【プラダ】キャッシュレス時代を先取り! ガジェット+カードケース

SPUR.JP

カードがあれば何も困らない未来はすぐそこ! いっそコインは手放してガジェットケースを選ぶのも賢い選択。傷のつきづらい「サフィアーノ」レザーに、建築事務所OMAによるフューチャリスティックなロゴが主張する。背面にはクリアなカードスロットを備えて。ハンドルとストラップはつけ替え可能。

ケース(ホワイト)〈H19×W11〉¥66,000・ケース(ブラック)〈H11.5×W19〉¥76,000(ともに予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ) ラメトップス¥9,800/ミントデザインズ ドレス¥69,000/TOGA 原宿店(トーガ プルラ) ジレ¥250,000/アストラット新宿店(アストラット)

>>【サンローラン】キャパシティに感涙! 空前絶後のヒットバッグ

関連記事
  • コーディネートの仕上げにプラスするミニショルダーとスニーカー。確かに、軽やかで小粋な着こなしになるのがうれしい。街できわだつおしゃれな大人の、こなれ上手なスタイルを実践。1.何げないように見えたら成功。 定番の着こなしになじませる白いミニバッグと白いスニーカー。どんな服にもマッチするのがこの組み合わせ。白は合わせる色も選ばず、トーンアップしてくれる。だから、ちょっとグレード感のあるものをチョイスしたい。デニムがぐっときれいめに。バッグ「ダブルT バッグ」(縦21×横17×マチ14㎝)¥166,000・スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ジャケット¥69,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(カバナ) ニット¥21,000/アストラット 新宿店(アストラット) デニム¥32,000/アパルトモン 青山店(3×1) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥48,000・バングル¥98,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィー ブハイ)2.小さなバッグは効かせ色に。 春色のアクセントが軽快ミニショルダーのサイズ感は鮮やかな色を着こなしに取り入れるのにちょうどいい。そうなるとスニーカーは格ある白が装いを底上げするのに有効。バッグ「ミニダッフルバッグ」(縦17×横21×マチ17㎝)¥68,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) スニーカー「ロートップ」¥69,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) コート¥42,000/アストラット 新宿店(アストラット) パンツ¥49,000/ユナイテッドアローズ 日本橋店(アンスクリア) イヤリング¥22,000/シジェーム ギンザ(ルーチェ マッキア)3.大人ピンクの足もとなら、 なんだか弾むように歩きたくなる春だもの、色のスニーカーも見逃せない。ただし本気のスポーツ系はアクティブすぎて、むずかしい。ラグジュアリーに仕上がった大人のブランドがしっくりくる。バッグはニュアンスあるグレー。ソフトな感触が体になじんで心地いい。バッグ「ポスティーナ」(縦14.5×横19×マチ9㎝)¥60,000/ストラスブルゴ(ザネラート) スニーカー「TREK COMET」¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ニット¥23,000/サードマガジン(サードマガジン) パンツ¥35,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(チノ) ピアス¥27,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/野口貴司(San・Drago) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/村山佳世子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/フリッツ・ハンセン 青山本店 COUNTRY HARVEST
  • ラデュレ 新宿店の7周年を記念して、パリの人気パティシエール、エロディ・マルタン考案の特別なパティスリー「ルリジューズ・ヴェルサイユ」が、2019年5月31日(金)までの期間限定で登場。 ラデュレ 新宿店7周年・限定パティスリー「ルリジューズ・ヴェルサイユ」¥1,400 ラデュレ 新宿店にて2019年5月31日(金)まで限定販売ベースとなっているのは、ラデュレの定番パティスリーとしておなじみの「ルリジューズ」。王冠とリボンでお洒落にドレスアップした、エロディのトレードマークでもある猫のモチーフがなんとも可愛らしい。シュー生地の中には、ひなげしの花の香りが広がるイチゴ風味のクリームがたっぷり詰まっていて、春らしい華やかさも満点。手土産にしたら、箱を開けた時に歓声が上がるはず。 シュー生地の中にはひなげしの花の香りが広がるイチゴ風味のクリームがたっぷり重ねられて。ちなみに、ラデュレ 青山店でも現在、1周年を記念した限定パティスリーとして「ルリジューズ・ニュアージュ・ドゥ・レ」を、2019年4月30日(火)までの期間限定で販売中。こちらは、シュー生地の中にヴァニラとトンカ豆が香るクリームを詰めたもの。ぜひチェックして。ラデュレ 新宿店7周年・限定パティスリー「ルリジューズ・ヴェルサイユ」販売期間:〜2019年5月31日(金)販売場所:ラデュレ 新宿店(東京都新宿区新宿3-38-2 ルミネ新宿店 ルミネ2 1F)営業時間:平日11:00〜21:30/土曜・日曜・祝日10:30〜21:3003-6380-5981 ラデュレ 青山店1周年・限定パティスリー「ルリジューズ・ニュアージュ・ドゥ・レ」販売期間:〜2019年4月30日(火)販売場所:ラデュレ 青山店(東京都港区南青山5-9-15)営業時間:9:00~20:00(L.O.19:00)03-6418-5325 https://www.laduree.jp/ text : Shiyo Yamashita
  • お休みの日は、いつもとひと味違ったコーデでおしゃれを楽しみたい! デイリーでも大活躍のトレンド服でイベントを楽しむアイディアを考えたよ♡idea4  @ BBQ リブパンツでゆるカジ風 動きやすいリブパンツは縦ライン強調で細見え。サーマルを合わせれば女性らしい仕上がりに。パンツ¥9000/ビームス ウィメン 渋谷(レイ ビームス) トップス¥3900/NiCORONカスタマーサポート バッグ¥9000/Jewelna Rose東急プラザ表参道原宿店 サンダル¥5900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 イヤリング¥1900/Jemica 新宿ルミネエスト店(優華) シャツ¥1490・スニーカー(一部店舗のみ販売)¥2990/GU パンツ¥6900/ライトオン(BACK NUMBER)(中川さん) これもおすすめ!タイトなリブパンツはブラックなど引き締め色が細見えできておすすめ。 ¥5900/MURUA ゆるっとはける太めタイプ。サイドにスリットが少し入っているので、歩くたび肌が見えて抜け感が。 ¥1990/GU ▶ほかのコーデideaもチェックこの記事に登場してくれたのは…  メンズノンノモデル  中川大輔さん モデル/鈴木優華 中川大輔(メンズノンノモデル) 撮影/MELON(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/北原果 スタイリスト/前田涼子 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
  • 現在、IHIステージアラウンド東京で開催中の香取慎吾さんのNIPPON初個展『BOUM ! BOUM ! BOUM !』。『SPUR』では、2013年7月号で草間彌生さんと対談をしていただいたり、2014年5月号で展覧会『アンディ・ウォーホル展:夢の15分』を観ていただいたり、香取さんのアートへの思いを取材していたこともあって、日本での個展を心待ちにしていました。 展覧会期間中、香取さんが度々訪れて描き続けている作品。「令和」という文字も!冒頭の360度回転する劇場を使っての映像に始まって、絵画は3つのエリアに分かれて展示。 1つ目のエリアは、初期の作品からパリでの個展に出品されたもの、今回の展覧会のために新作も含む、香取さんのアートを俯瞰して見られる部屋。作品ごとに香取さん自身のコメントも書かれています。中には「みんな! 仮面かぶって生きてる?」というようなドキリとするメッセージも。 香取さんの描くキャラクター【くろうさぎ】ももちろん登場会場中央に置かれた、実際に触れることができる巨大な作品。触ってみると、驚きのしかけが! 2つ目のエリアには、JANTJE_ONTEMBAARの作品など、ファッションをメインにした場所。着て楽しい以上に、見て楽しい洋服が並びます。絵画《その先へ》を使った、ドレスやマントも 3つ目のエリアは、香取さん自身の服を使ったり、身体のパーツをモチーフとした、よりパーソナルな作品が充実。エリアが進むごとに、その世界の中へぐいぐいと引き込まれていきます。 どのエリアも、ただ「作品を観る」以上のしかけが施されていて、アートを体感できるのが、この展覧会の最大の特徴。コンサートの演出も手掛けていた香取さんならではの、観客を喜ばせたいというエンターテイナーのこだわりを感じます。ただ、それ以上に伝わったことは、香取さんは本当にアートが好きなんだということ。呼吸を止めると心臓が止まってしまうように、まるで絵を描かないと生きていけないというような原初的な”描く”ことへの欲求を展覧会を通じて感じることができました。 本展はすべて予約制ですが、第3期(5月22日~6月1日)のチケットは、4月21日 からはじまったばかり。「僕のすべてを見てほしい」という香取さんの言葉通り、出し惜しみが一切ない作品の連続を、ぜひご自身の目でご覧ください。
  • 特別な予定がない日こそ、気分が上がるおしゃれを楽しみたいもの。のんびり仕事する日をドラマチックに変えてくれる「フレアスカート×Tシャツ」の最旬春コーデをご紹介します。style 余韻を残すディテールが普通の日をドラマチックに変える高揚感フレアスカート×Tシャツグリーンリネンスカート×ベージュTシャツ歩くたびになびく深いグリーンのスカートが毎日のふとした瞬間を印象的に彩る無条件でときめく優雅な揺れ感。Tシャツとの等身大なコンビで気張らず心地よく楽しんで。ムードのある新鮮配色も気分を一新。スカート¥8980/バロックジャパンリミテッド(マウジー) Tシャツ¥13000/エフユーエヌ(フォンデル) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) イヤリング¥15500/CPR TOKYO(ルーカス ジャック) ブレスレット¥14000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) バッグ¥15000/ロードス(トーヴ) 靴¥44000/アーバンリサーチロッソ グランフロント大阪店(ネブローニ)光沢キャメルスカート×黒Tシャツゆらめいて華やぐ。つや感スカートをカジュアルMIXで引き立ててキャメルサテンのシックなつや感で格段にクラスアップ。コントラストのある黒T&ブルゾンで着くずすしゃれ感が、普段着マインドを盛り上げてくれる。スカート¥14000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント) Tシャツ¥10000/セオリー ブルゾン¥95000/マディソンブルー ピアス¥25000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥9800/ロウェルシングス ルミネ新宿店(ロウェル シングス) 靴¥48000/アマン(ペリーコ)ストライプ柄スカート×淡ベージュTシャツコーデにリズムをくれるストライプ柄でゆる華通勤を満喫弾むように揺れる清涼ストライプに白スニーカーで颯爽と歩けば、気分も晴れやか。ニュアンスベージュのTシャツで上品に引き寄せオン仕様に。スカート¥22000/ルーニィ Tシャツ¥7000/バロックジャパンリミテッド(ブラックバイマウジー) カーディガン¥21000/デミルクス ビームス 新宿(ルトロワ×デミルクス ビームス) サングラス¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥16000/アガット バッグ¥18000/プラステ(マルコマージ) 靴¥19000/シシラベンダースカート×白Tシャツ透明感のあるきれいが香る春めきラベンダー。シンプル白Tシャツでさわやかに最旬ラベンダーで鮮度抜群のコンサバスタイルを。スカート¥16000/シュガー・マトリックス(イチエ) Tシャツ¥15000/マッキントッシュ 青山店(マッキントッシュ) スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥10500/CPR TOKYO(ルーカス ジャック) ブレスレット¥12000/パンドラ ジュエリー ジャパン カスタマーサービス(パンドラ) リング¥23000/アガット(アガット アンドメモリア) バッグ¥40000/デミルクス ビームス 新宿(トフ アンド ロードストーン) 靴¥18000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)チェック柄スカート×白Tシャツ何もない日こそ“アガる柄”の出番。ポジティブな空気に包まれて自分らしくおしゃれを楽しむ姿はチャーミング! 無造作に揺れるプリーツとチェック柄のコンビでテンション高めに。ミニマルな白Tとジャケットできれいめにまとめ、大人っぽくアップグレードして。スカート¥16000/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ新宿店(アーバンリサーチ ロッソ) Tシャツ¥9000/ebure ジャケット¥59000/エッセン.ロートレアモン ピアス¥13000/マルティニーク ルコントルミネ新宿店(フィリップ オーディベール) ネックレス¥10800/サイクロ バッグ¥12000/ロードス(アドカラム) 靴¥48000/アマン(ペリーコ)イエローボリュームスカート×ネイビーTシャツいとも簡単に気分が高まるきれい色の魔法。受け皿ネイビーと品よく堪能瞬時に着こなしに華を添えてくれるイエローのボリュームスカートをデイリー使いできるのも女の特権。受け止め役のネイビーTで派手さをやわらげ、陽気さのなかに大人の落ち着きを。スカート¥39000/レリタージュ マルティニーク Tシャツ¥7000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル  リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント) ピアス¥24000/アルアバイル(シャーロット・レベック) リング¥13000/ステラハリウッド(ステラハリウッド) バッグ¥31000/マルティニーク ルコントルミネ新宿店(ヴァジック)撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉 ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/川上さやか モデル/中村アン 取材・原文/榎本洋子 撮影協力/カフェインホリック ※BAILA2019年5月号掲載
  • ダッドスニーカーを始め、スニーカー人気ですね♬わたしはこんなのを買いました。まずはNike Air Force One. 大好き過ぎてイロチ買い♬ ネーミングも格好良く、大統領専用機みたい。オシャレ番長の元美女組さんが履いていて、わたしもその魅力に気づきました。こちらは白。スタッズも可愛い過ぎます こちらはブルックス。高校生の時から色んなタイプを買っていて、長年のファン。足がエアリーに軽やかです。ソールも可愛いのです 他にもアディダスなど買って、どれも愛用中です。今年は単にカジュアル化するだけでなく、あえてドレスアップスタイルにも合わせたいです。美女組No.65trianonのブログ
  • こんにちは小野アムスデン道子です。日本初の外資系ホテルチェーンとして、東京都・永田町に開業したのが「東京ヒルトン」(現在はヒルトン東京で新宿に)。ビートルズが宿泊したことでも有名です。(その当時の建物は、建て替えられてザ・キャピトル東急になっています)。この「東京ヒルトン」が日本で初めてソムリエをおき、デザートビュッフェを始めたのでした。ヒルトン東京のデザートビュッフェのイメージ(イチゴは6月までやってます)そんな初めて物語を持つ「ヒルトン」。今年は、アメリカのテキサス州でコンラッド・ヒルトン氏が「ヒルトン」を開業してから100年目。2019年5月31日に創業100周年になります。日本の「ヒルトン」のホームページにはそんな100年の歴史や、100周年企画などが盛りだくさんに掲載されています。客室のテレビやエアコン、ルームサービスも「ヒルトン」が初めてホテル業界で実施したサービスなのだとか。その中で興味を引かれたの「ヒルトン」が生み出したさまざまなメニューです。まずは、アメリカのみならず世界的にポピュラーなスイーツ“ブラウニー”。これは、シカゴにあるパーマーハウス・ヒルトンから生まれたお菓子。パーマーハウス創業者の妻であり、1893年のシカゴ万国博覧会のリーダーでもあったパーサ・パーマハウスが「美しく簡単に運べて、たくさんの人に味わってもらえるお菓子を」とシェフに作らせたのがブラウニーだったのです。私は、シカゴでこのパーマーハウス・ヒルトンを訪れたことがありますが、とてもきれいなクラシカルなホテルで、今も当時のレシピを受け継いだブラウニーがレシピを添えて売られていました。新宿のヒルトン東京では、いま100周年ブラウニー(850円税別)が売られていて、デザート&ディナー ビュッフェで味わうことも。砂糖、溶かしバターに溶かしたチョコレート、薄力粉、ベーキングパウダーを混ぜて、クルミをふって、170℃で15分ほど焼くというシンプルな作り方。仕上げにアプリコットジャムを塗ってつやを出すのだそう。リッチでモイストな味がコーヒーやお茶にぴったりです。もう一つヒルトンが生み出したメニューがエッグベネディクト。1894年、ニューヨークにあるウォルドーフ(現ウォルドーフ・アストリア)に泊まったゲストが、ひどい2日酔いを治すのにシェフに「バターを塗ったトーストにポーチドエッグ、パリパリのベーコン、ひとくち分のオランディーズソース(バター、レモンジュース、卵黄で作ったソース)を載せて」というリクエストをしたそう。ヒルトン東京のメトロポリタングリルで、特別にオリジナルと現代版の2種類を作ってもらいました。上の写真がオリジナルです。それをシェフがイングリッシュマフィンとハムに変えて仕上げたのが現在のエッグベネディクト。現代版は、ハムに厚みのあるイングリッシュマフィンでボリューム感があります。エッグベネディクトは、同レストランのブランチの卵料理にあって、ハムをベーコンに変えて作るのも可能だそう。ヒルトン東京 https://www.hiltontokyo.jp/このヒルトン東京を含む国内ヒルトングループの13ホテルでは、創業100周年を記念して、朝食ビュッフェをなんとたったの100円で味わえる「100周年記念  朝食100円宿泊プラン」を出しています。朝食ビュッフェイメージ100周年記念キャンペ−ンは、これ以外にも豪華な宿泊体験が賞品の「あなたが泊まりたい未来の客室」アイデア募集など盛りだくさん。平成から令和に変わる2019年はヒルトンにも特別な年なんですね。ヒルトン100周年特設ページ https://hiltonhotels.jp/100
  • 動きやすさはもちろん、きちんと感も、女っぽさも、こなれ感も目指せる「きれいめベイカーパンツ」をオン・オフ着回し! 着回したのはコレ!きれいめベイカーパンツデニムほどカジュアルな印象にならず、こなれ感が漂うワーク系パンツ。通勤でもはけるきれいめが選びの条件。¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) ON STYLE終日デスクワークの日はワークパンツが楽ちん!きれいに見える着こなしで 長時間座りっぱなしの日にも頼れる、タフでカジュアルなワーク系パンツ。すっきり美シルエットのきれいめデザインなので、オフィススタイルにもなじんでくれる。運転しない日、たまには白のヒールパンプスで足もとから女っぷりを引き上げて。ベージュ×カーキの配色もなんだか新鮮。 パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) カーディガン¥23,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) バッグ¥31,000/マルティニーク丸ノ内(ヴァジック) 時計¥600,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ON STYLE今日から配属の新人君と待ち合わせ。服装からまずはかっこいい先輩風に 帰国子女のイケメンハーフと話題の新人君! 第一印象でかっこいい先輩像を狙って、選んだのはベイカーパンツ。男の子っぽいアイテムをさらっと着こなして、大人の余裕をまといたい。パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) トレンチコート¥93,000/ebure ニット¥25,000/スローン バッグ¥31,000/マルティニーク丸ノ内(ヴァジック) スカーフ¥11,000/シップス 有楽町店(マニプリ) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ) 時計¥600,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー)OFF STYLEトレンド意識のスタイルで女友達と週末ランチ。人気のパンを買えてゴキゲン! 通勤でもフル稼働しているワードローブを、カゴバッグ&頭巻きスカーフの遊び心で休日仕様にアレンジ。柔ブラウス×ワーク系パンツといった甘辛バランスは、簡単におしゃれに見える必勝技! パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) トレンチコート¥93,000/ebure ブラウス¥18,000/デ・プレ(デ・プレ) バッグ¥84,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(コーコー) バングル¥196,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) 靴¥45,000(ジルサンダー ネイビー)/ロンハーマン ブレスレット¥179,700/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) スカーフ¥15,000/フラッパーズ(マニプリ) 【Marisol 4月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 構成・文/東原妙子 
関連キーワード

RECOMMEND