[vol.58] たくましか〜!ケイト・ウィンスレットは、おしゃれなセレブママと一線を画す、夏休みのお母さんだ
SPUR.JP

セレブも人の子、やっぱり普通に夏休みは欲しいに違いない。ましてや家族持ちのセレブとなれば、子どもと一緒に海やリゾート地に出かけて写真に撮られ、それが芸能ニュースになってしまう。7月に入ると、娘や息子とバカンスを楽しむセレブ一家のリッチ&ラブリーな写真が一気に増えてくるのだ。
そんなセレブ親子のバカンス写真は、ファッションも構図もばっちりとキマっていて、なんだかとっても商業的。

ところが、おしゃれなセレブ一家の写真とはちょいと毛色が違って見えたのが、ケイト・ウィンスレットと彼女の夫がビーチで遊んでいる写真だった。なんといってもまず目がいったのは、ケイトのドスコイなビキニ姿。中年になっても若い頃と同じ体型をキープして顔にシワひとつないハリウッド型の女優とは違う、42歳、3人の子どもありのリアルなたくましさ。彼女の3人目の夫ネッド・ロックンロール(苗字がロックンロールだ!)との間にできた4歳になる息子の遊び道具なのか、釣りの網をがっつりと握って、なんというか“夏休みのお母さん”してる。網を持ったまま、夫とチューをしてる写真もあり、これまた日常のエロスも垣間見えて、地に足の着いた女優ケイト・ウィンスレットらしいじゃないの。

今や新古典映画ともいえる『タイタニック』のラストシーンで、ケイトが氷の海で悲恋にくれても彼女の「同情を誘わない肉厚なガタイ」のせいで、私は当時「ケイトよ、なんで細いレオを海に中に沈めて、脂肪層の厚いおまえが板の上にいるんじゃい。逆にすれば2人が助かるだろーに」などと憎まれ口をたたいたものだが、彼女の肉、私嫌いじゃないです。3度の結婚で、それぞれの男と子どもをもうけ、女優としての実力と母としての生活力のあるリアルな女性。おしゃれ一本槍のセレブママとは別ものの、夏休みのお母さん。人生を楽しんでるケイト・ウィンスレット!

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND