トッズがポップアップイベント「トッズ フォレスト」を伊勢丹新宿店と銀座三越にて開催

SPUR.JP

【SPUR Eye】
“紅葉する森”がテーマのポップアップイベント。深まる秋を思わせるカラーアイテムが多数登場!


トッズが、ポップアップイベント「トッズ フォレスト」を伊勢丹新宿店と銀座三越にて開催。2018年秋冬コレクションから、サフランやオレンジ、バーガンディといった深まる秋を思わせるカラーに彩られたアイテムが多数登場。

「ダブルT」バッグ(伊勢丹新宿店限定色)〈H17×W28×D13㎝〉¥236,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
「ダブルT」バッグ(伊勢丹新宿店限定色)〈H17×W28×D13㎝〉¥236,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

また伊勢丹新宿店限定となる「ダブルT」モチーフのバッグやローファーも発売。店内はアートユニット、RIBBONESIA(リボネシア)とのコラボレーションにより、“紅葉する森”をテーマに、トッズの世界観を表現した幻想的な空間に。この機会をどうぞお見逃しなく。

「ダブルT」ローファー(伊勢丹新宿店限定)〈ヒール0.5㎝〉¥83,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
「ダブルT」ローファー(伊勢丹新宿店限定色)〈ヒール0.5㎝〉¥83,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

「TOD’S FOREST」
期間:~2018年10月23日(火)
場所:伊勢丹新宿店本館1階=ハンドバッグ/プロモーション

期間:2018年10月24日(水)~10月30日(火)
場所:銀座三越2階婦人靴

期間:2018年11月7日(水)~11月13日(火)
場所:伊勢丹新宿店本館2階=婦人靴/プロモーション

トッズ・ジャパン
http://www.tods.com
0120-102-578

text:Machiko Suyama

関連記事
  • アイテムの選び方や、大人にふさわしい着こなし方など、夏カジュアルのお悩みを人気スタイリストがわかりやすくアンサー!松村純子松村純子女っぷりカジュアル派Q.SHORT PANTS 子供っぽくならず上品に、ショーパンをはくには? A.短すぎない膝丈で、ふんわり広がらないストレートシルエットを。リネンなどの上質素材がおすすめ(松村)「トップスには、Tシャツよりもシャツやジャケットなどしっかり形のあるものを合わせると間違いありません」。ショートパンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) シャツ(千駄ヶ谷店5 周年限定)¥29,000/サザビーリーグ(フランク&アイリーン) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・リング¥10,000(フィリップ オーディベール)/デミルクス ビームス 新宿 バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)田澤美香田澤美香クリーンカジュアル派Q.SPORTY BLOUSON スポーティブルゾンが〝本気のスポーツ〞にならないためには? A.ブルゾン以外は、いつも以上に〝女らしさ〞を意識。とろみスカートやパンプスできれいめに仕上げて(田澤)「ブルゾン自体も上品な白やネイビーで、少しフェミニンアレンジがされたものを選んで。このグレー×ターコイズブルーのように、ニュアンスカラーと合わせると簡単におしゃれ見えします」 ブルゾン¥14,800/ソコラ/メイソングレイ カットソー¥9,000/カリテ スケープ  コレド日本橋店(カリテ) ギャザースカート¥12,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・バッグ¥39,000(OAD NEW YORK)/ショールーム セッション 靴¥26,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) 池田メグミ池田メグミキレありカジュアル派Q.PVC ITEM 中身が丸見えのPVCバッグ。おしゃれに持つには? A.可愛いプリントやきれい色の巾着や内袋つきタイプのほか、こんなバッグインバッグも新鮮です!(池田)「可愛いポーチなどでアレンジして"見せる収納"を楽しみたいところですが、実際はなかなかむずかしい。こんな小さめのかごがそのまま入ったバッグインバッグタイプなら、完全な3 ウェイで使えて便利! 出先で荷物が増えたら分けて持ったり、アレンジの幅が楽しめます」。 バッグ¥15,000/アルアバイル トップス¥8,900/エイトン青山(エイトン) パンツ¥18,000/ビームス ハウス丸の内(エム フィル) サングラス¥39,000/プロポデザイン(propo) バングル¥19,000・ゴールドバングル¥16,000/カオス丸の内(キャッツ) 【Marisol8月号2019年掲載】撮影/イマキイレカオリ(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 池田メグミ 田澤美香 モデル/高垣麗子 取材・文/発田美穂
  • ハッピーオーラ満載な存在感のあるピンクスカートはシックなブラウンで大人っぽく誰からも愛される褒められ率の高いピンクのスカート。自分の顔からなるべく離してボトムスに取り入れると案外着やすいもの。そして、合わせるベースカラーをブラウンTシャツにするだけで、ぐっとトレンド感も出て、カジュアルよりなので意外とうまく着こなせる。Tシャツ¥11,000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥49,000( 9 月上旬店頭展開)/ブルーバード ブルバード バッグ¥157,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) スカーフ¥30,000/スローン イヤリング¥14,500/アビステ ネックレス¥72,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ピンクコーデの関連記事もチェック
  • 渡辺直美がプロデュースするシュウ ウエムラのコラボレーションコレクション「naomi for shu uemura」が7月20日(土)より、販売がスタート。 7月16日(火)には、第2弾を祝し記念イベント「naomi for shu uemura エクスクルーシブプレゼンテーション」が開催された。 暗転したステージに、オリジナルで製作したという赤いドレスに身を包んだ渡辺直美本人が登場。オープニングパフォーマンスを披露し、会場を沸かせた。 また、ステージ上では、第二弾のコラボ製品に込めた思いや最近のメイクの気分についてなどを、ファシリテーターからの質問に答えながら語った コラボ第二弾のテーマは? 「直美の“naomi”と“now me”をかけ、毎日を大切に生きる全ての人が、自分らしく自信を持って前に進めるように、という思いを込めました」。 第一弾の反響と、今回の意気込みについて 「ありがたいことに第一弾のコラボは、周囲から多くの嬉しい反響を頂きました。この第二弾は(メイクを通して)みなさんに"今の自分”を楽しんでもらいたいですね。異なるカラーのアイテムを自分の気分に合わせて選んだり、挑戦したことのない色にチャレンジしてみたり、色々な楽しみ方を探していただきたいです」。 リップのこだわりは? 「今回は2種の赤リップに挑戦しました。一つはどの年代でも使えるカシス系のレッドの『アテンション スティーラー』。『ナンバーワン』は、深みのあるレッドにゴールドのグリッターを合わせ、大人っぽく使えるものにしてみました。遠くから見ると大胆なカラーですが、近くで見るとラメが光って美しいので、接近戦にももってこいです(笑)」。 ほかにもおすすめはありますか? 「ビジネスシーンでも使える落ち着いたピンク『サイレント クラッシャー』もおすすめしたいカラーです。また、第一弾に引き続いて、くすみ系のオレンジも登場しますが、第二弾の『アンフォロワー』は黄みを強くして夏らしく爽やかに仕上げました」。さらに、今回のコレクションではチークカラーが初登場。夏のカラフルなアイメイクにも合わせやすいカラーとなっているのでお見逃しなく! シュウ ウエムラ ルージュ アンリミテッドBG 01 ¥3,200、シュウ ウエムラ グローオンF ソフト コーラル ¥2,500(レフィル)、カスタム ケース Ⅱ ¥700 シュウ ウエムラと渡辺直美のコラボ第二弾! 塗る人の個性をスパークさせるリップ&チーク
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day22は、キャッチーなトレンド感をまとえる、鮮やかなフューシャピンクのワンピース。気のおけない女友だちとのおしゃべりも、コクーンシルエット&長めの袖なら体型についてつっこまれる心配もなし!day 22学生時代からの仲よしグループで久々の女子会気のおけない女友だちとの会には、鮮やかなフューシャピンクのワンピースで、キャッチーなトレンド感を意識した着こなしに。コクーンシルエットと長め袖なら体型について突っ込まれる心配なし! ワンピース¥15,800/マーコート(ミズイロインド) ネックレス¥130,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥141,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥44,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ)  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • 先週末、大阪→京都の旅行に行ってまいりました。ショッピングを楽しんだり、おいしい食べ物に舌鼓を打ったりと大満喫(大阪のファッションは本当~~に盛り上がってました。ぜひ編集Iのこちらの記事をご一読ください!)。今回は定番の老舗&新店含めて、京都の甘いもの記録を残させてください……! ぎおん徳屋で本わらび餅を「飲む」 もはや飲み物ですね。食べ始めた瞬間、なくなっている。中心に据えられた氷でひんやりと冷やされたわらび餅は、透明でなめらか。つるつると喉に入っていって、一瞬です。黒蜜のナチュラルな甘さも広がって、口福この上なし。夏にもぴったりです。夕方ごろに到着し、多少並んだものの比較的スムーズに入れました。京都の大定番として訪れる際は必ず食べたい一品です。ユナイテッドアローズ 六本木店でも7月末までは食べられるのですが、やはり祇園の町家で食べるのが楽しいですね。 宇治 中村藤吉本店で抹茶三昧 こちらも老舗の名店です。駅のお土産コーナーでも見かける、1854年創業の由緒ある茶商。東京や京都駅などでも食べられますが、ぜひ広々とした宇治本店で食べたいもの。優美な日本庭園も広がる空間で格別です。おすすめは看板メニューの「生茶ゼリィ」。抹茶とほうじ茶の二種類がラインナップ。なめらかな舌触りと、自然な味わいが魅力です。ほんのりした苦味もちょうどいい。アイスクリームも、こっくりとした甘さながらまったくしつこくありません。ほうじ茶も大変香ばしくて、癒やされました~。そして宇治本店では限定の手土産も充実。 こちらは通販と本店限定の「茶フィーユ」。抹茶の薄焼きチョコレートクレープです。午後のティータイムにちょうどいい軽さ。コーヒーとも相性抜群でした! さらにもうひとつ気になったこちらも購入。 宇治に縁があるといわれている兎をモチーフにした和三盆。干菓子なので日持ちもしますし、お土産にぴったり。口の中でふわーっと溶けるのと、何よりルックスがかわいらしい。 ラデュレが四条にやってきた! 東京でもおなじみ、ラデュレのサロンもなんと京都四条に初オープン! 1階にはテイクアウトのスイーツを販売するブティック、2、3階にはイートインができるサロン・ド・テが。伝統的な唐紙をラデュレらしく解釈した壁紙や天井など、内装がとってもかわいいんです。京都の和のエッセンスが、フランスの視点でアップデートされている。中心地ながら、どこか異国のような情緒も感じられます。床は、日本建築に特徴的な木と石の組み合わせと、モダンなカーブを描くソファとのミックスマッチが面白いです。 限定品は、マカロンボックス“キョウト”。外箱のイメージは18世紀フランスのクラシックデザイン。繊細なイラストレーションにブランドらしい可憐さが漂います。箱を開けると“マッチャ・キョウト”と“ヤツハシ”のマカロンが。後者は聖護院八ツ橋本店とのコラボレーション。新・京都土産として推したい一品です。 そんな感じで、ひたすら甘味を堪能したり、遊んだり、休んだりした週末でした。京都はただ歩いていても楽しくて大好きな街、またすぐに訪れたいなぁと画策しています。
  • A.P.C.が、スタイリストのスザンヌ・コラーとの限定コレクション「A.P.C. スザンヌ・コラー インタラクション #2」を展開中だ。スザンヌは『Le Monde(ル・モンド)』紙が発刊する『M(エム)マガジン』のファッションディレクターであり、『Self Service(セルフサービス)マガジン』の共同創立者。A.P.C.の長年にわたるコラボレーターとしても知られる。 (左)PONCHO MARGARETE ¥57,000、COLLIER SUZANNE ¥23,000・(右)FOULARD SUZANNE マロン ¥28,000、PONCHO MARGARETE ¥57,000/アー・ペー・セーカスタマーサービス今回はスザンヌがA.P.C.の「INTERACTION(インタラクション)」の第2弾に参加。この「インタラクション」コレクションは、Kid Cudi(キッド・カディ)とのコラボレーションによる2019年春夏シーズンからスタート。A.P.C.の友人たちがコレクションを独自の観点から解釈し、対話を通して制作していく限定コレクションとなっている。 (左)BOTTES IRIS ¥92,000・(右)PULL ETHAN OVERSIZE 各¥45,000、BOTTES IRIS ¥92,000/アー・ペー・セーカスタマーサービス今シーズン発表されたコレクションは「obvious classics(明確なクラシック)」と自身が表現するテーマのもと、10点のアイテムで構成。オーバーサイズのセーターやイニシャル入りの特大トートなど、クラシカルシックに「クラシックでない」要素を効かせる彼女独自のスタイルがしっかりと反映されている。こだわり抜かれたユニークなディテールにもぜひ注目を。 (左)SAC SUZANNA ¥38,000・(右)DJELLABA KATJA ¥63,000、DOUCHE BAG SUZANNE KOLLER ¥29,000、COLLIER SUZANNE ¥23,000/アー・ペー・セーカスタマーサービスアー・ペー・セーカスタマーサービスWWW.APCJP.COM03-3710-7033 text:  Fuyuko Tsuji ⇩「A.P.C.」とスザンヌ・コラーによる「A.P.C. スザンヌ・コラー インタラクション #2」をチェック!
  • ワンツーコーデで、一枚で、簡単に。手抜きに見せないアラフォーの「デイリーな黒」ならこれ■BLACK DRESS  STYLE 1大人の可愛らしさも色っぽさも。心地よく、表情豊かな黒上質な生地をふんだんに使ったマリハのコットンドレス。胸もとはすっきりとしたVあきでギャザーをたっぷり寄せたシルエットはどこから見ても文句なしに華やか。ワンピース¥43,000/マリハ(マリハ) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥76,000・リング(太)¥210,000・(細)¥110,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥34,000/アパルトモン 青山店(へリュー) 靴¥25,000/ステディ スタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ)STYLE 2気分に合わせ、小物使いをあれこれ試したくなる一枚話題のウェブ限定ブランド、ノークの人気型。すそにかけて広がるボリュームのあるシルエットで、ドレープ感がきれい。かごやベアなトングサンダル合わせでも街で浮かず、着やすいと評判。素材や色で季節感を取り入れた小物選びしだいで、いろんな表情を楽しめる。ワンピース¥8,900/ノーク(ノーク) バッグ¥33,000/カオス丸の内(メゾン エヌアッシュ  パリ) 靴¥56,000/アパルトモン 青山店(アルムナエ) ネックレス¥38,000/エスケーパーズ(クレッシオーニ)STYLE 3一枚でどこにでも。きれい見えシャツドレスに委ねて夏の特別なお出かけにも通勤にも。エキップモンのリネンシャツは長めの丈をウエストマークするデザイン。きちんと着てもコンサバすぎず、大人のセンスをアピールできる。袖口のさりげないリボンがチャームポイント。ワンピース¥49,000/サザビーリーグ(エキップモン) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシーオブ ソウル スタイル) バッグ¥135,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥38,000/ザ・グランドインク(ロランス)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/RINA 取材・文/陶山真知子
  • TSURU by MARIKO OIKAWA 2019 Winter Collection~ GOOD GIRL~ なかなか梅雨明けしませんが、気付けば7月・・秋冬の展示会も多く開催され、少しずつトレンドが見えて来ました。美女組NO.98 ayaさんと向かったのは「TSURU by MARIKO OIKAWA 2ND展示会」ご招待いただき、プレスルームへお邪魔して来ました。 前回の1STでミルキーでスモーキーな女っぷりカラーが来ているとお伝えしましたが、まず目に入って来た綺麗色のくすんだパープル。 いままでの濃いめのパープルとは違い、今秋冬では”ミレニアル・パープル”がトレンドカラー。TSURUだけではなく、実は市場でも多くのデザイナーさん達がおすすめしているカラーです。また、レオパードなどのアニマル柄も復活の兆し!何らかのアニマル柄を持っていて、毎年大胆に取り入れる場合も多かったりしましたが・・今季はスモーキーカラーがトレンドだけに、落ち着いたマスタードやベージュをベースにして大人っぽく仕上げるのが旬のアイテムなようです。他にも春夏に人気だった白靴や白ブーツがハラコ×パールで”かっこいいのに可愛い”で登場していたりと、秋冬が待ち遠しいです(何となく秋冬の方がコーデにしてもテンション上がるのはわたしだけではないはず・・) Marisol8月号での蛯原友里さん着回しでも登場していたツルのスカート。同じものを1STでオーダーしていますが、概ね年間通して着れるスカートが多いのも特徴。 SALEも始まり、昨年から伊勢丹での取扱いも開始されたので手に入れやすくなっているかと思います。投資してもあらゆる場面で活用できる幅広さがあるので人気が高い。トレンドは足元で取り入れつつ、何だかお洋服は”夏の黒”が継続して”冬の黒”も登場するような気がしています。美女組No.70Keiのブログ
関連キーワード

RECOMMEND