モードママのためのSPO(すぐ・ポチる・オンナ)リスト

SPUR.JP

オンラインショッピングこそ母には必要です

家事に育児に仕事に、忙しい毎日を送る母はポチるしかない! モードママたちのおすすめを聞き込み。頼れる名品が揃いました

ネットだから手に入る!? 大人顔負けのおしゃれ子ども服

我が子もモードに! 達人たちのレコメンドは?

編集O(以下O) 今回のSPOはズバリ、ママ向け! ということで、育児と仕事を頑張っているお二人に集まっていただきました。
ライターH(以下H) 待ってました。モードママたちのおすすめとなれば、片っ端からポチる意気込みよ!
スタイリストF(以下F) 子連れだと外でゆっくり買い物できないし、我々ポチに頼るしかないもんね。まずは子ども服からいきますか!

H は星とユニコーンの柄が外国の女の子って感じで可愛い。
O ネクストは下着以外にトップスやパンツもセット売りされているのがいいのよね。保育園って着替えが何枚も必要だからすごく助かってる。

① NEXT

ポップな色使いやデザインが大人気のネクスト。リーズナブルな価格で送料も無料。「注文後、わりとすぐに届きます。特に女の子用の下着がおすすめ!」。ファンシーなユニコーン柄がキュート。

子ども用ショーツ5枚セット(3–4歳)¥1,230(税込み)/NEXT
https://www.nextdirect.com/jp/ja

F ファストファッション系なら 2 も好き。日本から買えるようになったのは、ファンにとってはうれしい!
O わかる! こういうシンプルでユニセックスな子ども服って貴重。

② AMERICAN APPAREL®

「ECサイトで日本へのシッピングがやっと再開したので、これはポチるしかない! アメアパの子ども服はやっぱり最高!」。アイコンのジップフーディは裏起毛でソフトな肌ざわり。親子でお揃いも楽しめる。
ジップフーディ¥2,496(税込み)/アメリカンアパレル


http://global.americanapparel.com/en/

H 男の子なら 3 もいいよね。このモコモコ感がたまらない!
F 軽くて動きやすいし、洗えるし。アウトドアブランドは頼もしい〜。
O あえて大きめのサイズを買っておけば、2年はいけそうだね。

③ PATAGONIA

「子どもに着せるとテディベアみたいで可愛さもひとしお。仕事での疲れが癒やされます」。保温性抜群で防風効果の高い裏地つき。ネックまわりがすっきりしていてあごが擦れない。

ベビーボアベスト¥9,500/パタゴニア日本支社 カスタマーサービス(パタゴニア)
https://www.patagonia.jp/home

F あれ、Hさんさっきからずっとうつむいてるけど、どうしたの?
H
 4 のサイトを見始めたら止まらなくなってしまった。服以外におもちゃや食器、インテリアまで! 今回の取材でたくさん名前が挙がってただけあって、これはヤバイ!
F もうカートにいっぱい入ってるね(笑)。このカーディガン、チェリー柄がおしゃれ! 生地が二重になってて作りもしっかりしてる。

④ BABYSHOP.COM 

「日本未入荷のものもたくさん!」と佐藤さんが絶賛するスウェーデンのオンラインセレクトショップ、ベイビーショップより。100%コットンのダブルフェイス生地でほどよい肉厚感がある。

カーディガン¥9,625(参考価格)/ベイビーショップ(タイニーコットンズ)

https://jp.babyshop.com

O 5 はもう女の子の夢のような服だね。目が♡になっちゃう。
F コットン100%で肌ざわり抜群だよ。着心地もすごくいいはず。

⑤ COCO AND GINGER 

バリ島発の女の子向けブランド。天然素材のみを使った生地でひとつひとつが手作り。「ハッピーカラーにキュンとします。親子揃って夢中です」。フリルやリボンなど細部まで愛らしい。

フラワープリントセット¥6,600/カサリナ(ココ・アンド・ジンジャー)

http://www.cocoandginger.jp

O 6 はヴィンテージならではの風合いがあって素敵だわね。
H 子ども服にも古着をチョイスするなんて、さすが畠山さん。かっこいい親子だわ〜。

⑥ DEPT 

「ヴィンテージの子ども服にはなかなか出合えないので重宝しています。そして値段もお手頃!」。刺しゅうが施されたフォークロアなチュニックは、大人も着たくなるデザイン。

キッズヴィンテージチュニック¥4,500/マザー リバー サイド ブティック(デプト)

編集O

保育園に通う5歳男児あり。SPO担当として生活用品はもちろん、自分の服も子どもの服もいつも全力でポチり中。

ライターH

0歳の息子を持つ新米ママ。食欲と買い物欲を同時に満たすべく、大好物のチーかま片手に夜な夜なポチる日々。

スタイリストF

休日は4歳の娘と一緒にピクニックやキャンプがお約束。超絶アウトドア派のママスタイリスト。SPOの常連。

SOURCE:SPUR 2018年12月号「モードママのためのSPO(すぐ・ポチる・オンナ)リスト」
photography: Shinsuke Sato styling: Chiaki Furuta text: Eimi Hayashi

ジップフーディ¥2,496(税込み)/アメリカンアパレル

ベビーボアベスト¥9,500/パタゴニア日本支社 カスタマーサービス(パタゴニア)

カーディガン¥9,625(参考価格)/ベイビーショップ(タイニーコットンズ)

フラワープリントセット¥6,600/カサリナ(ココ・アンド・ジンジャー)

キッズヴィンテージチュニック¥4,500/マザー リバー サイド ブティック(デプト)

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND