キアヌ・リーブス&ウィノナ・ライダー、26年前に結婚していた!? 未発覚スクープに世界中が大騒ぎ!

SPUR.JP

【SPUR Eye】
ハリウッドの人気スターふたりが、26年前の共演作で婚姻したことを告白! フランシス・フォード・コッポラ監督が証言者となり、世間は大騒ぎ。


最新映画『Destination Wedding(原題)』の全米公開を2018年8月24日(現地時間)に控える、キアヌ・リーブス(53)&ウィノナ・ライダー(46)。本作で4度目の共演を果たしたふたりは合同インタビューで、じつは26年前に結婚していた(!?)という仰天エピソードを告白!

Photo : Jordan Strauss/Invision/AP/アフロ
8月18日(現地時間)に開催された、『Destination Wedding(原題)』の舞台挨拶にて。Photo : Jordan Strauss/Invision/AP/アフロ

映画のプロモーションのため、米エンターテインメント情報サイト『Entertainment Weekly』のインタビューに応じたキアヌ&ウィノナ。本作品を含め4度の共演を経たふたりらしく、仲の良さをうかがわせる会話を繰り広げるなか、驚きのエピソードを明かしたウィノナ。なんと1992年に公開された「映画『ドラキュラ』の収録中に、私たちは結婚したのよ」と打ち明けたのだ。

Photo : Jordan Strauss/Invision/AP/アフロ
Photo : Jordan Strauss/Invision/AP/アフロ

「神に誓って、本当よ。今も結婚していると思うの」と念を押したウィノナ。その理由として、同作品でふたりが結婚するシーンの秘話を明かした。「(監督の)フランシス・フォード・コッポラが、実際にルーマニア人神父を招いたの。彼の誓いのもとで撮影を行ったから、結婚していることになると思うわ」

Photo : Everett Collection/アフロ
疑惑の映画『Dracula(現題)』からのワンシーン。Photo : Everett Collection/アフロ

そんなウィノナの告白に、動揺を隠せない様子のキアヌ。驚きながら「僕たち、“イエス”と同意したんだっけ?」と尋ねると、ウィノナは自信満々の顔で「覚えてないの? あれは確か、バレンタインデーだったわ」と回答。

するとキアヌはそれが、ウィノナによるジョークだと気づいたよう。深く納得した表情を浮かべ「なんてことだ、僕たち結婚しているじゃないか!」と応じ、ハリウッド映画界の“おなじみコンビ”らしい息の合った会話でファンたちを楽しませた。

Photo : Photofest/アフロ
Photo : Photofest/アフロ

ふたりのコミカルなインタビューは、世界中で大々的に報じられることに。その後日、なんと今度はフランシス・フォード・コッポラ監督(79)がインタビューで、キアヌ&ウィノナの結婚について言及。

当時の撮影を振り返り、「実際の挙式を再現するために、本物の神父を起用した」とウィノナの証言を肯定。さらに「そのことを考えると、キアヌとウィノナは婚姻状態にあると言えるだろう」と加えたのだ!

Photo : ロイター/アフロ
2006年、2度目の共演作となった『A Scanner Darkly(原題)』の試写会にて。Photo : ロイター/アフロ
独身貴族を貫くキアヌと、デザイナーのスコット・マッキンレー・ハーン(38)と交際中ながらステータスは独身のウィノナ。婚姻の事実は残念ながらジョークだったものの、仲睦まじいツーショットを見る限り、今後ふたりの交際も有りえなくはなさそう!?

>>ハリウッドの最新恋愛スクープをチェック!

>>カーラ・デルヴィーニュに新たな交際が発覚⁉︎ 噂の恋人と空港で熱烈キス

>>シェリル・コールとの破局からわずか6週間! リアム・ペイン&美人モデルのキス現場をキャッチ

>>ニック・ジョナスと電撃婚約したプリヤンカー・チョープラー、巨大ダイヤの婚約指輪をチラ見せ!

text : Ayano Nakanishi

関連記事
  • 今週の目玉は、レオナルド・ディカプリオの元カノ、ケリー・ローバッハの極秘&玉の輿婚の話題。アメリカの大手スーパーマーケットチェーンの御曹司をゲットするやり手ぶりに、レオ様もあんぐり!? ほかには、ワールドツアーが一区切りついたマライア・キャリーと大物セレブ仲間の夜遊びショット、父の日に公開されたヘンリー王子夫妻の長男アーチー君の顔写真や、ジュリア・ロバーツが明かす『プリティ・ウーマン』の製作秘話まで。チェックしておきたい話題と写真をいっき見!text:Makiko Ota〈目玉〉①レオ様もあんぐり!? 元カノが大手スーパーマーケット御曹司と超玉の輿婚Photo:Backgrid/アフロレオナルド・ディカプリオ(44)の元カノでモデルのケリー・ローバッハ(29)が、交際約2年の婚約者とフロリダで極秘結婚していたことが明らかになった。なかでも世間を驚かせたのは、お相手スチュアート・ウォルトン(38)のプロフィール。 なんとスチュアートはアメリカの巨大スーパーマーケットチェーン「ウォルマート」創業者の孫で、つまり ケリーはアメリカ有数の資産家ファミリーの御曹司と玉の輿婚をしたことに!Photo:Splash/アフロ2015年に『スポーツ・イラストレイテッド』誌の水着特集号で「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたケリー。しかし、なんといってもケリーを有名にしたのは、同年春から翌年1月までのレオとの交際。 元々女優志望だったケリーはその知名度を生かし、大作映画『ベイウォッチ』のメインキャストの座をゲットしたとも言われている。しかも、それに止まらず、その後に御曹司もゲットしたとは……!!  実はケリーは超“やり手”!? その凄腕には、レオも脱帽していそう!! >>レオナルド・ディカプリオ、21歳の恋人にぞっこん? 甲斐甲斐しく世話する様子に「ついに結婚か」②さすがマライア! ワールドツアー打ち上げに集まった顔ぶれの豪華さにクラクラPhoto:Instagram(mariahcarey)昨年11月にリリースした新アルバム『コーション』をひっさげ、2月からワールドツアーを行っていたマライア・キャリー(49)。6月13日(現地時間)、オランダ・アムステルダム公演でツアーが一区切りついたことを祝い、親しい女友達と夜遊びに出かけたことをインスタグラムで明かした。 そこに集まった友人たちの顔ぶれが、スゴいのなんの! セクシー女優のパメラ・アンダーソン(51)、ナオミ・キャンベル(49)、ケイト・モス(45)、そしてマライアというビッグネームが一堂に会した写真は、ド迫力&セクシー度MAX。Photo:The Mega Agency/アフロ「コーション・ワールドツアー」ではめくるめく豪華衣装を披露、そして新曲だけでなく往年のヒット曲も数多くパフォーマンスし、ファンは大喜び。そして打ち上げでは大物ばかりの激レア集合ショットを披露するとは! さすがマライア、そのスターパワーに圧倒されっぱなし! >>何もかもが桁外れ! 世界が誇るディーヴァ、マライア・キャリーの奇跡・波乱・笑いに満ちたスター人生③ジュリア・ロバーツの出世作『プリティ・ウーマン』、当初はダークな物語だった!Photo:Everett Collection/アフロ女優のジュリア・ロバーツ(51)が、パトリシア・アークエット(51)との対談番組に登場。王道のシンデレラストーリーとして今も絶大な人気を誇る『プリティ・ウーマン』が、当初はタイトルも結末もまったく違う、“暗くてヘビーな物語”だったことを明かした。 それによるとタイトルは『3,000』。最後は主人公の女性が車から道端に放り出され、男は代金を投げて走り去るという、映画とはほぼ正反対の結末だったそう。Photo:Instagram(juliaroberts)そのオーディションに合格したジュリアだったが、直後に映画会社が倒産し、プロジェクトは崩壊。ジュリアは失業の憂き目に。しかし、その後、『3,000』がハッピーエンドな『プリティ・ウーマン』に生まれ変わることになった際、監督のゲイリー・マーシャル(享年81)が一度は役に決まったジュリアに声をかけてくれたおかげで、出演することができたとか。 今は「最初のプロジェクトがなくなってよかった!」と感謝しているジュリア。もし、『3,000』がそのまま製作され、『プリティ・ウーマン』にならなかったら、その後のキャリアは全然違うものになったはず。人生は本当に何が幸いするかわからない!? >>ジュリア・ロバーツ、セクシー路線にイメチェン!?④今は仕事優先!? ダコタ・ジョンソンがクリス・マーティンと破局Photo:Backgrid/アフロ交際約2年で、昨年末には婚約説も流れたダコタ・ジョンソン(29)とクリス・マーティン(42)が、破局したもよう。プライベートに関しては一切語らないふたりに代わり、周囲から聞こえてくる破局の原因は、子作りに対する考えの違いだとか。 元妻グウィネス・パルトロウ(46)との間にアップル(15)とモーゼス(13)のふたりの子どもがいるクリスは、もっと子どもが欲しいと思っているのに対し、ダコタはまだ早いと感じているそう。数カ月にわたり話し合ってきたが、ふたりの考えは平行線のまま。ついに別れを決断したという。Photo:INSTARimages/アフロダコタは出世作となった『フィフティ・シェイズ』シリーズが終わり、新境地を開拓中なことから、仕事を優先したい気持ちも理解できるところ。しかし子どもの話題以外では相性ピッタリと言われるふたりだけに、復縁の可能性は十分にある!? まだまだ目が離せない! >>グウィネス・パルトロウのビキニ姿に拍手! 「パーフェクトボディ!」と称賛の嵐⑤エマ・ストーンが、芸名の由来になった憧れのエマとついに対面!Photo:Instagram(emmaleebunton)5月からスタートしたスパイス・ガールズの再結成ツアーを締めくくる3日間のロンドン公演に、エマ・ストーン(30)が駆けつけ! 憧れのベイビー・スパイスことエマ・バントン(43)と初対面を果たした。Photo:Instagram(emmaleebunton)実はエマは子どもの頃からスパイス・ガールズの大ファンで、ベイビー・スパイス風のファッションをして、学校の先生に「エマと呼んで欲しい」と注文をつけていたほど。芸名を本名のエミリーではなく、エマにしたのは、エマ・バントンと同じように呼ばれたかったからだとか。90年代と2008年のコンサートに参戦したが、直接会ったのはこれが初めてだったそう。 一方、本家エマもハリウッドスターのエマと会えることに大興奮だったよう。朝のラジオ番組で「今夜のライブにはエマ・ストーンが来るの!」と思いっきりネタバラし。そんな大ファン同士のWエマのツーショットにはハッピーオーラが炸裂! >>キリンもビックリ!エマ・ストーン、今だかつてないボリュームまつ毛の立役者⑥結婚を控え情緒不安定に!? ジェニファー・ローレンスが号泣した理由を明かすPhoto:REX/アフロ2月にアートディーラーのクック・マロニー(34)と婚約したジェニファー・ローレンス(28)がポッドキャスト番組でバチェロレッテ・パーティーをめぐり、ひとり号泣したことを明かした。 当初はジェニファーの希望でバチェロレッテ・パーティーはやらないと決めていたのに、突然やりたくなり、友人たちに連絡したけれど、直前すぎて誰も都合がつかなかったから……。とはいえこういう事情なら、誰も来られなくて当然といえそう。 もちろんジェニファー自身もそれはわかっていたようで、「自分でも泣いた理由は不明よ。ただ悲劇的な気分になっていただけだと思う」と分析。もしやこれがマリッジブルー? それともいわゆるモンスター花嫁状態? 演技力には定評があり、若くしてハリウッドの売れっ子スターになったジェニファーだけど、結婚前の気分の浮き沈みはコントロール不能!? >>ジェニファー・ローレンスがスピード婚約! お相手は、一般人のアートディーラー⑦ヘンリー王子、初めての父の日を迎える! 息子の顔立ちがわかる写真を初公開Photo:Instagram(sussexroyal)5月6日(現地時間)に待望の第一子、アーチー・ハリソン・マウントバッテンーウィンザー君(0)が誕生し、父親になったヘンリー王子(34)。初めての父の日を記念して、王子夫妻がインスタグラムに父親の指を握る、アーチー君の写真をアップした。Photo:代表撮影/AFP/アフロ生後3日目のお披露目会ではすやすや眠っていて、顔はよく見えなかったアーチー君。カメラマンから、ベビーの顔をもう少し見せてくれるよう頼まれたヘンリー王子は「彼はすでにヒゲが生えているので」と渾身のパパジョークで断っていたので、アーチー君の顔がわかる写真はこれが世界初! とはいえ、写真がセピア色なうえ、口元が隠れているため、全貌はまだナゾが多いアーチー君。ヘンリー王子夫妻には、ぜひもっとたくさんのアーチー君の写真をお披露目して欲しいもの! >>祝・ロイヤルベビー誕生! 名前の由来から名誉称号、出産方法まで。アーチーにまつわる情報を総ざらい
  • 頼んでもいないのにトゥーマッチなアドバイスをしてくるおじさんたち。親切心かもしれないけれど、ときにどうでもいい&間違った注意はありがた迷惑。読者が遭遇した「教えてあげるおじさん」のあるあるエピソードと、エキスパートによる対処法をまとめました。対処法をアドバイスしてくれたのは…イラストエッセイスト 犬山紙子さんマウント問題なら犬山さん! 著書『アドバイスかと思ったら呪いだった。』(ポプラ文庫)にはマウンティングに関するエピソードも多数。心理カウンセラー 石原加受子さん「自分中心心理学」で楽に生きる方法を提唱。『「とにかく優位に立ちたい人」を軽くかわすコツ』(学研プラス)など著書多数。「勝手にコンサル」おじさんかなり前ですがバイト時代の送別会で、オーナーが私に根掘り葉掘り質問攻め。頼んでもないのにアドバイスを始めました。オーナーはただ自分の経験や正論を語り、自分の力を見せたかったのだと思います。話したくないこともあり、話題を変えようとしても逃してくれず、デリケートなことも聞き出されて嫌な思いをしました。相手のマウントゾーンに引き込まれ、抵抗し難い感じがあって“私こんなんで大丈夫ですかね?”と、相手を喜ばせるために言ってしまったことで、数日悔しさが消えませんでした。(27歳・デザイナー) 〈犬山さん〉相手の迷惑を考えられず気持ちよくなっている人を喜ばせる必要はないですよ。肯定もせず否定もせずの「面白いですね」という返答で流しておくと傷つかずにすむはず。〈石原さん〉相手を喜ばせるとさらにアドバイスをされ、どんどんつらくなっていきます。嫌なことを聞かれたら「それって何か関係あるんですか?」と質問して答えないようにするといいですね。「仕事あげようか」おじさん 仕事で独立予定の私に、先に独立した先輩が“フリーランスは厳しいぞ、俺ならお前に●万円は稼がせてやれるけど、案件紹介してやろうか?”と……。すでにその金額の倍くらいは仕事決まってるんで“けっこうですけど”って感じでしたが、面倒なので“ありがとうございますー”と流しておきました。失礼がないようにと思って信頼・尊敬しているふうの態度をとってきたのですが、それを“こいつは俺のことが好き”に変換しているようで、迷惑です。(31歳・IT) 〈犬山さん〉本当に何かしてあげたいと思っているものの、無自覚にマウントをとっているタイプ。「そんないい仕事、先輩がやればいいじゃないですか!」とわからせてあげてもいいかも「俺は本物を知っている」おじさん 男性上司に韓国土産のキムチを渡したら、あとで“あんまりおいしくなかった”とのコメント。続けて“都内の××のキムチは本場よりうまい”などとのたまってきました。びっくりして苦笑いしかありません。イラッときたし、それ以降必要以上のコミュニケーションをとる気になりません。(28歳・I T営業) 〈犬山さん〉コミュニケーションしなくてすむなら、しなくていい! もしまたなにかイラッとくることを言われたら「また言ってるウケる〜」と心の中にIKKOさんを召喚して、流しましょう〈石原さん〉論破しても、相手がお礼を言うようになるわけではないので、コミュニケーションをとらないのが正解! 上司だからって、お土産を渡さなければならない決まりはありません「マナー講師ノリ」おじさんお酒のつぎ方がなってない!と注意してきて、しかも“今まで甘やかされてきたんだね、泡だらけだよ”と言われた。仕事で注意できるネタがないので、飲みの場で指導してみたかったんだと思う。そのときは思わず謝ってしまったけど、よくよく考えたらおかしい!と、あとから怒りが湧いてきました。ちなみに、相手のグラスの差し出し方が悪かった。(30歳・映画配給会社) 〈犬山さん〉マナーは知識さえあれば指摘できるから、マウントをとりやすいんです……。こういう人は「マナーといえば○○さんですね!」といじりぎみに褒めて、自分は下げない対応が◎〈石原さん〉謝るのではなく、相手より余裕を持って、気持ちのうえで優位に立って、目を見て「わかりました」と言いましょう。人は、そういう相手には怒りづらくなるんですよ「俺のほうが詳しい」おじさん 趣味でロードタイプの自転車に乗っているのですが、職場に初歩的なロードの知識を教えてくるおじさんがいます。知っていなければロードに乗れないような基礎知識を一生懸命話してきて、ロードを始めて日が浅いようだから教えてあげるという態度。クロスには昔から乗っていると何度説明しても、都合よく忘れているらしい……。下手に返すと面倒なので静観しています。(36歳・事務) 〈石原さん〉「話を聞いてくれる」と思われているかも。「5分以内に切り上げる」と決めましょう。切るタイミングを見極めることに頭を使っていれば、まともに話を聞かなくてすみますしね!イラスト/花くまゆうさく 取材・原文/東 美希 ※BAILA3019年7月号掲載
  • 家族関係の変化を痛感せざるを得ないアラフィー世代。悩みは人それぞれでも、“考えさせられながら読む”小説にはそのヒントが! 最近本の世界で勢いがある家族の現実をテンポよくつづった小説から、女性作家たちのユーモラスな視点で描かれた傑作をお披露目。女だからこそユーモラスに「家族の問題」家族のキャラが濃すぎるのも悩み『乙女の家』 朝倉かすみ 新潮文庫 ¥750 78歳の曾祖母は愛する人との内縁関係を貫いた。58歳の祖母は16歳で族のヘッドの子を産んで男に逃げられた。42歳の母は理想の家庭をつくるため、平日は別居中の夫が夕食を食べにくるという形を継続中。そんな強烈な女たちの中で育つ若葉は、自分のキャラの薄さに悩み、試行錯誤していたが……。女子高生の青春を描きながら、普通の家族とは、理想的な家庭とは?と考えさせられる。アラサー、アラフォーも大変『対岸の家事』 朱野帰子 講談社 ¥1,400 『わたし、定時で帰ります。』で人気上昇中の作者が描くのは主婦の現実。2歳の娘がいる専業主婦・詩穂は2児の母・礼子と知り合い、仕事とワンオペ育児をこなす彼女の限界に気づく。そのほかにも子供がいない医者の妻・晶子、育休中のエリート公務員・中谷など、知人たちには個々の現実と言い分が。困難な毎日でも、優しさを忘れず向き合いたいという気持ちにさせてくれる小説。節約は明るく賢くやらなくちゃ『三千円の使いかた』 原田ひ香 中央公論新社 ¥1,500 「人は三千円の使い方で人生が決まる」と祖母の琴子にいわれた美帆は、24歳で貯金に目覚める。姉で29歳の専業主婦・真帆は、証券会社員時代の知識を生かしてプチ稼ぎに熱心。姉妹の母で55歳の智子は体調不良で将来が心配。そして琴子は73歳でパートを始め、お金の意味を再び考えるのだった。御厨家の人々の節約術は、何に価値をおき、バランスよく生きるかを考える好材料。シニアの外見、そのままでいい?『すぐ死ぬんだから』 内館牧子 講談社 ¥1,550 酒店を長男に譲り、夫と麻布のマンションで暮らすハナ。78歳の彼女は60代までは外見に気を使わなかったが、実年齢より上に見られて開眼。「外見が若くなると精神が若くなる」と自覚し、プロに相談しつつ美を保っていた。ところが夫が倒れたことで予想外の展開に。高齢者の口癖「すぐ死ぬんだから」は免罪符ではなく、努力を放棄するセルフネグレクトという作者の見解に納得!『夫の墓には入りません』 垣谷美雨 中公文庫 ¥680 老後資金、遺品整理などリアルな問題をテーマにしている作者の人気作。結婚15年の夏葉子は夫を突然亡くしたが、実家には戻らないつもりだった。しかし義両親が彼女をあてにしていることがわかり、将来を再考することに。女性の仕事を理解できない、勝手に墓に嫁の名前を入れるなど、義両親の行動はいかにもありそうで苦笑。時に穏便に、時に過激に対抗する夏葉子に思わず拍手。人生後半戦は本音が丸出し!『肖像彫刻家』 垣谷美雨  篠田節子 新潮社 ¥1,700 53歳バツイチの銅像職人・正道はイタリアで芸術家になることをあきらめ、八ヶ岳山麓に移住。現金収入のためさまざまな仕事を引き受けるが、「正道が作った銅像には魂が宿る」と評判になったことで思いがけない事態が続出する。娘ひとりでの介護、地方の寺の経営の裏側といった厳しい現実を直視しつつ、人間喜劇として描かれた小説。的確な視点、皮肉の切れ味はさすがベテラン!子供の部活は親の犠牲が必須!?『我ら荒野の七重奏(セプテット)』 加納朋子 集英社 ¥1,500 PTA改革に挑んだキャリアウーマン陽子を描いた『七人の敵がいる』の続編。中学で陽子のひとり息子は吹奏楽部に入部。しかしそこは親のがんばりなくしては成立しない部活だった! 演奏会で使う会場のために昼夜を徹して並ぶ、親の会の主(ぬし)が権力をもつなど、陽子には納得できないことばかりで……。知る人ぞ知る“部活親の苦労”を問題提起した痛快な作品。撮影/古谷 勝 スタイリスト/洲脇佑美 取材・文/山本圭子 撮影協力/アワビーズ
  • クールな黒は夏も積極的に取り入れたい色。とはいえ定番色だからこそ、無難になりがちなのが悩みのタネ。そこでオシャレに定評のある6人の有名人たちに、夏の黒コーデの新鮮なアイディアを披露してもらいました!Yuko Araki 新木優子さん フレンチな黒 漆黒にこそ映える   フレンチシックな小物使い ボーダーを使わずにオールブラックで仕上げたフレンチスタイル。斜めにかぶったベレー帽やドット柄のスカーフをキュッと首に巻いて、小粋に仕上げて。 Tシャツ¥3000/プチバトー・カスタマーセンター(プチバトー) デニムパンツ¥26000/エージー ジャパン(エージー) スカーフ¥2500/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) バッグ¥24000/アニエスベー ベレー帽¥4500/CA4LA ショールーム(カシラ) サンダル¥14800/カージュ ルミネエスト新宿店(ガイモ) 黒のワントーンコーデは私の中では超定番。特に黒のデニムパンツははくだけでオシャレに見えるから何本も持っています。このストレートのブラックデニムはシルエットが最高。ぴたっとしたトップスに合わせると女子らしくなってすごく可愛い♡ コーデがシンプルな分、小物使いで遊べるので、注目のフレンチムードが漂うベレーやドットのスカーフ、赤いサンダルを投入。リップも深みのある赤にして、大人見えを意識しました。 Profile ●あらき ゆうこ 1993年12月15日生まれ、東京都出身。ノンノモデルとして活動しながら、女優としても活躍。ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』への出演が記憶に新しい。ドラマのみならず、映画、CMも話題作への出演が続いている。撮影/山本雄生 ヘア&メイク/河嶋希 スタイリスト/石田綾 構成・原文/菊池美里 本誌編集部 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 花嫁を美しく彩るウエディングドレス。2着目としてオススメのニュアンスカラーのドレスは大人っぽい色選びが決め手。女性らしく、クラシカルなムードを引き出すベージュカラーは、まるで映画のワンシーンのように心に留まる一着に。 【ノスタルジックなベージュドレス3選】贅沢なグラデーションパールで大人の品格をシックなアイボリーのメッシュオーガンジードレス。ポイントはスカートのウエストから贅沢に施されたグラデーションパール。つややかな輝きになじむやわらかなドレスの発色が、大人の品格をきわだたせて。ドレス(販売)¥580000・(レンタル)¥350000(マリア ラブレース)・イヤリング(販売)¥39000/マリア ラブレース愛らしさ満点のクリーミーベージュドレスノスタルジックなクリーミーベージュは愛らしさ満点。胸元のクロッシェレースと肩で結ぶタッセルのフォークロアなデザインは、自然体のガーデンウエディングにぴったり。ドレス(レンタル)¥350000(ポエジエスポーザ)・ヘッドアクセサリー(レンタル)¥10000・イヤリング(レンタル)¥20000/クリオマリアージュ 総レースのオーバードレスがドラマチックヌーディベージュのシンプルなドレスに総レースのオーバードレスを羽織らせ、ウエストにフラワーモチーフのベルトをあしらった一着。ドラマチックなデザインも、生成りのナチュラル感でレトロでやさしげな印象。ドレス(レンタル)¥380000(ポエジエ スポーサ)・イヤリング(レンタル)¥5000/リブラブラフ 撮影/尾身沙紀〈io〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈 io〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/マギー 取材・文/久保田梓美
  •  ミウッチャ・プラダによる「ロマンスは現実とは異なる幻想的なものであり、厳しい時代に対する解毒剤にもなる」とは、今シーズンのすべてを象徴するような言葉だ。また、ランバンの新クリエイティブ・ディレクター、ブルーノ・シアレッリは「ジョイフル」というキーワードをファーストコレクションに込めたという。愛と喜び、弱さや不完全なものを認める“共感”の視点は、カール・ラガーフェルドの逝去、という図らずもモード界の節目を迎えてしまった私たちに寄りそった。  今季、観客が歓喜の声をあげて迎えた「新しい才能」には、ランバンに加えて、ニナ リッチ、ボッテガ・ヴェネタ。老舗メゾンのヘリテージを最大限に尊重しつつ、若手ならではのフレッシュな視点で「着たい」と思わせるファーストコレクションを見事提案した。また、ボッテガ・ヴェネタのダニエル・リーは、セリーヌでの経験を持つ、フィービー・チルドレンでもある。リアリティあるきれいな服への待望論は、同じくフィービー・チルドレンであり昨年のLVMHプライズ特別賞を受賞して注目を集めるロック、ヴァネッサ・トレイナの支援で今季初めてランウェイショーを実現したケイトの初コレクションの成功にもつながった。  ショーの演出面でのトレンドは、「詩」。ヴァレンティノはSNSで探し出した詩人による愛の詩を朗読し、コレクションの世界観を印象づけた。また、ディオールのフェミニズム的視点も、今回は詩の朗読という形でアーティに。NYの若手、バットシェバはモデルがひとりずつ詩を読み上げた。情緒的な演出は、力ではなく愛で伝えるというメッセージとも受け取れる。  そしてモード愛にあふれたエピソードがもうひとつ。NYで話題になった、トモ コイズミについて。ショーの4週間前にスタイリストのケイティ・グランドからSNSで連絡があり、マークジェイコブスのストアでのショーが決定。マークのショーも担当する一流のヘアメイクチームがバックアップしてショーが開催されたというから夢がある。  シャネルのショーの冒頭、カールの肉声でメゾンのアーティスティック・ディレクターに打診されたときのことが語られた。周囲が皆「終わったブランドだ、やめたほうがいい」と止めるのをむしろ面白いと思い引き受けた、と。いつも新しい方法で、誰かにまだ見ぬ喜びを。声高な主張よりも愛ある挑戦こそが、新時代の扉を開く。老舗メゾンに吹いた新しいデザイナーの風 新クリエイティブ・ディレクターたちの初のランウェイは、ブランドへのリスペクトと新しい才能が見事に実を結んだ。 1 メンズブランド「ボッター」の共同創立者である、ルシェミー・ボッターとリジー・ヘレブラーが就任。爽やかなカラーパレットがポジティブに輝いた2 ブルーノ・シアレッリの初コレクションのテーマは「神秘的な巡礼者」。物語を感じるロマンティックなムード3 英国籍のダニエル・リーはメゾンのコードを踏まえ、新しい女性像を提案。「意志あるセンシュアリティ」を描いた 詩を取り入れた"届ける"ランウェイの形 ファッションと言葉が、ここまで蜜月関係を築いたシーズンはあっただろうか。不穏な時代だからこそ、日常でそっと愛をささやく言葉が人々の心に響き渡る 4・5 詩の言葉がドレスにも会場にも6 アンダーカバーとグラフィックのコラボレーションでも「愛」を表現 7・8 ショー会場でアーティストのトマーゾ・ビンガが詩を朗読 9 バットシェバのランウェイではモデル一人ひとりがHoleの「Doll Parts」の歌詞を朗読。客席にはコートニー・ラブの姿も10 ショーの最後にはユアン・マクレガーの娘、エスター・マクレガーが歌を披露11 クリスティーナ・リッチも出演初ランウェイショーの若手たちがパワフルだ 久々に若手デザイナーのショーが注目された今季 12 ギャップやヴェラ・ウォンでキャリアを積んだキャサリン・ホルスタインが2016年に立ち上げた13 ガーメントを再構築する"パーフェクト・インパーフェクション"の進化形で鮮やかに魅了した14 コスチューム・デザイナーとして活躍していた小泉智貴。レディー・ガガに衣装提供したことも ありがとうカール。終わりの始まり カール・ラガーフェルドの訃報はモード界を悲しみに染めたけれど、新たなメゾンの出発点にも。次シーズンへの希望を込めて 15・16 訃報の2日後に行われたショーでは、在りし日のカールが「フェンディでの最初の日」を語るムービーが流れ会場からは拍手が 17・18・19 グランパレを銀世界に変えたシャネルのラストコレクション。ほほえむペネロペ・クルスの凛と前を向く姿が印象的。カールの遺志を継いだヴィルジニー・ヴィアールの今後に期待したい SOURCE:SPUR 2019年7月号「モードは詩的に、愛に満ちて」photography: Jonas Gustavsson
  • 4.令和の今こそ「モードの歴史」をまといたい テン年代最後のランウェイにあふれたのは、モードがたどってきた道のりへの、数々のオマージュだ。 1 パンクマインドを持った50年代のテディ・ガールをイメージ2 1957年に閉校したブラック・マウンテン・カレッジからインスパイア。ジオメトリックなストライプパターンにその影響が 3 60年終盤のベトナムが着想源。ドレスもアオザイ風にアレンジ4 60年代のローマ。貴族の令嬢はシックなチュールに包まれて5 クラブカルチャー「ノーザンソウル」の60〜70年代の風を感じて6 60~70年代のサイケデリックなポスターが出発点 7 原点回帰で70年代後半のアーカイヴスにフォーカス8 デザイナーが夢見ていた70年代のディスコへのオマージュ9 1977年にオープンしたポンピドゥ・センターを軸にカルチャーミックススタイルを描く 10 ビッグコートやハイウエストパンツをオールホワイトでモダンにアップデート11 80年代をキーに女性の意思を伝える大胆なクチュールテクニックを駆使した 12 スーパーモデルが一世を風靡した頃をイメージ。パワフルでグラマラスな女性像13 ヘルムート・ラングが築いた90年代のミニマルに立ち返りクリーンなルックを披露14 ブランドが得意とする上質な素材使いに、グランジテイストをミックスした
  • 1.「ダークロマンス」は 新時代の解毒剤だ プラダのメッセージにもあるように、現実を離れたほの暗く美しいものが、私たちを癒やしてくれる。 ブラックスワン 1 フェザーにベルベット、チュール、ストーン、ビーズをミックス。奥行きのある「黒」を表現した2 クリスティー・ターリントンが着るラストルックはルースター、グース、オストリッチの羽根ドレス3 シルクとモヘアの華やかなスカートにスタッズを配したバイカージャケットでロマンティックパンクに4 ピンク色のオストリッチフェザーが優雅に揺れる5 "影"をテーマにしたコレクションは、フリル使いや甲冑のようなパーツなど黒のテクスチャーで遊ぶ アルルカン 6 ノットを施したフリンジ状の裾が躍動。アーガイル柄ドレスをユーモラスに演出する7 ジオメトリックなチェッカー使いがロングドレスにモダンな立体感をプラス8 カラフルなレザーをパッチワークして、一枚のドレスに仕立てて。目もとを覆うマスクでダークなムードが加速 闇に咲く花 9 アレック・ウェックがまとったのは、クラシカルな黄色の花柄の上にさらに黒レースを重ねたドレス10 ブラックドレスに朽ちゆくバラの美しさをポエティックに描いた11 思いきり大きく描いたカラフルな花々は、力強くもあり、幻想的でもある12 光沢のある生地で仕立てたパフィコートに大きなバラの花が。スポーティなブーツとレッドスパロウ 13 プリマドンナのようなチュチュドレスを深い赤で仕立てることでグラマラスに14 メゾンでよく使われている「水玉」をピクセル化した柄にアレンジ。黒ベースのマキシドレスにのせて15 フロントはキュートなサテンのティアードドレス、バックは大きく開いており、センシュアル 闇のパープル 16 メタリックに光るジャカードで、冬のガーデンをイメージ。裾にはフェザーが17 パープルのきらめくトップスとチュールスカート。ダークな色合わせがミステリアス18 深い海のブルーからパープルの色調を、万華鏡のように多面的にプリント。バミューダパンツでカジュアルに デカダンス 19 中世のノスタルジーを繊細なレースや黒いローブにのせて。ブラック&ホワイトでストイックさも20 ディテールをそぎ落とし、服のイメージだけを残す「デカダン・カッティング」という今季の新しいアプローチ
関連キーワード

RECOMMEND