スタイリスト 木村舞子さんの欲しいもの

SPUR.JP

旬のニュアンスを添えたベーシックなアイテムでつくる、洗練された着こなしが素敵な木村さん。「ヴィンテージよりも、ミニマルでモダンなものに昔から惹かれていた」と話すモード観に、この冬は少し変化が訪れているそう。「今季ならではのクラシカルなムードが気になっています」。

1.CHLOÉ(クロエ)

バッグ〈H16×W23×D6〉¥199,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)

ここ数シーズン木村さんが注目しているクロエからセレクトした、"C"マークの留め具がポイントの新作バッグ。幅広のストラップがマスキュリンな印象をプラス。「ナターシャ・ラムゼイ=レヴィが手がけるクロエは、クラシックとモダンのバランスが絶妙です。潔くシンプルなデザインのバッグは、収納力もあり使い勝手がよさそう」。

03-4335-1750

2.SOPHIE BUHAI(ソフィー ブハイ)

ネックレス¥118,000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ソフィー ブハイ)

ペンダントトップに、ボリューム感のあるハート。スターリングシルバーで大人っぽく。「ソリッドなブランドイメージとハートの意外な組み合わせをブハイらしくアーティに仕上げている」。

03-5708-5631

3.ACNE STUDIOS(アクネ ストゥディオズ)

コート¥130,000/Acne Studios Aoyama(Acne Studios)

普段は黒の服が多いという木村さんがこの冬に向けて選んだのは紅葉を思わせるダークオレンジのコート。「ゆったりとしたサイズ感ですがドロップショルダーで、小柄な自分でもバランスが取りやすい」。

03-6418-9923

4.BEAUTIFUL PEOPLE(ビューティフルピープル)

シャツ¥68,000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル)

ポケット、カフスを厚地の素材に切り替え、プレーンなシャツをひとひねり。「エレガントなベージュにひと目惚れしました。生地に透け感があって、センシュアルな雰囲気も好みです」。

03-6271-0833

5.RUPERT SANDERSON(ルパート サンダーソン)

〈ヒール4㎝〉¥119,000/DES PRÉS 丸の内店(ルパート サンダーソン)

イギリスのシューズブランドから、タッセル使いがモダンなショートブーツ。「白のブーツはスタイルに抜け感を出してくれる。ほどよいポインテッドトゥとローヒールが好きです」。

0120-983-533

6.AÉSOP.(イソップ)

ブラス オイルバーナー¥18,000・ベアトリクス オイルバーナーブレンド¥3,800/イソップ・ジャパン(イソップ)

オーストラリアのスタジオが製作したオイルバーナー。キャンドルを灯すと芳しい香りがふわり。「オブジェのような真鍮の器はインテリアとしても成立します」。

03-6434-7737

PROFILE/木村舞子(きむら まいこ)
スタイリスト百々千晴さんに師事し、独立後はモード誌のほかタレントのスタイリングも手がける。堪能な英語に加え、次はフランス語も話せるようになりたいと思っているところ。

SOURCE:SPUR 2019年1月号「SPUR finds…/スタイリストの『今月の欲しいもの』」
photography: Takehiro Uochi〈TENT〉 styling: Maiko Kimura text: Momoko Yokomizo

掲載アイテムはこちら!

関連記事
  • instagramで多大な影響力を持つPremiumインフルエンサーズ・カヤノさんのインスタを「DAILY MORE」で再配信!寝る前につけるのもおすすめです♬@diptyque のサテンオイル。香水よりも柔らかい香りがして、髪につけるとサラサラになる♬ 寝る前に毛先につけるといい香りがしたまま眠れていい。▶▶premiumインフルエンサーズ・カヤノさんの情報はこちらから流用元/カヤノさんinstagram
  • 上品ベーシックな私服スタイルが人気のエディター、三尋木奈保さん。マンネリしがちな冬の着こなしをアップデートする私的ワザを取材!エディター・三尋木奈保エディター・三尋木奈保きちんと感と女らしさを軸とした私服スタイルにファン多数。スタイルブック『マイ ベーシック  ノート』(小学館)シリーズが累計18万部を記録メソッド04 夏の薄軽ボトムを冬も!素材のメリハリ効果を活用数年前まで冬にはウールのボトムがあたりまえでしたが、今は冬でも、夏っぽい薄軽ボトムで通すのがおしゃれの主流に。 「地厚なニット×夏っぽボトム」の組み合わせは、簡単にメリハリがついて着こなしがサクッと決まるんです。40代としては、厚ぼったいウールのボトムは地味見えの危険もありますよね。ツヤやとろみのある薄手ボトムのほうが、女っぷりが確実に上がります。 ここでは、昨年の夏に着ていたボトムの冬の活用法をご紹介。こうして並べてみると、夏も冬もそれぞれの配色が変わらないのが私らしい……(笑)。サーモンピンクのスカートはシャギーニットでより華やかに 「夏の間はTシャツをさらっと合わせて、甘さ控えめに着ていたピンクのスカート。冬はスカートの女っぽさをそのまま生かして、シャギーモヘアのカーディガンでフェミニン度マックスに。うんと寒い日に、こういう甘やかな着こなしをすると気分が上がります(笑)」SKIRT:ebure KNIT:Whim Gazette BAG:BOTTEGA VENETA SHOES:PELLICO EARRINGS:TIFFANY&Co. BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:TIFFANY&Co. NECKLACE:MARIHA肌見せできない冬は薄手ボトムが抜け感の役割に 「夏にコラボで作らせていただいた思い入れのあるスカート。透け感のある薄手シフォンを、こうして冬も堂々と着られるなんてうれしいかぎり。いい時代になったものです♡ 黒ベースの着こなしも、ボトムが軽やかだと重くならずに女っぽさをキープできますね」SKIRT:l'heritage martinique KNIT:Drawer  STOLE:Ballsey BAG:BOTTEGA VENETA SHOES:JIMMY CHOO BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:TIFFANY&Co.ツヤ素材のフレアパンツはリッチなワントーンでまとめて 「太めパンツは地厚な素材だと"おじさん"ぽくなりがちですが、ツヤのあるてろりん素材なら柔らかく上品な印象に。ベージュタートルでリッチ感を加速」。サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ネックレス¥67,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)(アイヴァン)PANTS:STATE OF MIND  KNIT:AURALEE STOLE:Johnstons of Elgin BAG:ZANELLATO  SHOES:JIL SANDER EARRINGS:TIFFANY&Co. WATCH:Cartier 真っ白なナイロンスカートが冬スタイルを活性化 「白スカートはパリッとしたハリ感素材。ざっくりニットに合わせると、素材感のコントラストがすごく映えるんです。以前はナイロンのスカートを冬にも着るなんて考えられなかったけど、ファッションの自由化を感じますね。自分らしく時代の変化を楽しみたいもの!」SKIRT:ebure KNIT:GALERIE VIE STOLE:Johnstons of Elgin  BAG:FLYNN  SHOES:DEIMILLE EARRINGS:LECOLLIER BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:Vaid※価格表記のないものはすべて本人私物です【Marisol 2月号2021年掲載】撮影/須藤敬一(人物・ロケ物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/松村純子 文/三尋木奈保
  • 【ユニクロ×GU】秋に買ったアイテムを春まで活用させる術こんにちは(^-^)tomomiyuです。 いつもご覧くださりありがとうございます! 今日は春のように暖かい一日でしたね! 暖かいとニットよりシャツが着たい気分。 そんなわけで、以前買った UNIQLO+J(ユニクロプラスジェイ) スーピマコットンスタンドカラーシャツ を着ました!髪型も外ハネにして軽快な雰囲気に! ちょっとウェットっぽくタイトな感じにしてみました。 ヘアアレンジが効くように、カットする時に美容師さんと相談しながら作り上げました!アウターは昨年の秋頃買ったGUのニットガウン。 淡いグレージュのような色なので、秋から春まで活躍します! 秋口に買うアウターは、【春にも対応出来るカラーや素材を選ぶ】と長く使えてオススメです! 今日は暖かかったので、日中はこのニットガウンだけで十分でした。 全身着画はこちら。白のスタンドカラーシャツに淡いグレージュの ニットガウン合わせが好き♡ パンツは黒のセンタープレスパンツを合わせて きれいめコーデにしました。サイドスリットが入っているのも こなれ感があって◎バッグはシルバースタッズ付きの キャンバスバッグ。 春が近づくとキャンバス地のバッグが持ちたくなります。それでは本日は以上です。 最後までお読みくださりありがとうございました(^-^) Amebaオフィシャルブロガーになりました! アメブロはこちらから。(画像をタップ) ↓ ↓ ↓ Instagramフォロワー数11万人突破! 毎日午後9時コーデ投稿を更新中。 インスタグラムはこちらから。 ↓ ↓ ↓(画像をタップ)No.163 tomomiyu
  • コロナ禍の暗いムードをファッションで払拭。ヨーロッパマダムたちは、自分のみならず、目にする人をも色のパワーで元気に!ミラノマダムのおしゃれバッグコーデをスナップしました。ジュリア(マーケティング・ミラノ)ゴールデングースのアウターとザラのニットに、すっきり見えるスキニー×ロングブーツと、ミラノマダムが好むカジュアルスタイル。お母さまが愛用していたバッグに赤いエルメスのスカーフを巻いてプレイフルに。いつもの着こなしが新鮮に なり気分も上々。アレッサンドラ(コマーシャルディレクター・ミラノ)ピンクのパワーでコロナ禍の不安を吹き飛ばす。トーマス・マイヤーのコート、ニットはラフ・シモンズがデザインしていたころのカルバン・クライン。ブーツとボッテガ・ヴェネタの新作バッグもピンク。ヘルシーな甘さがあるコーデ。ジャンナ(マーケティング・ミラノ)ヴィンテージショップで購入したビビッドイエローのコートを、一枚でさらっとワンピースのように着こなす。袖をまくり、チェックの裏地を見せて。ひとつだけボタンをとめたコートは歩くたびに揺れて女性らしさを香らせる。>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧[ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadama ※エクラ2021年2月号掲載
  • 今季のGUは、旬色からボトム、アクセまで大充実♡ 完売必至の新作情報を、いち早くニュース仕立てでお届けするよ♪1枚でキマるものからレイヤードが楽しいタイプまで、数あるワンピの中でも争奪戦間違いなしのデザインがこちら。上品可愛いサテンキャミワンピは白シャツと合わせてラフにコーデ 控えめなツヤ感がデイリーに取り入れやすいサテンのキャミワンピ。今なら白のデニムシャツをはおって、こなれた抜け感コーデに。 ワンピース¥1990・トップス¥1490・シャツ¥2490・靴¥2990/GU カチューシャ¥500・イヤリング¥1200/お世話や(OSEWAYA) バッグ¥14500/アンビリオン(ペルケ)やんちゃなデニムジャンスカラベンダーニットで甘さをミックス 軽やかな淡色デニムが好印象&春に向けて活躍間違いなし。ライラックのニットで甘さを添えたら白小物でクリーンにまとめて。 ジャンパースカート(一部店舗のみ販売)¥2490・ニット(一部店舗のみ販売)¥1990・ヘアクリップ(3種類5つセット・一部店舗のみ販売)¥790・靴¥1690/GU イヤリング¥1600/お世話や(OSEWAYA) バッグ¥4500/L-clothes上品さも可愛げも欲張れちゃうレトロなドット柄ワンピが春の主役! ドット柄やバンドカラーなど、旬を押さえた春の主役デザイン。ウエストには細ベルトつきで、キュッと結んで着こなせばスタイルアップもお手のもの。可愛いもモテも瞬時に叶えるワンピは絶対買い! ワンピース(一部店舗のみ販売)¥2990/GU バッグ¥2800/L-clothesモデル/鈴木ゆうか 岡本夏美 紺野彩夏 撮影/峠雄三(モデル) 山崎ユミ(物) ヘア&メイク/徳永舞(BEAUTRIUM) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/鈴木絵都子 本誌編集部 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • もう少しで冬も終わるし、新しい服を買うのならすぐ着られてずっと長く使える春服が欲しい。そこで、旬度と着回し力を両立する5アイテムをピックアップ! 3段階に季節スイッチしながら、真悠が着倒しに挑戦♪ボアブルゾンでカジュアルに転ばせて旬度を底上げ! センタープレス入りのきちんと見えパンツは、カジュアルなアイテムを合わせても程よく品をキープしてくれる頼もしい存在。ブームなボア素材のブルゾンで今っぽさを高めたら、仕上げに水色のバッグでアクセントを。 パンツ¥11000/N.O.R.C(N.O.R.C by the line) ニット¥7900/MURUA ルミネエスト新宿店 ブルゾン¥7000/バロックジャパンリミテッド(RODEO CROWNS) イヤリング¥4419/アビステ バッグ¥5500/アンビリオン(カシュ カシュ) 靴¥11000/ラヤン(マリー・ルイーズ)ゆるっとしたレザー調シャツを重ねてこなれた印象に オーバーサイズのシャツを重ねても、Iラインを強調するパンツの威力できれいめにまとまる。カラーロンTをのぞかせて着こなしに奥行きを。 パンツ¥11000/N.O.R.C(N.O.R.C by the line) シャツ¥4994/スラー プレスルーム(スラー) Tシャツ(2月発売予定)¥3600/COTORICA. イヤカフ¥900/アメリカンホリック プレスルーム(アメリカンホリック) バッグ¥7900/MURUA ルミネエスト新宿店 靴¥13000/アースマーケティング(アスファルト)ゆるっとしたレザー調シャツを重ねてこなれた印象に タックなしのハイウエストで、脚のラインを拾わないゆるさもあるから、トップスインしてもすっきりきれい! ブラウンのシャツを合わせたニュアンス配色で、大人っぽく新鮮なコーデが完成。 パンツ¥11000/N.O.R.C(N.O.R.C by the line) シャツ(2月発売予定)¥5400/COTORICA. カチューシャ¥900・イヤリング¥1600/お世話や(OSEWAYA) バッグ¥2200/神戸レタス 靴¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)モデル/横田真悠 撮影/柴田フミコ(モデル) 山崎ユミ(物) ヘア&メイク/鈴木海希子 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/Yokohama Country & Athletic Club
  • 空気が冷たく乾燥している冬は、肌機能も低下気味。蓄積されたそのダメージをリセットしたいなら、デュオから新登場の「ザ リブーストローション」がおすすめ。 デュオ ザ リブーストローション 120ml ¥3,900(2021年2月19日発売) 肌老化を加速させる原因は、紫外線や大気汚染、ストレス、重金属などさまざま。「ザ リブーストローション」は、そうしたダメージを多角的にケアするだけでなく、肌自らがうるおう好循環をつくり出し、肌エネルギーを高めるブースト機能を併せもつ化粧水。角層の奥深くにいち早く浸透する水溶性美容成分と、続いて肌になじむ生オイル油溶性美容成分、最後に肌表面にうるおいを留めるマイクロゲルネットワークという3段階のうるおい補給で、肌がふっくらモチモチに。オイルインでありながらベタつかず、とろみのあるテクスチャーも秀逸。なじませれば即、肌がしなやかに整い、使うほどに肌の土台力が引き上げられるのを実感できるはず。 デュオ ザ デイエマルジョン SPF50+・PA++++ 30g ¥3,900(2021年2月19日発売) 同日発売で、UV美容乳液「ザ デイエマルジョン」も発売に。こちらは国内最高値のUV防御効果で紫外線やブルーライト、汚染物質などをシャットアウトしつつ、光を受けることで美容成分の機能を引き出す“フォトアクティブ成分”により、エイジングケア効果も発揮。さらに、常にダメージにさらされる日中の肌を、速攻&持続の両面から立て直すハイスペックぶりで調子のいい肌をキープできる。みずみずしいテクスチャーも心地よく、肌なじみも抜群。 リセットからの覚醒で好調肌へと誘う化粧水と、UVブロック&エイジングケアが同時にできる高機能UV。コンビで使って、自信の美肌を手に入れて! プレミアアンチエイジングhttps://www.duo.jp/0120-557-020 text:Tomomi Suzuki >>ビューティニュース
  • ON・OFF切り替えはアクセサリーで 仕事とプライベートの切り替えスイッチになっているアクセサリーをご紹介します。 小学生と保育園児、2人の子育てに日々手こずっていて 特に週末は、今はどこへも行けないですし基本は家でずっと一緒。たまった家事や習い事、遊び相手でヘトヘト。完全に”母・ぐったり疲れモード”になったまま、月曜日の朝を迎えます。 そんな時に気持ちを切り替えてくれるのが、ガツンとボリュームのあるアクセサリー。 子供を園に送って行った後、ミニポーチから取り出して手もとや耳もとに装着。それだけで、今から仕事!と気持ちがオンモードになるんです。帰宅後は玄関で全部はずしてまた母モードへ。 いつの間にか、オンとオフのスイッチのようになっていました。 今はオンラインで買えるものも多いので、スキマ時間にお気に入りのサイトを覗いて気分転換。 @escapers_online @leemarche @artidaoud 在宅勤務の日も、リングやピアスを身につけることで気持ちを切り替えています。 ちょっとしたスイッチやルーティンで心地良く、寒さが続く日を乗り切りたいです。今週も頑張りましょうね  
関連キーワード

RECOMMEND