ベッカム家三男のクルス、美声がレベルアップ!ジャスティン・ビーバーの名曲カバーで本家超え!?

SPUR.JP

【SPUR Eye】
母ヴィクトリアの隠し撮り動画に、ファン騒然。ますます上達したクルスの歌唱力に、「ネクスト・ジャスティン!」とラブコール!


ベッカム家の母ヴィクトリア(44)が、ジャスティン・ビーバーのヒット曲『Love Yourself』を熱唱する三男クルスの動画を公開。その美しい歌声に、ファンたちから「母譲りの美声」「ジャスティンを超えた!」というコメントが続出。瞬く間に200万回近くも再生され、本格的な歌手活動への期待が高まっている。

Photo : Instagram (cruzbeckham)
Photo : Instagram (cruzbeckham)

2018年7月22日(現地時間)、ヴィクトリアが「こっそり起きてきたら、クルースが朝のボイトレをしていたわ」というコメントとともにアップしたのは、三男クルスの隠し撮り動画。

動画には、母親に撮影されているとは知らず、ジャスティンの『Love Yourself』を熱唱するクルスの姿が。かねてから美声の持ち主として知られる彼は、ジャスティン特有の高音も難なくクリア。世界的大スターのヒット曲を、完璧に歌い上げた。

When u sneak up and @cruzbeckham is doing his morning vocal warm up!X VB

Victoria Beckhamさん(@victoriabeckham)がシェアした投稿 -

すると、動画の投稿から約1時間後、ヴィクトリアはインスタグラムを更新。ファンたちの反響を受けて「もっと見たい!という人のために。ベッカム家の目覚めは、こんな感じよ!」と、またもクルスの熱唱動画をアップ!

For those who asked to see more!! This is waking up in the Beckham house!!I can ignore the messy room when @cruzbeckham is sounding so cute!! x

Victoria Beckhamさん(@victoriabeckham)がシェアした投稿 -

今度はギター演奏を交えながら、前回と同じ曲を練習するクルス。ギターのテクニックはまずまずといったところだが、彼の熱心さに心を打たれるファンが続出。ヴィクトリアの「クルスの声があまりにもかわいくて、散らかった部屋も許してしまうの」という親バカ全開なコメントにも、深く納得!?

Recording in the shower you can’t get better acoustics than in the shower

Cruz Beckhamさん(@cruzbeckham)がシェアした投稿 -

2016年に、ジャスティンを発掘した敏腕プロデューサーと契約し、12月にはクリスマスソング『If Every Day Was Christmas』でデビューを果たしたクルス。「ネクスト・ジャスティン」と注目を集めるも、その後、CDのリリースはストップ。しかし音楽への情熱は失っていなかったようで、インスタグラムには時折、レコーディングを行う様子がアップされていた。

What an amazing concert congratulations @taylorswift so inspirational

Cruz Beckhamさん(@cruzbeckham)がシェアした投稿 -

また今年の6月にはエド・シーラン、テイラー・スウィフトというスターたちと対面を果たし、インスタグラムにツーショットを公開。どちらの写真にも“インスピレーションをもらった”というコメントを残しており、ふたりの後を追って音楽界のスターダムに登り詰める気合い満々!?

Photo : WENN/アフロ
子どもたちが幼い頃から、一家でコンサート鑑賞を楽しんでいたベッカム家。Photo : WENN/アフロ

フォトグラファーを目指す長男ブルックリンに、次男ロメオはモデルとして活躍。さらに末っ子で長女のハーパーはバレエやサッカーのほか、天才的なメイクのテクニックの持ち主と、多彩な才能を発揮しているベッカム家の子どもたち。両親のDNAを受け継ぐ彼らは、今後どんな活躍を見せてくれるのか? ベッカム・キッズの成長から、ますます目が離せない。

>>甘えん坊のブルックリン・ベッカム、ホームシックのため大学を休学! 家族とのバカンスで元気をチャージ

>>ベッカム家の姫ハーパー、天才的なメイクの才能を発揮!

text : Ayano Nakanishi

関連記事
  • 今週末、私の大好きな韓国のバッグブランド“minitmute”が大阪で初のpopupを開催されるそうです〜〜〜!!! 前回のpopupの様子はこちら。20〜40代の女性が多数でした。表参道でのPOPUPは、こんな行列ができるほど、今大注目のminitmute♡ シンプルだけど遊び心あるデザインと、可愛いカラー使いが、BAILA世代の大人の可愛げファッションにぴったりなんです! ラインナップがこちら しかも!今回もまだ出たばかりの新作がたくさん並ぶみたいですよー!!日本初登場! ミニミュートの公式instagramで見ましたが、すっごく可愛かった、、、!!! そして、POPUP1日目には、デザイナーでモデルのスリンさんもおられるみたいです♡ 天使のように可愛い方なので、会うと溶けます(*´-`)笑 レザーなのですが、すごく軽くて(存在を忘れかけるほどに) 可愛いだけじゃないミニミュート。 私も愛用してます♡ 開催場所のLOVELESS POPUPは、滅多にない機会なので、ぜひ実物のminitmuteを見に行ってみてください!♡ 6/22(土)〜6/23(日) グランフロント南館2F “LOVELESS” minitmuteスーパーバイラーズ 小野絵里のブログ
  • 夏こそチープシックを極めるいいチャンス。「アンダー5万円の『幸せモード』」では、ハイメゾンの名品からアジアブランド、メンズウェア、本気のワークウェアをボーダーレスにピックアップ。大人のおしゃれ心を満たします! 大人を夢中にさせる存在といえば、SixTONES。彼らの多様な魅力に、「野性と純真」というテーマでフォーカス! 2019年下半期の運勢が気になるなら、「運命のCOJI-COJI占い」は必読。さくらももこさんの人気キャラクターと数秘術のコラボレーションで、来季の指針を丁寧にレクチャー。SPUR8月号は、夏を盛り上げるワンダーランドマガジンです!太陽煌めく夏がやってくると、暑いとは言いつつ外へ出たくなるから不思議です。今月号では、次の秋冬にもトレンドが続きそうな“ピンク”色にフォーカス。アウトドアブランドとのミックススタイルで、夢見心地な「ピンクニック」のファッションストーリーを提案します。大好きな色を大胆に重ねて、とびきりハッピーな夏支度を! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  「いつかは欲しい」「久々に買いたい」と思っていても、何をどんな基準で選んだらいいのか迷うのが時計。決して安い買い物ではないですからね! そこで「究極のあがり時計は?」「カジュアルにもフォーマルにもつけられるのは?」などいろんなポイントから名品をピックアップ。秋に予定されている増税までに駆け込み買いするなら、まずはこちらをお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  暑い夏のクローゼットの必需品、Tシャツ。毎日身に着けるアイテムだからこそ、魅力的なデザインとアフォーダブルなプライスを兼ね揃えた精鋭が必要です。どんなスタイリングにも合わせやすいクリーンなテイストから、アップカミングなストリートブランドまで幅広く紹介しています。真夏を一緒に駆け抜ける心強い相棒をぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  夏なのにレイヤリング?と思ったそこのあなた。もう2019-20AWコレクションは発表されており、次の季節のムードがひたひたとモード界にはやってきているんです! 今回スタイリスト浜田英枝さんが提案するのは、今から着られてネクストシーズンも先取りできる、レイヤードテクニックについて。トレンドのエッセンスが凝縮された特集です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  憧れのハイブランドから老舗のジュエリー、メンズアイテムから作業服専門店まで。街中を駆けずり回ってみつけたモードなアンダー5万円が一堂に! 確かな品質と、心躍るデザイン。このふたつが揃ったアフォーダブルなアイテムの数々。バリエーション豊かなラインナップは、買い物欲がムクムクと湧いてきます。この夏、おしゃれがもっと楽しくなること間違いなし! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  デイリーに活躍する名品が揃う、プレフォールコレクション。だからこそ気候の変化にあわせて長く着られるアイテムを、賢く手に入れるのが正解です! このテーマでは、スタイリング次第で2シーズン、ないしはオールシーズン着られるウェアを厳選。ドレス、シャツ、セットアップなど「今日買ってすぐ着られる」ウィッシュリストをぜひご覧ください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  この夏はメイクアップにおいて、かつてないほどのベージュブームが訪れています。素顔にそっとベールをかけたかのような、やさしくフェミニンなまとい方を提案。唇に、目もとに、そして頬に。10%~100%まで、ベージュの分量を少しずつ変えて「新しい顔」を描きます。 驚くほど垢ぬける今シーズンのベージュの力を、ぜひ堪能してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  手にするだけで気持ちが弾み、使うと心がちょっと強くなる。2019年の上半期を代表するようなコスメティックスには、そんなパワーがあります。今回のベストコスメ特集は、私たちが生きていくうえでの“相棒”とも呼べるプロダクトをビューティプロの声に基づいて厳選。使う人の心を豊かにするようなコスメティックスを朝のストーリーとともにお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ジョージアを知っていますか? 今、ファッション業界の人々はいっせいにこの旧ソ連の小国を目指しています。洗練されたホテルを中心に、ファッションスポット、レストランが続々とオープン。料理もワインも最高においしく、まさに楽園。まだどのガイドブックにも載っていない、ジョージアの魅力を凝縮させました。これを読んだ3分後、ジョージア行のチケットを買っていること間違いなし。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  平成から令和という大きな時代の変化を迎えた上半期を終えて、残りの半年はどうすれば?と思う方も多いはず。今回の下半期占いではなんと、さくらももこさんの人気漫画『コジコジ』とコラボレーション! 真木あかりさんの数秘術をキャラクターに紐付けて、基本性格や指針を解説します。ゆるく、でもしっかりと深く読み込める占いをぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • 新しいベージュのまとい方をお届けするSPUR8月号「ベージュの伝言」。今回のメイクアップを手掛けたのは、前川伸子さん。いつもナチュラルなベースにほんのひとさじのモード感を加えたテクニックを紹介してくださいます。こちらは、本誌未掲載のアザーカット。 Photography:Kiyoe Ozawa拡大してみてください。目周りに、クリームベージュのアイラインを入れています。彼女はまつ毛の色が薄いのでわかりづらいですが、日本人の黒いまつ毛の上にこのアイラインを組み合わせると、コントラストで黒いフレームがくっきりと目立ち、目がぱっちり見えるんです!このテクニックには心底驚きました。チーク、リップもすべてベージュでまとめるのがポイント。ぜひ試してみてくださいね。 SPUR8月号「ベージュの伝言」を試し読み(外部サイト)
  • Photography:Satoko Tsuyuki「時計、あってもなくても……」。10年ほど前、愛用時計がこと切れて以来、買いあぐねていた私。「時計、やっぱり欲しいよね!」と再び思うに至ったきっかけがこの二人でした。ライターの栗山愛以さんとファッションエディターの岡部駿佑さん。両者ともモード最先端な攻め攻め系ですが、時計はクラシックなんです。このおしゃれ~な意外性に魅了された私はガチで時計が欲しくなり、SPUR8月号で「ラスト・ミニッツ・ウォッチ」特集を担当。上記二人のルポも必見ですし、時計ジャーナリストの本間恵子さんによるかゆいところに手が届くような買い物指南も勉強になる! 時計に興味ある人もない人も、まずはチラッと見てみてください。 SPUR8月号「人生最高の「ラスト・ミニッツ・ウォッチ」」を試し読み(外部サイト)
  • シースルーのタートルニットに白シャツ、そしてシースルーのVネックニット。写真の涼しげなシアーニットをきかせたレイヤリングスタイルは、SPUR8月号の浜田さんのレッスンの中でも、色や素材のセレクトがミニマムで洗練されていて、個人的に一番真似をしてみたい!と思ったルックです。この一体を作るために膨大なウェアをリースし、何十パターンものスタイリングを試し、ミリ単位でスタイリングのバランスを考える浜田さんの熱意に、今回も感動させられっぱなしでした。4ページに4ルックの特集ですが、そこには最新モードを緻密に分析する、浜田さんの研究の成果がつまっているのです。モードマニア必読の特集です! SPUR8月号「浜田英枝の先取りレイヤリング講座」を試し読み(外部サイト)
  • SPUR8月号の「ピンクニック」テーマの裏テーマは、「初めてのキャンプに出掛けたブルジョワガール」。次の秋冬のブルジョワテイストにもリンクさせながら、ただのアウトドアミックスではなく、ドレスやレディなコートと、スポーティなフーディやマウンテンブーツをミックス。 初めてのアウトドアは、執事が用意したピクニックのセッティングで愛犬のハートちゃんと一緒に悠々とくつろいで……、という妄想から生まれたストーリーです。うらやましいことですね。ピンクが大好きな彼女に用意されたアフターヌーンティーもピンクのゼリーがメインのデザート。きらきらプルプルのゼリーは生花をとじこめたなんともロマンティックなビジュアルで、スタイリスト飯島さんのなんと手作りです。夜なべして作られたロマンティックなセッティングも合わせてお楽しみください! SPUR8月号「HAPPY PINKNIK!」を試し読み(外部サイト)
  • モードなアンダー5万円をスタッフ一同で探しまくりました! そこで見つけた個人的ヒットがおしゃれ“ギョサン”! 頑丈で、滑らず、素肌にフィット。しかも2300円(税抜き)という手ごろさ。“ギョサン”界の雄、丸中工業所が手掛ける「マルナカ ハイエンド」のサンダルです。スタイリスト小蔵昌子さんが合わせたのは白ですが、シックなブラウンやブラック、赤や青など実は色バリが豊富。ビーサンに飽きた~なんていうみなさん、この夏、ギョサンデビューしませんか? SPUR8月号「アンダー5万円の「幸せモード」」を試し読み(外部サイト)
  • 2019年1月から6月に発売されたコスメティックスのなかから、珠玉のアイテム を選ぶSPUR8月号の「2019年上半期 ベスト・オブ・ビューティものがたり」。 今回は、朝目が覚めてから家を出るまでの“きれいになる瞬間”をテーマにスチー ルとムービーで撮影をしました。スキンケアからカラーメイクアップまで、これ ぞベスト!と言えるアイテムを使うことで、美しさが磨かれていく様子をぜひお 楽しみください。 SPUR8月号「2019年上半期 ベスト・オブ・ビューティものがたり」を試し読み(外部サイト)
関連キーワード

RECOMMEND