主演男優賞

SPUR.JP

マスキュリンな佇まいのクールなウォレット。スマートな機能性にも注目

COACH

洗練されたカラーブロックと抜群にスマートな使い心地

フラップを開けるとボディの外側にカードポケット。背面にはコインポケットが。ワーキングガールがクイックに必要になるものは、三つ折りをすべて開かなくても使える優れた設計。
財布〈H10×W11×D2〉¥16,000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)0120-556-936

GIVENCHY

ヴィンテージムード漂う、凜とした存在感が魅力的

光沢のあるレザーにほどこされたキルティングと、ゴールドのバックルが懐かしく新しい。二つ折りを開けば、コインポケットと9 つのカードポケットが備えられている。
財布〈H9×W13×D2〉¥73,000/ジバンシィ表参道店(ジバンシィ) 03-3404-0360 

MAISON MARGIELA

新しいスタイルを作る、きらめきのウォレットバッグ

シルバーカラーが眩いウォレットには、取りはずしできるロングチェーンが付属。クロスボディバッグとしても楽しめる。スマートフォンも優に入るサイズ感。
財布〈H11×W20×D1.5〉¥128,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ) 03-5725-2414 

MARNI

定番の二つ折り財布がコンテンポラリーデザインに

サフィアーノカーフスキンをトリコロールで切り替えたデザインが、二つ折り財布をフレッシュに魅せる。内側にスナップボタンがついていて、バッグの中でもかさばらない。
財布〈H11×W8.5×D2〉¥45,000/マルニジャパン(マルニ) 03-6416-1024 

>>助演女優賞

関連記事
  • こんばんは いつもブログをお読みいただきありがとうございます 前回のブログでも紹介した、お気に入りのワイドデニム。 今回はオフホワイトのニットと合わせてみました。 普通の定番ニットだと、なんだか物足りないので、titivateのボトルネックリブニットプルオーバーを選んでみました! こちらのボトルネックリブニットプルオーバーのお気に入りのポイント♩ ・短くてふんわりした袖部分が手首を綺麗に見せてくれる。・丈が短めなのでボトムスとの相性も良く、メリハリを出してくれます。 ↑ニットは普通の定番のものよりも少し可愛いポイントがあるものを持っておくと、デニムと合わせた時にメリハリが出るのでおすすめです。 足元は黒ブーツを選んでシンプルなコーデにしてみました。 ⚫︎トップス titivate ⚫︎パンツ UNIQLO ⚫︎バッグ CHARLES & KEITH ⚫︎ブーツ CHARLES & KEITH 〜白ニット×ワイドデニム×黒ブーツのシンプルコーデを更に楽しむポイント〜 シンプルなコーデに、大ぶりのイヤリングを合わせると更にコーディネートが楽しめそうです♩ 高身長で顔が派手めな私は、いつもは小さめのアクセサリーを選んでますが、 大ぶりのアクセサリーに挑戦したい時はあえてシンプルコーデや、淡色コーデの時に付けるようにしています♩ いつも通り小さめのアクセサリーでないと、悪目立ちしてしまう!という概念は捨てて、たまには挑戦してみるのも楽しいし、新しい自分に出会えるかもしれません^^ 皆さんもいつもと違う冬のコーデを 是非、楽しんでみて下さい! Instagramもしています。 フォローして下さると嬉しいです♩ instagram
  • コロナ禍の暗いムードをファッションで払拭。ヨーロッパマダムたちは、自分のみならず、目にする人をも色のパワーで元気に!ミラノマダムのおしゃれバッグコーデをスナップしました。ジュリア(マーケティング・ミラノ)ゴールデングースのアウターとザラのニットに、すっきり見えるスキニー×ロングブーツと、ミラノマダムが好むカジュアルスタイル。お母さまが愛用していたバッグに赤いエルメスのスカーフを巻いてプレイフルに。いつもの着こなしが新鮮に なり気分も上々。アレッサンドラ(コマーシャルディレクター・ミラノ)ピンクのパワーでコロナ禍の不安を吹き飛ばす。トーマス・マイヤーのコート、ニットはラフ・シモンズがデザインしていたころのカルバン・クライン。ブーツとボッテガ・ヴェネタの新作バッグもピンク。ヘルシーな甘さがあるコーデ。ジャンナ(マーケティング・ミラノ)ヴィンテージショップで購入したビビッドイエローのコートを、一枚でさらっとワンピースのように着こなす。袖をまくり、チェックの裏地を見せて。ひとつだけボタンをとめたコートは歩くたびに揺れて女性らしさを香らせる。>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧[ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadama ※エクラ2021年2月号掲載
  • 今季もUNIQLO UでTシャツを新調しました。カラーはとりあえず持っておいて便利な3色。こんばんは!雪千代です。 本日も昨日に引き続きUNIQLO U購入品のご紹介をしたいと思います。 私の中UNIQLO Uのアイテムの中でもお気に入りのものといえば定番のTシャツです。 今年の春夏用に早めに新調しとこうということで とりあえずは何枚あっても困らないベーシックカラーを買っておきました。クルーネックTシャツ(半袖)1000円(税抜)しっかりとした生地感なのにもかかわらず1枚1000円というプチプラ加減に愛を感じます。 こういったTシャツは毎年ほぼヘビロテでガンガン着まくる傾向にあるため とても助かります^^ちなみに私はLサイズを着ています。 タイト目なデザインなのでジャストサイズで着るとしたら 普段よりワンサイズ上くらいが良さそうです。カジュアルにはもちろん すっきりとした形なのでジャケットと合わせてキレイ目にも着れるし インナーとしても活躍できて オンオフ関係なくヘビロテできるアイテムなのでほんとに何枚あっても困りません。 というわけで今回もUNIQLO Uの購入品のご紹介でした。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました☆インスタグラムも更新中です♪ よかったらフォローをお願いします^^ ↓↓↓No.169 雪千代
  • 「水球王子」の愛称で親しまれる、話題のアスリートをご存じだろうか。その名の通り、水球の日本代表メンバーとして活躍する彼の目標は、「オリンピックで勝利して、水球の魅力を広める」こと。昨年開催予定だった東京オリンピック前に約束していた取材が、コロナ禍を経て、昨年末の練習日についに実現(2度目の緊急事態宣言前)。スポーツ選手として葛藤の絶えなかった2020年の終わりに、思うことは? 人生最大の壁からモチベーションのもとまで、爽やかな王子スマイルの奥に潜む、荒井陸選手の熱きスポーツ魂に迫る! 荒井陸(あらい・あつし)1994年2月3日、神奈川県生まれ。日本体育大学在学時の2012年、日本代表チームに選ばれる。2016年から約1年間、水球大国・ハンガリー名門クラブ「HONVED」に所属。現在は「Kingfisher74」。水球日本代表であるポセイドンジャパンの一人。水中の格闘技と呼ばれる水球界では身長2mクラスの選手が多い中、168cmで戦う姿は「小さな巨人」。無敵だった幼少期。唯一、水球だけができなかった荒井選手が水球を始めたのは、小学3年生のとき。神奈川県の実家からほど近いスイミングクラブで習っていたお兄さんの影響で、練習に参加したのがきっかけだ。  「子どもの頃からスポーツが好きで、サッカーを習っていました。自分で言うのもなんですけれど、運動神経が良くて。運動に関しては、大体のことが人よりもうまくできたし、自分に不可能はないと思っていたんです。 それなのに、水球の練習に参加したら、何もできなかった。点を取れないどころか、ボールにすら触れない。水に浮いているだけで精一杯だったんです。そんな様子を見た兄にからかわれたのが、心底悔しくて(笑)。絶対に見返してやる!という反骨精神から、水球を習うようになりました」 「水球を続けたい」。そう思ったことは一度もないインターハイや国体優勝への憧れを抱くようになり、兄の背中を追って水球の名門・秀明英光高等学校に入学。3年間、自宅から片道約2時間半をかけて通学した。 「どんどんのめり込み、中学生の頃には、自然と水球が生活の中心になっていました。高校生活はとにかくハードでしたが、僕にとっては、挑戦することと楽しさが勝った。よく、“水球を続けたいと思ったのはいつ?”と聞かれるのですが……水球について、そんなに深く考えたことがないんです(笑)。水球をすること以外の選択肢がなかったので」初めて挫折を味わったのは2016年、水球大国・ハンガリーで世界のステージで戦うことを夢見て日本体育大学に入学し、1年生のときに日本代表合宿に参加。2013年のワールドリーグで日本代表デビューを飾った。「水球以外の選択肢がない」という強い意思を輝かしいキャリアで体現してきた荒井選手だが、水球大国・ハンガリーのチーム「HONVED」所属時に初めての挫折を味わう。 「それまでは、自分自身にチャンスメイカーとしての役割を課していました。点を取れる選手はたくさんいるから、彼らのサポートをするべきだ、と考えていたんですね。ただ、ハンガリーで求められたのは点を取ること。どんなにサポートをしても、点が取れないと評価されないんです。よって、僕は全く試合に出させてもらえず……水球人生で初めての挫折でした。 向いていないとは思いながらも、試合に出たい一心で練習を重ねると、次第に点が取れるように。実際に点を狙うようになると、貪欲さが増して、技術全体がブラッシュアップされたんです。精神的にも肉体的にもしんどかったですが、あの経験がなかったら、今の僕はない。水球にハマったきっかけもそうですが、悔しさや挫折なくして成長はできないと、素直に思います」人が優しく街も美しい。ハンガリー、一押しです!ハンガリーの「HONVED」に在籍していた約1年間を過ごしたのは、首都ブダペスト。試合のために世界各国を訪れてきた荒井選手だが、群を抜いて好きな街だとか!  「まず、人が優しい。チームメイトはあたたかく受け入れてくれ、オフの日も一緒にお寿司を食べに行ったり。辛い時期を乗り越えられたのは、彼らのおかげです。電車でも席を譲り合うなど、マナーを重んじる文化は、日本に近いように感じました。街も美しく、ぶらっと散歩をするだけでリフレッシュできる。海外旅行ができるようになったら、ぜひ、訪れてみてください!」散歩、カフェ巡り、買い物。休日は必ず外出する派です日本でも、暇さえあれば散歩をしているという荒井選手。オフの日は街歩き、カフェ巡り、買い物が定番。ファッションも好きで、なかでもパンツ選びには並ならぬこだわりが。  「練習の合間も散歩したりと、とにかく、じっとしているのが苦手なんです。だからどんなに疲れていても、休日は必ず外出しますね。普段はジャージばかり着ているので、ちゃんとおしゃれして出かけたいんです(笑)。国産ブランドが好きで、PUBLIC TOKYOとUNITED TOKYOは頻繁に覗きます。一番こだわっているアイテムは、パンツ。ポケットの形や位置など、かなり吟味します」憧れは、大谷翔平選手。ロサンゼルスまで観戦しに行ったことも甘いマスクと肉体美に加え、今どきの趣味も、“水球王子”と親しまれる所以? そんな愛称についてどう感じるか尋ねると、「素直に嬉しいです。実生活では、全くモテないんですけどね」と苦笑い。さらに、憧れのスポーツ選手を聞いてみた。 「たくさんいますが……ひとり挙げるなら、大谷翔平選手ですね。外見はもちろんですが、メジャーリーグでプレイするという夢を叶えただけでなく、大活躍しているところが本当にかっこいい。ロサンゼルスまで試合を観に行ったのですが、彼の人気を目の当たりにして、唖然としました。グッズの多さもだし、彼がマウンドに登場したときの歓声は、ほかの選手と桁違い。良い刺激をもらい、憧れる存在です。 スポーツ選手にとって、ファンの方の存在はモチベーションになるし、応援はいい意味でのプレッシャーになるんです。水球は、日本ではまだまだマイナー。自分が大好きなスポーツだからこそ、たくさんの方にその魅力を伝えるために、SNSなどにも力を入れています」 この投稿をInstagramで見る 荒井陸/Atsushi Arai (@a2desu)がシェアした投稿 Instagram(@a2desu)やYouTubeチャンネル(荒井陸/Atsushi Arai)で、練習のオフショットやプライベートを公開中。 東京オリンピックの延期は、正直、かなりヘコみました「自分を成長させてくれた水球に貢献したい」という想いから、水球の魅力の拡散をライフワークとして掲げる荒井選手。その最大の機会の場となるはずだったのが、2020年に開催予定だった東京オリンピック。延期の発表を受けた当時を振り返り、こう語る。 「正直、かなりヘコみましたね。絶対に勝たないといけない!と、突き詰めてきた矢先のことだったので、なおさらショックが大きかったです。自粛期間は練習もできず……あれほど長い期間、水球をしなかったのは初めてだったので。いろいろな変化に体も精神も追いつかない状態でした。 ただ、時間とともに心も落ち着いて。せっかくの機会だから、普段できないことをしよう!と気持ちを切り替えました。のんびりランニングをしたり、1日中ドラマや動画を観たり。なかでも韓国ドラマにハマって、夜通し観ちゃいました(笑)。練習で忙しい日々にはできず“いいな”と思っていたことを全てやり終えたとき、改めて、水球の楽しさ、水球をできることの幸せに気づいた。そして、またイチから頑張ろう、と思えるようになりました」水球用のプールって、じつはかなり深いんですよ!現在は先に控える東京オリンピックに向けて、猛特訓に勤しむ日々。今回は、そんな練習中にお邪魔して撮影を行った。すると、想像を絶するスピード感あるパス、鋭いシュートの迫力に、スタッフ一同大興奮! 当日は(深さのない)通常プールでの練習だったが、ゲームの面白さを垣間見た。また、取材日には見られなかったが激しいボディコンタクトや個人技など見どころも多い。 「意外と知らない方が多いのですが、水球って、泳ぎながらプレーしているんです。つねに足がつかない状態で、ボールも片手でしか扱えない。その2点を知るだけで、試合のスリル感がぐんと増すはずです」損はさせません! 一度、試しに観戦してみてください「また、日本の水球はスピード感が特徴ですが、ヨーロッパのチームとの対戦では摑み合いなど、体当たりなプレイも続出。ボールゲーム、格闘技、水泳と、様々なスポーツの魅力がぎゅっと詰まっているんです。損はさせない自信があるので、ぜひ一度、観戦してみてください!」photos: Ayako Kichikawa text: Ayano Nakanishi 
  • 若手の台頭で、史上稀に見るハイレベルな国内争いが繰り広げられる日本男子フィギュアスケート。北京五輪に向けてしのぎを削る4人のスケーターをご紹介します。 《羽生結弦》世界が恋する異次元の絶対王者 日本が誇る世界的スーパースター。オリンピック2連覇に加え、昨年にはジュニア、シニアの主要国際大会完全制覇の“スーパースラム”を達成。数々の偉業を成し遂げてもなお、芸術性と己の限界を追い求める挑戦者でもあり、彼の一挙手一投足が伝説を創る。 《宇野昌磨》自分と向き合い強くなる、不屈のファイター 平昌五輪銀メダル、全日本選手権4連覇(’20年11月現在)。世界で初めて成功させたフリップを含む4種類の4回転と、心を揺さぶる演技が魅力。昨シーズンはコーチ不在で試練のシーズンとなったが、新コーチのもとで完全復活。コーチ、仲間、そしてスケートを楽しむ気持ち。新たな宝物を手にし、北京五輪を目指す。 《友野一希》表現を極めたワールドワイドエンターテイナー 2018年世界選手権5位で一躍注目を浴びて以降、新たな4回転の習得と観客を引き込む唯一無二の表現力を磨き、着実に成長を続けてきた。“浪速のエンターテイナー”から“世界のエンターテイナー”へと進化した姿で、向かうは北京五輪代表! 闘志に満ちた気迫のこもったステップは必見。 《佐藤 駿》日本の未来を担う若き天才ジャンパー 16歳にして4種類の4回転を習得。高難度ジャンプを軽々と跳び、圧倒的なジャンプセンスで他を凌駕する若手のホープ。2019年ジュニアグランプリファイナルではジュニア歴代最高得点で優勝を飾り、満を持してシニアデビュー。宝物は憧れの羽生結弦選手からもらったペンダントで、ティッシュケースはパンダ。 取材・原文/轟木愛美 構成/斉藤壮一郎〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • 【ユニクロ(UNIQLO)】が公式オンラインストア限定商品として2020年末にリリースしたあったか寝具「ヒートテックシキパッド(敷きパッド)」が売れています! 同じく人気商品の「ヒートテックモウフ(毛布)」(詳しくは過去記事参照)などと合わせた快適すぎるおやすみタイムと、おうち時間を暖かく快適に過ごせるフリース製のおすすめホームグッズを合わせてご紹介します♡ ① 「ヒートテックシキパッド」シングル(¥4990)を購入してみた! 「ヒートテックシキパッド」は、【ユニクロ(UNIQLO)】公式オンラインストア限定商品として、2020年末に新登場。【ユニクロ(UNIQLO)】の冬を代表するヒートテックと同じ素材を使用した敷きパッドです。細くやわらかくしなやかな超マイクロアクリル素材を使用し、吸湿・発熱・保温機能に優れています。 エディター沖島が購入したシングル(205×100㎝)のほか、セミダブル(205×120㎝)、ダブル(205×140㎝)の3サイズ展開。カラーはダークブラウン、ベージュ、グレーの3色です。 ポリエステル製の中綿を内蔵したキルティング仕様で、さわり心地ふわっふわ&寝心地ふっかふかです♡ アクリル(66%)とポリエステル(22%)にレーヨン(12%)をブレンドすることで、保湿性を高めながらムレにくい構造になっています。 約1㎝ほどあるやわらかな毛足がビッシリ並んでいます。ほどよく光沢があるのも高級感が出ていてお気に入り◎。 四隅にずれ防止のためのゴムバンドがついていて、厚さ30㎝までのマットレスや敷きぶとんにもぴったりフィット。洗濯機で簡単に洗えるマシンウォッシャブル仕様でお手入れも簡単です◎。 ② 「ヒートテックモウフ」を一緒に使うとあったかさ倍増⤴️ そして「ヒートテックシキパッド」とぜひ合わせて使っていただきたいのが「ヒートテックモウフ(毛布)」(詳しくは過去記事参照)です。「ヒートテックモウフ」も発売当初は公式オンラインストア限定販売でしたが、2020年秋から店頭でも販売スタート! よりお手軽に購入できるようになりました♡ 「ヒートテックモウフ」も、ヒートテックの持つ吸湿・発熱・保温機能の原理を活かした“暖かい・軽い・洗える”の三拍子そろった理想的な毛布。吸湿して発熱する特徴をもつレーヨンと、断熱性の高い超マイクロアクリル素材をミックスすることで、毛布内に暖かい空気をキープ。きめ細かに起毛させてふかふかとしたボリューム感を出し、やわらかくしなやかな肌ざわりが楽しめます。そしてこちらもご家庭の洗濯機で簡単に洗えるマシンウォッシャブル仕様。 2017年秋冬に公式オンラインストア限定商品として登場して以来、SNSを中心にあっという間に評判となり、入荷しても即完売を繰り返す【ユニクロ(UNIQLO)】の隠れ名品でした。2020年10月から店頭で購入できるようになりました(なので「ヒートテックシキパッド」も早く店頭で買えるようにしてほしい〜♡)。 カラバリはグレー、ベージュ、ダークブラウンの3色があり、同じカラーバリエーションの「ヒートテックシキパッド」と色みを合わせて選べます◎。サイズはシングル(200×140㎝・¥3990にお値下げ中⤵️)、ダブル(200×180㎝・¥3990にお値下げ中⤵️)の2サイズ展開。重さはシングルが約1.2kg・ダブルが約1.5kgです。 ③ 忖度なし!  「ヒートテックシキパッド」&「ヒートテックモウフ」の率直な使用感は!? というわけで、ヒートテックにサンドイッチされて毎日就寝するようになったわけですが(* "q')、ガチでふんわりあったかで本当に素晴らしく快適です◎。おやすみタイマーをかけてのエアコン暖房&電気毛布のダブル仕様が必要なくなりました。とくに、足先が冷えてなかなか寝つけないのが冬場の深刻な悩みだったのですが、肌に触れているところからじんわりと暖かく感じられて、気がつくと寝落ちしています。毛布・敷きパッドともに毛足が約1㎝ほどあって長めなので、併用していると絡まったりするかなと思いきや、お互いにどこまでもサラサラしています。さらに、2点とも何度か洗濯してみましたが、端のトリミング箇所にやや毛玉ができ始めたものの、手ざわりの変化や大量の抜け糸などは今のところありません。就寝時の寒さや手足の冷たさに悩まされている方にこそ、ぜひお試しいただきたいと思います! ④ これもおすすめ♡ フリース製のリバーシブルブランケット&ウォームパンツ 【ユニクロ(UNIQLO)】では、“UNIQLO at HOME”と題して、肌ざわりのよさや心地よさなど、服づくりで培ったテクニックを生かしたあったかホームグッズのラインナップを充実させています。そこでエディター沖島がヘビロテしている【ユニクロ(UNIQLO)】のフリースアイテムも合わせてご紹介。写真(↑)の「リバーシブル フリースブランケット」(134×80㎝・¥990にお値下げ中⤵️)は、フィンランドで長年愛されているテキスタイルブランド「フィンレイソン(Finlayson®)」とのコラボ商品です。 「フィンレイソン(Finlayson®)」は、1820年の創業以来、フィンランド国民をはじめ世界中に多くのファンを抱える、北欧デザインのリーディングブランド。毛足の短いプリント面と長いホワイト面の両面でリバーシブル使用ができ、軽くてふわふわでやわらかく、デスクやソファでのひざ掛けや、お子さま用のお手軽ブランケットとして大活躍! スナップボタンが3つあしらわれているので、肩からケープのように羽織ってあったまったり(続)、 写真(↑)のように下半身をぐるんとくるんでウエストで固定することもできます! エディター沖島、在宅ワーク時間の定番スタイルです。 同じく愛用している「ウエストウォーム パンツ」(¥790にお値下げ中⤵️)も、おうち時間のおなかまわりの保温&保湿におすすめ◎。「ピーナッツ ホリデーコレクション(詳しくは過去記事参照)」のものです。 ©2020 Peanuts Worldwide LLC お昼寝を楽しむウッドストックのワッペンが左端に鎮座していてたいへん可愛いです♡ フリース製のラウンジウェアやブランケットを中心とした「ピーナッツ ホリデー コレクション」のアイテムは絶賛セール中なので、店頭で見かけたらぜひ手にとってみてください。 以上、【ユニクロ(UNIQLO)】でウェアをしのぐ人気商品になりつつある超あったか寝具「ヒートテックシキパッド(敷きパッド)」「ヒートテックモウフ(毛布)」と、おすすめフリースアイテムのご紹介でした。かさむ一方の暖房費を節約するあったかアイテムとしてぜひご活用ください♡ あったかグッズ大充実【ユニクロ(UNIQLO)】公式オンラインストアへ 取材・文/沖島麻美 ※2021年1月20日時点での情報で、店舗によっては未入荷・発売遅延・品切れ・取り扱いなしの可能性があります。最新の情報は【ユニクロ(UNIQLO)】公式オンラインストアまたは各店舗にてご確認ください。 ※掲載内容には私物または個人の見解が含まれます。
  • 続々とスターアイテムが登場し、勢いが止まらないボッテガ・ヴェネタ。BAILAスタッフはもちろん世界中のファッショニスタを夢中にさせるその魅力にフォーカス! 今回は、私物に動画に…とモデルやスタイリストたちのボッテガ愛をご紹介。 モデル 松島 花さん 「お店で出会ったサイハイブーツに心奪われました♡」ひと目ぼれしたサイハイブーツはミニボトムに合わせて。 「アイコンバッグがお気に入り!」it bagのパデッド カセットに加え、長く使いたいミニ ザ・アルコを買い足し。 モデル 大政 絢さん ボリューム感が気に入ったという大人気のブーツ。 スタイリスト 斉藤くみさん 「構築的な形が魅力。ミニでも意外と収納力があります」 スタイリスト 辻 直子さん 「パンプスは私の定番。この一足が今の顔にしてくれるんです」 ライター 東原妙子さん 「斜めがけでカジュアルに合わせるのが好き」ミニ ザ・ポーチは白をきかせたいときに重宝。 スタイリスト 百々千晴さん 爆買いの様子をYouTubeにアップ!ボッテガ愛あふれる動画は必見! 取材・原文/東原妙子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • ビジネスウエアに合わせたい小物やバッグ、さまざまな仕事シーンで活躍する新作アイテムなど、この時季のお仕事ファッションをより素敵にしてくれる旬の情報を紹介。何通りにも使えて便利。 ショルダーバッグにポシェットが装着できる「ブルガリ」の新作 新作『ブルガリ セブン ウェイズ』は、ショルダーバッグにポシェットを装着してカスタマイズできる画期的なデザイン。荷物の多い日は、バッグとポシェットを一体化したダブル使いで。シルバーのミニポシェットはバッグインバッグとしても使えるサイズ感。バッグのストラップにも装着可能なので、コーディネートのアクセントにも。 ショルダーバッグのロゴ部分にポシェットを装着。ショルダーバッグ(H13×W19×D6)各¥175,000・黒バッグにつけたポシェット(H10×W18×D2.5)¥98,000・シルバーポシェット(H9×W13×D3)¥105,000/ブルガリ ジャパン(ブルガリ)オフィスやオンライン会議に、 「フォーナインズ」の新作メガネでイメチェン!かけ心地のよさ、つくりのよさ、そしてデザイン性で人気の「フォーナインズ」の新作メガネから、エグゼクティブ女性におすすめの3シリーズ。定番のボストン型でボリュームのあるプラスチックフレーム(写真上)や、メタルとプラスチックの組み合わせが軽やかで落ち着いた印象のミックスタイプ(写真中・下)など、どんな顔型にも似合いやすいデザインが充実。 頭をすっぽり包み込むようなかけ心地。メガネ(上から)「NP-47」¥35,000・「M-109」¥43,000・「M-72」¥37,000/フォーナインズビジネス向きの落ち着きあるデザイン。「和光」の新作財布自動巻き時計のローターをイメージしたバックルが特徴の、和光のバッグ『Sac de Temp(s サック ドゥ タン)』シリー ズに、長財布と三つ折財布が仲間入り。長財布にはカードスリットが12枚分備わっており収納力抜群。バッグと同じ高級感のある牛革を使用し、ラグジュアリーで落ち着いた雰囲気が漂う。 札入れ部分には知性や平和の象徴といわれる鮮やかな青色のレザーが施された、さし色が美しいこだわりのデザイン。長財布の小銭入れはL字ファスナーで取り出しやすい。長財布(H9×W19×D1.5)¥35,000・三つ折財布(H7×W9.5×D2)¥17,000/和光「エミリオ・プッチ」のルームシューズで、 お家時間の足もとをエレガントに彩る自宅でのテレワークファッションにも手を抜きたくないエグゼクティブ女性におすすめなのが、「エミリオ・プッチ」のカラフルな室内履き。ヴェネツィア発祥のジュート製のコンフォートシューズをベースに、プッチプリントが色鮮やかに施されたデザイン。室内ではもちろん、車移動の際のコンフォートシューズとしても◎。 色はピンク系とブルー系の2色。とても軽量で履き心地は抜群。室内に置いてあるだけで気分が上がる。各¥24,000/エミリオ・プッチ ジャパン(エミリオ・プッチ)「スマイソン」から、スマホケースとカードホルダーがひとつになった新作「スマイソン」の新作スマートフォンケースは、チェーンストラップつきのエレガントなデザイン。ケースの背面には4つのカードスリットつきで機能面も秀逸。素材は高級感のあるクロスグレインカーフレザー製。ベーシックカラーからきれい色まで、バリエ豊富に展開。これひとつあれば、社内はもちろん、近場の外出なら事足りるはず! 中はゆとりあるサイズ感で、iPhone Xs Maxも余裕で入る。ポシェットとして持っても素敵。スマートフォンケース(H17×W9.5×D2)¥54,545/スマイソン「エポイ」の人気2WAYボストンバッグに使い勝手のよいMサイズが登場シンプルなデザイン、上質なメイドインジャパンのクオリティで人気の「エポイ」。なかでも、特に働く女性に愛用者が多いRITSシリーズのボストンバッグに、Mサイズが新登場。フォルムの美しさを強調するミニマムなデザインが仕事に適しており、使い勝手のよいサイズ感も魅力。内装は3層式となっており、整頓しやすい仕様になっている。 取りはずし可能なストラップは長さが5段階調節できる。色はほかに新色のスカイやピンクブラウン系もあり。バッグ(H23×W31×D12)各¥120,000/エポイ本店(エポイ)>>「エグゼクティブサロン」 記事一覧はこちら撮影/小林美菜子 取材・原文/新田幸子 ※文中の( )内の数字は縦×横×マチを表し、単位は㎝です ※エクラ2021年2月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND