NO!と言わないヘイリー・ボールドウィン「どんなメイクも似合わせる」技

SPUR.JP

婚約者ジャスティン・ビーバー(24)との幸せな日々に、さらに輝きを増しているモデルのヘイリー・ボールドウィン(21)。彼女の下積み時代からのメイクを手がけ、最近では「ブライダルメイクを予想して!」というリクエストも多いという御用達アーティストのヴィンセント・オクエンドが、webサイト『REFINERY29』のインタビューに回答。ヘイリーの臆することのない冒険心と「どんなメイクも似合わせる」裏技について語った。

ティファニー主催のイベントでは、もともとのシックなメイクにヘイリーの提案でパープルのアイシャドウがプラスされた。Photo:Getty Images

ヴィンセントの証言によれば、ヘイリーはメイクに対してとても冒険心が強く、恐れ知らず。他のセレブとは異なり、彼の提案に対して一度も「NO!」を突きつけたことがないのだそう。むしろ、自ら進んでより記憶に残る顔になるためのアイディアを温めてくるのだそう。 2月21に英ロンドンで開催された音楽の祭典『ブリット・アワード2018』では、1週間前からお互いにメイクのアイディアを交換。RALPH LAURENのブラック&ブルーのドレスに合わせて、ブルーブラックのリップで登場し、話題をさらった。

NOと言わないヘイリー。『ブリット・アワード2018』ではダークなブルーブラックのリップで登場! Photo:Getty Images

ダークなリップを塗った時に顔色を沈ませないために、いくつかの工夫を施しているというヴィンセント。そのひとつが、スキンケアの時に資生堂インターナショナルの「WASO クリア メガハイドレーティング クリーム」をベース代わりに使うこと。高保湿ジェルを仕込むことで、ヘイリーのようにぷるぷると潤いをたたえたヘルシーなツヤ肌に仕上がるそう。

ヘイリー御用達アーティストが愛用する、WASOクリア メガハイドレーティング クリーム 53g ¥4,500/資生堂インターナショナル Photo:Instagram @waso_official

さらに、メイクの総仕上げにはジョルジオ アルマーニ ビューティーのチーク ファブリック 305をなじませて、いきいきとした顔色を演出。NO!と言わないヘイリーの、どんなリップどんなシャドウを塗ってもくすまない肌を支える2つのアイテム。この週末に、早速買いに走りたい。

ヘイリーのヘルシー肌を支えるチーク ファブリック(左)。ソフトなコーラルカラーの305番が定番。¥5,900/ジョルジオ アルマーニ ビューティ Photo:Instagram @armanibeauty

髪を切る時も一緒な2人。とうとう同じヘアスタイルに!?

>>ヘアカットも一緒!ジャスティン&ヘイリーのニコイチボブ

真似したい!ヘイリーのヘルシーファッションをおさらい

>>祝、婚約! 愛され上手なヘイリー・ボールドウィンのファッション遍歴を総ざらい

ヘイリーの愛用コスメも公開。恋を実らせたセレブ達の美容法まとめ

>>祝・婚約ラッシュ!セレブ4人の愛され美容法 カーリー、ヘイリー、プリヤンカー、アリアナに続け

関連記事
  • この春手にしたいピンクリップとは? 今シーズン、おしゃれな人から手を伸ばしている青みピンクのルージュはまとうだけで今っぽさを振りまけるところが買い。肌色までみずみずしく見せてくれるつや質感だから実は肌浮きしにくいのもポイント。気負わず好きなトーンにトライして。トレンド重視派は、デイリールージュを青みピンクに更新!大人っぽさのなかに可憐なムードが漂う秀逸カラー 鮮やかな潤いのベールに抱かれたかのようなうるうる感の愛されピンク。ルージュ アンリミテッド PK347 ¥3200/シュウ ウエムラぷるんとセンシュアルな"惚れさせ”ピンク アクティブなチェリーピンク。グローな質感。デアリングリィデミュアリップスティック S03 ¥3900/THREE(3/3発売) グラマラスなホットピンクでカジュアルな可愛げをオン みずみずしいきらめきを放つホットピンク。中央のブラック♡には唇をボリュームアップしてくれる成分がぎっしり。ヴォリュプテ プランプインカラー 2 ¥4300/イヴ・サンローラン・ボーテシーンを選ばず好印象間違いなしの落ち着きトーン なめらかな塗り心地で唇をジューシーに。華やかでやさしげなムード。ソフィーナ オーブ なめらか質感ひと塗りルージュPK14 ¥3200/花王撮影/恩田はるみ(物) ヘア&メイク/AYA〈LA DONNA〉 取材・原文/石橋里奈 ※BAILA2019年3月号掲載
  • NAKEDがプロデュースするアートイベント、FLOWERS by NAKEDに行ってきました♡お花をテーマに、日本一早いお花見が楽しめます♡ プロジェクションマッピングはもちろん、お花の香りが楽しめたり、生花があったり、素敵な音楽もあり、色んな演出があります♡こちらは手のひらをかざすと手のひらにお花が咲くプロジェクションマッピング♡他にも様々なアート演出が♡リプトンのフルーツインティーを買えるブースもあり、飲みながら、お花見を楽しむことが出来ます♡FLOWERS by NAKEDは2月26日まで日本橋三井ホールでやってます! みなさんもぜひ行ってみてください♡ instagram♡よかったらインスタも見てください!モアハピ部 No.641 せいら のブログ
  • そろそろ春のアイテムを買い始める頃。おしゃれプロたちが手に入れたワンピースやセットアップなどをご紹介。太陽の光で色あせたような色みと、柔らかな風合いで、こなれ感のあるカジュアルスタイルを演出できるパーカー。「コンパクトさと、あせたキャンディカラー、フードの立ち上がり具合、これはタイプでした!色違いで買いたい!」と副編集長S田。 プルオーバー各¥18,000( 3 月上旬展開予定)/ラルフ ローレン (ポロ ラルフ ローレン)「ノーク」は、本誌でも活躍中の福田亜矢子さんと斉藤くみさんのスタイリスト2 人がディレクションする新ブランド。小花柄ワンピースはVネックやシェイプされたウエストが大人の女らしさを感じさせてくれる。「アラフォーでもガーリーにならず、都会的に着られる花柄が欲しくて作りました」と福田さん。ボタンを開けてデニムなどにはおっても素敵。 ワンピース¥15,000( 3 月上旬入荷予定)/ノーク「カッコいいけど女らしい春のセットアップを発見!ヒップが上がって見えるお得意のパンツもさすが!」と副編集長SGURがひと目惚れしたのがこちら。ワイドテーパードという新しいシルエットのパンツは、あえて大きめに設定されたウエスト部分を付属のベルトで絞ってメリハリをつけて。 ブラウス¥27,000・パンツ¥33,000/ebure他の画像を見る撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ 【Marisol3月号2019年掲載】
  • バックステージで活躍する未発表新ブランドのアイライナー 未発表のブランドがバックステージビューティを手がける!? 2月11日にNYにて行われた3.1 Phillip Limの2019年-20年秋冬ランウェイショー。そのバックステージに潜入すると、驚くべき事実が発覚! なんと今回、バックステージのメイクアップに採用されたのは、FLOWFUSHIが発信する新ブランド。そのブランド名は、まだベールに包まれている。未発表ブランドがランウェイのメイクアップに使用されるのは前代未聞!  なぜこのようなコラボレーションが行われるに至ったのか?それは、"UNFRAME THE BEAUTY"という新ブランドが掲げるコンセプトにあった。そこには、美の正解を押し付けず、既存の枠組みを取り払うというFLOWFUSHIの想いが込められている。3.1 Phillip Limもまた、長年にわたって既成概念を追い払い、新しい美を追求したいという想いでファッションに取り組んできた。両社がこの"UNFRAME THE BEAUTY"というキーワードに深く共感し、今回のコラボレーションが実現したという。 ダイアン・ケンダルもアイライナーを絶賛 メイクアップアーティストのダイアン・ケンダル バックステージメイクアップのディレクションを担当したメイクアップアーティストのダイアン・ケンダルに今回のメイクアップに関する話を聞くと、まずはアイライナーを絶賛。「はじめにこの話をいただいたとき、"UNFRAME"というフィロソフィーに共感しました。パッケージにアップサイクル素材を用いているところも素晴らしいし、デザインも非常に美しい。さらに、日本の職人技によって生み出されたアイライナーの筆が、とても描きやすいんです」と語る。 アイラインを施したモデルのMaisie Dunlopではメイクアップに関しては?「普通のアイラインとは異なる方法で、でもコンセプチュアルすぎずウェアラブルに仕上げたかった。そして、やわらかくフレッシュなムードを醸し出したいと思ったのです」とダイアン。モデル全員の上まぶたのクリースの上に白いアイライナーで弧を描き、中央に余白を作る。「下まぶたには40人のモデルの顔立ちに応じて、カーキとパープルを中心に異なるカラーをルールを決めずに入れていきました」。ここにも美の正解を押しつけない"UNFRAME"な考え方が反映されている。「アイラインを際立たせるため、肌はなるべくナチュラルに。アイブロウはとかし上げ、リップにはバームを塗るのみにとどめて。頬には、少しだけツヤを与えヘルシーに整えました」。メイクアップを施されたモデルは、それぞれ個の美しさを引き出されながら、フレッシュな輝きを放っていた。 フロントロウにはあの大物ゲストも登場! 3.1phillip lim 2019-20年秋冬コレクションのランウェイより 3.1phillip limのランウェイに登場した服は、どれもクリーンでいてフェミニン。そして新しさがありつつウェアラブルで、完璧にメイクアップとファッションが調和していた。上の写真では特に、服の白ステッチと上まぶたのホワイトラインがマッチング。ランウェイのフロントロウには、スーパーモデル、サーシャ・ピヴォヴァロヴァと鈴木えみがツーショットでお目見え。 フロントロウに座るサーシャ・ピヴォヴァロヴァと鈴木えみNYの街を翻弄する未発表ブランド (上)バックステージにて、アーティストのデスクに並べられた新ブランドのアイライナー さて、このブランド名未発表の新ブランドは現在、NYの街を斬新なキャンペーンでジャック中。書かれているのは「@UnframeTheBeauty」と「KEEP OR DROP」。そこには当然ブランド名の記載もなし。NYコレクション中、広告が掲げられたタクシーや地下鉄のポスターをいたるところで発見。思わず撮影したのがこちら。 (上)地下鉄の駅構内に貼られたポスター ポスターはいたるところに タクシーにも!これらは、「名のなき1本のアイライナーを一般ユーザーや学生にサンプリングし、KEEPかDROPかを直感でジャッジしてもらう。そして多数決で結果がKEEPになった場合にのみアメリカで発売する」という大々的なキャンペーンの一環。結果がDROPになった場合には、アメリカでの発売は中止になるという! 詳細はこちらのキャンペーンサイトと、公式インスタグラムをチェックして。
  • 潤しても、潤しても、肌がカサつく。メイクがのらないばかりか、しわ、たるみ、くすみも悪化してきて焦りを感じているエクラ世代も多いはず。それはこれまで経験のある越冬の乾燥肌ではなく、アラフィーの肌に起こる特有の"エイジング乾燥"。今までと同じコスメ選び&お手入れをしていたら、"エイジング乾燥"はすすむ一方。空気がカラッカラの今だからこそ、速やかにスキンケア方法をアップデート! "エイジング乾燥"をこじらせないばかりか若いころの潤いハリ肌を取り戻し、自信を回復するチャンス!1.まずは土台を整備。潤いをため込む肌を育てるまず行うべきは、硬く干からびた肌を耕し、潤いの道すじをつけること。硬さの原因となっている古い角質を穏やかに取り去って、肌をリニューアル。さらには、瞬時に浸透して乾ききった肌細胞を水風船にする高機能化粧水で、「大人の水やり」を。化粧水は「量より質」惜しみなく使える化粧水をジャブジャブ使って潤うのは、30代まで。年齢を重ねた肌に必要なのは、質にこだわり、適量で確実に潤う高機能化粧水。洗顔後のファーストステップで肌を活性化させ、貯水力をアップさせる成分を吟味した化粧水を。①アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ リフティングローションEX V 日本古来の伝統的技術であきたこまちを発酵させ抽出した、ライス発酵液配合。乾燥でしぼんだ肌を柔らかくしながら潤し、あとから使うアイテムの浸透ルートを確保。120㎖ ¥6,000 ②エスト ザ ローション 乾燥環境でも生きぬく生物が生み出す成分、エクトインを配合。細胞の貯水力を上げ、肌を水がめに。とろみテクスチャーが肌にのせるとほどけてスッと浸透。140㎖ ¥6,000角質ケアを怖がらない古くなった角質は肌を守ってはくれず、むしろ潤いの浸透を妨害。肌の生まれ変わりをじゃまする、老化の元凶。日々のクレンジングで徐々に古い角質を取り除き、週1~2回の角質ケアマスクを。肌に負担をかけず、確実に取り去る習慣をつけよう。③コスメデコルテ フェイシャル リファイニング ピールオフ マスク 古い角質を一掃する、はがすタイプのマスク。取り去ると同時に、美容成分を送り込み、15~20分後にはがすと驚くほど明るく、もっちりとした肌に。週1~2回使用。83g ¥5,000 ④イトリン エレメンタリー フェイスクレンジングクリーム メイクとともにその日の老廃物をクレンジング。精油や植物オイルを贅沢に配合。心地よい天然の香りに包まれ、洗い流すと、うれしいくらいみずみずしく清らかな肌に。110g ¥12,0002.乾燥も老化サインも同時にケア。ハイスペック保湿を投入シンプルな保湿では歯止めがきかない"エイジング乾燥"。エクラ世代は、エイジングケアと強力保湿を同時進行で行う、ハイスペックなアイテムを取り入れるべき。少々値は張るが、1品取り入れるだけで劇的に改善。見違えるほど、美肌が蘇る。乾燥とたるみを同時にケアエイジングケアと強力保湿が同時にかなうハイスペック保湿の筆頭は、右に紹介するクリーム。いずれもこっくりとしたテクスチャーで、肌が安定。赤みやヒリつきがある乾燥肌ならシスレー、より積極果敢に肌の引き締めをねらうならエピステームを。①エピステーム ステムサイエンス リフトクリームa 先進の再生医療研究を生かしたクリーム。コクのあるクリームがしっかり保湿し、ハリのもとのコラーゲンを生み出す力をアップ。そのリフト力は美容医療級。45g ¥33,000 ②シスレー コンフォール ベルベット クリーム 乾きが止まらない炎症性乾燥肌を瞬時に落ち着かせ、潤いを受けつける肌に。リラックスした肌は本来の機能を取り戻し、エイジングを寄せつけない。50㎖ ¥21,000/シスレージャパン バリア機能を強化しつつ、ハリUP冬の乾燥のあとやってくるのは、春の紫外線や花粉、大気汚染。バリア機能を改善して3重苦に備えよう。左の2品は、希少植物のオイルやエキスが過酷な環境を戦いぬける肌を育てる逸品。いずれも保湿は軽々こなし、しわ、たるみケア効果も抜群。③ゲラン オーキデ アンペリアル ザ オイル 20種もの希少なオイルを綿密にブレンドした、世界最高峰のオイル。肌のハリに重要な脂肪酸を強化し、肌密度を上げてバリア機能をアップ。極上のつやめくハリ肌に。30㎖ ¥39,800 ④ヘレナ ルビンスタイン プロディジー CELグロウ エッセンス エマルジョン アルプスの過酷な頂で咲き誇るエーデルワイスの始原細胞をブレンドしたエキスを配合。肌細胞をリ・プログラミングし、若いころの肌細胞へと近づける画期的な美容乳液。100㎖ ¥50,0003.日中も寝ている間も。24時間「追っかけ保湿」のどが乾いたら、いつでも水を飲むように、肌が乾いたら、いつでも保湿ケアを。エクラ世代は、いつでも手をのばせば届くところに保湿アイテムを常備し、24時間乾かない肌をキープしよう。「追っかけ保湿」に適したアイテムを選ぶことが大事。ベッドサイドに塗るマスクを肌が修復活動に入る睡眠中は、潤いを蓄える力を養う絶好の時間。お風呂あがりなどに夜のスキンケアを行い、就寝までの時間が空いた場合はいったん肌の乾燥具合を確認。乾いていたらすかさず「塗って寝るだけ」のナイト マスクで追っかけ保湿を。①シャネル イドゥラ ビューティ ナイト マスク カメリアとブルー ジンジャーの成分が、寝ている間に細胞の酸素供給メカニズムを活性化。花びらのようにしなやかなアプリケーターでのばし、2分おいてなじませる。100㎖ ¥9,500 ②SHISEIDO ワソウ ビューティ スリーピング マスク ゆずエキス配合のみずみずしいジェルが、肌に効率よく潤いと明るさを与える。質のいい睡眠にいざなわれるような心地よい香り。81g ¥4,500/資生堂インターナショナルメイクの上からも迷わず保湿一度完成したメイクの上からでも躊躇せず、乾いたなと感じた部分に速攻で「追っかけ保湿」を。のびのいいバームや浸透力の高いオイルを使えば、ファンデーションがヨレることなくカサつきがおさまって、つややかなハリ感が蘇る!③米肌 肌潤エッセンスバーム 肌に触れた瞬間、米由来の潤いが溶け込み、乾燥をシャットアウト。スティックタイプで持ち運びしやすく、乾燥した部分を的確にケアできる。9.5g ¥3,500/コーセープロビジョン ④THREE エミング フェイシャル オイルエッセンス ブースターとして洗顔後すぐの肌にも、メイクの上からの追っかけ保湿にも。フェンネルやゼラニウムなど良質な精油の香りに心も潤い、メンタルも肌も息を吹き返す。28㎖ ¥13,500 ⑤MiMC エッセンスハーブバームクリーム プロポリスエキスなどの天然素材を凝縮したバーム。スルスルとなじみ、疑似皮脂膜を形成。シリコンやポリマー、界面活性剤不使用なので、揺らぎがちな肌にも。8g ¥3,8004.老け見えポイントの"目もとと唇"には専用保湿をスマホによる酷使や寝不足でハリを失った目もと。表情による動きや食べ物&飲み物の汚れでガサガサの唇。老け見えしやすいパーツは、それぞれの特性に合わせた専用コスメなら回復が早く、アイメイク、口紅が映え、くずれにくくなることうけあい!①HACCI リップスティック 人肌でとろけるサラソウジュバターとアボカドバターとハチミツの相乗効果で、すべるように唇に広がるリップ。ひび割れ、皮むけ唇を、瞬時にうるツヤのぷっくり唇に。3g ¥3,700 ②ディオール プレステージ セラム ド ローズ ユー 10個の極小球が転がるアプリケーターで目もとをマッサージ。小じわや乾燥はもちろん、老け見えの元凶、くまやむくみもケア。15㎖ ¥21,000/パルファン・クリスチャン・ディオール ③ポーラ B.A アイゾーンクリーム 疲れてショボショボした目もとに、くっきりとした輪郭とハリを取り戻す。コクのあるクリームがスッとなじんでピタリと密着。たるみのない目もとを形状記憶。26g ¥18,0005.最新サプリメントで体の内側からも保湿をバックアップ特定保健用食品(トクホ)、機能性表示食品、医師によるプロデュースと、このところ高機能保湿サプリメントが続々登場。気休めに終わらず、潤う実感を得られると評判。続けることが大事なので、飲み方の好みなど、自分に合ったサプリを選ぼう。①TAKAKO STYLE the Repair moist ヒアルロン酸の原料となるグルコサミン、コラーゲンを保つコンドロイチンなどを配合した保湿サプリ。肌の免疫力が高まり、荒れにくい肌に。120錠 入り ¥9,000/TAKAKOスタイル ②gg ヘスペリジン&コラーゲン 肌への効果が実証された低分子コラーゲンが肌の潤いをキープする、機能性表示食品のドリンク。ヘスペリジンが冷えやむくみも改善。100㎖×15本入り ¥3,000/江崎グリコ ③オルビス ディフェンセラ 肌の水分を逃がしにくくする機能が認められたトクホのサプリ。水なしで飲め、ゆず風味でおいしい。顔の肌はもちろん、肘、膝、かかともツルツルに。1.5g×30包入り ¥3,200eclat3月号掲載 撮影/大原敏政(aosora) 取材・文/小田ユイコ
  • リブ好きが選んだGUのリブニットカーディガンが、色、形、素材、完璧です。皆さまこんにちは。 先日ふらっと立ち寄ったGUで優秀リブニットカーディガンを見つけたのでご紹介させてください^ ^ 大型店限定の商品です。 ワイドリブVネックカーディガン(長袖)¥1990+税 カラー:ナチュラルリブニットは女性らしい上品さに加え、細見え効果も期待できて、着回しも抜群なので大好きなアイテムです。 こちらのGUのワイドリブニットカーディガン、まず色がとても素敵。 ベージュとアイボリーの中間の絶妙な色味が素敵で高見えです。 またピタッとしすぎない程よいフィット感と、太すぎないリブで細見え効果も。 形もとても綺麗。生地も柔らかくて着心地も◎ キレイめにもカジュアルにも着回せます。 ワンシーズンでヨレてしまっても満足できるお値段ですが、プチプラでも長く着たいと思えるニット。もう1枚買っておこうかな? 洗濯など取り扱いに気をつけて、これからたくさん着回したいと思います。 スッキリしたVネックラインが綺麗なんです。写り込んでいるCHANELの優秀リップについてはまた次回に❤︎主張しててすみません...美女組No.164 kanaのブログ
  • ついに日本にもできた「ラルフズ コーヒー 表参道」のレジ前にて発見。ここのブラウニーはかなり好きな味! 昨年秋に表参道にお目見えしたラルフ ローレンのカフェ「ラルフズ コーヒー 表参道」にて。このブラウニーは、ラルフ・ローレン氏の奥様のお母様直伝のレシピなんだそうです。 レジ横に陳列されていたので、つい大人買いしてしまいそうになる衝動を抑えられません……でした(笑)。¥500(税抜き)(副編M山) Ralph’s Coffee Omotesando (ラルフズコーヒー表参道) 東京都渋谷区神宮前4-25-15 ラルフローレン表参道1F 03-6438-5800 #ブラウニー #ralphscoffee #ralphlauren #tokyo #omotesando #ラルフズコーヒー表参道 #バレンタイン #americansweets #tokyosweets #エクラ
  • 端正でなめらかなウールキャンバスのコンビネゾン。タブリエ(エプロン)という日常にあるワークウェアのディテールを、ノワール(黒)のイブニングウェアとして提案するひねりがメゾンらしい。ネックリボンのシルクの仕立てが、エレガントな空気を醸す。 ジャンプスーツ¥416,000(予定価格)/エルメスジャポン(エルメス)  この数年、ランウェイシーンを席巻してきたロゴマニアブーム。そのカウンターパートとして、今ブラックスタイルに熱い視線が注がれています。ひと目でそれとわかるステートメントに疲れてしまった、という見方もできますが、果たしてそれだけでしょうか。  黒という色の持つ静謐さ、知性、そして奥行き。ニュートラルだからこそ、シルエットやディテール、素材のこだわりが際立つ。ひいては着る人のパーソナリティが浮き彫りになる。言うなれば、ブラックのワードローブには、真のモードラバーとしての矜持が投影されているように感じるのです。  かくいう私自身、ブラック信者の一人。ワードローブの過半数は黒い洋服で埋め尽くされています。シンプルなブラックドレス、テーラードジャケット、ボンデージ風のレザーブラ。そして黒を選ぶときは決まって、身が引き締まるような気持ちです。  そんな私が、改めてブラックスタイルの魅力に惹きつけられたのが、今回の2019年春夏コレクション。なかでもエルメスのランウェイでフィナーレに登場したウールのジャンプスーツが印象的でした。見事な晴天のロケーションのもとで発表された今季コレクションには、ナデージュ・ヴァンヘ=シビュルスキーのモダンな感性、そしてファッションというカテゴリーを超越したライフスタイルメゾンとしてのエルメスのDNAが、これまで以上に鮮明に映し出されていました。ラグジュアリーを極めた末に行き着いた、ブラックという原点。こんな服を、気負わずマイ・ユニフォームとして着られる女性がいたらなんて素敵なんだろう。そんな妄想が膨らむ一着です。 ティファニー・ゴドイファッションジャーナリスト。自ら創刊した『The Reality Show Magazine』の編集長兼クリエイティブ・ディレクターも務めるほか、数多くのメディアにも寄稿。 >>黒いニュー・ヒロイン by ティファニー・ゴドイ
関連キーワード