パンツのイージーなフォルムは相変わらずだ9 こちらもマイスタイルが確立しているミカ。サンローランのジャケットをエフォートレスに着た10 ラグ& ボーンのセットアップを着た2015年のスナップ。ジャケットとパンツのゆるいサイズ感、 足首がのぞく絶妙なパンツの丈、白いインナーの首の詰まり具合など、バランスが今と同じだ JULIA NOBIS(ジュリア・ノビス) 2010年のデビュー以来 変わらないカジュアルな 装いが魅力。足もとには ヴァンズが欠かせない! 11 ロエベのショーを見に来ていたジュリア。同ブランドのトップスを気負いなく着こなした12 2012年頃は、ラグ &ボーンのパンツを愛用13 こちらは2015年。チェック柄シャツも彼女の定番だったまだまだ、成長中! MARTE MEI van HAASTER(マルテ・メイヴァン・ハースター) 14 ドリスのマドラスチェック柄ジャケットをセリーヌのバッグでモダンに着こなした15 デビュー間もない2012年のスナップ。「この頃からパワーアップし始めた!」と当時の取材陣 KIKI WILLEMS(キキ・ウィレムス) 16 音楽の背景を感じる着こなしに定評のあるキキ。70年代テイストに寄せすぎな気もする2015年17 最新スナップ。ウェアはすべてオールド・クロエ。シャツのフロントをラフに開けて、コートを着崩した DILONE(ディローン) 18 愛嬌たっぷりのスマイルで人気だった2016年のディローン。グッドガール風のスタイルで19 クロエのワイドパンツにバレンシアガのシャツを。マニッシュだが、ソフトな色使いにはフェミニンな表情もカップルで表紙を飾りました ERIKA LINDER(エリカ・リンダー)、HEATHER KEMESKY(ヘザー・ケメスキー) 20・21 アンドロジナスな女性モデルとして人気のエリカ。2018年1月号では表紙を飾ってもらい、ロングインタビューも敢行。クロス掛けしたバッグのストラップがアクセントに。「撮影時は現場に一番乗りでした」(SPUR編集部)というエピソードも 22・23 エリカの彼女であるヘザーは、2016年1月号のカバーガールに。今回のパリ・コレで、ふたり揃ってルイ・ヴィトンのショーに出演。ロングジャケットをデニムと合わせたシックな装いに深い赤リップがマッチ 若手がだんだんこなれてきた! HANNAH MOTLER(ハナ・モトラー) 24 2018年、デビューから半年後のハナ。スタッズつきブーツにこだわりが感じられる25 パンツのサイドラインとインナーで、ビビッドな赤をきかせた今シーズン。ワークテイストのパンツのチョイスもクール! FRAN SUMMERS(フラン・サマーズ) 26 バーバリーのトレンチコートとクロエのドレスでぐっとフェミニンに進化した今シーズンのフラン。ポインテッドブーツで足もとにエッジを加えた27 可愛いけれどまだ野暮ったさが残る2018年期待の新人たち これからキャリアを重ねていくであろう新人モデルの中から、スタイリングの成長にも期待がもてそうな4 人のホープを紹介! (右から)MAIKE INGA(マイケ・インガ)・FINN BUCHANAN(フィン・ブキャナン)・STEINBERG(スタインバーグ)・INDIRA SCOTT(インディラ・スコット) (右から)ボーイッシュなショートヘアのマイケ。OFF-WHITEのジャケットが映える。フィンはメゾン マルジェラのオープニングを務めたトランスジェンダー・モデルだ。ラルフ ローレンのレトロな趣が今また新鮮。スタインバーグは、ジバンシィとドリスのオープニングに抜擢。ヴィンテージのジャケットを主役に。ビーズを編み込んだブレードヘアのインディラはどんなルックも着こなす個性派 >>「モデルスナップ同窓会」特集TOPへ
  • NAME 吉田佳世さん OCCUPATIONスタイリスト PROFILESPURをはじめとするモード誌や広告で活躍するスタイリスト。トレンドに可愛らしい遊び心を加えたスタイリングとロマンティックな世界観に定評あり。ロンドンで培ったヴィンテージへの審美眼もさすが。 「もし月に行けるなら、地球では絶対にしないような派手派手コーディネートで盛大にパーティしたい。ドレスコードは面白シルエット。大きな袖のボリュームドレスなら上手に浮かべそう! 広大な宇宙空間にキラキラと反射ビームを放つメタリック&スパンコール系アイテムも必須です。みんなで変わったフォルムのコスチュームに身を包み、ふわふわ空中遊泳しながら、宙に浮かぶごちそうとシャンパンを楽しむ。お酒が回るのも早そうで最高です(笑)」>>宇宙いちモードなスペースカウボーイに変身! >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら さまざまな大きさのスパンコールをたっぷりとあしらったペンシル型。「月でのパーティならキラキラアイテムもトライしやすそう⁉」。スカート¥170,000/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ)レインボーカラーをメタリックでアップグレード。存在感抜群のパンプスで、いざ宇宙遊泳へ。パンプス〈ヒール12㎝〉¥99,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)パールを飾ったフォクシーなサングラス¥73,000(予定価格)/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン(ドルチェ&ガッバーナ)パープルのばらコサージュが覗く円盤型ヘッドドレス¥168,200/カシラ ショールーム(フィリップ トレーシー)「月を連想させるラウンドショルダーのシフォンドレスを優美になびかせてふわふわと漂いたい」。ドレス¥1,200,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ)
  • NAME 山崎直子さん OCCUPATION宇宙飛行士 PROFILE2010年スペースシャトル・ディスカバリー号に搭乗し、ISS組み立て補給ミッションSTS-131に従事。JAXA退職後、内閣府宇宙政策委員会委員、一般社団法人スペースポートジャパン代表理事などを務める。 「アームストロング船長が人類で初めて月に足跡を残してから50年。だんだんと月旅行が実現していくでしょう。月で寺子屋を開き、地球から修学旅行などで訪れる生徒さんと一緒に、宇宙や月、ふるさとの地球について学び合うことが夢です。スタイリッシュなジャンプスーツにクリア素材のアウターを羽織って、フィールドワークをしたい。月の石を調べたり、夜空の星を観測したり、ハウス農業をしたり、あちらで発見された水氷を使ってお風呂に入れたら……夢はふくらむばかりです」>>無重力でリラックス。ムーンリゾートへGO >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら ネイビーのメッシュ素材にカラーレザーの切り替えがグラフィカル。ショートブーツ〈ヒール10.5㎝〉¥94,000/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(エンポリオ アルマーニ) 「月でのフィールドワークにぴったりなアウターは近未来を感じさせるPVC素材で」。スマートフォンや小物が入れられる機能的なレザーのマルチポケットつき。PVC×レザーコート¥390,000/フェンディ ジャパン(フェンディ) 飛行機の窓から見える空のグラデーションを表現したピアス。「ロケットから見える宇宙の景色は何色?」ピアス¥52,000/エドストローム オフィス(オール ブルース) 宇宙でのワークスタイルは、地球にやさしい工程で加工したオーガニックコットンデニムのジャンプスーツを主役に。ジャンプスーツ¥194,000/ステラ マッカートニーカスタマーサービス(ステラ マッカートニー)
  • アイドルファンWiktoriaの場合 アジアを中心に活躍するボーイズグループ「FOLD」に熱狂するヴィクトリア。日本、中国、韓国など多国籍のメンバーが在籍している。箱推し(グループ全体のファン)だったが、昨年さいたまスーパーアリーナのライブでメンバーのNAOに落ちた。月に1 ~ 2回、ライブでアジア各国に遠征することが多く、服や靴もその際に買っている。リアコ(リアルに恋している)の推しにいつ見られてもいいよう、華やかなガーリースタイルが主流。ライブ後には反省会なる食事に繰り出すため軽装を心がけつつ、勝負服で挑む。必ず持参するのは、うちわ、ペンライト、涙を拭うハンカチ、双眼鏡、化粧品一式。そしてセトリやMC、立ち位置を記録するために必須のメモ帳とペン。それらをバッグに詰め込み、いざ参戦。推しが真摯に頑張る姿にパワーをもらっている。 メンバーカラーを花に、自分に ライブ会場で、自ら贈ったスタンド花と一緒に自撮り。推しのメンバーカラーである赤を基調にアレンジした。スタイリングにもカーディガンとバッグで赤を取り入れ、スパンコールがまばゆいワイドパンツで存在感をアピール。ライブ中は両手をあけておくのが鉄則だから、クロスボディタイプのバッグ「サイド パック」を選ぶ。PVCのミュールはほどよいヒール高で、長時間立ち尽くしのライブにも耐えうる履き心地。 カーディガン¥251,000・バッグ¥740,000・ミュール¥112,000/シャネル パンツ¥100,000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス) 目が合うことを祈って、うちわ作りは乙女な装いで 推しに喜んでもらうため、そしてファンサをもらうために、想いを込めてライブ用のうちわを作るのが彼女の至福の時間。小さな会場では禁止されていたけれど、人気が出てアリーナ開催になってからは、うちわ持ち込みOKに。サイズの異なるドットを配したドレスに乙女心を託す。水色のシースルーニットをのぞかせ、春夏らしい涼やかな味つけを加えた。 ドレス¥360,000/ザ シークレット クロゼット神宮前(シクラス) シースルーニット¥22,000/アンダーカバー まるでブルーオーシャン。無数のライトにドレスが呼応 ライブでの必需品はペンライト。1日2公演参戦する日は、1回使うと発光具合が弱くなるため、換えの電池も欠かせない。「はあ、尊い……」。推しのひたむきなダンスと歌に、胸を打たれる。水色、オレンジ、ゴールドの総スパンコールのミニドレスが、会場で幾千にも光るライトに応じて輝く。イエローのタイツを合わせてポップに仕上げた。 ドレス¥1,350,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ) タイツ¥1,000/ぽこ・あ・ぽこ(セシリア デ ラファエル) >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら  >>ゲーマーRichieの場合
  • 加速するキャッシュレスの波…もはや、スマホと少しのカードがあれば事足りてしまうかもという今、憧れのブランドでも小さなポシェットが人気者。その最新アイテムをご紹介します!2wayで使えて機能的。アクティブなシーンにも、さらっと"一流"をLOUIS VUITTON[ルイ・ヴィトン] ゴールドのロックや四つ角のプレート、ビスなど、ブランドの原点でもあるトランクのディテールが詰まったおしゃれなiPhoneケース「アイ・トランク」。ショルダーやクロスボディにもちょうどいい長さのレザーストラップは取り外しが可能。明るいブラウンのモノグラム・リバースキャンバスと、おなじみのモノグラム・キャンバスの2色で展開。(15.4× 8 × 2 iPhone X・XS対応)¥138000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)  ロングカーディガン¥23000/スリードッツ 青山店(スリードッツ)  ニット¥37000・パンツ¥39000/アマン(アンスクリア)  帽子¥13000/エストネーション(ラ メゾン ド リリス)  イヤカフ¥16000/UTS PR(ルフェール)  ゴールドバングル¥17000/カオス丸の内(キャッツ)  ウッドバングル¥9500/アルアバイル(ベン・アムン) 持つだけで気分が上がる!スマホ対応ミニポシェットが憧れブランドから続々どれを選ぶか目移りするほど素敵♡ ルックスはもちろん、どれも使い勝手のいいデザインばかり。HERMÈS[エルメス]  改札や支払い時にすっと引き出せるカードケースも優秀 特徴のある楕円形は、大人気のシルバーブレスレット「シェーヌ・ダンクル」のコマモチーフを引用。外のカードポケットの中に独立したカード入れがあり、改札やレジで本体ごとタッチしなくていいのがうれしい。(21×12)¥152000/エルメスジャポン(エルメス) BOTTEGA VENETA[ボッテガ・ヴェネタ]  ストラップの長さは調節自在。サコッシュ感覚で楽しんでみても ストラップには10個以上もの穴があり、長さ調節が可能。ブランドを代表するバッグ「カバ」と同じく、縫い目がなく、革もソフトで出し入れしやすいので、アイウェアやリップなどお好きなものを。(16×9.5×1)¥96000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) BURBERRY[バーバリー] 新生ロゴがアクセント。マグネット開閉で出し入れもしやすい 生まれ変わったロゴとロンドンにある本社の住所がプリントされたユーモアあふれるデザイン。マグネットのふたつきで、中身が飛び出ることもなく安心。(16.7×9.2)¥68000(予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー)VALENTINO[ヴァレンティノ] 背面にまでたっぷりとスタッズを施し、アクセいらずの華やかさ 上質感たっぷりのセミマットなレザーはベージュピンク、黒、アイボリーの3色展開。ジップポケットのほかにスマホが楽々入る大きめの部屋がひとつ。(9.5×17.5×3) ¥81000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ) MIU MIU[ミュウミュウ] パーティへもこれひとつでOK! マルチに使えるミニバッグ ベルベット×ゴールドチェーンのエレガントなポシェットはデニムスタイルの格上げにも。4枚のカード入れを備え、さまざまな用途に。(9.5×18.5×3)¥101000(予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ)撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物)  ヘア&メイク/ANNA.〈SHIMA〉 スタイリスト/松野裕子 モデル/桐谷美玲 取材・文/伊藤真知 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)で単位はcmです ※BAILA2019年6月号掲載
  • こんちには、バイラーズ 日下です BAILA6月号が発売されましたね 入手できたら、またじっくり読んで 魅力をご紹介したいと思います♡ 今日は、連休中に見つけた GU美脚チノパンについてご紹介しますね☺︎▼脚長効果バツグンのプチプラパンツがこちら後ろ姿も自信を持てるシルエット!兼ねてから気になっていた、チノパン “野暮ったくなりそう...” “良いものは見かけるけど、お高い...” etc、買うまで様々なネックがありました が!! このチノパンなら自信を持って 皆さんにおすすめ出来ます〜☺︎ (リンクとクレジット、下部に貼りました)▼ヒールサンダルと合わせれば更に美脚ベージュ系を多めに入れて...カジュアルになりがちなチノパン 綺麗めに着こなすために考えたのは ✔︎トップスには上品な素材を ✔︎足元はヒール ✔︎合わせるバッグも要検討 です 思いっきりカジュアルにする時は 定番の、ボーダーカットソー×スニーカー でも良いかもしれませんね ▼Tシャツ見えする便利なトップスを投入オフィスでも着られるトップスこちらは過去のブログに載せていますので 良ければご覧にくださいね☺︎ オフィスのルール上、Tシャツはダメでも これは使い勝手が良いですよ☝︎トップス紹介のブログはこちら▼最後にクレジットを肩にかけたカーディガンで、温度調整をTops : greenlabelrelaxing Bottom : GU Bag : J&M DAVIDSON Heels : SHIPS 合わせたバングルもGU、 GUコーデ、気になっています☺︎使ったチノパンはこちら私は160cmでSサイズを着用しています 最後まで読んでいただき ありがとうございました〜☺︎ また、更新しますね!Instagram▷ktf19スーパーバイラーズ 日下知世のブログ
  • 上着がいらなくなって、コットンや麻の服を着るようになって、それから爪先の出るサンダルをはくと、いよいよ本格的な夏の到来! 天気の良い日に、「この夏の相棒」を新しくおろすのは、女性にとって気分の上がる季節の儀式だと思う。スタイルが良く見えるヒールやウェッジソール、カジュアルなスリッポン、ひと夏ごとにサンダルの流行や気分は変わるけれど、30代の夏にぴったりなのは、はきやすくて軽やかなぺたんこサンダル。今シーズンは大人っぽいデザインが充実しているから、特に狙いどき。 ロジェ ヴィヴィエのシグネチャーであるバックルをポイントにした、シルバーのフラットサンダル。 サンダル¥96,000/ロジェ ヴィヴィヴェ(ロジェ・ヴィヴィエ ジャパン)リラックスしたバカンス先でも、蒸し暑い街中でも、ひと夏を一緒に過ごすサンダル。エフォートレスであることは、アクティブに働き、遊ぶ30代の女性にとって今や当たり前の条件。だからこそ、デザインには「楽ちん」に流されすぎないエレガントさを求めたい。ぺたんこのサンダルでも、スポサンではなくどこかに華奢さのある一足なら、全身から涼やかな雰囲気がただようはず。そして、美しいデザインのサンダルは、薄着の季節のコーディネートを品良く格上げしてくれる存在でもある。だからきっと、憧れブランドにエントリーするにも、フラットサンダルはちょうどいいアイテム。ヒールのあるラグジュアリーなデザインは現実的でなくても、フラットソールの気軽さは、どんなシチュエーションにも合わせやすい。フェミニンで華のあるデザインに挑戦して、夏を満喫して。 【select point】 ・「ぺたんこ」の軽やかさが気分。ソールは薄く、重量感のないものを。 ・ヌーディなデザインで、女性ならではの華奢さ、夏らしさをアピール。 ・カジュアルにはけるアイテムだから、ディテールは華やかに盛ってもOK! デイリーにも。バカンスにも。フラットサンダルの名品5【Salvatore Ferragamo】 はき心地のいいカーフのスライドサンダルは、ブランドアイコンの「ガンチーニ」をフロントにあしらって。ベージュが肌になじみつつ、ゴールドの金具とスタッズがほんのり辛口なニュアンスもプラス。ワイドパンツのスタイルに合わせて、足さばきよく、颯爽と。 サンダル¥74.000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ) 問)フェラガモ・ジャパン 0120-202-170【VALENTINO】 ロックスタッズつきのストラップとプレーンなアッパーがしゃれ感満点。足首から爪先までをほっそりと見せてくれるデザインだから、フラットでもスタイルアップが叶う。すっきりと脚を出したフェミニンスタイルに合わせて、上品に。 ¥100,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ) 問)ヴァレンティノインフォメーションデスク TEL03-6384-3512【JIMMY CHOO】 今シーズンのジミー チュウのテーマは”90s"。レザーストラップを編み上げてはくサンダルはグラマラスなムード満点。ほどよいセクシーさを夏のスタイルに加えてくれる。パフィーなストラップは肌あたりもよく快適。スポーティなサンダルから切り替えて、この夏はよりフェミニンに。 サンダル¥87,000/ジミー チュウ 問)ジミー チュウ 0120-013-700 【Roger Vivier】 最高に気分の上がる、鮮やかなフューシャピンクのトングサンダル。アッパーには、ブランドを象徴するバックルのモチーフがさりげなく。質感の違うカーフのコンビネーションや、ソールの先のスクエアなフォルムなど、大人っぽくはけるデザイン。 サンダル¥76,000/ロジェ・ヴィヴィエジャパン(ロジェ ヴィヴィエ) 問)ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン  0120-957940【Gianvito Rossi】 ビジューアンクレットのついたトングサンダルは、まるで「履くジュエリー」。ゴージャスだけど、フラットだからこその抜け感があり、バカンスや夜遊びにぴったり。イタリアの歴史ある靴職人一家に生まれ、2007年にブランドをスタートしたジャンヴィト ロッシ。エレガントでセンシュアルなデザインが魅力。 サンダル¥171,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) 問)ジャンヴィト ロッシ ジャパン TEL03-3403-5564 知っているとさらに愛着がわく、人気ブランドのヒストリー【ロジェ ヴィヴィエ】>>”足もとに夢をまとえば、その人の夢にリアリティが宿り始める”。そんな素敵な言葉を残したロジェ・ヴィヴィエは、1907年フランス生まれのシューズデザイナー。世界中の女性たちを魅了した彼の靴は、まるで彫刻のようだと賞賛されてきた。エリザベス二世は戴冠式のシューズデザイナーに彼を指名し、また、クリスチャン・ディオール、イヴ・サンローランら錚々たるデザイナーが、自身のコレクションのためのシューズデザインを依頼してきた。2004年にブランドのクリエイティブディレクターに就任したブルーノ・フリゾーニは、創業者ヴィヴィエのアーティスティックな感性を継承し、再解釈を経て現代へとよみがえらせる試みを重ねている。大きなスクエアバックルは、ロジェ ヴィヴィエのシグネチャー。サンダル、ブーツ、バッグにも用いられるこのデザインがリモデルされ、新たに「トレ ヴィヴィエ」という名のアイコンシューズコレクションに。1967年、ロジェ ヴィヴィエは、アイコニックなスクエアバックル付きのパテントレザーパンプスを発表した。構築的な美しさを持つこの一足は、同年に公開されたルイス・ブニュエル監督の「昼顔」で、カトリーヌ・ドヌーヴが着用したことでも有名。エレガントでありながら、挑発的な一面を持ったこのデザインが、ミステリアスな魔性に駆られるヒロインとともに強い印象を残している。新クリエイティブ・ディレクターのゲラルド・フェローには、このパンプスを再解釈し、二種の高さのキューブヒール、メタルやクリスタルのラージスクエアバックルでよりモダンにリモデル。ロジェ ヴィヴィエの芸術性をシンプルに表現した。映画「昼顔」を撮影中のカトリーヌ・ドヌーブ。トレンチコートの足もとに、メタルバックルのパンプスが印象的。文・久保田梓美
関連キーワード

RECOMMEND