PRADA(プラダ)のバッグ

SPUR.JP

機能的なポケットがワーキングガールをサポート
雑誌もノートPCもポーチも、たっぷり入るワーキングガールの強い味方。前面、背面それぞれが大きなジップポケットになっていて大切な書類を保護する。ほかにインナーポケットが二つあり小物の仕分けも完璧だ。トートでも信頼感のあるルックスなのも心強い。

>商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら

>>4 LOEWE

バッグ〈H25×W33×D14〉¥248,000・iPhone 7/8ケース¥32,000・ピンクポーチ〈H11×W17×D5〉¥28,000・グリーン財布〈H8.5×W11.2〉¥44,000・ブルー名刺入れ〈H6.5×W11〉¥41,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ) その他/スタイリスト私物

バッグ〈H25×W33×D14〉¥248,000・iPhone 7/8ケース¥32,000・ピンクポーチ〈H11×W17×D5〉¥28,000・グリーン財布〈H8.5×W11.2〉¥44,000・ブルー名刺入れ〈H6.5×W11〉¥41,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ) その他/スタイリスト私物

関連記事
  • 年金だけじゃ足りないかも!? 2000万円貯めるために! 30歳までにすべきこと誰にでも訪れる“老後”を豊かに過ごすため、モア世代がすべきことは? お金のプロが、最重要ポイントのみ徹底レクチャー!!●教えてくださった方風呂内亜矢さん1級ファイナンシャル・プランニング技能士。著書『ケチケチせずに「お金が貯まる法」見つけました!』(王様文庫)など、実践しやすいテクニックが人気ふたつの“F”だけ予算を決める「せっかくだから」と、ついつい財布のひもをゆるめがちなのが変動費の“食費”と“自由費”。「このふたつは固定費と違って感情が高ぶりやすく、衝動遣いにつながりやすい費目。後悔しないで思いきり楽しむためにも、予算の上限を設定しておきましょう」(風呂内さん、以下同)手取りに対する割合の目安は食費が15%、自由費が10%で合計25%。手取り20万円なら食費が3万円、自由費が2万円という計算に。「どちらを多くすると気分が上がるかは人それぞれ。上手にバランスをとりながら、トータルで5万円に収まれば問題ありません。予算オーバーしがちな人は、それが欲しい理由(欲望)を細分化してみましょう。低価格なものに置き換えることができれば、支出も抑えられます」Food 食費●自炊用の食材●自分だけが食べる外食●飲み物やおやつなど食費は“自分が食べる食事”が対象。ただ、自炊やひとりごはんよりも友人との外食が多い人は、その分も食費として予算立てを。「食費を抑える基本は、自炊すること。そして、定番アイテムの置き換えです。たとえば毎晩ビールを飲む場合、好きなのはビールの味? あるいは爽快感? それともアルコールのほろ酔い気分? ビールが好きな理由を細分化して考えた時、どれかひとつでも満たせばいいなら、ノンアルコールビール(味)や炭酸水(爽快感)などに置き換えが可能。好きなものを我慢したり、やめるのではなく、“置き換える”ことで満足感を得ながらしっかり節約できます」Free 自由費●洋服やコスメ●趣味や娯楽●飲み会を含む交際「私自身、若い頃は交際費がいちばん大きかったので、“飲み会やディナーをランチにする”というマイルールを設定。楽しさはそのままで、お金と時間を節約することができました」モア世代の場合、交際費はもちろん洋服やコスメ、アクセサリーや趣味のアイテムなど、支出の誘惑が多いのも悩みのタネ。「人は瞬発的に使いたくなってしまう生きもの。けれど、それは必要な消費ではなく、ただの“浪費”です。本当に欲しいものを厳選するコツは、3回見ても欲しいものだけを買うこと。時間をおくことで衝動的な欲求がクールダウンするので効果テキメンです!」 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/国分美由紀 イラスト/田中麻里子
  • 11月に入り、だんだんと朝昼晩の気温差が出てきましたね~。帰宅時にはブルッ!とする事もしばしば。今日はこんな季節にオススメしたい“買い足しアイテム”をpick upします! 本格的なアウターを着るにはまだ早い?ってときには・・・ 持ち運びできるパッカブルタイプの軽量アウターがおススメ! Demi-Luxe BEAMS/Traditional Weatherwear / ARKLEY ロングインナーダウン/¥19,500+税 シャツのようにラウンドした裾が女性らしさを引き立てる1着。 アウター使いはもちろんのこと、インナーとして着られるのも嬉しいポイント♪ 専用の収納袋付きなのも◎   コーディネートのトーンが暗くなりがちなときには・・・ 存在感のあるバッグを1点投入!   A VACATION/TANK トートバッグ/¥59,000+税 コーディネイトのアクセントにするなら小粋なペイズリー柄が旬。"BLTバッグ"のトレンド筆頭の"TANK"は、インテリア用ファブリックを使用した上品な雰囲気が特徴です。   ちょっとそこまでのお出かけのとき着るものに困る・・・ ウールのショールやストールがおススメ LAPUAN KANKURIT/ポケットショール「MARIA」/¥10,000+税 室内はもちろん車移動時の気軽なアウターとしてなどシーンを問わず活躍する絶妙な厚さのショール。両サイドの大きなポケットにはミニ財布や鍵がすっぽり。「ちょっとそこまで」のお出かけには、さっとはおってバッグいらず!   タイツを穿くにはまだ早いけど、足元が寒いときには・・・ ソックスを冬用に衣替え! CAPRICORN MOHAIR SOCKS/モヘアソックス/¥2,500+税 イギリス・ノーサンバーランドのソックスメーカーの定番品。 水分をためにくいモヘアは、耐久性があり長時間履いても匂いにくいのが特徴。バレエシューズやおじ靴と合わせれば、ほどよいボリューム感でスタイリングのさりげないポイントに♪ 私もカプリコーンソックスは毎年買い足ししているアイテム! 定番のコンバーススニーカーとの相性もよく、色違いでたくさん持っていますよ!   少しのアイテム追加で今の季節もおしゃれ&快適に過ごせます。FLAG SHOPでいろいろ探してみてくださいね~。    
  • 『レスポートサック』が、LINE FRIENDSのキャラクター・BT21をプリントしたコレクションを発売中です! BT21といえば、LINEのスタンプや原宿にある『LINE FRIENDS STORE 原宿』でもおなじみの大人気キャラクター。プリント3種、バッグやポーチなど18型、全54アイテムが揃っています♬DRAWSTRING BACKPACK 各¥6000 COSMETIC CLUTCH 各¥42003種類のプリントは、いずれもBT21がマーチングバンドの衣装を着た楽しい仕上がり! なかでもこのバックパックとコスメポーチは、『LINE FRIENDS 原宿』と『LINE FRIENDS』のオンラインストアでしか販売していない限定品なんです。『レスポートサック』でも珍しいナップザック型で、中にはジップ付きのポケットも!SQUARE COSMETIC 各¥3500そしてモア世代にオススメなのがこちらのスクエアポーチ! BT21の各キャラクターが描かれた、8種類を展開しています。スクエア型でマチもしっかりあるので、手のひらサイズだけど大容量。好きなキャラクターで選んでもいいし、カラー別に使い分けるのも楽しそう。BT21ファンでなくともキュンとしてしまう、愛らしいカラーリングやキャラクターたち。バッグに入れておけば気持ちを上げてくれるはず! たくさんのラインアップからお気に入りを見つけてみて。▶︎▶︎『LINE FRIENDS』オンラインストアはこちら▶︎▶︎『レスポートサック』オンラインストアはこちら
  • 令和2年もアナログ派(笑)毎日持ち歩くものだからこそ、妥協せずに選びました。 年末が近づき、手帳を新しくする時期ですね。  次はどんな手帳にしよう、と毎年選ぶのを楽しみにしている方も多いのでは。  でも私、かれこれ十数年、手帳はコレと決めていたモノがありまして。 この弁護士用の「訟廷日誌」なんですが、見てのとおり、無骨なルックスで、カバンからこれを取り出すと、なんとなくぎょっとされることも多いような気がしていました。  ただでさえ、アナログな手帳を使う人が少なくなっている昨今、アラフォー女性が持つには渋すぎるかもしれないですね。  ということで、アラフォー女性にふさわしい一品を求めて、十数年ぶりに、一から手帳を選ぶことにしました。    毎日持ち歩くものなので、使うたびにテンションが上がるようなものが欲しいし、せっかくなら、一生使える良いものを・・・、と思うと、たどり着くのはやっぱりエルメス。  ちょうど手帳の在庫が豊富な時期ではありましたが、なかなか気に入る色、革に巡り会えず、サイズやペンホルダーの有無なども決めかねて、数週間、手帳のことで頭がいっぱいになるほど、あれこれ悩みました。結果、定番色のゴールドカラーのベーシックな手帳に落ち着きました。 せっかくなので、名刺入れも同じ色で新調しました。  小物の色を揃えると、統一感が出てなんだか仕事もデキそうに見えるような・・・(笑) ブックマーク「カルメンチータ」は、落ち着いた赤色を選んで、アクセントに。  レフィルは、エルメス製のものを買うかとても悩んだのですが、やっぱり、六曜の記載などあった方が使いやすいので、エルメスフリークの友人からアドバイスを受け、とりあえず日本製の文具メーカーのものにしてみました。  早くこの手帳を使いたくて、年が明けるのが待ち遠しいです!  ★Instagramで日々の出来事やコーデを更新中です美女組No.141 カキノキのブログ
  • デイリー使い出来そうなオレンジ・ブラウン系に、パーティーでも使える万能パレット! こんにちは。 今年もたくさんクリスマスコフレが出ていて、 欲しいものがたくさんあり、何かいいかな~と思っていたところ、 11月8日(金)発売のLUNASOL ルナソル ホリデーフェイバリット2019 をゲットしました! 仕事終わりに渋谷ヒカリエの店舗に行き、購入出来ました♡ アイテムは 〇ルナソル アイカラーレーション EX03 〇ルナソル ドレスフォーリップス (グロス)EX01      ムーンリットダスト 〇ルナソル スキニーカラーグロウ EX01       ジュニバーベリー 上記3点と、ラメポーチが付きます♡ アイカラーはパキッとした発色のいいオレンジに、 今季大活躍のブラウンの締め色、 パープルとピンクのラメがこれから時期に使えそうなパーティーメイクにも合いそう♡ ラメも重ね付けしやすいカラーなので、 どんなメイクにも合わせやすそうです♡ 友人の結婚式のメイク♡ 早速アイカラーを使ってみました! ラメはキメが細かく、重ねても重くならないので、私はベージューやブラウン系のアイシャドウの上から重ねて使ってみましたよ^^ 締め色のブラウンも、発色がいいので、目がくっきり見えます。 わかり難いですが、涙袋には少しピンクのラメをいれました! リップグロスや、チークも使ったらレポします♡ 新しいコスメって心が躍りますね^^ インスタも良かったら♡ @hatase_ai
  • シャツジャケット¥6472/ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス ニット¥2490/GU(一部店舗のみで販売) スカート¥3980/ViS バッグ(ポーチつき)¥1515/GRL(グレイル)  iPhoneケース¥8000/PARK CREATION(ajew) 靴¥2490/GUトレンドのサテン調スカートはブリックレッドできれいめな上品さとおしゃれ感のいいとこ取り♡ 歩くたびにふわっと揺れて気分も上がるも嬉しいポイント。スカートを主役にしたいからアウターとニットは白っぽくまとめて、可愛げと好感度も同時にゲット。モデル/鈴木ゆうか 撮影/川原崎宣喜 ヘア&メイク/河嶋希(io)  スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。 ▶シャツジャケットコーデ記事一覧はコチラ
  • ただ可愛いだけでは物足りなくなってきた。そんなBAILA世代の心をくすぐるのが「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なアイテムたち。洗練されすぎていない無骨なルックスながらも、機能美にあふれほんのり色気も放つ。そんなジェンダーレスデザインを取り入れればより女らしさが際立って、いつものスタイルがグッとスタイリッシュに見えてくるはず。ファッションからインテリアまで、いつものフェミニンの、“その先の私”に出会わせてくれる名品、集めました!  THE LETTERINGのリング モダンな強さが魅力のアートピースのようなアルファベットリング 質実剛健な品の宝庫であるドイツで作られた、タイポグラフィの要素をからめたアルファベットリング。シルバー各¥68000・ゴールド¥85000/ショールーム セッション  “ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なアイテムを詳しく見る フレデリック マルのローズ & キュイール バラを想起させる甘さに知性と清潔感を秘めて。そのギャップが心惑わす 伝説の調香師が紡ぎ上げる唯一無二の香りの新作。甘やかなローズとスモーキーなレザー、相反する要素が見事に調和した有機的な香り。100mℓ ¥36000/フレデリック マル  “ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なアイテムを詳しく見る ベスビーの電動アシスト自転車「PSA1」 ヨーロッパで人気のモデルで街をスイスイ。走り抜ける姿も美しい 体のために、環境のために。あると便利な電動アシスト自転車。フル充電で約90kmの走行可、重量19.6kg。デザインと機能性を兼ねたモデル。185000/ベスビージャパン “ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なアイテムを詳しく見る バルミューダのBALMUDA The Lantern アウトドアグッズのランタンをおしゃれに昇華。インテリアのスパイスにも  話題をさらうブランドの新作はLEDランタン。ツマミを回すだけで暖色から温白色へと好みの明るさに変化。室内のほかベランダや屋外でも大活躍。¥13800/バルミューダ  “ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なアイテムを詳しく見る モンブランのスターウォーカーメタル万年筆 クールなボディと流線形のデザイン。職人技がキラリ  新作のテーマは宇宙で、そこからあおぎ見る地球の美しさを本体に反映。万年筆が勝手に動くような錯覚に陥るほどなめらかな書き心地。¥88000/モンブラン コンタクトセンター  “ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なアイテムを詳しく見る Bose Frames 耳に装着せずともクラシックなスクエア型サングラスで音を体感  こめかみ部分に超小型スピーカーを内蔵。生活音を遮断せず音楽に集中できるオーディオサングラス。Bluetooth対応で通話用マイクも搭載。¥25000/ボーズ・オンラインストア  “ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なアイテムを詳しく見る FLOSのIC LIGHT T1 HIGH 洗練されたモードなデザインの照明をリビングにひとつ イタリア生まれのブランド。高さ約50cmのテーブルライトは、優美でシャープなスタンドについた乳白色の球体に光をともすと、浮かび上がるようで神秘的。¥92000/日本フロス  “ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なアイテムを詳しく見る Aetaのレザーバスケット not カジュアル。丈夫でどこかつやっぽいマルシェバッグ  しなやかな触感のレザーを丁寧に編んで成形するゆえ使い込むうちに極上の風合いに。想像以上に軽いのも魅力。右から(M)46000・(L)¥65000・(S)¥33000/アルファ PR  “ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なアイテムを詳しく見る アークテリクスのミスタヤ コート 通勤服にまとって知的な抜け感を漂わせて  雨風などの悪天候にも対応できるタウンユースにぴったりのゴアテックスコート。シルエットの美しさも魅力。¥63000/アークテリクス コールセンター  “ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なアイテムを詳しく見る ハンス J. ウェグナーのYチェア 木の持つ風合いと革新的デザイン。不朽の名作を今こそ  日本のインテリアにもなじむ名作。アームの曲線美やペーパーコードの座面が体全体をやさしく包み込む。¥84000〜/カール・ハンセン&サン フラッグシップ・ストア東京 “ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なアイテムを詳しく見る GARMINのウォッチVENU シックなビジュアルも魅力。体を24時間サポートするスマートウォッチ 筋トレやヨガなどのワークアウト法を手もとで見られるほか、手もとにつけておくだけで呼吸数や生理周期などのヘルスモニタリングも可。スマートウォッチ¥49800/ガーミンジャパン  “ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なアイテムを詳しく見る マルガレーテンヘーエ工房のピッチャーとマグカップ 東洋と西洋の文化が融合。気品と風格を兼ねた大人のたたずまい  バウハウスの影響下のもとに設立されたドイツの陶芸工房発。優美なフォルムとどこまでも深い色で、触れるたびに尊い気持ちに。容量1リットルのピッチャー¥21000・マグカップ¥7200/リビング・モティーフ “ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なアイテムを詳しく見る Menuのフラワーベースとボウル ほっそりとした真ちゅう製の脚で柔和なフォルムのスモークガラスを包む スカンジナビアンデザインの伝統に基づく「Menu」の作品。スモーキーなガラスと真ちゅうという異素材を組み合わせた、感性を刺激するデザイン。フラワーベース¥57000・ボウル¥52000/リビング・モティーフ “ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なアイテムを詳しく見る ayameのメガネ 愛らしくて知性あふれる。大人の女性が手に入れたい一歩先ゆくデザイン 伝統を踏襲しつつもエポックメイキングな発想で オリジナリティあふれるアイテムを発表。こちらはチタンフレームに七宝加工を施したリムが巻き付けてあることで知性を感じさせつつも心地よい抜け感を秘める。 SIPPOU AV/OPT(BLK)¥40000/ayame  “ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なアイテムを詳しく見る 撮影/山口恵史 スタイリスト/山本瑶奈 取材・文/広沢幸乃 構成/渡辺敦子〈BAILA〉 
  • 可愛いだけでは物足りなくなってきた。そんなBAILA世代が次にチェックすべき「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なアイテムを厳選。新製品が登場するたび、常に話題をさらってきた人気ブランドの新作はランタン! ちょっと無骨なルックスは、甘くなりがちなインテリアのスパイス役として最適。日が落ちる時間が早くなるこれからの季節、いつもの空間を素敵に演出してくれそう。部屋の空気もスタイリッシュに見違える。 バルミューダのBALMUDA The Lantern アウトドアグッズのランタンをおしゃれに昇華。インテリアのスパイスにも  話題をさらうブランドの新作はLEDランタン。ツマミを回すだけで暖色から温白色へと好みの明るさに変化。室内のほかベランダや屋外でも大活躍。¥13800/バルミューダ  撮影/山口恵史 スタイリスト/山本瑶奈 取材・文/広沢幸乃 構成/渡辺敦子〈BAILA〉  ※BAILA2019年12月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND