ディーゼルのミディ財布

SPUR.JP

DIESEL

スナップボタンを開くと両面にカードポケットがあり、その背面の札入れは2つに区分けられている。フルジップの小銭入れは間仕切りがあるため、旅行時の小銭の振り分けにも便利。

DATA

サイズ(編集部調べ):H9.5×W14×D2.5
カードポケット総数:11カ所
色展開:グリーンやピンクなど4色展開

>>ミュウミュウのミディ財布

¥18,800/ディーゼル ジャパン(ディーゼル)

¥18,800/ディーゼル ジャパン(ディーゼル)

関連記事
  • 秋の到来に、シューズとバッグのアップデートは欠かせない。ロマンティックな主役級から、着こなしを支えるシックな精鋭まで。胸をきゅんとさせるアイテムがラインナップ。ワードローブに迎えたいときめきの相棒と出合って。 タフネスシューズで冒険を  コンバットブーツや圧倒的なボリュームソール。足もとに重心を置いたスタイルで、新しい一歩を踏み出そう。BOTTEGA VENETAブーツ〈実寸ソール3.2㎝〉¥121,000・ニットドレス¥380,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)甲の部分のキルティングが、バイカーブーツのタフさを強調する。丸くて大きなトゥと量感のあるソールで存在感大。上質な素材というブランドのヘリテージをモダンにアレンジした。DIESELブーツ〈ソール5.5㎝〉¥39,000・スカート¥28,000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル)アッパーよりひと回り大きいプラットフォームが抜群のインパクト。ラバーソールに加えて、シルバーカラーと甲を渡るブランドロゴが力強いエフェクトを加えている。CHANEL靴〈ヒール13㎝〉¥155,000・パンツ¥696,000/シャネル今季のインスピレーションの舞台は雪山。マウンテンブーツを新たに解釈し、ユニークなカラーパレットで仕上げた。前後の高低差でスタイルアップもかなえる。柔らかなラムスキン仕立て。PRADAブーツ〈ヒール5.5㎝〉(ポーチ4点つき)¥190,000・スカート¥501,000(ともに予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)ミリタリーをコレクションの要素として用いた今季。コンバットブーツにポーチをベルトで装着する変化球のデザイン。ソールのサイドに施された凹凸でよりパワフルな印象に。DR. MARTENSブーツ〈ヒール5㎝〉¥34,000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(ドクターマーチン) パンツ¥35,000/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン)定番の8ホールならぬ8リングに、極太のシューレースを高密度に編み上げたダブルソールのシューズ。ホワイトのステッチがモードなアクセントに。GUCCI靴〈ヒール2㎝〉¥150,000・スカート¥190,000・ソックス¥11,000/グッチ ジャパン(グッチ)大小のスタッズが光の交差するランウェイで異彩を放っていた。丸みのあるフォルムとボアが愛らしいショートブーツにも、エッジィなスパイスがきいている。MAISON MARGIELA靴〈ヒール6.5㎝〉¥158,000・プルオーバー¥123,000・スカート¥81,000・ソックス¥25,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ)メゾンのアイコンスニーカー「レトロ フィット」のチャンキーソールと、ブラッシュドレザーのベルテッドシューズという意外性のある融合が斬新。COACHスニーカー〈ヒール6㎝〉¥55,000・ドレス¥130,000〈ともに9月発売予定〉/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ) ソックス/スタイリスト私物クリーパーズシューズをモダンにアップデートしたデザインに品が宿る。白に切り替えられたプラットフォームが、着こなしをエフォートレスなムードに。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年9月号「夢を運ぶ靴とバッグ88」photography: kimyongduck styling: Shizuka Yoshida manicure: Kyoko Kudo 〈FUNCTION NAILS〉 model: Erina Noguchi edit: Akiko Fukunaga 
  • ルイ・ヴィトンが2019年7 月19 日(金)~8月4日(日)、ポップアップストアをGINZA SIX 2Fにて開催! 【左】モノグラム LVポップ カンヌ/W15×H17×D15cm ¥317,000・【右】モノグラム LVポップ タンバリン/W18×H15×D8cm ¥268,000(どちらも日本限定製品・税抜) 今回のポップアップストアは、ニコラ・ジェスキエールによる2019 秋冬 ウィメンズ ・コレクションからレザーグッズをメインに展開されるもの。アイコニックな"モノグラム"と"ダミエ"をマッチングさせるなど 、メゾンのニュークラシックやアイコンに再解釈を加えた同コレクションから、多彩ラインナップが登場するそう! 日本限定のレザーグッズをはじめ 、アクセサリーやテキスタイルまで国内先駆けて展開されるので、いち早くチェックすべき。 【上】モノグラム LVポップ ジッピーウォレット/W10.5×H19.5×D2.5cm ¥108,000・【下】モノグラム LVポップ ポルトフォイユ・ゾエ/W7.5×H9.5×D3cm ¥66,000(どちらも日本限定製品・税抜) さらに店内は、パリで開催されたショー会場を想わせる空間。そんな特別なムードの中、ゆっくりと最新コレクションが見られるだなんて…これは行かずにはいられない! 夏のお出かけに、ぜひ立ち寄ってみて。 【LOUIS VUITTON WOMEN'S FW19 POP-UP STORE】<期間> 2019年7月19日(金)~8月4日(日) 10:30-20:30<場所>東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 2F シジェーム ギンザ 【ルイ・ヴィトン】公式サイトはこちら
  • 世界中の人たちから愛され続けている楽園、ハワイ。地球上にある唯一無二のこの存在に魅了され、取り憑かれ、通い続けてきた人もきっと多いはず。そんなハワイ通の方々に聞いた、ディナーにぴったりのおすすめのレストランをご紹介。徳原文子さん(スタイリスト)、坪田三千代さん(旅行ライター)推薦Hy’s Steak House(ハイズ・ステーキ・ハウス)記念日などにおしゃれして出かけたいステーキレストラン。フィレ肉の中でも希少なシャトーブリアンをキアヴェ炭でひとつひとつていねいに焼き上げたステーキは、さすが40年以上の歴史をもつだけあって、安定のおいしさ。「ストレートな味わいの正統派ステーキはここ。前菜も充実!」(坪田さん)、「お肉はもちろん、サイドのマカロニグラタンが大好き」(徳原さん)と肉以外のメニューの満足度も高い。シックな雰囲気のバーもおすすめ。分厚いガラス張りの向こうに、キアヴェ炭でステーキを焼くシェフの姿が拝める、中央のシートは人気。重厚なインテリアもまたここのよさ。ぜひおしゃれして訪れたいシャトーブリアンと野菜のロースト。注文は2人分以上から(1人分$65) 黒トリュフ、キングクラブ、マカロニのチーズグラタン($23)2440 Kuhio Ave., Honolulu ☎808・922・5555(17時以降は日本語対応可) 17:00~21:30(最終入店) 無休 ※ドレスコードあり(男性は襟つきシャツ、つま先の隠れる靴〈スニーカー可〉着用。サンダル、野球帽不可。子供も同様)。要予約。次は:ワイン×シーフードNo.1のレストラン飛田和緒さん(料理家)推薦Azure Restaurant(アズーア レストラン)ロイヤル ハワイアン ホテルのシグニチャーレストランは、ハワイ産の魚介類を味わいながらワイキキサンセットが楽しめる稀有なところ。日本人シェフ、桂真悟氏が腕をふるう繊細な料理と雰囲気が好きという飛田さんもこちらの常連。「今日のおすすめの魚介類と調理法が選べるメインがいいですね。ピンクシャンパンも旅気分をアップしてくれます」。バーセクションは予約なしでも気軽に入れるので夕暮れ時、ディナーの前の一杯にも。ピンクシャンパンや白、赤など、ワインの品ぞろえが豊富なことでも知られる。ペアリングのコースもありコナ産のロブスターの甘味をたっぷり堪能するひと皿($31)。きゅうり、ローカルラディッシュ、バジルなどを使ったソースをからめてキュートなピンクの壁にこの看板が目印2259 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・921・4600  17:30~21:00(LO)、 バー17:00~22:30 無休 ※スポーツウエア、水着、ビーチサンダルは不可。 予約がベター。次は:最終日ディナー候補No.1のレストラン内野 亮さん(コーディネーター)推薦Merriman’s Honolulu(メリマンズ・ホノルル)レストラン横の青々とした緑生い茂る畑、入口前の小さな畑で揺れるハーブ。“農場から食卓へ”をコンセプトに、20年以上も前からハワイでいち早く地産地消を掲げ、賞賛され続けているハワイ島のメリマンズが、昨年、オアフ島に待望のオープン。「90%ハワイ産の新鮮な野菜、肉、魚介を使った料理は、どれも素材の味がしっかり感じられるもの。ぜひ最終日に訪れて、心にも体にもハワイの味を刻んでいってほしいです」と内野さん。高い天井と窓が、より気持ちのいい雰囲気を醸し出す店内目の前で、なます、しょうゆバターなどと合わせてくれるフレッシュな味わいのテーブルサイド・ポケ($16)さっとソテーした大粒のホタテは甘く、とろけるおいしさ。ダイバー・シー・スキャロップ($42)1108 Auahi St., Honolulu ☎808・215・0022 (日本語対応可) ランチ11:00~17:00、ディナー17:00~21:00 (金・土曜~21:30) 無休次は:デザートのおいしさNo.1のレストランショーン・モリスさん(マーケティング&PR、フードライター)推薦MW RESTAURANT(エムダブリュー・レストラン)ハワイの名店『アラン・ウォンズ』出身の夫婦が切り盛りする、今のハワイを背負って立つハワイリージョナルキュイジーヌレストラン。オープンから5年がたつ今も、お客さんがひっきりなし。特別な日にも、デイリーにも使える気軽さもいい。ハワイ在住の日系4世、ショーンさんはここが大のお気に入り。特にデザートには思いが深く「デザートのおいしさはハワイいち。ディナーのあとにデザートだけ何種類も食べにくることもあるくらい」イチゴそのものを凍らせて削る、本格派のイチゴのシェイブアイス($12)これもショーンさんがイチ押しの、ガーリックマッシュルームソースが効いているジューシーなプライムリブアイステーキ($58)オープンキッチンまでの抜けが気持ちいい広々とした店内。客席との距離もゆったりで優雅な雰囲気1538 Kapi‘olani Blvd., Suite 107, Honolulu ☎808・955・6505 月~木曜10:30~21:00、金曜10:30〜22:00、土曜16:30~22:00、日曜16:30~21:00 ㊡元日、感謝祭、クリスマス ※予約がベター。次は:ローカル人気No.1のレストラン桐島かれんさん(モデル)推薦Maguro Brothers Waikiki(マグロブラザーズ・ワイキキ)かつて築地で働いていた日本人兄弟が切り盛りするマグロ料理の専門店。ダウンタウンにほど近いチャイナタウンで人気に火がつき、ここワイキキにもお店をオープン。目利きのふたりが選んだとろけるマグロめがけて開店前から列を成す大人気店だが、並ぶ価値はあり! マグロを中心に、ホタテやイカなどを合わせた丼物が種類豊富にそろう。桐島さんお気に入りの「中トロ&ポケコンボ」($15.52) 15時にチャイナタウン店を閉めてからワイキキ店をオープンする415 Nahua St., Honolulu, Pearl Hotel Waikiki 1F ☎808・230・3470 17:30~21:00 ㊡日曜 ※予約不可撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※eclat8月号掲載 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。
  • アナ スイの最新ルックをまとったハローキティが手に入るのはここだけ! SPUR9月号の特別付録は「Hello Kitty×SPUR×ANNA SUI ステッカーセット」。ラップトップやノートなどに貼ってカスタマイズを楽しめます。 “胸きゅん”は、今号をつらぬくエモーション。少女漫画の金字塔「ときめきトゥナイト」でおなじみ、蘭世と真壁くんがモードにターンバック。『劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD』に登場する志尊淳の艶めく姿には、ドキドキが止まらない! フモフモ編集長は、“羽生結弦氏”との奇跡の一瞬について語ります。そんなときめきを享受できるのは平和あってこそ。黒柳徹子のスペシャルインタビューを通じて、一番大事なことに気づかされるはず。どうぞお見逃しなく。ふと出合う言葉が、その時着ていた洋服との一生の思い出になることがあります。それは、服に込められたメッセージかもしれないし、これから生まれる詩や、デザイナーの名言かもしれません。今季のランウェイで愛を語ったヴァレンティノのように、モードはいま、ポエティックな引力で私たちをときめかせてくれます。ファッションと言葉の蜜月を、オムニバスなストーリーでご堪能ください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  かつてのりぼん読者であるアラフォーなら一度は通ったはずの『ときめきトゥナイト』。なんと作者の池野恋先生は今年、作家生活40周年。秋冬の筆頭トレンドが“ダークロマンス”だった勢いもかりて、SPURは夢のコラボを実現しちゃいました。池野先生の貴重な裏話も満載で、あの頃ときめいた“魔界”のロマンスを再現します! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2019-'20秋冬シーズンが到来! まずは新しい靴とバッグから。日常を彩るロマンティックな主役級から、シックな精鋭まで88アイテムがずらりと揃います。メゾンのとっておきには、心がときめくこと間違いなし。トレンドのタフネスシューズやレディ・バッグにも注目を。来る季節に向けて、ショッピングプランをぜひ立ててみてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  さんさんと陽光が降り注ぐまぶしい夏、照りつける日差しの中でこそ身に着けたいのが、この季節に似合うジュエリー。きらめくイエローゴールドに、ソリッドなシルバー、みずみずしいジェムストーン……夏の太陽と友達になれるプレイフルなジュエリーをご紹介します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  人生100年時代の現代では、ファッションを本当の意味で味わえるのは、歳を重ねてからです。自分の好みを熟知し、スタイルを確立した後だからこそ、色や柄をふんだんに掛け合わせながら冒険できるはず。自由におしゃれを満喫する粋なグラニーをぜひスタイリングのお手本にして。これは、未来の私たちへの賛歌なのです! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  休日のモードなスタイルとお仕事服とのギャップが埋められなくて悩んでいたりしませんか? そんな人に朗報です。今季のトレンドは、ブルジョワライクなクラシックスタイル。オフィスでもオフの日も活躍度の高い“コンサバ服”が豊作です! 特集では、モードな人におススメしたいアイテムを厳選の二者択一でご提案。毎日のモチベーションをあげるリアル服がいっぱいです。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  メンズ、レディースを自由に選べる時代。ジェンダーレスのビッグウェーブがSLGにも訪れています。そんなムードをバックアップしてくれる力強いカラーである「黒」。性別を問わず身に着けたい、頼れるブラックのレザーアイテムがずらりとラインナップ。定番の財布やフラグメントケースからエッジを効かせたニュータイプまで一挙ご紹介! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  毎シーズン、星の数ほど発売になる新色。その中から、「これぞ!」という一色を見極めるのは至難の業です。そこで、今回はヘア&メイクアップアーティストのRie Shiraishiさん、ビューティエディターの森山和子さん、スタイリストの矢内麻友さんが、使える新作について徹底討論。ビューティプロたちが実際に試して、思わず唸った、指名買いアイテムを紹介しています。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  洋服では、ジェンダーレスという考え方が当たり前になりました。でも実は、それってネイルでも起きつつあるってご存知でしたか。あのハリー・スタイルズもマニキュアをいつも素敵にまとっていますよね。性別や年齢に関係なく、ネイルアートはみんなのためのもの。今回シュプールでは、1本のマニキュアを二人でシェアするビューティ・ストーリーを提案します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)   年に一度の誕生日だからこそ、とっておきのケーキと花束でお祝いしたいもの。気鋭のフローリスト「duft」の若井ちえみさんによるマッチング指南から、ピンクやグリーン、イエローなどのカラーコーディネートまで、バースデーケーキと花束の最高の組み合わせを提案します。大切な人に捧げる、しあわせを運ぶコンビネーションをぜひお楽しみください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • SPUR本誌でも毎回人気のSLG企画。9月号は性別を問わずに身につけられる色、「黒」をテーマにしたレザーグッズ特集です。ファッションだけでなく、様々な分野でますます盛り上がりを見せるジェンダーレスの波に合わせて、オールブラックのSLGを紹介しています。 ブルーのマーブル模様のテーブルにSLGをのせた夏らしい爽やかな扉写真 は、ある男女の食事シーンをイメージしています。食後のお茶も楽しんだ後、お会計をしようと男性、女性どちらも同時に財布に手を伸ばしている瞬間を切り抜きました。男女ともに使いやすい黒色の財布とカードケースにあわせて、お会計のシーンでも「ジェンダーレス」を表現。財布をはじめとした定番品だけでなく、アクセサリー感覚で身に着けられる革小物も登場しています。新しい時代を強く生き抜くために、バックアップをしてくれるお守りのようなSLGをぜひチェックしてください。 SPUR9月号「彼と彼女のSLG」を試し読み(外部サイト)
  •   こんにちは バイラーズ 日下です^^    先日香港旅行へ行ってきました   暑いよ〜!とは聞いていましたが 気温29℃湿度87%と、高温多湿     旅行の際には ✔️多少汚れても良い ✔️シワ感があまり気にならない ✔️フラットシューズと合わせやすい ものを選んでいます     香港の街並みはとても賑やかで 九龍はとても楽しい雰囲気でした✨   (ニュースにあったデモには 遭遇することなく過ごせましたよ〜)     今日はこの旅行で使った プチプラワンピースをご紹介   既出のものもありますが ぜひ旅行の際には使ってみてください^^ aquagarageのワンピース     ☝︎写真クリックでリンクに飛びます☝︎   形はよくあるものですが ブラウンの色味が珍しく、購入✨    首の後ろをリボンで留めるタイプで アップヘアにしても可愛く使えます✌︎   お値段もお手頃なものが多いので ぜひオンラインサイトでご覧ください basementのワンピース    ☝︎写真クリックでリンクに飛びます☝︎   過去にもご紹介したこちらのアイテム   マスタードイエローが映える 夏らしいワンピース   こちらは首の後ろがDカン留め 留まったままでも頭から被れます! こちらも同じくbasement   ✌︎写真クリックでリンクに飛びます☝︎   こちらもご紹介済みのアイテム   香港は外が蒸し暑いものの 屋内は空調がキツいとのことで 薄手ならこれ位スリーブがあるものも とても便利でした〜!✨ 香港Disneyにもお出かけ   香港にはDisneyもあります^^   中心部からは少し離れますが 規模としては半日強あれば回れるかと     待ち時間も日本の半分 もしくはそれ以下で済むものが多いので とても楽しい思い出になりました✨ フラットはPIPPICHICを 今回の旅行には PIPPICHICのフラットシューズを ゴールドがかわいくてお気に入り^^   旅先ではマストなフラットシューズですが スポーツサンダルよりは綺麗めに 色んなお洋服に合わせやすい 一足があると便利ですね〜! BAILA付録も大活躍✨    発売中のBAILA8月号 は もうチェックされましたか?     旅行先にはBAILA8月号付録の PVCバッグ×ポーチも持参し大活躍     ☝︎過去の紹介ブログは写真クリック☝︎    今回のDisneyでは ✔️スマホ ✔️少額の現金やカード ✔️ファストパス   等すぐ取り出すものをしまったので ストレスなく過ごせました^^       いかがでしたか?   少しでも楽しんで読んでいただけたら 嬉しく思います^^   また更新します
  • SPUR9月号の「ハイパーモードおばあちゃん」、ぜひお読みいただきたい渾身の企画です。「私はもう歳だから、こんな派手な格好できない」。こんな言葉を聞くことが、モードファッション業界でさえもよくあります。まぁ確かにユースに価値があるカルチャーもありますよ。でも、ハイファッションに関しては声を大にして言いたい。「モードが楽しいのは、むしろ歳をとってから」。今回モデルを務めてくださった内藤律子さんをご覧ください。 Photography:Annie Laiこちらは本誌に収録できなかったアザーカットです。ミュウミュウのカーディガンに、4 MONCLER SIMONE ROCHAのシャツ、マーク ジェイコブスのパンツを合わせた山本マナさんによるスタイリング、めちゃくちゃ似合ってますよね。これが着こなせるのは、人生経験に裏打ちされた自信とオーラと、見事なグレイヘアがあるからこそ。洋服をチェンジするたびに、頬がみるみる薔薇色に染まり、撮影後には「今日はとても楽しかったです。一生の思い出になりました」と語ってくれた内藤さん。その様子を見て、しみじみ歳を重ねるのが楽しみになったのでした。 SPUR9月号「ハイパーモードおばあちゃん」を試し読み(外部サイト)
  • 目利き、100人隊のお買い物。 センスよし、お買い物上手でもある彼女たちが買ったアイテムは、どれも参考になるものばかりです。 本日取り上げるのは、LEEマルシェでの購入品。 4人分をまとめてご紹介します! 1:TB tanpopoさん……Marimekkoのキッチンタオル、fogのリネンキッチンタオル 「MarimekkoのKukkaketoは一目惚れ♡」 「fogのリネンキッチンタオルは他の柄ももともと愛用しているのですが、落ち着いた柄と乾きやすい素材で本当に使いやすいです」 2:037 ひろさん……MICA&DEALの【Leminor】コラボワンピース 「LEE3月号で里田まいさんがとっても素敵に着こなされていたこちらのワンピース♪ すっきりシルエットにスリットが入っている大人なボーダーワンピースです。スリットは深いですが150センチの私だと1番深いところでも膝は完全に隠れるので1枚で着ても安心です。しっかりした生地なので夏の屋外は厳しいですが、ショッピングセンターや映画館など室内では冷房で冷えがちなので私は着れそうです。プールに行くときも楽ちん。 bag/Hervé Chapelier shoes/TKEES 晩夏からはレギンスやジーンズを下に履いてみたり、ジレを重ねてみたりあれこれ着てみようと思います」 3:065 pukettiさん……WAKAOの晴雨兼用二つ折り傘 「日傘選びの条件は①軽いこと②持ち手がバンブーであること③折り畳みであること、が必須です。そんな条件を満たしてくれるのがLEEマルシェで取り扱いのあるWAKAOの日傘。くたびれてきたので同じものをリピートしました! 雨傘もWAKAOを愛用しているので使い勝手はお墨付き。これからの梅雨時期、上品に持つことができる雨傘もとてもおすすめです。雨の日に気分が晴れるよう、発色の美しい赤を使っています。日傘は、防水&UV加工を施した綿麻の生地感をはじめ、シンプルで使いやすいサイズが気に入っています。なによりも250gと軽いので持ち歩くのが苦になりません」 「共布のケースとタッセルの雰囲気も◎。傘を開くと径は小さめですがその小ささが逆に大人の持つ日傘といった印象で上品です。共布のケースや同色のタッセルも、大人の持つ日傘の雰囲気に一役かっています」 「バッグの中にも入ります! 建物内に入ってしまうと邪魔になってしまう日傘ですが、バッグの中に収納できるのがなによりも嬉しい♡ J&M DAVIDSONのミニ デイジーには、持ち手こそ出ますがバッグの中にしっかり納まります。A4サイズのバッグであれば本体部分は隠れるので、日傘+これだけ入れば十分です」 「便利なループ付き。折り畳むのが面倒な時や、少しの時間、傘を閉じたいという時は、傘を閉じる時とは別のループで留めるとキレイなシルエットのまま立て掛けたり、持ち運びができるので便利です」 4:TB なおじさん……(1)WAKAOの晴雨兼用二つ折り傘、UNITED ARROWS グリーンレーベル リラクシングのNFC ポインテッドレインシューズ 「pukettiさんが購入されていたWAKAOの晴雨兼用二つ折り傘がとっても素敵だったので、LEEマルシェで購入しました♡ 車に常備できる折り畳み傘(小さめ)、持ち手がバンブー、しかも軽い! それでいて大人が持っても素敵な折り畳み傘を探していました。pukettiさんはこちらを日傘として使うと書いてあったこともあり、晴雨兼用なんて一石二鳥!! と思ったわけです。日傘をさす習慣がなかったので日傘としてはあまり使わないかもと思ったのですが、日傘最高(笑)。この傘とっても軽いので、持ち歩いたりさすのがめんどくさくないことがいいです。日傘使うとちょっと涼しい。頭皮の焼けも気にならないし、今までなぜ使ってこなかったのか……そして何気に便利なのが、ループ。pukettiさんもおっしゃっていたように、傘をたたむのが手間と感じるときに傘を閉じるのとは別のループが上についていて、それで止めることができます。これがついていてよかった!! 色も重くない黒で気に入っています」 「そして昨年から愛用しているのがグリーンレーベルリラクシングのポインテッドレインシューズ。通年で発売されている商品なのかな?先ほどオンラインストアをのぞいてみたら発売されていました。普段23.5センチの靴を履いていてMでちょうどよかったです。甲幅が広めなのですが、こちらはきついといった感じはありません。もともとは旅行に持っていこうと思ってポーチ付きのこちらを選んだのですが、軽くて地味に歩きやすく、裸足で気軽にはけるので暑い晴れた日にも時々使っています(笑)」 4:TB なおじさん……(2)イイホシユミコさんのunjourシリーズ matin 27.8cmプレート 「TB eringoちゃんのおうちに名古屋メンバーとTB ミワコさん、TB マボさんで行ってきたんです。これがまた素敵なおうちで♡ eringoちゃんっぽかった!! そしてめっちゃ器が素敵だったんです!! 後日tannpopoちゃんからありがたいメールが。『イイホシユミコさんの器は和にもあうよ~』ということで、そこからイイホシユミコさんの器が欲しくなる現象が起きました(笑)。マボさんもイイホシユミコさんのボウルをお椀代わりにつかってもいいかも~と言っていたし!! もうこれしかない!! と、ポチってしまいました。unjourシリーズの27.8cmプレートです。おしゃれな人は持ってるイメージなお皿~! もともとnuitカップ、15.2cmプレート、とりさんはもっていたので同じ色味で購入。正直なところsunaのお色はちょっと傷がつきやすいけど、自分で使うものだしあまり気にしていません。この大きなプレートを購入したことで、もはや私の一人時間がとってもゴージャスに(笑)。和食に合わせたいな~と思っているのですが、おかずをどんどんのせればいいの?? いつもは20センチ前後のお皿にメインをのっけてあとは小鉢というスタイルをとっていたのでなかなか慣れませんが、朝食、特にパン系のメニューにはぴったりです!! このお皿をちょこちょこ集めて、いつかはボウルも欲しいな~」 購入のきっかけや、お気に入りのポイント、ぜひお買い物の参考にしてみてくださいね!
関連キーワード

RECOMMEND