ペアルックも! ジャスティン・ビーバー、元恋人のヘイリー・ボールドウィンと復縁か?

SPUR.JP

【SPUR Eye】
マイアミでキャッチされたデート風景を、一挙公開! ペアルックや肩を組む姿など、カップル同然!?


ジャスティン・ビーバーに、新ロマンスの噂が浮上! そのお相手とは、2015年に交際が囁かれていたモデルのヘイリー・ボールドウィン。破局後は険悪ムードが漂っていたふたりを、マイアミでキャッチ。数日間をふたりきりで過ごしていたようで、プールサイドやクラブでのツーショットはカップルさながらの親密感。果たして、復縁の真相とは!?

約3年ぶりとなるツーショットが目撃されたのは、2018年6月10日(現地時間)。この日、フロリダで開催されていた教会のイベントに参加していたふたり。ファンによるSNS投稿では、隣同士の席に座るジャスティンとヘイリーの姿が。ジャスティンはヘイリーの背もたれに片腕をかけており、かなり親しげな様子!

Photo : Backgrid/アフロ
Photo : Backgrid/アフロ

するとこの夜、またも連れ立ってマイアミのナイトクラブ「LIV」へ。同じ車から降り立ち、クラブの中へと入っていった。

クラブの中でおさえられた動画では、ジャスティンがヘイリーの肩を抱き、寄り添い合う姿が見て取れる。クラブを後にする際には、手をつないで歩いていたという目撃情報も。

Photo : Backgrid/アフロ
Photo : Backgrid/アフロ

クラブの後、一緒にホテルへと戻ったと言われるふたり。すると翌日は、映画鑑賞へ。カジュアルな装いのふたりは揃って、黒のスウェットパンツにブルーを効かせたスタイリング。まるでペアルックのような姿で出かけるあたり、復縁は濃厚?

Photo : Backgrid/アフロ
Photo : Backgrid/アフロ

映画館を後にしたふたりは、ホテルへ。プールに入ったり、じっくりと会話をしたりと、ゆったりとした時間を過ごしていた。

Photo : Backgrid/アフロ
Photo : Backgrid/アフロ

ジャスティンがプールから上がると、タオルを持って近寄るヘイリー。タオルを手渡しながら微笑むヘイリーの表情は、ハッピーオーラ満点。

Photo : Backgrid/アフロ
Photo : Backgrid/アフロ

また、ビーチチェアに座るジャスティンの髪で遊ぶ仕草など、ジャスティンにぞっこんと言っても過言ではない?

Photo : Backgrid/アフロ
Photo : Backgrid/アフロ

充実した2日間を過ごしたふたりは6月12日(現地時間)、プライベートジェットでマイアミを後に。ルイ・ヴィトンとシュプリームがコラボレーションしたバッグを持つジャスティンの隣で、同シリーズのスーツケースを運ぶヘイリー。またもリンクスタイルを披露し、熱愛の噂はさらにヒートアップ。

Photo : Backgrid/アフロ
Photo : Backgrid/アフロ

2015年から2016年にかけて、お互いのインスタグラムで度々ツーショットを公開したり、度々デートを重ねたりと、ラブラブな様子をアピールしていたふたり。だが破局後にはヘイリーが、ジャスティンへの嫌悪感を露わに。破局のもつれから犬猿の仲になり、その後ふたりが交流する場面が目撃されることはなかった。

Photo : Backgrid/アフロ
2015年にキャッチされた、ふたりのバカンス風景。Photo : Backgrid/アフロ

しかし今回のツーショットがパパラッチされる約2週間前、英新聞『The Times』のインタビューで「ジャスティンとは、かなり長い付き合いだわ。すごく若いときに彼と出会って、彼は私の親友のひとりでもあった。あるときを境に、私たちは友人以上の関係になった。でもそれって18・19歳の年代には、よくあること」と告白。

Justin Bieberさん(@justinbieber)がシェアした投稿 -

そして「(それが原因で)友人としての関係を長い間、絶っていた。会話もしない期間が続いて、すごく気まずい思いをしたわ。でももう、過去は乗り越えたの」と語り、和解を宣言。しかし「その経験からお互いに、友達でいたほうがいい関係を築けるってことに気付いたの。彼は私にとって、とっても大切な人。今は大人として、分別のある関係を保っているわ」と、復縁の可能性を否定していた。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

年来の恋人、セレーナ・ゴメスとも交際&復縁を繰り返しているジャスティン。そんな性格から、ヘイリーと復縁しても不自然さはゼロ。対するヘイリーは今年4月、歌手のショーン・メンデスとの交際が話題に。メットガラにも同伴したばかりで、こちらの関係も気になるところ。イットセレブ同士の恋の行方から、目が離せなくなりそうだ。

>>トレンドはジャスティンから!? ジャスティン・ビーバーのファッション偏愛歴をまとめて紹介!

text : Ayano Nakanishi

関連記事
  • 重ね付けしたゴールドのアクセサリーをアクセントに、自らが立ち上げたブランド「goop」のジャンプスーツに身を包んで、足元はスニーカーというこなれたスタイルで登場したグウィネス・パルトロウ(46)。25歳で早々とオスカーに輝き、最近では人気アメコミ映画『アイアンマン』シリーズのヒロインとしておなじみだが、女優としての顔は彼女のほんの一面にすぎない。 父はプロデューサーで母は女優という映画界のサラブレッドとして、エンタメ業界の人々に囲まれながら育ったグウィネスは、「11歳でカリフォルニアからNYに引っ越すまでは、世界にはこんなに沢山の職業があるなんて知らなかった」と語る。 「同級生の両親は、大学教授や銀行家などそれまで出会ったことのない職種の人ばかりで、“その仕事ってどんな感じなの?”と話を聞くのが楽しくて。それがビジネスに興味を持ったきっかけね。女優としてデビューしてからも、新聞のビジネス欄を真剣に読んでは父に“君みたいな女優は他にいないよ”とからかわれていたもの」。 いつか起業したいというグウィネスの思いが実ったのは、自らのブランドである「goop」を設立した2008年。当初はウェルネスや旅情報を伝えるオンラインメディアとして始まった「goop」は、ファッション、ビューティ、フードなどを幅広く手がける一大ライフスタイルブランドとして成長した。そして今回、「goop」初の、カフェ「goop cafe」を併設した「goop TOKYO pop-up & cafe」のオープンにともなって、CEOでブランドの顔であるグウィネスが来日したのだ。 東京にストアをオープンさせることが長年の夢だったというグウィネスは、「都市にありながら緑豊かな公園(東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)の中にショップをオープンでき、とてもラッキーだった」とうれしそう。自然に囲まれる生活を愛し、日本の植物では自宅の周りに何種類も植えている桜の他、紅葉や藤もお気に入り。ポップアップストアの周りには、アジサイなど初夏の植物をふんだんに植え、リラクシングなガーデンに仕上がったと満足気。 健康志向で知られるグウィネスだが、意外にも、「ギルティープレジャー(罪深い快楽)に浸ることもある」と明かす。彼女にとってのギルティープレジャーは、ウォッカマティーニやウイスキー。とりわけ、ニッカウヰスキーやサントリー「響」を贔屓にしていて、時間があれば蒸留所を訪れたいほどだそう。「意外に思われるかもしれないけれど、フレンチフライや天ぷらのような揚げ物も大好き」との告白に、「でも、いい油で揚げてるんですよね?」と聞き返すと、「確かにいい油で揚げてるわね」と笑って答えていた。 この日も分刻みのスケジュールで、立て続けに取材に応じていたグウィネス。女優業とビジネスを両立する多忙な日々にもかかわらず、毎日睡眠時間8時間を死守しているというから驚きだ。「心も体も休んでこそ復活することができる。忙しく暮らす中では簡単なことではないけれど、いちばん効率のいい健康法ね。あとは、とにかくMove Your Body(体を動かす)! オフィスまで一駅歩くのでもいいし、自転車に乗るのでもいい。自分に向いている運動を選んだら、とにかく毎日続けること。そして、水分をよく取ること。私にとってはこの3つの習慣が、健康の基本」。 この日のランチは六本木にある「HONMURA AN」で蕎麦を食べたという彼女。へルシーな日本食を愛するセレブが多い中でも、その日本食マニアぶりは群を抜いている。 「寿司や和朝食、ピクルス(漬物)も大好き。特に、味噌汁は我が家でもよく作っていて、白味噌が定番。息子には旨味たっぷりのかつお出汁、ベジタリアンの娘にはしいたけと昆布で出汁と使い分けているんだけど、私がとる出汁は最高と評判よ」。  その場にいた日本人スタッフの誰より出汁にこだわっているグウィネス。彼女が愛するMISOを使ったメニューは、「goop café」でも味わうことができる。 最後に、SPUR読者にgoopのアイテムをリコメンドしてもらうことに。 「イチオシは、オーガニックなENRICHING FACE OIL。オイルの質や配合にこだわり抜いて作った私のヘルシーグロースキンの秘密。鍼灸師と共同開発した特殊な塩とエッセンシャルオイルをブレンドしたバスソルト  G.TOX DETOX 5 SALT BATH SOAKも、毎日欠かさず愛用している自信作よ」。 ハードスケジュールにもかかわらず、にこやかで寛いでいて、飛び切りヘルシーな魅力を振りまいていたグウィネス。毎日8時間睡眠は難しくても、まずはその2品を試すことから真似してみたい。 「goop TOKYO pop-up & café」期間:〜5月26日(日)住所:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン時間:11:00~20:00(L.O.19:30)休:期間中無休https://goop-japan.com/ photography:Takeshi Takagi〈SIGNO〉 interview&text:Anna Osada 
  • 現在、ノースちゃん(5)、セイントくん(3)、シカゴちゃん(1)と3人の子どもをもつキム・カーダシアン(38)。代理母出産で授かった第4子をついにお披露目! Photo:Getty Images 2019年5月17日(現地時間)、自身のインスタグラムを更新したキム。投稿したのは夫カニエ・ウェスト(41)から送られてきたメールのスクリーンショットで、そこにはベッドですやすやと眠るベビーの写真が。 Photo:Instagram(@kimkardashian) カニエのメッセージには第4子誕生の喜びが綴られており、まさに幸せいっぱいの様子。シカゴちゃんにそっくりだという赤ん坊に、早くも家族全員が夢中になっていると伝えられている。 Photo:Instagram(@kimkardashian)さらにキャプションには、「Psalm West(サーム・ウェスト)」と第4子の名前も。キム夫妻といえば、ノース(北)、セイント(聖人)、シカゴ(カニエの出身地)と子どもたちに個性的な名前をつけてきたことで有名。サームも「(旧約聖書の)詩編」という意味があり、またもユニークなネーミングが話題となっている。 Photo:Instagram(@kimkardashian) 実はここ最近、宗教に関心を寄せているキムとカニエ。今年に入ってからは毎週のように「日曜礼拝」を開催しており、キムのツイッターには白い衣装を着たゴスペル団がカニエの指揮のもと大合唱する動画も。これを見れば、サームという名前にも納得? OTIS- SUNDAY SERVICE pic.twitter.com/G6VFv8f3Ec — Kim Kardashian West (@KimKardashian) 2019年3月31日 結婚してからの5年間で4人の子どもをもうけ、年々賑やかになっていくキムファミリー。ゴシップとともに子どもたちの成長からも目が離せない! パリス・ヒルトン、キム・カーダシアンのお尻を新曲のネタに(外部サイト) キム・カーダシアン赤っ恥! セクシーなバカンス写真で、過去の失態が再燃(外部サイト) text:Kyoko Kawaguchi
  • スポーティアウターがこんなに可愛かったとは♡もう無視できないトレンド“スポーティ”。あえてメンズ服で選ぶのが通っぽい。カラーに迷ったら、たとえばこんなクリーンなホワイトが使えます♡ ¥2990/ジーユー"120%カジュアル"も断然今っぽい サロペットとアノラック、サコッシュと『コンバース』。“120%カジュアル”もちゃんと今っぽくなる。大ぶりなアクセサリーもポイント! デニムサロペット¥11800/バロックジャパンリミテッド(マウジー) アノラックパーカ¥2990/ジーユー 靴¥6500/コンバース バッグ(ワンピースとセット)¥12800/フリークス ストア渋谷 サングラス¥48000/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング¥9800/UTS PR(ルフェール) ブレスレット¥28000/アー・ペー・セー カスタマーサービス黒ワンピを普段着にするチカラ きれいめの黒ワンピースだって、アノラックをかぶせればモノトーンカジュアルに変身! チラリと見える足首のおかげで、スニーカーでも女っぽい。 リトルブラックドレス¥28000/ショールーム セッション(アダワス) アノラックパーカ¥2990/ジーユー 靴¥6500/コンバース バッグ¥60000/ビショップ(マリア ラ ローザ) ピアス¥1925/サードオフィス(ROOM) 今さらだけど、どんな色にも合うってスゴい 首もとと袖からのぞかせたグリーンのボーダー、ロイヤルブルーのカゴバッグとサンダル。誰からも「可愛い」って思わせるおしゃれが完成! きれい色のボーダートップス¥10800/セント ジェームス代官山店 ドレスパンツ¥27500/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) アノラックパーカ¥2990/ジーユー 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥25000/ショールーム セッション(アシーナ ニューヨーク) イヤリング¥1600/サンポークリエイト(アネモネ) ソックス¥600/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) 素材の違いがおしゃれの分かれ道 はり感のあるアノラックと、ひらひら揺れるスカートと。近いトーンの色同士を合わせるからこそ質感の違いがメリハリになり、一気におしゃれ上級者へと近づく! アノラック¥29000/ボウルズ(ハイク) プリーツスカート¥22000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥22800/セムインターナショナル(エンシャラー) ピアス¥4600/シップス 渋谷店(インク アロイ) ブレスレット¥7000/アルアバイル バングル¥6000/UTS PR(ノース ワークス)甘いも辛いもちょうどよくなる それだけだと甘いレースのワンピース、辛口なカーキのパンツ。淡いベージュのブルゾンならどちらもお任せあれ! ちょうどよくなるうえに一番今っぽくもなるから。 ブルゾン¥16000/ヘリーハンセン原宿店 ワンピース¥38000/メゾン イエナ パンツ¥11000/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) ピアス¥3500/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(インク+アロイ) バングル¥21000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/倉本GORI(Pygmy Company/まりえ分) 三瓶康友(栞里、翼分) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY/まりえ分) ヘア&メイク/林 由香里(ROI/翼分) 河嶋 希(io/栞里) モデル/飯豊まりえ 本田 翼 佐藤栞里 スタイリスト/高野麻子 石上美津江 撮影協力/AWABEES EASE UTUWA TITLES 丸ビル三菱地所
  • ずっと気になっていた、 《ルージュ ココ フラッシュ》 やっぱり凄かった!!皆さん、こんにちは。 RUIです。 ここ最近はスタイリング業をしたり、楽しくも忙しく充実した日々を過ごしています⑅◡̈* 私は洋服も大好きですが、コスメも大好きです。その中で好きなブランドはありますが、なんといっても不動のNO.1は《CHANEL》です♡ 色味、発色、艶全てにおいて、パーフェクトで見ているだけでウキウキします。 少し前に発売された、[ルージュ ココ フラッシュシリーズ]のリップは気にはなってましたが…タイミングを逃していました。 そんな時、友人のインスタで紹介されていて、艶がとても綺麗で…! またそのタイミングで神崎恵さんも紹介してるではないか… これは気になる〜ってことでタッチアップしてきました。 ルージュ ココ フラッシュ56番 ジュコントゥラスト 370番ココ フラッシュは艶と透明感が綺麗でひと塗りするだけでツヤっと発色してくれます。 ベージュ系も気になりましたが、BAさんのアドバイスもあり、ブラウン系の56番にしました。 ブラウンレッドや濃いめのリップは好きですが、このぐらいのシアー感がある方がこれからの時期、使いやすそうです。リップだけのつもりが、気になっていたチークも一緒にお持ち帰りとなりました!笑 どんな色味のアイシャドウやリップにも馴染み、エレガントな印象にしてくれるカラーです。オールシーズン、ヘビロテになりそうです。 ルージュ ココ フラッシュ53番私が迷いに迷った、ベージュ53番は友人が購入して、とてもお似合いなんです♡。 参考までに…⑅◡̈*ではまた⑅◡̈*美女組No.159 RUIのブログ
  • 新しい花嫁に贈る、新しいドレスの提案。自分らしく、モードに装いたい。私らしい一着で愛を誓うオールインワン¥615,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) ベール¥66,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(マルコクッチノッタ)ステラ マッカートニーから初のブライダルコレクションが誕生。総レースのオールインワンを太いリボンベルトでマークしたスタイルで、甘くハンサムなマリアージュを。青いタグに綴られた「Made with Love」のメッセージは、デザイナーから花嫁へ贈る"サムシングブルー"。モダンな花嫁の「Yes,I Do」ジャンプスーツ(ベルトつき)¥789,000・ネックレス¥781,000/シャネル ベール¥107,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(キャロリーナ・ヘレラ) ブーツ¥143,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)スポーティなオープンカラーに、ボリュームのあるワイドパンツ、そして華奢な腕を強調するフレンチスリーブ。憧れのブランドでチョイスしたエレガントなジャンプスーツが、ブライドの笑顔を引き立てて。ゆっくり刻んでいく、ふたりの足跡ドレス¥650,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(テンパリー・ロンドン) ベール/スタイリスト私物フラワーエンブロイダリーとラダーレースをあしらったセパレートドレスは、どこかノスタルジックなムードを薫らせる。セレブから絶大な人気を誇るイギリス人デザイナー、アリス・テンパリーの作るドレスには、大人の女性のロマンティシズムが込められている。グルームの迎えを待つ森の妖精ドレス¥480,000・靴¥79,000(ともにディオール)・イヤリング¥1,250,000・リング¥1,800,000(ともにディオール ファイン ジュエリー)/クリスチャン ディオール スカーフ/スタイリスト私物流れるようなラインが清楚な華やぎを誘うジャージドレス。繊細なスカートのプリーツやデコルテを飾るドレープが、ブライドのボディをしなやかに包み込む。足もとはバレエシューズで、甘やかに、そして軽やかに。彼と私、波打ち際の追いかけっこトップス¥314,000・ドレス¥539,000(参考価格)/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ) 帽子¥45,000/シジェーム ギンザ(ローラハット)動くたびに大きく揺れるコットンレースのドレスは、スカートのプリーツ部分にワイヤーを通し、構築的なフォルムを実現。その上に、同素材のキャミソールトップスを重ね、潮風と一体になる。 リング〈WG、ダイヤモンド〉¥2,800,000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァンクリーフ&アーペル)誘惑の花を胸に咲かせてドレス¥1,120,000(参考価格)/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン(ドルチェ&ガッバーナ)ピュアな白いドレスに、深紅のアネモネの刺しゅうがビビッド。コルセットや小さなバルーンスリーブなど、コスチュームドレスの要素をミックスしたロマンティックな一着で、今日は魅惑の花嫁に。秘密の庭で誓いのキスの予行演習ドレス¥259,000/ドーバー ストリート マーケットギンザ(セシル バンセン) ベール¥16,000/ヴェラ・ウォン ブライド 銀座本店(ヴェラ・ウォン ブライド)バックを細いリボンで結び、肌をロマンティックにのぞかせたブライド。2016年、コペンハーゲンで誕生したブランドは、レース使いや素材のあしらいにクチュリエの職人技が光る。 サンダル¥149,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)鳥のさえずりがウェディングマーチドレス¥1,500,000/ヴェラ・ウォン ブライド銀座本店(ヴェラ・ウォン ブライド)ウエストから裾にかけて大きく広がるプリンセスラインと長いトレーンが、主役の華やぎを約束。ビスチェドレスの上に、刺しゅうを施したオーガンジーを重ね、イノセントなデコルテを演出する。現実とおとぎ話の狭間ドレス¥770,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) ヘッドアクセサリー¥35,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(ジェニファー・ベア)艶やかなミカドシルクでなぞる、洗練されたボリュームの美学。上品なスタンドカラーと、裾にスリットを入れた大きなドロップスリーブ、そしてヘムまで流れるしなやかなドレープが、絶妙なバランスを生む。マーメイドの愛と冒険の行方ドレス¥2,000,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ) ヘッドアクセサリー¥50,000(販売価格)/ノバレーゼ銀座(ジェニファー・ベア) リング(上)¥1,969,000・(下)¥109,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)肌をまろやかに透けさせるチュールに、フリルやビーズをふんだんにちりばめたヌーディなドレス。繊細な素材にあしらわれた細やかな技法に、クチュールブランドの格式が宿る。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら  SOURCE:SPUR 2019年6月号別冊「新元号をともに歩むマリエ」photography: Jumbo Tsui 〈beauty direction〉 styling: Kayo Yoshida hair & make-up: Rie Shiraishi model: Laura edit: Asako Kanno
  • 先週発売したBAILA6月号では、今注目のファッションECサイトを大解剖! SNSで話題沸騰中の個人ブランドや、バイラーズが立ち上げたブランドなど盛りだくさん。 その中でも150cmと小柄な私が重宝しているブランドCOHINA(コヒナ)についてご紹介します。Sサイズ女性のための綺麗めカジュアルブランド「COHINA(コヒナ)」。 身長が150cm台のSサイズさん向けに、オンオフで使えるアイテムをお届けしています。 Sサイズさん向けのお洋服ブランドって、従来のものだとどうしてもガーリー寄りなデザインだったり、少し子供っぽかったりしたのですが、COHINA(コヒナ)はまさにBAILA世代の私にフィットするデザイン。 それもそのはず。商品を企画されている方がBAILA世代。そして、身長も150cm台と小柄な方なんです。 小柄さんならではの悩みを知り尽くしているからこそ、グっとくるアイテムが多いところがCOHINA(コヒナ)の魅力。▶︎ COHINA(コヒナ)インスタグラムでは、COHINA(コヒナ)のSサイズスタッフの方がインスタライブを実施。 動画で商品をレビューしてくれるので、サイズ感や記事の質感、細かい情報が知れるところも嬉しいポイントです。▶︎ COHINA(コヒナ)のインスタグラムはコチラそして、私がCOHINA(コヒナ)でヘビロテしているアイテムは、「前スリットデニムロングタイトスカート(インディゴ)」。 春夏になるとコーディネートに取り入れたくなる「デニム」。 デニムというとカジュアルになりすぎてしまい通勤コーデには難しい、そう思っていたのですが、こちらのデニムスカートは、タイトなシルエットが大人っぽさを演出してくれるロングスカートタイプ。 タイトスカートは、きちんと見えする通勤コーデの鉄板アイテムですよね。 素材によってはお堅くなりすぎてしまうアイテムですが、デニム素材になることによって程よくカジュアルダウン。 深めなスリットが女性らしさをプラスしてくれるので、カジュアルなデニム素材でも子供っぽくならず着こなすことができますよ。何より感動したのは、サイズ感。 小柄な私からすると、ロングスカートはECサイトで買うのを一番恐れるアイテム。 少しでもサイズが大きかったりすると、” 着られている感 “ が出てしまいますよね。 私は、XSサイズを購入したのですが、体に綺麗にフィット。少しハイウェスト気味になっているところも、スタイルup効果があって◎▶︎ 前スリットデニムロングタイトスカート(インディゴ)の購入はコチラスカート以外にも、トップスやパンプスまで幅広い商品アイテムを取り揃えているところもCOHINA(コヒナ)の魅力。 150cm台の小柄さんはぜひ、チェックしてみてくださいね。▶︎ instagramはコチラスーパーバイラーズ 石本愛衣のブログ
  • Gucci(グッチ)がジュエリーコレクションの新広告キャンペーンを公開した。モデルには、グッチ ジュエリー コレクションのアンバサダーを務めるシンガーソングライターのフローレンス・ウェルチを起用。 Courtesy of Gucci鮮やかなドレスとジュエリーをまとい、デコラティブなベッドの上に寝そべるウェルチ。その視線は、まるで夢を見ているかのよう。カラフルで想像力をかき立てるような世界観を彩るのは、“ル マルシェ デ メルヴェイユ”“グッチ フローラ”“ディオニュソス”といった、グッチならではの個性的なファインジュエリーコレクション。さらにスタイリングに加えられたシルバージュエリーは、自由奔放で気ままな旅のスピリッツを感じさせる。 Courtesy of Gucciビジュアルを手がけたのは、アートディレクターのクリストファー・シモンズとフォトグラファーのコリン・ドッジソン。遊び心溢れるボヘミアンなムードで、ジュエリーデザインの美学を見事に表現している。 Courtesy of Gucciグッチ ジャパン カスタマーサービスhttp://www.gucci.com0120-88-1921 text:Mariko Inoue
  • インスタグラムのフォロワーが1060万人という、世界が注目する若手人気俳優ナム・ジュヒョクさん。ドラマ『眩しくて(原題)』が大ヒットし、超多忙を極める中、本誌7月号の撮影のために、大好きなチェジュ島までソウルから早朝便で飛んできてくれました。「食べることが好き」というジュヒョクさんも通うチェジュは、大自然も美食も揃う楽園なので、夏休みにぜひ! ちなみに、SPURでは一昨年の釜山、昨年のソウルに続く韓国特集だったので、チェジュの次に行くならどこがお勧めかとジュヒョクさんに尋ねると、「牡蠣や忠武キンパで知られる統営(トンヨン)」と即答。これはまたディープなデスティネーションをお勧めしてくれました。 Profile1994年2月22日、釜山生まれ。モデルを経て俳優に転身。数々のドラマの主役を演じ、若手人気俳優となる。自身も放送を観て涙したという珠玉のドラマ『眩しくて(原題)』(KNTV)は日本でも放映中。目下、Netflixオリジナルドラマ『保健教師 アン・ウニョン(原題)』の撮影中だ。『ジョゼと虎と魚たち』のリメイク版主演も決定している。ナム・ジュヒョク ジャパンオフィシャルファンクラブ https://joohyuk.jp/ 公式『安市城 グレート・バトル』http://klockworx-asia.com/greatbattle/ 写真集『YOUTH』https://www.wani.co.jp/event.php?id=6170 ナム・ジュヒョクが案内する「眩しくて、チェジュ島」ガイドはSPUR7月号(5月23日発売)で掲載しています。ぜひご覧ください!photographer:Emiko Tennichi edit:Mari Katsura model:Joo Hyuk Nam stylist:Hye Jin Jung hair:Mi Young Jung make up:Soo Jin Kim Coodination: Jea Yang Kim cooperation:Jeju Tourism Organization,Korea Tourism Organization  保存 保存 SPUR7月号のご予約はこちらから! Amazonで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト) HMV&BOOKS onlineで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト) 快晴の朝の光が文字通り“眩しくて”。みかん畑の中の倉庫をリノベしたカフェで。チェジュでの休日が、やわらかな表情をたっぷり引き出してくれました。いつも自然体の彼らしさが伝わる一枚。チェジュの柑橘は韓国屈指。撮影が終わる頃にはこの柑橘ドリンク、〝ハルラボンエイド″を飲み干していました。カフェではテイクアウト用にアイスアメリカーノもオーダー。ロケ場所のコテージに到着するとリラックスモードマックスに。スタイリストさんが衣装をたくさん用意してくださり、どれも似合って迷いました。インタビューもこのコテージの海の見える2階のキッチンで。彼を虜にするチェジュの魅力はぜひ本誌でチェックして!撮影終了後は遅めのランチに郷土料理コギグクス(豚骨スープの麺)を食べに。お疲れさまでした!
関連キーワード

RECOMMEND