彼女はいつでもダウンを着ている【おすすめダウン特集】[Vol.2]

SPUR.JP

どんなに冷たい北風が吹いても、積もるほどの雪が降っても、ダウンがあれば大丈夫。冬の足音が聞こえてきたら、ダウンを羽織って出掛けよう。ミラベラがおすすめする最旬ダウンをコーディネートでご紹介します。

ダウン×マフバッグの完璧コーデ

シームラインやフードのブリムにもこだわった、ジャスト丈の旬アイテム。同素材の袖型マフバッグもマストハブ。

アウター/IENKI IENKI_ ¥129,000

ニット/MAISON EUREKA_ ¥35,000

ニットパンツ/MAISON EUREKA_ ¥38,000

マフバッグ/IENKI IENKI_ ¥28,000

スーツにダウンを合わせる贅沢

ポイントは、ふんわり丸みのあるシルエット。スーツワンピとダウンで、秋冬スタイルに差をつけて。

アウター/IENKI IENKI_ ¥137,000

ドレス/WALK OF SHAME_¥110,000

ウエストドロストでメリハリを

そのまま羽織ってボリューム感を味わったり、ウエストをキュッと絞ったり。シルエットの変化を楽しむ一着。

アウター/Acne Studios_ ¥93,000

ニット/Acne Studios_ ¥51,000

パンツ/Acne Studios_ ¥39,000

春先までロングシーズン大活躍

いつものデニムにロング袖のタートル、赤いニット帽。コンパクトなダウンで仕上げて、とびきりの大人ラブリー。

アウター/RITO_ ¥74,000

ドレス/AKIRA NAKA_ ¥83,000

マフラー/MIHOKO SAITO_ ¥18,000

mirabella shopping guide

●ご注文はパソコン、スマートフォンから24時間可能!
https://flagshop.jp/mirabella/
※商品が売り切れ次第、販売を終了することがあります。

●お支払い方法:Amazonペイメント、クレジットカード(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)、代金引換(商品到着時に現金でお支払いください。手数料は一律300円〈税抜き〉です)、NP後払い(コンビニ、銀行、郵便局にて後払いでお支払いください。手数料は一律300円〈税抜き〉です)、dケータイ払いプラス、LINE Pay、コンビニ前払い、銀行前払い(ATM、ネットバンキング)、auかんたん決済
※AmazonはAmazon.com,Incまたはその関連会社の商標です。

●配送料:一律送料¥500(税抜き)
※会員登録をしなくてもお買い物をお楽しみいただけます。
※取引の詳細につきましては https://flagshop.jp/mirabella/guide/ でご覧いただけます。
※弊社個人情報の取り扱いについては https://flagshop.jp/mirabella/privacy/ をご覧ください。

●お問い合わせ先:集英社FLAG SHOP 0570-008-010 受付時間 9:00〜20:00(年末年始を除く)
※メールでのお問い合わせ
サイト内の専用フォームからお問い合わせいただけます。サイトトップ下方の「ショッピングガイド」をクリックし、右下の「お問い合わせ」より、必要情報をご入力のうえ、送信してください。

関連記事
  • マリソルオンラインで人気のミディアムヘアスタイルランキング月間TOP10を発表※集計期間:2019年4月23日(火)~5月20日(月)【ミディアムヘアスタイル1位】動きがあるのに品もある絶妙くびれミディアム【40代のミディアムヘア】★記事はこちら【ミディアムヘアスタイル2位】いろんな表情を生み出す長めニュアンス前髪をポイントに【40代のミディアムヘア】 ★記事はこちら【ミディアムヘアスタイル3位】おしゃれな空気感をまとえる切りっぱなし風ミディアム【40代のミディアムヘア】★記事はこちら【ミディアムヘアスタイル4位】ウルフの女っぷりを上げているのはアンニュイな前髪と柔らかな毛流れ【40代のミディアムヘア】 ★記事はこちら【ミディアムヘアスタイル5位】パーマスタイルが教えてくれた、今の自分にしっくりくる髪と服【40代のミディアムヘア】 ★記事はこちら【ミディアムヘアスタイル6位】大人っぽさとカジュアルさを融合するパーマを取り入れた弾力スタイル【40代のミディアムヘア】 ★記事はこちら【ミディアムヘアスタイル7位】ソフトウルフ×外ハネ、短め前髪、 3トレンドを大人っぽく取り入れて【40代のミディアムヘア】 ★記事はこちら【ミディアムヘアスタイル8位】パーマなし派でも華やか度UPのアクティブミディアム【40代のミディアムヘア】★記事はこちら【ミディアムヘアスタイル9位】抜け感のあるゆるやかな動きがミディアムにこなれ感をプラス【40代のミディアムヘア】★記事はこちら【ヘアスタイル10位】広がる髪をボリュームダウンできる重×ふわミディアム【40代のミディアムヘア】★記事はこちら
  • しかもかぶりにくい。でもちゃんとおしゃれな安心のプチプラ。悩んだらここへGO!今年のカンヌ映画祭。思わず見てしまうのは、ニース空港に続々と到着した女優さんたちの私服です。いち早く伝えてくれる現地フランスのファッションサイトを見ていたら、「ジャケパン」が多いなと思いました。特に目を引いたのは21歳の「エル・ファニング」。ナチュラルカラーのメンズライクなジャケパンスタイルに合わせたフレンチ配色がかわいすぎて、ちょっとホレました♡ (参照サイト「GRAZIA(Cannes 2019)」) で、すぐ真似をする。今持っているアイテムでも色さえ合わせればそれらしい雰囲気は作れます。プチプラ多めでも!彼女はシャツだったけれど、わたしは合わせやすいTシャツで応用。スタイルのポイント「赤いウエストポーチ」は持っていないので、探したらありました!普通のポーチですが100均に(笑)このコーデだったら、ついついベーシックカラーのバッグを合わせるところですが、赤いポーチを入れるところがさすが。インナーのブルーと合わせると「トリコロール」感が出てフレンチテイストに変身。100均でもじゅうぶんかわいいぞ!前置きが長くなりましたが、今日ご紹介するアイテムもカンヌに合わせてちょっとリゾートっぽくなる、とても素敵なデザインなんですよ。わたしの秘蔵のプチプラ「SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)」をご紹介します★このブランドの基本は「ベーシック」。お仕事服からプライベートまで、オンオフまとめて欲しいものがワンサカ見つかります。なぜなら、ここは「URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)」系のプチプラなので、色もデザインもシンプル。アラフォーが着やすいものがゴロゴロと見つかります。 それに、大手プチプラより断然かぶりにくいのも魅力的。デザイナーさんとのコラボ商品や、デザインにエッジが効いたものが多いので、かぶりやすいベーシックなものはここで選ぶことも多いです。 最近「これは!!」と飛びついたのはこの3点。トップスとサンダルの色違い2点です。見た時にも「かわいい!」と思いましたが、買ったあとに更に「大当たり」と思いました。サラサラした薄い透け感のあるリブニットのチュニックです。最初は「何を合わせればいいんだろ?」とホワイトデニムくらいしか思い浮かばなかったのですが、買ってみたら意外に何でも合わせやすく、今大活躍している1枚です。「チュニック」と聞くと反射的に「老け見え」の不安がよぎります(涙)。でも、濃いダークブラウンとリブ編みの組み合わせが大人っぽいリゾートの雰囲気でまったくそんなことはありません。前は太もも半分までカバーし、後ろはより長くお尻までスッポリ。完全なる体型カバーにも関わらず重たく見えないのは、サイドにスリットが長く入っているおかげです(着画をご参照下さい)。ノースリーブに見えますが、着てみると半袖のように袖が下がってくるので露出もほどほどで安心。ダークブラウンは、大人が選ぶ色としてハズレが少ないのでよく買う色のひとつ。特に夏はスタイルに深みがプラスされて高見えになります。これに合わせるボトムスは、意外にもロングスカートやパンツにデニムなど、バランス的に何でも合ってしまうのでとても便利! そして一緒に買ったペタンコのサンダル↓抜け感を出すために、夏は絶対に欲しいシンプルなクロスベルトデザインです。色がたくさんあって選べず、ベーシックの黒とメタリックのシルバーを2点買いました(ゴールドもかわいかった)。まぁ、この価格ですからね!シルバーのサンダルにはシルバーのポシェットを合わせて楽しんでいます。メタリックが1点でも入ると、スタイルが涼しげで一気に夏らしくなりますよね。ダークカラーの長めのトップスなので重たく見えないように、足元はペタンコシンプルなサンダルでバランスを取れば大丈夫!【土曜日】スカートに重ねたダークカラーコーデ↑夏は重くなりがちな「こげ茶×ブラック」の組み合わせですが、トップスの透け感ある生地と、スカートは小花柄のサラサラ素材で回避。足元のシンプルなサンダルでさらに軽い雰囲気を出します。小物もストロー素材で夏らしく。 【日曜日】ダークブラウン×ピンクのフェミニンパンツコーデ↑ピンクにも相性抜群のブラウン。ペールピンクでパンツでも少しフェミニンな雰囲気になります。サンダルとバッグをシルバーで合わせて夏らしさをプラス。このパンツは「VIS」のプチプラですが5年くらい履いているロングランです! ↓フレアデニムにもバランスがよく合います。サンダルは黒でもシルバーでもどちらも確実にキマる!サイドのなが~いスリットがチュニックの重苦しさをなくしてスッキリ!足長効果もありそうです♪このサンダル、シンプルで横から見てもかわいい♡いいな~カンヌ♡…なんてニヤニヤしていたら、長い連休が終わったばかりだった(泣)。次は夏休みか。 服だけでもカンヌっぽくして、気分をアゲでいきたいと思ってます♪▶SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)「リブニットチュニック」の詳細はこちらをチェック▶SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)「クロスベルトトングフラットサンダル」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.24★ 「PLST(プラステ)イヤリング(1,990円)」 夏になるとお店にたくさん並ぶマーブルデザインのアクセサリー。今年もかわいいものがたくさん目に入ります。以前はピアスのほうが種類が多かったのですが、最近はイヤリングもがんばってくれていて、選べる幅がとても増えたのがうれしいです♪ 夏のシーズンアクセサリーなので、価格も毎年プチプラが希望。そのほうが迷わず大胆なデザインを思い切り楽しめます!今年はプラステで素敵なものを見つけました☆縦は5.5cmほどの大ぶりなデザイン。夏にはこれくらいのほうがパンチが効いていてアクセントになります。同じマーブルでも色味によって似合う服も変わってくるので、ニュアンス違いでいくつか持っています↓ 300円ショップの「クゥクゥ」でもとてもかわいいものを見つけました。300円で信じられない素敵なものがみつかるので、大好きなプチプラです♡耳元にマーブルがあるだけで、シンプルなTシャツでも夏らしさがググっとUP。この夏も元気に耳出して、女っぷりを上げていきましょう♪▶PLST(プラステ)「マーブルイヤリング」の詳細はこちらをチェック 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • ドレスを選ばずともアコーディオンプリーツスカートでさらなる華やかを狙って※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますクライアントから誘われたレセプションに出席。主催者側のイベント時にはいつも黒に徹しているけれど、ドレスコードが平服で白というしばりがあるので、オール白に挑戦。歩くたびにドラマティックに広がるミディ丈の極細プリーツを、ちょっと大胆に同系色のノースリーブニットで合わせて、まるで一枚のドレスのようにアレンジ。着こなしが十分エレガントだからアクセサリーはモダン系をチョイスして、辛口要素を加味して。スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ ニット¥17,000/デ・プレ(デ・プレ) コート¥42,000/アストラット  新宿店(アストラット) ピアス¥18,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(レイチェル コーミー) バングル¥4,800/ティアラ(ランド シヌール) バッグ¥24,000/ANAYI 靴¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • 1週間の「明日なに着てく?」をまとめてお届け!【5月17日(金)〜5月23日(木)のコーデ】5月17日(金)のコーデ 今っぽいカラーのシャツ&パンツで、すっきりきれいめなパンツスタイルを叶えて! ハイウエストワイドを選べば、楽ちんかつスタイルアップできる♡5月18日(土)のコーデ 女っぽく見えるラベンダーカラーのTシャツは、フェミニンスカートとの相性も抜群。スニーカーやバックパックでカジュアルダウンすれば、今期らしいスポーツミックスに。5月17日(日)のコーデ ベーシックな黒スカートも、フレッシュなイエローグリーンのトップスで見違え! カジュアル小物を合わせれば、休日らしい抜け感もばっちり♪5月18日(月)のコーデ とろみノースリーブブラウスは、黒ベースのドットを選ぶと大人っぽく。涼しげ感のある青みピンクのスカートと合わせ、女っぽさを加速させて!5月19日(火)のコーデ 同系色系を合わせるなら、ベージュ系が今期の気分。足もとにグリーンの差し色すれば、初夏らしいさわやかな雰囲気もぐっとアップ!5月20日(水)のコーデ 辛口かつきちんと感のある黒のサファリシャツに、グレーのパンツを合わせていい女っぽく! 夏を意識した素材のバッグで、季節感を表現して。5月21日(木)のコーデ 淡色コーデの日は、リブニットやセンターシーム入りパンツで縦感を強調! これだけで、すらりとやせ見えが叶う♪ クリア素材のバッグで涼しげなムードをプラスするのも忘れずに。「着回しアイテム」まとめはこちらから>>撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) モデル/絵美里、松島 花 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/川上さやか 取材/伊藤真知 WEB構成/衛藤理絵
  • 気付けば週3白コーデ。白の力は最強です。Marisol6月号、初夏のアラフォーには白の力が必要です! もうご覧になって頂けましたか? 爽やかさ、女らしさ、おしゃれ感。 すべてをこの色が叶えてくれる! 本当にそうですよね。 「白」を着たときのフレッシュ感、爽やかさ、女らしさは、気分を上げてくれます。 なるべく汚さないように気をつけるから自然と所作も丁寧になっているような。 レフ板効果も嬉しいです。 最近は気付けば週3、白コーデです。 友人とドライブの日 MICA&DEALのブラウス友人とランチの日。ZARAのBIG白シャツ仕事後の買い出しの日。spick&spanのリネンロングスカートどれも今年買ったものではないのですが、何年着ても私の中で飽きないのがこの白アイテム。(伸縮性、適度なハリがあって着心地が良い点も◎) 何年着ていても着るたびに気持ちが上がります。 そんな意味でも、白の力ってすごいなと実感しています。 ただ、白を着る上で気になるのは、やはり"汚れ"ですよね。 そこで、Marisol6月号に、気になるアイテムが載っています! 白の清潔感をキープするアイテム スタイリストが愛用する「シミ抜きの超名品」ザゥトマン‼︎ザゥトマン miniわたしも早速買ってみました! 食べこぼし、口紅、ファンデ、水性・油性汚れなど。 天然原料を使い、シルクからデニムまで幅広く使えるそうです。 このサイズ感、ポーチに入れておくだけで、出先でも、ささっと使えてかなり安心。また、何年も前から愛用しているのが「ウタマロせっけん」。 白を気楽に着たいから、 汚れたら落とせば良い!という感覚でこの石けんも頼りにしています。 この石けんに出会ってから、子供にも白の洋服を着せれるようになりました。 体操服の土汚れにも、頼りになるウタマロ石けん。これから来る梅雨の時期。 白の力を借りて、気分をあげていきたいと思います。 今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。美女組No.164 kanaのブログ
  • 今季はJマダムの味方となるワンピースが豊富! 大人をきれいに見せることに細部までこだわったエクラ御用達のJマダムブランドや、13人のスタイリストやエディター・ライターのおしゃれプロがリコメンドする雰囲気アップの1着、池田奈加子さん×富岡佳子さんがお届けする雰囲気出しワンピースなど、一気にお届け! お気に入りが何枚も見つかるはず。【1】Jマダム御用達ブランド定番のベーシックカラーはカッティングやシルエットにこだわった逸品ぞろい都会的でリュクスな女らしさのある「ADORE」 すそにかけて控えめに広がるシルエットが上品な、リネンのベージュワンピース。アームホールが内側にくびれることなくまっすぐなラインに見せてくれるので、二の腕がすっきり細見え。 ワンピース¥52,000/ADORE ピアス¥29,000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) バングル¥12,000/ミュラー オブ ヨシオクボ ストール¥27,500/カオス丸の内(アソース メレ) バッグ¥34,000(ヘリュー)・靴¥69,000(ジュゼッペ ザノッティ)/以上アパルトモン 青山店1.洗練された上質カジュアルが魅力の「ATON」 白肌はもちろん、ほんのり焼けた夏の肌とも相性のいいブラウンは、少し透けを感じさせるメッシュ素材で重く見えないのがいい。たっぷりとドレープを施すことで、丸みのある体型でも肉感を拾わずボディラインをカバーしてくれる。ぴったりしない袖口が腕からわき肉を目立たせないつくりに。 ワンピース¥55,000/エイトン青山(エイトン) 2.トレンドの効かせ方が絶妙な「ESSEN.LAUTREAMONT」 前後ともにVネックになっているので、デコルテまわりと背中をすっきりシャープに、またウエストよりも少し高い位置についた共布リボンが、腰高ポイントを強調し脚長に見せてくれる。結ぶとエレガントに、自然にたらしてもノンシャランなムードでこなれて見える。ワンピース(リボンつき)¥42,000/エッセン.ロートレアモン 3.エレガントなモード感が味わえる「CYCLAS」 コンサバになりがちなネイビーのワンピースを、張りのある素材感とモダンなデザインで、洗練された大人の印象に。さらにウエスト後ろにはゴムが入っているので、後ろ姿を自然とシャープに見せてくれる。ポケットがサイドについているのもうれしい。 ワンピース(ベルトつき)¥89,000/ザ シークレットクロゼット神宮前(シクラス)柄の印象で視線を操るプリントワンピース。膨張して見えないダークカラーが豊富キャッチーさと上品さを兼ね備えた「VONDEL」 フレンチシックの流行で再び人気が高まるドット柄。さりげないフレンチスリーブが二の腕の存在感を薄めてくれる。アシンメトリーなすそが歩くたびに美しい残像を残す。 ワンピース¥46,000/FUN Inc.(フォンデル) ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) ピアス¥49,500・ボーンカフ¥152,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥120,000/ドゥロワー 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥156,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)大人に似合うかわいげデザインが見つかる「SACRA」 かわいげな小花柄は黒ベースの配色で大人っぽく。共布ベルトと内側に配したドローストリングでウエストをシェイプさせれば、メリハリのあるフェミニンなシルエットに。花柄一枚だと甘すぎるという人は辛口なジャケットを肩はおりして、露出した二の腕も自然にカバーしたい。 ワンピース(ベルトつき)¥36,000/インターリブ(サクラ)すっきりとミニマムなデザインが得意な「AURALEE」 コントラストが控えめなグレンチェックのワンピースは、きちんと感と女らしさが見事に融合。ボディラインを拾わない余裕のあるシルエットと、アームホールが大きくあいたデザインは、黒いベアトップなどダークカラーのインナーを仕込むことでわきが見えてもすっきりと締まって見える。 ワンピース(ベルトつき)¥46,000/オーラリーハンサムで女らしい二面性が評判「LE PHIL」 前身頃に使用したストライプ柄の縦長の視覚効果によって全体をスレンダーに、また後ろ身頃にあしらった異素材の落ち感プリーツが、背中からヒップまわりの肉感をふんわりカバー。襟ぐり浅めのフロントデザインはきちんと感を演出しつつ、後ろはきれいめフェミニンといった二面性を楽しめるのもいい。 ワンピース¥29,000/ル フィル体のラインを拾わない肉厚カットソーや、ドレープを効かせたとろみ素材をセレクトほどよく抜けのあるモダンさが魅力の「CINOH」 フロントのワンタックで胸もとに立体感を、また異素材であしらったポケットがちょうどいいしゃれ感アクセントに。明るめのネイビーで初夏気分に。 ワンピース¥25,000/モールド(チノ) 帽子¥23,000/エストネーション(センシ スタジオ) ブレスレット¥125,700/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥154,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)1.オケージョンもOKな華やかさなら「VERMEIL par iena」 しっとりとした肌ざわりのとろみ素材を使用。全体にたっぷり施したドレープが動くたびにドラマチックな雰囲気を演出。グログランリボンによる付属のベルトを軽く巻くことで脚長効果も発揮。ちょっとしたドレスアップシーンでも重宝する。 ワンピース(ベルトつき)¥20,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) 2.トラッドを今どきに再構築する「Scye」 きめが細かくさらりとした肌ざわりのカットソーは、肉厚感があるので体のラインを拾わず、まっすぐなシルエットでクリーンな印象に。一枚ではもちろん、レギンスに重ねた着こなしも今年らしく、白でも透けにくいからデイリーに活躍。足首が見えるロング丈は誰もが着やすい絶妙丈。 ワンピース¥25,000/マスターピースショールーム(サイ) 3.リュクスで女らしいたたずまいを演出する「HYALINES」 ニュアンスのあるピンクベージュが美しい、ツヤのある上質なシルクを使用したワンピースは、たっぷりのギャザーがつくり出す柔らかな表情が魅力。二の腕がすっきり見えるアームホールや、ウエストコンシャスなメリハリのあるシルエットなど、抜群の華やかさと着映え力を発揮。 ワンピース¥75,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)大人の遊び心をリュクスに取り入れた 「BLAMINK」 鮮やかなイエローにうっすらとストライプ柄が施されたラップドレスは、ノースリーブながら生地が二の腕に斜めにかぶるデザインで、腕全体をほっそり見せてくれる視覚効果あり。イレギュラーヘムの立体感が抜群に華やかなムードを演出。 ワンピース¥120,000/ブラミンク ピアス¥69,000(ソフィー ブハイ)・バングル¥63,000(タプレイ)/以上エスケーパーズ バッグ¥172,000/ジミー チュウ 靴¥71,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)大人が似合うかわいげカラーならここ「MARIHA」 きれい色初心者は原色よりも肌なじみのいいニュアンス系が正解。上品なライラックを引き立てるすそ広がりなシンプルシルエットは、おなかまわりがゆったりしたリラクシングな着心地。深すぎず浅すぎない絶妙なあき具合のVネックと、狭めのアームホールはインナーなしでもOK。 ワンピース¥28,000/ショールーム セッション(マリハ)繊細な色出しと上質素材にこだわる「ebure」 デイリーだけでなくオケージョンにも活躍する、エレガントさ抜群のブルーグレー。繊細なレースとウエストにあしらったリボンベルトが女らしさをいっそう高めて。ウエストにたっぷりとったギャザーがつくり出す上半身の膨らみとスカートの美しいドレープが、歩くたびにラグジュアリーに揺れる。 ワンピース(ベルトつき)¥98,000/ebure大胆な大人の色使いが得意な「BLUEBIRD BOULEVARD」 少ししわ感のあるヴィンテージライクなリネンを使用した深みと落ち着きのあるトーンなら、面積が広いワンピースでも華やかな色に挑戦しやすい。ウエストよりも少し高めの位置についたベルトと、ボリュームたっぷりなフレアシルエットが脚長効果をさらに高めてくれる。 ワンピース(ベルトつき)¥39,000/WEST(ブルーバード ブルバード)【2】おしゃれプロが本当に着たい! マイベストワンピース大人の思いを受け止めるミニマムでモダンな自信作森 慶子さん推薦 時代性と着心地に配慮したシンプルシックな一着を自ら手がけた森さん。「少しモダンに着こなしたくて、ゆるやかに広がるAラインをフルレングスに近いロング丈に。スーツ用に開発されたハイクオリティな素材なので着心地も◎」。仕事にもおすすめ。 ★ベルトつきワンピース¥24,000/エクラプレミアム通販(森慶子×エクラ) ネックレス¥30,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) バッグ¥22,000/アルファPR(アエタ) 靴¥23,000/オカイユ(ボールページ)撮影で富岡さんが着用した姿を見て即、購入決定!副編U推薦 「5月号の撮影で、富岡さんがこのワンピースを着用して撮影する現場に立ち会い、ひと目惚れ。昔から好きなブルー系ストライプのシャツ地のさわやかさもさることながら、ふわっと風をはらんだシルエットで雰囲気が出せるなと思って!(笑)」。二の腕や肘が隠れるデザインスリーブは大人に優しいデザイン。はおりいらずで着られるのもうれしい。 ワンピース¥15,800/マーコート(ミズイロインド)ミズイロインドはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>大好きなシャツワンピースこそ今どき感を重要視大野智子さん推薦 シャツワンピース好きの大野さん。撮影で出会ったリトを即、購入。「一枚で着ても様になるし、暑い夏にだらしなく見えないことも大切な条件。この手のワンピースは、お気に入りを見つけたら毎シーズン買い足しています。スニーカーやかごバッグを合わせてデイリーに着たいです」。大人に寄り添う白は、ゆったり着られるデザインがマスト。 ワンピース¥39,000/ザ・ウォール ショールーム(リト)夏の悩み、ラフすぎ&もの足りなさに “着映え感”を添えるお気に入り福田亜矢子さん推薦 福田さんがディレクターを務めるノーク。「着ていてとにかくラクちん。リネンで雰囲気のあるマキシ丈が気に入ってます。ペタンコサンダルでドレスダウンが今の気分」。 ワンピース¥14,000/ノーク サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥19,000・バングル¥12,000/ミュラー オブ ヨシオクボ ストール¥27,500(アソース メレ)・バッグ¥141,000(ザンケッティ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店 靴¥69,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)ありそうでなかった!脱・コンサバなレース松井陽子さん推薦 目をひくのは、シルバーグレージュの美しい色と静謐(せいひつ)なコットンレースの表情。異なる2種類のレースを使ったノースリーブは、ギャザーたっぷりの甘めデザインながら洗練された雰囲気。「ともするとコンサバになりそうなレースを、さりげない大人のワンピースに仕上げたところが素敵。あえてスポーティなサンダルやバッグで着こなしたい!」。 ワンピース¥125,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)凛とした麻素材に香るエレガンスに心惹かれて編集長O推薦 女らしさとほどよい華があるワンピースが好みの編集長。「今年はリネンにも惹かれて、こちらを購入。実用性抜群なのに、歩くとスリットから脚がさりげなく見えたり、ゆるやかに体に添ったシルエットがとにかくエレガント。ジュエリー映えしつつ、ペタンコのサンダルでも様になる。この懐の深さが一番の魅力かもしれませんね」。ベルトなしで着用しても。 共布ベルトつきワンピース¥58,000/ebureレギンスとの重ね着でほんのりエスニックをきれいめ仕上げ徳原文子さん推薦 「今どきでいつ、誰に会っても好印象を与えられる一枚です」。素材はコットン。 シャツワンピース¥36,000/ユナイテッドアローズ 新宿店(フィータ) レギンス¥12,000/サードマガジン ピアス¥55,000/エスケーパーズ(ソフィー ブハイ) サングラス¥44,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(アイヴァン 7285) バングル¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥33,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(へリュー) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)ペリーコはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>今シーズンこそワンピース感覚のオールインワンに挑戦編集S推薦 数々のブランドから登場するオールインワンを見てマイベスト探しにスイッチが。「以前ステラ・マッカートニーが着ていたクールでモードな姿にひと目惚れ。カジュアルなワーク見えを避けたいので、柔らかな素材を探していて出会った一枚です。とろみ素材のネイビーが私好み。ヌーディなサンダルに大ぶりのピアスやバングルを合わせたい!」。 オールインワン¥39,000/エッセン.ロートレアモン洗練エスニック柄なら大人かわいい着こなしができる坪田あさみさん推薦 「プリントワンピースは、一歩間違えるとおばさんっぽく見えると警戒していたのですが、これは別格。土くささを抑えた洗練されたプリントが気に入りました。休日のショッピングに、ブルゾンやダッドスニーカーを合わせて楽しむ予定」。シフォンの透け感で軽やかに着られるマキシだから、タンクトップとデニムにはおっても。 ワンピース¥88,000/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール)シルクのとろみ感でシャツワンピースを大人モードに池田奈加子さん推薦 シャツワンピース好きの池田さん。「カジュアルな素材が多い中、シルクの黒はまさに私好み。はおりとしても使えるので季節をまたいで楽しめるのも魅力です」。 シャツワンピース¥29,000/サードマガジン イヤリング¥11,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) バングル¥27,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(フィリップ オーディベール) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥54,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)仕事にもきちんとした席にも! 理想のワンピースに出会えました村山佳世子さん推薦 ボートネックにフレアスリーブのワンピースは、腰に飾りとしてのレザーベルトつき。「夏らしいかごバッグやサンダルも似合うし、首もとに小さなスカーフを巻いて、ワンピースと同じネイビーの靴とバッグを合わせてもいい。白小物なら少しモードにと、コーディネートがたくさん浮かぶところも気に入りました」。素材は張りのある綿麻。 ベルトつきワンピース¥180,000/ブラミンク バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ) 靴¥29,000/ウィム ガゼット 青山店(イル サンダロ オブ カプリ)イル サンダーロ オブ カプリはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>ペリーコはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>欲しいのは脱・無難な更新ワンピース宮崎桃代さん推薦 「大人がプリントを着るなら無地感覚のシックな柄を、となるけれど私の場合、着るなら大胆にいきたいし、変わり映えして見えるのが目標。チューリップ柄ですが、大きな柄使いと潔い配色だから、小気味よく着られそう。リゾートとはひと味違う、街ならではのプリントを選びました」。とろみ素材、Vネックのカシュクールデザイン。 ワンピース¥59,000/トゥモローランド(ナンバーシックス)慣れ親しんだシルエットを等身大仕様に更新編集M推薦 「いつもならベーシックカラーに手がのびるのに、展示会でこのライラック色にひと目惚れ。若いころ着ていたフィット&フレアですが、大人も安心して着られる丈感や、ボディラインを強調しない落ち感のあるとろみ素材を使うなどの配慮に感激! 今の私も臆することなく着られそうです」。素材はトリアセテート×ポリウレタン。 ワンピース(6月展開予定)¥34,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)【3】池田奈加子さんが提案! 最愛の一枚異素材のショートブルゾンとカゴバッグで軽やかに マキシ丈の優雅さに、カゴバッグやスエード素材のスポーティなブルゾンをミックスして、リッチな軽やかさをプラス。そのカジュアル感が、今どきのムードに導いてくれる。 ワンピース(インナーつき)¥225,000・ショートブルゾン¥188,000/アオイ(ファビアナフィリッピ) バングル¥48,000・ブレスレット¥94,000/エドストローム オフィス(オール ブルース) バッグ¥20,000/ドゥロワー 青山店(ア・ポワン)エッジの効いたディテールでピュアな白も大人っぽく エターナルな美しさがきわだつ、純白のワンピース。ラグランスリーブや、切りっぱなしの首もととすそなど、エッジの効いたディテールがさりげないアクセントになって、洗練されたムードを演出。 ワンピース¥383,000/コロネット(ニナ リッチ) リング¥190,000/ローリー・ロドキン銀座店(ローリー・ロドキン) 靴¥110,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) ピアス/モデル私物クリーンな白バッグ、輝くシルバー靴でヘルシーに ウエストとバックスタイルにあしらわれた切り替えがつくる立体的なフォルムを、着慣れたネイビーとミニマルなデザインでリアルクローズに。つややかで華のある素材感を、シンプルなTシャツワンピースの延長線上でカジュアルダウンして着こなすのがポイント。 ワンピース¥115,000・バッグ¥81,000・靴¥84,000(3点ともスポーツマックス)・サングラス¥31,000(マックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパンさりげなくも、意外性のあるデザインが新鮮 ほのかに透ける裏地がホルターネックのような仕立てになっていて、ラグランスリーブのように見えるデザイン。肩から袖にかけてボタンがあしらわれ、そのすき間から素肌が見える仕掛けに。シックな配色も効いて、凛とした女性らしさがかなう。 ワンピース¥55,000/サザビーリーグ(エキップモン) ピアス¥55,000/エドストローム オフィス(オール ブルース) 靴¥100,000/ロンハーマン(マノロ ブラニク)ていねいな縫製が生む美しいたたずまいを堪能して 玉虫色のような輝きをはらむ絶妙カラーのワンピースは、上質な生地を2枚重ねた特別感が魅力。フロントのタックや、変化形のフレンチスリーブ、たっぷりとギャザーのとられたバックスタイルなど、こまやかでていねいな縫製が生む美しい仕掛けが、大人の女性を美しく引き立ててくれる。 ワンピース¥180,000/ブラミンク バッグ¥22,000(ヴィオラドーロ)・靴¥33,000(チェンバー)/以上エストネーション撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)、金谷章平、坂根綾子、魚地武大(TENT) ヘア&メイク/野田智子 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子、田澤美香、池田奈加子 モデル/ゆうき、富岡佳子 取材・文/坪田あさみ、向井真樹、松井陽子 撮影協力/アンダーズ 東京 ※エクラ6月号掲載
  • カーディガン¥15000/Noela ニット¥4500/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 バギーデニムパンツ¥11990/エヴリス 新宿ルミネエスト店 バッグ¥7900/アンビリオン(カシュ カシュ) サンダル¥11000/MERCURYDUOリラックス感のあるアイテムを使った"ネオナチュラル"スタイルがトレンドの兆し! いつもの白トップス&デニムの定番スタイルにもロングクロシェカーデをはおるだけで今っぽいムードが簡単に出せちゃう。ヒールサンダルで都会的なムードも忘れずにオン。モデル/岡本夏美 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶デニムコーデ記事一覧はコチラ
  • ミラベラがおすすめする初夏のコーディネート。色で遊ぶ、柄で遊ぶ、スポーツミックススタイル、ラフスタイル、エアリーや透け感、“夏が楽しくなる”スタイルを提案します。 着たい色をひとつ残らず詰め込んで 春色ニットに合わせるのは、リュクスな花柄ワイドパンツ。ロングスリットが動きのあるシルエットを描き出す。 トップス/TOGA PULLA_ ¥39,000 パンツ/MM6 MAISON MARGIELA_ ¥49,000 サンダル/MM6 MAISON MARGIELA_ ¥58,000 透け感で魅せる、エアリーなスタイル スカーフ柄×異素材コンビの華やぎワンピースを、シアー素材のカーディガンで大人キュートにカジュアルダウン。 カーディガン/TOGA PULLA_ ¥27,000 ドレス/TOGA PULLA_ ¥39,000 ミュール/TOGA PULLA_ ¥53,000 キュートなドレスとスニーカーで街歩き フリル&リボンディテールで魅せるシルク混のミニドレスは、これ一着でシーンの主役になれる華やかさ。 ドレス/ N°21_ ¥129,000 ミュール/MM6 MAISON MARGIELA_ ¥73,000 総レースの旬ブラウスをカジュアルに ボタンフライのタイトなデニムを引き立て役に、フリンジ×フラワーレースの個性派ブラウスで今年らしく。 トップス/N°21_ ¥96,000 パンツ/MM6 MAISON MARGIELA_ ¥49,000 サンダル/MM6 MAISON MARGIELA_ ¥58,000 コートをゆるく羽織ってニュアンシーに シックなドレスに端正なトレンチを合わせて、大人顔にシフト。ボンディテールのサンダルで足元までレディに。 コート/THE ROW_ ¥299,000 ドレス/THE ROW_ ¥122,000 サンダル/THE ROW_ ¥103,000 mirabella shopping guide ●ご注文はパソコン、スマートフォンから24時間可能!https://flagshop.jp/mirabella/ ※商品が売り切れ次第、販売を終了することがあります。 ●お支払い方法:Amazonペイメント、クレジットカード(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)、代金引換(商品到着時に現金でお支払いください。手数料は一律300円〈税抜き〉です)、NP後払い(コンビニ、銀行、郵便局にて後払いでお支払いください。手数料は一律300円〈税抜き〉です)、dケータイ払いプラス、LINE Pay、コンビニ前払い、銀行前払い(ATM、ネットバンキング)、auかんたん決済※AmazonはAmazon.com,Incまたはその関連会社の商標です。 ●配送料:一律送料¥500(税抜き)※会員登録をしなくてもお買い物をお楽しみいただけます。※取引の詳細につきましては https://flagshop.jp/mirabella/guide/ でご覧いただけます。※弊社個人情報の取り扱いについては https://flagshop.jp/mirabella/privacy/ をご覧ください。 ●お問い合わせ先:集英社FLAG SHOP 0570-008-010 受付時間 9:00〜20:00(年末年始を除く)※メールでのお問い合わせサイト内の専用フォームからお問い合わせいただけます。サイトトップ下方の「ショッピングガイド」をクリックし、右下の「お問い合わせ」より、必要情報をご入力のうえ、送信してください。
関連キーワード

RECOMMEND