【ACCESSORY BAG】まるでジュエリーのようにさりげなく

SPUR.JP

ウエストポーチなどハンズフリーなバッグ人気が続く中、さらにアクセサリーのようなデザインに進化したものが多数お目見え。2WAY、3WAYといくつもの持ち方が楽しめるなど、機能性も抜群。

IMAXtree/アフロ

バッグのサイズダウン化がさらに進み、ランウェイでモデルたちがジュエリーのように身に纏ったアクセサリーバッグが注目を集めた。スタイリングに新しい風をもたらすマイクロサイズのバッグは、色も形も素材も千差万別。デザインはもちろん、機能性もあなどれない逸材ばかり。

使い勝手バツグンの小さなボディ【ジバンシィ】

バッグ<H10×W18×D4㎝>¥125,000、ベルト ¥46,000/ジバンシィ表参道店(ジバンシィ)

フラップにジバンシィのアイコン、ダブルGをあしらったキルティングのマイクロバッグ。取り外し可能なストラップを駆使して、ときにクロスボディバッグとして、ときにベルトバッグとして、フレキシブルなスタイルを提案。

ジバンシィ表参道店
https://www.givenchy.com/
03-3404-0360

アイキャッチなスタッズ使い【マーク ジェイコブス】

バッグ<H13.5×W18×D5.5㎝>¥65,000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス)

マーク ジェイコブスで大人気の“SHOT”シリーズに仲間入りした「ヒップ ショット」。インパクトあるピラミッドスタッズは丸みを帯びてハードすぎない印象に。ベルトバッグ、ショルダースリング、クロスボディ、クラッチの4WAYで楽しめる。

マーク ジェイコブス カスタマーセンター
http://www.marcjacobs.jp
03-4335-1711

人気バッグをモダンにアップデート【バリー】

バッグ <H14×W20×D5㎝>¥96,000/バリー 銀座店(バリー)

バリー「SUZYシリーズ」の遊び心に満ちたデザインから誕生したベルトバッグ。ブラックのカーフレザーとBターンロックがリュクスな佇まいながら、2つのスモールコンパートメントを擁した機能性は、デイリーユースにもおすすめ。

バリー 銀座店
http://www.bally.jp/
03-6264-5471

ウエストで揺れるエレガンス【エミリオ・プッチ】

バッグ<H12×W8×D5㎝>¥54,000/エミリオ・プッチ ジャパン(エミリオ・プッチ)

鮮やかなグリーンを基調に、サイドからプッチらしいカラフルな幾何学柄がのぞく可愛らしいフォルムのバッグ。どうやって持つの? と思ったらランウェイに注目。ベルトに吊るして、実用的かつエレガントなアクセサリーに。

エミリオ・プッチ ジャパン
http://www.emiliopucci.com/
03-5410-8992

変幻自在にトランスフォーム【トッズ】

(左上から時計回りに)リップスティックホルダー<H3.5×W9.5×D3㎝>¥20,000、ベルト ¥95,000(ミニウォレット、キーホルダーが付属・写真無し)、ミニバッグ<H15×W10.5×D6㎝>¥113,000、モバイルフォンケース<H9×W17.5×D4㎝>¥49,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

それぞれ単体でも使用可能なトッズのリップスティックホルダー、ミニバッグ、モバイルフォンケースは、別売りのベルトにセットし、自分流にカスタムすることができる。バッグの可能性をぐっと広げる優秀アイテム。

トッズ・ジャパン
http://www.tods.com/
0120-102-578

ペンダント感覚のミニマルデザイン【3.1 フィリップ リム】

バッグ<H16×W11×D5㎝>¥78,000/3.1 フィリップ リム(フィリップ リム)

構築的なシェイプにビビッドなネオンピンクが、新たなスタイルを創造する3.1 フィリップ リムのバッグ。細いシルバーチェーンのストラップがまるでペンダントトップのようなイメージを演出。ハンドルも付いているので、気分で使い分けて。

3.1 フィリップ リム
http://31philliplim.jp/
03-5411-2870

関連記事
  • バーバリーが、ブランドとして初となるモノグラムコレクションをオンラインにて発売中。また発売を記念して、伊勢丹新宿店ザ・ステージと阪急うめだ本店イベントスペース2にて、同コレクションの世界観を表現したポップアップストアを6月12日(水)より同時開催する。その後、新宿店、表参道店、心斎橋店でも展開予定。 (左より)トートバッグ ¥135,000、カメラバッグ ¥120,000(ともに予定価格)/バーバリー・ジャパン © Courtesy of Burberryこのコレクションで使用されている新しいモノグラムは、バーバリーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーのRiccardoTisci(リカルド・ティッシ)と、英国人グラフィックデザイナーPeter Saville(ピーター・サヴィル)との共作で誕生。20世紀に使用されていた、ブランド創業者であるThomas Burberry(トーマス・バーバリー)のイニシャルモチーフ「TB」に着想を得たデザインとなっている。 © Courtesy of Burberry / Nick Knightコレクションは、洋服からシューズ、バッグ、帽子やソックスなどのアクセサリーまで幅広いラインナップで展開する。また、キャンペーンビジュアルには人気モデルのGigi Hadid(ジジ・ハディッド)が登場。新作コレクションを身にまとい、バーバリーデザインの核となるレディ、ガール、ジェントルマン、ボーイの4つのキャラクターを演じ分けた、ジジの姿にも注目を。 【ポップアップストア概要】会期:2019年6月12日(水)~6月18日(火)  会場:伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ住所:東京都新宿区新宿3-14-1 会場:阪急うめだ本店3階 イベントスペース2住所:大阪府大阪市北区角田町8-7 バーバリー・ジャパンhttp://www.burberry.com0066-33-812819 text: Fuyuko Tsuji
  • BAILA6月号 皆さまご覧になりましたか? 今月号のファッション大特集は 『ワンピース×フラット靴で大人の可愛げMAX』私はtitivateにて ホワイトのフラットサンダルを新調しました♡ 表紙の美玲ちゃんみたいに ビビットなカラーに合わせても可愛いし オールホワイトや くすみカラー…なんに合わせても可愛い! 妄想が膨らむばかりです^^* ワンピース×フラット靴の 様々なパターンが掲載されていて 見ていてとても楽しいですよ〜! そして今月号の付録は FRAY I.Dとコラボのポーチ♡出張や旅行の際に収納に困る アクセサリー達が綺麗に収まり すでに大活躍してくれています♡素材もしっかりとしているので BAILAの付録はクオリティが高いなぁと 今回も感動。 ぜひ、お手に取ってみてくださいね。そして、今月号のBAILAには 創刊18周年を記念して 『ブシュロン』のジュエリーを 計5名に豪華プレゼント!という 特別企画も♡ 要チェックです✔♥Instagram_lihoromスーパーバイラーズ 伊佐治里保のブログ
  • 永遠の定番ともいえる、デニムパンツ。だからこそ、徹底的にこだわるのがファッショニスタのお約束。東京のおしゃれマスター4人に、今いちばんお気に入りのデニムパンツを教えてもらった。こだわりのスタイリングと併せてチェック! スカーフを頭に巻いて穿きこなす、きれいめデニム デニム/6(ROKU) スカーフ・バッグ/ともにヴィンテージアイテム シャツドレス/ハイク サンダル/ネブローニ  ショスピエ アン レトン オーナー 安齋由美さん 鮮烈な印象を与える赤いシャツドレスを、ベルトでブラウジングして着た安齋さん。「今は、カジュアル一辺倒ではなく、『きれいめ』にデニムを取り入れたい気分。たくさん持っているデニムパンツの中で、いちばん洗練されたムードのものを選びました」。美しいストレートシルエットのインディゴデニムを合わせ、ぐっとモードに。 ヘアサロンのオーナーを務める安齋さん。ヘアとファッションのバランスにもこだわりが。「デニムを穿く日は、ラフなムードになりすぎないよう、帽子をかぶったりターバンを巻いたりすることが多いです」。この日はスカーフを巻いてドラマティックにまとめた。モダンなフォルムのピアスはアサミ フジカワのもの。爽やかなホワイトデニムに、小物でキュートな味つけを デニムパンツ/RH ヴィンテージ シャツ/ヌー スイム レモンモチーフのネックレス/アンドレス ガヤード チェーンネックレス/ホーセンブース バッグ/アラナズ シューズ/マノロ ブラニク ロンハーマン プレス 阿部真澄美さん 阿部さんが選んだのはホワイトデニム。「ストレートシルエットで、とにかくラインが美しい。同じ型で、インディゴ、ライトブルーと、色違いで3本持っています」と惚れ込んでいるアイテムだそう。レモンモチーフのペンダントとグリーンのシャツで、ビタミンカラーをミックス。フレッシュな色使いが、ホワイトデニムに映える。 スタイリングにキュートな雰囲気を添えているのが、カニのモチーフがついたストローバッグ。愛らしいモチーフも、ストロー素材なので甘くなりすぎず、大人の遊び心が感じられる。ビッグサイズのシャツは、スイムウェアブランドのもの。「ビーチサイドで水着の上からざっくりと羽織れそうなサイズ感が可愛いです」と阿部さん。 ヴィンテージの501をセルフカット! デニムパンツ/ヴィンテージアイテム ブラウス/ガニー バッグ/マリアム ナッシアー ザデー シューズ/メゾン マルジェラ ファッション・ディレクター 野尻美穂さん 野尻さんは、昔から好きだという古着のリーバイス501をセレクト。「これはLAで見つけたもの。古着のデニムを探すとき、何より大事にしているのは色みですね。これは、絶妙なブルーがお気に入りです」。さらに、裾をセルフカットして、自分らしいシルエットに! 「カットするときは、ウエストの高さと丈のバランスには気をつけました」と野尻さん。 デニムパンツに合わせたのは、「今まであまり着てこなかったアイテム」だという、カットレースのブラウス。ボーイッシュになりがちなデニムをガーリーに寄せつつ、ヴィンテージのペンダントでエッジを加えた。左手首のグリーンのバングルは、「タイ・プーケットの市場で、頑張って値切って購入」したのだそう!こだわりのコラボデニムをフェミニンに取り入れて デニムパンツ・ブラウス/ともに6(ROKU) ベルトバッグ/アルタ モーダ ベルト シューズ/マルティニアーノ ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ プレス 平井美帆さん 「デニムパンツはシルエットが命!」と言う平井さん。「このパンツは、デニムブランドのタイムマシーンと6(ROKU)とのコラボレーションで生まれたアイテム。ややワイドなストレートシルエットで、とにかく形が美しい。脚がきれいに見えるので、ぜひ実際に穿いてみてほしいアイテムです」 「カジュアルになりがちなデニムを大人っぽく穿くために、透け感のあるブラウスを合わせました」と平井さん。下に着たブラトップが透けて見え、センシュアルなムードに。アブストラクトな柄など、クールな雰囲気のディテールも効いている。鮮やかな水色のベルトバッグで、軽快な印象をプラスした。 photo : Yuka Uesawa text : Chiharu Itagaki
  • 大好評発売中のBAILA(バイラ)6月号特別付録、フレイ アイディー(FRAY I.D)レザー調フラワージュエリーポーチ。働く30代女子として、またインフルエンサーとして各業界で活躍するバイラ読者モデル=スーパーバイラーズ25名の使い方をまとめました。 「レザー調で高見えするし、持ち運びにもちょうどよいサイズ感! 人気のPVCバッグに入れても、おしゃれ度が上がっていい感じ」(小野絵里さん/介護職)このように↑トレンドのクリアなPVCバッグに入れてもサマになり、むしろ見せびらかしたいほど華やかムードのジュエリーポーチです。ジュエリー&アクセサリー以外にも使い方いろいろ! おしゃれや美容、ライフスタイルにただならぬこだわりを持つスーパーバイラーズの面々のポーチの中身は、さていかに!?働くおしゃれ30代女子の付録ポーチの中身、まとめました。※写真をタップすると、詳細がわかるブログへジャンプします!「中で絡まりやすかったり、摩擦で傷つきやすかったりで困ってたアクセサリー。中でちゃーんと仕分け出来るケースなので安心」(住田奈央さん/歯科衛生士・セレクトショップオーナー)「リップメイクアイテムの選抜チームをIN♪ リップクリーム、リップテイント、グロスとTPOに即対応できるバリエーションアイテムがすべて収納できます」(池ももこさん/料理家・空間スタイリスト)「リングや引っかけピアスも楽々収納できるので、ごちゃごちゃにならなくてうれしい♡ リップやバングルもちょうど入るいい大きさなんです!」(海野尾美紀さん/下着メーカーMD)「大事な華奢アクセサリーを傷つけずに安心して入れられるファスナーポケットつきがうれしい!」(堤 友香さん/フリーアナウンサー)「ポケットの中にはヘアゴムやピンを、ポケットの下にスカーフを入れて♡ 長く絡まりそうなピアスはピアスフックにかけて。メイク用品も入れられますね」 (青野未来さん/フリーモデル)「デスクの上にスタンバイ! 仕事中イヤリングで耳が痛くなったりアクセサリーを外したいときに、このポーチに入れておけばなくす心配もありません!」(遠山春菜さん/事務職)「ハマっているヘアピンをきれいに収納できるポーチを探してたので、まさに理想! 外は花柄で、中はピスタチオカラー✨春にピッタリなデザイン」(田石ゆきさん/バイヤー)「失くしやすいピン留めをポケットに刺しています(笑)。ファスナーつきポケットには小さいパールのイヤリングや、絡まりやすいロングネックレスなどを入れています」(菊地実李さん/ラジオパーソナリティ・フリーモデル兼PR)「仕事帰りに予定がある日や旅行中など、用事があるときだけつけたいアクセサリーの持ち運びにちょうどいいポーチ。指輪もしっかりホールドしてくれて失くす心配がありません」(泉マリコさん/ジュエリーデザイナー)「夏に向けて新しく購入した、CHIKAKO YAJIMAのリボンピアスを収納。リボンを編んでできているのですが変形できるんです」(加藤和歌子さん/会社員)「ピアスやヘアアレンジアイテムなど、仕事終わりに予定がある時に欠かせないものを収納。一気に華やか見えするヘアコーム&ヘアワックスも一緒に持ち歩けば準備万全」(石本愛衣さん/会社員)「ピアスフックに入りきらなかったピアスは、ファスナーつきミニポケットに収納。小さいのにとにかく収納力抜群の優秀なレザー調ポーチ」(宮原真由子さん/営業)「両方からファスナーが開けられるのですごく便利! サイズも思ったより大きく、こんなにモリモリ入れてもしっかり収納できます」(秦孟含さん/アパレル)「①ピアス、②リング、③飾りピン、④ブレスレット、⑤リップ、⑥時計と、これだけ入れてもまだまだ余裕あり。 間仕切り収納ポケットには、まとめ髪用のゴムやピンを入れて」(神谷礼央奈さん/アパレルバイヤー)「結婚式のおよばれでの旅行に、およばれ服に合わせたアクセと普段づかいのアクセの両方を忍ばせて。コスメや香水のミニサイズもちゃっかり入れて」(金城華乃子さん/美容関係) 「ちょっとずつ集めているシルバーアクセを収納。肌なじ重視のゴールドに比べて、存在感のあるものを選んでいます」(菅原麻葉さん/編集)「ポーチ自体は小ぶりなんですが、収納力は抜群です! 下の段には、時計、ヘアオイル、リップバーム、ミニフレグランスなど高さがあるもの、大きいものでも意外と入れられますよ」(大津真鈴さん/会社員)「通勤の時のイヤホンや指輪を入れてます! 中にも仕切りがあり、アクセを収納しやすくなっていて付録とは思えないクオリティなんです!」(山中悠喜さん/会社員) 「リングホルダーにネックレスチェーンを引掛けて、残りのネックレスは仕切付きミニポケットに収納すると絡まることなく収納できます♡」(髙橋絵美さん/会社員)「高さもあるので、出張時に泊まるホテルのカードキーや展示会場の入館証、展示会中にマストのリップ、腕時計まで収納できます◎」(渡邉美可さん/フリーランス)「リングホルダーは、指輪はもちろん、絡みやすいネックレスもつるしてヘッド部分を下のポケットへ収納。これで絡まらないし傷もつかない!」 (永里礼奈さん/ECサイト運営)「ポケットも多くて収納力抜群なところがお気に入り。仕事終わり、予定ありの日に付け替えるアクセサリーを入れてます」(徳山仙恵さん/会社員) 「外側のデザインも可愛いのですが、内布のピスタチオグリーンがすごく素敵♪ 光沢ある生地で気分が上がります♪」(斉藤メグミさん/フリーランス)※コンパクト版にこの付録はつきません。通常版をお買い求めください。
  • 20代におすすめのおしゃれなデニムコーデ【2019年夏】カジュアルだけど女っぽくて美脚見えも叶うデニムで、夏のコーデをさらにかわいくおしゃれに♡ この夏もアクティブに楽しめそうな人気ブランドや注目のデニムコーデはこちら! [目次] 【20代におすすめ夏のデニムコーデ1】『リーバイス®』のデニムコーデ 【20代におすすめ夏のデニムコーデ2】『アーヴィン』のデニムコーデ 【20代におすすめ夏のデニムコーデ3】『ローラス』のデニムコーデ 【20代におすすめ夏のデニムコーデ4】『テクスチャーウィーメイド』のデニムコーデ 【20代におすすめ夏のデニムコーデ5】『スライ』のデニムコーデ 【20代におすすめ夏のデニムコーデ6】『シップス・ブルーブルー』の白デニムスカート 【20代におすすめ夏のデニムコーデ7】『テクスチャーウィーメイド』のデニム×かごバッグのコーデ 【20代におすすめ夏のデニムコーデ8】『リー』のデニムコーデ 【20代におすすめ夏のデニムコーデ9】『ヤヌーク』のデニムコーデ 【20代におすすめ夏のデニムコーデ10】『シー』のデニムコーデ×ピンクチーク 【20代におすすめ夏のデニムコーデ11】『GU』のデニムコーデ ※記事発信時点での情報のため、限定商品など販売が終了している場合があります。【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『リーバイス®』のデニムコーデ気になるアノ人からのお誘い、これってデート? 親しみやすいボーイフレンドデニムに、ほんのちょっとの期待を込めてボリューム袖が愛らしいブラウスを合わせて。淡いブルーとクリーンな白の爽やかコンビなら好印象間違いなし。バレエシューズやかごバッグ、揺れるイヤリングで可愛く仕上げたら、「似合ってる!」ってお褒めのひとこと。もしかして、平成最後の日に奇跡が起こるかも♡パンツ¥10000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス®) ブラウス¥45000/TOMORROWLAND(Merlette) ジャケット¥30000/ビームス ハウス 丸の内(オーラリー) 靴¥22200/カージュ ルミネエスト新宿店 バッグ¥24000/ルーニィ イヤリング¥2900/サンポークリエイト(アネモネ) ブレスレット¥35000/バフ【今日のコーデ】白ブラウスと淡色デニムの爽やかなミックスコーデで平成最後の日をハッピーに♪ <佐藤栞里>▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『アーヴィン』のデニムコーデ脚長美脚が叶う旬のフレアデニムに、品よく透けるシアー素材のブラウス。インナーはキャミよりタンクでヘルシーな色気を演出して。ほんの少しの”女性らしさ”があればデニムコーデがやりすぎ感なく格上げできる。さらにシャツをアウトにするとホラ、動くたびにふわっと揺れて軽やかさもこなれ感も絶妙でしょ? 大ぶりイヤリングやグリーンのラウンドポーチで休日のハッピー感をプッシュ!パンツ¥13000/ジャパン ブルー ジーンズ 児島店(アーヴィン) シャツ¥18000/コンバース トウキョウ 代官山 タンクトップ¥1200/ヘインズブランズ ジャパン 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥46000/フラッパーズ(ウェルデン) イヤリング¥2296/サードオフィス(ROOM)【今日のコーデ】デートびよりの土曜はシアー素材のシャツでデニムカジュアルをほんのり女っぽく♡ <比留川 游>▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『ローラス』のデニムコーデホームパーティーにお招ばれした日は好感度の高いワンピ一択! モノトーンの花柄&シャツデザインなら、大人っぽさと媚びない可愛さのイイトコ取り。トレンドのカットオフデニムとのレイヤードで、親近感のあるおしゃれアピールも。淡いブルーだからきれいなワンピースともすんなりマッチするしね。初めましての人もいるから、レディな赤バッグとベージュ系パンプスできれいさも3割増しに仕上がった♡パンツ¥12800/ジャック・オブ・オール・トレーズ(ローラス) ワンピース¥10800/バロックジャパンリミテッド(マウジー) 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥33000/FUN Inc.(ベルメール) イヤリング¥1500/お世話や(Osewaya) ブレスレット¥2800/サンポークリエイト(アネモネ)【今日のコーデ】一枚でも絵になる花柄ワンピだけどデニムの裾をのぞかせればもっと今どき! <佐藤栞里>【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『テクスチャーウィーメイド』のデニムコーデ▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る スカーフじゃなくて、バンダナを巻いてみる。「カジュアルなアイテムを使ってきれいめをつくる」という新しさ。首に何かを巻くというシックな装いを、バンダナを使うことで真面目すぎないテンションに!シャツ¥22000/ビームス 新丸の内(TICCA) バンダナ¥1400/ハリウッド ランチ マーケット パンツ¥16000/フォーティーン ショールーム(テクスチャーウィーメイド) ピアス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥25000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ウィリアムエル1985)シャツが見違える10の"ちょい足し"テク♡ 「何を着るか」の次は「どう着るか」だ!!▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『スライ』のデニムコーデ上品なブラウスに、フレアデニムでちょうどいい遊びのニュアンスを添えて。ライトブルーのデニムを選んで、淡いトーンの愛されコーデを意識!パンツ¥11990/バロックジャパンリミテッド(スライ) ブラウス¥14000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(オドラント) 靴¥17000/ダイアナ 原宿店(ダイアナ ロマーシュ) バッグ¥54000/リエス(メゾン ボワネ) ピアス¥2900/AKTE ブレスレット¥1800/お世話や(Osoin)「美脚」見えってだけで自信がつくから。フレアデニムに頼らない手はないっ!!▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『シップス・ブルーブルー』の白デニムスカートタイト&ロングなシルエットで、白でも膨張知らずの美スタイル♡ ポケットのボタンがマリンなムードで春夏にぴったり。タイトなトップスで縦長ラインを強調すれば着やせも叶う。スカート¥16000/ブルーブルー(シップス・ブルーブルー) ニット¥9000/ピーチ(スアデオ) 靴(一部店舗のみ販売)¥2490/ジーユー バッグ¥60000/ビショップ(マリア ラ ローザ) ピアス¥1925/サードオフィス(ROOM) スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ)フレアやプリーツも!? 「白いデニムスカート」がものすごい進化を遂げている!▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『テクスチャーウィーメイド』のデニム×かごバッグのコーデ【デニム×かごバッグ】フランス語で「マルシェ(MARCHE)=市場」という意味ですが、最後に「R」を足すと「MARCHER=歩く」という意味になるそう。ブランド名のとおり、おしゃれを一歩先に進めくれる、トレンド感溢れるデザインが豊富!バッグ¥18000(マルシェ)・リング¥10000(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ パンツ¥18000/フォーティーン ショールーム(テクスチャーウィーメイド) ブラウス¥23000/アナディス(エルマフロディット) 靴¥12000/シップス 有楽町店 ピアス¥2481/サードオフィス(ROOM)とびきり今っぽいかごバッグパレード☆ 注目したいのはこの5ブランド!▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『リー』のデニムコーデ急な夏日には、新しいライトブルーデニムでひと足お先に夏っぽコーデにトライ! ちょい太めのパンツにきれいな水色カーデをインして女性らしさをプラス。デニムでワントーンって意外とやったことなくて新鮮だし、シルエットにメリハリを出すだけで気軽なカジュアルコーデがちょっと素敵に。すっきりVネックや足首の抜け感も美人なポイント♡ オフ白の靴&バッグで軽快に仕上げて、最高に爽やかな初夏スタイルを満喫して。パンツ¥12000/リー・ジャパン カスタマーサービス(リー) カーディガン¥23000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) 靴¥45000/TOMORROWLAND(LOQ) バッグ¥3990/アメリカンイーグルアウトフィッターズ ピアス¥14000/バフ ネックレス¥4200/サンポークリエイト(アネモネ) リング¥19000/フォーティーン ショールーム(リリーズ)【今日のコーデ】気温25度を超えたらライトブルーデニムでさわやかなワントーンコーデ! <土屋巴瑞季>▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『ヤヌーク』のデニムコーデボーイズライクなコーデも脚のラインで華やかに! 旬のベストとも相性よし。"シルエットがフレア"、それだけで上級者っぽいカジュアルに仕上がる。パンツ¥24000/カイタックインターナショナル(ヤヌーク) ベスト¥22000/ショールーム セッション(アダワス) Tシャツ¥8000/ゲストリスト(アッパーハイツ) 靴¥18500/グラビテート(カミナンド) バッグ¥19000/ジオン商事(ドレスレイブ/ファビオ ルスコーニ) イヤリング¥1400/お世話や(Osewaya)「美脚」見えってだけで自信がつくから。フレアデニムに頼らない手はないっ!!▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『シー』のデニムコーデ×ピンクチークデニムコーデの日に「チーク」が必要なワケ。服がシンプルならメイクはほんのり甘く&愛らしくが正解なんです! ピンクチークをほお全体に広く、ふわっと入れてにじみ出るような血色感を。チャーミングな愛らしさにキュン。パンツ¥28000/エスストア(シー) カットソー¥15000・バッグ¥7000/フィーニー タンクトップ¥7800/シンゾーン ルミネ新宿店 靴¥58000/ピルグリム サーフ+サプライ(マルティニアーノ) イヤリング¥1300・リング¥1300/お世話や(LIMITED NUMBER)デニムコーデの日に「チーク」が必要なワケ。服がシンプルならメイクはほんのり甘く&愛らしくが正解なんです!▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 【20代におすすめ夏のデニムコーデ】『GU』のデニムコーデシンプルな白Tとでも一瞬でさまになるのは、今っぽさをたっぷり含んだフレアデニムのおかげ。色は濃いインディゴ、小物は女性らしく。パンツ(一部店舗のみ販売)¥2490/ジーユー Tシャツ¥4500/シップス 有楽町店 ジャケット¥59000/ブルーブルー 靴¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥16000(メゾン ヴァンサン)・スカーフ¥16000(マニプリ)/フラッパーズ ピアス¥1500/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥25000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ウィリアムエル1985)「美脚」見えってだけで自信がつくから。フレアデニムに頼らない手はないっ!!▲【夏のデニムコーデ特集】トップに戻る 20代におすすめ夏のデニムコーデ関連特集もチェック♪夏コーデ特集《2019年版》- 20代レディース向けのプチプラコーデやスポーツミックスコーデなどオフィスカジュアルまとめ《2019年夏》- 20代におすすめのコーディネートとは?プチプラブランド特集 - 2019年夏に、20代女子が実際に買ったものは?普通の服とメイクの"おしゃれな関係"、知ってる?《2019春夏》- 20代女子のメイクで変わる毎日コーデデニムコーデ特集《2019春》- 20代におすすめのおしゃれなデニムは?(レディース)
  • 独特の魅力を持つ「白アイテム」。ワードローブに投入すれば、オンオフ問わず毎日のコーディネートがもっと素敵に! 40代を輝かせる夏の白コーデをお届けします。 【目次】 40代・夏の白コーデ:ジャケット編 40代・夏の白コーデ:トップス編 40代・夏の白コーデ:パンツ編 40代・夏の白コーデ:スカート&ワンピース編40代・夏の白コーデ:ジャケット編■白のサファリジャケット×スカートコーデふんわり広がるマキシフレアのボリュームを、ショート丈が軽やかに受け止める。サファリジャケットの辛さと、女らしい甘さのあるスカートの相性は折り紙つき。なかでもコンパクトな上半身を作るノーカラーのショート丈なら、夏の華やかボトムの代表格、マキシ丈のフレアスカートもバランスよく決まる。インナーも白でつなげて上半身にまとまりを。リネン×レーヨン混のシャリッとした素材感で、真夏のはおりものとしても重宝しそう。ジャケット¥34,000/デ・プレ(デ・プレ) ニット¥16,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカート¥33,000(ハウント)・バングル¥22,000(アニー)/ゲストリスト(ハウント代官山) バッグ¥36,000/コード(ヴァジック) 靴¥22,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)▶白のサファリジャケットとスカートの詳細はこちら■白のサファリジャケット×ワイドパンツコーデマニッシュなアイテム同士の組み合わせはグラデーション配色で女らしさを演出。アイボリー寄りのニュアンスのある色みを出発点に、パンツからインナー、小物までベージュ系で統一。旬度満点のロング&ビッグながら、ウエストを絞って着るとぐっと女らしい雰囲気に。ジャケット¥34,000・タンクトップ¥6,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥34,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥34,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥18,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥8,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ラヴァンチュール マルティニーク) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶白のサファリジャケットワイドパンツの詳細はこちら■白のサファリジャケット×デニムパンツコーデフレンチマリンなデニムコーデに大人の余裕を漂わせて。大人のカジュアルスタイルを牽引するブランドの一着は、すっきりとしたシルエットとどこかクラシカルなディテールのバランスが絶妙。ともするとボーイッシュになりがちなブルー×白のボーダーやロールアップデニムも、白サファリの大人っぽさ、今っぽさがあれば、ぐっと洗練された仕上がりに。ジャケット¥76,000/マディソンブルー カットソー¥9,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) デニムパンツ¥25,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) メガネ¥40,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン  7285) イヤリング¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(グーセンス パリ) バッグ¥55,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ヘリュー) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ▶白のサファリジャケットとデニムパンツの詳細はこちら■白のデニムジャケット×ワンピースコーデブラウン×白の合わせはアラフォーを美人に見せてくれる配色。背中がVあきのブラウンのロングワンピースに白デニムジャケットを羽織ることで上品さをプラスして。かごバッグとサンダルで抜け感と夏らしさを演出。 ワンピース¥19,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) デニムジャケット¥42,000/マディソンブルー バングル¥24,000/ビームスハウス 丸の内(キャッツ) バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ) 靴¥45,000/オデット エ オディール 新宿店(ジョックス アンド アン)▶白のデニムジャケットとワンピースの詳細はこちら40代・夏の白コーデ:トップス編■白シャツ×レギパンコーデレギパンにビッグシャツの逆三角形シルエットで、バランスよく! 伸縮性があり、ストレスフリーなのもレギパンの魅力。丈に前後差があるビッグシャツをふわっと重ね、気になるおなかやおしりまわりをさりげなくカバー。逆に膝から下のラインや手首など、細い部分はあえて見せて。隠すところは隠す、見せるところは見せる作戦で、メリハリのあるすっきりシルエットに。 パンツ¥37,000/REYC シャツ¥9,900/ノーク ピアス¥12,000・バングル¥15,000/ドレステリア 銀座店(フィリップ オーディベール) バッグ¥62,000/essence of ANAY(I メゾン ボワネ) 靴¥85,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶白のシャツとレギパンの詳細はこちら■白のシルクブラウス×リネンパンツコーデ動くたびにドラマティックに揺れる、たっぷりとしたボリューム袖や、シルクならではのなめらかなテクスチャーが女らしさを生むスモックブラウス。リヨセル、ポリウレタンを混紡することでハリ感を高めたリネンベースのグルカパンツと合わせ、異素材&甘辛のダブルMIXコーデに。シルクブラウスのもつコンサバさがほどよく抑えられ、大人のための上質なカジュアルコーデに仕上がって。ブラウス¥29,000/サード マガジン パンツ¥24,000(スタニングルアー)・靴¥65,000(アレクサンドル バーマン)/スタニングルアー 青山店 バッグ¥134,000/ジミー チュウ▶白のシルクブラウスとリネンパンツの詳細はこちら■白のブラウス×ワイドのデニムパンツコーデおしゃれな見た目はもちろん体型カバーも叶うワイドのデニムパンツに、女性らしいサンダルやふんわりブラウスで華やかさをプラスして。ブラウスはボトムインにして清潔感を。ワイドパンツはずっと座っていても太ももまわりに余裕があってきつさを全く感じないストレスフリーな休日コーデ。ブラウス¥25,000/サード マガジン デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) イヤリング¥9,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥98,000/フレームワーク ルミネ新宿店(ヤング&オルセン) 靴¥28,000/アマン(イルサンダロ オブ カプリ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル青山店(ヴィクター&ロルフ)▶白のブラウスとデニムパンツの詳細はこちら■白のカットソー×グレーのタイトスカートコーデ白×グレーで涼しげにまとめてきれいめな着こなしに。体のラインを拾わないビッグシルエットのスウェットをオフィス仕立てにするには、カットソーの裾を少しだけウエストインして、ふわっとおなかにかぶせるようにするだけの垢抜けテクニック。さらに色のトーンを白&グレーでシンプルにまとめ、パールとポインテッドトゥのパンプスを合わせることで、カジュアルになりがちな着こなしがほんのりコンサバに寄せて。カットソー¥18,000/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー) スカート¥33,000/ebure ストール¥27,000/リンク・セオリー・ジャパン(ファリエロ サルティ/セオリーリュクス) ネックレス¥19,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) バッグ¥43,000/アオイ(ティラ マーチ) 靴¥38,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶白のカットソーとタイトスカートの詳細はこちら■白Tシャツ×ワイドデニムパンツコーデ白Tシャツとデニム、王道アイテムこそアップデートが必要。今年らしいワイドのデニムパンツに大きめの白Tシャツをイン。カジュアルになり過ぎないように小物で大人っぽくシフト。このままディナーにも行かれるようにベージュのジャケットを持って。Tシャツ¥9,900/エイトン青山(エイトン) 手に持ったジャケット¥57,000/ebure デニムパンツ¥27,000/アマン(アンスクリア) 靴¥22,000/essence of ANAYI(ファビオ ルスコーニ) ネックレス¥46,000/ココシュニック バッグ¥128,000/ウィム ガゼット青山店(ザンケッティ)▶白Tシャツとデニムパンツの詳細はこちら■白ブラウス×美脚パンツコーデほどよく地厚な素材なので脚のラインを拾いにくく、美脚に見せてくれる優秀パンツに、トップスはきちんと感とふんわり感を兼ね備えた白ブラウスでシンプルにバランスよく着こなしたオフィスコーデ。バッグと靴はベージュで統一しきちんと感を。ブラウス¥15,000・パンツ¥13,000(エムセブンデイズ)・ショルダーつきレザーバッグ¥31,000(ジャンニ キアリーニ)・ポインテッドトゥバックストラップパンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物▶白ブラウスとパンツの詳細はこちら■白Tシャツ×ジャケット×ワイドパンツコーデすっきり見えがむずかしい白系のワントーンも、バランスよく! Tシャツをコンパクトにしてインのコーデをピタふわシルエットにすれば、大きめジャケットをバサッとはおってもグッドバランスに決まる。仕上げに小さめバッグやパールでさりげなく旬のアクセントを加えれば、さらにメリハリとしゃれ感がアップ。パンツ¥28,000/オーラリー ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) Tシャツ¥14,000/エイトン青山(エイトン) ネックレス¥18,000/バーニーズ ニューヨーク(ベン アムン) バッグ¥73,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶白Tシャツとジャケットの詳細はこちら40代・夏の白コーデ:パンツ編■ネイビーのブラウス×白デニムパンツコーデ大人のホームパーティはきれいめ感はキープしつつ動きやすい服装がマスト。切りっぱなしでほどよくカジュアルな白デニムは、そんなシーンの強い味方に。トップスは清潔感のあるネイビーブラウスをチョイスしてきちんと感も演出。デニムパンツ¥17,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ブラウス¥29,000/ebure ピアス¥20,000/ココシュニック バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック)▶ブラウスと白デニムパンツの詳細はこちら■ブラウンのカットソー×白のワイドパンツコーデメンズライクなボリュームシルエットのワイドパンツに女性らしいラインを加えて。独特のハリのある生地で着映え効果満点。かなり太めのワイドだけど、ハの字形に入ったフロントタックで腰まわりすっきり。パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) カットソー¥10,000/アングローバル(イレーヴ) ベルト¥8,000/コントワー・デ・コトニエ  ジャパン(コントワー・デ・コトニエ) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラ メゾン ド リリス) ピアス¥32,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥49,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥34,000/オルサ(オルセット) 靴¥45,000/オデット エ オディール 新宿店(ジョックス アンド アン) ▶カットソーと白ワイドパンツの詳細はこちら■グリーンニット×白デニムパンツコーデ白デニムパンツ×グリーンニットのさわやか配色で。ボートネックで鎖骨がきれいに見えるリブニットは着痩せ効果も抜群。クリアなピアスとバッグが夏ムードを盛り上げる!デニムパンツ¥17,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ニット¥14,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック) 靴¥32,000/アマン(ペリーコ サニー) イヤリング¥13,000/マルティニークルコント梅田(ルーカス ジャック)▶グリーンニットと白デニムパンツの詳細はこちら■マスタードカラーのブラウス×白ワイドパンツコーデ清潔感たっぷりのクロップドワイド。ストレッチ入りではき心地も抜群!女っぷりを上げる足首の抜け感と、脚のラインを拾わない安心感。働く女性から絶大な支持を得るブランドならではの、一挙両得な一本。ほどよく肉厚なストレッチ素材で、下着の透けも気になりにくい。ベルトループのないミニマムなウエストデザインは、ボリュームトップスをゆるっとインする着こなしもきれいに決まる。パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ブラウス¥17,000/エリオポール代官山(エリオポール) ピアス¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(アプレスキー) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥38,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット)▶ブラウスと白ワイドパンツの詳細はこちら■ボーダーTシャツ×ジャケット×白ワイドパンツコーデシワになりにくいとろみ素材の一本は、オフィスシーンにもぴったり。細身ではなくやや太めのテーパードシルエットで、今どきの女らしさを表現。ピシッときいたセンタープレスも、美脚見えに効果大!パンツ¥23,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) ジャケット¥69,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(クチュール ド アダム) Tシャツ¥22,000/ マディソンブルー サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥13,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥120,000/グローブ・トロッター  銀座(グローブ・トロッター) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶ジャケットと白ワイドパンツの詳細はこちら■ボーダーニット×白ワイドパンツコーデ定番ボーダーとは一味違うマルチカラーボーダーなら、しゃれ感と清潔感が一挙両得! 洗練された大人マリンに挑戦するなら鮮やかなブルーにブラックをトリミングした進化系ボーダーをチョイス。まずアラフォーがボーダーを着るなら上質なものを選ぶべし。18ゲージという超繊細なコットンニット素材はカシミアに匹敵する上質な光沢を持っているので、ボーダーのカジュアル感を大人仕様に。しかもこの進化系ボーダーニットは後ろすそが長いロング丈なので、すそをアウトで着てもどちらもキマるのが嬉しい。ニット¥53,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥56,000/ロンハーマン(OAD) ストール¥14,000(エンリカ)・バングル¥56,000(シンパシーオブ ソウル スタイル)・靴¥25,000(スペルタ)/フラッパーズ▶ボーダーニットと白ワイドパンツの詳細はこちら■白Tシャツ×ジャケット×白ショートパンツコーデきれいめに着られる珠玉の白Tシャツを味方に、トレンドを満喫。上品な光沢とほどよい厚み、大人のためのきれいめTシャツの決定版。再びトレンドに戻ってきたショートパンツ合わせも、品よく決まる。メガネ、ベルト、バッグは黒でコーデを引き締めて。Tシャツ¥7,800/スローン ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥141,000(ザンケッティ)/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店 パンツ¥23,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) メガネ¥27,000/オプティカルテーラー クレイドル青山店(GLCO) ネックレス¥14,000/フレームワーク ルミネ新宿店(フレームワーク) ベルト¥16,000/サード マガジン(プントヴィータ) バングル¥45,000/TOMORROWLAND(アンコモンマターズ) ストール¥29,000/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン)▶白Tシャツと白ショートパンツの詳細はこちら■黒のシャツワンピース×白のテーパードパンツコーデ配色とシルエットの美しさで、凛としたたたずまいに。黒と白のコントラストと、ピシッとプレスのきいたクリアホワイトの細身テーパードパンツ。夏素材ならではのパキッとしたクリーンさが、着こなしにさわやかな清涼感をもたらしてくれる。ルーズになりがちな夏の装いに、切れ味のいい女らしさを生んで。パンツ¥42,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) シャツワンピース¥21,000/フレームワーク ルミネ新宿店(マドモアゼル) カットソー¥16,000/ロンハーマン 頭に巻いたスカーフ¥19,000/ウィム ガゼット青山店(アルテア) イヤリング¥11,000/ビームス ハウス 丸の内(べべ) バングル¥18,000/プラージュ 代官山店(ドミニク ドゥネーヴ) バッグ¥39,000/ミュラー オブ ヨシオクボ 靴¥75,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ) ▶シャツワンピースと白のテーパードパンツの詳細はこちら■黒の7分袖ニット×白のマリンパンツコーデマリンパンツのフロントディテールがおなかまわりカバーにも威力を発揮! ゴールドボタンがシンプルな着こなしにアクセントを生む、ストレッチデニム素材のマリンパンツ。脚につかず離れずの絶妙な太さと着映えデザインで、リッチ感漂う大人のカジュアルスタイルに。パンツ¥21,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥21,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ヘッドアクセ¥3,400/ティアラ(ラ ピエス) イヤリング¥13,000/デ・プレ(イリスフォーティーセブン) バッグ¥59,000/ANAYI スカーフ¥11,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥32,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶ニットと白のマリンパンツの詳細はこちら40代・夏の白コーデ:スカート&ワンピース編■ネイビーのブラウス×白プリーツスカートコーデ好感度たっぷりのネイビーとのコンビで、きれいめ白スカートの本領を発揮して。清潔感があって信頼感も増すネイビーブラウスと白スカートの王道通勤コーデも、今年は少し辛口を意識して。例えばシャツの延長線上で着やすいバンドカラーのブラウスと長め丈のプリーツスカートで2019年仕様にアップデート。腰まわりをすっきり見せるための切り替えプリーツやウエストインが決まるテープ使いなど、ひと手間考えられたディテールがたまらない。スカート¥24,000/アルアバイル ブラウス¥13,000/TOMORROWLAND(マカフィー) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バングル¥22,000/ゲストリスト(ハウント代官山/アニー) バッグ¥79,000・ストラップ¥44,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶ブラウスと白プリーツスカートの詳細はこちら■白ニット×白プリーツスカートコーデ日常をドラマティックに変える、ピュアホワイトのロングプリーツスカート。ほんのりモードなマキシ丈のプリーツスカートは、フレアほど甘くなく、合わせ方しだいではドレスアップもかなう便利な一枚。ゆったりとしたドルマンスリーブのリブニットとコンビスニーカーというリラクシーな着こなしも、白のもつきちんと感と華やかさのおかげで、ルーズさとは無縁の女っぷりのいいMIXスタイルに。¥18,000/エリオポール代官山(エリオポール) スカート¥59,000/ebure ピアス¥16,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュールズ) サングラス¥16,000/TOMORROWLAND バングル¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥59,000/アマン(ペリーコ) 靴¥20,000/ドゥロワー 六本木(ノヴェスタ)▶ニットと白プリーツスカートの詳細はこちら■レースの白ワンピース×レギンスコーデアラフォー的エスニックの正解! やや甘めのエスニックテイストが流行の今シーズン、目白押しなのがサックドレス。繊細な総レース、それも明度の高い白を選べば、ぐっと都会的かつフェミニンな印象に。シルバージュエリーやかごバッグでさらにエスニック気分を重ねて、一歩先行く大人の休日スタイルを満喫して。ワンピース(インナーキャミワンピースつき)¥79,000/ミュラー オブ ヨシオクボ レギンス¥12,000/サード マガジン ペンダント¥91,000/プラージュ 代官山店(ソフィー ブハイ) 太ボールショートネックレス¥71,000/エスケーパーズ(ハルポ) 細ボールロングネックレス¥37,000/ロンハーマン(アル ズニ) ブレスレット¥22,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ラバー) かごバッグ¥21,000/シティショップ(カテリナ ベルティーニ)▶レースの白ワンピースの詳細はこちら■白シャツワンピース×イエローストールコーデ少し高めの位置でシェイプされたウエストコンシャスなデザインの白のシャツワンピースは、メリハリボディと脚長感を演出。さらに清潔感があってクリーンな印象。ストンとしたシルエットのものだとパジャマ感が否めないけれど、こんな感じの落ち感のあるしなやかな素材や、ウエストコンシャスなデザインでメリハリ体型を意識すると、オフィスでもふさわしい雰囲気に。ワンピース¥43,000/クルーズ(ELIN) ブレスレット¥11,000/アルアバイル(フィリップ オーディベール) ストール¥27,000/ebure(ファリエロ サルティ) バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥26,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶白シャツワンピースの詳細はこちら■肩掛けカーディガン×白シャツワンピースコーデクリーンな白の魅力がきわだつシャツワンピースならではの清潔感を全面的におしだして。パープルのカーディガンを肩にかけて、さりげないさし色に。バッグとビットスリッパサンダルは黒でコーデを引き締めて、大人のカジュアルコーデの完成。ワンピース¥23,000(エムセブンデイズ)・カーディガン¥24,000(スローン)・デニム【Anniversary Highrise】¥19,000(レッドカード)・ショルダーバッグ【レヴューリザード】¥26,000(トフ&ロードストーン)・ビットスリッパサンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol▶カーディガンと白シャツワンピースの詳細はこちら
  • 都会の雑踏を忘れさせてくれる、おしゃれなカジュアルレストラン。みなさんこんばんは:) DAILY MOREでグルメや注目スポットを紹介しているライター愛ちあんです。今夜は、普段使いはもちろん、女子会や記念日のデートにもおすすめな「TRUNK(KITCHEN)」を紹介します。愛ちあん的に今イチオシのスポットです。「TRUNK(KITCHEN)」は、渋谷と原宿の中間にあるブティックホテル『TRUNK(HOTEL)』のメインダイニング。今年4月にリニューアルオープンしました。席数が増えたことで、より多くのシーンで使えるようになったんです。狙い目は、気持ちの良いテラス席やシェフとの会話も楽しめるオープンキッチン越しのカウンター席。洗練された雰囲気がありながら、良い意味で着飾る必要のない、心地よいレストランです。営業時間は朝7時から夜23時まで。渋谷や原宿って、朝早くからやっているお店が意外と少ないですよね。だから、朝からおしゃれな空間で素敵な朝食を味わえるのってとってもうれしい♡国産の野菜をはじめ、こだわりの肉類やシーフードを使用。素材をいかした料理が楽しめる♡朝食には、「スマッシュアボカドトースト」や「サワーミルクパンケーキ」、「グリークヨーグルト」などの健康的なメニューがラインナップ。ランチは、「マカロニチーズ」や「ボロネーゼ フェットチーネ」など、1品料理にスモールサラダがつくメニュー。そして、「ポークグリル」や「チキンスチームロースト」などから選んだメインと、おかわり自由のパンorライス、サラダがついたランチセットも。さらに、ボリューミーなサラダに、おかわり自由のパンがつくサラダセットもあります。ディナーも多彩なメニューが。「マッシュルームマリネ」や「スモークサーモン」など、軽くてつまみになる前菜的なもの。「フィレビーフグリル」や「フィッシュグリル ウィートレモンリゾット添え」などのがっつり系ももちろん! アラカルトメニューは1品540円からとリーズナブル。さらに、全6品のコースメニューの用意も。ちなみに愛ちあんのイチオシは、ディナーメニューの「アボカドフリット ハラペーニョ」。“アボカドのフリットって最高においしい!! 塩気とハラペーニョが絶妙!”と感動したんです。ぜひ、お試しあれ♡“おしゃれなレストランでおいしい時間を過ごしたい”。そんな時、ぜひ利用してみて♡▶︎▶︎その他メニューや予約は「TRUNK(KITCHEN)」公式サイトから
  • 2019年5月14日(現地時間)、第二次世界大戦中にドイツ軍の暗号を解読する基地だったブレッチリー・パークを訪れたキャサリン妃(37)。1944年6月6日のノルマンディー上陸作戦から、間もなく75年。キャサリン妃の祖母と大叔母が働いていた場所でもあることから、キャサリン妃にとっては特別な場所のようだ。 Photo : Getty Imagesこの日キャサリン妃がチョイスしたのは、アレッサンドラ・リッチのボタンシャツワンピース。真珠のドロップイヤリングにドレスと同系色のスマイソンのクラッチバッグを合わせ、エミーロンドンのスエードパンプスでコーディネート。そして、胸元に付けた小さなブローチは、祖母から受け継がれた思い出の品だそう。 Photo : Getty Imagesおなじみの可憐なスタイリング術で世間の注目をさらったキャサリン妃だが、今回の注目度はいつも以上! その理由は、ワンピースにあり。ネイビーに白い水玉模様のドレスといえば、ダイアナ元妃(享年36)のアイコニックなアイテムのひとつ。 Photo : Getty Imagesダイアナ元妃は1985年10月、ケンジントン宮殿で撮影されたオフィシャル写真で、類似したワンピースを着用。細かいディテールは異なるものの、小柄の水玉や白襟などは瓜二つで、一見、同じアイテムにも思えるほど。 昨年、チャールズ皇太子が70歳を迎えたのを記念して放送されたドキュメンタリー番組でもこのドレスを着用しており、どうやらキャサリン妃のお気に入りの一着であるよう。その際はキャサリン妃に抱っこされたルイ王子(1)の左手を、皇太子が両手で掴みながら微笑む様子など、微笑ましい姿が捉えられていた。 この投稿をInstagramで見る Wishing a very Happy 70th Birthday to The Prince of Wales! #HappyBirthdayHRH Two new photographs of The Prince of Wales and his family, taken by @ChrisJacksonGetty in the garden of Clarence House, have been released to celebrate HRH’s 70th birthday — visit @ClarenceHouse for more Kensington Palaceさん(@kensingtonroyal)がシェアした投稿 - 2018年11月月13日午後2時13分PST ちなみに、お値段1,750ポンド(約24万3000円)といわれるこのドレス。米テレビドラマ『SUITS/スーツ』でメーガン妃(37)と共演していた女優のアビゲイル・スペンサー(37)が、ヘンリー王子(34)とメーガン妃の結婚式で着用したものと全く同じものだということでも話題に。 ダイアナ元妃とキャサリン妃が出会う機会は一度もなかったが、ファッションセンスが世間で話題になるという点でも共通しているふたり。ダイアナ妃のファッションに現代的な要素をプラスし、スタイリッシュに着こなすキャサリン妃はまさに、現代のファッションアイコン。ダイアナ元妃へのオマージュが込められたコーディネートを、次に見せてくれるのはいつになるのか楽しみだ。 >>ダイアナ元妃とキャサリン妃、時を超えてシンクロするふたりのファッション >>年の差32歳! ダイアナ元妃の姪キティ、60歳ボーイフレンドとのツーショットを初キャッチ >>結婚も近い? キャサリン妃のイケメン弟ジェームズ・ミドルトン、新しいガールフレンドをSNSで紹介 text : Megumi Fujita
関連キーワード

RECOMMEND