シャネルとの傑作コラボも一堂に。ジャン=ポール・グードの展覧会、シャネル・ネクサス・ホールにて開催

SPUR.JP

【SPUR Eye】
前衛的な表現で時代を切り拓いてきた稀代の“イメージメーカー”、グード。大胆な表現の数々には興奮必至!


ヴァネッサ・パラディをフィーチャーしたフレグランス「ココ」のCMをはじめ、シャネルとのコラボレーションでおなじみのアーティスト、ジャン=ポール・グード。その作品を紹介する「"In Goude we trust!" ジャン=ポール グード 展覧会」が2018年11月28日(水)〜12月25日(火)、東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホールにて開催される。

Slave to the rhythm, cut-up transparancy, Paris, 1986 ©️Jean-Paul Goude
Slave to the rhythm, cut-up transparency, Paris, 1986 ©️Jean-Paul Goude

1940年フランス生まれのグードは’60年代初頭にイラストレーターとしてパリで活動を開始。’72年に米エスクァイアのアートディレクターに就任、また’70年代後半には私生活のパートナーでもあった歌手でモデル、女優のグレイス・ジョーンズのショウのアートディレクションやアルバムのカバーアートなどを手がけ、大きな話題に。’89年にはフランス革命200周年記念パレードの芸術監督を担当。写真、ダンス、映像、グラフィックデザインと多岐にわたるその活動は、多方面から高く評価されてきた。

Chance, CHANEL, Paris, 2015
Chance, CHANEL, Paris, 2015 ©️Jean-Paul Goude

今回の展覧会ではシャネルとのこれまでのコラボレーションの中から厳選した作品と、多種多様な表現方法によるグードのアート作品を2パートに分けて紹介。シャネルとの最初のコラボレーションとなった、男性用フレグランス「エゴイスト」のCM映像や、ヴァネッサ・パラディがカナリアに扮して鳥かごの中で歌う、前出「ココ」のCM映像、フレグランス「チャンス オー ヴィーヴ」のキャンペーン映像などを上映。また、リズムにフォーカスした映像を壁一面のスクリーンに映し出す「ミュージカル」などのさまざまなインスタレーション、作家自らがセレクトした写真とドローイングプリントなどを展示する。幼少期から現在までの作品や活動をまとめた映画「So Far So Goude」(約90分)の上映も。カラフルで独創的な作品で時代を切り拓いてきた彼の世界に浸ることができるチャンス、ぜひお見逃しなく。

「"In Goude we trust!" ジャン=ポール グード 展覧会」
会期:2018年11月28日(水)~12月25日(火)※会期中無休
会場:シャネル・ネクサス・ホール(東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4階)
時間:12:00~19:30(11月30日(金)は17:00まで)
入場料:無料
03-3779-4001
https://chanelnexushall.jp/

関連記事
  • 水曜日のねこたちへー明日のためのメッセージー #7。写真集「残念すぎるネコ」や「必死すぎるネコ」などで大人気の猫写真家 沖 昌之さんのネコ写真を心に響くメッセージとともに毎週水曜日にお届け。真の勇気とは、全世界を前にしてなおし得ることを、目撃者なしにやってのけることである。 ラ・ロシュフコー(フランソワ・ド・ラ・ロシュフコー フランスの道徳家。1613‐1680) 沖 昌之 おき まさゆき/猫写真家。主に外猫を撮影し、猫の自然な姿をとらえた写真が人気。写真集に『ぶさにゃん』『必死すぎるネコ』『残念すぎるネコ』『俳句ねこ』など。最新刊の写真集『ヒミツのヒミツの猫集会』『明日はきっとうまくいく』が絶賛発売中。4月26日 写真絵本『にゃんこ相撲 下町編』出版予定。 Instagram:@okirakuoki twitter:@okirakuoki カモチ ケビ子 かもち けびこ/名言選者。偉人の名言格言諺に励まされてきた人生。座右の銘「老いた雌鶏は良いスープを作る」。アラフォー婚活ブログ:アラフォーケビ子の婚活記。 Instagram:@kbandkbandkb
  • アラフィーの最大の肌悩みはなんといっても「たるみ」。その「たるみ」を解決してくれる「チーク」が苦手という悩みをもっている人が多いのも事実。その両方の悩みを解決し、入れるだけで下がった肌がキュッとアップしてくれるのが、テクいらずの千吉良流チーク。奥からハリが蘇る「仕込みチーク」と、たるみをカムフラージュする「引き上げチーク」のリフトアップ効果にメイクをするのが俄然楽しくなる!メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん 洗練された上品なメイク提案は、エクラをはじめ、各女性誌で大人気。チークの匠と称される簡単で効果抜群のテクニックは、アラフィー必見!1.練りチークとリキッドファンデーションを 混ぜてポンポンと3点のせる手持ちのリキッドファンデーションと混ぜた練りチークを、薬指の第1関節くらいまでとり、黒目の外側ラインから頰骨に沿って外側に斜め上に向かって3点置き。ファンデーションと混ぜることで、より肌と一体化する。2.置いた3点を指で 楕円形になじませる1のテクで3点に並べて置いたチークを、指先でつなげるようにしながら、楕円形にとんとんとんと優しいタッチで肌になじませていく。なじませる範囲は3点を置いた位置が目安。そこから広げなくても大丈夫。3.チークの境目をスポンジで ひとなぞりし、溶け込ませる指でぼかしただけでは、チークが肌から浮く可能性も。最後に何もついていないスポンジで、チークのアウトラインを軽いタッチでひとなぞり。チークの境目がより肌になじんで内側からの自然なツヤとハリ感を演出できる。他の画像を見る仕込みは、赤み系練りチークみずみずしくぬれたようなツヤ演出でハリ感も復活。スリーク フェイス N RD301 ¥3,000/エレガンス コスメティックス頰にツヤの立体感を。鮮やかで深みのあるレッド。美しい仕上がりが長持ち。クリーム ブラッシュ RD450 ¥3,500/コスメデコルテ健康的な自然な血色感を演出。肌に溶け込むようなテクスチャー。レ ベージュ スティック ベル ミン 25 ¥5,500/シャネル引き上げは、コーラル濃淡パレット濃淡2色にハイライトとシェイディングも。リサージ ビューティアップヴェイルPK-1 ¥3,000・ケース¥1,500/カネボウ化粧品上品なツヤを演出してくれる真珠パウダー配合。肌になじむアプリコットピンク。スペアチーレ チーク 04 ¥7,000/ノエビアしっとり柔らかなパウダーは、テクがなくても肌と一体化。ルナソル カラーリングソフトチークス 01 ¥5,000/カネボウ化粧品eclat6月号掲載 撮影/天日恵美子(モデル) 富田 恵(物) ヘア&メイク/千吉良恵子(cheek one) スタイリスト/程野祐子 モデル/樹神 取材・文/山崎敦子
  • みなさん、こんにちは!カワイイ選抜のわかです。 今日は、羽田空港にあるおすすめカフェをご紹介しますLDH kitchen THE TOKYO HANEDAこちらは、羽田空港第1ターミナルにあるカフェです。空港内のThe Tokyo Hanedaという、カフェ、ジム、マッサージ屋さんなどが揃う、複合施設にあります。飛行機に乗らない人でも入れます。 このカフェの魅力は、何と言っても 目の前に滑走路があること! なのですが行った日はあいにくの雨で、写真が残念です。 でも、ちょうど離陸する飛行機を間近でみられることはなかなかないので、とっても幸せな時間でした♡食事は、私はハンバーガーを頼みましたが、うどんや丼などもありました!おしゃれな店内注文はタブレットでするそうです!テクノロジー!そして、お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、このカフェは、エグザイルなどのアーティストが所属しているLDHが経営するカフェなんです! 店内のテレビ画面では、三代目などのLDHのアーティストのミュージックビデオが流れています。ライブステージもあり、夜には生バンドによるライブが行われるそうです。 いかがでしたか?LDHファンも、飛行機ファンも、カフェ好きな方も、楽しめるカフェです! よかったら、行ってみてください WakaおしゃれなコーヒーもLDH kitchenカワイイ選抜 No.71 中野倭佳のブログ
  • 日本文化の発信地「銀座」には、アラフィー世代になったからこそ一層魅力を感じられる、粋なお店がたくさん。現代作家の工芸品やユニークな展示が魅力の個性派書店、質の高い更紗小物を取り揃えた老舗呉服店まで、秀逸なセレクトがキラリと光るお店を、黒田千永子さんのコメントとともにご案内。毎日の食卓に映える、現代作家の工芸品がそろう日々(にちにち)「以前のギャラリーで佃眞吾さんや森本仁さんの個展にうかがっていたので、’18年の移転オープンを楽しみにしていました」と、黒田さん。すでにこちらにも何度か足を運んでいる。日々気軽に使えて飽きがこない、料理映えする器や花器が多く、おなじみの作家だけでなく、新しい作り手の発掘にも力を入れている。個展は年間約35本。陶器だけでなく、ガラス、木、金工の作品も。最近は料理好きな男性客や外国人客も増え、ますます活気が。型吹きガラスの器は、谷口嘉さんの作(6/21〜26に作品展開催)。クリアな質感と金彩の縁のラインが美しい。 グラス¥12,000・オーバル鉢¥13,000柔らかな自然光の入る店内は器の色合いがわかりやすい。力強い染付の器は加藤委さんの作品ディスプレイとしても魅力的な引き出しの中には、安斎新さん・厚子さん夫妻の作「てふてふの豆皿」¥1,800などが(以上、すべて常設展示の作品)【Data】 中央区銀座3の8の15 APA銀座中央ビル3F ☎03・3564・1221 12:00~19:00(作品展最終日は〜17:00) ㊡木曜、年末年始 Instagram @ginzanichinichi「一冊の本」から着想を得た展示が魅力の、個性派の書店森岡書店一冊の本と、それにまつわる世界を5坪ほどの空間に展示し、著者と読者をつなぐユニークな書店。取材時には多肉植物を扱うユニット『TOKIIRO』の洋書と、シックな器を使った寄せ植えの販売も。「実際に著者のかたとお話ができ、かわいい植物の生態や世話の方法も教わりました。本をアートのように扱う発想、素敵ですね」と黒田さん。著者目当てに来る人もいれば、最近はミニマルな日本文化に触れたいという海外からのお客も多いそう。取材時には『Stylish SUCCULENTS』を取り上げ、著者であるTOKIIROの近藤義展さん・友美さん夫妻が在店。5月以降のスケジュールはTwitterやInstagramなどで発信「4年がたって、最近は企画をいただくことも増えました」と話す店主の森岡督行さん実際に多肉植物に触れることで、著書の世界をリアルに感じられる【Data】 中央区銀座1の28の15鈴木ビル1F ☎03・3535・5020 13:00〜20:00 ㊡月曜、お盆、年末年始 Twitter @morioka_ginza古きも新しきもそろう。質の高い更紗小物にうっとり銀座むら田趣味のよいきものや帯はもちろん、インド更紗(さらさ)やバティックを使った小物、綿の風呂敷なども見応えがある。更紗好きの黒田さんは帯に目をとめ、「インドの古布を使った更紗帯、紬に合わせたいなあ」と目を輝かせた。聞けば150年以上たった布だとか。このような貴重な布は小さな端切れもむだにせず、古帛紗(こぶくさ)や名刺入れ、楊枝入れなどに仕立てられる。代々、手技を大事にしてきた老舗呉服店ならではのセレクトにため息。更紗布の世界は奥が深い。時代を経た風合いもまた魅力。名刺入れ(¥1,400~)や茶扇子入れ(¥5,000~)で取り入れて古いインド更紗で作られた数寄屋袋¥25,000、巾着袋¥26,000。かわいい色柄に見とれてシケ引き紬に和更紗帯を着こなす店主、村田あき子さんは6代目。「伝統的な手技による織りのものに惹かれますね」【Data】 中央区銀座6の7の7 ☎03・3571・2077 10:30~18:00 ㊡日曜、祝日、夏季(8月中旬)、年末年始 www.ginzamurata.co.jp撮影/荒木大甫 スタイリスト/池田奈加子 取材・文/山崎陽子 ※エクラ6月号掲載
  • ファッションに合わせてバッグを使い分ける方も少なくないのではないでしょうか。 今回は”大人可愛い”を作れるバッグのブランドを、アイテムとともに4つご紹介します。 SEE BY CHLOE(シーバイクロエ) フランスの人気ブランド・CHLOEのカジュアルラインとして誕生した、SEE BY CHLOE。CHLOEらしいフェミニンなデザインはそのままに、普段使いしやすい素材やリーズナブルな価格帯が魅力です。 SEE BY CHLOE/M TOTE W/S/¥35,000+税 トレンドのパイソン柄ミニケースが付いた、今季の新作トートバッグ。くしゅっとしたフォルムや、口を絞ってふわっとさせることもできるデザインが可愛らしい一品です。両端にはゴールドリングのジップポケットが配置されて、使い勝手も抜群。 Mimi(ミミ) MimiはデザイナーMimi Berryによってイギリスでスタートした、バッグ・アクセサリーブランド。上質な素材で作られた実用的なデザインが、大人女子の間で人気を集めています。 Mimi/フランシス イン ブラック/¥36,000+税 コロンとしたシルエットが可愛いショルダーバッグは、カジュアルにもフォーマルにも合う万能アイテム。フラップを開けると手前にはフラップポケット、奥にメインコンパートメントと、シンプルながら機能性もばっちりです。 beautiful people(ビューティフルピープル) 2007年に日本で誕生したbeautiful people。時代の雰囲気を落とし込んだ、こだわりのデザインが魅力的。2017年にはパリコレデビューを果たしました。 beautiful people/ビニールショルダーバッグ/¥12,000+税 今季のトレンドであるビニールバッグは、発売以来爆発的にヒットした人気アイテム。持ち手に使われたロゴ入りジャカードテープがアクセントになっています。表面はフッ素加工が施された格子柄のテント素材が使われ、光に当たっても黄ばまないところがポイント。半透明なので、中が丸見えにならないのも嬉しいですね。 Marimekko(マリメッコ) ケシの花をイメージした「Unikko」を代表とする、インパクトある柄でお馴染みのMarimekko。1950年代にフィンランドで設立され、アパレルや食器、インテリアなど幅広く展開。日本でも多くの人に愛されています。 marimekko/Buddy バックパック/¥23,000+税 Marimekkoの創設者であるArmi Ratiaの実の息子、Ristomatti Ratiaがデザインした人気のBuddyバックパック。軽くてフィット感があり、ポケットの数も多くて実用的。開口部は大きく開閉し、中身を出し入れしやすい機能性の高いバックパックです。
  • 我らがバイラ編集部で2年めのキャリアを迎えた編集バタコ、実は無印良品の元スタッフ。4月にオープンしたばかりの【無印良品 銀座】で一緒にショッピングしながら「ああっ、コレ超売れてたんですぅ~~~!」とバタコが歓声を上げていたトラベル名品6つをピックアップしてみました。元・無印良品スタッフおすすめコメントつき! トラベルグッズ名品6選ポリエステルパスポートケース・クリアポケットつき ¥1990 「パスポートはもちろん、通貨やカード、航空券など、旅先で絶対失くせない大切なものをまとめて収納できるので便利。本来の用途以外に、家計整理袋としてデイリーに使う方も。クリアポケットは3枚ついていますが、レフィルをさらに増やして使えるのも◎」(バタコ)ポリエステル吊るせるケース着脱ポーチつき ¥1590 「コスメやお風呂キットをまとめて収納しておき、滞在先では広げて壁掛けできる画期的ポーチ。中身が一目瞭然なクリア仕立てなのも使いやすい!」(バタコ)。ちなみに右の着脱ポーチなしは¥1390、左の大きな洗面用具ケースつきは¥1590 ポリエチレン小分けチューブ 30g ¥100 「ありそうであまり見かけない、チューブ式の詰め替え容器です。チューブキャップ部分がまるごと外せるので詰め替えしやすいのに、液モレや液ダレはしにくい絶妙な設計。大きいサイズ50g ¥150もあります」(バタコ)綿でさらっと汗とりパットつきタンクトップ ¥1290 「着替えがどうしても限られる旅先や出張先で意外と大切なインナー選び。通気性のよいオーガニックコットンで、気になる汗ジミをしっかり取ってくれて、かつ洗濯してもすぐ乾く速乾性に優れたキャミソール。ごく薄手なのでかさばりません」(バタコ)持ち運びに便利なニットバレエシューズ ¥3990 「機内履きや室内履きにぴったりのポータブルバレエシューズ。ニット素材なので履き心地抜群◎。ソールもまあまあしっかりしています。しかも手洗いできます」(バタコ)足なりビーチサンダル ¥690 「土踏まずの部分が盛り上がっていて足裏に沿うので、とっても履きやすいビーチサンダルです。赤や黒、カーキ、ネイビーなどカラバリも豊富(全6色)。鼻緒の部分が半透明なので、どんなコーディネートにも合わせやすいのでは」(バタコ)【合わせて読みたい】無印良品の最新記事一覧取材・文/沖島麻美 ※コメントには個人の感想が含まれます。価格や在庫状況を含む商品情報は5月初旬時点での情報で、予告なく変更になる場合があります。
  • ミッソーニがサマーアイテムを一堂に集めたポップアップストアを5月22日(水)~6月4日(火)の間、東京・銀座のシジェーム ギンザにて開催する。スペインのエスパドリーユブランド、Castañer(カスタニエール)とコラボレーションしたシューズをフルラインナップで展開するほか、ビーチウェアラインの「マーレコレクション」やポップアップストア先行発売アイテムなど、これからのシーズンに最適なアイテムが一堂に取り揃う。 (左より)シューズ(H10cm)¥53,000、シューズ(H10cm)¥37,000/三喜商事(ミッソーニ)「マーレコレクション」では、毎シーズン人気の高いスイムウェアやカフタンドレスなど、ラグジュアリーなビーチスタイルを提案。今シーズンはレインボーカラーをメインに、キャッチーなロゴ使いやフリンジなど、夏気分を盛り上げるアイテムを多数ラインナップ。遊び心あふれるカラーリングやグラフィックに注目したい。ほかにも、ポップアップストア先行発売のPVCバッグやロゴTシャツが登場。PVCバッグはトートタイプで、中にはミッソーニを代表するニットファブリックのポシェットが付属。それぞれ個別でも使うことができる3WAYになっている。 PVCバッグ(H30×W36×D11cm)各¥57,000 ※ポップアップストア先行発売アイテム/三喜商事(ミッソーニ)また、同じく先行発売のTシャツはマルチカラーのロゴがポイントで、ほどよくオーバーサイズなシルエットが魅力的。どちらもリゾートだけでなくタウンユースにも活躍すること間違いなしのアイテム。この機会にぜひ手に入れて。 Tシャツ 各¥39,000 ※ポップアップストア先行発売アイテム/三喜商事(ミッソーニ)【ミッソーニ  ポップアップストア概要】期間:5月22日(水)~6月4日(火)会場:シジェーム ギンザ住所:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX2階 三喜商事https://www.missoni.com/03-3470-8235 text: Fuyuko Tsuji
  • うだるような暑い日だって、軽やかなサマードレスをまとえばなんのその。おしゃれと快適さを両方手に入れたなら、夏がもっと楽しくなる。1カ月を、毎日サマードレスで過ごす彼女のワードローブとは? TIE-DYE DAY1ドレス¥970,000・右耳につけたピアス¥24,000・左耳につけたピアス¥41,000/クリスチャン ディオール(ディオール) 0120-02-1947今シーズンの核「ダンス」を体現する、シルクスカーフを贅沢にはぎ合わせて仕立てたドレス。そのなめらかな質感は動くたびに体に沿い、美しいシルエットを描く。ニュアンスのあるカラーパレットのタイダイ柄は、万華鏡から着想。 FLOWER pattern DAY2ドレス¥239,000・イヤリング¥60,000・サンダル¥92,000/マルニ 表参道(マルニ) 03-3403-8660ロマンティックなフラワープリントと、グラデーションになった余韻のあるストライプをドッキング。型破りな組み合わせはマルニならでは。DAY3ドレス¥118,000・リング(2個セット)¥42,000/ドリス ヴァンノッテン 03-6820-8104夏らしい鮮やかなブルーに映えるのは、ピンクの花のフォトプリント。エレガントなシルエットとは対照的に、右肩には登山などで使用されるロープをリボンの代わりにあしらって。ワークテイストをプラスし、美しいデザインと機能性を両立した。DAY4ワンピース¥74,000/オープニングセレモニー(エスジェイワイピー) 03-5466-6350韓国の注目ブランド。フロントのリボンやボタン、裾のフリルなど、ノスタルジックなディテールと、鮮やかなカラーパレットの融合が新鮮。DAY5ドレス¥37,000/ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク) 050-5578-9152深みのあるパンジーカラーが、可憐な雰囲気を醸し出す。ガーゼのように軽やかなコットン素材は、夏の暑さもものともしない快適さ。DAY6ドレス¥630,000/三喜商事(オスカー デ ラ レンタ) 03-3470-8232トワル・ド・ジュイを想起させる緻密なフラワープリントが印象的。エレガントなシルエットと繊細なシルクシフォンが相まって、優雅なムードを放つ。DAY7ドレス¥64,000/マヌーシュ 代官山店(マヌーシュ) 03-3476-2366ゆったりとしたシルエットながら、ペールトーンと、ネオンカラーのフリンジにより華やかに。大きめに開いたバックスタイルはリゾートに合う。DAY8ドレス¥49,000/シティショップ(リクソ) 03-6696-2332プリントはデザイナー自身によって描かれたオリジナル。柄もカラーも大胆にミックスすることで、プレイフルなインパクトあふれる一枚に。DAY9ドレス¥68,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(リー マシュー) 03-5786-0555コレクションのキーにもなった花柄と、ギンガムチェックのコンビネーションがプレイフル。Aラインのマキシレングスからはフェミニニティが漂う。DAY10ドレス¥87,000/ケンゾーパリ ジャパン(ケンゾー) 03-5410-7153バラのプリントとフリルを施して。ディテールはロマンティックながら、エッジのきいたカラーパレットにすることで、このブランドらしい存在感を放つ。DAY11ドレス¥27,000/ショールーム セッション(マリハ) 03-5464-9975インドで丁寧に染め上げられた、どこかエキゾチックなムードが薫る一着。さらりとした肌触りのコットンは、ずっと着ていたくなるほどの心地よさ。 SOURCE:SPUR 2019年7月号「寝ても覚めてもサマードレス」photography: Sodai Yokoyama styling: Michie Suzuki hair & make-up: Rie Shiraishi model: Beatriz text: Mai Ueno
関連キーワード

RECOMMEND