かわいいだけじゃダメかしら #深夜のこっそり話 #1047

SPUR.JP

ファッションサーキットも佳境に入り、パリコレの速報が連日ニュースを彩ります。パリ時間の今夜、9月29日発表発表されるエディ・スリマンによるセリーヌのデビューコレクションも気になるところですが、その前に大いに話題を集めたのが、マリーン・セルのコレクションです
LVMHプライズでグランプリを受賞し、次世代のパリを牽引するライジングスターのマリーン・セル。見事な秋晴れの空を背景に、今季ランウェイでモデルたちが身に纏ったのは「ハードコア クチュール」と名付けられた1点ものの作品。それぞれ古着のTシャツやワークウェアなどを再利用し、見事なイブニングルックへを昇華されています。
リメイク自体は新しいことではないのですが、シグネチャーである「クレセント ムーン」との合わせ方を含め、ぶっちぎりでかわいい。しかも、かわいいだけじゃなく環境にも優しいときた。これって、すごく今っぽいなとしみじみ思うのです。
エシカル思想と聞くと、どうしても押し付けがましく聞こえてしまうのが悲しい現状。しかし、マリーンのクリエイションからは、そんな堅苦しい印象は皆無。むしろリサイクル、もといアップサイクルって、めちゃくちゃかっこいいことなんだと力説されているような気分にすら陥ります。
一連のエシカルムーブメントが、一過性のトレンドで終わるのか、ファッション業界の常識を根底から覆すのかは現段階では分かりませんが、マリーンのエネルギッシュなショーの動画を見ながら、新世代の幕開けを感じ取るのでした。
ちなみにエシカル思想のデザイナーといえばステラ・マッカートニーが有名ですが、今季秋冬ではジバンシィやアルマーニ、ヴェルサーチといったビッグメゾンもファーフリー宣言をしているので、店頭で並んでいる商品のほとんどがフェイクファーとのこと。ぐっと気温が下がり、秋冬の洋服を本格的に品定めするこの季節。エシカルかつかわいいって、無敵じゃないですか?

>>ぶっちぎりでかわいい、マリーン・セル春夏

>>SPURエディターズの現地レポートもどうぞよろしゅう

エシカルファッションといえばステラ・マッカートニー。秋冬ランウェイで登場したテディベアコートが気になります。というか背景に見切れてるフロントローの人のフェイクファーコートもかわいい。Photo by iMAXTREE/AFLO

クレア・ワイト・ケラーによるジバンシィ秋冬コレクションは、地球に優しい80sスタイル。レオパードプリントがワイルドなこのコートは、妄想の中で何度も試着しました。Photo by iMAXTREE/AFLO

名付けて「ザ・フェイクファーズ」。一番右、アドゥ・アケチが着ているミックスマテリアルのコートは、日本の展示会でも着ましたが、まるで本物の毛皮のようなリッチな素材感に目を奪われました。お値段約60万円。Photo by iMAXTREE/AFLO

グッチも秋冬からファーフリーにシフト。クラシカルなデザインのコートのルックも、もちろんエコファー。オーガンザのガーメントも是非合わせたいところですが、こちらは残念ながら参考商品とのこと。Photos by iMAXTREE/AFLO

関連記事
  • 先日、久しぶりに上野にある国立科学博物館に行ってきました。目的の特別展「大哺乳類展2-みんなの生き残り作戦-」も休日の親子連れに交じり、大いに楽しんだのですが、日本館1階にあるミュージアムショップで想像以上にはしゃいでしまいました。ちょうどその時期に開催されている展示会に合わせたオリジナル商品も展開されているのですが、博物館らしい化石や鉱物などの実物標本、中学時代の化学の実験ぶりに見たビーカーやフラスコなどの器具も並んでいて、一緒に行った友人と懐かしい!と、盛り上がりました。星座の早見表は今でも欲しいと思ったくらいです。さすがに自室を実験部屋にするわけにはいかないので、購入を断念したのですが、どうしても諦められず、買ってしまったのがこちら。 「スペース・フーズ」シリーズです。こちらの商品は実際に宇宙飛行士が宇宙で食べているものではなく、宇宙食と同じ、フリーズドライ製法で作られた商品。宇宙に行けなくとも、気持ちだけは宇宙気分を味わえるなんて、素敵すぎるのでは……!と思いました。ロマンがありますよね。ラインナップも非常に面白く、いちごアイス、プリン、ストロベリーショートケーキ、チョコレートケーキを購入(甘いものばかりですね)。可愛らしいイメージの「いちごアイス」のパッケージが今まさに打ち上げられようとするスペースシャトルというシュールさにやられました。勢いがすごい。おやつ系だけでなく、チキンライスなどの食事系も充実。とにかく面白いので、友人に一つプレゼントしたところ、やはりパッケージが面白いようで、かなり盛り上がります。そして、気になる中身がこちら。 移動中に割れてしまったのですが、色は確かにいちごアイスそのもの。食感は乾燥したマシュマロ。舌にのせると、ふわっととけます。味はどこか懐かしい、いちごアイス。アイスクリームとはかなり感触が違うので、最初は違和感があるのですが、食べていると癖になってくるので不思議です。地上とは異なり、食事のメニューに制限がある宇宙空間にいる自分を妄想しつつ、食べるとより楽しい! 袋から出てくる食品が自分のイメージとどれくらい差があるのかを考えるのもワクワクします。プレゼントに添える、「おもしろ枠」としてもぴったりだと思いました。次回はたこ焼きにチャレンジしてみようと思います。
  • 3年前に購入したプリーツスカートは、UNIQLOで2990円でした トップスは、デプレのもので、全く違うブランド(メーカー)ですが、同じモーヴピンクなのでセットアップ風に見えて、少しかしこまった席にも持ってこいです今季は、リネン素材のセットアップもトレンドですよね 雑誌で見たフレイアイディーの赤みブラウンのアイテムが気になっています 早くお店に行って生地の風合いや丈感を見てみたくてウズウズ最近、一目惚れしたサンダルもクローゼットに仲間入りしたので、また紹介させてください♡トップス:DES PRESS スカート:UNIQLO パンプス:PELLICO バッグ:GIANNI NOTAROInstagram やっています☆スーパーバイラーズ 菊地実李のブログ
  • コスパ抜群なトレンドアイテムがラクラク手に入るECサイト。その中でも、インスタでファンを増やし立ち上がった個人発ブランドが今アツいんです。今回は、着心地や質にこだわったシンプルデザインが評判の「manon fripes(マノンフリップ)」をご紹介します。おしゃれバイラーズが立ち上げたカジュアル上手なmanon fripes(マノンフリップ)“マノンが大切にしている一着”をテーマに、スーパーバイラーズのおしゃれ上手・石上美鈴さんが友人とスタートしたブランド。着心地や質にこだわって洗練シンプルを追求しているそう。◆https://manonfripes.shop-pro.jpディレクター・デザイナー 石上美鈴さん(@m__s_zzz___)ディレクター・デザイナー @amy102_happyさんディレクター・デザイナー @1102izuminさんQブランドを始めたきっかけは?シーズンごとにたくさん洋服を買い足しても、結局着ているのはほんの少し。可愛くて着回せて、ずっと大事にしたいお気に入りの服が欲しいと思ったときに、“自分たちで作る”という選択肢を考え出しました。Qファンの方のうれしいエピソードは?新アイテムを販売するたびに必ず購入し、少しずつワードローブをマノンでそろえてくださっている方がいらっしゃり、お届けのたびにうれしいメッセージを送ってくださいます。サーマルは累計500枚!体からつかず離れずで女らしく着られるサーマルは、前後どちらを前にしても着られる2way。サーマル¥9800/マノンフリップ2型のデニムは発売数分で完売デニム(参考商品)/マノンフィリップ再販を重ねて1000本売れを記録デニム(参考商品)/マノンフィリップ撮影/さとうしんすけ スタイリスト/門馬ちひろ ※BAILA2019年6月号掲載
  • ハンナ・ウェイランド(「Shrimps」デザイナー)&アーサー・ギネス(「ギネス」社後継者) from WILTSHIRE Hannah Weiland & Arthur Guinness 学生時代にブリストルのパブで出会い、ベネチアでプロポーズ。そんなふたりが結婚パーティの会場に選んだのは、英国南西部ウィルトシャーにあるハンナの一家が所有するベルカム・コートの広大な庭。人気ブランドの若手デザイナーとギネスグループの御曹司カップルということもあり、ピクシー・ゲルドフやローラ・ベイリーなどゲストの顔ぶれも華やかだ。300人の招待客を迎えるマーキーテントのデコレーションから料理、ライブ演奏まで、すべては新婦ハンナが信頼を寄せる友人・知人たちの手によるもの。庭のコテージを、新郎アーサーの名前をつけた一夜限りのパブ「アーサーズ・アームズ」に改装してしまうなど、スペシャル尽くしのパーティとなった。 バラが咲く英国庭園。パーティが行われた6月は一年でいちばん美しいシーズンリリー・ヴァニリの4 段レイヤーのウェディングケーキ。トップにはふたりと愛犬の飾りが自身がデザインしたウェディングドレスはヴィクトリアン・スタイル。大切な思い出の場所や動物のイラストが手刺しゅうされている赤いバラがハンドプリントされたシュリンプスのドレスを着たブライズメイドたち。「私のミドルネームがローズだから」とハンナラスティックなムードで装飾されたマーキーテント。あえて不揃いのアンティークのカトラリーを選ぶなどテーブルセッティングにも空間プロデューサーマチルダ・ゴードのこだわりが詰まっているアクセサリーはシュリンプスのビーズバッグとサンローランのレオパードサンダル。新婦の亡き祖母がレオパード好きだったそう
  • キム・ヒギョン(「グラウンドプラン」副代表&「バガジモリ」モデル)&キム・ギバン(俳優) from SEOUL Heekyung Kim & Kibang Kim ファッションブランド&コスメブランドに関わる新婦と、さまざまなドラマに出演する人気俳優である新郎が式を挙げたのは、ソウル市内の南山(ナムサン)の上に位置するラグジュアリーホテルのプール。「屋外ウェディングでも、プールで式を挙げることはまだ珍しく、当日の天気などのリスクもあり、心配もありましたが特別な式にしたいと思い準備を進めました。前日まで雨でとても寒かったのですが、式当日はそれまでが嘘のように天気もよく、暖かくなりました」 午後5時頃から挙式、その後同じ会場でゲストたちとパーティを。刻々と変わっていく夕暮れ時の空と、ソウル市街の夜景も相まって、とっておきの一日となった。 リングは清潭洞(チョンダムドン)のジュエリーショップにオーダー。これから、ふたりがいつでも同じ方向を向いて歩いていくように、という意味を込めたそう式のドレスはオフショルダーがデコルテを美しく見せる「Costarellos」で。ドイツ生まれのデザイナーが手がけるパーティでは一転、キュートなミニドレスで乾杯!
  • ジェヨン(「キムチョンギョンヘアフェイス」ヘアデザイナー)&チョン・ボムジュン(インテリアデザイナー) from SEOUL Jaeyoung & Bumjun Jung 「ヘアとインテリア、ジャンルは違いますがデザイナーという同じ職業のせいか、趣味や好みなど共通点が多かったんです。猫が好きなところも!」と言うふたり。知人の紹介で出会い、4年の交際ののち「忙しいお互いの仕事もちゃんと認めて信頼し続けた」ことが決め手となり結婚することに。ブライダルの仕事も多い人気ヘアデザイナーの新婦だからこそ、自分の式のときもドレスよりヘアスタイルにこだわったそう。「ヘアもメイクアップも、時がたっても違和感なく、上品なイメージを目指しました」。パーティでは知人である韓国の芸人が祝辞を担当。愉快なスピーチで、会場の雰囲気を盛り上げてくれたことも大きな思い出になったそう。 伝統衣装を着て両親や親類に挨拶をする、トラディショナルな婚礼セレモニーも実施したパーティのドレスはジェニー・パッカムのもの韓服(ハンボク)を着たお母さまとの記念写真
  • ラクしておしゃれ、価格もリアルな優秀パンプスコーディネートのスパイスとして取り入れたいきれい色は、シンプルな形になるほど古くさく、幼く見えがちなので選び方が重要。トレンドかつ色の強さをやわらげてくれるスエードは大本命、太ヒールやバックルなどお茶目に仕上がるレトロ風も狙いめ。■Le Talon今季特に豊富なブルー系。淡いサックスブルーなら女らしさもほんのり。¥8,800(5.5)/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン)■Le Talon GRISEパンツからチラッと見せるのが大前提。ならばヒールは適度に太く、すそに埋もれないほうがいい。¥9,800(5.5)/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ) ■Le Talon日本人の肌色と最もなじみやすいコーラル。¥7,800(5.5)/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン)■WA ORiental TRaffic売れすじのミドルヒールパンプスに仲間入りした、新色のピンク。オンラインストアにかぎっては11サイズから選ぶこともできる。¥4500(5.5)/ダブルエー(ダブルエー オリエンタルトラフィック)■Le Talon GRISEすっきり見え、ひいては大人っぽさにもつながるVカット。ゴムストラップで脱ぎ履きもラク。¥9,800(4.5)/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ) ※( )内の数値はヒールの高さで、単位は㎝です(編集部調べ)【Marisol5月号2019年】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ モデル/五明祐子 取材・文/伊藤真知
  • 『ミークチュール』春夏展で副編Yが気になったアイテムをご紹介!丈の長いスカートに慣れた目に新鮮なキュロットパンツ。こちらは『ミークチュール』の春夏展で撮ったものです。もう少し長め丈のパミューダパンツもですが、今季提案するブランドが増えているようです。そろそろ蒸し暑い季節が近づいてくると、たまには脚を出す着こなしもいいかな、という気持ちになってきますね。展示会ではほかにもフローラルプリントのオールインワンや、人気上昇中のレーシーなタイトスカートもありました。やわらかな色合いで、全体的に甘く可愛らしいアイテムが多いのですが、今季はこういったアイテムに足もとをスニーカーにしたりベースボールキャップをかぶってカジュアルさを足した着こなしもおすすめです。すでに売り切れてしまっているアイテムもあるかもしれません、サイトやショップでチェックしてくださいね!『ミークチュール』の詳細はこちら>> 副編Y MORE編集部ファッション担当。MORE公式インスタグラムで展示会レポートを担当し、各ブランドの最旬情報を発信。きれいなものと、おいしいものの情報量はまるで歩くグーグル!
関連キーワード

RECOMMEND