149円の幸せ。 ”まるでパイン”(略)を知っていますか?

SPUR.JP

暑くて外を歩くだけで疲れる毎日、元気の素は何ですか? 私は毎日家に帰る途中にあるセブンイレブンで、おつかれさまの”一本”を買うのがささやかな楽しみです。といっても下戸なので買うのはお酒ではなく、アイス。その名も「まるでパインを冷凍したような食感のアイスバー」(149円)。名前が長い! でもこの長さと美味しさは、比例します。

その昔、小学生のころの大好物は、パインを輪切りにしたみたいなアイスでした。カチカチに凍ったパインは最初は円形なので前歯でガブッといかないと食べ進めていけない。キーンと冷たくてしびれるような歯の痛みを我慢して食べ進めると、視力検査みたいなC型になって、袋の中で丸い形がつるつる滑るのをぐっと握りしめて溶けるスピードに負けじと齧り続ける! というのが楽しかったものでした。最後は手がべとべとになったりしたのも良い思い出。

そんなパインアイスが、食べやすいアイスキャンディ型になったの!?と思ってしまうこの「まるでパイン~」。おっしゃる通りまるでパイン。しかも味は記憶の中のパインアイスよりジューシーで濃い。フルーティなので食後も爽やかで、一日のシメに食べても83キロカロリーというやや控えめカロリーとお手頃価格もうれしい。この誘惑にまけて、毎日セブンイレブンへ寄り道してしまう今日この頃です。

関連記事
  • とってもお洒落な大人の空間!美容と健康にも良い発酵食品「ぬか床」料理のお店で、美味しい楽しい腸活!@福岡発売中のMarisol 1月号でも話題の「腸活」。 昔から白米が大好き!ご飯のお供には、納豆・キムチ・漬物・味噌汁が欠かせません(^_^) 知らず知らずのうちに、発酵食品を摂る習慣ができているからか・・・ 最近は、吹き出物がでることもほとんどなく、お通じもとても良いと感じています。 「乳酸菌」「酵母」「発酵食品」♪ これらを美味しく、オシャレに、堪能できるお店が10月に福岡にOPENしました。「ぬか床」料理のお店 HAKKO食堂 @福岡ランチタイムは、ぬか炊き定食をいただくことができます。 今回は「さば・ぶた・手羽先の3種盛り定食」にしました。 ぬかの味がしっかりしみ込み、お肉もほろほろ~。 ご飯がすすみます! 食後のウーロン茶も、茶葉を酸化発酵しているので、発酵食品ですね♪ 夜のメニューは、ぬか床料理に合う地酒やワインも一緒に楽しむことができるお料理。 人気の「さばのぬか炊き」、ポテトサラダ(ぬか入り!)、ぬか漬けの盛り合わせetc. お酒はほどほどの私は、早いタイミングで「ぬかカリー」を堪能しました!ランチメニュー♪ 「さば・ぶた・手羽先の3種盛り定食」 \1,500円左から・・手羽先・さば・ぶた ぬかの味がしっかりしみ込んでいます♪夜メニュー♪ 〇さばのぬか炊き 〇ポテトサラダにもぬかが隠し味! 〇柿もぬかに浸かって甘さが増しています他の画像を見る今回、特別に「ぬか床」を見せて頂きました! 50年、大切に大切に愛情込めて育てられたぬか床。 赤と青の唐辛子、昆布、山椒、生姜、塩が入っています。 ぬかを混ぜる際は、「ビール」を使い、酵母を元気にさせているそうです! 50年、大切に「元気に!」育てられたぬか床☆お肌すべすべ☆お美しいお店の皆さま☆美味しく、オシャレな「ぬか床」料理のお店。 福岡へお越しの際は、是非☆美女組No.168 miyaのブログ
  • 急に寒くなりましたね。こんな季節は、しっかりとバスタブに入って芯から体を温めたいもの。ニッポンらしい、いい入浴剤があるんです! 作っているのは、400年近い歴史を誇る金沢の老舗酒蔵。 いやもう、本当に急に寒くなりましたね。おかげさまで巡りが劇的に悪くなり、ちょっと夜更かしをすると末端がキンキンに冷えきって困っています。 そんな時思い出して買いに走ったのが金沢の老舗酒蔵「福光屋」の純米酒。私は六本木の東京ミッドタウンのショップに行きましたが、松屋銀座や玉川、丸の内にも直営ショップがあります。こちらは500mL。1本¥660です。お得な2Lサイズもあり。いえいえ、飲むのではありません。すっぴん 酒風呂専用・原液 純米は、入浴専用のお酒です。お家のバスタブだったら、1回の目安はだいたい200~250mL。ほんのり日本酒の香りが漂う、お酒好きにはたまらない(笑)バスタイムが堪能できます。気持ちよく発汗できて、もちろんお風呂上りはポカポカ。もういつまでも、つま先までポカポカ! そう、のんびりスキンケアしていても湯冷めしにくいんです。あ、ちなみにアルコール度数は1000分の1以下まで薄まるので、お酒が苦手な方も、お子様のいる方でもご安心を。湯上りの肌もすべすべ、しっとり若返り。さすが肌の保湿成分、天然アミノ酸の量を重視した酒風呂専用酒。日本酒に含まれる成分が、いかに肌にいいか……。それはさまざまなブランドが皆さまに広めてくださっているので、もういいかなぁと思います。その恩恵を全身に受けられる酒風呂、冬こそおすすめしたい美容習慣です。この福光屋さん、米発酵と美容の因果関係をしっかりと研究していて、コメ発酵液、すなわち日本酒をたっぷり配合したスキンケアコスメをたくさんリリースしています(ある化粧水なんか“飲める”化粧水、と以前話題になったことも)。で、来春のトピックスもひとつ。最近、従来品より多くのアミノ酸やビタミン、ミネラルを含んだコメ発酵液の開発に成功したということで、新たな基礎化粧品ブランド「すっぴんイズム」のリリースが決定。ほら、パッケージもすっきり&おしゃれ。海外でもウケそうですね。ちなみにこのディスプレイで下に敷かれているのはお米です!「すっぴんイズム」は2019年2月4日(月)発売。クレンジングリキッド、洗顔フォーム、エッセンスローション(これもコメ発酵液97%、ほぼ原液!!)、エッセンスミルク、ハンドクリームの5品がデビューします。ハンドクリーム以外の4品を7日間試せるトライアルセット(¥1500)もあるので、チェックしてみてください。●「福光屋」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 本日発売のスタイリスト百々千晴さんのスタイリング本「THE DODO JEAN」。個人的にも大好きな百々さんの、しかもデニム本とあれば買わないわけにはいきません!だって百々さん、本当に打ち合わせや現場で会う度にデニムをはいているんです。しかも毎回、シンプルなのに本当に可愛い。 Amazonで予約したつもりがカートに入れっぱなしにしていたことに気づきショックを受けてたのですが、副編Nのを借りられてウキウキ(あとからちゃんと自分用に買います!)。残業終えたらじっくりお酒ととも堪能します❤️待ちきれずチラッととみたところ、デニムの私服スタイリングはもちろんジュエリーやバッグ、ライフスタイルまでぎっしり!そして我らがカバーモデルの中村アンちゃん、ヨンアも登場しているページも(これがまた素敵)。 小柄&下半身太めの体型コンプレックスもあってデニムが実はずっと苦手だったのですが、またトライしてみたくなりそうな予感。やっぱり、ベーシックを素敵に着こなすのって、その人の生き方や佇まいを含めた、センスなんですね。本当に素敵な本です。編集部でも大好評です。百々さんお疲れ様でした&おめでとうございます (編集U) ・ ・
  • 都内最大級のミュージックラウンジ「PLUSTOKYO(プラストーキョー)」が、銀座一丁目「キラリトギンザ」にオープン。壁に描かれた富士山が目を引く空間や、洗練された大人にふさわしいグルメメニュー、オリジナルカクテルなどが堪能できると、早くも大人の女性たちの間で話題に。 「PLUSTOKYO」は、ホテルロビーをテーマとした約300坪ものラウンジフロアと、リゾート気分が味わえる広々としたルーフトップの2フロアで構成。ジャンルを問わず幅広い音楽を毎日楽しめるクラブをはじめ、カフェバー、ギャラリーとしても過ごせるのが特徴。これまでにない音楽を軸とした新しい遊び方を提案する“オトナの社交場”を目指す。 店内には、いたるところにアートなポイントが満載。エントランス横にあるギャラリーでは、最新の現代アート作品がお出迎え。奥に続くラウンジフロアの壁には、日本で数人しかいない銭湯絵師のひとり、中島盛夫氏が描いた壮大な富士山が楽しめる。ブレイクダンスをテーマに彫刻作品を手掛ける小畑多丘氏が手がけたB-BOY人形が配された全長30mのメインバーや、音楽やファッションを芸術に取り入れるアーティスト、小町渉氏によるVIPルーム「SALON」も気になるところ。DJブースを完備するルーフトップは、左右に東京タワーと東京スカイツリーが望め、夏にはBBQも満喫できる。 もうひとつの魅力が、ホテルのラウンジフードを現代的に解釈したロビーフード。デイタイムにはセットブランチ1700円~が味わえ、ナイトタイムは、お酒との相性が良いディナーメニューが充実。また、食のクリエイターたちとのコラボメニューも用意。オープンニングでは、音楽好きの銀座老舗和菓子店の若旦那たちからなる「アンコマン」のセットデザートなどを提供。ドリンクには、「Mixology Spirits Bang(k)」が特別出店するほか、「PLUSTOKYO」がオススメする日本酒オンリーのスタンドバー「POPBAR」も登場する。音楽を軸にさまざまなフュージョンが楽しめる「PLUSTOKYO」から、今後も目が離せない! <DATA> PLUSTOKYO(プラストーキョー) 営業時間:ランチ月~金11:00~15:00(14:00LO) 土・日・祝11:00~16:00(15:00LO) カフェバー月~金11:00~17:00(キャシュオン) ディナー17:00~24:00(23:00LO) バー&パーティ日~木17:00~27:00 金・土・祝前日17:00~29:00 キャパシティ:12F着席148席(PARTY時1000人) RF着席94席(PARTY時800人) 住所:東京都中央区銀座1丁目8-19 キラリトギンザ 12F/RF アクセス:各線「銀座一丁目駅」よりすぐ ※時間帯によってはお席にチャージ料がかかります ※クラブ営業時は20歳未満入場禁止。入場時には、 写真付き身分証明書(免許書、パスポート、住基カード、外国人登録証)の提示が必要PLUSTOKYO03-3563-3776http://plustyo.com/ text/NAOMI TERAKAWA NARUMI AKIBA
  • スイーツにお酒……と手みやげに頭を悩ますこの季節。今年は世界にひとつのブーケはいかが? エクラスタッフやおしゃれなかたたちが「ここぞ」というときに頼りにしているとっておきの人気フローリストをご紹介。予算は¥8,000。シャンパン1本分の予算で、こんなにドラマチックで素敵な手みやげに。1.ウヴル華やかなシーズンにぴったりな心浮き立つブーケは、3種のバラ、2種のダリアなどパッと目をひくピンクの濃淡に、さし色のシックなボルドーのアレンジ。センスあふれる色の合わせ、自然なグラデーションによる立体感のある美しいブーケが話題の注目店。トレンドに敏感な女性が集うホームパーティなどに持参すれば、会話も広がりそう。東京都品川区上大崎3の10の8 ☎︎03・6721・6779 www.oeuvre-tokyo.com 営業日・時間はインスタグラム(oeuvre_tokyo)参照。オーダー(¥5,000〜)は 1週間前までに。2.マコトオクドミモダンでスタイリッシュな東京スタイルのブーケは、シンプル&シックなインテリアの家や、男性への手みやげにもぴったり。写真はサンダーソニア、ケイトウ、カラー、バラなど黄色の濃淡を組み合わせたハッピーな気持ちになれる鮮やかなブーケ。折り紙のような凝ったラッピングまでもがおしゃれと評判。☎︎03・6276・5225 www.makotookudomi.com オーダーは、事前にメールもしくは電話にて。3.ザ リトルショップ オブ フラワーズ / アトリエ野原から摘んだままのような空気感をもつ、きれいにまとまりすぎないアレンジが魅力。ダリアやエキナセア、ブルーベリーの葉などを合わせた写真のブーケは、木のぬくもりあふれるナチュラルなインテリアや、和の空間にも合いそう。依頼時には贈るかたの好きな映画などを伝えるのも、イメージソースに役立つとか。ニ他の画像を見るeclat1月号掲載 撮影/三木麻奈 スタイリスト/石山とみ子 取材・文/鈴木奈代 ※掲載したブーケは予算¥8,000で製作。季節や仕入れ状況により同じ花材がそろわない場合があります。
  • 24時間手に入るコンビニコスメ&究極のコスパが楽しめる¥100均コスメが今アツいって知ってる? ハイスペックなコスメばかりをいざチェック!ミニネイル(各)¥300  (1)RD04 (2)BR01 (3) SV02 /パラドゥ カスタマーセンターパラドゥのネイルは、持ち運びにも便利なミニサイズ。これからの季節にぴったりの、深みのあるカラーと大粒のホログラムが入ったタイプは必見。塗り直しにも便利な速乾タイプで、出先でのお直しにもお役立ち♡サクラヴェール リップ ¥700  /パラドゥ カスタマーセンター潤うのはもちろん、ほんのり血色を感じるくらいの桜色に色づき、口紅の下地としても使える3way! 薄づきのティントタイプだからデートにも♡アイシャドウ(各)¥700  (1)PK (2)BR /パラドゥ カスタマーセンター1 華やかさのあるピンク系。3色を重ねていくと、繊細なパールがきらめく明るい印象の目元に。 2 疲れてくすんだ目元にぴったりの黄み系ブラウン。粉っぽくならずピタッと密着するのもgood。アイブロウペンシル(各)¥700  (1)BR1 (2)BR2 (3)GY1 /パラドゥ カスタマーセンター眉が消えた時描き足すと不自然に、という経験がある人もいるのでは? つきのいい処方で、眉が落ちる原因の一つでもある皮脂と"なじみにくい"処方。描き直した眉が長時間持続。/パラドゥ カスタマーセンター撮影/齊藤晴香 富田恵(2人とも物) 構成・原文/与儀昇平 浦安真利子 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
  • 今から準備して、たっぷり楽しむ! 素敵に贈る 子ども用ミニシュトーレンの作り方 ドライフルーツはりんごジュースで戻すのでお酒抜き! 雪のような、真っ白なアイシングで仕上げます。 材 料:約12㎝×13㎝の楕円形6個分 ■生地 牛乳:80ml 砂糖:20g ドライイースト:小さじ1(3g) 強力粉:200g 塩:小さじ1/2 卵黄:1個分 卵:1個 バター(食塩不使用):50g ■フィリング 好みのドライフルーツ(レーズン、クランベリーなど):合わせて130g りんごジュース(果汁100%のもの):大さじ2 ■アイシング 粉砂糖:200g 卵白:大さじ2 下準備 ドライフルーツは、大きければ粗く刻み、りんごジュースを振りかけて3時間以上おいてふやかす。バターは2㎝角に切って室温に戻す。 今から準備して、たっぷり楽しむ! 素敵に贈る 子ども用ミニシュトーレンの作り方 作り方 1.生地を作る。牛乳を人肌に温め、砂糖、ドライイーストを加え、混ぜる。 2.大きめのボウルに強力粉と塩を合わせて軽く混ぜ、①、ほぐした卵と卵黄を加えてひとまとまりになるまでこねる(目安:3~5分)。 3.②にバターを加え、もみ込むようにして混ぜ、さらによくこねる(目安:5~10分)。 4.③にふやかしたドライフルーツを加え、生地にしっかり混ぜ込まれるまで、さらにこねる(目安:2~3 分)。 5.④の生地をひとつに丸めて、やや小さめの直径18㎝程度のボウル(発酵の進みがわかりやすい)の中央に入れ、ラップをする。オーブンの発酵モード(35~40℃)で1時間~1時間半ほど、生地が2倍になるくらいまで温める(一次発酵)。 6.打ち粉(強力粉・分量外)をした作業台に⑤の生地を取り出す。上にも軽く打ち粉をして、上から手で押さえて空気を抜く。6等分し、四隅の角を内側に折り込むようにして、手早く楕円形に整える。 7.オーブンシートを敷いた天板に⑥をのせる。オーブンの発酵モード(35~40℃)で30分ほど、生地がひとまわり大きくなるまで温め、取り出す(二次発酵)。 8.180℃に予熱したオーブンで12~15分焼く。焼き上がったら、ケーキクーラーなどの上にのせ、粗熱が取れるまで冷ます。 9.粉砂糖と卵白を混ぜてアイシングを作り、⑧にかける。 Point 日もちとラッピングについて お酒を加えない子ども用シュトーレンの日もちは、普通のパンと同じ程度だから、翌日にはおいしく食べきりたいもの。こちらも本格派シュトーレンと同様、乾燥するとパサついて風味が落ちるので、ラップで二重に包んでから、ラッピングを シリーズでお届けしてきた「とっておきの手作りシュトーレン」いかがでしたか? 贈り物としても喜ばれますし、家庭では年明けまで、少しずつ楽しむこともできます。今年は買わずに、手作りしてみてください。 撮影/砂原 文 スタイリスト/河野亜紀 取材・原文/福山雅美 この記事は2017年11月7日発売LEE12月号『クリスマス特集PART.2 「とっておきの手作りシュトーレン」』の再掲載です。
  • まとまった休暇がとれる年末年始。アラフォー女性たちは平成最後の年末年始をどのように過ごすのでしょう? 版権:dreamnikon/Shutterstock.com働くアラフォー女性320人にアンケート調査。 あなたは年末年始をどのように過ごす予定ですか? アラフォー女性たちに平成最後の年末年始をどう過ごすのか聞きました! 年末の過ごし方について、10個の選択肢の中から当てはまるものを全て選んでもらいました。その結果、「年越しそばを食べる」が63%、「紅白歌合戦を観る」が47%、「帰省する」が20%、「おせち料理を作る」が20%でした。意外にも旅行をする人は16%、年越しイベントに行く人は3%と非常に少なく、家で過ごす人が多いことが判明。 続いて、年始の過ごし方について11個の選択肢の中から当てはまるものを全て選んでもらいました。やはり一番多かったのは「初詣に行く」で57%。「親戚と集まる/親戚に新年のご挨拶」と「家でのんびり過ごす」が38%、「初売り(セール)に行く」が30%、「帰省する」が26%、「旅行をする」が17%という結果に。やはり旅行をする人は少なめ。初詣や親戚の集まりに行って、家でのんびりする派が多いようです。ちなみに、海外旅行の行き先は、韓国、インド、台湾、シンガポールと、アジア旅行が人気でした。 大晦日に年越しそばを食べて、年始に初詣に行く。これぞニッポンの年末年始ですね! 年末年始の楽しみについて聞いてみると 「明るいうちにお風呂を済ませ、紅白歌合戦を見ながらゆっくり食事をする」(ふじこさん) 「年末はたっぷりお酒を飲み、年始は毎日スノーボードをする」(くれいぐさん) 「帰省して家族写真を撮る」(リナさん) 「家族とゆっくり話す時間」(こまこさん) 「家族と団らん。早めの時間からお酒を飲む」(かにりんごさん) 「実家に帰ってのんびりする」(りくママさん) 「何もせず、ひたすらのんびり過ごす」(ハイビスカスさん) 「温泉に浸かってのんびり何もしないで過ごす」(aiciさん) 「一日中、ほかのことは何もせず読書をする」(pupillaさん) 「思いっきり寝て、漫画やDVDをたくさん観る」(SaliYさん) 「久しぶりの同窓会に行く」(cocoさん) 「箱根駅伝を沿道で応援する」(くぷさん) 「長期休暇が取れるので2週間ほどヨーロッパへ行き、ひたすら甘いものを食べる」(SaltYさん) 家族と過ごしたり、ひたすらのんびりしたり、思いっきり寝たり、昼間からお酒を飲んだり、ゆっくり読書をしたり。毎日忙しいアラフォー女性にとって、とても贅沢で貴重な時間ですね。 “年末年始はのんびり過ごし新しい一年の英気を養う”。それが今どきのアラフォー女性の年末年始の過ごし方のようです。 あなたにオススメの記事:アラフォー女性が素敵だと思う女性は、笑顔と思いやりの心と強い意志を持った人!「働き方改革」の取り組みはどれくらい進んでいる? 働くアラフォー女性が期待していることは?文/Yuko Aoki
関連キーワード

RECOMMEND