太く、長く、青く。AMA、ディーバたちのアイライン合戦

SPUR.JP

10月9日(現地時間)に開催された、アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)授賞式。レッドカーペットに現れたディーバたちは、揃いも揃って目力重視のメイクアップで登場。それぞれに趣向をこらした、渾身のアイライナーテクニックに注目が集まった。まず、アイラインの太さで目立っていたのは、シンガーのリタ・オラ(27)。クリーンなヘアとヌーディなメイクに、シルバーのグリッターが輝く漆黒のリキッドライナーをキリリと引き、力強く意志的な眼差しを印象づけた。

シンガーのリタ・オラは漆黒のグリッターライナーを太くキリリと引いて登場。Photo:GettyImages

そして、手の込んだ囲み目で目立っていたのは、2人の大物ディーバ。1人目は、新曲の『Limitless』をキレキレのダンスとともに披露した、ジェニファー・ロペス(49)。スモーキーな目元に切れ長に引いた囲み目ラインを合わせ、50歳目前にして限界なしのパワービューティを見せつけた。

ジェニファー・ロペスは、お得意のスモーキーな目元にリキッドの囲み目。Photo:Getty Images

2人目は、女性歌手として最多の受賞記録を達成した、テイラー・スウィフト(28)。彼女のトレードマークとも言えるキャットラインが、さらに進化。60年代風のフューチャリスティックなダブルラインで、カラーレスなのに女王然としたインパクトを演出することに成功した。

アイライン名人のテイラー・スウィフトは60年代リバイバルなダブルラインで勝負。Photo:GettyImages

今回のAMAでは、ブルーのラインで差をつけるディーバも続々。リアリティ番組出身のラテンポップ界の新星アマラ・ラ・ネグラ(28)は、上まぶたと目頭にはホワイト、下まぶたにはライトブルーのマットなアイラインを引いて個性派ぶりをアピール。

マットなホワイト&ライトブルーの囲み目を、インサイドの極細ラインで引き締めたアマラ・ラ・ネグラ。Photo:GettyImages

2000年代に一世を風靡したアシュリー・シンプソン(34)は、クレオパトラも真っ青なブルーの切れ長囲み目でクール大人の魅力を発揮。総スパンコールのドレスを着こなした。

アシュリー・シンプソンはスーパークールなブルーの囲み目。Photo:GettyImages

カラーレスなメイクが主流だったAMAで異彩を放っていたのが、真っ赤なリップとヘッドドレスでドルチェ&ガッバーナを着こなした、ラッパーのカーディ・B。最近ではそのお騒がせな振る舞いだけでなく、そのファッションやビューティでも熱い注目を浴びている彼女。ピンクのアイシャドウを引き立てる、パープリッシュなスーパー切れ長ラインはロレアル パリのアイテムを使っているそう。

圧倒的に華やかな装いで注目を浴びたカーディ。そのアイラインも唯一無二。Photo:GettyImages

気性の荒さもチャームポイント?なカーディ・B

>>トム・フォードも真っ青!?「靴投げラッパー」カーディ・Bの名を冠したリップが大ヒット

J.Lo、49歳のリミットレスボディ

>>オーバー40のビキニボディ、どこまで進化するのか!?

関連記事
  • 睡眠欲と食欲のうち、どちらが強いかと聞かれれば、間違いなく「食欲」と答えます。それは子どもの時も同じで、絵本にお菓子が出てきては、どんな味なのか想像をめぐらしていました。例えば「パンケーキ」。母が作ってくれるホットケーキと似ているけれど、どう違うんだろう、とか、「りんご」は、この主人公は直接かじって食べているけれど、果たして包丁で切って食べるときよりもおいしいのだろうか、とか……。そんな子どもの頃の自分にとって、最も不思議な食べ物が「すみれ味のキャンディ」でした。咲いているすみれはもちろん見たことはあるけれど、これは果たして食べられるの?、しかもおいしいの?と疑問符で頭がいっぱいになったのを覚えています。 その答えをくれたのがアニス・ド・フラヴィニーのバイオレットのキャンディ。今でこそ日本でも買えますが、学生の頃は海外でしか買えず、初めて食べた時は衝撃を受けました。なんとも言えない良い香りとともにほんのり苦味が漂っていたからです。予想していたよりもぐっとほろ苦い味わいに驚きながらも、ついに子どもの頃に夢見た味に出合えた喜びを噛み締めました。 ちなみに江國香織さんの詩集『すみれの花の砂糖づけ』(新潮文庫)に出合ったのも同じ頃。この詩集の最初に編まれた「すみれの花の砂糖づけをたべると/私はたちまち少女にもどる/だれのものでもなかったあたし」という短い詩「だれのものでもなかったあたし」は、作家の手にかかると、お菓子を語るのひとつとっても、こんなにもきらきらとした言葉になるんだ、ということを教えてくれた作品です。 話は飛んで、先月パリに行ったのですが、偶然アニスのバイオレットキャディを見つけました。以来、久しぶりにこのキャンディをなめているのですが、すると、自分自身の子どもの頃の思い出と江國さんの詩集を読んだ思い出が一気に駆けめぐり、「私はたちまち少女にもどる」感覚に。ふと気持ちを落ち着けたいとき、フレッシュな気持ちを感じたいときに、ぜひ食べてみてください。アニスの公式HPによると、2粒を同時に口に入れじっくり溶かすようにしてなめるのが、おいしく食べるコツだそうですよ。
  • 女性がリラックスして着られるロマンティックなウェアが主流 2 AKRIS ルーマニアの現代アーティスト、ジェタ・ブラテスクの作品とコラボレートした3 ANDREAS KRONTHALER FOR VIVIENNE WESTWOOD 着想源はアフガニスタンのスケーターと家具や調度品をまとめたリッツホテルのカタログ4 A.P.C. ロカビリーテイストを匂わせた今シーズン。スカーフもセットアップと同じレオパード柄で統一5 BALENCIAGA 3Dモールディング技術を採用したドレス。胸部は膨らみ、肩はラグランスリーブを誇張6 BALMAIN パリにおけるエジプト建築に着想。グラフィカルなシェイプや、ガラスパネルにその片鱗が7 CELINE 70年代後半の音楽ムーブメント、Cold Waveの影響が、スクエア形のテーパードパンツに表れる8 CHANEL ベアドレスのストラップには貝殻ビーズが。プレキシガラスのローヒールミュールを携えて9 CHLOÉ 日を浴びて旅に出る現代のヒッピーを表現。バイアスカットのドレスの色は陶器から引用10 COMME des GARÇONS キーワードは、「シンプルをデザインする」。いびつなシェイプはコブつきボディスーツで実現11 COURRÈGES アンドレ・クレージュの歴史に敬意を払い、ビニール素材やロゴ入りタイツをモダンに昇華12 CYCLAS サマーウールのセンタープレスパンツに、ビスコースのエプロンが女性らしい趣を添える13 DIOR チュールを編んだメッシュドレス。ショーのダンスの演出は振付師シャロン・エイアルが指揮14 DRIES VAN NOTEN ワークウェアとクチュールを融合。ジャンプスーツを、羽根飾りやビーズメッシュが華やかに15 GIVENCHY 男性性と女性性をミラーリング。テーラードジャケットは、小さめの肩と袖の折り目が新しい16 GUCCI 冒頭にホラー映画『A Charlie Parker』(’70)を上映。ラテックストップスにいちごパターンを衝突17 HERMÈS テーマは乗馬と航海の世界。ラムレザーに目の覚めるようなオレンジ色をのせて快活に18 ISABEL MARANT アシッドウォッシュデニムやラメドレスは70年代NYにあったクラブ、スタジオ54に着想19 ISSEY MIYAKE パンをこねるように形を変えられる布、DOUGH DOUGHを用いた帽子は自由に変形する20 JACQUEMUS イタリア大使館の庭で行われたショー。極端に大きなストローバッグに視線が集中21 JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS デニムを用いてパンキッシュなルックを構築。何本ものジーンズをつなげたドレスも登場22 KOCHÉ アフリカや日本、インドなどさまざまな地域の民族衣装をミックスし多様性を追求した23 LEMAIRE タイダイ染めやたっぷりと布を使った量感のあるシルエットが多々。遊牧民を思わせる装いだ24 LOEWE 会場は、ロンドンに60年代に存在した実験ギャラリーを再現。絞りや編みの技術を取り入れた25 LOUIS VUITTON 冒険家がはるか彼方への遠征で手に入れた記念品を想起させる装飾。SF的な雰囲気も26 MAISON MARGIELA 特定の性別に紐づいた服(スカートなど)を開放し、ジェンダーレスなアイテムに再解釈した27 MARINE SERRE F1をイメージソースに未来の服を提案。既存の服を用いたアップサイクル・ウェアも多数28 MARQUES' ALMEIDA 今季、デザイナーは自分たちの原点であるポルトガルに立ち返った。シルエットにその趣が29 MIU MIU 20年代や50年代のクラシックなスタイルに着想。毒のあるフェミニニティを存分に発揮した30 NOIR KEI NINOMIYA 細いワイヤーによって、PVCのフリルは力強く波打つ。綿毛のヘアは今回も東信が担当31 OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™ ショーにはアスリートが8人登場。ナイキの靴下を貼り合わせたレギンスなど主軸はスポーツ32 PACO RABANNE 壁紙のような花柄をのせたシルクパンツに、げたサンダル。東洋と西洋が心地よく調和する33 ROCHAS プレーンながら、パターンの美しさがわかるコート。裾からフェザーがドラマティックに揺れる34 SACAI 起点はミリタリーウェア。左右非対称に異素材を掛け合わせ新しいシルエットを探求した35 SAINT LAURENT デヴィッド・ボウイやジミ・ヘンドリックスといったアイコンから得たテイストをちりばめて36 SONIA RYKIEL ショー当日、ソニア・リキエル通りと命名された道がランウェイに。パリ市民の生活に着想37 STELLA McCARTNEY サステイナブルビスコースを用いたルレックス生地のドレスは、空気をはらんで体を包み込む38 THOM BROWNE 海の生き物やフルーツなど楽観的なムードのスタイルに、マスクや拘束着で冷酷さを加えた39 VALENTINO 巨大な麦わら帽、マラケシュに着想を得た色、花鳥風月の柄がファッションの夢へと誘う40 Y/PROJECT ベーシックなアイテムに、未知のモチーフやアクセサリーを掛け合わせ、意表をついた41 YOHJI YAMAMOTO ラブソングをテーマに、ゆとりがありながらセンシュアリティを漂わせる服を展開した
  • アーティスティックなアプローチに磨きがかかり、個性豊かな提案が際立った 2 ADEAM アディアム流ナイトクラブ・スタイルはオフショルダーに男前ベストというミックスマッチ3 ANNA SUI ブロケードのセットアップに南国風のシャツドレスをイン。異国情緒漂う独自ワールドを展開4 CALVIN KLEIN 205W39NYC 映画『ジョーズ』(’75)と『卒業』(’67)に着想。遊び心あふれるアメリカン・アカデミックスタイル5 CLAUDIA LI 初ランウェイは故郷のニュージーランドに思いを馳せ、軽やかなリアルクローズを発表した6 COACH 得意のプレーリードレスはヴィクトリア風に進化。モカシンとフリンジバッグで味つけ7 ECKHAUS LATTA タイトなTシャツドレスなど90年代的アイテムをアーティなアプローチで洗練させた8 KATE SPADE NEW YORK ニコラ・グラスによる初コレクションは、ラベンダーやピンクで大人に似合う"可愛い"を描く9 LONGCHAMP スエードやフリンジ、パイソンを多用し、リュクスなウェスタンワードローブが続々登場10 MARC JACOBS ロマンスあふれるショーにはとろける質感のコートなどリアルに使えるアイテムも満載だ11 MARYAM NASSIR ZADEH アヴァンギャルドなウェアと相反するモダンでシックな靴とバッグの提案が粋12 MICHAEL KORS COLLECTION 世界のビーチに着想。ファーストルックのトロピカルプリントが陽気なムードを誘う13 MILLY NY流ネオンカラーは、スポーティかつエフォートレスな気分で取り入れたい14 MONSE ロープモチーフを主軸に定番服を再構築。サンダルはドクターマーチンとのコラボ15 PRABAL GURUNG ネパールのタルチョを彷彿とさせるカラーパレットをロング&リーンなシルエットにのせた16 PROENZA SCHOULER オーバーサイズのリラックス感とマニッシュなムードを携えて1年半ぶりにNYにカムバック17 SIES MARJAN コットンとレザー。異素材のワントーンルックは、新時代のワークスタイルを示す好例18 TELFAR 熱狂的なファンを獲得しているテルファーはストリートヴィンテージな究極のリアルクローズ19 TIBI マスキュリン&フェミニンをテーラリングとパステルカラーで軽やかに表現20 TOM FORD トム フォードウーマンはクロコダイルのセットアップとレースをミックスし、力強く歩く21 TORY BURCH メンズライクなシャツの上に、フリルのロングドレスを重ねた、意表をつくスタイリング22 ULLA JOHNSON NYのガーリーを牽引するウラ ジョンソンは南米のエキゾチックなテイストを取り入れた
  • ロマンティックとリアリティの両方を追求する新進ブランドが多数 2 BURBERRY リカルド・ティッシによる新生バーバリー。「キングダム」と題し、あらゆる世代に服を提案3 CHRISTOPHER KANE 「Sex in Nature」がキーワード。ビッグビジューのトップスとデニムの組み合わせが新鮮4 ERDEM ドレスアップすることで心が解き放たれるパワーに注目。華やかなヴィクトリアンドレス5 HOUSE OF HOLLAND パフォーマンスウェアとストリートウェアの融合を実現。ジャケットにテクニカルベストを6 JW ANDERSON 軽やかなストライプドレスにレースの襟を。彫刻家リンダ・ベングリスにオマージュを捧げて7 MARGARET HOWELL シャツを軸にスポーティなフィーリングを取り入れた。カーキのショートパンツがキュート8 MARY KATRANTZOU ブランドデビュー10周年を記念したレトロスペクティブなショー。アーカイブを昇華した9 MM6 MAISON MARGIELA ファッションが持つ社会的責任に言及。チャリティや古着(不用品)がコンセプト10 MOLLY GODDARD マーケットがショーの舞台。アイコニックなチュールドレスは可憐なギンガムチェックに11 NABIL NAYAL 2017年のLVMHプライズ ファイナリストになり注目を集める。ヴィクトリア朝が着想源12 NATASHA ZINKO ラングラーの協力のもと、ヴィンテージデニムを再構築。サステイナブルなモードを提案13 NICHOLAS KIRKWOOD ロンドンで初となるショー形式の新作発表。TVをモチーフにデジタル時代の反骨精神を表現14 PORTS 1961 夏の開放的なムードを反映。カラフルなチェックにワークパンツを合わせてイージーに15 REJINA PYO ノスタルジックなポルカドットのドレスで甘い夢を。美しい混沌をファッションに託して16 RICHARD QUINN ファーストルックはオールブラックのドレス。プリントを得意とするブランドの新境地を見せた17 ROKSANDA ベルトを巻いたオーバーサイズのブレザーがキーアイテム。エレガントな日常着が揃う18 SIMONE ROCHA デザイナー自身のルーツである中国に思いを馳せて。清王朝の女性のプリントや刺しゅうが登場19 TOGA サイクリングパンツにロココ調のプリントを。世界の都市で目にするさまざまな情景を取り入れた20 VICTORIA BECKHAM ブランド創立10周年を記念して、初めて祖国でショーを開催。モダンウーマンのための服
  • クラフツマンシップを活かしつつスポーティな仕上がりに 2 ALBERTA FERRETTI ドリーミーなドレスから、機能的なジャケットまで。女性の冒険心を託した3 ANTEPRIMA テーマは「Swing」。夏空を駆けるようなムードが軽快。ワンピースもPVC素材で軽やかに4 BLUMARINE ドレスとアクティブウェアを融合。蛍光のロゴ入りスパンデックスに繊細なレースをオン5 DOLCE& GABBANA ブラックやフラワーなどブランドのDNAに回帰。華やかなブラウスにロマンスを宿して6 EMPORIO ARMANI リナーテ空港の格納庫でショーを開催。スポーティな要素をチュールのパンツでハズした7 ERMANNO SCERVINO フューチャリスティック・レトロを掲げ、クラシックな装いを斬新にアップデート8 ETRO サーフカルチャーに着想を得た、楽観的な女性像。ペイズリーのレイヤードは迫力満点9 FENDI 都会のジャングルを舞台に、機能性とエキゾチックな要素を盛り込む。ポケットが象徴的10 GIORGIO ARMANI 流れ揺らめく色を起点に。軽やかなブルーやメタリックなテクスチャーが幻想的だ11 JIL SANDER アスリートのユニフォームやワークウェアを再解釈。レザーグッズもバリエーション豊富12 MARNI 古代から現代までアートの中の美を服に落とし込む。絵の具や彫刻のプリントを大胆に13 MAX MARA 神話や伝説の女神をモチーフに、豊穣な大地を思わせるアースカラーをまとった14 MISSONI 細い糸を手作業で編んだ繊細なドレスに包まれて。リラクシングなワードローブを展開15 MOSCHINO 未完成のスケッチのようなプリントで、ファッションのせわしなさをダイレクトに伝える16 MSGM 夢と現実の境を映すのはぼやけたフラワープリントやアシッドなカラーパレットだ17 N°21 ソリッドな色使いと素材の選定にフォーカス。他の要素はそぎ落としてストイックにまとめた18 PHILOSOPHY DI LORENZO SERAFINI 今季は「ボヘミアン・オアシス」の旅へ。フリルやトラウザーをノマドライクに19 PRADA Aラインのワンピースやナイロン素材などミウッチャが好きな要素を未来的に昇華20 SALVATORE FERRAGAMO アーカイブに息づく伝統をモダンに更新。ワークウェアも最高級の素材でエレガントに21 SPORTMAX パーカシャツやネオプレン素材がビーチへ誘う。足もとは裸足かフラットで快適に22 TOD'S イタリアらしい洗練されたワードローブを刷新。海の生き物やハートなど遊び心が随所に23 VERSACE プリント・オン・プリントが際立つスキニーなパワールックがブランドらしい
  • 世代を超えておしゃれな女性に支持されるアクセサリーブランド「NOJESS(ノジェス)」が、代官山に路面店をニューオープン! パリジェンヌの部屋をイメージした空間には、思わず手に取りなくなるアクセサリーが並ぶ。12月25日(火)まで開催中の「Treasure Chest Campaign」も見逃せない。 マチュアな愛らしさと上品なあたたかみに満ちたアクセサリーを展開する「NOJESS」。パールやカラーストーンを用いた繊細なアクセサリーは、個性的でありながら多彩なファッションに合わせやすいのが魅力。12月14日(火)にオープンした路面店は、パリジェンヌの部屋をイメージし、宝物を手にした時のときめきや自分だけの贅沢感を演出。趣味の部屋やダイニングキッチン、リビングに、ドレッサーやクローゼットがコーディネートされた空間で、リングやネックレス、時計などのスペシャルなアクセサリーが見つかる。 なかでも注目は、代官山店でしか出会えない数量限定のアイテム。クラウンモチーフの「pinky ring/K10YG and diamond」は、上下に広がる透かしとダイヤモンドの輝きが華やかな1品。ラウンドブリリアントカットを施したダイヤモンドがきらめく「ring・pinky ring/K10YG and diamond」や、ライトアップされた街並みをイメージしたカラーストーンの「ring・pinky ring/Gold plated silver and natural stone」など、手に取って確かめてみて。さらにパリで買い付けたアンティーク雑貨や文房具が手に入るのも、代官山店だけのお楽しみ。 壁にほどこされたARイラストも要チェック。店内でスマートフォンをかざすと、いたるところにノジェスの世界観を表現した手書き風のイラストが出現する。オープン記念として12月25日(火)までの間、指定のイラストを3つ見つけてスタッフに伝えると、店内にあるカプセルトイを1回無料で回せる「Treasure Chest Campaign」も実施。カプセルトイを回すと、カラフルなバリエーションが揃うメダイチャームや、パリから買い付けてきた雑貨が当たるチャンスが。12月25日(火)以降も、ノジェス 代官山で5400円以上購入すると1回チャレンジできる。 また、店内のフォトブースで撮影した写真を、「#nojess_daikanyama」のハッシュタグをつけてインスタグラムに投稿し、ベストショットに選ばれると、春の新作アクセサリーがもらえるキャンペーンも開催中。2019年1月31日(木)までの投稿が対象なのでぜひトライを。<DATA> ノジェス 代官山 オープン日:2018年12月14日(木) 営業時間:11:00~20:00 定休日:不定休 住所:東京都渋谷区恵比寿西1-34-26 アクセス:東急東横線「代官山駅」正面口よりすぐ 数量限定アイテム 「pinky ring/K10YG and diamond」45360円 「ring・pinky ring/K10YG and diamond」ring15120円・pinky ring10800円 「ring・pinky ring/Gold plated silver and natural stone」ring19440円~・pinky ring15120円~ ノジェス 代官山03-6455-2511http://nojess.net/daikanyama/ text/NAOMI TERAKAWA NARUMI AKIBA
  • こんにちは、ブラジル在住 美容ブロガーのchisaです。大大大ニュースが飛び込んできました!なんとブラジル限定ロクシタンが日本で12/19から限定発売されます。ブラジル在住としてはとっても嬉しい!!今回、限定発売となった春コスメをちょっとだけ先取りしてご紹介しちゃいます!■ブラジルには2つのロクシタンがあるブラジルには、日本にも店舗のある本家フランス・ロクシタンと ブラジル国内限定のロクシタンの2つの店舗があります。 大きなショッピングモールには2店舗入っていることが多いです。併設ではなく、全く別店舗として構えています。 商品も全く違うラインが販売されていて、パッケージやテクスチャーも異なるオリジナル商品です。お土産にも!ブラジル限定ロクシタンの人気ハンドクリーム■幸運を導く水の妖精デザイン今回限定発売となったラインは、『Ninfa das Águas(オードニンファ)』Ninfaは美しい娘、Águaはポルトガル語で水という意味です。このパッケージに描かれた睡蓮の花と少女の絵は、ブラジルで広く語り継がれる物語をデザインしています。【Ninfaの物語】その昔、とある村に艶やかな長い髪と漆黒の瞳を持つ美しい少女がいました。あまりにも美しすぎたため、アマゾンの睡蓮の花・水の妖精に変えられてしまいます。彼女が人間に戻れるのは、月が輝く夜の間だけ。少女が持つ長い髪は幸運を導くと言われ、幸せを求める人たちが集まりました。睡蓮の花は一晩で姿を変えることから、その花を見れた人は幸運が訪れるともいわれています。パッケージデザインは幸運を導いてくれるお守りコスメになるかもしれません。オード ニンファシリーズは、女性達の人生を切り開く行動力と、明るく美しいブラジル人女性をイメージした、『ポジティブな未来』を感じる香りとして誕生したそうです。温かみのあるコーラルピンクをベースに、乙女心惹かれるパッケージは女性心をくすぐりますね。■ブラジルロクシタンが、日本で限定発売開始!今回、日本のロクシタンで限定発売となるのはこの5アイテム。・オードトワレ 100ml  (6,372円) ・ボディクリーム 200ml (5,400円) ・ハンドクリーム 30ml   (1,512円)・シャワージェル 250ml (3,132円)※日本限定発売上記に加えて、オード ニンファ メルシーキットでは、ハンドクリームとボディソープ(100g)のセットが販売されます。睡蓮の花イメージしたボディソープが購入できるのは、このセットだけだそうです■シリーズ唯一のセラム型ハンドクリームまず最初にご紹介するのは、ハンドクリーム。オー ド ニンファ ハンドクリーム はこちら。フランス・ロクシタンはアルミパッケージですが、ブラジル・ロクシタンは柔らかいチューブ型です。ふわっと広がるフローラルな香りはべたつかず、指先までべたつかずに潤います。また、ブラジル・ロクシタンのハンドクリームは11種類もの豊富な品揃えがある中、 唯一、オードニンファシリーズのみセラム(美容液)なんです! 他のものはクリーム表記です。レモングラスと比べてみるとテクスチャーも歴然の差。レモングラスは水分量の多く、手の平に乗せて少し傾けると流れ落ちてしまうほどの乳液テクスチャーですが、オード ニンファは、硬めのしっかりとしたテクスチャーです。■ぷるぷるヨーグルトのようなボディクリーム続いてご紹介するのは、ボディクリームです。オー ド ニンファ ソフトボディクリーム はこちらヨーグルトのようなぷるぷるテクスチャーのソフトボディクリームで、伸びが良く、ずっと触っていたくなるような感触。こちらもセラム(美容液)タイプなので、 浸透力もよくしっとりうるおいが続きます。■限定キットも続々登場!12/19より限定発売!オードニンファシリーズは、他にもオードトワレも発売されています。洋ナシ、シトラス、スズラン、ローズなどが入った、 ふんわり甘い香りにいやされるアイテムです。また、紹介したアイテムは単品だけでなく、限定キットも日本では発売されるようです。また、すべての商品が試せるオールコンプリートセット(14,256円)は、12/18までの限定予約で販売中です。 単品価格で4つのアイテム合計が16,416円なので、2,160円もお得です!!少し春を先取りできるアイテム、ぜひチェックしてみてください!12/19から限定発売なので、お急ぎください~! オード ニンファについてはこちらから----------------------------------------------------------------ブラジル美容ブログ【@Brazil-Beauty】南米に暮らす女性のための情報サイト【LAPAO -ラパオ】
  • 12月1日(土)から12月25日(火)まで、 東京・ 帝国ホテルアーケードにて 開催されている【スイーツアート展2018】に 行ってきました 〜!! スイーツクリスマスタウン♡会場はまるでスイーツタウンに! 「これが本当にスイーツ!?」と思うような お菓子で作られたアート作品が、 たくさん並んでいました!街や花、ドレス、アクセサリーなど、 和風なものから洋風なものまで いろんなデザインのスイーツが♪♪メインはクリスマスキャンディーツリー★今回の「スイーツアート展」のメインオブジェは 『クリスマスキャンディツリー』❤︎本物のキャンディを使ったクリスマスツリーで、 ペロペロキャンディーなどで装飾され、 かなりポップなツリーに♡♡入場は無料!! 場所は、帝国ホテル本館地下1階にある、 帝国ホテルアーケードです! 入場は【無料】なので、おすすめです 〜! 【No.576】*Ayane* Instagram料理専用Instagramはこちら★モアハピ部 No.576 *Ayane* のブログ
関連キーワード

RECOMMEND