やっぱり素敵! 憧れブランドのドレスを身に纏う

SPUR.JP

いつかは、と夢見たラグジュアリーメゾンやドレス界の最高峰と言われるブランドこそ、ウェディングを機に身に着けたいもののひとつ。上質な素材に凝った作りのデザインと、クチュールライクな1着はため息もの! この機会にぜひチャレンジしてみて。

1.レースのドレスは、小物次第でワイルドにもフェミニンにも!

フランスを代表するクチュールメゾン、「ディオール」の2019年クルーズ コレクションから、ダンテルレースが美しいドレスをピックアップ。ボリュームのあるスカートに、肩を覆うラッフルとデザインコンシャスなドレスは、1枚で着てフェミニンに装うもよし、パーティではがらりと雰囲気を変えて太いベルトでワイルドに着こなすのも素敵だ。ランウェイをお手本にコーディネートを楽しんで。

クリスチャン ディオール(ディオール)
https://www.dior.com/
0120-02-1947

2.ロマンティシズムあふれる、大人のオフショルダー

世界中のセレブリティが愛するイタリアブランド「ヴァレンティノ」こそ、ウェディングドレスにぜひすすめたい。ポイントは、上質な素材から醸し出される気品。花嫁人気の高いオフショルダーのドレスも、シルクとコットンをミックスした優雅なマテリアルでエレガントなムードに。大人のオフショルダーはビーチではなく、ホテルや邸宅レストランなど重厚感のある会場で真価を発揮してくれそう。

ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ)
https://www.valentino.com/
03-6384-3512

3.ナチュラルムードで着こなす、可憐なレースドレス

環境に配慮した、エシカルなファッションでも知られる「ステラ マッカートニー」から、レースのドレスをセレクト。肩の力が抜けたエフォートレスなデザインと相反する、異なる2つの模様が重なり合う、精緻なレースが美しい。草花が咲き誇るガーデンなど、ナチュラル&リラックスした挙式にマッチしそうだ。抜け感のある足元やラフなヘアスタイルも真似したいポイント。

ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)
https://www.stellamccartney.com/
03-4579-6139


4.とことんモダンに! フューチャリスティックな花嫁

5.神聖なオーラを放つ、圧巻のロングスリーブドレス

一瞬で目を奪われるドラマティックなレースのロングスリーブは、ウェディングドレスに革命を起こしたと称される「ヴェラ・ウォン ブライド」のもの。タイトなトップスとの対比が印象的な大胆なプリンセスラインもさることながら、特筆すべきはハンドメイドだというマクラメレース。白のドレスに精緻な陰影を演出し、神聖なオーラを醸し出す。ドレスの存在感に負けない豪奢な会場をウェディングの舞台に選びたい。

ヴェラ・ウォン ブライド銀座本店(ヴェラ・ウォン ブライド)
http://www.hatsuko-endo.co.jp/verawang/
03-3535-2688

6.甘さを封印! マスキュリンな辛口チュールドレス

ヴィクター&ロルフ」のウェディングライン「ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ」。ブランドらしい、構築的なシルエットのドレスにモード派の花嫁が熱い視線を注ぐ。甘く可愛いチュールドレスも、彼らの手にかかればマスキュリンな表情が際立つスタイルに。深いVネックとチュールレースのシンプルなスタイルに、ウエストの3Dフラワーでアクセントを。スリークなヘアでまとめて、潔く着こなして。

ザ・トリート・ドレッシング アディション店(ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ
https://www.treatdressing.jp/
03-5778-3117

>>モードなカップルに捧ぐ、タキシードスタイル

2.ドレス¥640,000/ヴァレンティノ

3.ドレス¥631,000/ステラ マッカートニー

4.ドレス¥275,000/ジル・サンダー

5.ドレス¥1,800,000/ヴェラ・ウォン ブライド

6.ドレス¥300,000(レンタル価格/ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ

関連記事
  • ワンピースばやりの今、新星ドッキングデザインに注目!1枚で決まるのはもう当たり前。ワンピースが豊作な今年は、その一歩先へ行きたい、でしょ? だから“1枚で決まる、でも1枚じゃない”、ドッキングデザインワンピースという新提案! 「え?これワンピなの?」って言わせたら勝ち♡1.モダンなベージュトーンで上級者を気取ってモダンなスカートとのフィット&フレアが素敵なドッキングワンピ。淡いベージュのリブニットに合わせているのは、サイドに黒のプリーツ生地を組み合わせたモダンなスカート。ワイドなベルトとハイウエストのつくりで、スタイルアップも叶っちゃう。ただ着るだけで、上級者の仲間入り!ワンピース¥24000/フレイ アイディー(フレイ アイディー) 靴¥8300/KBF+新宿ミロード店 バッグ¥29000/ADINA MUSE SHIBUYA バングル¥8000/ソムニウム2.夏でも涼しげなニットをしゃれ感たっぷりカラーでしゃれ感たっぷり、小粋なエメラルドグリーンが主役級♡ プレーンなトップスとアコーディオンプリーツのスカートで、表情もリズミカルに。清涼感あるニット生地は、夏でも快適に着られる。ワンピース¥13000/ココ ディール 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) バッグ¥69000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店 メガネ¥27000/アイヴァン PR(アイヴァン) 時計¥18000/エイチエムエスウォッチストア 表参道 ソックス/スタイリスト私物3.“まるで短トップス”で腰高効果バツグン!涼しげなⅠラインを描く今どきなセットアップ風。短め丈でコンパクトなノースリ×Iラインスカートで、腰位置をぐっと高く見せてくれる。土っぽいムードが今っぽさ満点♡ワンピース¥13000・靴¥8500/ルクールブラン バッグ¥22000/ショールーム セッション(トイノ アベル) ターバン¥1680・イヤリング¥3300/サンポークリエイト(アネモネ) バングル¥9300/ガス ビジュー 青山(ガス ビジュー) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鈴木絵美 撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/中村未幸(Lila) モデル/井桁弘恵 スタイリスト/辻村真理
  • Tシャツを女性らしく着るためのポイントは必ず袖を折り返すこと!さらりと着心地のいいブラウンTシャツ。シンプルに着こなすと地味になりがちだけれど、今季も引き続きトレンドのプリーツスカートを合わせれば、こなれた印象に。都心ホテルのテラス席でストローハットをかぶり、リゾート気分に浸るのもいい気分転換になりそう。Tシャツ¥11,000/アングローバル(イレーヴ) プリーツスカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ 帽子¥44,000/アパルトモン 青山店(フィル ハッツ) 靴¥25,000/ステディスタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ) サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バングル¥46,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥157,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 撮影/金谷章平(人物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ 片貝 俊(池上幸平) モデル/蛯原友里 取材/東原妙子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼スカートコーデの関連記事もチェック
  • 「大阪のセレクトショップが熱いらしい」っていう話は、感度の高い若手スタイリストさんの間でよく出ている話みたいで。特にスタイリスト須貝朗子さんが詳しく、おすすめを聞いて、行ってまいりました。いやーーー、想像以上でした。私の知らない大阪がそこには広がっていて。こんな素敵なセレクトショップがあるなんて、正直うらやましい、東京にも出店して!と思った次第。何より、お店のスタッフの方々やお客さんがファッションを楽しんでいるのが見て取れて、日本のモードはまだまだ元気!と実感できました。とうことで、ぜひ回っていただきたいショップを5店舗厳選してお届けします。1店舗1店舗が離れているので、電車やタクシーを駆使して回るのがおすすめです。※6月頃の写真であるため、現状のアイテムや内装と異なることをご了承ください。 泣く子も黙る華やかなセレクト、VISIT FOR オープンは1999年。世界中からイケてるセレクトを求めてお客さんが集まります。Pressure、Kimhekim、Vaqueraといった注目のブランドが「このブランドも?」というくらいバリエーション豊かに入っています。セレクトが「早い!」と思いました。ECKHAUS LATTA、Cecilie Bahnsenといった人気ブランドに至っては、めちゃくちゃたくさん点数を入れている! Dust MagazineのTシャツもあれば、Kiko Kostadinovのスニーカーもある。「もう、どういうこと?この店に住みたい!」と大興奮でした。全体的に華やかなラインナップで、お店が明るいんですよね。しかもお店のスタッフの皆さんが元気で感じがよくて、そこにも好感が持てました。●VISIT FOR大阪府大阪市西区南堀江1-12-213時~20時 休水曜www.visit-for.comhttps://www.instagram.com/visitfor/?hl=jaみずみずしく洗練された、I SEE ALL 上記VISIT FORのオーナーが立ち上げた姉妹店。丼池繊維会館という大正時代に立てられた古い建物の中に位置し、シンプルかつコンセプチュアルな店構えが素敵です。おなじみBase RangeやPB0110、ドイツのジュエリーブランドSaskia Diezの品揃えが豊富。私は今回Saskia Diezの指輪を購入しました。ベルリン在住の日本人デザイナーによるTHERIACAの服など、珍しいものも。セレクト全体から、凛とした透明感のある女性像が感じられました。●I SEE ALL大阪府大阪市中央区久太郎町3-1-16丼池繊維会館20111時~19時 休火曜http://iseeall.net/https://www.instagram.com/i_see_all_shop/?hl=j通をうならせるハイセンスな空間、PORT これはもう事件ですよね。こんなかっこいいセレクトのお店、東京どころかロンドンでもNYでもなかなかないのでは?と思わせる、素晴らしさ。何がすごいって、色や柄を取り入れた目にも鮮やかなセレクトなのに、全体としてはソフィスティケイトされているところ。ヴィンテージのセレクトが特に良いです。たとえばバティック柄のドレスやパッチワークのスカートも、ぜんぜん土っぽくない。現行品では、Maryam Nassir Zadeh、jonnlynx、WRYHTなどを置いていて、注目すべきはレバノン人のアーティストが手掛けるSuper YAYAの買い付けの量! 東京のスタイリストさんがわざわざ足を運ぶ理由がわかりました。同じ世界観で家具や雑貨も販売していて、それも素敵なので、ぜひ。ゆったりとした落ち着いた空間で買い物を楽しむことができます。●PORT大阪府大阪市北区大淀中1-8-19 12時~18時 不定休https://www.port-store.com/https://www.instagram.com/port__store/今すぐ着たいものがたくさん! クリーンなヴィンテージ、veje 古着が元気な大阪ですが、モダンなヴィンテージショップを一軒。上記のPORTから徒歩3分です。最近移転したばかりだそう。広々とした空間に、まるで新品のように状態のよい古着が並びます。LAでの買い付けが中心。絶妙にトレンドのつぼをおさえつつも、ありそうでないモダンなアイテムが魅力。「最近どこで服を買っていいかわからなくて」という大人はぜひ行ってみてください。私もグリーンのかぎ針編みニットとイエローのリブニットタンクトップをセットで購入しました。クリーンさとエスニックの合わせにきゅんきゅんきます。●veje大阪府大阪市北区中津6-7-18 1F13時~19時 休水曜https://www.instagram.com/v_e_j_e_/攻めに攻めたセレクト! Litmus 最後は今回足を運んだ中では最も攻めたセレクトのショップを紹介します。現行品はkotohayokozawa、AKIKOAOKIなどドメスティックブランドが中心で、香港のJOHN、イギリスのClanなど、日本でエクスクルーシブ展開のものも。ひねりのある服、ほかにはない服がほしいと思っている人には特におすすめです。セレクトに明確なコンセプトを感じます。私はここで、スパンコールのキャミソールの古着をゲットしました。●LITMUS大阪府大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビル1F14時~20時 休木曜https://www.instagram.com/litmuslitmuslitmus/?hl=jaいかがでしたか? 私は上記のお店を6時間くらいでいっきに回りました。夏の週末旅にぜひ!もちろん大阪ならではのグルメに舌鼓を打つのも忘れずに★
  • 暑い日も快適に!Tシャツ×ロングスカートのオンオフ着回し暑さが本格的になるこれからの時期は、サラッと一枚で着られるTシャツコーデが最適。 単調に見えないようにボリューミーなロングフレアスカートでこなれ感を。 きれいなラベンダーカラーのスカートでフェミニン度を高めて。T-shirt GU skirt Bobi sandals titivate bag STELLAR HOLLYWOODTシャツのロゴの「白」をとって、バッグとサンダルも「白」にしました。足もとはフラットサンダルでリラックスムードのOFFスタイル。 ネイルもスカートに合わせてラベンダーカラーにしてみました。続いても、Tシャツ×ロングスカートの着こなし。 光が当たって見えにくいですが、ネイビーのティアードスカート以外はベージュでまとめました。 Tシャツは無地と同じように使いやすい「小さめロゴTシャツ」。 控えめロゴなので、ONスタイルにもハマります。Tシャツは、つかず離れずのサイズ感でスカートにもインしやすい。 サンダルもヒールの高さがあるものを選び、きれいめコーデに。T-shirt Americana skirt titivate sandals PICHE ABAHOUSE bag AYAKO移動中のお供に、紫野和久傳のれんこん菓子「西湖」を。和三盆の甘みと蓮根のもちもちとした口あたり。 つるっとしていて暑い日にもぴったりなお菓子です。▶れんこん菓子 西湖 オンラインショップ美女組No.161 愛のブログ
  • 気軽に女性らしさを演出できる「スカート」。Tシャツと組み合わせても、カジュアル過ぎず大人っぽくキュートで上品な印象に仕上がります。夏のコーデに迷ったら「Tシャツ×スカート」に決まり!1.流行のサイズ感を味方にほどよいモードを意識 (松本千登世さん/ビューティエディター) 「白と黒の色違いを大人買いしたTシャツは、ほどよいゆったりサイズが気に入りました。女っぽさとマニッシュさのバランスをとるためにスカートにはレギンスを重ねて、メンズライクなミュールで足もとを重めに仕上げます」。バッグは黒でそろえずキャメルで軽さを。 ●Tシャツ/シンメ スカート・バッグ/ジル サンダー ラリエット/シャルロット シェネ 時計/カシオ 靴/ロベール クレジュリー 2.小物でエッジを効かせる 黒×ネイビーのワントーン (福田亜矢子さん/スタイリスト) 今年はモードに着る黒Tが欲しかった福田さん。「黒ボトムでの全身ブラックも素敵ですが、今日は光沢のあるネイビーのマキシスカートで揺れ感とツヤ感をプラスしました。靴やバッグ選びは一歩間違えるとPTA風になってしまうので、エッジの効いたハードめのデザインを選びました」。 ●Tシャツ/エイトン スカート/イレーヴ バングル/ジバンシー バッグ/ジル・サンダー 靴/マルタン・マルジェラ3.ぴったりの白Tを揺れる黒やシルバー小物で軽快に (近藤和子さん/エクラ 華組) 30代からTシャツはプチバトーひとすじ。肩のラインが少し内側に入る16歳用をピッタリと着るのが近藤さん流。「黒のリネンスカートでシンプルに着たいので、シルバージュエリーで華やかさを添えます」。テニスやピラティスで鍛えたボディに潔い着こなしが映える。 ●Tシャツ/プチバトー スカート/シンゾーン ネックレス・バングル/エルメス バッグ/ヘレンカミンスキー 靴/カール ラガーフェルド他の画像を見る >>おしゃれな人のTシャツスタイル 一覧はこちら撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE /大草さん) 目黒智子(福田さん、松本さん) 大瀬智和(鈴木さん、近藤さん) ヘア&メイク/菊池かずみ(大草さん) 取材・文/向井真樹 ※着用アイテムはすべて私物のため、すでに販売が終了しているものもあります。 ※eclat8月号掲載
  • 【防水&防風&透湿性に優れたレインウェア】 山や海に近ければ近いほど、夏の天候はとっても不安定。晴れていてもいきなりドシャァッと驚くような豪雨が襲ってきたり、逆に一日中しとしとミストのような雨で全身スッカリ湿ってしまうことも。しかもほとんどの夏フェス会場では傘禁止なので、雨ガッパはマスト。カッパといってもコンビニで売っているような透明ビニールガッパではガチで命に関わります。GORE-TEXファブリクスなど、防水耐久性・防風性・透湿性をトリプルで備えたアウトドア用のきちんとしたレインウェアを、肌身離さず携帯してくださいね。 【雨に強いシューズ】 フジロックを代表とするかなり過酷な山フェスに、よくあるキャンバス地のスニーカーやビーチサンダルでいらっしゃる初心者のみなさまーーー!!! 命にかかわりますよ!? 岩や雑草がゴロゴロワッサーしている泥道ですし、雨がちょっとでも降ったらあっという間にぬかるみます。晴れ予報なら防水耐久性&透湿性に優れたトレッキングシューズ(右)、雨予報なら軽い登山もいけるレインブーツ(左)などで、足もとの雨対策をぬかりなく! 【着圧式&厚手のスポーツor登山用ソックス】 夏フェスはほぼ終日オールスタンディングで、しかもステージからステージへの移動も多く、足がめちゃくちゃ疲れます......というわけで靴と同じくらい、ソックス選びが大事! 吸汗&透湿性に優れ、靴と足のわずかな透き間をうまく調整してくれる、クッション性の高い厚手生地の靴下を選んで。ランニング用(左)や登山用(右)がイチ推しです。サマソニなど、サンダルでもギリギリ参加できなくもない都市型フェスも、靴下を履くのと履かないのとでは足の疲れが段違いです! 【汗をニオイにしない高機能スポーツウェア】 晴れれば暑すぎ、雨が降っても蒸れまくり......どんな天候でも、とにかく汗をドッチャリかきやすいのが夏フェスというもの。汗自体は無臭ですが、身につけているものに付着してバクテリアが繁殖することで、イヤ~~~なニオイになるんです。そんな憎っくき雑菌の増殖を抑制する「ポリジン」など、抗菌&防臭テクノロジーに優れた素材を使ったスポーツ系のインナーやウェアがおすすめ。もちろん吸汗&速乾機能も◎。ブラトップ/ゴールドウィン(ダスキン) 【虫よけスプレー&お薬】 都会で生活しているとあまり気になりませんが、山には基本、虫がどっさり。むしろ、虫たちの生活圏に我々人間がちょっとお邪魔して、夏フェスを楽しませていただくのですから、彼らの生活を邪魔せず、ケンカしないでお互いに気持ちよく過ごすためにも、日焼け止めと同じくらい虫よけ対策も万全に。個人的に愛用しているのはタイガーバーム(左、シンガポールで購入)と北見ハッカ油です。万が一刺されたときのために、鎮静効果のあるかゆみ止め(沖島の愛用はムヒ)も携帯。 【いろいろ使えるビニールポーチ】 雨や汗で濡れてしまったものを入れたり、逆に絶対濡らしたくないものを入れたり、何かと使えるビニールポーチ。イチ推しの使い方はスマホ用の雨&汚れよけ。ビニールの上からでも操作可能なので、スマホを中にいれてしっかり閉じれば、雨の中でも操作できるし、砂埃や泥からも守ってくれます。沖島は、柄が可愛いイケア(IKEA)のものを愛用していますが、ファスナーつきのジップロックを使っている人もよく見かけます。 【ウェットティッシュ】 夏フェスのお手洗いは基本、ボックス型の仮設トイレです。手を洗うためのシンクが併設されている場合もありますが、ない場合も多数。ほかにも、ごはんを食べる前や何かをこぼしちゃったとき、汗をかきすぎて肌がベタついたときetc.、サッと手や肌を拭けるウェットティッシュがあると快適さが段違い! 沖島の愛用は香りで癒される「HERBAN ESSENTIALS」。コスメキッチン(cosme kitchen)などで購入できます。 【短め丈のワンピース&ポケットつきショートパンツ】 沖島のフェスウェアは基本、ナイロンやポリエステル素材でさらっと着られる短め丈ワンピース&下にポケットつきショートパンツを重ね着します(そしてポケットにお財布など貴重品を入れます)。ロング丈スカートやパンツだと、雨が降ったら裾から泥んこ&びしょ濡れに。また、よく「おすすめフェスコーデ」として登場するデニムパンツも、汗や雨で一度濡れてしまうと、なかなか乾かずに体を冷やしますし、重たくなって機動力が落ちるので、個人的にはおすすめしません。 【メッセンジャーバッグ】 万全の準備をしようとすると、どうしても大荷物になってしまいます。山フェスでは両手を自由にしておく必要があるので、バックパックやショルダーバッグがおすすめ。25リットルくらいのバックパックもおすすめですが、バックパック自体に防水機能がついたものが実はあまりないので、バッグ専用の雨カバーを別途買うか、雨が染みてもいいように、あらかじめ中身をポリ袋などに入れておく必要があります。これが面倒なズボラ沖島はここ数年、完全防水性のメッセンジャーバッグを愛用しています。写真はモンベルのもの。 【サコッシュ】 メインバッグのほかに、ファッション的なトレンドでもあるサコッシュ(肩から掛けられる小さめポシェット)やウエストバッグがあると、スマホやお財布・ペットボトル・リップなど、ポケットのない服でも貴重品がすぐ出し入れできて超便利です。モッシュエリアなど人混みに紛れるときも、短めにたすき掛けして前に抱えていればコンパクトですし、大事な荷物もほぼ安心。はしゃぎすぎて貴重品をなくさないように注意して楽しんでくださいね。 【タオルマフラー】 タオルを持っていかない人はいないと思いますが、ハンカチタイプよりも、写真のような細長いタイプがイチ推しです。理由はズバリ、紛失のリスクが少ないから! 首に巻いてもいいですし(首からかけておけば、首後ろのうっかり日焼けも防げます)、沖島は肌身離さずクロスボディしているサコッシュのストラップにぎゅっと巻きつけて、汗や汚れをフキフキしています。 【キャップ】 日焼け対策はもちろん、雨よけにもなる帽子。レインウェア同様、GORE-TEX採用などで防水・防風・透湿性に優れた素材のものをかぶりましょう。バケットハットタイプもおすすめですが、個人的なイチ推しはキャップです。晴れているときは今どき感が出せておしゃれですし、雨が降っても、レインウェアのフードを上からかぶりやすいんです。ハットだと後ろがつっかえてかぶりにくい気がします(個人の感想です)。 【45リットル以上の大きなゴミ袋&スーパーのポリ袋】 ゴミ袋として使うのはもちろん、地面に敷いてレジャーシートがわりにもできますし(スーパーのポリ袋はちょうど女子のお尻サイズ)、大きいほうは、アウトドア用の折り畳み椅子の上からスッポリかぶせれば雨よけにもなり、使い終わった後は、落ちているゴミを拾って入れながら帰れます。 【モバイルバッテリー&充電コード】 山でも海でも屋内でも、夏フェス会場ではスマホがライフライン! 基本的に会場内には充電スポットもコンセントも一切ないので、予備バッテリーと充電コードは必携です。2個持ちしていれば、インスタに気兼ねなく写真をアップできますし、同伴者とはぐれても安心して連絡がつきますし、「ケータイの充電がぁぁ」と泣くウッカリ仲間に貸してあげて、自分の株を上げることもできます! 【ポータブルハンディ扇風機】 もはや夏のマストハブグッズとして大人気の、手持ち型ポータブル扇風機。写真のニトリ(NITORI)のもののように、ハンドル部分にリチウム電池を内蔵し、お手持ちのUSBケーブルを使ってスマホの充電ができるタイプがおすすめです。この扇風機とケーブルさえあれば、涼もとれるし、スマホ電池切れの心配もなくなって安心♪ モバイルバッテリー機能つき 充電式3Wayハンディファン(HF314WHIQ)¥1990/ニトリ 取材・文/沖島麻美 ※クレジット掲載のないアイテムはすべて私物です
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! 白T×デニムに、スタイリッシュに着られるショールカラーのリネンジャケットを羽織った、富岡さんの夏の羽織りスタイルをお披露目。SUMMER STYLE2カジュアルな白T×デニムを、 ショールカラーのジャケットと一緒にきれいめに着こなす「このジャケットを手にしたとき、最初に思いついたのが白T×デニムとの着こなし。カーディガンが苦手な私にとって、リネンの薄手ジャケットは夏のはおりものとしてとても便利。ナチュラルなリネン素材でも、ショールカラーだからスタイリッシュに着地します」。白Tシャツはトレンドのノースリーブ、デニムはハイウエスト&カットオフの、今っぽい一本をチョイス。【ITEM LIST】 JACKET:FABIANA FILIPPI TOPS:CINOH DENIM:RE/DONE EARRINGS/BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING:HERMÈS BAG:FENDI SHOES:CHANEL“リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムFABIANA FILIPPIのリネンジャケット大好きなショールカラーと同時に、富岡さんが気に入ったのがスモーキーな色み。「グレートーンのミントグリーンなら、きれい色でも着こなしになじんでくれると思って、このジャケットを手に入れました」。撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • パネ•ポルチーニのパン好きなら見逃せないイタリアンのお店で、Marisol同期関西メンバーと♡こんにちは。 Marisol美女組同期の関西メンバーと 美味しい楽しい集まりを開催しました! お店は 大阪福島にあるパン屋さん パネ・ポルチーニのファンになってから 行ってみたかったイタリアンのお店。同期の hirokoさん yasukoさん 愛ちゃん いつも楽しく 癒やされるメンバーです。酔ってるね(笑)オレンジのワイン お揃いで…何杯目かな(笑)パンパネポルチーニのパンも もちろんいただきました。ワインもお料理も 堪能しました ▷ ラッテリアポルチーニこの日のコーディネート Tops:Hanes Skirt:Tomorrowland Bag:MARNI お読みいただきありがとうございました。美女組No.165 Marikoのブログ
関連キーワード

RECOMMEND