キッチン編

SPUR.JP

どんなに整理してもモノがあふれがちなキッチン。飾るように収納すれば、調味料も野菜もインテリアになる!

素材にこだわってキッチンだってモードに

スタイリストN(以下N) キッチンって、どうしたって小さくてゴチャゴチャしたものが多い。少しでも快適に使え、かつ素敵に見えるコツを知りたいです!(切実)
編集O(以下O)天然木に、ホウロウにガラス。素材感がポイントと見た。①は栗の木のバスケットだって。

①doinel/Round Basket S(スタイリスト・大谷優依さん)

バスケット 〈H13×Ø18〉¥4,200/ドワネル

スペインでは昔から建材として用いられている 栗の木を、削り出して手編みしたバスケット。 「使いかけの茶葉の袋入れに。小さくて可愛い ので、見せる収納として利用」。
03-3470-5007
https://doinel.net/


ライターY(以下Y) グッドルッキングなかごは、収納としても優秀だし、インテリアのポイントにもなるんですよ!……と、ついかごばかり買ってしまう自分を擁護したい(笑)。
 滝口さんがおすすめしてくれてる②のバスケットもいいですねー。これはリネン製品を扱っているストアのもの。まさに、洗った布巾を重ねてしまうかごとしてもいいかも!スタッキングできるのもいい。

②フォグリネンワーク/ スタッキングバスケット (ネストローブ プレス・滝口和代さん)

スタッキングバスケット〈H15×W33× D25〉¥2,600/フォグリネンワーク

一点一点手作りのワイヤーバスケットは、どこか ぬくもりを感じる風合い。「キッチンではあらゆる かごを多用。これはスタッキングでき、収納力も魅力です」。
03-5432-5610
http://foglinenwork.com/


 ③も汎用性高そう! 芹澤さんは野菜の収納に使ってるそうだけど、編集Sも「レジ袋を入れるのにいいんですよー」って言ってた。

③LABOUR AND WAIT/ LONG HANDLED STRING BAG (エディター・芹澤雅子さん)

ストリングバッグ〈H36×W32〉 ¥1,500/レイバー・アンド・ウェイト・ トウキョウ(レイバー・アンド・ウェイト)

フランスのマルシェでおなじみの、小粋なバッグ。「野菜の収納用として。インテリアを引き締めてくれる黒を選びました」。
03-6804-6448
http://store.bshop-inc.com/


 密閉できるタイプのガラスのジャーも、何人もの人がリコメンドしてたアイテムですね。同じメーカーのもので揃えてずらっと並べるというのも、スッキリ見せるテクニック。
 調味料なんかはひと目でわかったほうが便利だけど、「スッキリ見せる」ということなら、モノによっては「隠す収納」にシフトしたほうがいいときもある。その点、④の安定感たるや! ホウロウは汚れや匂いも落ちやすいし、実用性も◎。

④マーガレット・ ハウエル ハウスホールド グッズ/ NODA HORO ROUND STORAGE(スタイリスト・ 野村奈央さん)

ラウンドストレージ〈H7.3×Ø12〉¥2,800・ 〈H14×Ø10.3〉¥3,500・〈H18×Ø19.5〉¥4,500/ アングローバル(マーガレット・ハウエル ハウス ホールドグッズ)

野田琺瑯のマーガレット・ハウエル別注カラー。「作り置きや食べかけのお菓子を入れています」。
03-5467-7864
https://www.margarethowell.jp/


 しかもこれはハウエル別注のニュアンスグレー! おっしゃれ!
 ホウロウ容器使ってる人って、保存食とかぬか漬けとか作ったり、素敵な暮らしをしているイメージ。⑤の米びつってのも欲しい! 桐の木の機能性ももちろんだけど、「米びつのある丁寧な生活」ってのにも憧れます……(涙)。

⑤東屋/米びつ(ライター・横溝桃子さん)

米びつ〈H18×W30×D24〉¥8,000/ コトゴト(東屋)

湿気を調整する機能が高い桐を使用。「お米をいい状態で保存したいと思い、日本ならではの米びつをセレクト。上蓋をまるごと取りはずせて、お手入れもしやすい」。
03-3318-0313
https://www.cotogoto.jp/


 確かに。でも私は⑥の無駄を省いた「プロ仕様感」にもぐっとくるなー。だって名前が「現場のチカラ」だよ! ロハコなら最短翌日届けだし、ポチり欲高まる一方!

⑥LOHACO/ アスクル「現場のチカラ」 軽量薄型 折りたたみコンテナ「フタ一体型」 (料理家/ties代表・遠藤千恵さん)

コンテナ〈H28.3×W36.6×D53〉 ¥1,672/LOHACOお客様サービスデスク(LOHACO)

軽量で薄型のコンテナは、スタッキングも可能。「職業柄、たくさん持っている器の収納に使用しています。使わないときは折り畳めてコンパクトになるのが便利」。
0120-345-987
https://lohaco.jp/

⑦KILNER/ ラウンド クリップ トップ ジャー (スタイリスト・前田かおりさん)

ガラスジャー〈H17.8×Ø10.5〉 ¥1,000/sixem(キルナー)

イギリスの家庭で長く愛用される定番の保存容器。「数種類のキルナーのジャーを保存するものによって替えて使っています。だし用の昆布、いりこはこのタイプ」。
03-6417-9830
http://sixem.com/

>>バスルーム&ランドリー編

関連記事
  • 2019年におすすめの春コーデをまとめてお届け! 春アウターとして定番のジャケット、GジャンやGUのプチプラコーデなど。今年っぽく着こなすために、参考にしてみてくださいね。※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売が終了している場合があります。2019年に着たい春コーデ特集【目次】【2019年 春コーデ見本1】Vネックのリブカーデでコーデ【2019年 春コーデ見本2】マキシ丈のスカートコーデ【2019年 春コーデ見本3】ノーカラーのシャツワンピコーデ【2019年 春コーデ見本4】ストレートデニムコーデ【2019年 春コーデ見本5】GUのマウンテンパーカコーデ【2019年 春コーデ見本6】GUのスウェットプルオーバーコーデ【2019年 春コーデ見本7】GUのリブナローミディスカート【2019年 春コーデ見本8】GUのオックスフォードシャツコーデ【2019年 春コーデ見本9】GUのハイウエストストレートジーンズでコーデ【2019年 春コーデ見本10】GUのストライプナローミディスカートコーデ【2019年 春コーデ見本11】ジャケットコーデ【2019年 春コーデ見本12】Gジャンコーデ【2019年 春コーデ見本13】パーカコーデ【2019年 春コーデ見本14】ラベンダー×ピンクの春色コーデ【2019年 春コーデ見本15】ボーダーカットソーコーデ【2019年 春コーデ見本1】Vネックのリブカーデでコーデ春らしさと女らしさ、適度な肌見せがあるから叶うこと。コートを着てもクリーンな色味と肌見せの抜け感がきいて軽やかな印象になる。カーディガン¥21000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) コート¥75000/グッドスタンディング(リノ) スカート¥13000/ゲストリスト(ステートオブマインド) バッグ¥15000/ティアラ イヤリング¥3300/サンポークリエイト(mimi33)【2019年 春コーデ見本2】マキシ丈のスカートコーデ控えめな揺れ感、長め丈。それが私たちにちょうどいい白。マキシ丈なら淡い色でも寒そうに見える心配ナシ。すっかり着慣れたブラウンもフレッシュに。>スカート¥8900/ノーク シャツ¥23000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ニット¥1490/セブンデイズサンデイ マークイズみなとみらい 靴¥36000/リーガル コーポレーション(リーガル) バッグ¥16000/ルーニィ メガネ¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ タイツ¥1000/タビオ【2019年 春コーデ見本3】ノーカラーのシャツワンピコーデワンピースの上にはおるだけ。どんなカラーも中和して、カジュアルだけど大人っぽい、でしょ?ワンピース¥33000/メイデン・カンパニー(インディビジュアライズド シャツ) ワンピース¥10000/パリゴ 丸の内店 靴¥27000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥9600/ハリウッド ランチ マーケット(サンフランシスコ) 帽子¥6400/CA4LA ショールーム イヤリング¥2500/サンポークリエイト(mimi33) ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン) 靴下¥900/タビオ【2019年 春コーデ見本4】ストレートデニムコーデ春になったらジャケットと一緒に。カジュアルダウンしつつきれいめにまとまるのがうれしい。パンツ¥14000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) ジャケット¥13000/ノーク Tシャツ¥9800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥5800/コンバース バッグ¥28000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 ピアス¥1600/ジオン商事(スリーフォータイム) バングル¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)【2019年 春コーデ見本5】GUのマウンテンパーカコーデマウンテンパーカSIZE:S、M、L、XL/PRICE:¥2990コンパクトでフェミニン派の人も着やすい。パーカ/GU ワンピース¥17000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥19000/ティアラ(ジャンニ ノタロ) イヤリング¥15000(ラダ)・ブレスレット¥11000(フィリップ オーディベール)/ノーリーズ&グッドマン銀座本店【2019年 春コーデ見本6】GUのスウェットプルオーバーコーデスウェットプルオーバーSIZE:XS、S、M、L、XL、XXL/PRICE:¥990トライしやすいプライスも魅力的な、クリーンな白のスウェット。スウェット/ジーユー ニット¥8800・パンツ¥13000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店 コート¥58000/アナディス(ディレクトワール) バッグ¥47000/TOMORROWLAND0(CARBOTTI) ピアス¥13800/フォーティーン ショールーム(リリーズ) 時計¥20000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ウィリアム エル1985)【2019年 春コーデ見本7】GUのリブナローミディスカートリブナローミディスカートSIZE:XS、S、M、L、XL、XXL/PRICE:¥1990 “重素材のスカート”も発見。オフホワイトは春服に合わせやすい。スカート/ジーユー Gジャン¥9800/ミラ オーウェン ニット¥16000/Stola. 靴¥29000/アナディス(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥12027/ザラ・ジャパン(ザラ) ピアス¥4600/リエス(ラ ピエス) バングル¥51000/バフ スカーフ¥2500/ローリーズファーム ソックス¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)【2019年 春コーデ見本8】GUのオックスフォードシャツコーデオックスフォードシャツSIZE:S、M、L、XL/PRICE:¥1990水色のシャツは体が泳ぐような大きめのサイズ感が今どき。Tシャツとのレイヤードも決まる。シャツ(一部店舗のみ販売)/ジーユー Tシャツ(2枚セット)¥2500/ヘインズブランズ ジャパン スカート¥16000/ドロシーズ バッグ¥6400/ルクールブラン メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング¥2380・ネックレス¥3500・リング(5本セット)¥2400/サンポークリエイト(アネモネ)【2019年 春コーデ見本9】GUのハイウエストストレートジーンズでコーデハイウエストストレートジーンズSIZE:XS、S、M、L、XL、XXL/PRICE:¥2490「甘くない白」はデニムで取り入れたい。脚長効果の高いハイウエストがうれしい『GU』の名品はボーダーやキャスケットとマリンスタイルを楽しんで。パンツ/ジーユー コート¥58000/ボウルズ(ハイク) カットソー¥11000/ゲストリスト(ルミノア) 靴¥18500/ダイアナ 原宿店(ダイアナ ロマーシュ) バッグ¥48000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 帽子¥11000/CA4LA ショールーム ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン)【2019年 春コーデ見本10】GUのストライプナローミディスカートコーデストライプナローミディスカートSIZE:XS、S、M、L、XL、XXL/PRICE:¥1990ベージュベースのストライプ柄×タイト、主役にしたい一枚。スカート/ジーユー ニット¥28000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥6500/ジーナシス スカーフ¥1400/ハリウッド ランチ マーケット ピアス¥2900・リング¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)【2019年 春コーデ見本11】ジャケットコーデリネンのパンツコーデにさっとはおる。“カッコいい”のがうれしい! 辛口になりすぎず、女らしさも感じる、今、憧れのスタイル。ジャケット(冬のコーデと同じもの)¥36000/ボウルズ(ハイク) Tシャツ¥8000/ザ テント代官山店(マルシャル・テル) パンツ¥23000/リエス バッグ¥4900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 ピアス¥10200・ブレスレット¥16000/ガス ビジュー 青山 スカーフ¥3900/クリア インプレッション ヘアゴム/ヘア&メイク私物【2019年 春コーデ見本12】Gジャンコーデ春本番は前を開けて、袖をまくって軽やかに。Gジャン(冬コーデと同じもの)¥24000/デイリーショップ(アイディー デイリーウェア) ベスト(2月中旬発売予定)¥5800/ナチュラルビューティーベーシック Tシャツ(2枚セット)¥3000/ヘインズブランズ ジャパン スカート¥49000/ブルーバード ブルバード 靴¥28000/リーガル コーポレーション バッグ¥41000/コード(ヴァジック) イヤリング¥2200/サンポークリエイト(アネモネ) メガネ¥31000/モスコット トウキョウ 時計¥17000/コモノ東京 ソックス¥1800/ブロンドール 新丸の内ビル店【2019年 春コーデ見本13】パーカコーデ親しみやすくて、甘すぎなくて。デートにも最適! 甘い服をほどよくカジュアルダウンしつつ、フードがあるから可愛げもキープする。実はスカートやワンピにこそ合わせたい一着。パーカ¥13000/ムルーア ワンピース¥13000/ノーク 靴¥28000/グッドスタンディング(リノ) バッグ¥26000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 帽子¥1990/ユニクロ ピアス¥1700・バングル¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)【2019年 春コーデ見本14】ラベンダー×ピンクの春色コーデ外の寒さや歩きやすさを気にしなくていいドライブデートは、新しい季節のおしゃれを彼にいちばんにお披露目する絶好のチャンス! Vネックカーデとテーパードパンツの王道きれいめコーデを、クリーンな甘さのラベンダーとペールピンクで春らしく彩って。パンツなら車の乗り降りもラクチンだし、歩き回らないから華奢なサンダルでおしゃれを優先。白Tやバンダナを巻いたメッシュバッグで休日のカジュアル感もさりげなく取り入れて♪カーディガン¥7800・Tシャツ¥4200・パンツ¥8300・靴¥9800・バッグ¥10400・スカーフ¥6800/ミラ オーウェン 新宿ルミネ2【2019年 春コーデ見本15】ボーダーカットソーコーデ感度高めのグリーンのテーパードパンツで、手持ちのボーダーカットソーを鮮度上げ! 白黒ボーダーに無造作に肩かけした黒ニットでこなれたニュアンスを。上半身をモノトーンでシックにまとめておけば、インパクトのある柄×色でも手軽なワンツーコーデでも、どこか洗練感のある仕上がりに。斜めがけバッグや丸っこフレームのメガネ、おちゃめな遊び心も忘れずにね♪カットソー¥14000/ゲストリスト(ルミノア) パンツ¥13800/フリークス ストア渋谷(フリーダ) ニット¥21000/ラ・エフ 靴¥25000/ドゥエ パッシ ペル ウォッシュ ルミネ横浜店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥21800/ビショップ(ブレディ) メガネ¥42000/アイヴァン 7285 トウキョウ リング¥3200/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン)
  • 仕事で煮詰まった気分を、春めくラベンダーカラーのワントーンで明るく転換!「デザイン性の高い家電」が新商品のテーマだけれども、アイデアが浮かばない…! 新商品のアイディア出しに行き詰まり、起きたときから悩みモード。そんな気持ちを払拭したくて、春トレンドを取り入れた明るい色のスタイルに。可愛げなラベンダーのグラデーションのおかげで、沈んだ気分をなんとかごまかしつつも頭の中はまだまだスランプ状態。親友の花に、メールで相談してみようかな。ニットトップス¥5436/ギャップフラッグシップ原宿(ギャップ) スカート¥11000/シティーヒル(ペルルペッシュ) コート¥64000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス×エリン) イヤリング¥7500/ヒーマンウーマン(アレクサンドリン) バッグ¥55000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) 靴¥23000/フレイ アイディー ルミネ新宿2 店(フレイ アイディー)【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里 丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客データの解析や資料作りなどで内勤が多めの勤務スタイル。甘めのフェミニンスタイルが好みの半面、食は辛党。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【トレンド服】ラベンダーニット春色で、暖かさはキープしつつ軽さを加えて。ちょっぴり長めの丈でほどよいカジュアル感も。¥5436/ギャップフラッグシップ原宿(ギャップ)【トレンド服】ラベンダーフレアスカート風に揺れるフレアで春の訪れを感じたい。少し長めにアップデートされた丈感で、こなれた印象をつくって。¥11000/シティーヒル(ペルルペッシュ)【ベーシック服】フレアトレンチコートマニッシュなイメージのトレンチも、きれいに広がるシルエットで女らしく。¥64000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス×エリン)「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>> 関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】JILL by JILLSTUART ◆ドレストレンチコート ¥21,000+税【関連商品】OZOC 【WEB限定カラーあり・洗濯機で洗える・抗菌防臭・蓄熱】ソフトウォームニット ¥1494(¥2990の50%オフ) +税撮影/坂根綾子 スタイリスト/小川ゆう子 文/衛藤理絵
  • ベーシックな色のニットは毎年買い足したくなるマストアイテム。今季は袖がかわいいニットで変化を。ハイゲージのハイネックホワイトニット。なら定番ですが、袖がレースの春らしいニット。 肘のあたりから切り替えしで模様が変わり、袖口にむかって膨らんだ形がとってもかわいいんです。 armoire capriceのインポートものでブラックもありましたが、迷わずホワイトに!後ろ姿はこんな感じ。レースの模様も形も色もいいでしょ~♡2月に入って気温の変化が激しく寒い日も多かったので、暖かくなると聞いてようやくデビュー。 のはずが、実は気温が上がらずレザージャケットを羽織っても寒かったこの日。かわいらしいニットには甘くなりすぎないように、CEPIE.のマキシ丈タイトスカートを。 MIO NOTISのシューズとCachellieのショルダーはシルバーで春らしさを意識しました。 レザージャケットとその上のコートを脱いで撮ってもらったので寒い寒い でも寒さを表情に出してはいけないのよ!と言いながら頑張りました(笑) アウターが要らないくらいに暖かくなったら、キレイ色のスカートやデニムにも合わせたい。 春は私の一番好きな季節。もうそこまで来てますね♪華組 沢辺史ブログ
  • 電車のつり革を持つとき、パソコンのキーボードを叩くとき、スマホを操作するとき……、日々の生活の中で必ず目に入る指先は、お気に入りの色で彩りたい。そんな願いに応えるネイルカラーがエレガンス クルーズからデビュー。30色(+限定3色)もの多彩なラインナップだから、どんな気分にも、どんなシーンにもマッチする1色が見つかるはず。 エレガンス クルーズ フローリック ネイルラッカー 全30色 各¥1,500(2019年3月18日発売)きらめく海、鮮やかに咲き誇る花、夕陽に染まる空。エレガンス クルーズの新しいネイルは、ブランド名が示す通り、クルーズ(=旅)シーズンに目にする豊かな色彩を表現したラインナップ。肌なじみのいいベーシックカラーから、装いの主役になるインパクトたっぷりの色まで、圧巻のカラーバリエーションが揃う。 もちろん、ネイルとしての機能も優秀。速乾性にすぐれたクイックドライベースを採用し、素早く乾いて重ね塗りもしやすい。グリッターカラーはラメ・パールを盛り付けるように塗布できるので、ネイルデザインを楽しみたい人にとっても使い勝手良好。 エレガンス クルーズ フローリック ネイルラッカー 限定3色 各¥1,500(2019年3月18日発売) また、同日発売の限定カラーも登場。こちらはスペインのイビザ島をテーマに、自由で陽気な輝きを表現した3色のラメカラーが揃う。 手元はヌード系でシンプルにまとめて、足元はモードなカラーリングを楽しむのもいいし、単色×ラメを組み合わせて自分だけのデザインを見つけるのも◎。目移りしそうなほど豊富なラインナップの中から、あなたはどれを選ぶ? エレガンス クルーズhttps://www.elegance-cosmetics.com/cruise/0120-766-995 text:Tomomi Suzuki>>ビューティニュースまとめ
  • 近年は、カジュアル派だけでなくきれいめ派もコーディネートに取り入れるなど、すっかり大人女性の定番アイテムとして定着したスニーカー。 2019年春は、トレンドのダッドスニーカーや春らしいきれい色カラー、メタリックな艶感が高見えするスニーカーなど、定番アイテムだからこそ新鮮さを取り入れアップデートしませんか? 【enchanted (エンチャンテッド)】には、トレンド・春色はもちろん、軽くて履き心地の良さが自慢のスニーカーが揃っています! 今日はその中からおすすめのスニーカーをご紹介していきます♪ ※ご紹介する商品の中には、一部予約商品が含まれています   enchanted/ベルクロダットスニーカー/¥10,000+税 春も引き続き人気継続中のダッドスニーカー。 厚底ソールがボリューム感ある足元を演出し、いつものスタイリングにプラスするだけでトレンド感&おしゃれ度がグッとあがります! ボリュームのあるシルエットは、コーディネートにも取り入れやすく、ワイドパンツやスカートと合わせるなど幅広く活躍してくれるアイテムです★ 【片足の重さ】236g   enchanted/SNEEKE by.enchanted ベルクロラインメッシュニットスニーカー/¥7,900+税 ベルクロラインメッシュニットスニーカー。 ベルクロラインのデザインが印象的なスニーカーは、メッシュニット素材で通気性に優れ柔らかな履き心地。 紐が無いすっきりとしたデザインが特徴のため、カジュアルだけでなく通勤やきれいめスタイルにも合わせやすいデザインです♪ 軽くて疲れにくいので、デイリーからウォーキングやアクティブなレジャーシーンまで多彩に活躍してくれる一足です、 【片足の重さ】172g   enchanted/SNEEKE by.enchanted リブニット軽量スニーカー/¥7,900+税 大人気のエンチャンテッド メッシュニットスニーカーが春カラーになって登場!! 飛んでいるような軽い履き心地と伸縮性のあるニット素材なので、足にフィットしやすく歩きやすいのが魅力★ 軽量なので旅行時のお荷物にプラスしたり、ウォーキングや長時間履くお出かけなどにもおすすめです。 春らしい明るめカラーやベーシックカラーが揃っているため、この春一足は持っていたいアイテムですよ♪   enchanted/エアソールニットリボンスニーカー/¥9,800+税 今年注目のエアソール仕様のニットスニーカー。 スポーティーな雰囲気に偏りすぎないように、リボン見えするシューレースでフェミニンさをプラス。 フィット感もよく、軽くて履き心地のいい一足です。 写真のベージュの他、目立ちすぎずコーディネートに馴染むグレーもご用意★大人女性におすすめのカラーです!!     enchanted/エアソールフロントゴアニットスニーカー/¥9,800+税 包みこむようなソフトな質感のメッシュニットスニーカーが、今年らしいエアソールで登場★ 軽量でとっても歩きやすいのも嬉しいポイントです。 ぱっと目を引くフロントのゴムデザインが、シンプルすぎず程よいポイントに。 メタリックカラーは思いのほかコーディネートに馴染み、より足元をすっきり見せてくれます。   定番アイテムのスニーカーだからこそ、春仕様にアップデートして足元からトレンドを取り入れてみるのがおすすめです★ ◆◆その他、【enchanted (エンチャンテッド)】スニーカーアイテムはこちらからチェック◆◆
  • 現役大学生のアンケートで判明! マストバイリスト 先輩たちへの取材から選び抜かれた、使えるアイテムを紹介!ロゴ入りキャンバストート リュックは服を選ぶのでどんなテイストにも合うトートが大半。 (大学1年生・安田さん) 大きくて軽いから、パソコンを持ち歩く学部の人にもぴったり。 (大学1年生・宮嶋さん) A4ジャストサイズのやや小さめ。ショルダーひもの長さが調節できて便利。(右) ¥3990/WEGO 人気のOUTDOORのロゴが大きく入ってコーデのスパイスに。(左) ¥2500/OUTDOOR PRODUCTSカスタマーセンター 目を引くロゴをワントーンコーデのアクセントに♡ たくさん教科書を入れても重くならない。大好きなブランドのロゴで、さりげなく自己アピールしてみるのもアリ! コートの袖からちらっと出したニットのオレンジと、トートのブランドロゴの赤を同系色でさりげなくリンクさせるこなれテクニック。 バッグ¥2500/MILKFED. 新宿 トレンチコート¥18500/リリー ブラウン トップス¥9500/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ)  イヤリング¥2917/アビステモデル/多屋来夢 撮影/浜村菜月(LOVABLE・来夢) 坂田幸一(物) ヘア&メイク/齊尾千明(Lila) スタイリスト/松尾正美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス 撮影協力/アンスティチュ・フランセ東京(飯⽥橋)
  • アルフレッスク  x ぐるなびRED U -35  コラボレーションイベントのレポート(左)西森陸雄氏 (右)音羽創氏 他の画像を見るモダンファニチャーで有名なarflexで 食とトークを楽しむイベントにご招待していただきました。 先ずはシャンパンとアペタイザーを頂きながら、建築家 西森陸雄氏とシエル エ ソル料理長 音羽創氏 のトークショー。 西森氏は白金台「ときのもり」の総合プロデュースを手掛けた方。 音羽氏は「RED U -35 2017」において準グランプリに輝き、レストラン 「CIEL ET SOL」でシェフを務める。お父様からの影響で「地産地消」を実施し、自然とローカルガストロノミーを実践している。 おふたりから奈良の魅力をたくさん聞くことができました。 また「シエル エ ソル」で使用している藤森泰司さんがデザインした「RINN・リン」チェアについても熱心にお話しされていました。 どこからも空気が入ることを考えて作られた、すっきりとたデザイン。 アームの湾曲など、無駄がなく綺麗なデザイン。 私も一脚、リビングにほしいな~ 他の画像を見る最後は楽しみにしていた音羽シェフのご飯!! キッチンブランド Dada(ダーダ)社の素晴らしいキッチンでライブクッキング♪ ファビュラスな家具に囲まれ美味しい料理を味わい、貴重な時間を過ごせました。 アルフレックスご関係者様、今回はご招待、また撮影許可を頂きありがとうございました。 arflexRED U-35ときのもりシエル エ ソル美女組No.157 きよのブログ
  • 端正でなめらかなウールキャンバスのコンビネゾン。タブリエ(エプロン)という日常にあるワークウェアのディテールを、ノワール(黒)のイブニングウェアとして提案するひねりがメゾンらしい。ネックリボンのシルクの仕立てが、エレガントな空気を醸す。 ジャンプスーツ¥416,000(予定価格)/エルメスジャポン(エルメス)  この数年、ランウェイシーンを席巻してきたロゴマニアブーム。そのカウンターパートとして、今ブラックスタイルに熱い視線が注がれています。ひと目でそれとわかるステートメントに疲れてしまった、という見方もできますが、果たしてそれだけでしょうか。  黒という色の持つ静謐さ、知性、そして奥行き。ニュートラルだからこそ、シルエットやディテール、素材のこだわりが際立つ。ひいては着る人のパーソナリティが浮き彫りになる。言うなれば、ブラックのワードローブには、真のモードラバーとしての矜持が投影されているように感じるのです。  かくいう私自身、ブラック信者の一人。ワードローブの過半数は黒い洋服で埋め尽くされています。シンプルなブラックドレス、テーラードジャケット、ボンデージ風のレザーブラ。そして黒を選ぶときは決まって、身が引き締まるような気持ちです。  そんな私が、改めてブラックスタイルの魅力に惹きつけられたのが、今回の2019年春夏コレクション。なかでもエルメスのランウェイでフィナーレに登場したウールのジャンプスーツが印象的でした。見事な晴天のロケーションのもとで発表された今季コレクションには、ナデージュ・ヴァンヘ=シビュルスキーのモダンな感性、そしてファッションというカテゴリーを超越したライフスタイルメゾンとしてのエルメスのDNAが、これまで以上に鮮明に映し出されていました。ラグジュアリーを極めた末に行き着いた、ブラックという原点。こんな服を、気負わずマイ・ユニフォームとして着られる女性がいたらなんて素敵なんだろう。そんな妄想が膨らむ一着です。 ティファニー・ゴドイファッションジャーナリスト。自ら創刊した『The Reality Show Magazine』の編集長兼クリエイティブ・ディレクターも務めるほか、数多くのメディアにも寄稿。 >>黒いニュー・ヒロイン by ティファニー・ゴドイ
関連キーワード