NAILSINC ライフハックコレクションのTBT

SPUR.JP

―― 編集I ≫ 小学2年生の男子のお母さんとして頑張る友人

NAILSINCから登場したライフハックコレクション。各色にはソーシャルメディアから派生したワードが名付けられている。その中の一色、「思い出話をしよう」という意味を持つTBTはまさに友人へのプレゼントにぴったり。
「小学2年生の男子のお母さんである友人宅に遊びに行くときにプレゼントとして持っていき、大変喜ばれました。『普段は子育てで手一杯でなかなか自分のファッションにまで手が回らないけど、このマニキュアを塗るだけでお洒落な雰囲気に仕上がるから助かっている』とのこと。あまり人とかぶらないシックなブラウンは確かに、塗る人のお洒落を後押ししてくれます。筆が爪のエッジに合わせやすく、さっと塗りやすいネイルは忙しいお母さんの味方ですね」(編集I)。

¥2,000/ティー エー ティー(ネイルズ インク)

>>Girls On TopsのTシャツ

関連記事
  • 毎年6月に行われる競馬界と社交界による最大のイベント、ロイヤルアスコット。初日となった2019年6月18日(現地時間)には、主催者である英王室メンバーが大集結! ブルーをテーマにした着こなしで登場し、会場を沸かせた。 Photo:Getty Images この日最も注目を浴びたのは、ウィリアム王子(36)とキャサリン妃(37)。昨年はルイ王子(1)の出産休暇のため欠席しており、ふたりにとっては2年ぶりのロイヤルアスコットに。 シルクハットにタキシードという粋なルックで姿を見せたウィリアム王子は、シャツやネクタイをブルーで統一し、ドレッシーにセットアップ。 一方キャサリン妃は、エリーサーブのシアードレスを着用。首元のリボンや繊細なレース、ちりばめられたフラワーモチーフが何ともロマンティック。フィリップトレイシーのハットを合わせ、気品あふれる装いに仕上げた。 2016年、ロイヤルアスコットに出席したときのキャサリン妃/Photo:Getty Imagesちなみに出産&子育てに忙しく、これまでロイヤルアスコットに参加したのは意外にも2回のみというキャサリン妃。いずれも白のドレスで出席していたため、今回のカラーチェンジには驚きの声が上がるも、いっそう華やかになったと大好評! Photo:REX/アフロ 普段からブルーを愛用しているエリザベス女王(93)は、爽やかな色合いのコートドレスで会場入り。同色で仕立てたアンジェラ・ケリーのハットには、フラワーをあしらいゴージャスに。英王室を代表するファッショニスタらしく、パーフェクトなスタイリングを披露した。 Photo:REX/アフロ ユージェニー王女(29)はブルーのワンピースにイエローのベレー帽を合わせ、大胆な色使いに挑戦。ベアトリス王女(30)も全身をパステルブルーでまとめ、エレガントなスタイルを見せた。 2018年、ロイヤルアスコットでキャッチされたヘンリー王子とメーガン妃Photo:Getty Images今年5月に第1子アーチー(0)を迎えたばかりのヘンリー王子(34)&メーガン妃(37)は出席を見送ったものの、相変わらずの盛り上がりを見せたロイヤルアスコット。来年の開催が今から待ちきれない⁉︎ キャサリン妃がまたもダイアナ元妃をオマージュ? アイコニックな水玉ドレスで公務へ(外部サイト) 全16日間のロイヤルツアーでメーガン妃が魅せた! 全36スタイルを一挙公開(外部サイト) text:Kyoko Kawaguchi
  • 先日箱根に1泊2日で旅行に行ってきました! 箱根は有名な温泉地だと思いますが、自然もとても豊かな所なので今回はその良さも伝えられたら良いなと思います(^^)田むら銀かつ亭まず初めに着いてからはすぐにお昼ご飯を食べました!(笑) このお店の名物は何といっても豆腐かつ!豆腐かつは初めて食べましたが出汁と豆腐と卵がマッチしていてとても美味しかったです(^^) 平日でも並ぶ人気店ですが、開店後30分までに行くと比較的にスムーズに入れるとのことでした。堂ヶ島渓谷散歩道お昼ご飯を食べた後は箱根の自然散策へ! 渓流沿いの道を歩きながらバードウォッチングも楽しみました(^^)こんな感じで吊り橋を渡りながら箱根の自然を散策します。ちなみに吊り橋以外の道は意外と未舗装なので思ったよりも登山っぽくなるので注意が必要です(笑)キセキレイという鳥のヒナがいました!まだ顔があどけなくてかわいい~!(笑) 今の時期は子育ての時期なので色々な鳥のヒナが見れるのも魅力かなと思います。吊り橋付近ではキセキレイの成鳥もいました。ヒナと比べると尾羽が長くなり色も濃くなり、より美人さんになりますかわいい!!(笑)箱根 星のあかり渓谷散策をした後は芦ノ湖スカイラインなどを巡りつつ少し早めにお宿へ! 今回は名前にちなんで「箱根 星のあかり」というお宿に泊まりました(笑)部屋からの景色です!自然に囲まれたお宿なので部屋からも鳥の声が聞こえます~良い~!(笑)そして大浴場だけでなく部屋にもお風呂があり、しかも大浴場とは違う種類の温泉となっています!素晴らしい♨ そしてこのお宿の一番の特徴は屋上に足湯があるという点です!夜は星を見ながら足湯にはいることができ、その後ろにはリクライニングチェアもあるため足湯後は星見も楽しめます。宿の名前通りまさに「星のあかり」といった感じでした!(笑) ちなみに館内での浴衣は何種類かの生地と帯から選ぶことができるので自分だけの浴衣コーデも楽しめますよ(^^)芦ノ湖でカヤック2日目は芦ノ湖でカヤックをしました! 芦ノ湖というと遊覧船のイメージがありますが、今回はカヤックで芦ノ湖を巡ることにしました。 カヤックは初挑戦でしたが手漕ぎボートよりもよりスムーズに進みました!自分が行きたい所に行けたり岸辺の近くまで行ける点はとても良かったかなと思います。音楽をかけながら楽しんで漕ぐことができました(^^) 上空ではトビが飛んでおり岸辺ではカワセミが見れたりと自然も楽しめました。雲助だんご本舗カヤックの後は近くのお団子屋さんで和菓子を楽しみました。 私は白玉あんみつを食べましたが冷たさがカヤック後には持ってこいでした!お団子もモチモチで美味しかったです(^^)三島スカイウォークその後は三島スカイウォークに行きました! この吊り橋は歩行者用の吊り橋としては日本最長の吊り橋とのことです。 天気が良かったので富士山も綺麗に見え絶景を楽しめました(^^)山薬最後は自然薯のお店へ!自然薯というとろろ芋?のような食べ物でヘルシーごはんを楽しみました! 麦ごはんはおひつでおかわりが出来るのですが、自然薯料理がおいしすぎておひつを合計3杯おかわりたため、結果として全くヘルシーではないごはんになってしまいました( ^)o(^ )笑箱根 まとめ今回の旅行で箱根は温泉だけでなく自然やグルメも楽しめる所だということを改めて感じました! 火山警戒レベルが引き上げられたので行く前は少し心配でしたが行ってみると全く問題なく楽しめました。 個人的には堂ヶ島渓谷散歩道や芦ノ湖カヤック、星のあかりは本当に良かったなと思うので全力でオススメしたいです(^^) 箱根で自然と温泉とグルメを楽しむ休日、ぜひいかがでしょうか?モアハピ部 No.698 あかりんす のブログ
  • マキア公式ブロガーのMisatoです。おはようございます。2019年夏の新色、私はこちらを入手しました。♥シャネル ヴェルニ ロング トゥニュ 3,200円(税抜)左から、709 パープル レイ、703 アフターグロウというお色になります。実は昨年もこの時期の新色を2色購入しており・・、何だかシャネルマジックに掛かっています。笑。しかし・・、今回は気付いた時には709番が予約でいっぱいで。久し振りに(?)姉にヘルプを。姉が行ったデパートでも予約はラスト1だったそうで、感謝感謝です。(しかもちゃっかりプレゼントして貰っちゃった♡ありがとう!)昨年は抹茶ミルクとあずきミルクのような渋めのカラーでしたが、今年も夏色にしては落ち着いたカラー。アフターグロウはベージュに細かいゴールドラメ・・というか、ほんのりオーロラがかかったような”上品ネイル”の代名詞のようなカラー。パープル レイは、”THE 紫色!”という強めのカラーではなく、ラベンダーカラーです。上品なベージュカラーが前から欲しかったのと、手がくすまないパープルに惹かれました。パープルって今まではプチプラで投入する感じだったのですが、私の場合、意外と手がくすんで見えて。以来、使わなくなっていました。が、今回のカラーは一目惚れ。これなら使いやすそうですし、手がキレイに見える!ベージュとパープルの2色使いも合う♡昨年に続いて2色入手したシャネルのヴェルニ ロング トゥニュ。他にもいくつか持っていて、大好きなネイルの一つ。その理由は、・塗りやすい刷毛・速乾タイプ・他に無い絶妙なカラーこの3つに尽きます。え、理由、普通過ぎますか?このシンプル過ぎる理由が上に、ちょっとお値段が張っても購入してしまう・・。そして気分が上がる!定期的にネイルサロンに通えない分、本当に気に入ったものだけを購入して楽しんでいます。ちなみに、刷毛はこんな感じ。見た目は本当に普通・・。でも、私の爪には上手くフィットしてくれて、ネイルの塗り方見本帳のように”爪の中央に一刷毛、左右に一刷毛ずつ”の三刷毛でキレイに塗れるんです。(親指や小指はもちろん例外です。)相変わらず凝ったネイルはしませんが・・、気に入ったものをしっかり愛でて、夏色ネイルを楽しみたいです♪Instagram⇒♡
  • 緊急時に頼れるコンビニコスメの中で、「クオリティーも侮れない!」と注目度が高いのが、パラドゥのプロダクト。好感度良し、トレンド感良し、コスパ良しの愛されコスメに、新商品・新色・限定色が続々登場する。   パラドゥ ピュアリップカラー (右から)BE01、RD01 ¥900(2019年6月19日発売)   じわっとにじむような発色でピュアな色っぽさを演出するティントリップ「ピュアリップカラー」が新登場。肌色よりも彩度を高く、明度は低く設定したこだわりのカラーで、大人の肌を美しく見せることに長けた1本。 唇がほんのり透ける軽い質感とバームのような潤い感で、気軽につけこなすことができる。色は、強さを秘めたベージュBE01と、知性を感じるレッドRD01の2色展開。塗り重ねる程に濃密に変化するニュアンスの振り幅も楽しんで。 パラドゥ エッセンスルージュS (右から)PK01、WN01 ¥900(2019年6月19日発売) 美発色と濃密な潤いが備わった、人気の口紅兼唇用美容液「エッセンスルージュS」。とろけるように唇にフィットするから、リップクリームなしでも安心してのせられる上、塗りたてのツヤが長時間キープ。色もちに優れた唇への密着力の高い処方で、メイク直しの手間が省けるのもうれしい。 新たに加わる新色は、可憐で上品な仕上がりの、黄味と青みを絶妙なバランスで忍ばせたピンク系PK01と、凛とした印象に仕上がる、深みレッドにブラウンを効かせたワイン系カラーWN01。どちらも印象的でありながら、肌になじむよう緻密に設計され、幅広いシーンにマッチする。   パラドゥ カラーパレット ¥1,000(2019年6月19日発売)うっかりポーチを忘れた日にうれしい、チークと3色アイシャドウをセットした「パラドゥ カラーパレット」。コンビニコスメだけあり、誰の肌色にもなじみよく、美肌見え効果をもたらす発色と質感が持ち味。 ゴールドパール入りのピンクコーラルチークは、肌にナチュラルなツヤと血色感をプラスし、幸福感をメイク。アイシャドウはTPOを選ばず好感度の高いベーシックでフェミニンな定番カラーを揃えており、繊細なパールが華やかさと透明感をプラスしてくれる。 パラドゥ ネイルファンデーション PK3 ¥500(2019年6月19日限定発売)  自爪を磨き上げたようなツヤ感。そして爪の黄ばみや色ムラなどの悩みをごく自然にカバーしてくれるクリアな発色が人気を博している「ネイルファンデーション」。仕上がりのクオリティもさることながら、はがれの要因である“水によるふやけ”を回避する耐水性や、お直しに便利な速乾性も備わった優秀な1本。 限定色のPK3は、淡いピンクにほんのりと青みが透けた透明感が魅力。可愛らしさの中にも、凛とした大人の顔を覗かせて。  手早く仕上げてもキレイが長持ちする機能性に加え、コストパフォーマンスも抜群のパラドゥ。一度使えば、ポーチにスタメン入りさせたくなりそう!   パラドゥ カスタマーセンターhttp://www.parado.jp0120-335413 text:Saori Nozawa >>ビューティニュース ⇩パラドゥの新商品・新色・限定色はここからチェック!
  • 「嘘でしょ!? 」「それはないんじゃない?」 と、話題沸騰の、 「老後は年金以外に2000万必要」 という金融庁の報告書をめぐる問題。スッタモンダの騒ぎの挙句、「この報告書はなかったことに」となっているようだけど、識者が集まって議論し、実態とこの先の指針を示したはずの報告書。これがなければ、私たちの老後の生活費は年金だけで足りてるってことになるの?―――残念ながら、そんなことはありえないのが現状……、のよう。 それはどうしてわかるの? じゃあ、どうすればいいの? 「落ち着いて、まず現実を把握しましょう」というのは、FP(ファイナンシャルプランナー)、社会保険労務士の井戸美枝さん。 年金がこんなに問題化する前から、「未来の年金像」についてさまざまに発信してきた井戸さんは、「老後のお金と暮らし」問題のエキスパートとして、今、まさにテレビに雑誌に引っ張りだこ。その井戸さんにうかがって、話題の著書をひも解きながら、現状を考えてみましょう!『年金だけでは月に5万円強不足』は、既に現実「実は私、すでに一年前に出版した本で、『年金だけでは生活費が足りない』という事態にいち早く触れています」と、井戸美枝さんは言う。その本が、これ。『100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる!』。「というのも、本書でも紹介したこの図のとおり、既に2017年の総務省『家計調査』に、明らかな収支のギャップが現れていたからです。金融庁の発表よりずっと前から、実際に『年金だけでは生活費が足りない』という現実が起きており、マネー関係者の間でこの問題は共有され、対応が検討されていたのです」(井戸)。「月5万円強足りない!」は、17年の統計でも明らか。 『100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる!』より転載井戸さんは言います。「国の年金制度が破綻することはありえません。それでも『年金だけでは月に5万円強足りない』というのは統計上の事実。つまり、年金だけだと今後も不足するのは明らかです。だとすると、“最少でも必要分は用意しておかないと、安心な老後生活は送れないかも! ” ということになります。たとえば夫婦であれば、その利点を生かして賢く備えることもできます。それなら、いち早く準備しておいたほうがいいでしょう、という思いでまとめたのがこの、『100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる!』なのです」実際に同書では、先のグラフを含め「老後のお金の真実」を紹介し、見据えつつ、明るく前向きに、警鐘を鳴らしています。「5万円強の不足を指して『年金制度が危ない』と騒ぐのは早計。かなりの額を『終身』で用意している日本の年金制度は、他国に比べても優れた制度です。また、本書の前提では『日本の政府が綿密な対策も周知もせずに大きな減額や先送りをするようなことはないはず』、と考えています。とはいえ、既に『不足』があることも現実。だとすれば、その現実を見据えて、個人レベルでも、なんらか対処をしておいたほうがいいでしょう。そう、今必要なのは『備え』です」(井戸)。井戸さんが提案している『備え』の柱は3つ。「稼ぐ」 「見直す」 「蓄える」。では、どうすればいいか、本書の内容を元に、井戸さんにポイントをご説明願いましょう。著者の井戸美枝さん(FP、社労士)。ご自身も、定年を迎えた夫を持つ「定年夫婦」のひとりまずは「稼ぐ」。●定年後も楽しくほどほどに働いて「2人で5万円プラスα」をゲット!「75歳まで働け!」なんて、上から目線で言われたくはありませんが、元気な定年世代は、働き続けることに前向きな人も多いはず。定年からしばらくは、働くことで社会参加が楽しめる年代でもあります。たとえば年金で不足する「5万円プラスα」分を目処に、2人で稼ぐといいですね。一人につき月2~3万円なら、なんとかなりそう!と思えます。もちろん、多めに稼げたら、完全リタイアしてからの余裕もふえます。●40代から定年前後まで、夫婦で長く働いて貯蓄を増やす!いずれ働くなら、早くから始める方が、よりチャンスも広がります。子育て期間に仕事から離れていた人も、月数万円でも働くことで、世帯の収支を大きく改善することができます。40代から働けば、年金生活に入るまでに20年ほど働くことができます。子どもの教育費が必要な時期を過ぎてからも、ぜひ働き続けてください。定年前から夫婦で協力しあって暮らしやお金のことを考えられたら、定年後の生活もスムーズに分担できるはず。ぜひ、それぞれが楽しく稼いで、備えのお金を増やしましょう。次のグラフを見てください。本書で紹介している例です。40代から働き始めた妻(夫はサラリーマン)が、50代の半ばになっても辞めずにさらに8年間働いた場合の家計の劇的な改善を示したものです。また、夫が定年になったら保険の支払いをやめた例も示しました。そうすると、さらに家計は改善します。妻が働き続けたときの家計効果は大きい! 『100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる!』より転載次に「見直す」。●本当に、今の生活&見通しで大丈夫? と、精査するお金の使い方は人それぞれ。妻と夫でも、違います。そこで、定年を見据えて見直すことが大事。将来への危機感を共有できているか?  定年に向かい、また定年を迎えてから、今の生活のどこを変えたら良いのか? 足りないお金は具体的にどれくらいなのか?  実感に根差した賢い見直しで、しっかり個々の必要額を見極めましょう。●定年夫婦になったら、現役時代の7掛けを目標に支出を抑える支出7掛け、というとちょっと寂しい気もします。でも、毎日会社に行くわけでもなく、時間を十分に使えるなら、お金の使い方を見直すことで、無駄に使うお金を抑えることができるはずです。その目安が7掛け。世帯によって違うと思いますので、7掛けを手掛かりにほどよい目標を決めましょう。そして、蓄える!●税控除を受けられる金融商品で、上手に貯める、殖やす!税制優遇などを備えた「お得な貯める仕組み」が増えてきています。それはいわば政府が ”年金に加えてプラスαを自分で準備してほしい”、とメッセージしているようなもの。iDeCo(イデコ)や、つみたてNISA(ニーサ)は、その代表です。昨今ではこれらを紹介すると、「結局金融機関にお金が流れるだけでしょ」などと揶揄する向きもありますね。でも、年金だけでは足りないのが現実なのですから、何かの方法でお金を貯めたほうが良いことには変わりはありません。そのときに、投資をするだけでなく、貯蓄をするにも、これらの商品の仕組みはお得なのです。特にiDeCoにおいては、利息にかかる税金が免除されるだけでなく、「掛け金分全部が、所得税から控除される」という大きなメリットがあります。「iDeCo」の掛け金で節税できる仕組み。 『100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる!』より転載この節税メリットを生かしたうえで貯蓄をしたければ、iDeCoに入ったうえで、運用商品から「元本確保型」「投資信託型」のものを選べばいいわけです。iDeCoが「お得」と言われるメリットは「所得控除」にある、という点は覚えておいてくださいね。つみたてNISAには、掛け金の税控除の制度はありません。でも、利息に対する課税(現在20.315%)が免除される優遇は共通して適用されます。それだけでも大きいですね。●肝心の「退職金」は守り切る!それこそ、「退職金が入ったら投資」と考える方も多いでしょう。でも、そのほうがずっと危なくないですか?「まとまったお金」こそ、手堅くまとめて置いておくのがベスト。むやみに投資して、減らしたら大損!です。その退職金と、稼いだり蓄えたりしたお金で、ひとり800万円をキープできれば、さほど心配せずに老後が送れるはず、というのが、私の見立て。800万円の詳しい根拠は、本書をご覧ください!さて、「足りない年金」とどう向き合う?以上、井戸美枝さんに、うかがいました。データが豊富なこの本で、年金をめぐる知識や知恵、生活の見直しの賢い進め方、お得な金融商品との付き合い方、なども、ぜひチェックしてみてくださいね!  特に本書で井戸さんが強調するのは、「女性の長生きリスク」。最後に女性が「おひとりさま」になったときに困らないよう、夫婦で意識して備えることが大切。ぜひ、井戸さんの知恵を活用してください。「定年後」を意識する「定年夫婦」世代はだいたい40代後半~定年前後。ただ、こういう事実も明らかになった今、もっと若い世代の方も、退職までの時間が長いことを生かして、早めに準備を始めたほうが安心でしょう。そのためにも、いち早く意識を高めておくことが大事です。 このように、年金の未来は、私たちの将来に直結する問題。「こんなはずではなかった!」ということにならないよう、年金のことをよく知って、備えると同時に、年金をめぐる今の動きやこれからの動きをしっかりウォッチしていきたいですね!『100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる!』 井戸美枝著 本体1300円+税 集英社  大好評発売中!
  • 「嘘でしょ!? 」「それはないんじゃない?」 と、話題沸騰の、 「老後は年金以外に2000万必要」 という金融庁の報告書をめぐる問題。スッタモンダの騒ぎの挙句、「この報告書はなかったことに」となっているようだけど、識者が集まって議論し、実態とこの先の指針を示したはずの報告書。これがなければ、私たちの老後の生活費は年金だけで足りてるってことになるの?―――残念ながら、そんなことはありえないのが現状……、のよう。 それはどうしてわかるの? じゃあ、どうすればいいの? 「落ち着いて、まず現実を把握しましょう」というのは、FP(ファイナンシャルプランナー)、社会保険労務士の井戸美枝さん。 年金がこんなに問題化する前から、「未来の年金像」についてさまざまに発信してきた井戸さんは、「老後のお金と暮らし」問題のエキスパートとして、今、まさにテレビに雑誌に引っ張りだこ。その井戸さんにうかがって、話題の著書をひも解きながら、現状を考えてみましょう!『年金だけでは月に5万円強不足』は、既に現実「実は私、すでに一年前に出版した本で、『年金だけでは生活費が足りない』という事態にいち早く触れています」と、井戸美枝さんは言う。その本が、これ。『100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる!』。「というのも、本書でも紹介したこの図のとおり、既に2017年の総務省『家計調査』に、明らかな収支のギャップが現れていたからです。金融庁の発表よりずっと前から、実際に『年金だけでは生活費が足りない』という現実が起きており、マネー関係者の間でこの問題は共有され、対応が検討されていたのです」(井戸)。「月5万円強足りない!」は、17年の統計でも明らか。 『100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる!』より転載井戸さんは言います。「国の年金制度が破綻することはありえません。それでも『年金だけでは月に5万円強足りない』というのは統計上の事実。つまり、年金だけだと今後も不足するのは明らかです。だとすると、“最少でも必要分は用意しておかないと、安心な老後生活は送れないかも! ” ということになります。たとえば夫婦であれば、その利点を生かして賢く備えることもできます。それなら、いち早く準備しておいたほうがいいでしょう、という思いでまとめたのがこの、『100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる!』なのです」実際に同書では、先のグラフを含め「老後のお金の真実」を紹介し、見据えつつ、明るく前向きに、警鐘を鳴らしています。「5万円強の不足を指して『年金制度が危ない』と騒ぐのは早計。かなりの額を『終身』で用意している日本の年金制度は、他国に比べても優れた制度です。また、本書の前提では『日本の政府が綿密な対策も周知もせずに大きな減額や先送りをするようなことはないはず』、と考えています。とはいえ、既に『不足』があることも現実。だとすれば、その現実を見据えて、個人レベルでも、なんらか対処をしておいたほうがいいでしょう。そう、今必要なのは『備え』です」(井戸)。井戸さんが提案している『備え』の柱は3つ。「稼ぐ」 「見直す」 「蓄える」。では、どうすればいいか、本書の内容を元に、井戸さんにポイントをご説明願いましょう。著者の井戸美枝さん(FP、社労士)。ご自身も、定年を迎えた夫を持つ「定年夫婦」のひとりまずは「稼ぐ」。●定年後も楽しくほどほどに働いて「2人で5万円プラスα」をゲット!「75歳まで働け!」なんて、上から目線で言われたくはありませんが、元気な定年世代は、働き続けることに前向きな人も多いはず。定年からしばらくは、働くことで社会参加が楽しめる年代でもあります。たとえば年金で不足する「5万円プラスα」分を目処に、2人で稼ぐといいですね。一人につき月2~3万円なら、なんとかなりそう!と思えます。もちろん、多めに稼げたら、完全リタイアしてからの余裕もふえます。●40代から定年前後まで、夫婦で長く働いて貯蓄を増やす!いずれ働くなら、早くから始める方が、よりチャンスも広がります。子育て期間に仕事から離れていた人も、月数万円でも働くことで、世帯の収支を大きく改善することができます。40代から働けば、年金生活に入るまでに20年ほど働くことができます。子どもの教育費が必要な時期を過ぎてからも、ぜひ働き続けてください。定年前から夫婦で協力しあって暮らしやお金のことを考えられたら、定年後の生活もスムーズに分担できるはず。ぜひ、それぞれが楽しく稼いで、備えのお金を増やしましょう。次のグラフを見てください。本書で紹介している例です。40代から働き始めた妻(夫はサラリーマン)が、50代の半ばになっても辞めずにさらに8年間働いた場合の家計の劇的な改善を示したものです。また、夫が定年になったら保険の支払いをやめた例も示しました。そうすると、さらに家計は改善します。妻が働き続けたときの家計効果は大きい! 『100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる!』より転載次に「見直す」。●本当に、今の生活&見通しで大丈夫? と、精査するお金の使い方は人それぞれ。妻と夫でも、違います。そこで、定年を見据えて見直すことが大事。将来への危機感を共有できているか?  定年に向かい、また定年を迎えてから、今の生活のどこを変えたら良いのか? 足りないお金は具体的にどれくらいなのか?  実感に根差した賢い見直しで、しっかり個々の必要額を見極めましょう。●定年夫婦になったら、現役時代の7掛けを目標に支出を抑える支出7掛け、というとちょっと寂しい気もします。でも、毎日会社に行くわけでもなく、時間を十分に使えるなら、お金の使い方を見直すことで、無駄に使うお金を抑えることができるはずです。その目安が7掛け。世帯によって違うと思いますので、7掛けを手掛かりにほどよい目標を決めましょう。そして、蓄える!●税控除を受けられる金融商品で、上手に貯める、殖やす!税制優遇などを備えた「お得な貯める仕組み」が増えてきています。それはいわば政府が ”年金に加えてプラスαを自分で準備してほしい”、とメッセージしているようなもの。iDeCo(イデコ)や、つみたてNISA(ニーサ)は、その代表です。昨今ではこれらを紹介すると、「結局金融機関にお金が流れるだけでしょ」などと揶揄する向きもありますね。でも、年金だけでは足りないのが現実なのですから、何かの方法でお金を貯めたほうが良いことには変わりはありません。そのときに、投資をするだけでなく、貯蓄をするにも、これらの商品の仕組みはお得なのです。特にiDeCoにおいては、利息にかかる税金が免除されるだけでなく、「掛け金分全部が、所得税から控除される」という大きなメリットがあります。「iDeCo」の掛け金で節税できる仕組み。 『100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる!』より転載この節税メリットを生かしたうえで貯蓄をしたければ、iDeCoに入ったうえで、運用商品から「元本確保型」「投資信託型」のものを選べばいいわけです。iDeCoが「お得」と言われるメリットは「所得控除」にある、という点は覚えておいてくださいね。つみたてNISAには、掛け金の税控除の制度はありません。でも、利息に対する課税(現在20.315%)が免除される優遇は共通して適用されます。それだけでも大きいですね。●肝心の「退職金」は守り切る!それこそ、「退職金が入ったら投資」と考える方も多いでしょう。でも、そのほうがずっと危なくないですか?「まとまったお金」こそ、手堅くまとめて置いておくのがベスト。むやみに投資して、減らしたら大損!です。その退職金と、稼いだり蓄えたりしたお金で、ひとり800万円をキープできれば、さほど心配せずに老後が送れるはず、というのが、私の見立て。800万円の詳しい根拠は、本書をご覧ください!さて、「足りない年金」とどう向き合う?以上、井戸美枝さんに、うかがいました。データが豊富なこの本で、年金をめぐる知識や知恵、生活の見直しの賢い進め方、お得な金融商品との付き合い方、なども、ぜひチェックしてみてくださいね!  特に本書で井戸さんが強調するのは、「女性の長生きリスク」。最後に女性が「おひとりさま」になったときに困らないよう、夫婦で意識して備えることが大切。ぜひ、井戸さんの知恵を活用してください。「定年後」を意識する「定年夫婦」世代はだいたい40代後半~定年前後。ただ、こういう事実も明らかになった今、もっと若い世代の方も、退職までの時間が長いことを生かして、早めに準備を始めたほうが安心でしょう。そのためにも、いち早く意識を高めておくことが大事です。 このように、年金の未来は、私たちの将来に直結する問題。「こんなはずではなかった!」ということにならないよう、年金のことをよく知って、備えると同時に、年金をめぐる今の動きやこれからの動きをしっかりウォッチしていきたいですね!『100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる!』 井戸美枝著 本体1300円+税 集英社  大好評発売中!
  • マリソル編集部からのお知らせみなさまこんにちは。ただいまマリソル9月号「知花くららとトライ!『アラフォーこころの短歌』」テーマにて、読者のみなさんからの短歌を募集しています。 お題:仕事、家庭、恋愛、子育て、おしゃれetc…シーンやジャンルは問いません。 気になったこと、はっとしたこと、ときめいたこと、腹が立ったこと。 あなたが感じたこころのままを、五七五七七に込めて送ってください。 応募締め切り:2019年6月24日(水)23時まで 詳しい応募方法はMarisol ONLINEから、もしくは「アラフォーこころの短歌」で検索を! みなさまのご応募をお待ちしております❤️ ※応募にはHAPPY PLUSの「プラス会員」登録が必要です ※未発表のものに限らせていただきます ※お一人様何首でも応募可 ※いただいた短歌やコメントは編集部と知花くららさんが読んだうえで、マリソル 2019年9月号本誌および電子版にペンネームとともに掲載される場合があります。 ※いただいたコメントは、掲載時に編集部が改変する可能性があります。 ※ご提供いただいた個人情報は本企画以外で使用することはございません。
  • ファッションメディア「ELLE」が 主催となり開催している、 仕事を持つ女性たちを応援するイベント★ 《ELLE WOMEN in SOCIETY 2019》へ 行ってきました!バラエティ豊かなコンテンツが盛り沢山!今年のテーマは、 ~New Era, New World~ 新時代の女性を生きる美容やファッション、食やライフスタイルなど、 様々なワークショップやブース、 さらには著名人によるトークショーがあり、 コンテンツ盛りだくさんでした!映え度抜群!フォトスポットも♪♪お土産もたくさん♡♡私はまだ子どもいなければ結婚もしてないので、 バリバリ働けるのは当たり前だけど、 家庭をもって子育てしながら働く女性は、 ほんとにすごいなあと思います。【No.576】*Ayane* Instagram料理専用Instagramはこちら★モアハピ部 No.576 *Ayane* のブログ
関連キーワード

RECOMMEND