オーガニックなロールオンフレグランスとセットになったSPUR2月号特別版は、12月14日予約受付開始!

SPUR.JP

SPUR2月号は、通常版とは別に、英国発のラグジュアリーオーガニックブランド、バンフォードの「ロールオンフレグランスオイルコレクション」の現品(税抜き17,000円)をセットにしたお得な特別版を7,100円(税込み価格。送料が別途かかる場合があります)で発売します。予約受付開始は1214日からの予定です。気分にあわせて手首などにつけて、リフレッシュできるロールオンフレグランス。バンフォードのものは、オーガニック精油が贅沢に配合されているので、本当にいい香り。癒されますよ。

この特別版は集英社の通販サイト、フラッグショップと、セブンネットショッピングでの個数限定発売になります。1214日に詳しい紹介記事と予約サイトへのリンクをアップする予定です。人気企画となっているお得な特別版をお見逃しなく!

*個数限定なので、売り切れ次第販売終了となります。売り切れの際はご容赦ください。

関連記事
  • この日は雨が降っていたからなのか、庭の緑が幻想的に見えました。お手入れの行き届いたモダンな日本庭園です。レセプションに飾られていたのは、ラグビーのニュージーランド代表「オールブラックス」のユニフォーム! 実はこの場所はニュージーランド大使館。こちらで、日本に初上陸したニュージーランドのオーガニックビューティブランド「アンティポディース」のお披露目会が開催されたのです。豊かな自然に恵まれたニュージーランドには独自の植物や樹木が多く存在し、それらには美容効果を発揮する成分がたくさん含まれています。ビタミン豊富なキウイやアボカドは日本でもおなじみのフルーツですよね。高い抗菌作用で有名なマヌカハニーも、ニュージーランドに自生するマヌカの花の蜜から作られたもの。そのほか、ママク、トラタなど私たちには馴染みのない独自原料も豊富にあるんだとか。そんな植物由来の原料をふんだんに使い、ナチュラルながらも肌実感できる製品を展開しているのが「アンティポディース」。スライドには、イメージビジュアルが映し出されました。モデルを務めたこの女性は、開発者であるエリザベス・ バーバリッチさんの娘さんなんですって。ブランドについてレクチャーしてくださったエリザベスさんです。美しい母娘ですよね。次のページで、日本初上陸の「アンティポディース」の製品をご紹介します。製品がディスプレイされたコーナーには、おもてなしの軽食も用意されていました。キウイフルーツをのせたクラッカーですよ。「アンティポディース」に採用しているのは、汚染のない土壌で育まれた新鮮な果実から抽出したり、自生する樹木や植物からサスティナブルな方法で採取した高品質な成分。食品レベルの安全性にもこだわり、ほとんどの製品がオーガニック認証、ベジタリアン認証、ヴィーガン認証などを取得しています。日本に初上陸するのは全17製品。3月15日(金)より、ルミネ有楽町店や阪急うめだなどコスメキッチンの12店舗とWEB STOREで先行販売しています。特に気になったのは「マヌカハニー ライトデイクリーム」(¥6,200)。軽いテクスチャーで、なじませていくと肌がトーンアップしてハリ感も出てきたような。マヌカハニーのほかリフティング効果をもたらすハチ毒も配合されています。※価格は税別、以下同スポイトタイプの美容液とオイルは5種類のラインナップ。左の白いラベル「アポスル Bセラム」(¥5,800)はウォーターベースの美容液で、抗酸化作用があるヴィナンザグレープとキウイを配合。ピーリング作用もありエイジングケアにも。左は、汚れを落として集中保湿する「オーラ マヌカハニーマスク」(¥4,500)、右は肌をデトックスしてトーンアップを叶える火山灰配合の「ヘイロー  ボルカニックマッドマスク」(¥4,500)。どちらも、首までのばして週2回ほどの集中ケアとして活躍させて。どの製品も、ニュージーランドの自然を思わせるフレッシュでエキゾチックな香りも魅力です。コスメキッチンWEB STORE「アンティポディース」
  • わずか2歳でモデルデビューを果たし、16歳から本格的にモデルとしてのキャリアをスタートさせたジジ・ハディッド。今では、世界中を飛び回るトップモデルのひとりとして活躍する彼女が、2019年4月23日(現地時間)に24歳のバースデーを迎えた。 View this post on Instagram Happy birthday to my best friend by blood and by choice. I am so lucky you are everything good my sweet sister. Your empathy, love, loyalty and work ethic are some of the reasons you are so beyond loved by so many... Your creativity and energy to always go above and beyond surprises and excites me everyday!!! I am so inspired by you and every single endeavor that you take. I will be by your side for every single one you take in the future!. I am your #1 fan forever and I can’t wait for forever of birthdays with you!!!!! I love you My little ball of sunshine @gigihadid さん(@bellahadid)がシェアした投稿 - 2019年 4月月22日午後4時15分PDT ジジの妹で同じくモデルのベラ・ハディッド(22)は、インスタグラムに「誕生日おめでとう、あなたが私の親友であり、血のつながった姉であることが何よりも幸せ(一部抜粋)」とメッセージと写真を投稿。なかには、ハディッド姉妹の幼少期の頃の貴重なツーショットも。 View this post on Instagram Built in best friend @gigihadid さん(@bellahadid)がシェアした投稿 - 2019年 4月月22日午後4時27分PDT ジジの母親でかつてトップモデルとして一世を風靡したヨランダ・ハディッド(55)も、「ハッピーバースデー、私の愛しいエンジェル。私のもとに生まれてきてくれてありがとう(一部抜粋)」と、愛に溢れたメッセージを投稿した。 View this post on Instagram ❤️ Happy birthday my sweet angel , thank you for choosing me to be your mamma and for blessing my life with your extraordinary presence these past 24 years. Your brilliant mind, beautiful heart, resilience, love and kindness is the magic with which you touch all of our lives. I am so proud of all that you do and the woman that you are, your work ethic, dedication and commitment to be the best version off yourself everyday with great integrity and authentic to who you are throughout the good and challenging times of your life. Keep dreaming big my love, I pray that each day love, health and happiness will come your way...... #24 #HappyBirthday YOLANDAさん(@yolanda.hadid)がシェアした投稿 - 2019年 4月月23日午後12時01分PDT 家族からのメッセージを受け取り、バースデーを迎えたジジ。パーティは、ニューヨークの5番街にある高級レストランで開催された。そこにはハディッド家をはじめ、セレブやモデル仲間、ファッションデザイナーが、ドレスコードのデニムを取り入れた着こなしで来場! 主役のジジは、Gジャン×デニムパンツのデニム・オン・デニム。なかに着用した白のショートトップスの下からは、鍛えられた腹筋がちらり。胸もとをキッチュなアクセサリーで飾り、ネイルカラーとバッグをイエローでまとめた。 Photo:Aflo対するベラは、リメイクされたようなデニムビスチェに、デニムシャツ&パンツをマッチ。イエローの靴紐がまぶしいマウンテンブーツに、ラグジュアリーなルイ・ヴィトンのバッグと、絶妙なMIXスタイルを披露。また、母ヨランダと父モハメド・ハディッドもそれぞれデニムスタイルで来場した。 Photo:Aflo続々と来場したゲストのなかには、女優のヘイリー・スタインフェルド(22)、モデルのアシュリー・グラハム(31)&パートナーのジャスティン・アービンなど、豪華な顔ぶれがずらり。先日豪華な結婚式を挙げたばかりのファッションデザイナー、マーク・ジェイコブス(56)は、パートナーを同伴して参加。 Photo:AfloPhoto:Getty ImagesPhoto:Afloさらには、ジジの親友で知られる歌手のテイラー・スウィフト(29)の姿も。マーク同様にドレスコードをスルーしたファッションに身を包み、主役以上にお目立ち? Photo:Afloテイラーといえば、ジジの元恋人であるゼイン・マリク(26)とも親交が深いが、この日ゼインの姿は見られなかったとか。一部では、ゼインがジジとの復縁を懇願しているという報道もあるが、果たして真相は? >>復縁をしたいとアピール? ゼイン・マリク、ジジ・ハディッドに「愛している」とメッセージを送る >>祝マーク・ジェイコブスが結婚! ケイト・モスをはじめ、今をときめく人気モデルが出席
  • BIOPLE FES(ビープルフェス)とは、Biople by CosmeKitchenで販売されるアイテムをいち早くチェックできる展示会。そこで出会ったたくさんの新製品から注目のアイテムをピックアップしてご紹介。すべて本日、4月24日(水)から限定・先行でお目見え。駅近なショップも多く、オーガニックをぐっと身近にしてくれる「Biople by CosmeKitchen」。ビューティはもとより、ヘルスケアからちょっとした食品まで並ぶ店内はついつい長居してしまう楽しさと驚きに満ちています。今回はそんなBiople by CosmeKitchen主催の「BIOPLE FES」で出会った注目コスメをご紹介。すべて本日4月24日(水)から限定または先行で店頭&サイトでゲットできます。まず今回目立ったのは、アサ由来の成分カンナビジオールを含むCBDを筆頭にしたヘンプ関連アイテム。もともと医療分野で痛みの軽減や抗炎症、睡眠障害の緩和などに用いられていた成分が美容面、とりわけアンチエイジングケアとして注目されている印象を受けました。上の写真はCBD会社のパイオニアと言われる「ENDOCA(エンドカ)」のヘンプボディバター(¥17000)とリップ&スキン(¥1600)。先行発売です。「アンダルーナチュラルズ」は、さまざまな植物やフルーツの幹細胞に着目してきたスキンケアブランド。その新作がアサ幹細胞エキスを採用したエイジングケアライン「Canna Cell(キャナセル)」。クレンジングフォーム(¥2800)、ビューティーオイル(¥4600)、ナイトクリーム(¥4600)など、気軽なプライスでアサ美容にトライできる5品がラインナップ。こちらも先行発売。ちなみに、こちらのジャーに入っているのがヘンプシード。 飲むCBDも続々。「エリクシノール」のリトリートオイルカプセル(写真右端の白い容器・¥8800)はタピオカ由来のカプセルに、CBDオイルとともに必須脂肪酸であるオメガ3&6脂肪酸を豊富に含むオーガニックヘンプシードオイルをIN。 フレーバーつきのオイルも発見! アメリカで医療大麻薬局を営んでいた夫妻が立ち上げた「grön」は、ココナツオイルをベースにCBDを500mgと高配合。ミント、レモンライムと2つのフレーバーが揃います。デザートや飲み物にブレンドして楽しんでもOK。各¥13500、先行販売。 ヘンプ関連以外ももちろんあれこれありました。なかでも、その愛らしさに惹きつけられたのがこの「BLUME edena(ブルーメエデナ)」のコンセントレートクリアシリーズ。 でも愛らしさだけではないんです。まずは、こちらの「コンセントレートクリアエッセンス」(¥6300)に注目。アロエ葉水をベースに、福寿草由来の希少な植物性アスタキサンチン、美白コスメでよく耳にするアルブチンやエラグ酸を豊富に含むクマコケモモエキス、さらにスーパーフルーツと言われるサジーの果実油などを配合。植物が紫外線などから身を守るために自らつくり出した成分が、日焼け肌や紫外線を浴びた肌を優しく整えてくれます。水も乳化剤も使わずに作り上げた濃縮美容液は、化粧水にブレンドしたり、気になる部分にはダイレクトに使ってもOKとフレキシブル。甘ずっぱい香りでサラッとみずみずしいテクスチャーですが、7種もブレンドされたボタニカルオイルのおかげか薄くピタッと肌に寄り添ってくれるうるおいのヴェールをつくり、べたつかず実に快適な使い心地。これは夏のケアにぴったり! 「ベリーベリーシュガースクラブパック」(¥3900)はラズベリー・いちご・ブルーベリーといったビタミン・ポリフェノールたっぷりの果実のエキスに、肌を整えてくれる紫根エキスをプラス。粒子の細かい甜菜糖で角質をオフしながら保湿できる、ナチュラル仕立てのスクラブパックです。たぶん紫根由来の色なのでしょう、この美しいピンクの色合いと甘ずっぱいベリー系の香りにノックアウト。さらになめらかしっとりの洗い上がりにうっとり。すべてに魅せられました! ラストはこちらの「Mastiha(マスティハ)」。マスティハとはギリシャ・ヒオス島の南部に生息するマスティハの木から採れる天然樹脂。抗菌・抗酸化・抗炎症作用が強く、古来からエイジングケアや肌トラブル改善の妙薬として人々に愛され、医療現場でも用いられているそう。 これがそのマスティハの樹脂。まるでジュエリーの原石のよう! マスティハの伝統的な収穫や生産方法は、ユネスコの無形文化遺産にも登録されているんですって。 聞くところによると、現地の人々はこの樹脂をガムがわりに噛むとか。それって最高のオーラルケアでは!?と私もトライさせてもらいました。かすかに松ヤニっぽい香りはあるもののほぼ無味、そしてなかなか減らないので、いつまでも噛んでいられます。顔のエクササイズ用にこれも販売してほしい(笑)。今回Biople by CosmeKitchenで先行発売されるのは写真右の100%ピュア マスティハウォーター(¥2600)。その名の通り、マスティハから蒸留によって採取される100%天然、混じりっけなしの樹脂水です。 こちらはブースターとして洗顔後のまっさら肌にどうぞ。“The樹木”といった香り、そしてシャバシャバの“水”テクスチャーに、思わず一瞬ひるみました。が、あら不思議。グイグイと肌に吸い込まれていき角質がしっかりうるおうのを実感。肌が柔らかくなり、次の化粧水を受け入れやすいようばっちり整えてくれます。顔色もワントーン明るく見えるような。お手ごろ価格だし、これは使い続けそうな予感。こうなると隣のソープも気になるところです。 と、私が目をつけたアイテムを紹介してきましたが、今回はこの辺で。次回はヘルスケア系をご紹介しようと思っています。 ●「Biople by CosmeKitchen」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 経済成長著しい中国。ビジネスやIT技術の進化についてはよく耳にするけれど、リアルなファッション事情はどうなっている?? 今まさに急成長を遂げている中国のシーンに迫るべく、徹底リサーチを敢行。この動き、もはや傍観しているだけでは済まされない! PART1 教えて! 中国の今とこれから 現在の中国ファッション界の事情を、日中のユースカルチャーシーンに詳しい陳暁夏代さんに聞いた。 話を聞いた人 ▶︎ 陳暁夏代さんちんしょう なつよ●日本と中国にルーツを持ち、両国を行き来しながら育つ。現在は東京を拠点に、戦略コンサルティングや企画立案を行う。Twitter: @chinshonatsuyo 今、この国では何が起こっているのか? 「中国では今、まさにファッションが勃興している状態です」と語る陳暁夏代さん。「Eコマース(EC)とモバイル決済が中国で爆発的に普及したのがほんの3年ほど前。その1年後には、中国のミレニアルズの間でストリートファッションが大流行。洋服をどう着るかにあまりこだわりのない人ばかりだった中国で、『みんなが同じトレンドを追う』という現象がこのとき初めて起こりました。今、若者の間では、SNSを通してファッションの情報を仕入れ、ECサイトで服を買い、それをSNSで発信するという流れが、都市部でも地方でも完全にできあがっています」 2020年には100兆円を超える規模に達するといわれる、中国のファッション関連市場(ちなみに日本は18兆円程度)。その成長を担う若年層にファッション熱がものすごいスピードで広まった背景には、中国特有の事情がある。まず、経済成長の影響で国が豊かになり、若年層の金銭的余裕が大きくなったこと。IT技術の爆発的普及により、EC」サイトを通して中国全土で気軽に最新のファッションアイテムが購入できるようになったこと(1)。そして何より、中国では20~35歳のミレニアルズ人口の割合が高く(2)、彼らの興味や嗜好が社会を大きく動かす原動力になっているというのが重要なポイントだ。彼らの動きが国そのものを前進させ、それが世界に影響を与えることになる。世界のブランドが、中国のミレニアルズの動向に注目している理由はここにある。 (1)EC市場はこんなに伸びている! 下のグラフと表は、主要国のEC市場の規模と伸び率を示したもの。ECとはEコマース(電子商取引)の略で、インターネット上での取引や決済のこと。つまりオンラインショッピングのことを指す。今や中国は、アメリカに倍以上の差をつけて世界第1位のEC大国だ。さらに対前年比の伸び率の高さにも注目。日本の伸び率は先進国の中でも低い水準だ。 引用元:平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査) 経済産業省 商務情報政策局 情報経済課 (2)日中・世代別人口比較 日本と中国の、世代別の人口を表したピラミッド(2018年)。日本の人口が1 億2000万人なのに対し、中国の人口は13億人で世界1 位。そもそもの母数が違うのだが、ここで注目すべきはその世代別構成比。中国のボリュームゾーンは45〜54歳と、ミレニアルズと呼ばれる世代の20〜34歳にある。 引用元:UNITED NATIONS / World Population Prospects(単位:万人) 「芸能人の着た服」が飛ぶように売れる仕組み  ではなぜ、中国ミレニアルズにストリートファッションのブームが巻き起こったのか。陳暁さんによれば、その一因はアイドルのオーディション番組やラップバトル番組が大ヒットしたことにあるという。「中国のトレンドは圧倒的に属人的で、もっとも影響力があるのは芸能人です。中でも今、特に影響力が強いのは、VOD(ビデオ・オン・デマンド:動画コンテンツ配信サービス)のオーディション番組に出ている若手タレントやアイドル、ヒップホップグループのメンバーです(3)」。中国では、今やVODの視聴数がTVを超えている。番組や、そこに出演するタレントの人気が上がるにつれ、彼らのアイテムや着こなしをまねする若者も増えた。番組で人気タレントが着た服は、即日で売り切れることも多いそう。「芸能人の着た服が売れる」という一見単純な現象の背後には、中国のECサイトの普及と抜群の使いやすさがある。「日本では、TV番組に出ていた芸能人の服が気になっても、なかなか検索して見つけ出せないですよね。中国では、芸能人の名前と番組名で検索すればすぐに該当アイテムが見つかり、ECサイトで購入できます。これは芸能人とブランドの関係が強固だからできること。検索にはブランド名すら必要ありません」。この便利さとわかりやすさが、現在の中国ファッション界の常識になっている。 (3)スター誕生!VODオーディション番組 「中国のミレニアルズはみんなTVではなく、VODのコンテンツを見ています。TVを見るのはもっと上の世代ですね」と陳暁さん。VODには若年層の嗜好が強く反映されている。中でも人気がある番組は、男性アイドルのオーディション番組「偶像练习生」、女子アイドルオーディションの「創造101」、ラップバトル番組「中国有嘻哈」の3 つ。 偶像练习生 IDOL PRODUCER 検索エンジン「百度(バイドゥ)」傘下の動画共有サイト「iQIYI」による男性アイドルオーディション番組。左は、ここから勝ち抜いてデビューした9 人組のグループ「Nine Percent」の中心人物で、視聴者から圧倒的人気を誇る蔡徐坤(Cai Xukun)。 創造101 PRODUCE 101 メッセンジャーアプリ「WeChat」を提供するテンセント社が手がけるVOD番組。韓国発のアイドルオーディション番組「プロデュース101」の中国版ともいえる内容になっている。左はその出演メンバーである美岐(MeiQi)。 中国有嘻哈 THE RAP OF CHINA 「偶像练习生」と同じくiQIYIの制作したラップバトル番組。中国のヒップホップブームを牽引する存在。左の写真は、元EXOの呉亦凡(Kris Wu)。中国で大人気のラッパーで、この番組のプロデューサー的存在であり、審査員でもある。 中国女子は、街に出てお買い物をしない!  もうひとつ、日本と中国の違いとして挙げられるのが、ショップのショールーム化だ。「日本では、店舗は販売のためのスペースですが、中国ではECに販売機能があり、リアル店舗の役割はショールーム。世界観を伝える場だから、ギャラリーのようになっています。最近は店舗にスタジオを併設して、店員がそこで撮影をし、SNSに動画をアップするという手法が普及しています(4)」と陳暁さん。店舗でも購入はできるが、QRコードつきのショップカードを渡してECサイトに誘導するのが中国流だ。「だから、中国ではショッパーを持って街を歩いている子がいないんです。表参道ではみんな紙袋を持っているけれど、中国ではタピオカジュースを持っている(笑)」 お買い物はウェブでする中国っ子が街へ出る目的といえば、もちろんSNSにアップする写真を撮るため(5)。月間アクティブユーザーがそれぞれ4億4600万人と10億人を超えるWeiboとWeChatの二大勢力に加え、ファッション感度の高い人には今、小紅书(RED)が人気だ。EC機能のついた中国版インスタグラムともいえるアプリで、若い女性を中心にユーザーが増えつつある。 SNSが日本以上に浸透している中国では、KOL(キー・オピニオン・リーダー)と呼ばれる、インフルエンサー的アカウントの影響が非常に強いのも特徴のひとつ。「フォロワー数500万以上はトップKOL。芸能人と並ぶ影響力があります」と陳暁さん。SPUR3月号で紹介したMr.Bagsもその中のひとり。彼らのSNSを見て画面をタップすれば、そのアイテムを扱うECサイトに直接飛べて、ショッピングができる。こうしてKOLはブランドからも頼られる存在となり、中国のEC市場はますます伸びることになる。 (4)店はショールームに? 「日本では、店舗は売るための場所なので商品在庫がたくさん置いてありますが、中国では販売の場はあくまでオンライン。在庫はECサイトで管理します」と陳暁さん。その結果、リアル店舗はショールーム化。「中国ではECサイトで買い物をする文化はもう完全に形成されたので、これからもショールーム型店舗は増えると思います」 (5)SNS映えが命です ミレニアルズにとっては、現実の世界よりもバーチャルのほうが「リアル」。「可愛い服を着ておしゃれな場所で写真を撮りたい」というのは、中国の若者の間に共通する思いだ。人気の美術館やカフェには、SNS映えする撮影スポットがしっかりと用意してある。最初からそこに似合うようにスタイリングを考えて、撮影しに行く人も多いそう! チャイナブランドと知らずに、服を買う時代がやってくる?  では、今後の中国ファッション界はどうなっていくのだろう。陳暁さんが注目しているのは、イギリスなど欧米のファッションスクールで学んだ新進の中国人デザイナーたち(6)の影響力だ。「ほかの留学生と違うのは、彼らは『中国をもっとよくしたい』という強い意志をもって学びに行っているところ。中国人には圧倒的な愛国心があるので、国に帰ってブランドやショップを立ち上げ、自国のファッション界に貢献しようという人も多いです。抜群にセンスのいい彼らには、必ずフォロワーがつくでしょう。そして欧米で学んだ彼らが発信するのは、中国と欧米を融合したまったく新しい概念なはずです。ここから、中国ファッション界に今までとは違う流れが生まれてくると思います」 中国若年層のこうした動きは、日本に住む私たちも無視するわけにはいかない。陳暁さんは、「世界の人々が、チャイナブランドとは知らずに中国発のファッションアイテムを買う時代がいずれ来る」と予測する。「今後、中国のオリジナルブランドは、ますます強くなっていくと思います」。たとえばドローンのシェア世界1位の中国メーカー、DJIのように、当初は無名ながら大きなシェアを獲得するブランドが、ファッションにおいても出現するかもしれない。「すでにSNS上では、どこの国のブランドなのか意識せずにアイテムを買う人が多数派です。そうなってくると、SNSでのブランディングがとても重要になってきますよね。日本の企業やブランドは、ここが弱いところが多い。これからの時代、これではカスタマーに届かないのでもったいないです」と陳暁さん。ITによる社会の変化を味方につけて急成長をとげる中国。日本のファッション界も、多くの気づきがあるのではないだろうか。 (6)世界に羽ばたく中国出身デザイナーズブランドは? 近年、欧米のファッションウィークや若手ブランドのコンテストで、中国出身デザイナーの存在感が年々高まっていることに、モード好きならすでに気づいているだろう。ここでは、期待度抜群の中国人デザイナーによるフレッシュなブランドを3つピックアップ! YUHAN WANG ユーハン ワン 威海市出身。2016年、ロンドンのセントラル・セント・マーチンズを修了。現在は若手の合同ショーであるファッションイーストで作品を発表。幻想的でガーリーな世界観に注目が集まる。 HUISHAN ZHANG フーシャン ツァン 青島市出身。ディオールのオートクチュール部門などでキャリアを積んだのち、2011年にロンドンで自身のブランドをスタート。2015年には、LVMHプライズのセミ・ファイナリストに選出される。 SNOW XUE GAO スノウ シュエ ガオ 北京市出身。NYのパーソンズ美術大学を卒業後、2016年にブランドを設立。現在はNYファッションウィークでランウェイショーを開催している。オリエンタルなデザインと、テーラリングの要素をミックスした世界観が魅力。 SOURCE:SPUR 2019年5月号「中国の若者は、ショッパーを持たない」photography: Imaginechina illustration: Emi Ozaki edit: Chiharu Itagaki
  • こんにちは。 ディレクターの内山です。 もうすぐスペシャルなGWスタートですね! みなさまGWのお出かけ先はお決まりでしょうか? 私は、新緑が美しい日本のこの季節が大好きですので、毎年GWは国内を旅することが多いです。 これからの季節、私の出身地でもある、山梨もとっても気持ちよい季節に入ります。 山々の新緑に加え、盆地に広がる葡萄畑が芽吹き、生き生きと動き始める美しい季節。 雄大な葡萄畑が広がり、ここ十年くらい山梨はワイナリーがとっても元気なんです! 山梨県ならではの葡萄品種の研究を重ねてきた伝統ワイナリーに加え、面白いワインを作る新進気鋭のワイナリーも増えています。 海外のコンクールで賞をとる、素晴らしいワインも次々に醸造され、東京のレストランでも、海外のレストランでも山梨ワインを提供するお店が多くなりました。 そして今、女子たちの間でも、山梨のワイナリーを回ってテイスティングしながら好みのワインを探す、ワイン旅がブームでもあります。 私のお友達も何人か、毎年ワイナリー巡り楽しんでいるようです。 でも、実家を離れて30年以上にもなりますと、今人気の地元のワイナリー情報も、灯台下暗しで知らないことも多く。 2月の終わりに山梨大使として参加させていただいた、おいしくて楽しい列車ツアー「峡東ワインリゾートツアー」で、今の山梨ワインを知ることができました。 そのレポートから、東京から、日帰りでも1泊2日でも楽しめる、勝沼を中心とする「峡東ワインリゾート」と山梨ワインとワイナリーをご紹介したいと思います。   今年で3回目となった「峡東ワインリゾートツアー」。 新宿駅からスタートしたこのツアーは、貸切のお座敷ワイン列車に乗り、まずは列車の中で、ソムリエによる山梨ワインのセミナーとテイスティングから始まりました。 目指すは山梨の人気温泉がある石和温泉駅。 新宿からはノンストップで90分。峡東ワインリゾートとは、山梨県のちょうど真ん中くらいに位置し、勝沼町を中心として広がる、14のワイナリー地区をいいます。 このあたりは盆地で最も日あたりがよく、いくつかの大きな川が流れ込み、葡萄を作るのに適した土地と言われています。 列車では、山梨県にも詳しいソムリエによる、峡東地区の土壌の話し、日本で1200年以上から栽培され世界でも認められている「甲州葡萄種」、そして山梨の赤ワインに使われる「マスカット・ベリーA」など、歴史と文化を聞きながら、3種のワインをテイスティング。   まずは、甲州葡萄を使った「ソレイユ甲州2017」(白)。生産者は旭洋酒。夫婦二人が切り盛りする小さなワイナリーで丁寧に妥協を許さずつくられたワイン。八朔や梨をイメージさせる和柑橘の香りが広がり、オレンジ、ハーブ、白胡椒がアクセントになっています。   次は、マスカット・ベリーAを使った「MGVs B521 マスカット・ベリーA 2017 」(ロゼ)。2017年4月に勝沼にオープンした新進気鋭のワイナリーが作る、モダンなボトルにクリーンで切れ味のある酸味とミネラル感がふくよかなロゼ。海外でも評価が高いワイナリーは、ワイナリー施設の建築、内装、エチケットのセンスもバツグンで必見です。   最後に試飲したのは、アルプスワインのメルローを使った「プラチナコレクション メルロ2014」(赤)。日本でも栽培しやすい、メルローを6ヶ月オーク樽で熟成させたこのワインは、カシスやブラックベリーといった黒系果実の香りのほか、バニラ、スパイス、土の香りがする。だれもが飲みやすくおいしいと感じるミディアムボディです。   そして、ほろ酔い気分になったところで列車は石和温泉駅に到着。   一行は、日本を代表するワインソムリエ、田崎真也さんが待つ「ホテル春日居」へ向かいました。 ここでは、山梨の地元食材を使ったお料理とワインのマリアージュを体験。 甲斐サーモンのカルパッチョに合わせた甲州スパークリング、じゃがいもとベーコンのテリーヌに合わせた、昨今世界中で人気のロゼワイン、鳥もつの醤油煮にあわせた赤ワインなどの、食とのスペシャルテイスティングを体験。   最も感動したのは、「笛吹甲州グリ・ド・グリ2017」のロゼ。 灰色の甲州葡萄(葡萄には、黒葡萄、白葡萄があり、甲州葡萄は中間の灰色葡萄と言われている)を使い、赤ワインの手法で皮も一緒につぶしてつくるとロゼワインになるという。甲州葡萄を使いながらもロゼなのです。 辛口ながらとってもエレガントな香りに、甲州葡萄を使った山梨ワインの広がりを感じることができました。   そしてこの会場が、この日の宿泊ホテル。 最近リニューアルした館内は広々とし、緑に囲まれたロケーションが静かでくつろげるホテル。 どの部屋も50平米以上の広々空間でゆったりと満喫でき、美肌の湯といわれる上質な湯は「アルカリ性単純温泉」。 また15種類の薬鉱石が敷きつめられた岩盤温泉も女性に大好評で、きれいも叶う宿「ホテル春日居」でした。   翌日は、工場見学とともにワインの歴史が学べる「本坊酒造マルス山梨ワイナリー」で、個性豊かなワインをテイスティングした後、1937年の創業以来葡萄産地「勝沼」に根ざし、葡萄栽培からワイン醸造まで130年の歴史ある「勝沼醸造」へ。 ワイナリーの歴史が垣間見られる、美しい白土塀の日本家屋で、当主自らのアルガワインの魅力とテイスティングは非日常の豊かな時間を味わうことができます。 アルガブランドのワインは世界にも名をはせており、フランス醸造技術者協会主催のロンドンで行われる国際ワインコンテストで銀賞を受賞している「アルガブランイセハラ」は海外でも大人気です。     ランチは「勝沼醸造」が経営する、ワイナリーから歩いて5分の葡萄畑の高台にある、教会のようなレストラン「風」へ。 ワインに合うローストビーフを山葵でいただくメニューが、長きにわたり勝沼町で人気のレストランです。 ここでは「勝沼醸造」のワインはもちろんのこと、勝沼町にある32社のワインが揃う。まさに勝沼の葡萄畑の風を感じながら、おいしい食事とワインのマリアージュを楽めます。   たった一泊なのに心身ともリフレッシュでき、山梨県が育むおいしいワインを知り、自然を堪能できるリゾートが峡東地区地区です。     個人的におすすめは、峡東地区の中でも、私の出身地・勝沼町に点在するこちらのワイナリーです。 MGVs(マクヴィス)ワイナリー ■山梨県甲州市勝沼町等々力601-17   グレイスワイン(中央葡萄酒) ■山梨県甲州市勝沼町等々力173   マルフジワイナリー(丸藤葡萄酒) ■山梨県甲州市勝沼町藤井780   原茂ワイン ■山梨県甲州市勝沼町勝沼3181   くらむぼんワイン ■山梨県甲州市勝沼町勝沼835   勝沼醸造 ■山梨県甲州市勝沼町下岩崎371   どのワイナリーも建物にも風情があり、それぞれ個性あふれるワイン作りをしています。 朝からゆっくり回れば、1日で4~5軒くらいは訪れることができます。 そして、ここにご紹介できない個性豊かなワイナリーもまだまだ沢山あります。 峡東地域ワインリゾート推進協議会の公式サイトから、ワイナリーの情報を得て、旅を一緒にする友達と、好みにあった山梨ワイナリー巡りの旅をプランしてみるのもおすすめです。   気持ちの良いGWに、ぜひワインを楽しみに、山梨へおでかけください。     Article By Shinobu Uchiyama 1990年(株)世界文化社入社。『家庭画報delicious』『MISS』『MISSwedding』『きものSalon』『GOLD』の各誌の編集長を12年間経て、2016年6月から㈱集英社・ブランド事業部・コンテンツマネージャーになり『LaVivant』ディレクター。『GOLD』編集長時代には、料理本『編集長のお家ごはん』を出版。クシマクロビオティックコンシェルジュ、オーガニック料理ソムリエ、中医学薬膳、調理師免許の資格を持つ料理家でもある。オスカープロモーション所属。山梨大使。  
  • 最近いきなり日差しが強くなりましたね。日中ずっと外出していると、早くもじんわり汗がにじんだり、肌がほんのり熱を持ったりしてしまいます。そんな時、私は思い出しました、このAVEDAのcoolingを! 昨年初めて使用したのですが、まず出てきたのは「何これ!」という驚きでした。というのも、メントール配合のボディオイルなので、肌にのせた瞬間、ひんやりするのです。ちょっと不思議な感覚なのですが、それがだんだんクセに。何より火照りが文字通りクールダウンするのが本当に気持ちいい。しかもペパーミントの清涼感のある香りで、同時にリフレッシュもできます。 そんなこんなな使用感のため、今年も早速手にとってしまいました。気になった時にささっとケアするのはもちろん、これからの季節レジャーにもぜひ持っていきたい。(ただなかなかのスースーした香りなので、街中や人混みでのつけすぎは注意です!) これからどんどん気温が上がると思うとちょっと憂鬱にもなりますが、AVEDAのcoolingでなんとか乗り切っていこうと思っています。
  • "ホッと一息ヨガ "を体験!studio yoggy さんが行なっている、「#ヨガ休みいただきます」というキャンペーンで、5月から始まる特別プログラム「ホッと一息ヨガ」を、先日体験させていただきました! どんなプログラム?ホッと一息ヨガは、通常のヨガのクラスのように、難しいポーズをするのではなく、"シャヴァ・アーサナ"という、マットに寝転がり、目を閉じ、全身の力を抜く。というリラクゼーションのポーズに重きを置いたコースです。 ヨガはほとんどやったことのない私ですが、最後まで無理なく出来たので、「ヨガやってみたいけど、難しそう...」と悩んでいる方が始めるのにちょうどいいクラスかと思います! プログラムの考案者である、インストラクターのマレさんが、前でお手本を見せながら教えてくださいました。 ポーズをしている間、マレさんが私達の間を歩きながら、言葉でポーズの説明をしてくださったのですが、その語り口がとても穏やかで、よりリラックスすることができました。 最後に"シャヴァ・アーサナ"をやったのですが、ヒーリングミュージックを聴きながら、ブランケットをかけて横になっていると、自然と心が緩んで、気がつくと数分眠っていました。笑 スタジオは緑がいっぱいで、使わせていただいたヨガマットはカラフルでとても可愛かったです♡ 今回このプログラムを体験させていただいて感じたのは、スタジオに行って、ウェアに着替えて、マットの上でストレッチをして、というヨガをするまでの準備の時間が、心をリラックスさせる準備になるということです! リラックスするという時間を意識的にとるとこは大事なことだなあ。と思いました☻ "ホッと一息ヨガ"は、東京・大阪・名古屋のスタジオで実施されるそうなので、気になった方は、是非studio yoggyさんのHPでチェックしてみてください♡マレさん。一緒に写真撮っていただきました♡モアハピ部 No.646 あみ のブログ
  • コーディネートの仕上げにプラスするミニショルダーとスニーカー。確かに、軽やかで小粋な着こなしになるのがうれしい。街できわだつおしゃれな大人の、こなれ上手なスタイルを実践。1.何げないように見えたら成功。 定番の着こなしになじませる白いミニバッグと白いスニーカー。どんな服にもマッチするのがこの組み合わせ。白は合わせる色も選ばず、トーンアップしてくれる。だから、ちょっとグレード感のあるものをチョイスしたい。デニムがぐっときれいめに。バッグ「ダブルT バッグ」(縦21×横17×マチ14㎝)¥166,000・スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ジャケット¥69,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(カバナ) ニット¥21,000/アストラット 新宿店(アストラット) デニム¥32,000/アパルトモン 青山店(3×1) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥48,000・バングル¥98,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィー ブハイ)2.小さなバッグは効かせ色に。 春色のアクセントが軽快ミニショルダーのサイズ感は鮮やかな色を着こなしに取り入れるのにちょうどいい。そうなるとスニーカーは格ある白が装いを底上げするのに有効。バッグ「ミニダッフルバッグ」(縦17×横21×マチ17㎝)¥68,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) スニーカー「ロートップ」¥69,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) コート¥42,000/アストラット 新宿店(アストラット) パンツ¥49,000/ユナイテッドアローズ 日本橋店(アンスクリア) イヤリング¥22,000/シジェーム ギンザ(ルーチェ マッキア)3.大人ピンクの足もとなら、 なんだか弾むように歩きたくなる春だもの、色のスニーカーも見逃せない。ただし本気のスポーツ系はアクティブすぎて、むずかしい。ラグジュアリーに仕上がった大人のブランドがしっくりくる。バッグはニュアンスあるグレー。ソフトな感触が体になじんで心地いい。バッグ「ポスティーナ」(縦14.5×横19×マチ9㎝)¥60,000/ストラスブルゴ(ザネラート) スニーカー「TREK COMET」¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ニット¥23,000/サードマガジン(サードマガジン) パンツ¥35,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(チノ) ピアス¥27,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/野口貴司(San・Drago) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/村山佳世子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/フリッツ・ハンセン 青山本店 COUNTRY HARVEST
関連キーワード

RECOMMEND