弾丸だけど極楽! 「都会のリゾートステイ」を満喫しに、2泊5日バンコクひとりっぷへGO!

SPUR.JP

サワディー・カー! 1年半ぶりにバンコクへ出かけてきました。出発1か月前にふとダメ元でマイレージ席を検索したところ、意外にも取れるとわかり、 奇跡!!こりゃ行くしかない!と旅立ちを即決!
ひとりっPがいつも利用するバンコク便は、行きは深夜に羽田を出て早朝バンコク着、帰りも夜9~10時台にバンコクを出て翌早朝に羽田帰着というスケジュール。移動が往復とも夜間なので無駄がなく、3連休を利用の場合、ほぼフルフルで3日間バンコクをエンジョイできるんですよ~。今回は土日にプラスして金曜に有給を取り、木曜深夜発月曜早朝帰着の2泊(&機中2泊)5日でレッツゴー!

ひとりっPがバンコク旅で最重視しているのがホテルです。「素敵ホテルにステイして夕暮れまではホテル内に引きこもる」のが、ひとりっP的バンコクでの過ごし方。なので弾丸2泊5日で出かけることがほとんどですが、かなりリラックス&リフレッシュできます。40回くらいリピートしているので、観光にあくせくしたりももはやナシ。『今日も世界のどこかでひとりっぷ』にも書きましたが、バンコクは大都会なのに、高級ホテルの値段が世界の中でも手ごろ=高いホテルほどコスパがいいんです。なので、香港や台湾では1泊1万円前後のホテルに泊まるひとりっPですが、「バンコクでは素敵ホテルに滞在。日中はプールサイドでのんびり&ときどきホテル内SPAへ。日が暮れはじめたら外出」という”都会のリゾートステイ”を満喫します。

そんな今回の引きこもり先は、「パーク ハイアット バンコク」。何年もずーーーーっと気になっていたのですが、工事の遅れなのか、なかなかオープンせず。が、ついに2017年5月にオープンしたと聞いたときから、次回のバンコクでは絶対泊まる!と決めていました。さすがにパーク ハイアットだけにお値段はバンコクのホテルの中でもトップクラスでしたが、「よく働いた自分にごほうびだから!」と自分で自分に言い聞かせ、ホテル内SPAもHPから予約完了。

【木曜夜、仕事を終えて直接羽田空港へGO!】
木曜23時すぎに羽田空港に到着。行きのフライトは羽田発深夜0時55分の全日空便です(なので厳密には2泊4日ですね)。 

事前のWEBチェックインの時点でこの日の搭乗ゲートが148番とわかり、が〜〜ん! どんづまりです。140番台のゲートの時だけは、普段より余裕を持って搭乗口へ向かいます。ほんと遠いんですよねえ、140番台ゲート。中央出国口から148番ゲートまではなんと500m! いちばん遠い141番ゲートの場合はびっくりの700m!! 歩くエスカレーターがあるとはいえ、結構な距離です。

深夜発につき、離陸後、即爆睡。でも食い意地張ってるので、機内食は絶対に気配を察知して起き、食べます。ただしデブ化防止、かつ、お腹にもたれないよう、フルーツ食を事前オーダー。全日空便の場合、ボックス(もしくは袋)入り軽食とトレイにのったちゃんとした食事の2回出ます(もちろん2回とも食べます)。

 

【どうする!? バンコクでの賢い両替術問題!】

夏場につき所要約5時間半で、まだ夜明け前、朝5時のバンコク、スワンナプーム国際空港到着です。

こちらの空港、じつは入国審査に非常に時間がかかるのが難点。早朝にも関わらず、1時間かかったこともあります。なんと有料(!!)でファストレーンを通るシステムがあるくらい。なので、降機後は早足で審査場へ向かうようにしています。が、今回は到着便のあまりない時間帯だったらしく、奇跡の10分で審査終了。やったーー!!  ちなみに、タイ人用、外国人用以外に、中国人用レーンがあります。間違えて並ばないようご注意を。

入国後、手持ちのタイバーツがあまりなかったので(リピートしている国の通貨は、滞在時に残ったらそのまま持っています)、ここのところのひとりっぷで大活用中のデビットカードでのタイバーツ引き出しにトライ。が、なんと!! タイではデビットカードやクレジットカードによる現金引き出しに、1回につき220バーツ(約800円)もの手数料がかかると判明! あまりの高額ぶりに、「ん?22バーツ??」と思ったのですが、よくよく見ると220バーツで驚愕! もちろん引き出しは中止。その後、市中のいろんな銀行のATMでトライしてみましたが、どこも同じでした。というわけで、みなさーーん!! タイではどうやらカード利用によるATMでの現金引き出しには高額の手数料がかかります! ちなみに、空港の両替所の両替レート(空港内のどの店もほぼ同じです)は市中に比べて悪いです。この日のレートを見比べたところ、1万円を両替した場合、空港は街中のレートの良い両替所よりなんと200バーツほど(約800円弱)少ない!! これじゃあATMに高額手数料を払うのと同じです!  屋台の麺なら4〜5杯分! 空港内の支払いではどの店もカードが使えるし、市内へ向かうのもシェアライドカーを使えばクレジットカードチャージなので、タイバーツなしでも乗り切れます。市内に出てからの両替でも問題なし。両替所は繁華街ならそこら中にあります(ただしレートは微妙に違うので、何軒か見比べるのをおすすめします)。でも、到着後すぐタイバーツがないと不安、ということでしたら、空港での両替は3000円程度に留めることをおすすめします。つまり、「タイバーツへの両替は、市中の両替所にて日本円の現金から両替するのがベスト。空港での両替は最小限に。少額両替のために1000円札持参もお忘れなく」ということです。


【夜明けまでは空港内カフェでまったり】
スワンナプーム空港は、到着階である2階にはあまり店もなく、ほとんどのショップやレストランは3階にあります。出発階は4階です。

完全24時間空港なので、私はいつも夜が明けるまでは3階へ行き、カフェでまったり休憩するか、得意技の空港睡眠です。待合椅子(これも3階にあります)に座った状態でネックピローして寝ています(さすがに横にはなりません。貴重品が心配なので)。実際、ご覧のように寝ている旅行者も結構いて、危険な雰囲気はないです。ただし、日本ではないので、しつこいですが貴重品の管理はきっちりしつつの仮眠です。

  

休憩するカフェは前回まではスターバックスを愛用していたんですが、今回、この1年半の間にオープンしていたディーン&デルーカへ。こちらのほうが明るくて雰囲気よし。空港ビルはとにかく長〜〜い(長すぎる!!)造りになっています。なので、3階にはほかにもタイ料理店を中心に結構な数の飲食店が入っていますが、どのレストランも物価がむちゃくちゃ高いです。パッタイ(タイ風焼きそば)がひと皿1000円以上とか驚愕! 東京以上か! なのに大しておいしくないという。じつはビル1階にローカルプライスの庶民的フードコート(24時間営業)があるんですが、空港でわざわざ行かなくてもいいと思っているので、空港での食事は控えて、カフェのみに。ちなみに、スタバもディーン&デルーカも、市中の店より高い値段設定にはなっていますが、パッタイほどの価格差ではないです。

 

【空港~ホテル間移動はGrabを利用!】
ついついディーン&デルーカで長居をしてしまい、すっかり夜が明けて、気がつけば8時! アラヤダー!とホテルへ向かうことに。

以前はUberを利用していましたが、現在タイではUberは撤退し、Grab Taxiのみがサービスを提供しています。なので専用アプリ(日本での事前ダウンロードをおすすめします)でGrabカーを手配。自分がいる出口番号を指定して待つこと7〜8分でやってきました。Grabアプリは、だいたい直感で使えますが、使い勝手はUberアプリのほうが上だなあ、と今回実感。


 そしてこのあと、ひとりっP、8時まで空港にいたことを大後悔!! この日は金曜で平日だということを忘れていました(ずっと土〜月の3連休で来ることがほとんどだったので)。そう、朝の大渋滞にハマってしまったんです! 空いていればホテルまで30分で行けるのに、この日はなんと1時間半!! ぎゃ〜〜〜(滝涙)! まあ、逆にメーター式のタクシーじゃなくてよかったです、、、 「バンコクでは朝7時には空港を離脱!」を今後は徹底します!

   

【「都会のリゾートステイ」の拠点へ!】

そんなこんなで朝9時半過ぎにパーク ハイアット バンコクに到着。バンコク市内中心部、BTSスカイトレイン「プルンチット駅」目の前にある複合高層ビルの上層階部分がホテルになっています。

これはタイに限らずですが、海外のホテルでは、チェックイン時間より前でも、部屋が空いてさえいれば無料でアーリーチェックインをさせてくれる場合が多いです。なので私は現地に超早朝着だとしても、夜が明けたら、とりあえずホテルへ向かいます。今回もすんなりチェックインさせてもらえました。


初めてのホテルなので、どんな部屋なのか期待と不安でドキドキしつつ部屋へ。 果たして、足を踏み入れた部屋は、「明るい〜〜!」。内装は、モダンであたたかみがあって、クリーン!!


窓がかなり大きく取られていて、気持ちいい〜〜! 床はフローリングです。作業デスクがスクエア型なのも広くて使い勝手がいい〜〜!


アメニティは『ル ラボ』。バスルームはかなり広々していて、シンクが2台。バスタブとは別に独立したシャワールームと個室トイレが配されています。


ふと見ると、ドアプレートがさりげなくしゃれてる〜〜〜! エスプレッソマシーンもあって、いいぞ〜〜! 居心地最高〜〜! アガります〜〜〜!
が、ひとつだけ残念だったのは、バンコクの高級ホテルなら、ほぼ日替わりで置かれるウエルカムフルーツがなかったこと。「フルーツが盛りのシーズンなのになあ、、、」と、チェックインしたらまずはウエルカムトロピカルフルーツを食べてゆっくりする派のフルーツ好きひとりっP、ちょっとがっくり。

ホテルが入っているビル自体がかなり個性的な設計になっていて、見る角度でフォルムがかなり変わります。ちなみにビル内の地下~6階までは高級ショッピングモール「セントラル エンバシー」が入っています←てのも激しくナイスなんですよ〜〜!

  

【人生にリゾートは必要です!】

 チェックイン後は、早速水着に着替えてプールへ。ひとりっP的「都会のリゾートステイ」の最重要ポイントが、このプールです。

バンコクでは日がな一日プールサイドでのんびり読書するので、とにかくプールの居心地の良さが大事! が、バンコクにホテルは多々あれど、ひとりっP的にイケてるプールがあり、かつその他の条件も満たしているホテルはじつはそう多くはないんです(その他ホテルに関しては『今日も世界のどこかでひとりっぷ』108〜109ページをご参照ください)。パーク ハイアットも、オープンすると知ったときから、プールがどうなるのかがひとりっP最大の関心事でした。オープン後のHP画像を見て、さらにトリップアドバイザーの投稿写真もチェック。「むっ!!これはイケてるっぽい!!」と、滞在を決定したくらい。そして実際に来てみて、「ここのプール、最高~~!!」。

 


ひとりっP的いいプールの条件とは、①グリーンがあること ②プール&プールサイドのデザインに動きがあること ③デッキチェアの配置に適度なプライベート感があること。以上3点なのですが、バンコクではこのすべてを満たすプールを持つホテルがなかなかないんです。大都会だけにプールが上層階にあるホテルも多いんですが、わりとシンプルな作りになっていて、①と②がダメなことがほとんど。殺風景なプールでは「都会のリゾート感」は味わえません。なので、パーク ハイアットのプールがやはりの上層階にできると聞いたときは、かなり心配しましたが、さすがのプール設計。グリーンはたっぷり、デッキチェアスペースも階段状のしつらえで立体感あり。ここが大都会バンコクのど真ん中とは思えない雰囲気です。「あ~~、有給取るため仕事を前倒しで片づけるのは大変だったけど、来てよかった~~! 人生にリゾートは必要だ!!」とプールサイドでゴロゴロ極楽満喫~~! ちなみに、バンコクはさすが大都会。宿泊客はビジネスもしくは観光に忙しいと思われ、プールはあまり混み合わないですね←っていうのもポイントです。

 

このプール、9階にあり、インフィニティプールになっています。大きさも十分。バンコクにインフィニティプールかそれに近いプールを持つホテルは多いんですが、ここまでグリーンが配されたところはおそらくないです。早速泳いでみたら「あれ!?しょっぱい!??」。なんと塩水プールでした! タラソテラピー???





インフィニティプール眼下には、大使館などが隣接している関係でたっぷりのグリーンがさらに!  キモチよさハンパないぞ~~!  

【ホテル内SPAに入り浸る】

「都会のリゾートステイ」で欠かせないのは、ホテル内SPAでのリラックス。滞在中引きこもる意味でも、ひとりっPはホテル内SPA派です。

ホテル内のSPAはさすがどこも腕に間違いがないのと、暑いバンコクではせっかくのスパなのに帰りに汗をかいてしまうのがいやだなあ~と思っていて、その点ホテル内ならさくっとプールから直行できて超らくちん! 渋滞の激しいバンコクなので、このアドバンテージはでかい!と思っています。ノーストレス! だいたいチェックイン日と翌日の2日間通うことが多いですね。1日はお得なパッケージ(スクラブ、ラップ、マッサージ含むボディケアのフルコース)、翌日はアロママッサージのみ、のSPA三昧。希望日時に受けたいので、予約は事前にしておきます。パーク ハイアットに入っているのは、タイ発のナチュラル系高級コスメブランド『パンピューリ(PANPURI)』のSPA。香りも質もよくて癒されます~~。こちらは施術後のリラックスルーム。窓の外にはバンコクの摩天楼が。

 

施術後は、このスペースで、フルーツ(ジューシーでむちゃくちゃおいしいパパイヤ!)とハーブティでしばしまったり休憩。ところで、海外でマッサージの際、どこか気になる部位があるかを聞かれた場合、ひとりっPはほんとはだいたいいつも肩がむちゃ凝ってますが、あえて「特にないです」と答えます。なぜなら。海外ではどこか特定の部位をいうと、そこだけを「もうええっちゅーねん!」と言いたくなるくらい(実際、言ったこともあります)極端に集中して施術され、揉み返しで翌日つらい、てなことになりがちと学習したから。ひとりっP的「海外マッサージあるある」です。腕のいい施術者は、こちらから言わなくてもちゃんと部位ごとに加減してくれますね。

 

【ドラマチックな夕暮れに感動!】

SPA後は再びプールへ戻り、読書をしたり、昼寝をしたり。だんだん夕暮れが迫ってきました。ふと、「あれ? ここ、高層階だし、夕焼けが見れるのでは??」と思い、普段は夕暮れ前には活動を開始、外出するのですが、そのまままったりしていたらば!!

赤い~~!赤いです~~~!! ドラマチックな夕焼けが!!!残念ながら夕日自体はビルの陰になって見えませんが、十分赤い~~~!

さらに! ふと見ると、ホテルに隣接するビルに夕焼けが映り込んでいるではないですか!! 「きゃ~~~!! きれいすぎる~~~!!」。夕焼けを堪能しまくれました。パーク ハイアット バンコクのプール、ぜひ、夕暮れまでのステイをおすすめします!


■Park Hyatt Bangkok

www.hyatt.com/ja-JP/hotel/thailand/park-hyatt-bangkok/bkkph

 

【高級ホテルこそ朝食ビュッフェ! 爆食いフルコース大公開!】
「素敵ホテルこそ朝食ビュッフェ」というのもひとりっP的旅の法則。ビュッフェの質はホテルのレベルに比例するんです。なので、せっかくビュッフェを食べるなら、いいホテルに限ります。とくに南国タイの場合、トロピカルフルーツが大充実!! これが楽しみなんですよね~。
というわけで、弾丸バンコク旅の朝は、6時ごろに起きてまずはホテルのジムへ(パーク ハイアットでは、ジムは24時間オープン)。ここで30分~1時間ほどウォーキングののち、いったんシャワーを浴びて朝食レストランへ。ひとりっPは、ビュッフェはテーマごとに取ってきて食べます。朝から「爆食い」。たっぷり1時間半くらいかけてフルコースです。おかげでお腹いっぱいすぎてランチいらず。夕方までプールにいられます(プールサイドで食事のオーダーもできますが)。そんな爆食いブレックファストの全貌をご紹介!

【ユニークな個性派続々! タイブランドが楽しすぎる!】
さて、日が暮れたあとに毎晩なにをしているかというと。
タイ発ブランドのショップパトロールに出ています。日本ではほぼ知られていないブランドが大半ですが、これがなかなか面白いんですよ~~。タイならではの、とにかく陽気で明るいテイストのブランドが多くて、しかも唯一無二なユニークな個性あり! というわけで、ひとりっPが気に入っているタイブランド&バイイングアイテムをご紹介します!

真っ先に出かけるのは、サイアムスクエアにあるショッピングモール「サイアムセンター」。ここの3階にタイブランドのショップが集中していて、イッキに見られるんです。

まずは『Wonder Anatomie』。飛び出す絵本みたいな3Dアップリケモチーフがシグニチャーのブランドなんですが、今季は型紙プリントがモチーフに。こちらのショップスタッフの方は、なんとデザイナー氏のお姉さんだそう! 彼女が着ているシャツが今季の型紙シリーズです。このお姉さんが本当に親切で、お店に行くと毎回、一介の旅行者のひとりっPにお水やのど飴を出してくれるという、ほんわかしたアットホームさも最高です。今回、Tシャツ、ブルゾン、デニムなどなど、かなりの爆買いをしてしまいました、、、
www.wonderanatomie.com/


サイアムセンター内のタイブランドセレクトショップ『THE WONDER ROOM』も要チェック。こちらは『DRYCLEANONLY』。リメイクが特徴のブランドで、古着にあれこれ手を加えています。このTシャツ、よく見ると、袖の部分は別のTシャツの襟ぐりをドッキングさせていて、着ると肩が出てさりげなくセンシュアル。しかもビジュー付き! ミックス感が絶妙~~! と即決バイイング。このショップにはほかにも、小物ブランド含め魅惑的なタイブランドがわんさかあるので、おすすめです! えーと、じつはこのショップでもかなりの爆買いしてしまいました、、、
drycleanonlybkk.com/

同じくサイアムセンター内に大きめのショップを展開している『SODA』。タイモチーフのアイテムいろいろで、これまた大コーフン! このトップスは、ショップスタッフの女性が着用していて、「ええ!?むちゃかわいいんですけど~~!!」と即決買いのトップス。ひざ丈くらいあるので、ワンピースとしてもチュニック風にも着られます。なんといっても、ゾウ! 蓮の花!! タイ文字!!! 最高すぎる~~!!

sodabkk.com
 


■SIAM CENTER
989 Rama 1 Rd. Pathumwan, Bangkok

そして、近頃欧米でも注目度急上昇中のバッグブランド『BOYY(ボーイ)』。モントリオール出身とバンコク出身のふたりのデザイナーによるブランドで、フラッグシップストアがデンマークとバンコクにあります(バンコクには計4店舗あり)。ビッグなベルト&バックルがシグニチャー。バッグのほか、シューズ、サングラス、スカーフなども展開。こちらのスモールサイズのバッグは、バックルベルトの存在感と、持ったときの自分の身長とのバランスの良さ、そして最後はショルダーストラップ付きというのがキメ手で購入。が、お値段もそれなりにするので、じつはかなり迷って、ショッピングモール内をひととおり回る間にもんもんと考えて、最終的には買ってしまいました。

www.boyybag.com/



バンコクのショッピングモールはだいたいどこも夜10時までオープンしているので、夕方からの活動開始でも十分堪能できるのがいいんですよね~~!

  

滞在中は、偶然にもバンコクのファッションウィーク真っ最中。知り合いのツテでひとつだけ見たランウェイは『Everyday Karma Kamet』。雑貨&カフェからスタートして最近アパレルも手掛けるようになったバンコク発のライフスタイルブランドです。ちょっとした楽しいアレンジが効いたリアルに着られるデザインが揃っています。こちらもサイアムセンターにショップあり。

everydaykmkm.com

【バンコクの最新はショッピングモールにあり!】
暑いバンコクでは、ショッピングモールがほんとに助かります。どこもだいたい夜10時までオープンしているし、飲食スペースやスーパーマーケットもかならず入っているし、弾丸旅には本当にありがたや~~!  そして、モールだからといってあなどれないのがバンコクです。ここ数年で新規・改装含め、次々と話題のモールがオープンして、活況は止まらない感じなんですが、日本どころか欧米のモールもなかなか真似できないだろうというくらい、最新の革新が詰まっているところが多いんですよ~~。

こちら、『CENTRAL EMBASSY』内6階にあるブック&カフェ&レストランスペース。なんとフードコート式で、何軒かある飲食店の中から好きなメニューをオーダー、自由に座れます。まずインテリアがおしゃれ! 自然光たっぷり!  本も扱っているのに、コーヒーだけではなく食事までできるとは! いわば「ライフスタイルフードコート」?← 新しい~~!! なにがうれしいって、ひとりでもソファ席に座れること! 普通の店だと、ひとり客をソファ席にはなかなか座らせてくれませんが、こちら、フードコート式(しかもわりと空いています)なので、好きなソファ席を選びたい放題!! すばらしい~~!!

この日のマイメニューは、ヴィーガンレストランでオーダーした、大好物のヤム・ソム・オー。ポメロ(さっぱりした甘さの大型柑橘類。日本の文旦はこの仲間ですね)のサラダです。日本ではポメロが入手困難につき、まずお目にかかれないけれど、タイでは超ポピュラーなメニューで、ひとりっPの大好物。お皿もかわいい~!

 

窓の外にはバンコク摩天楼。この『CENTRAL EMBASSY』の上にパーク ハイアットが入っているんですが、なんとこの6階には、ホテルからエレベーターが直結! 便利~~! すばらしい~~! 朝10時のオープンから夜10時の閉店まで、飲食もよりどりみどりなので、一日中いられます。読書カフェにもぴったりです。しかもメニューのお値段もほどほど(スワンナプーム空港より安い!!)。このフロアには、独立した店舗スペースを持つレストランも数店舗あって、どこもおしゃれかつカジュアルで、ひとりでも入りやすい雰囲気なのがうれしいんですよね~~。選択肢はよりどりみどり!
 

そして、『CENTRAL EMBASSY』ではもうひとつ、地下にあるフードコート『Eathai』内に必食絶品メニューが。それがこちらです。パームジュース。ココナッツシュガーから作った、香ばしいけれどクセのない甘いジュースなんですが、いやもー、これは「飲んでみて!」としか言えません! 滞在中毎日飲んでしまいました。そして、これが飲みたくて、またバンコク行きます!
 


■CENTRAL EMBASSY
1031 Phloen Chit Rd, Pathum Wan, Bangkok

もうひとつ、2017年にオープンした『GAYSORN TOWER』もなかなか楽しいモールです。タイ発のライフスタイル系ショップや新進タイブランドが入っていて、パトロールのしがいあり! 『BOYY』のフラッグシップストアもここにあるんですが、ショップに併設されたカフェ『BOYY&SON CAFE』がかなりいいんですよ~! さすが内装がキュートでユニーク! なんとボックスシート席には、こんなガラスでできたサカナが! ケーキは、お店のおにいさんイチオシのココナッツケーキです。正直、「えーー、ココナッツ~~!??」と思いながらのオーダーだったんですが、ひとくち食べて、「こ、これは、、、!! おにいさん、疑ってすみませんでした!!」と思わず心の中で謝罪! 見た目に反して、ケーキ生地はキメ細かくしっとりかつふわっふわ。そしてなんといっても感動したのが、フレッシュココナッツ果肉が入っていること! さすがタイ!! つるんとしたココナッツの果肉とスポンジ生地とのハーモニーが最高〜〜!! 

 

ちなみに、タイでもカフェブームは絶賛進行中。そして、どのカフェにも必ず、英語を流暢に話せるスタッフがいるんです。日本じゃこうはいかないよなあ~、とほんと感心します。

 


■GAYSORN TOWER
127 Rachaprasong Rd., Khwaeng Lumpini, Bangkok

【バンコクにもリノベブーム到来!?】

ずっとホテルに引きこもり気味でしたが、さすがに最終日、ホテルをチェックアウト後は、街のパトロールに精を出します。

なんとチャオプラヤー川方面におしゃれなリノベスポットができていると聞き、「ええ!?バンコクに!? リノベ!?? そりゃチェックだわ!」と、やってきたのがこちら『WAREHOUSE30』。元倉庫だった建物をリノベーション。カフェ、ライフスタイルショップ、デザイン事務所、SPAなどなどが入っています。場所は、ロイヤルオーキッドシェラトンのすぐ近く。

 

こちらカフェ。インダストリアルな内装デザインです。

 

倉庫の扉にはこんなアートが。

タイ発のナチュラルコスメブランド『erb』のSPAもあります。「施術スタッフがゴットハンド揃いだから!」とバンコクに詳しい友人に言われ、SPAはホテル派のひとりっPですが、チェックアウト後なら行ってもいいかも、と最終日にフェイシャルの予約を入れました。こちらはタイマッサージのスペース。さすがおしゃれ!
 

フェイシャルやボディの個室。お店全体に使われている花のランプシェードがかわいい~~!
そして、たしかにゴッドハンドでした! ううーーん、次回はタイマッサージを受けてみようかなあ、、、

 

『erb』はパッケージやショップの内装も、独特のロマンチック&ガーリーなテイストが特徴のブランド。SPAもロマンチックガーリーにタイらしいナチュラル感がプラスされています。こちら、SPAのスタッフのみなさん。ひとりっPを担当してくれたのは、右端のダーさんです。顔にピタッと密着する肉厚な手が最高でした!

■erb SPA

WAREHOUSE 30 Charoen Krung Rd., Bangkok

 

【タイ出国時にやるべきこと】

最終日の街中パトロールを終えたら、いったんホテルへ帰ります。荷物をピックアップするためだけではありません。バンコクのある程度のレベル以上のホテルでは、チェックアウト後空港へ向かう前にシャワーを浴びさせてもらえるんです。たいていは、SPAやジムに併設されているシャワールームを使わせてもらえます。リッチホテルだとサウナやジャクージ付きのことも多いんですよ~。さっぱりスッキリして、手配したGrabカーにて20時に空港へ向けて出発。今度は渋滞なく30分弱で到着です(ほんと、行きの所要1時間半は大失敗だった、、、)。

タイ出国時に忘れてはいけないのが、タックスリファンドの手続き。出国前にカウンターで申請書類にスタンプをもらう必要があります。ひとりっP、これをうっかり忘れて出国してしまい、涙をのんだことが数回。ちなみに、VATリファンドは1店舗で1日に2000バーツ以上買うと対象になり(ただし、総合計額が5000バーツ以上の場合のみリファンド可能。これ以下だと手数料を引かれるとマイナスになるためだと思われます)、約7%が返ってくるんですが、お店によって対応が違います。

①店で書類を作成してもらう場合(パスポートの提示を求められることがほとんど)。
②そもそも店がVATリファンドシステムに加盟(?)していないため、書類作成不可=リファンドは受けられない場合。 
③店で購入の際、パスポート提示により、支払いの段階ですでに免税価格に。空港での手続きは一切不要の場合。『BOYY』がこれでした。

③は今回初めて体験! あたりまえですが、便利ですねえ~!

 

出国後(手荷物検査場が混み合うので要注意)、VAT払い戻しカウンターへ。ひとりっPはリピーターなのでもちろんタイバーツの現金で受け取ります。そののちゲートへ向かうんですが、再び言いますが、スワンナプーム空港、ほんっとーーーに長いんです。広いというより、ひたすら長い! しかも、案内表示がやや不親切でわかりにくい! なのに、ちょっと構造が独特!  搭乗ゲートには早めに向かうことをおすすめします。ひとりっP、何度か右往左往したことがあり、学習しました。が、いまだによく右往左往してしまいます。

帰国便はタイ航空の22時45分発羽田行き。スターアライアンス内での予約が可能なタイプのマイレージチケットだったので、帰りはより遅い時間に出発のタイ航空便を選びました。

 

羽田空港には月曜の朝6時すぎに到着。余裕で出社しつつ、帰りのモノレールから見えるこの一瞬の空港滑走路の景色がかなーり好きで、毎回ひそかにコーフンしながら見ています。
 


というように、2泊5日とはいえ、ほぼほぼ丸3日現地滞在できる弾丸バンコク。エンジョイポイントは「欲張らないこと」。「日が暮れるまではホテルのプールでのんびり、ときどきSPA、のち、夜になったらモールへGO!」といった感じで、リピーターだからというのもありますが、あくせくしない=ノーストレスな極楽ステイにつき、ほんっとーーーにリフレッシュできます。とくに日本がさむ~~い冬はその効果大!! カラダもココロも緩みます。 おすすめですよ~~!! みなさんもぜひ、Have a nice バンコク弾丸ひとりっぷ~~!!

【ひとりっPプレゼンツ!バンコクひとりっぷにあると便利㊙︎アイテム】

「都会のリゾートステイ」に欠かせないもの、それは日焼け止め。ウォータースポーツ時に私が愛用しているのは、こちらの2品です。どちらもウォータープルーフ。

顔用は、右の『ラロッシュポゼ』。皮膚科ですすめられて使いはじめたのですが、無香料で乳液タイプの軽いつけ心地、なのにウォータープルーフ。グローバル展開されているブランドなので、わりとどの国でもドラックストアやファーマシーで売られているのもありがたや〜〜。
ボディには左の『ニュートロジーナ』。日本未発売品で、私は香港で買いだめしています(※残念ながらタイでは売られていませんでした。その他の発売国は今後チェックしていきます!)。何が便利って、まずスプレータイプなこと。テクスチャーも水っぽくて、全身に塗るのに根性不要! 香りもニュートロジーナだけに香料くさくなく気になりません(ひとりっPは鼻キキ族)。しかもこちら、なんと逆さまにしても塗布できるんです! ブラボーー!! そう、ひとりでも、背中にもバッチリ塗れるんです!! なんてひとりっぷフレンドリー!!

以上2品で全身武装して、プールサイド、パラソル下のデッキチェアでゴロゴロしています。
(パラソル下でUV仕様のはおりものを羽織ったり←は海外ではめちゃくちゃダサい、というか異様に見えるので、決してやりません)

‎「Sマガ」をApp Storeからダウンロード(外部サイト)

「Sマガ」をGoogle Playからダウンロード(外部サイト)

フルーツ2皿め。ちょうどシーズンだったマンゴスチン、ランブータン、龍眼、パッションフルーツ、バナナなど。

続いて野菜の皿。なんとさすがパーク ハイアット! ビュッフェなのに、サラダは個別にグラス入り! ただ温野菜の種類がほとんどなかったのがひとりっP的には残念。ジュースは南国ならでは、大好きなフレッシュスイカジュース!

卵料理はビュッフェとは別にオーダーして作ってもらう方式。なんとエッグベネディクトもあったので、サーモンでオーダー。ボリューミー!

オーダー式メニューの中にはヌードルも数種。こちらはフォーのような米麺で美味でした!

最後にパンを。その場で鉄板で焼いて作ってくれたトーストサンドとベーグルをチョイス。ただ、ひとりっPの好物=茶色い系のパン(全粒粉パンやライ麦パンなど)がほとんどなかったのは残念!

ここでいつもならヨーグルトなんですが、パーク ハイアットでは市販のカップ入りが数種置かれているだけだったので触手が動かず。が! なんとタイのお菓子「ルーク・チュップ」が! フルーツをかたどったミニチュアお菓子でココナッツ風味の餡でできています。これがビュッフェにあるなんて! 感動~~!

関連記事
  • 結婚式のウエディングドレス・20代プレ花嫁さんへのおすすめ♪一生に一度の結婚式。ウエディングドレス選びをしている20代のプレ花嫁さんにおすすめの形やブランドは? 実際に結婚式を挙げたモアハピ部メンバーのウエディングドレスも♡ [目次] 結婚式のウエディングドレス、20代に人気の種類や形は? まるでお姫様♡『THE HANY』のウェディングドレスが可愛すぎる! 『モニーク・ルイリエ』の"candy"というウエディングドレス【モアハピ部 No.312 くくさん】 自分に似合うウエディングドレス選び【モアハピ部 No.628 かんちゃんさん】 ※それぞれ掲載時の情報です。最新の情報はオフィシャルサイト等でご確認をお願いいたします。結婚式のウエディングドレス、20代に人気の種類や形は?女子なら一度は夢見るウェディングドレス。シルエットはAライン?スレンダー? 雰囲気はゴージャス?シンプル? 肩は出す?袖付き? かなえたい条件を挙げていったらキリがない〜! じゃあ、トレンドにのっかってみるのもひとつの手かも♡ ウェディングドレスのクチコミサイト『DRESPIC(ドレスピック) 』で、テイスト別にこの1年で最も見られているのは【クラシカル】!【20代に人気のウエディングドレス】ウエディングドレスは断然「クラシカル」が人気♡©アクア・グラツィエ表参道グランドサロン 上品なレースをたっぷりと使っていたり、スカート部分にパニエを入れない落ち感のあるシルエット、ハイネックやロングスリーブなど控えめな肌見せなどなど……時代を超えて愛される、大人っぽいデザインが人気の様子♡イギリスで執り行われた、ハリー王子とメーガン・マークルさん(サセックス公爵夫人)のロイヤルウエディングの影響や、ガーデンウェディングの流行でグリーンに似合うウエディングドレス、という観点で選ぶ人が増えているため、クラシカル人気が高まっているそう。落ち着いた雰囲気のデザインが多いので、お色直しや二次会で着るのもオススメです♬【三配り嫁】って知ってる? ウエディングドレスやリング、フォトまで、2018年のウェディングトレンド大・発・表♡▲【《結婚式特集》ウエディングドレス編】トップに戻る まるでお姫様♡『THE HANY』のウェディングドレスが可愛すぎる!【20代のウエディングドレス選び】『THE HANY』の可愛すぎるウエディングドレスたち「ウェディングドレス」を見ると、ますます結婚したくなっちゃいませんか?w今日は「いつか着れたらいいなぁ」という人から、「もうすぐ着る予定!」というプレ花嫁さんまで必見の、素敵なドレスSHOPをご紹介します♪ 場所は便利な青山。オシャレなお店が立ち並ぶ一角に店舗を構える『THE HANY』です。シンプルなものから色鮮やかなカラフルなものまで多種多様なデザインが豊富な『THE HANY』のドレスたち。私自身秋に結婚式を挙げる予定なので、『THE HANY』のドレスも見てみたいなということで友人であるデザイナーの羽仁衣(ハニー)ちゃんにお声がけしました♪移転したSHOPにいくのが初めてだったので、お店がかわいくて写真を何枚も撮ってしまいましたよ〜!長い廊下を抜けるとウエディングドレスのフィッティングルーム。色とりどりの美しいウエディングドレスたちは、どれもこれも着たくなってしまう素敵なものばかり。なかでも私のオススメは、ハンドメイドでひとつひとつ丁寧に作られたお花がとってもキレイな「Monique(モニーク)」と「Papillon(パピヨン)」というウエディングドレス。背中にとまる蝶がなんとも美しく、大人の可愛さとエレガントさが楽しめます。ボリューム感のあるウエディングドレスは、360度どこからでも美しい写真が撮れてとってもフォトジェニック♪ モデルさんが着てみせてくれましたが、本当にため息の出る可愛さでした♪この他にもウエディングドレスはもちろんたーーーくさんありましたので、プレ花嫁さんはぜひ『THE HANY』でもたくさんのかわいいウエディングドレスをチェックしてみてくださいね☆まるでお姫様♡『THE HANY』のウェディングドレスが可愛すぎる!▲【《結婚式特集》ウエディングドレス編】トップに戻る 『モニーク・ルイリエ』の"candy"というウエディングドレス【モアハピ部 No.312 くくさん】【20代のウエディングドレス選び】念願のウエディングドレス『28歳、結婚式を挙げました!』ウエディングドレスは【MONIQUE LHUILLIER -モニーク・ ルイリエ-】の"candy"というウエディングドレス。トリートドレッシングで決めました!私のウエディングドレス選びは即決 笑3着試着させて頂いたのですが、1番最初に着たこの"candy"が理想にぴったりすぎて!!ポイントは3つありました。①ビーチフォトを撮影する予定だったので、太陽の光を浴びてキラキラするデザイン②家族だけの結婚式・パーティーなので、ボリュームがありすぎず距離感が近く取れるもの③可愛すぎず大人っぽすぎず、カジュアルさもあるものこれを全て叶えてくれて、本当に大好きな運命のウエディングドレスです❤️ブーケはこのウエディングドレスのイメージに合わせて手作り!イメージ通りにできてお気に入りです❤️ビーチフォトは、とにかく撮りたい写真のイメージをたくさん伝えてこだわり満載で撮ってもらいました!【くく婚】ハンドメイド・ビーチフォト・スイーツビュッフェ・・こだわりを詰め込んで❤️『28歳、結婚式を挙げました!』▲【《結婚式特集》ウエディングドレス編】トップに戻る 自分に似合うウエディングドレス選び【モアハピ部 No.628 かんちゃんさん】【20代のウエディングドレス選び】ウエディングドレス♡シルエットも色々!ウエディングドレス選びについて紹介します(^^)私はワタベウエディングさんにお世話になっています。先日衣装合わせに行ってきました*私はそれほど具体的な希望やイメージもなく(笑)、知識も全くない状態で衣装合わせに行ったのですが。。ウエディングドレスにはプリンセスライン、マーメイドライン、Aライン・・・などたくさんの種類の形があります。最初に希望のドレスをいくつか選び、気になったものを数着試着していく感じでした。①最初に着たものがこちら!チュールのスカートがかわいい、シンプルデザインです。後ろ姿のリボンが気に入りました。リゾートらしいデザインのドレスです。②2着目がこちら!かわいらしすぎるかなと思ったのですが、着ると案外良い感じ!スカートにボリュームがあって写真映えも◎な感じでした。③3着目は、自分ではあまり選ばないものを。写真で見たときはうーん。。。と思ったのですが、着てみるとすごく良い!クラシカルなレースで後ろ姿も素敵です。マーメイドタイプとAラインの中間デザインみたいです。④4着目はBEAMSデザインのドレスです。こちらは、ベースはマーメイドドレスなのですが、チュールのスカートを付けたり上にブラウスを着たりと何通りものアレンジができます。すごくかわいい!後ろ姿!ウエディングドレス、着れば着るほど迷います!笑でも、写真で見ると、うーん。。っていうものでも、着るとすごく良かったりします。なのでいろいろなタイプを着てみることをお勧めします!私もすごく迷ったのですが、デザインの好みももちろんですが、ハワイという土地柄や、写真映りや、いろいろなことを考慮して選びました。見えないからこそお気に入りの靴を履きたい!ウエディングシューズ♡私は正直なところ、靴はドレスで隠れるしなんでもいいかな~と思っていたんです。笑でも、ウエディングフォトなどを見ていると、足元だけのショットがあったり、ドレスを持って歩くときなど意外と靴も見えるんですね。それに、新たな人生の一歩となる日なので、靴選びも大切なんだと思います(*^-^*)ウエディングプランナーさんにお話を聞くと、最近は、THE ウエディングシューズ!っていうものより、普段使いもできるようなデザインのものを買う花嫁さんが多いようです。白じゃなくても、ピンクやブルーなど淡いパステルカラーを選ぶ方もいるようです!私が選んだのは、DIANAの《チャンキーヒール レース刺繍パンプス》ウエディングフォトでもたくさん歩くと思うので、歩きやすさも重視しました。レースのデザインが繊細で、とってもかわいい!きれいめな普段コーデにも使えそうなデザインです。あともう一つ、ウエディングシューズ選びに大切なのはヒールの高さです!ウエディングドレスに合ったヒールの高さを選ぶことが◎ヒールの高さによってドレスの見え方も変わってくるそうです。私は5cmヒールに合わせてウエディングドレスを作ったので、5cmヒールのデザインを探しました。ヒールで靴を選ぶのって、結構大変なんですね!履きたい靴がある方は、靴に合わせてウエディングドレスを選ぶのが良いかもしれません。【ウエディングドレス】一生に一度だからこそ!自分に似合うドレス選び大切な1日に運命の一足♡【ウエディングシューズの選び方】▲【《結婚式特集》ウエディングドレス編】トップに戻る 結婚式・ウエディング関連記事もチェック♪女子の“ウェディングドレスを着たい!”願望を無料で叶えてくれる『and photo』が最幸すぎ♡ 「リングピロー」や「ブライズメイド」・・・・・・"結婚式ワード"の言い伝えのホント、知っていますか?研究室にサッカー場!? 「世界にひとつだけ♡」のオリジナル結婚式が素敵すぎ!夢見るライターみかりんの妄想ウェディング♡  今いちばん気になる結婚式場6選!
  • 皆さん! 「東京三大鯛焼き」ご存知ですか?人形町の「柳屋」 麻布十番の「浪花家総本店」 四谷の「わかば」今回はそのうちの1つ、柳屋に行ってきました〜!行列たくさん!皮がパリッパリであんこがとっても美味しくて食べてて幸せでした〜♡(火傷に注意!笑)鉄板の上にズラーっと並べて焼かれている普通のたい焼きと違い 職人さんが1匹1匹(?)焼いているのがポイント!他の画像を見る並んでいる間ずっと見てしまいました笑食べ歩きフードどんどん開拓していきたいです〜 ‍♀️TwitterInstagramカワイイ選抜 No.08 上野瑚子のブログ
  • 全国のモア世代女子は何が好き? 何してる? そんな疑問から生まれたのがこの『あなたのアフター6、連れてって』企画! MORE編集スタッフが、飲み代を握りしめ、日本全国の女子会に潜入します!地元愛は全国No.1かも!? 悠久の日本を存分に味わえる「奈良県奈良市」の女子会に潜入♡■奈良県DATA ●県庁所在地:奈良市 ●人口:133.7万人 ●ご当地グルメ:茶がゆ、飛鳥鍋、柿 ●出身有名人:堂本剛(KinKi Kids)、ゆりやんレトリィバァ ●ヘビロテ方言:〜しやん?(〜しない?)【おすすめ女子会SPOT】『書架 花の月』東大寺の側に佇む複合店『書架』の中にある、手巻きずし専門店。約20種類もある四季折々の具材を、自分で巻いて楽しめる。SNS映えもばっちり! ◆奈良県奈良市春日野町16 ☎0742・25・2301 11:00〜16:00 不定休今回 『書架 花の月』 で、編集スタッフと女子会したのは彼女達♡(右)藤岡真衣さん(29歳・栄養士)、(左)吉田祐里さん(30歳・受付)地元女子は共感の嵐!? ご当地女子に聞いた「奈良OLあるある」【1】結婚式の引き出物は高級ラムネ?「イコマ製菓本舗の幻の高級ラムネ『レインボーラムネ』。カラフルな見た目で、結婚式の引き出物として重宝されています。入手困難なので、引き出物に入ってたらテンションUP!」(吉田さん) 【2】大仏のように朗らかな人が多い「周りの友人を見ていて思うのは、楽しく、ゆるく生きていこう! というスタンスの人が多いように感じます。怒るということもあまりなく、基本ストレスフリーかもしれないです」(藤岡さん)【3】プリンといえば「まほろば大仏プリン」「奈良でプリンといえば、『まほろば大仏プリン』の一択。昔懐かしい味で絶品。特大サイズは圧巻の見た目。夫婦喧嘩の翌日は、だんなさんが謝罪の印にと買ってきてくれることも(笑)」(吉田さん)【奈良OLイチ押し!】よく行くSPOT![ ACTIVITY ]日本一との呼び声高いパワースポット『三輪明神 大神神社』 「日本最古の神社といわれ、拝殿の奥に佇む三輪山がご神体。許可を得たら登ることができるんです! 厳しい山道ではあるけど、大自然を感じながら登る時間が心のデトックスをしてくれます」(吉田さん)。♦奈良県桜井市三輪1422 ☎0744・42・6633 ■http://oomiwa.or.jp/[ DATE ]SNS映え抜群の別世界に迷い込む『奈良祭都 金魚ミュージアム』 和風アミューズメント施設。「アーティストが手がけた金魚×アートのコラボは圧巻! つい写真を撮りすぎます。同じ施設内で、忍者体験やトリックアートも楽しめます」(吉田さん)。♦奈良県奈良市二条大路南1の3の1・4F ☎0742・32・5133 ■https://www.narasight.com/[ FOOD ]大和の朝ごはんをゆっくりいただく『鹿の舟 竈』 人気カフェ『くるみの木』がプロデュース。「かまどで炊いたご飯と奈良産食材をたっぷり使った定食は絶品。併設のグローサリーでは奈良のおすすめ食材が揃います」(藤岡さん)。♦奈良県奈良市井上町11 ☎0742・94・5520 ■http://www.kuruminoki.co.jp/shikanofune/ご当地OLのファッションや、女子会の詳しい様子を雑誌でチェック!雑誌MOREでは、ご当地OLのリアルに迫る企画を毎号掲載中! 本誌では、リアルな女子会トークや、人気のファッションスタイルなど、さらに様々な情報を毎号お届け。この記事と合わせて、ぜひともご覧あれ♪▶▶▶これまでの「ニッポン全国ご当地OLのリアルな生態リサーチ」記事はこちら ♡5月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ MORE2019年5月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 取材・文/海渡理恵 撮影/冨樫実和 イラスト/平松昭子
  • 香港在住の美女組No.123Mariさんがお届けする、香港最旬スポット情報。ガイドブックにはない、リアルな口コミ情報を香港観光の参考にしてみて。【目次】 1. 香港旅行者必見。在住者が教えるタクシー乗車のコツは? 2. 香港在住者がおすすめする最旬BARスポット 3. 香港オススメのナイトライフスポット 4. 香港在住者がおすすめするSPAは? 5. 香港の最新観光スポット「大館」 6. 香港に行ったらぜひ味わってほしい最高級のレストラン 7. 話題のお店がたくさん!香港オススメストリート Gough Street 8. 香港あるあるな光景が見られる!? 香港オススメストリートGage Street 9. 香港観光中においしいパンが食べたくなったらここ! 10. 幽霊スポットが大好きな香港人(!)の間で話題のスポット 教えてくれたのは・・・ 美女組No.123Mariさん No.123 Mari 会社員 娘(15歳)と息子(12歳)、夫を連れて8年前に仕事と家庭の両立がしやすい香港に移住しちゃいました。 平日は外資金融でアジアのリスクマネジメントやってます。 母親業はパートタイムで。ゆるーく色んな人に頼りながら海外子育て満喫中。記事随時更新中⇒https://marisol.hpplus.jp/bijyogumi/mari 香港旅行者必見。在住者が教えるタクシー乗車のコツは?香港では電車、バス、ミニバス、トラムと交通網がかなり発達していますが、突然知らない土地のローカルバスに乗るのはハードルが高いですよね。そんな時使いたくなるタクシーですが、香港のタクシーはとっても気難しい!香港でのタクシー乗車のコツ1:支払いは現金のみ香港は実は2000年くらいから電子マネーが広まり、Octopus(八達通)というカードで公共交通網はもちろんコンビニからちょっとしたスーパーなどsuicaみたいな感じで使えるのですが、唯一気を付けなくてはいけないのがタクシー。香港のタクシーは現金のみ受付。香港旅行が決まったら必ず100ドル札の現金を用意してください! 注)500ドル札、1000ドル札は90%断られるかとっても嫌な顔をされます。香港でのタクシー乗車のコツ2:運転手さんは英語がほぼしゃべれない行きたい場所が決まっているならできるだけ大きな文字の広東語(漢字)で住所を書いておくこと。 昨今北京語はしゃべれても英語がしゃべれないタクシー運転手さんが急増中。できるだけ大きな文字で書くのは、タクシーの運転手さんに高齢の方が多いため。小さい文字のiPhoneを見せるとちょっと機嫌が悪くなることもよくあります。日本と違ってタクシー内はお客様のものではなく、運転手さんのプライベート空間。大音量のラジオトーク番組が主流です。香港でのタクシー乗車のコツ3:タクシーは色でテリトリーが決まっている新界は緑、ランタオ島は青、香港島やチムサーチョイ(都会タクシー)は赤と決まっています。香港島から九龍半島へハーバーを超えてタクシーを乗る時は決まった停留所から乗らないと受け付けてくれません。(上の写真が決められて停留所)ながしのタクシーでも空車マークの上にカバーを付けてout of serviceのようになっているのがハーバー越えを希望しているタクシー。この車は香港島でつかまえても香港島内の場所へは行ってくれません。反対に、九龍半島で捕まえても九龍半島内の場所へは行ってくれません。どちらもハーバー越え用のタクシーなんです。ちなみにハーバーを超えるトンネルは3本。トンネルによって料金も違います!香港でのタクシー乗車のコツ4:車によって乗車制限が違う前と後ろに乗車人数書いてます!香港のタクシーは車種が決まっていて、ほぼ同じように見えるのですが、車によってはお客さんが4人乗車できるものと5人乗車できるものがあります。5人乗車の場合はだいたい後部座席に4名と前の座席に1名です。ちなみに最近東京で見かけるようなユニバーサルデザインのタクシーも香港で出回りつつありますが、全車均一で同じ料金です。香港でのタクシー乗車のコツ5:ながしのタクシーを捕まえるには道路の線に注意こちらは二重線(左)があるので止まってくれない道路。せまい香港ではタクシーは突然止まると後列の車に影響があるため、停車していい場所が決まっています。目的地についても止まってくれないのはそういった理由の時もあるので気を付けて!二本線のある道路では手を挙げて待っていても停車してくれるタクシーはいません。(上の写真参照)一本線の道路ではOK!香港でのタクシー乗車のコツ6:香港は基本チップはない!海外に行くとついつい気になるチップ制度。香港は基本的にはチップはないものと思って大丈夫です。よっぽどいいサービスを受けた時、よっぽどお金持ちでいい気持ちになりたい場合(笑)などの他、考えなくて大丈夫です。香港でのタクシー乗車のコツ7:番外編言ってはいけないあの言葉!?香港は広東語が公用語です。香港は中国との歴史的な関係から、「中国人」というよりは「香港人」としてのアイデンティティを持っているので「ニイハオ」(北京語)というのはちょっと違うように思います。(広東語は漢字は一緒でも発音はレイホウ)ちょっと感覚がわかりませんが、私も欧米で「ニイハオ」と言われて戸惑うことが多いので。フレンドリーなのか、全くこの人の出身などを考慮しないで言っているのか、どちらにせよ私は中国人じゃないですって言い返したくなっちゃいますよね。多分香港人は失笑しちゃいます。▶香港在住者が教えるタクシー乗車のコツの詳細はこちら香港在住者がおすすめする最旬BARスポット香港観光でおすすめ! ルーフトップバー「PIQNIQ」香港でも絶大な人気を誇る草間彌生さん。なんと、香港でも大人気のルーフトップバーに草間さんの作品が!このカボチャ越しに見る香港の100万ドルの夜景!こちらは割と早めの時間から混んでいて立ち飲みになる可能性が高いので、まずは駆け付け一杯w 私の中ではワインなどを軽く飲んでから別のbarへ移動する前の夜景を堪能する場所となっております。とにかく欧米人に大人気のこちらのBAR。新しいビルということと、Pottinger streetといって昔からの石畳のある場所なのでLKFにもSOHOにも同じくらいの距離で行けるという好都合な場所!是非このあたりから始める夜はいかがでしょうか。香港ってほんとに気分がとってもアガリますよ! ▶香港観光におすすめ! ルーフトップBAR「PIQNIQ」の詳細はこちら香港観光でおすすめ! ホテルの中の隠れ家バー「Room 309」いかにも妖艶な夜へのいざないのようなネーミング!実在するホテルの中の隠れ家バーなのですが、カードキーをもらうためにチェックインまでする必要があって、素敵なんです。ちなみにカクテルは透明なカクテルにこだわりがあるので、私はピニャコラーダ風ハウスカクテルをいつも頼んでます!透明なのにピニャコラーダの味!不思議カクテル満載です! そしてよく見るとチェリーが鍵にささってるんです。▶香港最新バースポット「Room 309」の詳細はこちらNY話題の隠れ家バー「Please Don't Tell」調べたらわかってしまうような甘い隠れ家のこちらの店舗。なんと某有名ホテルの中にあるんです。しかも最近香港ではバーの中に隠れ家バーがあるという二重隠れ家のコンセプトが人気!なんてこった! こちらはNYでも同じく電話ボックスの仕様になっているという入口。電話をかけると、カーテンが開き、お迎えが来てくださるというアガりまくる設定~!噂でもいつも混雑していて入れてもらえないとのことでしたが、この日は超ラッキー。ちゃんとカウンターで座ることができました!店内はこじんまり、Cozyな雰囲気。私は店内大きすぎて話が聞こえないようなバーよりはこじんまりしっぽりするバーが好き。ちょうどのサイズでますます気に入りました。 ちなみにホテルのHPには掲載がありますが、ホテル内に案内はないので、人に聞いてたどり着くようになっていますよ。香港にいらしたらぜひ隠れ家バーをいくつも回る、「バーホッピング」を楽しんでみては?▶NY話題の隠れ家バーの詳細はこちら香港オススメのナイトライフスポット大人女子に行ってもらいたい妖艶なバー「Ophelia」ぜひとも大人女子に行ってもらいたいこの独特の世界観。安心してください!誰も脱ぎませんw ただただ、踊り子のお姉さまたちがぼーっとそのあたりをうろつくっていう不思議な世界。こちらもいくつも大人気のレストランをプロデュースしているダイニングコンセプトのお店。夢から出てきたような空間で日常の退屈を吹き飛ばすっていうコンセプトなんだそうです。スモーキーな空気(特に喫煙空間なわけではないです)とお姉さまが足を見せて歩いてるっていうだけなんですが、もうとっても怪しい!ダンスのパフォーマンスがある日もあるみたいです!ちなみに男性は特に服装に制限があるので(サンダルX 短パンX など)男性と行かれる際にはジェントルマンを連れていってくださいね。カクテルもおいしいのでぜひともお楽しみくださいね!▶香港の妖艶なバー「Ophelia」の詳細はこちら幻想的な世界観のダイニング「Iron Fairies」話題になってからかなり久しいのですが、私は初めてだったのでこちらのバーもご紹介。人気店をいくつも展開しているダイニングコンセプトのお店。昔の鉄工場に模した造りになっていて、ちょっとディズニーっぽいフェアリーがたくさんおいてあって幻想的。デザイナーがこういう幻想的な世界観を作り出す有名デザイナーのアシュレーサットン氏。ちなみに彼がデザインするのはOphelia、J.BOROSKIに続き香港で3店舗目なんだそう。なんと、蝶々が天井にびっしり。しかも下の方には鉄でできたフェアリーが一つずつ置いてあって「お持ち帰りすると不吉なことが起こりますのでお気をつけて」っていう粋なのかマジで怖いのかよくわからないコメントカードが置いてありました。 10時からライブがあるのですが、ブルース・ジャズで私的にはライブ前にかかっていた音楽の方がノリノリで楽しかったのですが。ともかくめっちゃ人気店なので人が多く、若い人とワイワイするには楽しいかも。ブルースとか楽しむには込み具合が半端ない感じです。ちょっと早めの入店をオススメします!▶おすすめ香港ナイトスポット「Iron Fairies」の詳細はこちら香港在住者がおすすめするSPAは?マンダリンスパいくつかホテルスパにはいきましたが、マッサージが一番ゆったりしているように思います。スパの2時間コースを予約すると、予約時間45分前から施設をつかってのんびりできます。私のお気に入りは暖かいデイベッド。湿気もない暖かい空間なのでバスローブを着てのんびりと本を読んだりしてます。この後2時間みっちりとアロマでゆったりとくつろいできました。 香港では街中にも気軽なマッサージ屋さんがありますが、あちらはどちらかというと本気で足がだるいとか腰が痛い時に利用していて、一年に一度くらいはゆったりホテルスパにお世話になってます。 ▶香港観光におすすめ! 「マンダリンスパ」の詳細はこちら香港の最新観光スポット「大館」香港島の中心街セントラルに突如現れた大きなオシャレスポット「大館」に行ってきました! 私も大好きな香港島中環(セントラル)には「オールド・タウン・セントラル」という最近香港が特に力を入れて再開発しているエリアがあります。 香港の歴史の通り西洋と東洋、新旧の文化が入れ混ざっている地区で、歴史を感じられる街並みにストリートアートなど香港好きな人がまさに萌えるポイントがたくさん。そんなオシャレ地区セントラルで最近ついに満を持してオープンしたのがこの新スポット大館。大館は植民地時代に作られ始めた建物の集合体なのですが、警察署、裁判所、刑務所が隣り合って建設されています。90年代には旧セントラル警察署、セントラル裁判所、ビクトリア刑務所の3つの建物が香港の歴史的建造物(法定古蹟)に登録されています。今回、この3つの建物が改装され、現代美術館、オシャレショップ、当時の様子が分かる見学施設などに再開発されたんです。 昔の監房などの見学も可能で現在は入場人数制限がありオンラインで申し込みをしている人のみ見学ができるようになっています。オシャレカフェなんかよりは監獄がぶっちぎり大人気で人もごった返していました。 歴史的建造物(法定古蹟)をそのまま使用した素敵な外観かつて監獄だったところだけに外側の造りも興味深い!中には超オシャレショップがたっくさん狭い香港には珍しく、見どころ満載な割にスポット自体とても広いので、なんと私、いまだにすべてまわることができていません!監獄の裏側のストリートには素敵なカフェがあったりと素敵なエリアなので香港に来られたらぜひお立ち寄りくださいね!▶香港の最新観光スポット「大館」の詳細はこちら香港に行ったらぜひ味わってほしい最高級のレストラン ミシュランの2つ星という折り紙つきのお料理が味わえる『天龍軒』ミシュランの2つ星という折り紙つきのお料理。キラキラゴージャスで上品な店内。最高級のサービス。そして香港随一の絶景。そんな素敵なレストラン、 『天龍軒』に行ってきました!予約は必須です。セットディナーはミシュラン特別コースなど3種類、アラカルトメニューもあります。今回はせっかくなのでミシュラン特別コースをいただきました! 中華料理なのに食前のアミューズまで出たりして、ウェイターの方々もとってもさりげなくて素敵なサービス!食事はどれをとっても繊細でとっても奥深く、本当に絶品の一言。ちゃんと日本語表示のメニューもありましたよ! キラキラとってもモダンで大胆なイメージのインテリアには、バランスよく伝統的なアジアと香港らしさがあって、香港ならではのダイナミックさ、豪華さ、繊細さを堪能できました。▶香港最上階で絶景を見ながらミシュラン二つ星の中華『天龍軒』の詳細はこちら話題のお店がたくさん!香港オススメストリート Gough Street 活気があって中心地で大好きな街セントラル。中でもこのストリートはオシャレショップがてんこ盛り! 小さなクリエイターショップとかアクセのセレクトショップ、インテリアショップなどとっても可愛いお店がたくさんありますよ。 Gough Street にある「映える」レストランバー「Gough's on Gough」こちらのお店はイギリスの家具ブランドTimothy Oultonがインテリアやレストランコンセプトやなんかも手掛けたというお店。大人気店がたくさんあるGough Streetではランチタイムにもなれば大行列のお店も多いのですが、こちらのお店一歩入れば静かな別世界。黒と金のブリティッシュな雰囲気の中素敵な店内へ。シェフこだわりの食事もさることながら、バーとしての使い方が一番人気のよう。夕方からのハッピーアワーも香港ではとっても人気の飲み方なのでぜひふらっと訪れてみては?香港あるあるな光景が見られる!? 香港オススメストリートGage StreetGage Streetは、香港好きにはたまらない色んな要素がてんこ盛り。野菜やお肉、魚のお店がたくさんあるストリートです。トラックから豚一頭を担いでくるおじさんを発見しました。初めての時はかなりショッキングですが、香港あるあるです。香港観光中においしいパンが食べたくなったらここ!インスタで話題!クロワッサンが美味しい「bakehouse」インスタで見つけたこの話題のお店、色んな人のコメントが「No.1 Croissant in HK」みたいな感じだったんで行ってみました。(←やっぱりミーハー)なんとこちら、シェフがあのフォーシーズンズホテルのペイストリー部でのシェフだったとのこと。私の中でのチョコクロワッサンNo.1はFeather & Boneだったんですが、奪還No.1の座。めちゃくちゃパリフワ。おいしかったんです。クロワッサンもブリオッシュも超おいしい。次回時間のある時にぜひともカフェメニューも試したいです。 日本の皆様にはあまり響かない、香港最新のパン屋情報ですが。観光に歩き疲れたらぜひこういうカフェで一息してみては?▶香港にある本格的ベーカリーの詳細はこちら幽霊スポットが大好きな香港人(!)の間で話題のスポットSaiYingPun (西営盤)香港人(だけでなく中華圏全般?)は幽霊スポットが大好き。そんなに幽霊スポットが大好きな香港人が話題にするスポットがこちら。1892年に元々は市民病院の看護スタッフ用施設として設立、大戦後の1947年に精神病院になり、閉院後廃墟化した後1990年代に解体され再建、外側だけ残して歴史建築Sai Ying Pun Community Complexとして保存されてます。 こちらただの幽霊スポットだけでなく、建築物としても初期のバロック式を採用している香港では数少ない建築物として、また地元の建築材料を有効活用しつつ正確に建築されたものとして貴重な存在なんだそうです。 昼間に訪れると観光客も多く写真を撮っていてそこまで怖い感じではありません。このあたりは最新おしゃれスポットとしてビストロやカフェが立ち並ぶ午後から夜にかけて楽しい街でもありますので少し足を伸ばして訪れてみては?また、Sai Ying Pungには昔ながらの駄菓子屋さんや電気屋さんも残っていて、昔よく使われていた鉄のシャッターがまだ使われています。たまに住所や店名などがくりぬかれていてこれもまた珍しいのでお見逃しなく! ▶香港で話題の幽霊スポット(!)の詳細はこちら
  • 10連休は目前! ストレスなく着られてサマになる服や小物は旅先に欠かせないアイテム。気軽に羽織れる軽アウターから細見えするリラックスパンツ、ノンストレスのピアスまで旅のお供に連れていきたい名品をご紹介。GWをおしゃれに、そして快適に過ごすためのアイテムをぜひチェックして!E by éclat 鹿の子カットソーライダースさっと気軽にはおれて様になる大人のはおりものが誕生ハードすぎないディテールが大人にちょうどいい鹿の子カットソーライダース。体のラインを拾わない素材、辛口ファスナーと襟デザインの視覚効果による着やせ&小顔効果も◎。開け閉めで雰囲気が変わる袖ファスナー。さっと脱ぎ着しやすいので、旅先でのはおりものとして重宝すること間違いなし。E by éclat 鹿の子カットソーライダース ¥18,000+税>>ZANELLATO×éclat チェーンつきウォレットバッグ機能性とクオリティの高さは折り紙つき1976年にイタリア・ヴィチェンツァに、革製品を取り扱うサルトリア工房として創業したZANELLATO。シルクタッチのようなベビーカーフを使用したウォレットバッグがエクラ別注色のグレーで登場。チェーンをはずせば長財布としても。背面のポケットには交通系ICカードも入り、利便性抜群。 デイリーにはもちろん、身軽に歩きたい旅先でのウォレットとしてぜひ活用して。ZANELLATO×éclat チェーンつきウォレットバッグ ¥59,000+税>>L’UNE サルエルパンツ“腰まわりゆったりで裾細え”がカギ。実は万能シルエットのパンツ「黒田知永子さんがよく話されている『ちょっと変な形のパンツは七難隠す』。本当にそうなんです! すっきりシンプルなパンツのほうが体型の難が出やすいと実感しています。これは“腰まわりゆるめ、裾きゅっ”のテーパードぎみシルエットで、身長にかかわらずバランスよく着こなしやすい。マニッシュなテーパードパンツの美しさで定評があるブランドなので、クセありといっても個性的すぎず上品にはけます。裾が細めなのでスニーカーでもヒール靴でも合わせやすい。実はいろいろ万能なんです。」(エクラプレミアム室長 宮田)L’UNE サルエルパンツ ¥38,000+税>>MOY Paris コットンパールピアスふだん使いから旅先まで活躍の幅が広い便利アイテムパリ在住の元コーディネーター・大友靖子さんが立ち上げたブランド。モードコンシャスなネックレスも素敵ですが、私はこのピアスにひと目惚れ。シンプルでどんな服にも合わせやすく、ラインストーンのキラキラ感で顔まわりがほどよく華やかになります。大粒ですが軽くて肩が凝らないところもうれしい(笑)。昨年の3月号でご紹介したときにはあっという間に完売しました。今回も、昨年と同じサイズをセレクト。鉄板のホワイト、グレーのほか、このシックなブルーをプラス。黒や紺などの濃い色の夏服に合わせたら素敵に映えそう。(エクラプレミアム室長 宮田)MOY Paris コットンパールピアス ¥6,700+税>>
  • ワンピースを「カッコよく」着る、そのコツは?一枚さらっと着るだけで決まるのが、ワンピースのいいトコロ♡ でも、今知ってほしいのは“一枚で着る”のちょっと先。下にはく、上にはおる、小物を足す……そんなひと工夫で、いつものワンピースが見違えるように「カッコよく」なる!!手持ちのワンピでOK♡ カッコよくなる【8つの小技】小技1.カットソーワンピにはきれいなパンツを カットソーの持つリラックス感を、パンツで引き締めるイメージで。重ねることで少しモードに、ぐっと大人に。あえて“ゆるいもの同士”でまとめることでこなれ感も生まれる。クリーンな白にブラウンをきかせた、ありそうでなかった洗練配色も素敵! ワンピース¥6990/プラステ パンツ¥31000/FUN inc.(アイロン) コート¥42000/UTS PR(アンダーソン ベル) 靴¥83000/プラージュ 代官山店(ポール アンドリュー) バッグ¥29500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) 時計¥39500/ピークス(ロゼモン)小技2.黒い細ベルトでウエストマーク 確実におしゃれ上級者を気取れる、黒パンツと黒ベルトの合わせ技。ベルトをすることで、より女っぽいニュアンスとシルエットが生まれる。 ワンピース¥25000/デサント ブラン 代官山(デサント ポーズ) パンツ¥14000/UTS PR(アンダーソン ベル) 靴¥15000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥13000/ハリウッド ランチ マーケット(ローラ ディ マッジオ) ピアス¥8000/ガス ビジュー 青山 時計¥25000/ピークス(ロゼモン) ベルト¥990/ジーユー小技3.ビッグシャツワンピにはハイネックを 春のシャツワンピはトラッドに着たい気分、だからTシャツじゃなくハイネックがいい。カラーワンピに初トライするなら深いグリーンがおすすめ。白いカットソーと黒いカーディガンの肩かけで、さらに気負わずに着やすくなる。 ワンピース¥7400/KBF ラフォーレ原宿店 ニット¥26000/デミルクス ビームス 新宿(リト) カーディガン¥32000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥5900/クリア インプレッション イヤリング¥6800/ルーニィ 時計(フェイス)¥22000・(ベルト)¥5500/ノジェス 靴下¥800/タビオ小技4.あいまい配色×素足で女っぽく オートミールみたいな色のクリーム色のワンピには、ライトグレイのカットソーを。あえての“あいまいな配色”が春らしさと優しげな印象を連れてくる。小物はかっちりしたバッグとベーシックなローファーを、靴下ははかずに素足で。きちっとしすぎず、女っぽさも忘れたくないから。 ワンピース(ベルトつき)¥28000/ヤマトドレス(&ディアー) ニット¥12000/モットハウス・トーキョー 靴¥36000/リーガル コーポレーション バッグ¥14000/ダイアナ 銀座本店 時計¥7800/コモノ東京小技5.ブラウンストライプとオレンジカーデの好相性に頼る “ワンピとカーデ”は定番だけど、ブラウンのストライプとオレンジになるとこんなに新鮮。レギンスはスリットタイプでさらに軽快に。 ワンピース¥32000/フィーニー レギンス¥1490/ジーユー ニット¥10800/セント ジェームス代官山店 靴¥16000/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥17500/リフラティ シップス ルミネ横浜店(マルコ ビアンキーニ) ピアス¥30000/TOMORROWLAND(イヴィ) 時計¥36500/デミルクス ビームス 新宿(ラーソン&ジェニングス) 小技6."きちんと"なトレンチと"きちんとしすぎない"ためのレギンス トレンチを今年らしく着るために、ストライプは太めで爽やかな色がいいし、足もとは素足よりもレギンスでひとクセあったほうがいい。 ワンピース¥19000/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店 レギンス¥2200/タビオ コート¥75000/グッドスタンディング(リノ) 靴¥46000/グラストンベリーショールーム(サンダース) バッグ¥16000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) イヤリング¥1500/お世話や 小技7.長×長バランスにトライ 体のラインにそうワンピも、繊細な揺れ感のプリーツスカートも、それぞれ着るよりも“狙っている感”が出ないのがいい。髪に巻いたスカーフ、足もとの赤いバレエ靴。ちょっとフレンチシックなムードも漂わせて。 ワンピース¥19000/ルーニィ スカート¥11000/ペルルペッシュ 靴¥1490/ジーユー バッグ¥49000/FUN inc.(ベルメール) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック) イヤリング¥3500/ルクールブラン小技8.きれい色スカートを重ねる 透けるニットワンピース、優しげなコーラルオレンジ、フェミニンな魅力が加速する。靴だけは辛口なパイソン柄、それもまた今っぽい。 ワンピース(ウエストリボンつき)¥23000/ルーニィ スカート¥27000/インターリブ(サクラ) タンクトップ¥11000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) 靴¥51000/リエス(ペリーコ) バッグ¥24000/パリゴ 丸の内店(モダルー) ピアス¥1600/ジオン商事(スリーフォータイム) 時計¥61000/アガット ♡5月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/峠 雄三 ヘア&メイク/野口由佳 モデル/土屋巴瑞季 鈴木友菜 スタイリスト/石上美津江 撮影協力/UTUWA アワビーズ TITLES
  • ロマン・デュリスにインタビューした、と何人かの知人に告げたところ、「えっ!? 彼、日本に来ていたの? 私、ファンなのよ」という反応が多かったことに驚いた。それこそ、20代前半で出ていた『青春シンドローム』(1994)等から、ロマの青年役を好演した『ガッジョ・ディーロ』(1997)、そして『真夜中のピアニスト』(2005)や『タイピスト!』(2012)などのヒット作まで、コンスタントに高い評価を受けて、44歳になった今、また新たな地平を拓いている。タイムリーな作品に込めた想いphoto by Masato Seto――新作『パパは奮闘中!』はたぶん5年前、10年前でも話題になったと思うけど、2018年、2019年の今だからよりタイムリーですね。フランスの黄色いベスト運動(労働者デモ)と呼応してる。 「この映画を作り始めた時は、ヒューマンな内容にスポットを当てようとは考えていたけど、特に黄色いベスト運動につながるなんて思いもよらなかった。でも僕が演じた主人公は職場では労働運動のリーダーとなり、家では妻が出て行ったことで2人の子どもの世話に奮闘しなければならなくなるという状況は、きっとあのデモに参加している人間たちの中にもあるかもしれないなと思ったよ」。――大人の俳優たちの中で、2人の子どもの演技がナチュラルでとても良かった。「アドリブ重視でやったおかげだと思う。もちろんストーリー・ラインはあったけど、ガッチリ決められた台詞だと、“間違ったらどうしよう”と緊張してしまって自然な感じにならない。幸い今回は、パリの自宅から毎日撮影現場に通って各々の家に戻るというやり方じゃなくて、みんなそろって地方のロケ現場に行って、それこそカメラが回っていない時も晩御飯を一緒に食べるような時も、常に役のキャラクターとして接していた。子どもたちもいろいろ提案してくれたから、僕たちはその話によく耳を傾けていたしね」。――主人公の妻が物語りの序盤からいなくなったり、ある印象的なシーン以外は音楽がなかったり、色彩も無彩色に近かったりと、”不在“の存在感が際立つ作品ですね。「それが映画を観る人にとってはある種のサスペンスをもたらすと同時に、一旦、音楽や色が目に入った時のインパクトは強いんじゃないかな」。 ――確かに。ラストシーンなどは特にそうで、私、大好きでした。「僕もだよ(笑)。いろいろなことがあっても、誰かを糾弾したり裁いたりしていない、そこがいいよね」。生粋のおしゃれパリジャン!photo by Masato Seto――というわけで、奮闘する父親役が似合うような年頃なのに、目の前のあなたは相変わらず素敵で、エディ・スリマン時代のサンローランのジャケットと胸につけているブローチがよく似合う。どうしてこんなにカッコ良く年を重ねることができるの?   「あ、これ? 僕が描いたイラストをブローチにしてもらったんだよ(笑)。良い年の重ね方かぁ……たぶん好奇心を持ち続けることだろうな。その好奇心を抱く対象もどんどん変わってきて、今はより自然が大切に感じられるようになった。仕事の面でも、今回のように新しいものにどんどん取り組んで行きたいし」。 ――それで思い出した! 10年近く前にあなたがルーブル美術館の展示室の特設会場でやった一人芝居『La nuit juste avant les forêts(森の直前の夜)』が素晴らしかった!! 「あれ観てくれたの!?  観たのはいつ? 月曜日の出来は今イチだったんだけど(笑)。あれは僕にとっても忘れられない経験だよ。ルーブル美術館の、有名な巨大絵画『ナポレオンの戴冠』なんかが展示されている部屋の隣りの部屋で、ベッド上で1時間半、一人で演じ続ける。演出のパトリス・シェローの稽古は物凄くハードで、深いところまで考察させられるし、どんどん追いつめられていくんだけど、そこまでやると本番がまるでゴールのようにやれるんだ。パトリス・シェローの人生の最期の時代に(シャーロット・ゲンズブール共演の映画も含め)濃密な時間をすごせたことは誇りに思う。でも…彼がいなくなってやはり悲しいな」。 ――とてもいい作品だったし、一人芝居だからお金もかからないだろうから(笑)。あなたが監督する映画に仕立ててみてはどう? 「いいね、それ(笑)。ちょっと考えてみようかな」。未来へ続く、飽くなき好奇心――だって、好奇心を大切にしているのなら、とても挑戦し甲斐のあるプロジェクトだと思いますよ。   「フランスでベストセラーになった小説の映画化を含め、その後も刺激的な仕事は続いているけど、今回の『パパは奮闘中!』の日本での反応も知りたいと思うし、一作一作ていねいに向き合いたいと考えているよ。共演した子どもたちが、これからも演技の仕事を続けたいと思っている様子だったりするから、一緒だった大人としては責任重大だし。そういう意味でも本当にいい現場だったよ」。interview&text:yuki sato『パパは奮闘中!』4月27日(土)より公開 新宿武蔵野館ほか全国順次公開 http://www.cetera.co.jp/funto/ ◆あらすじ ある日突然、愛する妻が姿を消した。ふたりの子どもたちとともに残されたオリヴィエは、オンライン販売の倉庫でリーダーとして働きながら、慣れない子育てに追われる日々。なぜ妻は家を出たのか。混乱しながらも妻を探し続ける彼のもとに、一通のはがきが届き……。仕事一筋でダメなところがあるけれど、心優しい父親をロマン・デュリスが熱演! ◆プロフィール 1974年、パリ生まれ。セドリック・クラピッシュ監督の『青春シンドローム』(’94)でデビューし、『猫が行方不明』(’96)『パリの確率』(’99)など数々の作品でタッグを組む。『真夜中のピアニスト』(’05)ではリュミエール賞最優秀男優賞に輝く。リドリー・スコット監督の『ゲティ家の身代金』(’17)など近年は世界的に活躍している。
  • こんばんは 美南海です 今回ご紹介するのは超!おすすめ!!な チーズケーキ屋さん! AWORKS CHEESE CAKE CAFE 場所は、渋谷から二駅ほど先にある 『学芸大学駅』です。 駅からは、徒歩10分ほどです。外の階段を上がって二階にあります。店内はこんな感じです! 落ち着いている雰囲気で、お洒落なドライフラワーが飾ってありました。 私は月曜日の3時頃行きました! 空席もいくつかあってすぐ座れましたが、 混んでいるときは、待ちが出る事もあるそうです。 今回置いてあったケーキはこんな感じです! 私が注文したのは バスク濃厚クリーミー とアイスティー のセット☺️ 結構硬めでしっかりしてます! だけど甘すぎないので重い感じもなく、 あっという間にペロっといけちゃいました 個人的には今まで食べたチーズケーキの中で一番美味しかったです。 他のケーキも全部美味しそうでした! 今回はスタンダードそうな物を頼んだので、 次は違うケーキを食べてみたいと思います。 毎日ケーキも変わるみたいなので、それを楽しみに行ってみてもいいですよね☺️ ランチをやってる日もあるみたいです! 公式のInstagramで その日出てるケーキ や、 お休みの日 や ランチやってる日 が確認できますので、是非見てみてください。最後まで見てくださってありがとうございます 次はこの日に行った渋谷の 超!おすすめランチ紹介します! 美南海 カワイイ選抜 No.79 増田美南海のブログ
関連キーワード

RECOMMEND