おめでとう!2018年LVMH賞グランプリは日本のダブレットに

SPUR.JP

1300人あまりが応募したと言う、第5LVMH賞。6月6日、パリのルイヴィトン財団には、LVMHグループ傘下メゾンのアーティスティック・ディレクターたちから成る審査員団が結集し、授賞式が開かれました。賞を授与したのは、二人のスペシャル・ゲストたち。その一人、ジェイデン・スミスが読み上げた特別賞は、ロック・ファンによるロック(Rokh)に贈られました。評価されたのは完璧なテイラリング基づいた、躍動感があって幾通りもの着こなしができるデザイン。次に登場したのは、なんとエマ・ストーンです。チャーミングなつたないフランス語で挨拶を述べた後、彼女の口から漏れた名前は、ダブレット!デザイナーの井野将之(いのまさゆき)氏は「信じられない」といった表情で壇上に登ると、彼女から金色に輝く星型のトロフィーを受け取りました。彼が今後享受するのは30万ユーロの賞金と、1年間のビジネス指導。「英語は苦手なので日本語で」と前置きしつつ述べた感謝の言葉に、取材陣からは大きな拍手が。

MIHARAYASUHIROで靴と小物部門のヘッド・デザイナーを務めていた井野氏が独立してダブレットを立ち上げたのは、2012年のこと。メンズウエアとしてスタートしましたが、フーディ、スウェット、トラックパンツ、Tシャツなどの数々は実際にはユニセックスで、ルックブックやランウェイでも女性モデルを起用しています。ブランド・コンセプトは彼曰く、“ユーモアのセンス、着心地、そして奇妙奇天烈なこと”。

「知名度が上がればいいな」くらいの気持ちで応募したと言う井野氏に、勝因は何だったと思うか、とたずねると「たまたま!」と笑いつつ「真面目なふざけ具合?日本らしい軽さかな」。そして賞金の使い途は?「まだ現実感がないからわからないけど……英会話習った方がいいって言われてて」と、またもや面白い返答。とは言え、「今後も変わらずマイペースで確実に服作りを続けたい」と地に足が着いた一面も見せてくれました。

また授賞式直前のプレゼンテーションでは、マーク・ジェイコブズに会えたことが嬉しかったそう。「僕の服を手に取って、楽しんでくれていたみたい」と、井野氏。ちなみに今後のパリでの展開はと言うと...。今他にも引き合いがあるものの、最初に買ってくれたコレットが閉店したからと言って、すぐには他に飛びつかないでもう少し待つ、と井野氏は意外と義理堅いようです。最後にフランスのジャーナリストから、自分のコレクションに合う歌を一曲選ぶとしたら?と言うちょっと変わった質問が。随分考えた後、沈黙を破って井野氏が挙げたのは「ボブ・マーリーのEverything’s gonna be alright」。確かに井野氏のユーモアがあれば、“なんでもうまくいく”はずです。

text: Minako Norimatsu

ダブレットのラックと、モデルたち。夕焼けをプリントしたPVCショートパンツや、Choose Sizeと記したオーバーサイズのアイテムが象徴的。photo : Minako Norimatsu

左手が、水を注ぐと形になるダブレットのカップラーメンTシャツ。湯沸かしポットを添えたところも、井野氏のユーモア?(ワイングラスは作品とは関係ありません)photo : Minako Norimatsu

特別賞に輝いたロックのロック・フアン(Rok Hwang・左から2番目)はアメリカ育ち、ロンドン在住の韓国人。セントラル・セントマーチンズに学び、セリーヌやルイ ヴィトンで経験を積んだ。photo : Minako Norimatsu

ロックのアイコニックなバッグ。ちょうどiPadがおさまるサイズのポーチは、取り外し可能。ブリティッシュな素材や色も、服とコーディネートさせて photo : Minako Norimatsu

ファイナリスト9ブランドから、イエールのフェスティバルではグランプリを獲得したボターのルシェミー・ボター(Rushemy Botter・前列左)とリジー・ヘレブラー(Lisi Herrebrugh・前列右)photo : Minako Norimatsu

ファイナリスト9ブランドから私が密かに応援していたのは、アメリカのスポーティ・ウエアをモダンに解釈したコレクションが好評のマシュー・アダムス・ドラン(Matthew Adams Dolan・右から2番目)。日本に住んだことのある本人も、チャーミング!photo : Minako Norimatsu

ファイナリスト9ブランドから。アントワープのロイヤル・アカデミーに学んだデュオ、レア・ディックリー(Léa Dickely・左)とハン・ラー(Hung La・右)によるカイダン・エディションズも、注目株。photo : Minako Norimatsu

ファイナリスト9ブランドから。ゲイ・カルチャーをモードに昇華させたニュースなデザイナー、チャールズ・ジェフリー(Charles Jeffrey・左)によるチャールズ・ジェフリー・ラバーボーイ。 photo : Minako Norimatsu

ファイナリスト9ブランドから、ルドヴィック・ドゥ・サン・セルナン(Ludovic de Saint Sernin)。シュールな世界観と手仕事を生かした作品が魅力のコレクションは、ジェンダーレス。 photo : Minako Norimatsu

ファイナリスト9ブランドから、ア・コールド・ウォール。アーティなストリートウエアでロンドンを沸かせるデザイナーのサミュエル・ロス(Samuel Ross・右から2番目)は、ヴァージル・アブローの弟分 photo : Minako Norimatsu

ファイナリスト9ブランドより。ニューヨークからはゾーイ・ラッタ(Zoe Latta)とマイク・エクハウス(Mike Eckhaus)のエコーズ ラッタが、最近のコレクションのベストを選りすぐって参加。 photo : Minako Norimatsu

関連記事
  • 大人のおしゃれがきわだつ街、パリ&ミラノでも、"MY FASHION"を楽しんでいる素敵なアラフォーを多数発見! トレンドを自分らしくさりげなくこなすテクニックは今すぐ参考にしたい!■きかせ色は「レッドかイエロー」の二択ほどよくインパクトのある2つのカラーがダークになりがちな冬の装いをブラッシュアップしてくれる!■YELLOW★アンヌ/デザイナー/パリ丸いフォルムが愛らしいクロエのショルダーバッグをさし色アイテムに抜擢。 ■YELLOW★イレーニャ/イベントオーガナイザー/ミラノマスタードカラーのシャツはザラ。グリーンのコートにぴりっときかせてスタイリッシュなイメージに。 ■YELLOW★フランチェスカ/弁護士/ミラノキャメルとなじませれば、イエローも親しみやすい雰囲気。 他の画像を見る【Marisol2月号2019年掲載】[パリ]撮影/新村真理 コーディネーター/岡本真実 [ミラノ]撮影/Marco Bertoli コーディネーター/高玉あかね 文/野崎久実子
  • 新年のお祝いモードも落ち着いてきて、そろそろ新色コスメを買い足して、気合いを入れたいところ……。 そこで私がまずチェックするのがSUQQU。 「これ欲しい」の一歩先を行く洗練カラーが揃うから! しかも大人の女らしさを素敵に演出してくれるから、仕事モードの日のメイクに欠かせないんですよね。(編集・オダッコ) SUQQU❶デザイニング カラー アイズ 12 ¥6800 ❷グロウ タッチ アイズ 06 ¥3700 ❸シマー リクイド ブラッシュ 03 ¥3900 ❹カラー インク リクイド アイライナー 03 ¥3800 ❺ステイン リップ ラッカー 101(限定色) ¥3800 ❻ネイル カラー ポリッシュ 115(限定色)¥2500(すべて税抜)   オダッコも注目するSUQQUの春新色は、女らしい柔らかさと意思の強さの両方を引き出すおもしろいカラーラインナップ。 まず4色のパウダーアイシャドウ(❶)は、一見、可愛らしいパステルカラー。でも塗ってみるとメタリックなパールが輝いて、なんとも凛とした表情に! シンプルな単色シャドウ派におすすめのリキッド状のアイシャドウ(❷)は、みずみずしく鮮やかな発色がポイント。 特にオダッコ推しの色味は、写真のコーラルピンク。旬のピンクに血色感が足され、しっとりおしゃれな目元が叶います。 ピンクの次にこの春トライしたいのトレンドカラーと言えば、オレンジやイエロー。 特にチーク(❸)やネイルカラー(❻)なら、大人の女性でも取り入れやすい! また、目の際に添えるだけで、不思議と表情の鮮度をあげてくれるのが、細筆カラーライナー(❹)。 落ち着いたルビーレッドで粋な目元に。 色でなく、質感で今っぽさを演出したい! そんな上級者にもってこいのアイテムが「ホログラムスノー」という色味のリキッドルージュ(❺)。 いつものリップカラーの上から重ねてみると、うっすらと幻想的な輝きが生まれて新鮮に! 本当に、どのアイテムをとっても、いい仕事をしてくれるSUQQUさま……︎ どれか一品でも取り入れるだけで、メイクするのが楽しくなりそう!(編集・オダッコ)   DEBUT || 2019年1月18日(金) BRAND || SUQQU CATEGORY || 春新色 KEYWORD || #ピンク #イエロー #メタリック TEL || (フリーダイヤル)0120-988-761 HP ||  SUQQU (撮影/岩城裕哉、イラスト/オカヤイヅミ、取材・文/marico.)
  • 面積の広いチェック柄や黒ブラウス、華奢な小物使いでメリハリ作りを!上司と一緒に新規の取引先に挨拶へ。第一印象が肝心だから、品があって落ち着いた雰囲気のグレイトーンの着こなしに。ネックラインからのぞかせた黒ハイネック、チェック柄のロングスカートでのっぺり見えを回避して。細フレームのメガネやニットの上からつけた腕時計で華奢なアクセントを。一点華やかなボルドーのパンプスで、メリハリアップしながら女性らしさもアピールして♡ニット¥3990/キャン(ルノンキュール) スカート¥5500/レプシィム コート¥59000/ミミ&ロジャー ブラウス¥14000/ルーニィ バッグ¥11000/シップス 渋谷店(ビアンチーニ) 靴¥32000/銀座ワシントン銀座本店 メガネ¥32000/モスコット トウキョウ(モスコット) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) タイツ¥3200/チャオパニック・カントリーモール(ファルケ)唐田えりかの【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡2月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鈴木絵美 撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/唐田えりか スタイリスト/大平典子 
  • BEAMSセール先日ふらっと寄ったBEAMSで見つけたコーデュロイパンツ♪ ピンクが可愛くて一目惚れしました♡ 濃いめのピンクなので子供っぽくなりすぎないところも可愛い!ハイウエストなので脚長効果も♪着まわしコーデトップスはコンパクトにTシャツとボレロを合わせてコーディネート♪ タートルネックと合わせてコーディネート♪ 白のオーバーサイズニットと合わせて♪ピンクのパンツがアクセントになっていろいろ楽しめそうです♪ Instagramではコーデの詳細を載せています♪Instagramスーパーバイラーズ 遠山春菜のブログ
  • みなさん おはようございます! 今回は「パープル」と「友達配色」についてです! 本誌を参考に、"パープル"を攻略してみましたので、是非ご覧ください!パープルって難しい!?「パープル」のコーディネートってなんだか難しく思いませんか? おしゃれ初心者で、ベーシックカラーの服が多い私からすると、パープルは"難易度の高いカラー"だと感じてしまいます。 それでも、たまには"脱ベーシックカラー"でコーディネートをしてみたい! ということで、以前パープルのニットカーディガンを購入していました。 そのカーディガンはこちら。 こちらは、ロペピクニックのケーブルニットカーディガン。 ざっくりとしたローゲージ編みと緩めのシルエットがかわいくて…一目惚れでした♡ ついつい購入してしまったものの、実際着ようとするとコーディネートで迷いが! このニットと合わせるカラーは黒?茶色?それとも白?と考え、どれもしっくりこないので箪笥の肥やしに… という時にBAILA2月号の特集が! その特集とは… 配色大賞「友達配色」!そう「友達配色」です! ちょうど"パープル"のコーディネートに困っていた私にピッタリのページでした。 早速本誌を読み、友達配色のポイントを確認。 ★友達配色は、濃色同士で引き締め効果を狙い色相で変化をつけ、パープル系は黒や紺と馴染みやすい、とのこと。 そこで今回はパープル×ネイビーのコーディネートに挑戦してみました!パープル×ネイビー コーディネートトップスはネイビーのリブニット、ボトムはUNIQLOのタイトスカートです。ブーツとタイツは黒!(ちょっとデジカメの写り具合で、トップスとボトムが黒っぽく見え、わかり難かったらごめんなさい!) いかがでしょうか? パープルにネイビーを合わせたら、コーディネートが一気に"洗練"されたように感じました。 黒よりネイビーのほうが、重くなりすぎず大人上品にまとまるかも!「着やせシルエット」コーデにも!後ろから見るとこんな感じです。ニットカーディガンが"緩め"で、ボトムのスカートが"タイト"なので、「ゆるニット+タイトスカート」コーデにもなりました! 配色でも着やせ、シルエットでも着やせの「着やせ尽くし」コーディネートになりました。マフラーとダウンコートで防寒!本格的に寒くなってきたので、しっかり防寒を。 マフラーは柄を入れたかったので、チェックに。ダウンコートもネイビーにしました。難しいパープルも攻略できる友達配色!難しいなと思っていたパープルコーデが、友達配色を意識すると一気に上品なコーディネートになりました。 高貴なパープルを使うとワンランク上のおしゃれになりますね! また、ベーシックカラーに比べると派手さを感じるパープルですが、ネイビーとの2色コーデにすれば、通勤服でも大丈夫だと思いました。 "パープル"を投入していつもの通勤服にちょっと変化を! ここまで読んでいただきありがとうございました♡ スーパーバイラーズ 丸茂亜未のブログ
  • 休日はデニムスタイルが基本。今春に向けて買ったのは「Levi's」の「RE/DONE」 女っぷりデニムカジュアルを叶える名品。デニム好きが高じて、毎シーズン、デニムを買い替えています。 今期選んだのは「Levi's」のリメイクブランドの「RE/DONE」 「RE/DONE」は2014年L.Aにて創設されたブランド。 1950~1990年代のヴィンテージのリーバイス(Levi's)のデニムをカスタムしたデニムを展開しているのが特徴。 その希少性とヴィンテージ感が大好きで、今回で5本目。 どれ一つとして同じ物はないので、 自分の体や気分にフィットしたものがあれば買いです! 今春は女性らしく着たいな、と思っていたので、 丈感(足首が程よく出る)、 ウエストはタイト/ただ、シルエットはストレートで多少のゆとりを、 裾が切りっぱなし(これ、私的には大事です。こなれ感がでます。) の3点を大事に、こちらをセレクト王道の白シャツ&デニム。 アクセサリーとシャツ&デニムのバランス/相性を大事にしています。 デニムにゆとりがあるので、「Frank&Eileen」のコンパクトなシャツでバランスを。 紺ジャケを羽織るとこんな感じです。 シングルのコンパクトなジャケットと合わせるのが気分です。RE/DONE、女っぷりカジュアルにはお勧めです!美女組No.155 ritsukoのブログ
  • DAILY MOREで毎朝7時に更新している【今日のコーデ】。コーディネートづくりの参考にしてくれている人も多いんです。先週の【今日のコーデ】を一気におさらいして、明日からのコーデを考えてみて♡カジュアルOKな日こそ全方位モテを狙って❤︎ 今日は外回りもないし、カジュアルでいこう! デニムにフーディ、赤いキャップ、チェックのコートでハンサムに。そのおかげで、シルバーアクセやレオパード柄のパンプスで盛った女っぽさが映えるでしょ? ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!色、柄、小物を駆使した計算ずくの美スタイル❤︎ コートからのぞくストライプシャツ×赤ニットで、目線を上に! 肩掛けバッグで縦ライン強調、きれいめパンツから見せた白ソックスで美脚をアピール。"きちんと"なのに美スタイルは計算どおり♬ ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!スニーカー通勤なら足取り軽やか♬ トレンチやきれいめパンツでかっちりな日こそ、足もとをスニーカーでハズすのがデキる大人の女。美脚なパンツから足首をチラ見せすれば、楽ちんなのに女っぽさもかなう……最高じゃん! ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!スウェットをきれいに着こなす カジュアルでボーイッシュなイメージの強いスウェット。可愛げを盛ればこんなにきれいに着こなせる! ブラウンのチェック柄スカート、ルーズなおだんごヘアに、首もとからはブラウスのフリルがちらり。どう?イメージ変わったでしょ? ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!シャツの力をあなどるなかれ! ざっくりニットにスキニーパンツ。それだけでももちろん可愛いしスタイルも良く見える。でも間にベージュのビッグシャツをはさんだら、こんなに新鮮になるって知ってた!? 寒い今の時季だからこそできるレイヤードを楽しんじゃおう❤︎ ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!平日コーデまとめ、いかがでしたか? 明日からまたはじまる1週間。毎日おしゃれを楽しんじゃいましょう♬☆今日のコーデ毎日更新中☆
  • 上品で女らしいアラフォーに似合うデニムコーデを集めました。カジュアルになりすぎず女らしさやリッチ感、遊び心を取り入れてデニムコーデを楽しんで。 ▶デニムコーデをもっと見る■その他の最新ファッションもチェック
関連キーワード

RECOMMEND